ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「周辺機器」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
周辺機器 - ITmedia PC USER
質問!PCパーツ・周辺機器→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でPCパーツ・周辺機器関連の質問をチェック

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

Apple、日本のオンラインストアでUSB-CとThunderbolt 3アクセサリを期間限定値下げ
MacBook Proから「勇気をもって」レガシーポートを外したAppleだが、ユーザーによる周辺機器移行が円滑に行く心づかいも忘れなかったようだ。(2016/11/6)

「ゼルダの伝説」プレイ時には欠かせない? 「クラシックミニFC」につけるとディスクシステムっぽくなる収納ケースが登場
あの赤くて便利な周辺機器。(2016/11/5)

ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日発売――MNPだと実質約1万円
ドコモとau版と同じく、ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日に発売される。一括価格は9万3120円。SoftBank SELECTIONで周辺機器も販売する。(2016/10/31)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
PCの新たな可能性を示した「Surface Studio」と「Surface Dial」
うわさのオールインワン型Surfaceは、高画質の28型ディスプレイを備えて「Surface Studio」の名前で登場。周辺機器の「Surface Dial」にも注目だ。(2016/10/27)

PS4向け高機能コントローラー、Razerがホリデーシーズンに投入
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の欧州子会社が、PlayStation 4(PS4)で使えるサードパーティー製無線コントローラーがホリデーシーズンに発売されると発表した。ゲームPCや周辺機器で知られるRazerと欧州のゲームツールメーカーRaconがそれぞれ発売する。(2016/10/27)

Oculus、単体でVRを楽しめるHMD「Santa Cruz」発表 モーションコントローラーなど既存機種の周辺機器も発売
PCや外付けのセンサーなしで、リッチなVR体験が可能に。(2016/10/7)

PR:周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す(ソースコード)
連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」の第8回、「周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す」のソースコードです。(2016/9/9)

IFA 2016:
バッテリーを強化した「Moto Z Play」、光学10倍ズームレンズ搭載モジュール「True Zoom」登場
Lenovoが、IFA 2016の開催に合わせてスマートフォンと周辺機器を発表。「Moto Z Play」は、3510mAhの大容量バッテリーを搭載した5.5型のスマホ。Moto Zシリーズに取り付けられるモジュールとして、光学10倍ズームレンズ付きの「True Zoom」も発表した。(2016/9/1)

リモコンを変えるソニーの「HUISプロジェクト」が第2弾商品を発表――「プレステ4」も操作可能に
ソニーの新規事業創出プログラムから生まれた「HUIS(ハウス)プロジェクト」が第2弾商品となる「HUIS BLUETOOTH CRADLE」および専用アプリ「HUIS UI CREATOR」を発表した。電子ペーパーを活用した学習リモコン「HUIS」の利便性を高める周辺機器とソフトウェアだ。(2016/8/18)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(12):
オンボードされた温湿度センサーからFPGAで値を得る
FPGA「MAX 10」搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」には各周辺機器が備えられており、そこにはTI製の温湿度センサーも含まれる。サンプルプログラムを元に、オンボードされたデバイスの制御を試みる。(2016/7/26)

消費者庁、Windows 10アップグレードに関する確認事項を公開
「ソフトや周辺機器が対応しているか確認する」といった確認・留意事項をまとめています。(2016/6/22)

「こんな要望は通らない」「なぜ、この製品が売れる?」 メーカーの裏話まとめ
なかなか知ることができないPC周辺機器メーカーの裏側を紹介します。(2016/6/20)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(11):
「MAX 10 NEEK」でストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する
アルテラのFPGA「MAX 10」を搭載した開発ボード「MAX 10 NEEK」にはLEDやフラッシュメモリなどの各周辺機器が備えられている。今回はLEDを使ったストップウォッチを開発し、内蔵メモリから起動する。(2016/6/14)

