ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「周辺機器」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
周辺機器 - ITmedia PC USER
質問!PCパーツ・周辺機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でPCパーツ・周辺機器関連の質問をチェック

ギフト・ショーの「iPhone 8」3モデル対応周辺機器で予想する、発表の中身と出荷時期
間近に迫ったAppleイベント。そこで発表されるiPhone新モデル(iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 8 Edition)はどのようなスペックなのか、出荷時期はどうなのか。そのヒントは東京ビッグサイトにあった。(2017/9/7)

株式交換で:
「BUFFALO」のメルコHD、製麺のシマダヤを完全子会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコホールディングスは、老舗製麺会社のシマダヤを完全子会社化する。(2017/9/4)

モバイルdeワークスタイル変革:
スマホで「名刺入れパンパン」状態から脱する方法
ワークスタイル変革に役立つスマートフォン向けの周辺機器、サービス、アプリなどを紹介する本連載。今回はスマホのアプリを使って、名刺管理のストレスをぐっと減らす方法を紹介します。(2017/8/28)

パワーアダプター特化型に、Thunderbolt 3対応も!:
PR:USB Type-Cの“万能さ”を引き出す多彩なコントローラIC群
USB Type-Cは、高速データ転送とともに、最大100Wを受給電できる万能インタフェースとして、さまざまな電子機器のインタフェースを置き換えつつある。PCをはじめ、モニターや周辺機器、さらにはスマートフォンやゲーム機などがUSB Type-Cを採用しつつある。そこで、さまざまな電子機器でUSB Type-C対応を実現しているコントローラICを紹介する。(2017/8/22)

ハンドスピナーファンのみんな集まれ〜! 約130種のカタログ、周辺機器情報などを掲載したムック本登場
付録は約4分間回転するオリジナルハンドスピナー。(2017/8/6)

モバイルdeワークスタイル変革:
手書きメモを即スマホに同期 メモの整理やアイデア出しがはかどる「Neo smartpen N2」
ワークスタイル変革に役立つスマートフォン向け周辺機器、サービス、アプリなどを紹介する連載がスタート。今回はデジタルペン「Neo smartpen N2」を紹介。専用のノートに書いたメモが、スマホのアプリに自動で同期されるのが特徴です。(2017/7/24)

デル、「ALIENWARE」ブランドのゲーミング周辺機器を投入
デルは、同社製ゲーミングブランド「ALIENWARE」よりゲーミングマウス/キーボードなど計6製品の販売を開始する。(2017/6/29)

ロジクールのゲーミングデバイス22製品が「FF XIV」推奨機器に認定
ロジクールは、「Logicool G」ブランド製ゲーミングデバイス22製品が「ファイナルファンタジーXIV」推奨周辺機器に認定されたと発表した。(2017/6/20)

「Moto Z2 Play」とゲームパッドなど4つの新「Moto Mods」発表
Lenovo傘下のMotorola Mobilityが、日本でも販売している「Moto Z Play」の後継モデル「Moto Z2 Play」を発表。軽く、薄くなりカメラなどの機能も向上する。周辺機器の「Moto Mods」にもゲームパッドなど新たに4つのModが加わる。(2017/6/2)

幻のスーファミ用ソフト「改造町人シュビビンマン零」がまさかの復刻 ROMカセットで6月下旬発売
スーパーファミコン用周辺機器「サテラビュー」だけでプレイできた幻のタイトル。(2017/5/12)

ゲーム周辺機器メーカーのMad Catzが破産
ゲームコントローラなどゲーム周辺機器メーカーのMad Catzが経営再建ならず、清算する。(2017/4/1)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(12):
日本のメーカーに救われたスイス発ベンチャー
昔も今も、シリコンバレーでは数多くのベンチャー企業がしのぎを削ってきた。日本からはなかなか見えてこないであろう、これらの企業を、今回から複数回にわたり紹介する。まず取り上げるのはPCの周辺機器を手掛ける大手メーカー、ロジテックだ。今では世界中で事業を展開する同社だが、このような成長を遂げられることになった影には、ある日本メーカーの存在があった。(2017/3/30)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座(番外編):
カメラの祭典「cp+2017」で見つけたiPhone用撮影グッズ
毎年2月、横浜で開かれるカメラと周辺機器のイベント「cp+」。2017年もパシフィコ横浜で開催されたわけですが、iPhone向け撮影グッズが多数あったので、紹介してみようと思う次第です。(2017/3/11)

これ便利かも、周辺機器用の短い電源コード
(2017/3/1)

「258B6QUEB/11」で作業がはかどる:
PR:Mac使い必見! フィリップスのUSB Type-C搭載ディスプレイが最高に便利
USB Type-Cならケーブル1本で周辺機器も、充電も、ディスプレイも使える! MacBookユーザーはPhilipsの「258B6QUEB/11」に注目だ。(2017/2/28)

Lenovo、「ThinkPad Thunderbolt 3 Dock」を280ドルで発売へ
Lenovoが、「Thunderbolt 3」ポートを備える新しいThinkPadシリーズと同時に、多様な周辺機器を接続できるドック「ThinkPad Thunderbolt 3 Dock」を発表した。2月に279.99ドルで発売の予定だ。(2016/12/29)

FAニュース:
耐環境性に優れたIoT/M2M向けの小型組み込み用スイッチングHUB
コンテックは、−20〜60度の広温度範囲に対応した小型組み込み用のスイッチングHUB「SH-8008F」を開発し、ネットワーク周辺機器の「FLEXLAN」の新製品として販売を開始した。(2016/12/26)

2016年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回はSOHO事業者でもある筆者が「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」の2016年版ベスト5を選んでみた。(2016/12/26)

楽天モバイルが「ドローン」と「ハンディスタビライザー」を扱う理由
楽天が、個人向けドローン「MAVIC PRO」とハンディスタビライザー「OSMO MOBILE」を販売する。楽天モバイルの周辺機器として扱う。なぜこれらの製品を投入するのだろうか。(2016/12/9)

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

Apple、日本のオンラインストアでUSB-CとThunderbolt 3アクセサリを期間限定値下げ
MacBook Proから「勇気をもって」レガシーポートを外したAppleだが、ユーザーによる周辺機器移行が円滑に行く心づかいも忘れなかったようだ。(2016/11/6)

「ゼルダの伝説」プレイ時には欠かせない? 「クラシックミニFC」につけるとディスクシステムっぽくなる収納ケースが登場
あの赤くて便利な周辺機器。(2016/11/5)

ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日発売――MNPだと実質約1万円
ドコモとau版と同じく、ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日に発売される。一括価格は9万3120円。SoftBank SELECTIONで周辺機器も販売する。(2016/10/31)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
PCの新たな可能性を示した「Surface Studio」と「Surface Dial」
うわさのオールインワン型Surfaceは、高画質の28型ディスプレイを備えて「Surface Studio」の名前で登場。周辺機器の「Surface Dial」にも注目だ。(2016/10/27)

PS4向け高機能コントローラー、Razerがホリデーシーズンに投入
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の欧州子会社が、PlayStation 4(PS4)で使えるサードパーティー製無線コントローラーがホリデーシーズンに発売されると発表した。ゲームPCや周辺機器で知られるRazerと欧州のゲームツールメーカーRaconがそれぞれ発売する。(2016/10/27)

Oculus、単体でVRを楽しめるHMD「Santa Cruz」発表 モーションコントローラーなど既存機種の周辺機器も発売
PCや外付けのセンサーなしで、リッチなVR体験が可能に。(2016/10/7)

PR:周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第8回、「周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す」のソースコードです。(2016/9/9)

IFA 2016:
バッテリーを強化した「Moto Z Play」、光学10倍ズームレンズ搭載モジュール「True Zoom」登場
Lenovoが、IFA 2016の開催に合わせてスマートフォンと周辺機器を発表。「Moto Z Play」は、3510mAhの大容量バッテリーを搭載した5.5型のスマホ。Moto Zシリーズに取り付けられるモジュールとして、光学10倍ズームレンズ付きの「True Zoom」も発表した。(2016/9/1)

リモコンを変えるソニーの「HUISプロジェクト」が第2弾商品を発表――「プレステ4」も操作可能に
ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた「HUIS(ハウス)プロジェクト」が第2弾商品となる「HUIS BLUETOOTH CRADLE」および専用アプリ「HUIS UI CREATOR」を発表した。電子ペーパーを活用した学習リモコン「HUIS」の利便性を高める周辺機器とソフトウェアだ。(2016/8/18)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(12):
オンボードされた温湿度センサーからFPGAで値を得る
FPGA「MAX 10」搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」には各周辺機器が備えられており、そこにはTI製の温湿度センサーも含まれる。サンプルプログラムを元に、オンボードされたデバイスの制御を試みる。(2016/7/26)

消費者庁、Windows 10アップグレードに関する確認事項を公開
「ソフトや周辺機器が対応しているか確認する」といった確認・留意事項をまとめています。(2016/6/22)

「こんな要望は通らない」「なぜ、この製品が売れる?」 メーカーの裏話まとめ
なかなか知ることができないPC周辺機器メーカーの裏側を紹介します。(2016/6/20)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(11):
「MAX 10 NEEK」でストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する
アルテラのFPGA「MAX 10」を搭載した開発ボード「MAX 10 NEEK」にはLEDやフラッシュメモリなどの各周辺機器が備えられている。今回はLEDを使ったストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する。(2016/6/14)

全国の学校にWi-Fiを!:
PR:「デジタル教科書」の普及を後押し Wi-Fi No.1メーカーはいかに学校現場の悩みを解消するのか
2020年までに政府は全国すべての小中高に無線LANを導入するよう検討を始めた。その目的は「教育」と「防災」だ。そうした動きに呼応するように、PC周辺機器メーカー大手で、学校においてもNo.1の無線LAN導入実績を持つバッファローでは学校教育のICT利活用を後押しする新製品を発売した。その概要とは――。(2016/6/6)

