ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新入社員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
リクルート、AIにエントリーシートを採点させる真の狙い
リクルートがエントリーシートを熟練面接官並みの精度で自動採点するAIを開発、自社の新卒採用で成果を上げている。将来は他社にサービスとして売り込む方針。(2018/9/20)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
「起業家を目指していた」エンジニアが一転、京王電鉄でIT事業を立ち上げるまで
1990年代初めのこと。アルバイトに明け暮れていたとある大学生が「ITはこれからのビジネスに不可欠」とSIerに新卒で入社。ところが数年後、自分には全く縁がないと思っていた鉄道業界に入り、システム刷新から通信事業の立ち上げまで、さまざまな変革を巻き起こすことになる――。(2018/9/10)

今年の新人は“堅実派”:
夏のボーナスは出た? 何に使った? 新入社員に聞いた結果は
アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティーが、社会人1年目の約200人に行った初ボーナスに関する調査結果を発表。使い道の1位は男女ともに「貯金」と、堅実な人が多いことが分かった。(2018/9/6)

「新入社員が飲み会に参加するのは失礼」 痛快な“偽ビジネスマナー本”が「常識にすべき」「広めたい」と話題に
こんなビジネスマナーなら積極的に守りたい。(2018/8/19)

今日のリサーチ:
2018年新卒の約6割が入社を後悔――レバレジーズ調べ
レバレジーズは、2018年に新卒入社した人を対象に、就職先に関する意識調査を実施しました。(2018/8/16)

頑張る中小製造業の実像:
世代交代を図る樹脂加工メーカー、採用続けてきた若手が中核戦力に
愛知県北名古屋市に本拠を置く樹脂加工メーカーのサン樹脂は、2代目社長のもとで、リーマンショックのさなかでも新卒採用を続けるなど世代交代を図っている。(2018/8/13)

今日のリサーチ:
就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果を発表しました。(2018/7/13)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(45):
愛知編:やっぱり都会は便利だよね――岐阜から名古屋へIターンした新卒エンジニアの本音
名古屋は地元に比べて仕事の数も種類も豊富――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」、愛知編は名古屋のIT企業に就職し、社内恋愛&結婚もした若手エンジニアがお届けします。(2018/7/9)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
私の働き方と人生を一変させた、ある先輩の痛烈な一言
仕事は上司の期待値の1〜2%上をいく、ポイントを押さえてそつなく、効率よくこなせばOK――そんなふうに考えていた新入社員時代のある日、先輩からくらった強烈な一言をきっかけに、著者の身に起こったこととは?(2018/6/29)

キャリアニュース:
今の会社が「第一志望」と新入社員の80.6%が回答――過去最高値
日本生産性本部が「2018年度新入社員 春の意識調査」の結果を発表した。80.6%が、今の会社が「第一志望」と回答。残業が多く専門能力が高められる職場よりも、自分の時間が持てる職場を選んだ割合など、設問の多くで過去最高値を記録した。(2018/6/26)

「第一志望に入れた」も低下:
「仕事は人並みで十分」「苦労したくない」と考える新人、過去最多に
2018年の新入社員は、「働くこと」に対してどんな価値観を持っているのか――日本生産性本部・日本経済青年協議会調べ。(2018/6/22)

不安を取り除けば、開花する:
売り手市場時代の「受け身の新人」をやる気にさせる「伝え方」のワザ
毎年聞こえてくる、「今年の新人は使えない」との指摘はなぜ生まれるのか。新人はどうすれば育つのか。新入社員の育成ノウハウに詳しい、リクルートマネジメントソリューションズを取材した。(2018/6/12)

「ダメOL」が起業して3億円をゲット! 異色のビジネス書が脚光を浴びるわけ
書籍『ダメOLの私が起業して1年で3億円手に入れた方法』が話題だ。著者は新卒でDeNAに入社し、失敗により「新卒初の減給処分」を受けたという女性。その後起業し……。(2018/5/25)

「やりたいこと」はなくていい:
そろそろいろいろ不安になってきた新入社員に贈る、エンジニアライフに役立つかもしれない記事11選
「失敗したくない!(からチャレンジが怖い)」「やりたいことが分からない。詰んだ」――新入社員の皆さん、そろそろ壁にぶつかっていませんか?(2018/5/10)

前年度から軒並み上昇:
18年度新卒入社の初任給、東証1部企業で引き上げ傾向
東証1部に上場する239社の約4割が初任給を全学歴で引き上げている――労務行政研究所がまとめた新卒4月入社の初任給に関する調査でこうした結果が分かった。(2018/4/27)

過去最高に:
新入社員の63%「仕事よりもプライベート優先」
マイナビが18年4月入社の新入社員を対象に意識調査を実施。仕事よりもプライベートを優先したいという声が大多数を占めた。(2018/4/26)

