トップ10
» 2013年01月14日 00時30分 UPDATE

PC USER 週間ベスト10:円安でPCパーツが値上がり中(2013年1月7日〜1月13日)

先週のアクセスランキングでは、円安に伴うPCパーツの値上がり、NUCやUltrabook、ハイブリッドPCのレビュー、2013 CESの現地リポートなどがトップ10をにぎわせました。

[ITmedia]

 PC USERで1週間に読まれた記事のアクセス数をランキングする「PC USER 週間ベスト10」。今回は2013年1月7日から1月13日までを集計しています。

 1位を獲得したのは「古田雄介のアキバPickUp!(1月7日版)」でした。年末から続く円安の影響を受け、CPU、メモリ、SSD、HDDといったPCパーツの値上がりが続いています。目当てのパーツがあれば、早めの購入を検討したほうがいいかもしれません。アキバのPCショップ関連情報では、パソコン工房とフェイス秋葉原本店のラストセールを報じた「週末アキバ特価リポート(1月5日版)」が6位、グラフィックスカードや無線LANルータの格安品を紹介した「週末アキバ特価リポート(1月12日版)」が10位につけています。

 今回は製品レビュー記事が多数ランクイン。インテルが放つ純正NUC((Next Unit of Computing)のベアボーンキット「DC3217BY」は2位、ソニーの13.3型Ultrabook「VAIO Tシリーズ13(タッチパネル搭載モデル)」は3位、日本HPのキーボード着脱型ハイブリッドPC「HP ENVY x2」は5位、NECの液晶一体型PC「VALUESTAR W&VALUESTAR G タイプWのロードテスト第3回」は9位でした。

 年明け早々に米ラスベガスで開催された世界最大級となるコンシューマーエレクトロニクス見本市「2013 International CES」のリポート記事は3本がトップ10入り。「Tegra 4とSHIELDで舵を切るNVIDIAの狙い」が4位、「“トランスフォーマー”なThinkPadがCES Unveiledで登場」が7位、「新しいゴリラガラスは“傷ついてもしなやかで強い”」が8位に入りました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう