ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブラック企業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

働き方の「今」を知る:
部下を「叱る」のは難しい――「良い上司」になれる、叱り方のコツとは
組織で仕事をしていくうえで、部下を叱ることも時には必要となる。日々多忙な中でうっかりミスを起こしてしまった部下に対しては、ついつい感情的に怒ってしまう方も多いのではないだろうか。つい感情的になりすぎてしまう場合、どうしたらいいのだろうか。「良い上司」になれる、叱り方のコツとは?(2024/4/11)

働き方の「今」を知る:
若手を怖がるのではなく、理解せよ――パワハラにならない「やる気の出させ方」
新入社員に「それパワハラですよ」と指摘されるのを恐れ、適切な指示や指導ができなくなってしまう――そんな経験をしたことのある方も少なくないのではないだろうか。若手をむやみに怖がるのではなく、正しく理解すればこのような悩みはなくなるだろう。一般的な傾向だけでは分からない「若手社員の実態」と「やる気の出させ方」とは?(2024/4/10)

部下の退職、困るし寂しい! けれど……「辞めるスタッフに中間管理職ができること」描いた漫画に共感集まる
作者さんにお話を聞きました。(2024/4/6)

働き方の「今」を知る:
なぜ、大阪王将“ナメクジ騒動”告発者は逮捕された? 意外と知らない「公益通報」のあれこれ
「大阪王将」のフランチャイズ店でのナメクジの発生などの不衛生な状態を告発した元従業員が、フランチャイジーであるファイブエム商事の被害届により威力業務妨害の疑いで逮捕された。本件を概要だけ聞いて「企業に問題があっても、訴えられる可能性があるなら内部告発なんてできない」「たとえ内部告発されても、告発者を訴えればいいのか」などと判断するのは早計だ。本記事では、今後類似の騒動が発生しないために、時系列で何が起きたか、そして何が問題だったのかを解説する。(2024/4/1)

働き方の「今」を知る:
続く賃上げ 「初任給バブル」に隠されたカラクリとは
 昨今の深刻な人手不足を背景に、多くの企業で賃上げの動きが出ている。その動きは初任給にも波及し、大企業だけでなく勢いのあるベンチャー企業などでも初任給アップの動きが活性化している。一方で、歓迎ムードで語られる「賃上げ」といえども、単に「月額基本給が上がる」ケースだけではないことに注意が必要だ。それはどういうことかというと……。(2024/3/28)

働き方の「今」を知る:
60歳の消防士がバス運転手に? 「2024年問題」で存続が危ないバス業界、救いの一手はあるか
2024年4月から適用される働き方改革関連法によって生じる「2024年問題」により、物流・運送業界、建設業界、医療業界が厳しい現実に直面している。その中でも本記事ではバス事業者に焦点を当てる。23年末には年間利用者がおよそ110万人にも上るバス企業が廃業するなど、バス事業者が直面する現実は厳しい。果たして救いの一手はあるのだろうか――。(2024/2/29)

働き方の「今」を知る:
日本経済にはびこる「下請けいじめ」 巧妙化するその実態
ある企業が、自社で販売・使用する商品や製品を発注している下請け企業に対して、不当な値切り行為や支払遅延をしたり、相手側に非がないにもかかわらず、受け取り拒否や返品などをしたりする行為を総称して「下請けいじめ」と呼ぶ。この下請けいじめが、多くのビジネス現場において深刻な問題となっている。下請けいじめに遭わないためには、どうしたらいいのか? その実態と解決策に迫る。(2024/2/16)

働き方の「今」を知る:
「遺憾である」「誤解を招いた」などと言わないために――企業を守る「炎上対応3ステップ」
炎上が大きく広がってから事態収拾するために要する労力、お金、時間などはあまりに膨大であり、組織の貴重なリソースを激しく無駄にしてしまう。本記事では、炎上の火種が生まれてしまった際、どのように対応するのがいいかを3つのステップに沿って解説する。(2024/2/15)

