ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Wal-Mart」最新記事一覧

米ウォルマート発、どのクラウドでも単一のオペレーションを実現:
クロスクラウド対応の”PaaS 2.0”「OneOps」がOSSで公開される
米ウォルマートが、AWS、Azure、OpenStackなどクロスクラウド対応の新しいPaaS「OneOps」を公開しました。継続的デリバリ、オートスケール、自動復旧などを実現します。(2016/1/28)

ダメなプライベートクラウド導入とは?
導入が進むOpenStackに潜む「間違ったアプローチ」に注意
Walmart、eBay、CERN、Comcastなど、大手企業や組織による採用が進むOpenStack。企業は今、この技術を真剣に検討すべきかもしれない。だが、多くの企業は間違ったアプローチをしがちだという。(2015/7/6)

SAPPHIRE NOW 2015:
変化に強いのは、”小売企業であり、技術企業だから” 米Walmart CIOのトレル氏
積極的なIT投資で知られる米WalmartのCIOが、SAPの年次イベントでIT戦略に言及して注目を集めた。次々と出てくる課題にスピーディーに対応するためにも、技術企業であることが重要だと話す。(2015/5/14)

「常温で12時間置いても溶けないアイスクリームサンド」が海外で話題に
Wal-Martは「クリームを多く含むアイスは溶けるペースが遅い」と説明。(2014/7/30)

米スーパー大手・ウォルマートの新トレーラーがカッコよすぎ! 今すぐ日本も導入すべき
未来っぽいデザインです。(2014/6/30)

スマートショップ:
米ウォルマートが電力自給率100%へ、太陽光発電を倍増
世界最大の小売業である米国のウォルマートは2020年に向けて再生可能エネルギーの導入量を大幅に増やす。太陽光発電の導入プロジェクトを2倍に増やすなどして、年間に70億kWhにのぼる電力を確保する計画だ。一方で電力の使用量を20%削減して、自給率100%を目指す。(2014/5/14)

自然エネルギー:
急増する米国企業の太陽光発電、1位はウォルマート、4位にアップル
米国の民間企業で太陽光発電システムの導入が活発になってきた。業界団体の調査によると2012年から2013年にかけて発電規模が1.5倍に増えている。太陽光発電システムのコスト低下が大きな要因で、流通業を筆頭に食品・製薬・自動車の大手メーカーが積極的に導入量を増やしている。(2014/5/12)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
大手ベンダーに負けない! POSデータ分析でシェアを広げるデータコム
仙台に本社を構えるデータコムは、創業以来、一貫してデータ分析関連のシステム開発に注力してきた。今後、米WalmartのようにPOP分析をインフラにすることを目指している。(2014/1/15)

米ブラックフライデーの売れ筋は「iPad mini」や大型テレビ──Walmart
米小売り大手のWalmartがホリデーシーズン初日に当たるブラックフライデーの売り上げが過去最高で、売れ筋はiPad miniや大型テレビだったと発表した。(2013/12/2)

LED照明:
西友が290店舗にLED照明を導入、2012年末までに電力消費量20%削減を目指す
米国ウォルマートの傘下で流通業の環境対策に取り組んでいる西友は、全店舗にエネルギー管理システムを導入したのに続き、この4月中旬からLED照明の本格的な導入を開始する。(2012/4/9)

口元だけ人間 白ネコがヨーデル調で歌うちょっと不気味な「ジングルベル」
口元だけ人間みたいな白いネコが「レイレイレイヒー」とヨーデル調でジングルベルを歌う。そんな奇妙な動画をWalmartが公開している。(2011/12/19)

アマゾンやウォルマートに立ち向かえ、グルーポン物品販売進出
「限定期間内に一定人数が手を挙げればディスカウント・ディールが成立」というモデルで、「共同購入型クーポン」という市場をつくりだしたグルーポン。今度は物品販売に進出し、米リテール業界の大御所たちに挑戦状を叩きつけようとしている。(2011/10/11)

未来のために働くIT部門となれ:
【最終回】ビジネスをリードするIT部門を目指して
第1回はウォルマート、第2回は韓国通信企業のKTを取り上げ、過去の成功体験から脱却して新技術を取り入れた事例や、短期間で新技術を活用した事業を立ち上げた事例を見てきた。最終回では、ビジネスをリードし、未来のために働くIT部門となるために、どのように変革を進めていくべきかを論じたい。(2011/9/7)

未来のために働くIT部門となれ:
【第2回】クラウドサービスの潮流を事業化する韓国通信企業
前回は、M&Aを梃子に未来志向を取り戻したウォルマートを取り上げたが、未来のために働く環境を作る方法はM&Aに限られるわけではない。財閥を中心として産業界が構成され、基本的に自力による成長(オーガニック・グロース)を志向する点で日本と似ている韓国でも、新しいテクノロジーによってビジネスを革新する動きが盛んである。今回は、クラウドコンピューティングを活用した新ビジネスを推進する韓国通信企業に着目し、未来を切り開くヒントを追求する。(2011/8/24)

未来のために働くIT部門となれ:
【第1回】過去の成功からの脱却を目指すウォルマート
クラウドコンピューティング、ソーシャルメディアなどのキーワードが話題だ。これらの新しいテクノロジーによってビジネスを革新することに成功している企業がある一方で、変化にうまく対応できない企業も存在する。IT部門が時代の変化を先取りし、企業の未来を創る存在になるために、何をすべきなのだろうか。(2011/8/3)

ソーシャルでの不評を挽回できるか? ウォルマート、最後の一手
国内店舗の売り上げが2年連続で減少と、不調にあえぐウォルマート。起死回生を賭け、ソーシャル・メディアのスタートアップ企業であるコズミックスを買収し、「店舗+Web+モバイル」の戦略に乗り出した。(2011/5/2)

天下のウォルマートも苦戦するアマゾンの脅威
米国第2位のブックストア・チェーン、ボーダーズが会社更生法による保護を申請。業界第2位でも倒産に追い込まれる市場波乱の背景にはアマゾンの影があるという。そして、天下のウォルマートも無傷ではないようだ。(2011/2/25)

米音楽市場、“二刀流”のAmazonがAppleに次ぐ2位に
AppleのiTunes Storeが依然として1位だが、CDとデジタル音楽の両方を販売するAmazonが、CD販売のみのWal-Martと同列の2位になった。(2010/5/27)

せかにゅ:
見えてきた新型iPhone登場の“前兆”
Wal-MartがiPhone 3GSを半額に値下げし、AppleがiPhone 3Gの出荷を停止したとも伝えられている。これは新モデル登場の前触れかもしれない。(2010/5/25)

NEWS
アスペクト、コンタクトセンター向けUC製品などをメキシコのBanco Wal-Martに納入
アスペクトのStreamlined Collectionsなどを導入することで、回収業務の生産性を150%、音声セルフサービスの活用率を50%向上、個人認証番号(PIN)のリプレース処理コストを10万ドル削減したという。(2010/3/24)

Google、世界ブランドランキングでCoca-Cola抜く
最新のブランド価値ランキングで、GoogleがWal-Martに次いで世界第2位となった。(2010/2/18)

ウォルマートVS. アマゾン 仁義なき価格戦争の行方は
ウォルマートが「Webの巨獣」Amazonに宣戦布告。王者の名誉を挽回するべく、とことんまで低価格で徹底抗戦すると宣言した。流通の二大脅威が起こす大津波はいったいどこまで波及するのだろうか。(2009/10/20)

AppleはWal-Martで99ドルのiPhoneを売るべきだ
iPhoneでモバイルプラットフォームを制覇するには、Appleは低価格のiPhoneを迅速かつ大量に販売する必要がある。そのための手段としてWal-Martは最適だ。(2008/12/9)

Yahoo!、オンライン広告配信でWal-Martなどと提携
提携により、Yahoo!はWalmart.comでのディスプレイ広告やビデオ広告の独占販売窓口となる。また、小売業界向けのオンライン「チラシ」配信プログラムも立ち上げた。(2008/6/5)

iTunes Store、ついに米国楽曲販売のトップに
1〜2月の楽曲販売で、iTunes StoreがWal-Martを抜き、米国首位の音楽小売業者となった。(2008/4/4)

検索結果でマルウェアサイトへ誘導、米の大手企業サイトに被害
SEOポイズニング攻撃の被害がUSA Today、ABCといったメディア大手やTarget、Walmartといった小売大手のサイトにも拡大しているという。(2008/3/31)

付いていないパレットは1台当たり2ドル徴収
「ICタグ義務付け」でRFID推進の先手を取ったWal-Mart
小売りの世界最大手であるWal-MartがサプライヤーにRFIDを義務付けたことで、企業は大量の商品に無線タグを付ける必要が生じ、結果的にID自動化に動く可能性がある。(2008/3/14)

iTunes Store、楽曲販売で米国2位に
調査会社NPDの最新の調査で、iTunes Storeが、Wal-Martに次ぐ全米2位の音楽小売業者となった。(2008/2/27)

Wal-Mart、Blu-rayに一本化へ
各分野でBlu-ray支持が広がる中、小売り大手のWal-Martが、6月以降はBlu-rayに一本化する計画を発表した。(2008/2/16)