全国の学校にWi-Fiを!:
PR:「デジタル教科書」の普及を後押し Wi-Fi No.1メーカーはいかに学校現場の悩みを解消するのか
2020年までに政府は全国すべての小中高に無線LANを導入するよう検討を始めた。その目的は「教育」と「防災」だ。そうした動きに呼応するように、PC周辺機器メーカー大手で、学校においてもNo.1の無線LAN導入実績を持つバッファローでは学校教育のICT利活用を後押しする新製品を発売した。その概要とは――。(2016/6/6)

Microsoft、「HoloLens」プラットフォームをハードウェアメーカーに開放
Microsoftが複合現実HMD「HoloLens」のプラットフォーム「Windows Holographic」をHTCやLenovoなどのハードウェアパートナーに提供すると発表した。これらのメーカーからHMDや周辺機器が登場することになりそうだ。(2016/6/2)

iPhone 6/6 Plusに15種類の周辺機器をモジュラー式に追加できるケース「uniVERSE」
スマートフォンケースメーカーのOtterBoxが、Squareのカードリーダーやカメラ、三脚、追加バッテリーなどをiPhoneの背面にモジュラー式に追加できるiPhoneケース「uniVERSE」を発表した。(2016/5/26)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(10):
「MAX 10 NEEK」に搭載されたDDR3メモリを使う
MAX10搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」には各周辺機器が備えられており、その中にはDDR3メモリも含まれる。ソフトコアCPU「Nios II」からの利用も含めて手順を紹介する。(2016/5/19)

アキヨドにグランドオープン:
「20年前から代わり映えしないPC売り場を断ち切りたい」――最新デバイスを体験できる「Windowsエリア」誕生
ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba店に「Windowsエリア」がグランドオープン。Windowsの最新デバイスや周辺機器を体験し、専門スタッフに相談できる。(2016/5/10)

スマホや周辺機器の事故、発生箇所は“充電コネクタ”が最多――NITEが報告
NITE(製品評価技術基盤機構)が、スマートフォンや周辺機器の事故について案内。事故が発生した箇所は充電用コネクタ周辺が最も多かった。充電コネクタやバッテリーパック、モバイルバッテリーの不良などのほか、ユーザーの誤使用や不注意などが発生原因。(2016/5/2)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
PC周辺機器界に「ペヨング」は生まれない?
「ペヨング」のような特売を意識したブランドは多くの業界に存在するが、PC周辺機器業界では、量販店で特売に使われるという意味では同様ながら、明らかな格落ち製品となるケースがしばしばだ。その理由について見ていこう。(2016/4/24)

膨大なドリキャスコレクションが300万円でヤフオク!に出品 ほぼコンプのソフトと本体4台がセット
ソフトはすべて未開封新品。ビジュアルメモリやブロードバンドアダプターなど周辺機器も付属。(2016/4/19)

「BUFFALO」のメルコ、「流水麺」のシマダヤを関連会社化
PC周辺機器の「BUFFALO」などを展開するメルコが「流水麺」などの老舗の製麺会社シマダヤを関連会社化。(2016/4/15)

オリックス・レンテック RoboRen:
法人向けロボットレンタルサービス、産業用双腕ロボットは月額19万9000円
オリックス・レンテックは、法人を対象としたロボットレンタルサービス「RoboRen」を開始すると発表した。第1弾はスイスABB製の産業用双腕ロボット「YuMi」と周辺機器をセットにした「YuMi 検証パック」を提供する。(2016/4/15)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(9):
「MAX 10 NEEK」へソフトコアCPUを組み込む
周辺機器の充実したMAX10搭載開発ボード「MAX 10 NEEK」に、ソフトコアCPU「NIOS II」を組み込み、ソフトコアCPUからボード搭載LEDの制御までを紹介する。(2016/4/12)

最新の協調型双腕ロボットを月額19万9000円でレンタル
オリックス・レンテックが法人を対象としたロボットレンタルを開始する。第1弾としてスイスABB製の産業用双腕ロボット「YuMi」を周辺機器とセットで貸し出す。(2016/4/1)

MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門(8):
周辺機器の充実した「MAX 10 NEEK」で本格的な開発を目指す
FPGA開発において周辺機器(回路)は見落とせない要素の1つ。タッチパネルや各種出入力などを備えた「MAX 10 NEEK」を導入して、本格的な開発を目指す。(2016/3/10)

石野純也のMobile Eye(2月15日〜26日):
2016年のMWCは周辺機器の祭典?――“スマートフォンの次”を模索するメーカーたち
進化の踊り場を迎えたスマートフォンだが、Mobile World Congress 2016では、各メーカーが新たな道を模索していることがうかがえた。各社との取り組みに共通しているのは、周辺機器の拡大だ。(2016/2/28)

LGもVR HMDに参入、「LG G5」専用118グラムの「LG 360 VR」
LG Electronicsが次期フラッグシップ端末「LG G5」の周辺機器として、VR HMD「LG 360 VR」と360度動画撮影カメラ「LG 360 CAM」を発表した。HMDはLG G5とUSB Type-Cケーブルで接続して使う。重さは118グラムと、一般的なVR HMDの約3分の1だ。(2016/2/22)

「arrows NX」なら番組持ち出しが簡単 SQV+TransferJet対応の無線アダプターとは?
バッファローのSeeQVault対応のTransferJetアダプター「BSCRTQ01/V」は、レコーダー内の録画番組をワイヤレスでスマホに転送できる周辺機器だ。(2016/2/15)

バッファロー、同社製周辺機器“5万円分”が1名に当たるプレゼントキャンペーン
バッファローは、同社直販サイト「バッファローダイレクト」のリニューアルを発表。記念プレゼントキャンペーンも開催される。(2016/2/4)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「これじゃ日本では売れないよ」 海外のPC周辺機器にありがちな残念ポイント
海外のPC周辺機器やアクセサリは、そのままでは国内で販売できないものも多い。色や形状、製品の特性など、思わぬところに日本のユーザーから敬遠されるポイントがあったりするからだ。(2016/1/16)

2015年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
SOHO/中小企業に役立つPC、スマートデバイス、周辺機器、ソフトウェア、サービスなどの情報をお届けする「PC USER Pro」。今回は趣向を変えて、SOHO事業者でもある筆者が「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」の2015年版ベスト5を選んでみた。(2015/12/24)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「どうしてこうなった……」という製品がロングセラーになる理由
「こんなの売れるわけないじゃん」という製品が、意外と延命できてしまうことは、PC周辺機器やアクセサリの業界では少なくない。こうした場合、コンシューマー市場とはまた異なる、表からは見えにくい販路が存在しているケースは少なくない。(2015/12/15)

USB Type-Cの革新、同市場を20年間リードしてきたCypressが解説:
PR:USB Type-Cで逆挿入や多様な電力供給が可能に、その仕組みは?
USBの「欠点」を解消したType-C。USBケーブルを挿入する方向や、本体側、周辺機器側を区別する必要がない。電力供給でも改善が著しい。100Wまでの供給が可能になったばかりではなく、供給の方向を自在に設計できる。周辺機器からPCへ電力を送ることも可能だ。前編では、Type-Cの革新を裏付ける改良点について、電力供給を中心に仕組みを紹介する。(2015/11/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
あなたも疑われている? 敵は身内にあり?――量販店を悩ます「万引問題」の裏側
単価が高く薄利なPC周辺機器業界では、目に見えるところと見えないところ、さまざまな万引対策が行われているが、それには客以外を想定した対策も含まれていたりする。(2015/10/28)

Apple、21.5インチ4K「iMac」やMagicシリーズの新キーボード、マウス、トラックパッドを発表
AppleがiMacのラインアップを刷新し、新しいBluetooth接続の周辺機器も発表した。すべて同日発売だ。キーボードがMagicシリーズに仲間入りし、すべて乾電池式から充電式になった。(2015/10/14)

日本HP、Windows 10搭載デバイスを無償で30日間試用できる抽選モニターキャンペーン
日本HPは、Windows 10搭載デバイスと周辺機器をセットで30日間試用できる法人向けモニターキャンペーンを開始した。(2015/9/24)

「iMove」や「iCar」は登場するのか:
Apple、自動車市場参入に向けアクセル全開?
Appleが、自動車市場への参入に向けて着々と準備を進めているとの根強いうわさがある。Appleは、自動車の周辺機器の開発を強化するのか、それとも自動車そのものを作ろうとしているのか。アナリストとともに検証した。(2015/8/27)

ラティスセミコンダクター Sil7012/7013/7014:
USB Type-C製品を拡充、コスト効率などが向上
ラティスセミコンダクターは、USB Type-CポートコントローラICファミリとして、新たに3製品を追加した。実装面積、コスト、消費電力などの効率を高めたICで、スマートフォンやノートPC、周辺機器などの用途に向ける。(2015/8/19)

iPhoneやiPadでテレビを見る便利な方法
解像度が高い大画面を持つiPhoneやiPadは、実はテレビを見るのにも活用できます。そのための便利な周辺機器が販売されているのでご紹介しましょう。(2015/8/8)

ただの周辺機器じゃない:
重箱スタイル「ThinkPad Stack」の“いいところ”と“わるいところ”
Lenovoから見た目もユニークなThinkPad周辺機器が登場した。ブロックのように積み重ねて使うモジュール方式をフルセットで使い倒す。(2015/8/7)

バッファロー、同社製機器の“Windows 10対応情報”ページを公開
バッファローは、同社製の各種周辺機器/ユーティリティソフトなどのWindows 10対応情報ページを公開した。(2015/7/8)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
人気機種のアクセサリで勝手に商売、メーカーはなぜ怒らない?
PCやスマホ、タブレットが新しく発売されると、それに合わせてサードパーティ各社から周辺機器やアクセサリが発売されるのは、この業界ではすっかり見慣れた光景だ。本体メーカーは、自社製品に関係する製品を勝手に作って売られても怒らないのだろうか。(2015/7/2)

レノボ・ジャパン、重箱タイプの周辺機器「ThinkPad Stack」発売
異なる機能のユニットを積み重ねて場所取らず。自分が必要なユニットだけを選んで重ねることも、全載せすることもOK。(2015/6/30)

新型「MacBook」にも搭載:
USB Type-Cの採用は進む? サプライチェーンでは問題も
Appleの新型「MacBook」など、USB Type-Cを搭載した機器が登場し始めている。電力供給、データ伝送、映像伝送と、1つで3役をこなすUSB Type-Cは、長期的にみれば、あらゆるデバイスに適した規格だといえるだろう。ただし、欧州の規制や、デバイスおよび周辺機器のサプライチェーンの間では、問題も多く発生するかもしれない。(2015/6/29)

「mbed」で始めるARMマイコン開発入門(9):
「割り込み」を理解してタイマーを使いこなす
ARMマイコン「LPC1114」には周辺機器としてタイマーが搭載されており、“割り込み”の概念を理解することで、複数のプログラムを並行しているかのように処理できます。(2015/6/19)

業界動向:
iOSコンソーシアムが新WGを発足、IoT機器との連携ビジネス拡大へ
iOSコンソーシアムは、新たなワーキンググループ(WG)として「IoT&Connected Device WG」を立ち上げた。IoT及び周辺機器など外部機器とiOS搭載端末との連携ビジネスを推進していく。(2015/6/15)

組み込み開発ニュース:
ARMからIoTデバイスの開発を促進するサブシステムIP
英ARMはIoTデバイスの開発を促進する、Cortex-MベースのサブシステムIPを発表、提供を開始した。センサーなど周辺機器を追加するだけでIoTデバイス向けのSoCを設計できる。(2015/6/2)

“中国のApple”Xiaomi、いよいよ欧米進出(まずは周辺機器販売から)
中国スマートフォン市場2位のXiaomiが、米、英、仏、独で試験的なオンラインストアを開設する。ただしスマートフォンは販売せず、扱うのはバッテリーパックやヘッドフォンのみだ。(2015/5/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。