ニュース
» 2015年05月19日 17時00分 UPDATE

本当に各社横並び?:携帯電話各社の「SIMロック解除」手続きについてまとめてみた

各キャリアから2015年5月以降に発売される携帯電話端末は、原則としてSIMロックの解除に対応している。そこで、各キャリアにおけるSIMロック解除手続きの方法を簡単にまとめてみた。

[井上翔,ITmedia]

 現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルが発売している携帯電話・スマートフォン・タブレット(以下、まとめて「端末」)には、販売する通信事業者のSIMカードと組み合わせたときのみ通信が可能となる「SIMロック」がかけられている。

 総務省は2015年1月、2015年5月以降に発売される端末について、ユーザーの要求があった場合に、原則としてSIMロックの解除に応じるよう、ガイドラインの改定を行った。

 この改訂に伴い、キャリア各社はSIMロック解除方法を案内している。各社とも、一見すると同じ条件に見えるが、細かいところまで目を向けると、微妙な差異がある。

 そこで、簡単に各社のSIMロック解除の条件をまとめてみた。

※本文中の「ソフトバンク」は、ソフトバンクモバイルのソフトバンクブランドを指します。また、価格は税別です。

解除条件・対象

 解除に応じる条件は、ドコモは端末購入から6カ月後、auとソフトバンクは端末購入から180日経過後となっている。

 なお、ドコモとソフトバンクで2015年5月以前に発売したロック解除対応端末は引き続き、購入当日からSIMロック解除に応じる。

 解除対象端末は、各社ともに「原則として全端末」となっている。ただし、iPhone/iPadについては対応が分かれており、ドコモは今後発表されるモデルでSIMロック解除に応じることを明記している一方、auとソフトバンクは「現時点ではノーコメント」(いずれも広報担当者)としている。

解除対象端末(2015年5月以前発売)
ドコモ au ソフトバンク
フィーチャーフォン(ケータイ) × ×
スマートフォン・タブレット(Android) ※1 ※2
iPhone/iPad × × ×
データ通信専用端末(ルーター・モデム) × ×
※1 Galaxy S6 edge SCV32のみ対応。 ※2 BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Zのみ対応

解除対象端末(2015年5月以降発売)
ドコモ au ソフトバンク
フィーチャーフォン(ケータイ)
スマートフォン・タブレット(Android)
iPhone/iPad 未定 未定
データ通信専用端末(ルーター・モデム)

解除方法・金額

 ドコモでは、「My docomo」(PC版のみ)、ドコモショップ、またはドコモインフォメーションセンター(電話サポート)でロック解除を受け付ける。手数料はMy docomo利用時は無料、ドコモショップ・インフォメーションセンター利用時は3000円かかる。ただし、フィーチャーフォンやデータ通信専用端末など、オンライン解除に対応できない端末については、ドコモショップで手数料無料で受け付ける。2015年5月以前に発売したロック解除対応端末は引き続き、ドコモショップにおいて手数料3000円で解除を受け付ける。

ドコモ端末の解除方法と手数料(2015年5月以前発売)
My docomo ドコモショップ ドコモインフォメーションセンター
フィーチャーフォン(ケータイ) × ○(3000円) ×
スマートフォン・タブレット(Android) × ○(3000円) ×
データ通信専用端末(ルーター・モデム) × ○(3000円) ×
ドコモ端末の解除方法と手数料(2015年5月以降発売)
My docomo ドコモショップ ドコモインフォメーションセンター
フィーチャーフォン(ケータイ) × ○(無料) ×
スマートフォン・タブレット(Android/iPhone/iPad) ○(無料) ○(3000円) ○(3000円)
データ通信専用端末(ルーター・モデム) × ○(無料) ×

 auでは、「auお客さまサポート」(Web)またはauショップでロック解除を受け付ける。手数料はauお客さまサポート利用時は無料、auショップ利用時は3000円かかる。スマホ・タブレットだけではなく、フィーチャーフォンやデータ通信専用端末もauお客さまサポートでの解除手続きが可能だ。

au端末の解除方法と手数料
auお客さまサポート auショップ
フィーチャーフォン(ケータイ) ○(無料) ○(3000円)
スマートフォン・タブレット(Android) ○(無料) ○(3000円)
データ通信専用端末(ルーター・モデム) ○(無料) ○(3000円)

 ソフトバンクでは、「My SoftBank」(Web)またはソフトバンク取扱店でSIMロック解除に応じる。手数料はMy SoftBank利用時は無料、ソフトバンク取扱店では3000円かかる。2015年5月以前に発売したロック解除対応端末は引き続き、ソフトバンクショップのみで取り扱い、手数料は3000円となる。

ソフトバンク端末の解除方法と手数料(2015年5月以前発売)
My SoftBank ソフトバンクショップ
フィーチャーフォン(ケータイ)
スマートフォン・タブレット(Android) ○(3000円)
データ通信専用端末(ルーター・モデム)
ソフトバンク端末の解除方法と手数料(2015年5月以降発売)
My SoftBank ソフトバンク取扱店
フィーチャーフォン(ケータイ) ○(無料) ○(3000円)
スマートフォン・タブレット(Android) ○(無料) ○(3000円)
データ通信専用端末(ルーター・モデム) ○(無料) ○(3000円)

新ルール適用端末の解約後ロック解除は?

 各社ともに、新ルールでのSIMロック解除は、回線契約がある状態で、かつ契約者本人からの申込みを前提としている。もしも、回線解約後にSIMロックを解除したい、あるいは中古で入手した端末のSIMロックを解除したい場合はどうなるのだろうか。

 ドコモでは解約から3カ月以内に、ドコモショップに契約者本人が申し出ればロック解除に応じてもらえる。手数料は端末を問わず3000円となる。

 ソフトバンクでは90日以内に、ソフトバンクショップと一部のソフトバンク取扱店に契約者本人が申し出ればロック解除に応じてもらえる。手数料は端末を問わず3000円となる。

 つまり、ドコモとソフトバンクでは中古端末のSIMロック解除は事実上不可能となるので、注意が必要だ。

 一方、auでは端末の購入履歴をシステム上で確認できれば、auショップでロック解除に応じてもらえる。申込時には、本人確認書類が必要で、手数料は端末を問わず3000円となる。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.