ニュース
» 2011年06月07日 07時30分 UPDATE

iOS 5は2011年秋リリース:iOS 5+iCloudで大きな変貌を遂げるiPad、iPhone、iPod touch (1/3)

米Appleの開発者向けイベント「World Wide Developer Conference 2011(WDC2011)」が6月6日(現地時間)に開幕。スティーブ・ジョブズ氏も登壇した基調講演では、iOSの新たな展開が垣間見えた。

[園部修,ITmedia]

 米Appleが6月6日(現地時間)、開発者向けの年次会議「World Wide Developer Conference 2011(WWDC2011)」の基調講演で、iPhone、iPad、iPod touch向けの次期OS、「iOS 5」の新機能を披露した。iOS 5では、1500以上の新しいAPIが開発者向けに提供され、エンドユーザーにも200の新機能が用意されているという。iOS 5の配信は今秋の予定で、対応機種はiPhone 3GS/iPhone 4、iPad/iPad 2、iPod touch 第3世代/iPod touch 第4世代。開発者向けのSDK(ソフトウェア開発キット)は6月6日から提供が始まっている。

 世界で2億台以上が販売されたiOSデバイス用に開発されている、次期メジャーアップデート版のOSはどのような機能を持つのか。CEOのスティーブ・ジョブズ氏も登壇した基調講演で紹介された10の機能を簡単に紹介しよう。

PhotoPhoto スティーブ・ジョブズ氏も登場。WWDC 2011のメインテーマは「Mac OS X Lion」「iOS 5」「iCloud」

iOS 5の特筆すべき10の新機能

  • 「Notification Center」の新設

 iOS 5に搭載予定の多数の新機能のうちの1つが通知(Notification)機能の強化だ。これまで、iOS対応アプリでは、個々のアプリのアイコンにバッジを表示したり、画面上にウィンドウをポップアップさせたりして各種通知を行っていたが、これを1カ所にまとめ、見やすさとわかりやすさを向上させたのがNotification Centerだ。iOS 5では、ゲーム中などに画面中央にメッセージが表示されるようなことはなく、すべてのメッセージが画面上部に小さく表示され、Notification Centerに蓄積されていく。

 Notification Centerを開くには、画面上部のステータスバーのあたりから指を下向きにスワイプするだけでいい。すると画面にはどのアプリに対してどのような通知が行われているかが一覧表示される。ここでメッセージを消去することもできるし、該当するアプリを開くこともできる。ロック画面(待受画面)に表示されるNotification Centerからは、電話やメール機能に直接ジャンプする機能も用意した。

PhotoPhoto Notification Centerは、これまでアプリごとにバッジで表示されていたNotificationなどをまとめて閲覧できる機能。利用中のアプリの画面などを邪魔しない仕様になっている

  • 「Newsstand」機能

 「Newsstand」もiOS 5で新たに追加される機能の1つ。日本での展開がどうなるかはまだ不透明な部分もあるが、米国では雑誌や新聞の定期購読ができるサービスとして提供される。定期購読紙・誌の最新号は、プッシュ式で自動配信されるので、最新刊が刊行された場合に買い逃す心配がないのが特長だ。データはあらかじめ端末にダウンロードされるので、コンテンツを楽しむ際に通信環境がなくても心配はない。

  • TwitterをOSに標準搭載

 日本でも多くのユーザーがいるTwitterのサービスは、iOS 5になるとOSの標準機能として取り込まれる。すでに写真をTwitterに投稿するアプリなどは存在しているが、OSの標準機能として取り込むことで、いつでもどこでもiOSアプリからTwitter投稿機能が簡単に利用可能になる。一度サインインしておけば、Safariや写真、カメラ、YouTube、マップなどから簡単に情報をツイートできる。

 さらに、Twitterのユーザー名やプロフィール写真などを、連絡先のデータに反映することができるという。連絡先にTwitterアカウントが登録されていると、文字入力時にiOS 5が変換候補の中にアカウント名を含めてくれるので、すべての文字を打たなくてもアカウント名が入力できるといった細かな魅力もある。他のアプリで作成したツイートに位置情報を付加して投稿することも容易だという。

  • Safariの強化

 iOS 5では、Webブラウザの「Safari」の機能強化も行う。情報が多く見にくいWebサイトをすっきりした状態で表示する「Reader」モードを新たに搭載。また気になる情報を手軽にクリッピングしておき、後でまとめて読むときなどに便利な「Reading List」機能も備える。後述する「iCloud」と組み合わせれば、iPhoneで作ったReading ListをiPadで閲覧する、といった使い方もできる。

 iPadでは、Safariでタブが表示されるようになるため、ページの切り替えが簡単になる。もちろんSafariそのものの性能向上も図り、レンダリング速度やJava Scriptなどの実行速度も向上する。

  • 「Reminders」機能の搭載

 やらなくてはいけないこと、忘れてはいけないことをしっかりとメモしておき、必要なときには通知してくれるToDo機能を提供するのが「Reminders」だ。これもiOS 5の標準機能として提供される。リマインド機能は日付だけでなく場所での指定もできるため、スーパーに行ったら「卵と牛乳を買って帰る」というアラートを出せる。RemindersはiCalやOutlook、そしてiCloudと連携できるので、他のデバイスで設定したRemindersのアラートを、外出時にiPhoneで表示させることも可能だ。

  • カメラの使い勝手向上、編集機能を提供

 カメラ機能は、これまでカメラアプリを起動しないと撮影できなかった(一時期はホームボタンのダブルクリックにカメラ起動を割り当てることができたものの、最近はできなくなっていた)が、iOS 5ではロック画面からいきなりカメラを立ち上げられるようになる。とっさのシャッターチャンスにも強くなる点は特筆に値する。

 ロック画面には、カメラアイコンが用意され、このアイコンをタップするとパスコードを入力せずとも写真が撮れる。端末内に保存した写真はこの状態では閲覧できないが、とにかくすぐ写真や動画が撮りたいときに便利だ。

 また画面上にグリッド(構図を決める際に便利な縦と横の線)が表示可能になっており、水平や垂直、黄金比の構図などが簡単に合わせられる。ズーム操作にピンチイン/ピンチアウトが使え、より直感的になるのもポイントだ。画面上をロングタッチするとその場所にフォーカスと露出を合わせて固定できるAF/AEロックも搭載する。

 このほかボリュームの「+」ボタンをシャッターキーがわりにする機能も用意。画面をタッチするのではなく、物理的なシャッターキーが欲しかった人に朗報だ。iCloudとの連携機能もあり、撮った写真を即座にサーバにアップし、他のデバイスでも好きなときに写真を閲覧できる。

PhotoPhoto カメラはロック画面から瞬時に起動可能になる。パスコードを入力しなくても写真が撮れる。またボリュームの「+」ボタンをシャッターにする機能も用意される

 iPhone上で簡単な写真の編集も可能になる。トリミングや回転、露出の調整や赤目の軽減など、気になった部分は写真の閲覧中に編集できてしまう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.