ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

「LUMIX」最新記事一覧

中古交換レンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(6月23日〜6月29日):
標準画角の単焦点レンズ「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」が1位
マップカメラで取り扱う中古交換レンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2016/7/5)

交換レンズ百景:
マイクロフォーサーズで常用しやすい標準ズーム――パナソニック「LUMIX G VARIO 12-60mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.」
サイズを優先した薄型の標準ズームより画質がよく、F2.8通しのハイエンド標準ズームより軽くて価格もリーズナブル。そんな使い勝手がよくてコストパフォーマンスが高いレンズが登場した。普段の撮影はこれ1本でだいたい済んでしまう万能さが魅力だ。(2016/5/19)

待望の“ストリートフォト一眼”「LUMIX GX7 Mark II」はどこが進化した?
“大人のマイクロフォーサーズ”として開発された「LUMIX GX7」の後継モデルとして、「LUMIX GX7 Mark II」が登場。ちょっと大ぶりだった「LUMIX GX8」とは異なり、GX7とほぼ変わらない大きさに最新のスペックを搭載している。(2016/5/18)

パナソニック、ローパスレス16Mセンサー搭載の「LUMIX GX7 Mark II」を発表
パナソニックがボディ内5軸手ブレ補正とローパスフィルターレスセンサーを搭載したミラーレス一眼新モデル「LUMIX GX7 Mark II」を発表した。5月18日から販売する。(2016/4/5)

思わず買った 便利さと質の高さを両立させたコンデジ――パナソニック「LUMIX TX1」
1型センサー搭載で、倍率の高いズームレンズを搭載していて、タッチパネルで、EVFがあって……。欲しい条件を積み上げていくと、なかなかしっくりするモデルがなかったのだが、ついにこれというモデルが発売された。それが「LUMIX TX1」。(2016/3/31)

キタムラが「LUMIX DMC-CM10」を販売――「写真ホーダイSIM」とのセットも
キタムラは、パナソニックのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM10」を販売開始。単体のほかキタムラオリジナルのデータ通信専用SIMカード「写真ホーダイSIM」のセットも提供する。(2016/3/2)

パナソニック、Androidデジカメ「LUMIX CM10」とSIMカードをセット販売 24カ月分の通信料込み
パナソニックは、Androidデジカメ「LUMIX CM10」とLTE回線プラン「Lシリーズ」24カ月分をセットで発売した。。(2016/2/26)

光学10倍ズームと1型センサー搭載のプレミアムコンパクト「LUMIX DMC-TX1」
1型センサーに光学10倍ズームレンズを組み合わせたプレミアムコンデジ「LUMIX DMC-TX1」が発表された。コンパクトなボディで高画質が楽しめる。(2016/1/19)

LTEデータ通信に対応した“Androidデジカメ”「LUMIX DMC-CM10」登場
パナソニックが、Android OSを採用し、スマートフォンの機能を併せ持ったコンパクトデジカメ「LUMIX DMC-CM10」を発表、限定販売された「LUMIX DMC-CM1」のマイナーチェンジモデルで、音声通話機能以外は同等の性能を実現している。(2016/1/19)

Wonderlink、Androidデジカメ「LUMIX CM」専用プラン「Lシリーズ」新設――月額1480円から
パナソニック コンシューマーマーケティングの通信サービス「Wonderlink」に、デジタルカメラ「LUMIX CM10/CM1」専用のLTE回線プラン「Lシリーズ」が登場。月額1480円(税別)から利用できる。(2016/1/19)

交換レンズ百景:
オールマイティーにこなす買い得レンズ――パナソニック「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」
パナソニックからソフトなボケ味の標準単焦点レンズが登場した。大口径で開放F値1.7の「LUMIX G 25mm / F1.7 ASPH.」は、暗いシーンから日中のポートレート撮影まで、実に安定した描写を見せてくれた。(2015/12/29)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライターすずまり編):
2015年はスマートフォンでできることを楽しんだ1年!
2015年は筆者の生活を楽しくしてくれる製品&サービスが多数登場した。その中から「LUMIX DMC-CM1」「Apple Watch」「Ingress」の3つを選んだ。(2015/12/22)