社長も社員もゾンビ! 毎年ネタ満載のGMOペパボ新卒説明会がついにファイナル そして伝説へ……
ゾンビ社長の生きざまに刮目せよ!(2018/4/18)

“AI技術者争奪戦”自動車大手で白熱 自動運転車、コネクテッドカー……
国内の自動車大手や部品メーカーが、技術者の獲得にしのぎを削っている。売り手市場の中、理系の新卒者や既卒の技術者は就職・転職先を厳しく選別。企業側は、技術者が働きやすい研究開発体制を構築して魅力を高めようと知恵を絞っている。(2018/4/18)

“ブラック企業アナリスト”が斬る労働問題:
ルネサス子会社の過労死事件から読み解く、「労働基準法」の病理
半導体大手ルネサス エレクトロニクス子会社で工場勤務の男性が2017年1月に過労死していたことが判明。電通で新入社員が過労自殺した事件以来、長時間労働の危険性がこれほど世間で騒がれているにもかかわらず、なぜ痛ましい事件は繰り返されるのだろうか。その答えは、労働基準法による規制の甘さにあると考える。(2018/4/18)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(40):
「あいつ、スゲーむかつく」と言われる先輩にならないために
あなたの「理想の先輩」は、どんな人ですか?――新入社員が入り、役割も変わるこの季節。初めて後輩を持つエンジニアも多いのでは?(2018/4/18)

キャリアニュース:
「仕事よりプライベート優先」、JMAが新入社員意識調査
日本能率協会(JMA)が「2018年度新入社員意識調査」を発表。今年の新入社員は、仕事や働くことに対してどのような意識を持っているのだろうか。(2018/4/13)

「戦隊」へ配属された新入社員がピンク係を拒否 既成概念にあらがう漫画がアツい
内勤希望だったのに、「若くてかわいいんだからピンクをやれ」と命ずるブラック上司とも戦うことに。(2018/4/13)

新連載・河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
必殺・新人つぶし! ――裸になれない“小ジジイ”の壁
新入社員を待ち受ける“小ジジイ”の壁。小ばかにした態度で指示したり、自慢話を延々と続けたりして、モチベーションを下げる人たちです。“小ジジイ”にならないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?(2018/4/13)

メカ設計メルマガ 編集後記:
製造業の新入社員さんにおススメの記事
いつの間にやら4月です!(2018/4/10)

キャリアニュース:
2018年度の新入社員――場の空気を読み、出るくいになりたがらないのが特徴
エン・ジャパンが「2018年度新入社員の特徴と育成ポイント」について発表。2018年度の新入社員は場の空気を慎重に読み、出るくいになりたがらず、安定したキャリアの形成と私生活を重んじることが明らかになった。(2018/4/9)

Weekly Memo:
2018年、経営トップの入社式訓示にみる「IT企業が求める人材像」
4月は企業にとって新入社員を迎える時。果たしてIT企業はどんな人材を求めているのか。経営トップの入社式での挨拶から探ってみた。(2018/4/9)

電機大手、IT人材の争奪激化 19年度新卒採用 ソニー33%増、東芝2倍以上
電機大手の2019年度新卒の採用計画が出そろった。ソニーは前年度比33%増、東芝は2倍以上と採用増を計画。好業績を追い風に、IoTやAIなどの開発を担うIT人材の囲い込みを図る。(2018/4/9)

新卒採用でAI活用:
横浜銀行が人工知能で新卒採用の書類を選考、教師データは過去のエントリーシート
横浜銀行は、2019年度の新卒選考に人工知能を採用する。専門家が自己の経験に基づいて重要と感じ取る「暗黙知」や「感覚」を学習可能な、FRONTEOの人工知能エンジン「KIBIT」を活用する。(2018/4/9)

温かく見守って:
串カツ田中が新卒だらけの店舗をオープン、狙いは?
串カツ田中が新入社員だらけの店舗をオープンさせる。未熟な接客を温かく見守ってもらうお礼としてドリンクを格安で提供する。接客の質をあえて落とすような決断をした理由とは?(2018/4/6)

エントリーシート選考で:
横浜銀行、新卒採用にAI活用 業務効率化図る
横浜銀行が19年度の新卒採用のエントリーシート選考においてAIを活用する。採用担当者の業務効率化などを図る。(2018/4/6)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
2018年入社の新卒は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」、その心は?──産労総合研究所
新入社員の初々しい姿に、心癒されたり、背筋が伸びたりする季節がやってきました。2018年の新入社員には、どういう傾向があるのでしょうか。産労総合研究所が発表したデータを紹介します。(2018/4/5)

2018年度の新入社員は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 チームワークとスピードに強み
過労死問題やパワハラ問題から、働くことに対し不安を抱く声も。(2018/3/27)

