ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「貯蓄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貯蓄」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

デートの支払いはキャッシュレスでスマートに:
キャッシュレス派は貯蓄上手 平均貯蓄額「87.6万円」
キャッシュレス派の方が現金派より貯蓄上手――JCBが実施したキャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査でこんな結果が出た。(2018/3/20)

キャッシュレス派と現金派で“貯金格差”か 貯蓄増加額に2.7倍の差 JCB調べ
「キャッシュレス派は現金派と比べて貯金上手」――JCBがこんな調査結果を発表した。(2018/3/19)

作った書類がゴミ箱に:
「違う人生やりたかった」元自衛官を追い込んだ「郵政民営化」と「パワハラ」
郵政民営化の対応に追われる日本郵政で、郵便貯金の会計業務に携わっていた元職員の男性(40)が今年2月、民間の「労災」に当たる「公務災害」と通知を受けた。男性は今も、精神疾患の治療のため働けない状態が続く。(2018/3/7)

貯金は「取り崩す」、それとも「切り崩す」? 間違えやすい日本語
どっちでもいい気もするけど、間違いたくはない。(2018/2/5)

2018年のお年玉事情は? もらった額は小中学生平均で約2万4000円、使い道は「貯金」が37.7%でトップに
なお、全額を自由に使える子は35.2%、1円も使えない子が13%。お金の管理に厳しい親が多い?(2018/1/31)

「地獄とコインのカーニバル」 藤崎マーケットのトキ、仮想通貨流出で全貯金を失う
望みは捨てないで!(2018/1/27)

前年よりも675万円増加:
20代、定年退職後も安心して暮らせると思う貯金額は「5055万円」
20代、定年退職後も安心して暮らせると思う貯金額は「5055万円」――SMBCコンシューマーファイナンス調べ。(2017/12/5)

マネーの達人:
やってませんか? 貯金体質の人が絶対やらない7つの習慣
なかなかお金がたまらないのはなぜでしょうか? 貯金できる人がやっていない、7つの習慣をご紹介します。(2017/8/31)

マネーの達人:
夫婦別勘定はお金がたまらない 責任者交代制のススメ
夫婦別勘定の共働き世帯が増えていますが、貯金をしたいなら最悪の選択です。今回は、その理由と効果的な貯金方法について解説します。(2017/7/28)

30〜40代既婚男女の世帯貯蓄額:
貯蓄額の二極化 「1000万円以上」「100万円以下」同数
貯蓄額が二極化している。4人に1人が「貯蓄1000万円以上」の一方で、4人に1人は「貯蓄100万円以下」の状態になっている――楽天市場調べ。(2017/6/28)

「エンジニアはどこでも働ける」は本当なのか?:
PR:地方に移住すると、生活の“質”が上がり、生涯貯蓄額が増える、といううわさの真相
UIターンに興味はありつつも、ためらう人は多い。移住先に何を求め、何を懸念しているのか。そして地方暮らし実情は?(2017/6/26)

マネーの達人:
20代の平均貯金額は「184万」、45.3%が「貯金なし」 30代、40代は?
日本人の平均貯蓄高は1820万円と発表されましたが、60歳以上の世帯が平均を押し上げており、若い世代には実感がありません。今回は、将来への大きな武器となる「投資」について解説します。(2017/6/16)

ウェルスナビが「マメタス」スタート:
「おつり」でロボアドが投資 「投資初心者の一歩に」
個人金融資産の半分以上が預貯金で、投資意識が低い日本。「投資初心者が気軽に投資できる」サービスをウェルスナビが始める。「おつり」を活用し、ロボアドが自動で長期分散投資を行う。(2017/5/18)

お年玉平均金額は2万5711円、使い道1位に「貯金」 バンダイが「小中学生のお年玉に関する意識調査」の結果を発表
子ども時代のお正月・最重要イベント「お年玉」に関する調査です。(2017/2/2)

“イノベーション思考”で発想が変わる!(5):
他人の「ロジカルシンキング」見て、わが「ロジカルシンキング」直せ!
発想を生み出すためには「考え方の技術」がある。コツの解説と演習を通じてその技術を身につけてもらおうという当連載。今回は「今ある貯蓄を、1年間で100万円増やすには?」という演習問題の回答例を厳しく!? チェックします!(2017/1/20)

オタクの貯金を脅かす「店舗特典のジレンマ」とは
(2016/11/27)

キャリアニュース:
2016年夏の賞与額――「30万円台」が最多
総合転職情報サイト「マイナビ転職」が「2016年夏の賞与に関する実態調査」の結果を発表した。賞与額の最多層は「30万円台」。「賞与の使い道」は、全体の約6割が「預貯金」で、年齢層が高いほど貯蓄・投資傾向が強いことが分かった。(2016/9/1)