働き方の「今」を知る:
【炎上対応まとめ】その時、どうしたらよかった? パワハラ、性加害、寄付金着服……企業の対応を振り返る
「炎上」を目にする機会が年々増えている。一時に大きく注目されても、時間が経つと忘れ去られてしまうものも多いが、過去の失敗を学ぶことは重要だ。毎年同じような炎上が繰り返されており「過去から学んでいればこんなことにはならなかったのに」という事案がたくさんある。本記事では2023年の主な炎上をおさらいし、「企業は炎上にどう向き合い、どのように予防していけばよいのか」について考える。(2024/2/14)

スピン経済の歩き方:
EVシフトで「トヨタは遅れている」は本当か
世界的なEVシフトの中、エンジン不正が騒がれているトヨタグループ。日本は本当に世界から遅れをとっているのだろうか、それとも……。(2024/2/7)

働き方の「今」を知る:
「初動が遅い」「企業は金を取るな」――震災対応への批判から見る、日本のGDPが上がらないワケ
元日に石川県能登地方を襲った最大震度7の大地震は、能登半島を中心に深刻な被害をもたらした。震災の対応に対し「初動が遅い、小規模だ」「企業は金を取るな」――といった意見が散見されるが、こうした「お客様マインド」ともいうべき態度がめぐりめぐって日本の生産性を下げてしまっているのではないか。どういうことかというと……。(2024/1/18)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

「勤務先はブラック」3割超 パワハラ、高い離職率……理由の1位は?
現職を「ブラック企業」と思っている人が3割に上ったーー。そのような結果がエン・ジャパン(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。働く人々が「ブラック企業」と感じる職場とは。(2024/1/9)

働き方の「今」を知る:
あまりに「日本企業あるある」だ──ダイハツ不正の背景にある病理を読み解く
ダイハツ工業で、自動車の安全性確認試験での不正行為があったことが明らかになった。「第三者委員会による調査報告書」には、同社の組織風土や職場環境における問題点が生々しく記されている。本件から、日本企業にはびこる病理を読み解く。(2023/12/29)

キャリアニュース:
「ゆるブラック企業」からの転職を76%が肯定
総合求人サイト「エン転職」が、「ブラック企業、ゆるブラック企業」についてのアンケート調査結果を発表した。仕事は楽だが成長できない「ゆるブラック企業」からの転職を76%が肯定した。(2023/12/28)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

自身の成長と働きやすさ:
「ゆるブラック企業」の逆は、どのような特徴があるの? データで見えてきた上位30社
「成長と働きやすさ」を感じる会社は、どのような特徴があるのでしょうか。転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」に寄せられた投稿を見ると……。(2023/12/25)

働き方の「今」を知る:
土木建設にタクシー運転手──きつくても「人が集まり辞めない」企業の秘密とは?
人手不足が深刻化している。特に土木建設やタクシー業界など「きつい」イメージのある職種では採用に苦心する企業が多い。しかし、そんな中でも人が集まり辞めない会社がある。その背景には、どんな秘密が隠されているのか──?(2023/12/14)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

おとなの六法:
有給を申請したら却下されました。これってどうなんですか?
上司に有給を申請したけれど、却下された――。この場合、法律的に……。(2023/11/27)

働き方の「今」を知る:
「きっちりやれ」と指示する上司が、若手から嫌われるワケ
労働環境が変わる中、社員たちが上司に求める理想や常識も変化してきている。では、昨今の若手社員の就労意識は、上司世代と比してどのように変わったのだろうか。(2023/11/22)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

経験者に聞く:
ブラック企業だと感じたこと 3位「サービス残業」、2位「長時間労働」、1位は?
識学が実施した「ブラック企業」に関する調査によると、38.6%がブラック企業に勤めたことがある、もしくは現在勤めていると回答。「ブラックだと感じたこと」の1位は?(2023/10/31)

働き方の「今」を知る:
「初任給50万円」のウラ側 みなし残業代を引いたらいくらになるのか?
高額な初任給を提示する企業が増えている。意欲と能力のある若手に高額な給与を支払うこと自体には賛成だが、一方で固定残業代や深夜割増賃金まで含んだ「カサ上げ」と言える事例も散見される。高額初任給の実態とその裏側とは――?(2023/10/30)

働き方の見取り図:
退職希望者は引き留めるな 「慰留」がもたらす3つの損失
退職の意思を会社に伝えたのに、人手不足を理由に退職届の受け取りを拒否されたケースなどが増えている。退職の意志が強い社員を無理に引き留めることは、会社にとって大きなデメリットを伴うと筆者は指摘する。(2023/10/25)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

「あまりにも身勝手なかたが増えて」――無料の空気入れサービスをやめた自転車店のSNSに反響 実情を聞いた
なかには「売り物のポンプを開封して使われた」なんてケースも……。(2023/9/30)

相次ぐ“ジャニーズ離れ” 起死回生のために「企業としてすべきこと」
性加害問題を認めたジャニーズ事務所。これにより、大手企業を中心にジャニーズ所属タレントを起用した広告の中止や更新見送りが相次いでいる。「タレントに罪はない」ものの、なぜこのような対応が相次ぐのか。ジャニーズ事務所がとるべき対応や、これまで事務所にお世話になってきた広告主の企業ができる対応とは何か。危機管理に詳しい新田龍氏が解説する。(2023/9/21)

働く女性の約6割が「今の職場はブラック企業」、なぜそのように感じるの?
「今の職場はブラック企業だ」と感じている女性は、どのくらいいるのだろうか。調査したところ……。(2023/9/20)

働き方の「今」を知る:
イケア「着替え時間の賃金」問題 他人事ではない「○○って労働時間?」
イケア・ジャパンが、従業員の「制服への着替え時間」の賃金を支払っていなかったことが判明した。どこまでが労働時間に該当して、どこからが該当しないのか。トラブルを未然に防止するための知識を解説する。(2023/9/14)

「ちょっと体調悪くて」からの……仮病で会社を休む人の2コマ漫画がぶっ飛んだ展開
仮病で休みたくなるときもあります。(2023/9/2)

「激務」「ブラック企業」?:
コンサル業界に対するイメージ 2位「給料が高い」、1位は?
インタツアー(東京都港区浜松町)が「業界別イメージ調査 コンサル業界編」を発表した。(2023/8/23)

インタビュー:
赤楚衛二&白石麻衣&柳俊太郎インタビュー 「会社へ行かなくて済んだ」ポジティブ思考なゾンビ映画「ゾン100」が示す“令和を生きる人の心構え”
アキラ達の姿を見て、感じたこととは。(2023/8/18)

女性活躍を阻む「管理職の罰ゲーム化」
(2023/8/1)

ビッグモーター謝罪会見 「ここだけは守るべき」だったポイントは?
保険金の不正請求をはじめとするトラブルを巡り、中古車販売大手のビッグモーターが厳しい批判にさらされている。同社は7月25日に謝罪会見を開いたものの、組織的な不正や経営陣の関与を否定したことなどの影響で、かえって世間の批判は強まったようだ。この会見で兼重社長は何をどう伝えればよかったのだろうか?(2023/7/29)

働き方の「今」を知る:
「謝罪会見のNG例」となったビッグモーター 何が炎上を加速させたのか?
(2023/7/28)

消費者庁の「不当処分」疑惑 優良企業はなぜ「1年間の一部業務停止」をくらったのか
昨今、順法意識の低い企業を取り締まるはずの消費者庁による、ずさんな処分が物議を醸している。消費者保護の現場で今何が起きているのか、消費者庁による「不当処分」被害に遭ってしまった企業の実録をレポートする。(2023/7/26)

働き方の「今」を知る:
どうすれば就職氷河期を回避できた? 今も残る「元凶」
どうすれば就職氷河期を回避できたのか──歴史に「もしも」はないが、どのタイミングでどのような対策を取っていれば、不幸な世代を減らせたのだろうか。また、現在の日本社会にも通ずる「元凶」とは何か。新田龍氏が考察する。(2023/6/30)

働き方の「今」を知る:
結局、就職氷河期とは何だったのか? その背景と今に続く深い傷跡
政府が16日に閣議決定したした本年度の「骨太の方針」の内容をきっかけに、突如ネット上で「就職氷河期世代」が話題となった。結局、就職氷河期とは何だったのか。経済情勢と社会構造から読み解くその原因と、今に続く影響の大きさについて解説する。(2023/6/29)

対立が激化:
混迷する「物言う株主vs創業家」 フジテックのゆらぐ経営
エレベーター・エスカレーターの大手フジテックがいわゆる「お家騒動」の渦中にある。香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントと創業家出身の内山高一氏が対立。ガバナンスを巡って激しく対立する両者だが、主張がずれ行く背景には一体何があったのか。そして、この状態が続くことのリスクとは?(2023/6/20)

働き方の「今」を知る:
カスハラに負けない企業の作り方 「毅然とした対応」は経営から
カスハラ(カスタマーハラスメント)をする悪質なクレーマーには、毅然とした対応が求められる。これを従業員に「毅然とした対応をさせる」ものと勘違いする企業が少なくないが、それでは単に「従業員に悪質客の対応を押し付けている」だけだ。では、企業はどうすべきなのか。カスハラに負けない企業の作り方の「5つのステップ」とは──?(2023/6/16)

赤楚衛二主演の実写「ゾン100」、Netflix配信は8月3日から ゾンビパンデミックで大喜びのアキラがかわいい
ストレスだらけの現代社会に爽快ゾンビコメディー!(2023/6/14)

働き方の「今」を知る:
「謝り続けた」「上司は取り合ってくれない」──危険なカスハラ対応が招くもの
悪質なクレーマーによるカスタマーハラスメント(カスハラ)に悩む企業が後を絶たない。「お客さまは神様」という意識が浸透するあまり見過ごされてきたカスハラだが、放置すると大きなリスクをはらむことになる。その理由はというと……。(2023/6/15)

働き方の「今」を知る:
テレワーク率が減少 「できるのに続けない」企業は悪なのか?
多くの企業で「出社回帰」がトレンドとなっている。5類移行のタイミングとはいえ、なぜ旧弊に退化するような方針を打ち出す企業が相次いでいるのだろうか。テレワーク「できるのに続けない」企業の腹の内とは?(2023/6/2)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ騒動から考える、炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策は、有効か否か
ジャニーズ事務所での性加害疑惑が大きな話題となっている。事務所による謝罪動画では、明確な回答をせずに事態をやり過ごそうとしている姿勢が見えた。こうした炎上時に「忘れてもらうまで待つ」策を講じる企業の事例が散見されるが、果たして有効な策なのだろうか。炎上トラブル対応の専門家が考察する。(2023/5/24)

ストレスが少なそう:
「ゆるブラック企業」で働きたい? 楽だけど成長できず給料も増えない
ラクで居心地はいいが、社員が成長できず収入も上がらない会社を指す「ゆるブラック企業」。そうした会社で働きたいと思っている人は、どのくらいいるのだろうか。(2023/5/23)

危機管理広報の重要性:
ジャニーズ事務所、企業としての「5つの問題点」とは? 炎上対応の専門家が解説
ジャニーズ事務所での故ジャニー喜多川氏による未成年者への性加害疑惑が連日話題となっている。5月14日、現事務所社長である藤島ジュリー景子氏は、公式サイト上で謝罪動画を公開した。炎上トラブル対応の専門家である新田龍氏は、事務所の対応を「お話にならないレベルの酷さ」と指摘する。その理由はというと……。(2023/5/23)

「賃上げラッシュ」に乗らない企業はどうなる? 「上げないと損」な4つの理由
(2023/5/12)

目立つメンタル不調:
退職代行、GW明けに相談が急増するワケ 「数分遅刻で罵倒」「病欠信じてもらえず」 利用者の叫び声
5月のゴールデンウイーク(GW)が明け、普段の日常が戻ってきた。「仕事に行きたくない」といったモヤモヤを抱えながら勤務する人も多いのではないか。連休明け、あるサービスへの相談件数が増えているという。本人に代わって退職に関する連絡を有償で行う退職代行サービスだ。利用者はどんな悩みを抱え、サービスに助けを求めるのか。(2023/5/12)

長時間労働はイヤ:
入社前にブラック企業を見抜く方法、2位「ネットの口コミ」、1位は?
「就職・転職活動時にブラック企業かどうかを気にした」という人はどのくらいいるのだろうか。就活経験者に聞いたところ……。(2023/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。