ヤフー、即戦力となるエンジニア獲得へ 新卒でも「年収650万以上」提示
ヤフーはこのほど、30歳以下で就業経験のない入社希望のエンジニアに初年度から年収650万円以上を提示する「エンジニアスペシャリストコース」を設け、採用を始めた。(2018/3/6)

サッポロビールが新卒採用のエントリーシート選考にAIを活用 高評価ならそのまま選考通過
採用は変わった……。(2018/3/4)

サッポロビール、新卒採用にAI導入 エントリーシート選考時間40%削減
サッポロビールは、2019年度新卒採用にAIを活用する。エントリーシートの選考にAIを使う。(2018/3/2)

VRゲームで「0次選考」 新卒採用で“あの手この手”
フェンリルが新卒採用にVRゲームを活用。必ずしも受ける必要はないが、ゲーム内で獲得できる“証明書”を提示すると「有利となるかもしれない」という。(2018/3/1)

14人から選べる:
学生が面接官選べる「直感面接」導入 新日本製薬
新日本製薬は、学生が面接官を選べる「直感面接」を新卒採用に導入する。(2018/3/1)

親向けの採用ページも作成:
採用のカギは就活生の“親”? 「オヤカク」が増加している理由
売り手市場によって、新卒の確保に苦戦する企業。内定辞退者を軽減させる対策として「オヤカク」を実施する企業が増えているという。(2018/2/28)

内定期間中の活動も評価:
メルカリ、新卒の初任給を「能力別」に 「最速にスキルアップ」促す
メルカリが新人事制度「Mergrads(メルグラッズ)」を導入。新卒社員の初任給を一律にせず、能力を評価して提示する。内定期間中の活動も評価し、「最速にスキルアップ」することを促すという。(2018/2/28)

理解得ることから:
“若手発信”のプロジェクトが職場を変えた 新卒社員の奮闘
社内コミュニケーションの活性化が課題となっている企業は多いだろう。オフィス家具メーカー、プラスの渡辺さんと村山さんは、新卒入社してすぐに社内活性化プロジェクトを担当し、社内の雰囲気を少しずつ変えている。どのように他の社員を巻き込んだのか。(2018/2/27)

人材不足の解消へ:
シニアの“新卒採用”、倍率220倍 「72歳の応募者も」
シニア人材を社員として募集するケースが増えてきた。森下仁丹の「第4新卒採用」では、最終的に2200人から応募者があった。応募者の最高年齢は72歳だったという。(2018/1/26)

サイバーエージェント、エンジニアの初任給制度を廃止し“能力給”に
サイバーエージェントが、2018年4月以降に新卒入社するエンジニアを対象に、能力別給与体系の給与制度を採用する。(2018/1/23)

最低年俸450万円:
サイバーエージェント、エンジニアの初任給制度やめ「能力給」に
サイバーエージェントが、4月以降に新卒入社するエンジニアは初任給制度の対象外とし、能力別の給与体系を採用する。最低年俸は450万円となる。最低年俸720万円の「エキスパート認定」制度も新設する。(2018/1/23)

「30歳まで、既卒・就業経験者もOK」 リクルートの2019年度新卒採用基準に注目集まる
賛否両論。(2018/1/19)

リクルート、グループ9社の採用を統合 「365日エントリーOK」「30歳まで応募可」
リクルートグループ9社の新卒採用を統合。各社が独自に行っていた「30歳まで応募可能な新卒採用」「365日通年エントリー」といった取り組みを拡大する。(2018/1/17)

「新卒の8割が辞めていく」 そんな企業を激変させた“新しい組織の形”
5年前まで、新卒採用者の8割が辞めてしまうという悲惨な状態だったネットプロテクションズ。しかし地道な改革の結果、今では新卒がほとんど辞めなくなったばかりか、若手が大活躍しているという。いったい何が起こったのか。(2017/12/25)

売り手市場続く:
19年度の新卒採用数、「増やす」企業は16% 過去9年で最多
2019年度の新卒採用で、企業が採用する学生数はどう変化するのだろうかーーリクルートワークス研究所調べ。(2017/12/18)

常見陽平のサラリーマン研究所:
就活生を悩ませる、おじさんたちの「個性」「人間力」という言葉
就活の時期になると必ず現れるのが、意識高く就活生にエールを送る「若者応援おじさん」や、就活や新卒一括採用を批判する「若者の味方おじさん」だ。前者はまだかわいらしい。ただ、後者は罪である。若者を何も救わないからだ。(2017/12/8)

2位は「お茶くみ」:
新入社員が「時間のムダ」だと思った仕事 1位は……
新入社員が「時間のムダ」だと思った仕事は? シチズン時計の調べ。(2017/12/6)

前年よりも12点低下:
今年の新入社員のTOEIC平均スコアは「485点」
今年の新入社員のTOEIC平均スコアは485点――国際ビジネスコミュニケーション協会調べ。(2017/11/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。