課金で貯金ゼロに? 身の毛もよだつソシャゲのガチャ話
今や現代の怪談ともいえる「ソシャゲの重課金」問題。大須先輩にも何やら心当たりがあるようです。(2016/9/1)

マネーの達人:
貯金1000万円はすごくない 私はこの「3つ」を実践して貯めました
貯金1000万円は、そんなにすごい額ではありません。今回は、私が実践した貯まる方法3つを紹介します。(2016/8/1)

マネーの達人:
「先取り貯蓄」と「余ったら貯蓄」 自分に合ったストレスフリーの貯蓄を
一般的に、貯蓄には「先取り」と「余ったら」の2つの方法があります。あなたには、どちらの方法が向いているのでしょうか? 2つの貯蓄方法を比較してみました。(2016/7/29)

PR:ガジェット男子、家を買う――僕が「じぶん銀行」で住宅ローンを決めた理由
ガジェットが生きがいだった僕が「じぶん銀行」で貯金を始めてから、はや2年。目標としていた300万円がたまったので、結婚してマイホームを買うことに! 住宅ローンをどうするかで悩んでいるのだけど、どうやらじぶん銀行がスゴイらしい。(2016/1/29)

蓄電・発電機器:
ハイブリッドソーラーシステムで市内観光を便利に、岡山市が駐車場に工夫
岡山市が実施した貯金事務センター跡地活用事業者公募で選定された三井不動産リアルティ中国は、同跡地に回遊性向上・環境配慮・非常時対応を追求した駐車場「三井のリパーク 岡山市役所前」をこのほど開設した。(2016/1/6)

マネーの達人:
「定期預金は元本割れしないから安心」は間違い
財形貯蓄や自動積立定期預金などを利用して、コツコツとお金をためている人は少なくないでしょう。しかし、インフレが進むと「元本保証だから安心」とは言えません。お金の価値を考えることが、資産運用のポイントです。(2015/10/8)

夏のボーナスの使い道、“貯蓄”が約4割に
あなたは夏のボーナスをどのように使いますか? 20歳以上の男女に聞いたところ「2014年夏・冬のボーナスに引き続き「預金・貯金」が最も多い。ロイヤリティ マーケティング調べ。(2015/7/1)

交流戦の影響でセ・リーグ全球団から貯金が消滅する珍事 「セ界恐慌」「セ界 NO OWARI」とネット震撼
上手いこと言ってる場合か!(2015/6/24)

年金減額は他人事じゃない! 定年までに必要な貯蓄額
(2015/6/4)

貯蓄ゼロの綱渡りな人生を避けるために必要なこと
(2015/5/15)

お金もセンス:
シニアの不安は「お金」だけなのか 与えられた「10万時間」という恐怖
超高齢化社会を迎える中で、「多くのシニアはお金を使わない」と言われている。「医療費などを考えると、貯蓄を崩すことはできない」といった声をよく耳にするが、問題は本当に「お金」だけなのか。(2015/4/1)

マネーの達人:
無理せず貯金できる「5つの法則」
お金を貯めるための法則は「収入よりも支出を少なくするだけ」と、いたってシンプルです。今回は、我慢しなくても貯金できる5つの法則を紹介します。(2014/11/25)

貯金をして成功できる人とできない人の違いとは
「大切なものだけを残す生き方」にシフトするには。(2014/11/6)

3分LifeHacking:
もしかして損してる? 倹約と収入のベストバランスを考える
「貯蓄」のためにできることといえば「倹約」と考える人がいるかもしれません。しかし、ファイナンスの専門家によれば、必ずしもそれが効果的とはいえないそうです。(2014/10/30)

マネーの達人:
「赤字家計」でも先取り貯金をしたほうがいいの?
会社の財形などを利用した先取り貯金は、強制的に貯金ができる便利な方法として知られています。しかし、その金額は慎重に設定しないといけません。先取り分が家計を圧迫して“お金が足りない”という事態を引きおこすことがあるからです。(2014/10/23)

マネーの達人:
通帳を見れば分かる、お金が貯まらない人に多い“3つのポイント”
貯蓄ができない原因はシンプル。1つはお金を貯める仕組みを作っていないこと、もう1つは、支出の管理ができていないことです。これがうまいか下手かは、預金通帳を見ればすぐに分かります。(2014/9/22)

「父さんがドイツに全貯金を賭けちゃったんだ」 反サッカー賭博キャンペーンに思わぬ誤算、シンガポールで
キャンペーンCMを作ったときにはドイツが優勝するなんて誰も予想しなかった!?(2014/7/14)

お金が逃げていくNG習慣4つ
貯金をしたい、と考えている人が避けたい、お金が逃げていくNG習慣とは? 台湾在住の実業家で、占い師としても活躍する龍羽ワタナベさんの著書『しあわせを呼ぶお金の運の磨き方』から紹介します。(2014/6/26)

貯金は30歳までが大事 年収分を貯めるには?
女性が30歳に向けて知っておきたい貯金の方法。ファイナンシャル・プランナーの中村芳子さんによる、4つの口座を使った貯金の方法を紹介します。(2014/4/24)

えっスマホに銀行があるんですか?:
PR:ガジェットで散財しまくっていた僕が、貯金できるようになった理由
近い未来のためを考えて貯金をしておきたいけど、なかなかうまくいかない……。そんな人にオススメしたいのが「じぶん銀行」。スマホ銀行なので、いつでもどこでも使えるのはもちろん、じぶん銀行ならではのサービスや機能が詰まっている。(2014/3/28)

開業【パーフェクト】マニュアル(2):
開業に必要な資金と自分で準備できる資金の差額を把握し、対策を立てる
会社を辞めて独立開業! 当面は貯金を運営資金に充てて、足りない分は銀行から借りればいいよね―― それって、ちょっと安易ではないですか?(2014/3/13)

身につければ勝手にお金が貯まる習慣
お金を貯めたい、でもなかなか貯金ができない……。そんな人は少なくないはず。今回は、なかば「強制的」に自分を追い込んで貯金をする方法を紹介します。(2014/3/4)

退職手続き【パーフェクト】マニュアル(7):
【社宅・財形貯蓄・クレカ】社宅はいつ立ち退くのか
財形貯蓄は退職と同時に解約しなければならないのか? 所属が変わることで生じる手続きを解説する(2014/1/21)

金を貯めたきゃ付き合うな! 貯金を邪魔する人々
なかなかお金が貯まらない、という人が避けるべき人付き合いを書籍『ココが違った! 金に困らない人の時間術』から紹介します。(2013/12/3)

年収1000万円の貧乏人:
リスクを取ることに、過度に臆病なサラリーマン
住宅を購入するとき、ローンを組むか、コツコツと貯金して現金で一括で買うか――、あなたならどちらを選びますか? 実は、金融機関のトレーダーでさえ、自分のお金を運用できないほど、人はリスクに対して憶病なものなのです。(2013/8/21)

年収1000万円の貧乏人:
お金持ちと貧乏人は「お金の流れ」が違う
お金持ちになる人となれない人とでは、お金の使い方にどんな違いがあるのでしょうか。今回は、お金の流れを川に、貯蓄をダムにたとえて説明します。(2013/8/14)

新婚夫婦に聞く、貯金はいくら?――人生設計の有無で違い
新婚夫婦で人生設計を立てている人はどのくらいいるのだろうか。結婚3年未満の人に聞いたところ、「人生設計を立てている」と答えたのは47.2%であることが分かった。アットホーム調べ。(2013/6/13)

“貯金の達人”になるための3つのコツ
『知らないと損する お金のルールとマナー』より、お金をうまく使い、上手く使うためのコツを紹介。(2013/1/21)

会社員と自営業、老後に必要な額は?
老後余裕を持って暮らせる貯金額とは? 公認会計士の山田真哉氏の著書、『問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい』から紹介。(2013/1/16)

ビジネスパーソンに聞く、2012年の目標とその達成率
2012年も残りわずかとなったが、ビジネスパーソンは年初にどんな目標を立てていたのだろうか。20〜59歳のビジネスパーソンに聞いたところ「貯金」を挙げた人が最も多かった。Gaba調べ。(2012/12/14)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
電通も注目する!? 株ガールの消費行動
毎週土曜連載でお送りしている『カブ・ジェネレーション』。「買ったつもり貯金」を始めたはるか。あずさも同じようなことをしているようですが……。(2012/12/8)

App Town エンターテインメント:
iOS向けゲーム内広告サービスアプリ「稼げる!暇つぶし貯金 プチリッチ」
ユードーは、iOS向けアプリ「稼げる!暇つぶし貯金 プチリッチ」を配信。ゲーム内の広告を閲覧すると獲得できる「花の種」を育成し、さまざまなギフト券と交換できるポイントを増やしていく。リリース記念として、広告料金を特別価格にするキャンペーンも実施。(2012/12/7)

1000万円の借金を返済した男の「お金の片づけ術」とは
巷に広がるお金を貯めるためのノウハウ。しかし、実践してもなかなかうまくいかないもの。『なぜかお金が貯まる手帳術』を記した野呂エイシロウさんは、どのように貯蓄を自分の血肉としていったのでしょうか。(2012/12/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。