Dell、米国内の全ショールームを閉鎖
Wal-Martら小売店との販売契約拡大により、ショールームの存在目的は薄れていた。(2008/1/31)

Dell、Best Buyでも店頭販売へ
年末商戦のさなか、Dellが米国での販売網を拡充。Wal-MartやStaplesに続き、家電量販大手のBest Buyでも店頭販売を開始する。(2007/12/7)

Walmart.com、「サイバーマンデー」を「サイバーウィーク」に
Wal-Martがサイバーマンデーならぬ、サイバーウィークで年末商戦を盛り上げる。(2007/11/27)

199ドルのLinux搭載PC、Wal-Martで発売
LinuxベースOS「gOS」を搭載したEverex製のPCが、Wal-Martで199ドルで発売となった。(2007/11/3)

保田隆明の時事日想:
「撤退するんじゃなかったの?」――米ウォルマートの慎重すぎる西友再建策
西友を100%子会社化、西友ブランドを続行すると発表した小売業世界最大手の米ウォルマート・ストアーズに対して、驚きの声が上がっている。(2007/10/25)

Dell、米国での店頭販売網を拡充――Staplesと提携
Dellが、オフィス製品販売のStaplesと提携。Wal-Martとの提携に続き、米国での店頭販売網を拡充する。(2007/10/23)

Wal-Martが衛星ネット接続サービス「HughesNet」を販売
Wal-Martが店頭で、Hughesの衛星経由での高速インターネット接続サービスを販売する。(2007/10/11)

Wal-Mart、「DRMフリー」MP3楽曲の販売開始――1曲94セント
小売大手のWal-Martが、MP3での楽曲ダウンロード販売を開始した。Universal MusicやEMIの楽曲を販売する。(2007/8/22)

デルのPCをビックで店頭販売 初の量販店全国展開
デルのPCを全国のビックカメラ店頭で販売する。デルが日本の量販店で店頭販売を全国展開するのは初めて。米Dellも直販オンリーのビジネスモデルから転換し、Wal-Martでの販売を始めている。(2007/7/26)

Dell、ついに「直販オンリー」から「店頭でも販売」に踏み切る
Dellが6月から3500以上のWal-Mart店舗で700ドルを切るデスクトップPCを販売。小売店でのPC販売を拡充する。(2007/5/25)

Wal-Mart、Skype対応製品を販売
Wal-MartがSkype対応のヘッドセットからコードレス電話まで、さまざまな製品を販売する。(2007/5/15)

Wal-Mart、VHS販売を終了――DVDへ全面切り替え
代表的なアカデミー賞受賞・ノミネート作品をDVDでストック。同時にVHSの販売を終了する。(2007/2/24)

Wal-Mart、HPの新技術で映画ダウンロード販売に参入
Wal-Martが、HPの技術を採用した動画のダウンロードサイトのβ版を公開した。大手映画配給会社の作品を多数揃えており、HD DVDやBlu-rayにも対応している。(2007/2/7)

Wal-Mart、MSとNovellの顧客に
昨年11月のMicrosoftとNovellの提携を受け、Microsoftの顧客のWal-MartがNovell製品も導入する。(2007/1/24)

「DVD購入者のみダウンロード視聴できる」サービスを、Wal-Martが開始
米国におけるDVD販売で大きな力を持つWal-Martが、自らダウンロード販売に乗りだした。(2006/11/29)

短命に終わったWal-MartのSNS「The Hub」
10代をターゲットとしたWal-MartのSNSは、わずか10週間で閉鎖となった。(2006/10/6)

Wal-Martの新CIO、RFID計画を支持
RFID採用を推進してきたWal-MartのCIOが交代したが、新しいCIOもRFID計画を支持している。(2006/4/14)

Wal-Mart、自社音楽ストアでオリジナルのスタジオライブを提供
Wal-Martはオンラインストアでオリジナルのライブコンテンツを1曲88セントで販売する。これらのコンテンツは、Wal-Martストア内のテレビでも放映される。(2006/1/26)

ウォルマートを上回る緻密な店舗データ収集が夢
メリーチョコレートカムパニー社長の原邦生氏によると、日本IBMと共同で開発した店舗情報システム「MASCOT」は、ウォルマートを上回るデータ収集を目指したものだという。(2005/9/1)

Microsoft、Wal-Mart出身のターナー氏をCOOに起用
Microsoftは最高業務責任者に小売り大手Wal-Martに19年勤務したケビン・ターナー氏を任命する。(2005/8/5)

HP、DellからCIOを引き抜く
HPの新CIOとして、Dellの上級副社長兼CIO、ランドール・D・モット氏が引き抜かれた。モット氏はDell以前、Wal-MartのCIO経験もある。(2005/7/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。