ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リカバリディスク」最新記事一覧

Tech TIPS:
Windows 10のPCをWindows 7にダウングレードする
会社によっては、Windows 7に統一して運用しているところもあるようだ。しかし、量販店などでWindows 7を搭載したPCを購入することが難しくなっている。そのような場合、Windows 10をダウングレードして、Windows 7にすればよい。その条件や方法を紹介する。(2017/5/12)

Ultra HD Blu-ray再生に対応した初めてのポータブルBDライター、パイオニアから
(2017/2/28)

山市良のうぃんどうず日記(56):
Windows 8、古いInternet Explorerのサポートが終了した日
2016年1月13日は、いろいろな意味でWindowsの長い歴史の中のメモリアルな1日となりました。この日、Windows 8、古いバージョンのInternet Explorer、.NET Framework 4/4.5/4.5.1のサポートが終了しました。記念にスクリーンショットでも残しておきましょう。(2016/1/18)

Windows 10 The Latest:
アップグレード後も欠かせないWindows 10のフルバックアップ/リストア手順
Windows 10ではバージョンアップの方針が変わり、今後何度も大きなバージョンアップが繰り返される。もしディスクに障害などが発生すると、再インストールはとても面倒になる。万が一に備えてフルバックアップしておこう。(2016/4/14)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

メーカー別のサポート情報:
「Windows 10」無料アップグレード対応PCまとめ
今使っているPC/タブレットに「Windows 10」をインストールしても問題ない?(2015/7/27)

直販限定の隠れた名機か!?:
第5世代Core+デュアルポインタ+Windows 7の“質実剛健”モバイルノート――「dynabook R63/PS」徹底検証(前編)
東芝の直販モデル「dynabook R63/PS」は、最新の第5世代Core i7、タッチパッドとアキュポイントのデュアルポインタ、Windows 7を備えた実用性の高い13.3型モバイルノートPCだ。その実力をじっくりチェックする。(2015/3/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(14):
本当は怖い? Windows 8/8.1のPC簡単修復[その2]
前回は、Windows 8/8.1の「PCのリフレッシュ」と「PCのリセット」の仕組みと違いを説明しました。今回は、「PCのリフレッシュ」と「PCのリセット」を実行することで予想されるトラブル例をいくつか紹介しましょう。(2014/9/10)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(13):
本当は怖い? Windows 8/8.1のPC簡単修復[その1]
Windows 8では、新しいシステム修復機能「PCのリフレッシュ」「PCのリセット」が提供されました。これらはトラブルを簡単かつ短時間に解決するための機能ですが、安易に実行すると回復までに余計に時間がかかるかもしれませんよ。(2014/8/27)

2014年PC夏モデル:
“Haswell Refresh”と11acを採用した15.6型主力ノート――「FMV LIFEBOOK AH」
富士通がA4主力ノート「FMV LIFEBOOK AH」シリーズの2014年夏モデルを投入。基本スペックと無線機能の強化が見どころだ。(2014/5/14)

2014年PC夏モデル:
CPUにHaswell Refresh、無線LANはacも──「FMV ESPRIMO FH」
処理速度とAV関連機能を重視した液晶一体型PCだけに、最新の“Haswell Refresh”世代のCPUをいち早く採用。SNSと連携した新しいテレビの楽しみ方も導入した。(2014/5/14)

「ThinkPad X240s」ロードテスト:
第2回 “超ラクリカバリー”で気がついた、「業務PCもWindows 8.1だと幸せ」なポイント
Windows 8/Windows 8.1になって、リカバリーの作法がずいぶん変わったことに気付いた。今回はリカバリーメディアの作成やリカバリーの方法について見ていきたい。(2014/2/27)

Tech TIPS:
Windowsストアを使ってWindows 8からWindows 8.1へアップデートする
Windows 8.1はWindows 8ユーザーに対しては無償で提供されている。Windows 8.1にアップデートするには、Windows Updateで更新プログラムを適用後、Windowsストアでアップデート用ファイルを入手して実行すればよい。その手順を紹介する。(2013/10/21)

Windows 7搭載モデルが豊富にそろう
「VAIOモバイルノート」がビジネスに効く3つのポイントとは?
Windows 8が発売されたが、今後もしばらくはWindows 7搭載PCを導入したいという企業に向け、ソニーのVAIOは豊富なラインアップを用意している。同社のモバイルノートPCは3つのポイントから幅広いビジネスに有効だ。(2012/12/5)

メモリ増設+SSD化で再レビュー:
「VAIO Sシリーズ15」を自己責任でパワーアップしてみた
コンサバな仕様のVAIO店頭モデルだが、意外に内部パーツを拡張しやすい構造のモデルも少なくない。今回は「VAIO Sシリーズ15」のメモリを増設し、HDDをSSDに換装した場合にどれくらい性能がアップするのかを確かめた。(2012/8/21)

重さも厚さも増えるが、メリットもある:
やっぱりあると便利です――光学ドライブ搭載Ultrabook「Inspiron 14z」を試す
デルの14型Ultrabook「Inspiron 14z」は、256GバイトSSDと外付けGPUを搭載しても、10万円を切るコストパフォーマンスに優れたベーシックモデル。光学ドライブを内蔵するのも大きな特徴だが、Ultrabookには必要なのだろうか。(2012/8/6)

本日発表!:
レノボのIvy Bridge搭載Ultrabook「IdeaPad U310」を速攻で試した
“Ivy Bridge”世代のCPUを搭載したUltrabookがレノボから登場。使いやすさを重視したボディデザインや機能が特徴で、家の中でも外でも気持ちよく使える1台だ。(2012/6/5)

Ivy Bridge×KeplerのノートがIdeaPadから:
最新でパワフルだから何でもOK──「IdeaPad Y480」の比類なき汎用性をチェックする
“Ivy Bridge”世代のCPUと“Kepler”世代のGPUをさりげなく搭載したレノボ・ジャパン最新のオールインワンノートPCで「何でもこい!」の性能を試してみた!(2012/5/23)

Windows Thin PCで本格的なシンクライアントを実現する:
第3回 Windows Thin PCのセキュリティ強化と統合管理
今回はWindows Thin PCの本格的な展開のために、日々の運用をシンプルにするセキュリティ強化対策と、大量展開・管理に役立つノウハウを解説する。(2012/3/1)

Microsoft、Windows海賊版CD販売の英小売企業を提訴
Microsoftが、違法に製造したWindows VistaおよびWindows XPのリカバリCD約9万4000本をPC購入者に販売したCometを提訴した。(2012/1/5)

11.6型と13.3型をじっくり比較:
早くも“Ultrabook”の本命が登場か?――「ZENBOOK」徹底検証(前編)
鳴り物入りで登場したASUS初の“Ultrabook”「ZENBOOK」は、Eee PCのような旋風を再び巻き起こすのか? 11.6型と13.3型の上位モデルをまとめてレビューする。(2011/11/9)

Mondo Rescueでお手軽バックアップ:
緊急時に備えてリカバリDVDを作る
サーバ管理者の皆さん、バックアップはきちんと取っていますか? この連載では、Mondo Rescueというバックアップツールを使って、非常時のサービス停止時間をなるべく短くする体制を作る方法について解説します。(編集部)(2011/1/31)

そういえばあまり理解していなかったかも:
改めて知る、「Windowsのダウングレード権」とは
Windows 7のダウングレード権を利用した“XPプリインストールPC”の販売が2010年10月22日で終了となる。XPにしたい場合、今後はどうするか。改めてダウングレード権とは何かをチェックする。(2010/10/13)

VAIO Z ロードテスト:
第2回 やっぱ小さかった、VAIO Zの「アレ」
VAIO Zの特に“IYH”なポイントが、13.1型ワイドながら1920×1080ドット表示の「VAIOディスプレイプレミアム」だろう。予想通りの細かさだが……少しあがいてみた。(2010/5/18)

フルHDにデュアルディスプレイ:
“圧倒的な破壊力”を備えたハイエンドノートPC「FMV-BIBLO NW/G90T」を満喫する
富士通のコンシューマー向けノートPCで最高峰に位置する「FMV-BIBLO NW/G90T」。AVもゲームも仕事もOKな万能ぶりをさまざまな角度からチェックした。(2010/4/13)