中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(10月22日〜10月28日):
小型・軽量の望遠ズームレンズ「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.」
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズのランキングをお届けする。(2015/11/4)

デュアル手ブレ補正と進化した4K PHOTOに注目せよ――パナソニック「LUMIX DMC-GX8」
パナソニックのミラーレス一眼のラインアップに、高機能モデル「GX8」が加わった。中上級者向けの、趣味性が高いカメラに仕上がっている。(2015/10/15)

交換レンズ百景:
1本で飽きずに楽しめる標準マクロレンズ――パナソニック「LUMIX G MACRO 30mm」
マイクロフォーサーズでは初となる標準マクロレンズ、パナソニック「LUMIX G MACRO 30mm」を使ってみた。低価格ながら高級レンズに匹敵する表現力と外観、描写性能が見どころだ。(2015/7/23)

ボディとレンズで6コントロール手ブレ補正を実現 4Kフォトも充実した「LUMIX DMC-GX8」発表
パナソニックから、ストリートスナップが手軽に撮れる取り回しの良さを備えつつ、高機能なミラーレス一眼「LUMIX DMC-GX8」が登場。20MピクセルのLive MOSや6コントロールでの手ブレ補正、充実の4K フォト機能など、注目の新機能を備えた。(2015/7/16)

「みおふぉん」は当初の予測より50倍近く売れた――「モバイルプロジェクト・アワード2015」表彰式
モバイルビジネスの発展に貢献した個人とプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2015」の表彰式が行われた。15年はZenFone 5、LUMIX CM1、au WALLET、みおふぉんなどが選ばれた。選考の理由や受賞者のコメントを紹介したい。(2015/7/6)

“瞬間”が容易に切り取れる4Kフォトの魅力――パナソニック「LUMIX DMC-G7」
マイクロフォーサーズの新作パナソニック「LUMIX DMC-G7」を使ってみた。4K動画から静止画を切り出す「4Kフォト」機能や、なめらかに作動する空間認識AFを備えた高機能なミラーレスカメラだ。(2015/7/2)

デジタルカメラ総合販売ランキング(6月1日〜6月7日):
パナソニック「LUMIX DMC-GF7ダブルズームキット」がランキング初登場
1〜3位は先週と変わらず、トップは今週もキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」。6位のニコン「D5300 ダブルズームキット」は、キットレンズが変わってから初めてのトップ10入り。(2015/6/16)

3Dプリンタニュース:
120台の「LUMIX」で瞬間3Dスキャンして、人物フィギュアを作成
アイジェットは、パナソニックと超高速フォトベース3Dスキャンシステムを共同開発し、2015年6月中旬からフィギュア製作サービスを実験的に開始すると発表した。(2015/6/12)

「4Kフォト」モード搭載でより手軽に――ミラーレス一眼「LUMIX DMC-G7」を発表
4K映像から、気に入ったシーンを写真として切り出せる「4K PHOTO」が活用できる機能を盛り込んだミラーレス一眼「LUMIX DMC-G7」が登場。(2015/6/4)

新世代カメラを楽しむ:
スマホ合体プレミアムコンデジ「LUMIX CM1」を行楽のお供に
ゴールデンウィークである。行楽シーズンなので、行楽にぴったりなデジカメを紹介したい。スマホとデジカメのどちらにもこだわりたい人はぜひ手に取ってほしいプレミアムコンデジ「LUMIX CM1」だ。(2015/5/2)

中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(4月16日〜4月22日):
トップは単焦点レンズ「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」が獲得
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズレンズのランキングをお届けする。(2015/4/27)

デジタルカメラ総合販売ランキング(4月6日〜4月12日):
パナソニックのコンパクトミラーレス一眼「LUMIX GF7」が初登場
一眼レフランキングトップは11週連続でキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」。10位のパナソニック「LUMIX GF7 ダブルズームレンズキット」は初めてのトップ10入りだ。(2015/4/20)

風景撮影にも使える標準マクロレンズ「LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」発売
パナソニックが4月6日、風景の撮影など幅広く使える標準マクロレンズ「LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」を発表。販売開始は4月23日予定、価格は5万7000円(税別)だ。(2015/4/6)