Microsoft、「HoloLens」プラットフォームをハードウェアメーカーに開放
Microsoftが複合現実HMD「HoloLens」のプラットフォーム「Windows Holographic」をHTCやLenovoなどのハードウェアパートナーに提供すると発表した。これらのメーカーからHMDや周辺機器が登場することになりそうだ。(2016/6/2)

iPhone 6/6 Plusに15種類の周辺機器をモジュラー式に追加できるケース「uniVERSE」
スマートフォンケースメーカーのOtterBoxが、Squareのカードリーダーやカメラ、三脚、追加バッテリーなどをiPhoneの背面にモジュラー式に追加できるiPhoneケース「uniVERSE」を発表した。(2016/5/26)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(10):
「MAX 10 NEEK」に搭載されたDDR3メモリを使う
MAX10搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」には各周辺機器が備えられており、その中にはDDR3メモリも含まれる。ソフトコアCPU「Nios II」からの利用も含めて手順を紹介する。(2016/5/19)

アキヨドにグランドオープン:
「20年前から代わり映えしないPC売り場を断ち切りたい」――最新デバイスを体験できる「Windowsエリア」誕生
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店に「Windowsエリア」がグランドオープン。Windowsの最新デバイスや周辺機器を体験し、専門スタッフに相談できる。(2016/5/10)

スマホや周辺機器の事故、発生箇所は“充電コネクタ”が最多――NITEが報告
NITE(製品評価技術基盤機構)が、スマートフォンや周辺機器の事故について案内。事故が発生した箇所は充電用コネクタ周辺が最も多かった。充電コネクタやバッテリーパック、モバイルバッテリーの不良などのほか、ユーザーの誤使用や不注意などが発生原因。(2016/5/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器界に「ペヨング」は生まれない?
「ペヨング」のような特売を意識したブランドは多くの業界に存在するが、PC周辺機器業界では、量販店で特売に使われるという意味では同様ながら、明らかな格落ち製品となるケースがしばしばだ。その理由について見ていこう。(2016/4/24)

膨大なドリキャスコレクションが300万円でヤフオク!に出品 ほぼコンプのソフトと本体4台がセット
ソフトはすべて未開封新品。ビジュアルメモリやブロードバンドアダプターなど周辺機器も付属。(2016/4/19)

「BUFFALO」のメルコ、「流水麺」のシマダヤを関連会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコが「流水麺」などの老舗の製麺会社シマダヤを関連会社化。(2016/4/15)

オリックス・レンテック RoboRen:
法人向けロボットレンタルサービス、産業用双腕ロボットは月額19万9000円
オリックス・レンテックは、法人を対象としたロボットレンタルサービス「RoboRen」を開始すると発表した。第1弾はスイスABB製の産業用双腕ロボット「YuMi」と周辺機器をセットにした「YuMi 検証パック」を提供する。(2016/4/15)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(9):
「MAX 10 NEEK」へソフトコアCPUを組み込む
周辺機器の充実したMAX10搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」に、ソフトコアCPU「NIOS II」を組み込み、ソフトコアCPUからボード搭載LEDの制御までを紹介する。(2016/4/12)

最新の協調型双腕ロボットを月額19万9000円でレンタル
オリックス・レンテックが法人を対象としたロボットレンタルを開始する。第1弾としてスイスABB製の産業用双腕ロボット「YuMi」を周辺機器とセットで貸し出す。(2016/4/1)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(8):
周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す
FPGA開発において周辺機器(回路)は見落とせない要素の1つ。タッチパネルや各種出入力などを備えた「MAX 10 NEEK」を導入して、本格的な開発を目指す。(2016/3/10)

石野純也のMobile Eye(2月15日〜26日):
2016年のMWCは周辺機器の祭典?――“スマートフォンの次”を模索するメーカーたち
進化の踊り場を迎えたスマートフォンだが、Mobile World Congress 2016では、各メーカーが新たな道を模索していることがうかがえた。各社との取り組みに共通しているのは、周辺機器の拡大だ。(2016/2/28)

LGもVR HMDに参入、「LG G5」専用118グラムの「LG 360 VR」
LG Electronicsが次期フラッグシップ端末「LG G5」の周辺機器として、VR HMD「LG 360 VR」と360度動画撮影カメラ「LG 360 CAM」を発表した。HMDはLG G5とUSB Type-Cケーブルで接続して使う。重さは118グラムと、一般的なVR HMDの約3分の1だ。(2016/2/22)

「arrows NX」なら番組持ち出しが簡単 SQV+TransferJet対応の無線アダプターとは?
バッファローのSeeQVault対応のTransferJetアダプター「BSCRTQ01/V」は、レコーダー内の録画番組をワイヤレスでスマホに転送できる周辺機器だ。(2016/2/15)

バッファロー、同社製周辺機器“5万円分”が1名に当たるプレゼントキャンペーン
バッファローは、同社直販サイト「バッファローダイレクト」のリニューアルを発表。記念プレゼントキャンペーンも開催される。(2016/2/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。