新型VAIOノート登場:
CULVノートPCも“VAIO”だとこう変わる――「VAIO Y」の店頭モデルを試す
ソニーが重い腰を上げて、2010年春モデルでCULV版ノートPCの店頭市場に殴り込みをかけてきた。その新シリーズとなる「VAIO Y」の実力は!?(2010/2/19)

“真・最強NAS”活用術 第4回:
監視カメラからiTunesまで――“最強NAS”をホームサーバとして使う
QNAPのNAS製品が「最強」といわれる理由は、1つがCPUやメモリなどのハードウェア設計からもたらされる性能の高さ、そしてもう1つが機能の豊富さだ。パフォーマンスについて検証した連載第2回に続き、今回はQNAPの“家庭的な一面”を見ていこう。(2010/2/4)

2010年PC春モデル:
ソニー、CULVノートからCore i搭載機まで「VAIO」春モデルを一挙発表
ソニーはVAIOの2010年春モデルを1月23日に発売する。注目はCULVノートPCの「VAIO Y」と16.4型フルHD液晶を備えたハイスペックノートPCの新生「VAIO F」だ。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
最新プラットフォームを導入してフルHD表示に対応したハイエンドAVノートPC──「FMV-BIBLO NW」
FMV-BIBLOシリーズのフラッグシップモデル「NW」がシステムを一新し、大画面・高解像度化を実現。新たにテレビなしモデルも追加された。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
プラットフォームを一新したフラッグシップデスクトップPC──「FMV-DESKPOWER CE」
FMV-DESKPOWERシリーズで唯一のセパレート型デスクトップPCが「FMV-DESKPOWER CE」だ。新たにインテルの最新プラットフォームを採用して生まれ変わった。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
最新プラットフォームに対応しテレビモデルも追加された定番ノートPC──「FMV-BIBLO NF」
富士通のA4主力ノートPC「FMV-BIBLO NF」が最新CPUを採用してラインアップを改めた。新たにテレビ内蔵モデルが追加された。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
より軽く小型になって大画面化を果たしたモバイルPC──「FMV-BIBLO MG」
富士通の大画面モバイルPC「FMV-BIBLO MG」がフルモデルチェンジを行い、新プラットフォームの導入と高解像度化、小型軽量化を実現した。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
新型ポケットPC「LOOX U」など新デザインのノートPCを多数投入──富士通「FMV」シリーズ
富士通が2010年個人向けPC春モデルを一斉投入した。発売は1月21日からで、目玉は500グラムを切る超小型ポケットサイズPC「LOOX U」だ。(2010/1/18)

直販か、量販モデルか:
デザインかカラバリか、Windows 7かXPか……HPの新型Netbook「Mini 110」で悩む
日本HPの「HP Mini 110」シリーズは、直販向けと量販店向けで多彩なラインアップをそろえている。お得なモデルはどれなのかを考えてみた。(2009/11/9)

2009年PC秋冬モデル:
富士通がノートPCの比重を高めたWindows 7搭載「FMV」シリーズを大量投入
富士通の個人向けPC「FMV-DESKPOWER」「FMV-BIBLO」シリーズがラインアップを一新。Windows 7モデルを10月22日から発売する。(2009/10/13)

2009年PC秋冬モデル:
64ビット版も選べるWindows 7搭載定番A4ノート、下位モデルもデザイン一新──「FMV-BIBLO NF」
主力A4ノートPC「BIBLO NF」は、64ビット版Windows 7も使える上位モデルとデザインを一新した下位モデルで展開。それぞれデザイン性や使い勝手を大きく向上させた。(2009/10/13)

Windows 7新時代:
第3回 検証:ネットブック+Windows 7 Starter
シェアを伸ばしているネットブック。一部機能に制限があるWindows 7 Starterが採用される予定だ。この制限はどのような影響があるのか検証する。(2009/10/8)