パナソニック、美しいボケ味の中望遠レンズ「LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」発売
パナソニックが4月3日、美しいボケ味が出せるマイクロフォーサーズ用中望遠ポートレートレンズ「LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S.」を発売した。価格は5万円(税別)。(2015/4/6)

縦撮りできる、動作時間もアップ:
JTT、「FUJIFILM X-E1/E2」「LUMIX G5/G6」向けバッテリーグリップを発売
日本トラストテクノロジーが、富士フイルム「FUJIFILM X-E1/E2」とパナソニック「LUMIX DMC-G5/G6」向けに、バッテリーグリップを発売した。(2015/3/3)

日本でも限定発売:
Androidスマホでもある“進化形”デジカメ「LUMIX CM1」を改めて検証する
Android 4.4をOSに採用したハイエンドコンパクトデジカメ――とでも呼べばいいのだろうか。ファームウェアのアップデートを経て、さらに機能が進化した「LUMIX CM1」を、じっくりとレビューする。(2015/2/4)

自撮りに便利な機能も搭載:
高倍率ズーム搭載LUMIX「DMC-TZ70」「DMC-TZ57」「DMC-SZ10」を発表
パナソニックから、コンパクトなボディに高倍率ズームレンズを搭載したデジタルカメラが登場。普段使いが苦にならないうす型のボディに、被写体にぐっと寄れるズームレンズを備え、自撮りに便利な機能なども搭載した。(2015/1/20)

Android搭載・SIMフリーLTE対応デジカメ「LUMIX CM1」国内発売 2000台限定
Androidと1インチCMOS、SIMロックフリーLTE対応通信機能を搭載するコンパクトデジタルカメラ「LUMIX CM1」が3月12日に国内発売される。(2015/1/20)

“自撮り”を強化したコンパクトなミラーレス一眼「LUMIX GF7」
パナソニックから、自分撮りに便利なチルト式モニターなどを搭載したコンパクトなミラーレス一眼カメラ「LUMIX DMC-GF7W」が登場した。(2015/1/20)

1型センサー搭載のAndroidデジカメ「LUMIX CM1」 2000台限定で3月12日発売
パナソニックが、Android OSを採用したデジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」を国内でも発売する。SIMロックフリーで、どのキャリアのSIMでも利用可能だという。(2015/1/20)

どれに拍手する?:
パナソニック、LUMIX GX7が当たるかもしれない「LUMIX CLUB PicMate」1月キャンペーン開始
パナソニックが1月6日、無料クラウド写真サービス「LUMIX CLUB PicMate」で1月キャンペーンを開始した。好みの写真に拍手するだけで、抽選で1名に「LUMIX GX7」が当たる。(2015/1/8)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター荻窪編):
大画面化の「iPhone 6 Plus」に大満足――老眼が進んだ2014年でした
大画面化した新型「iPhone」に、ドコモの見守り用腕時計型端末、パナソニックの「LUMIX DMC-CM1」など、2014年に気になったトピックを振り返っていく。(2014/12/24)

中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(12月4日〜12月10日):
パンケーキレンズ「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH」が首位を獲得
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズ規格に準拠した交換レンズのランキングをお届けする。(2014/12/12)

2014年3大ハイエンド機の饗宴:
「RX100 III」「G7 X」「LX100」プレミアムコンデジはどれを選べばいいのか!?
1型以上の大きなイメージセンサーを採用したプレミアムクラスのコンパクトデジカメが今注目を集めている。先駆けのソニー「Cyber-shot RX100 III」とガチンコ勝負を挑んだ「PowerShot G7 X」、そしてさらなる高みを目指した「LUMIX LX100」を比較する。(2014/12/5)

個人的にも欲しいカメラ:
クラシカルな操作系が似合うボディに破格の性能――「LUMIX LX100」の実力に迫る
マイクロフォーサーズのミラーレスカメラと同じサイズの大型センサーを採用し、クラシカルな操作系を採用したプレミアムコンデジ「LUMIX DMC-LX100」は、間違いなくこの冬注目の1台だ。その実力やいかに。(2014/11/27)

表はデジカメ、裏はAndroid:
欧州で発売された「LUMIX DMC-CM1」ってどんなカメラ?
フルタッチパネル系デジカメであり、Androidスマホでもある変わり種、「LUMIX DMC-CM1」を入手したので、その面白さを楽しんでみた。(2014/11/20)

中古カメラレンズ販売ランキング マイクロフォーサーズ編(10月2日〜10月8日):
パンケーキレンズ「LUMIX G 14mm F2.5 ASPH.」が人気
マップカメラで取り扱う中古カメラレンズのランキング。今週はマイクロフォーサーズ規格に準拠した交換レンズのランキングをお届けする。(2014/10/10)

世界初、コンパクトに4/3型センサーを搭載した「DMC-LX100」、11月13日発売
パナソニックが、ミラーレス一眼カメラなどに用いられる4/3型の大きなセンサーを搭載したコンパクトデジカメ「DMC-LX100」を、11月13日に発売する。(2014/10/1)

“GM1”に機能強化した新色登場 「LUMIX GM1S」11月13日発売
レンズ交換式のミラーレスデジカメながら、手のひらに乗るコンパクトなボディを実現した「LUMIX GM1」に、機能強化版「GM1S」が登場。スマートフォンとの連携強化やフィルター効果の利用範囲拡大などを行っている。(2014/10/1)

EVF搭載で世界最小のミラーレス一眼「LUMIX GM5」 11月13日国内発売
パナソニックが手のひらサイズのミラーレス一眼「LUMIX GM5」の国内発売をアナウンスした。11月13日から販売を開始する。レンズキットとボディのみの2モデルがあり、3つのカラーバリエーションを用意する。(2014/10/1)

EVF内蔵の小型マイクロフォーサーズ「GM5」、パナソニックから
パナソニックがミラーレス一眼デジカメの新製品「LUMIX DMC-GM5」を発表した。国内発売は未定。(2014/9/17)

SIMフリー・LTE対応で1インチセンサー搭載の薄型デジカメ「LUMIX CM1」 パナソニックが開発
パナソニックは、1インチセンサーやLTE通信機能を搭載した薄型デジタルカメラ「LUMIX CM1」を開発した。(2014/9/16)

photokina 2014:
パナソニック、“手のひらマイクロフォーサーズ”にファインダー搭載の「LUMIX DMC-GM5」を投入
手のひらに収まってしまうほど小さいボディながら、立派なレンズ交換式のミラーレス一眼として人気を博している「DMC-GM1」。photokinaを前にして、その次世代機が登場した。(2014/9/15)

photokina 2014:
パナソニック、センサーを大型化し明るいレンズを装備したコンパクト「LUMIX DMC-LX100」
一眼レフ並みの大型センサーを装備し、ライカの明るいレンズを搭載したコンパクトデジカメがphotokina前に姿を現した。(2014/9/15)

「EISAアワード2014-2015」発表 国内主要メーカーの多くの製品が受賞
欧州の権威ある賞、「EISAアワード」が発表された。2014-2015年はX-T1やEOS Kiss X70、D4s、OM-D E-M10、LUMIX DMC-GH4、α7R、PENTAX K-3などが受賞した。(2014/8/19)

1型センサー×高倍率ズームの“すごい”カメラ――「LUMIX DMC-FZ1000」
有効約2000万画素の1型センサーという、コンデジで最高クラスの撮像素子と、F2.8〜F4の明るい高倍率ズームの組み合わせは、どんな絵が撮れるのか。じっくり検証していこう。(2014/8/12)

あなたのカメラを守るために:
ケンコー・トキナー、「D810」「LUMIX FZ1000」向けの液晶保護フィルム
カメラ背面の液晶ディスプレイには汚れや傷が付きやすい。ケンコー・トキナーはニコンのデジタル一眼レフカメラ「D810」とパナソニックのレンズ一体型デジタルカメラ“LUMIX”「DMC-FZ1000」に向けた液晶保護フィルムを発売した。(2014/7/15)

14万円相当レンズや「FZ1000」など賞品豪華 パナのフォトコンが太っ腹
パナソニックがフォトコンテスト「LUMIXで撮る!フォトコンテスト 2014 とっておきの夏のいいね!写真」の作品募集を開始した。入賞者には「LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.」などが贈られる。(2014/7/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。