発熱と騒音もチェック:
「VAIO W」をSSDで爆速にしてみた
いよいよ発売が明日に迫った「VAIO W」。デザインとWXGA液晶ディスプレイが魅力的なソニー初のNetbookを一足先にSSD化し、各種ベンチマークテストを実施した。(2009/8/7)

あきらめる前に試すべき5つの対処法:
Windows XPが立ち上がらない! そのときの対処法
Windows XPが起動不能に! ああOSの再インストールかとあきらめる前に、試してほしい5つの対処法。大事なデータと時間を無駄にしない復旧テクを解説する。(2009/7/2)

大変身したNetbook:
新型「LaVie Light」3モデルの使い勝手をチェックした
夏モデルでフルモデルチェンジしたNECのNetbook「LaVie Light」シリーズ。その強化点や使い勝手を細かく見ていこう。(2009/6/16)

ソニーが“P専用XPドライバ”を配布開始:
「VAIO type P」Vistaモデルを速攻でWindows XP化した
ソニーがVista搭載VAIO type P専用のWindows XPソフトウェアを公開した。メーカーの非サポートながら、Vista環境より高速に動くようになるのがポイントだ。(2009/6/1)

再生PC向けにWindows正規ライセンス MSの新プログラムにヤマダ電機など参加
再生PC向けにWindows XP正規ライセンスを提供する新プログラムをMSが開始。ヤマダ電機やソフマップなどが参加する。(2009/4/27)

2009年PC夏モデル:
重量1.26キロ/12.8時間駆動のハイエンドモバイルノート──「FMV-BIBLO LOOX R」
富士通の軽量/長時間駆動モバイルノートPC「FMV-BIBLO LOOX R」がマイナーバージョンアップ。12.1型ワイドのディスプレイとSSD、光学ドライブを備え、重量約1.26キロ、約12.8時間のバッテリー駆動を実現する。(2009/4/21)

2009年PC春モデル:
店頭モデルで初のSSDを採用した富士通謹製モバイルノートPC――「FMV-BIBLO LOOX R」
富士通のビジネスモバイルノートPC「FMV-BIBLO LOOX R」がラインアップを一新し、店頭モデルでは初めてSSDを搭載した。(2008/12/15)

ハギーが解説 目からウロコの情報セキュリティ事情:
忘れたデータが山盛り――中古PCからの情報漏えい
PCに保存したデータを「消した」と思っても実際には消えていない。中古で売買されるPCには残されたデータ情報が山盛りだ。ユーザーの認知が広まりつつあるとはいえ、今一度中古PCに潜む危険を再確認してみよう。(2008/11/15)

8月23日発売:
安くて“カッコイイ”ほうの新型Eee PCキラー「Aspire one」発売直前レビュー
日本エイサーが低価格ミニPC市場に投入する新型Eee PCキラーの最右翼「Aspire one」がいよいよ発売される。その実力を検証していこう。(2008/8/21)

2008年PC秋冬モデル:
Montevina SFF搭載で一歩先ゆくモバイルノート――「FMV-BIBLO LOOX R」
12.1型ワイド液晶搭載のモバイルノートPC「FMV-BIBLO LOOX R」はプラットフォームを世代交代し、直販モデルのカラバリを拡充した。(2008/8/20)

低価格ミニノート第2波:
見た目はフツー、だがそれがいい――MSI「Wind Notebook U100」を検証する
Atomを搭載したMSIのノートPC「Wind Notebook U100」を買ってきた。新世代ミニノートは“ニコ動の壁”を突破できる? バッテリーの持ちは? いろいろ試してみた。(2008/7/9)

2008年PC夏モデル:
WEB限定のカラフルなボディアートとHIGH-SPEEDモデルにも注目──「FMV-BIBLO LOOX R」
春モデルで登場した小型軽量ノートの新製品は、多彩な“カラバリ”とユニークな“ガラバリ”が特徴だ。(2008/4/22)

モバイルノート08年春モデル徹底検証:
第1回 Airより軽いDVDドライブ搭載ノートを選ぶ
本特集では、光学ドライブ内蔵で重量1.3キロを切る“ニッポンのモバイルノートPC”に注目。最新の6モデルを集め、横並びでガッツリと比較していく。(2008/2/20)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。