ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「興行収入」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「興行収入」に関する情報が集まったページです。

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
映画「ゲゲゲの謎」クチコミで異例のヒット 劇場でマンガ家が見た“女性に人気”の理由とは?
「ゲゲゲの鬼太郎」の前日譚ともいえる映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」が、口コミでじわじわと人気が出て、興行収入は11億5000万円を超えました。しかも女性に人気だそうです。一体なぜ?(2023/12/17)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
映画「ゴジラ-1.0」見た漫画家が「こういうのでいいんだよ」とつぶやいた理由
3日に公開したゴジラシリーズの最新映画「ゴジラ-1.0」。公開3日で64万8000人を動員し、興行収入10億4100万円と「シン・ゴジラ」を超える好スタートを切りました。(2023/11/12)

オワコンと呼ばれた映画館ビジネスは、なぜ復活を遂げることができたのか
今年は興行収入100億円超えの作品が複数登場。それとともに「映画館」が存在感を再び高めている。コロナ禍では「オワコン」などと呼ばれていたが、いかにして存在意義を取り戻したのか考察する。(2023/9/27)

「しん次元!クレヨンしんちゃん」が興行収入23億円突破 クレしん映画の記録更新
まさにしん次元。(2023/9/19)

映画「スラムダンク」、ポニョ超えの興収155.2億円に 国内歴代13位
東映は28日、映画「THE FIRST SLAM DUNK」の国内興行収入が155億円を突破したと発表した。日本で公開した映画の歴代興行収入ランキングでは、スタジオジブリの「崖の上のポニョ」(155億円)を超えて13位になった。(2023/8/28)

映画「バービー」、米国で“マリオ超え” 興収840億円
映画「バービー」が米国で累計興行収入5.75億ドル(約840億円)を突破し、「ザ・マリオブラザーズ・ムービー」を超えた。(2023/8/25)

映画「バービー」、日本は公開3日間で興収1.9億円スタート 公開前にプロモーションめぐり物議
ワーナー・ブラザースは、8月11日に公開した映画「バービー」の週末3日間の興行収入が1億9093万9600円だったと発表した。興行通信社の週末映画ランキング(11〜13日)では8位だった。(2023/8/14)

任天堂決算:
映画『スーパーマリオ』興行収入、ゲーム原作で歴代1位 IP関連収入が約3倍に
映画『スーパーマリオ』の世界興行収入がゲーム原作の作品として歴代1位になったと発表。作品の世界的ヒットで、IP(知的財産)関連収入が前年同期比190%増の318億円を記録。今後の作品展開にも意欲を示した。(2023/8/3)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
事前の宣伝一切なし「君たちはどう生きるか」の興行収入はどうなる? 3つの生成AIが予測
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「『君たちはどう生きるか』のプロモーションについて」です。(2023/7/22)

ジブリ新作「君たちはどう生きるか」、初動4日間の興行収入は「千と千尋の神隠し」越えの21.4億円
興行収入316億円越えの「千と千尋の神隠し」のペースを上回る数字。(2023/7/18)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
マンガ家、「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」に行く ドラマ通りの魅力と原作ファンが覚えた違和感
映画「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」が好調な滑り出し。公開3日の興行収入は3億1400万円を超えました。原作マンガとドラマシリーズが好きなサダタローさんもさっそく見てきたようですが、何やら違和感を覚えた模様です。(2023/6/4)

「名探偵コナン 黒鉄の魚影」シリーズ初の興行収入100億円突破! ヒット記念で発声可能応援上映も開催決定
100億円突破を記念し、原作者の青山剛昌さんの描き下ろしイラストが公開されています。(2023/5/8)

映画「シン・仮面ライダー」でついに「エヴァ」コラボ 興収は20億円突破
東映は24日、「シン・仮面ライダー」の興行収入が20億2000万円を超えたと発表した。28日から「シン・エヴァンゲリオン」とのコラボ企画も実施する。(2023/4/24)

ITmedia ビジネスオンライン Weekly Top10:
『THE FIRST SLAM DUNK』興行収入100億円突破 感動したのは「音」
1週間の記事アクセス数を集計し、上位10記事を紹介する「Weekly Top10」。今回は2023年2月13日から20日までの7日間について紹介。(2023/2/24)

映画「ワンピース フィルムレッド」アマプラが独占配信へ “縦読み”で予告していた
Amazonは23日、国内興行収入197億円を超えたアニメ映画「ONE PIECE FILM RED」をAmazonプライムビデオで独占配信すると発表した。(2023/2/23)

ゴールデングローブ賞も間近:
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の興収が2033億円 2022年の公開作品で世界トップに
2022年12月に公開した映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の興行収入が、15億1655万ドル(約2033億円)を突破した。(2023/1/9)

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」公開 たった1つのシンプルな目標をプロデューサーのジョン・ランドーに聞いてみた
ランドー「オスカー賞の受賞や世界一の映画興行収入は幸運なことですが、私にとっては重要な指標ではありません」(2022/12/16)

映画「すずめの戸締まり」、公開3日で興収18億円超
東宝は14日、映画「すずめの戸締まり」の興行収入が公開から3日間で18億円を超えたと発表した。歴代の新海誠監督作品の中で最も早いペースだという。(2022/11/14)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「映画デリシャスパーティプリキュア」が見せる子どもと大人の夢のあり方 田中仁の脚本はなぜ大人の涙腺を緩ませるのか
映画デパプリ、興行収入も絶好調。たくさんの子どもたちが映画館に足を運んでいます。(2022/9/29)

「シン・ウルトラマン」で“禍特対“が使っているPCとは? 「絶妙に省庁っぽい」「ザ・日本の現場PC」という声も
公開から約1カ月で観客動員数257万人、興行収入38億円を突破している「シン・ウルトラマン」。劇中で、巨大怪獣(劇中では禍威獣)に立ち向かう政府組織「禍特対」が使用しているPCの写真を公式アカウントが投稿している。(2022/6/22)

『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』のアパレル&グッズを展開 興行収入は6億7000万円超え
コスパは、6月11日に公開となった映画『ドラゴンボール超スーパーヒーロー』の新作アパレル&グッズを発売すると発表した。(2022/6/15)

映画「呪術廻戦0」興収123億円、歴代暫定22位に 12日から最後の入場者プレゼント
劇場版「呪術廻戦0」の累計興行収入が123億円を超えた。12日から「最後の来場者プレゼント」を配布してスパートをかける。(2022/3/7)

劇場版「呪術廻戦0」興収93億円超え 「シン・ゴジラ」や「借りぐらしのアリエッティ」上回る
公開5週目に突入した劇場版「呪術廻戦0」の累計興行収入が93億円を超えた。興行通信社の歴代ランキングでは1月23日時点で「シン・ゴジラ」(2016年公開)や「借りぐらしのアリエッティ」(2010年公開)などを抜いて暫定50位にランクイン。(2022/1/24)

「呪術廻戦0」興収77億円超え 公開から18日間で 100億“大台”に現実味
映画「劇場版 呪術廻戦0」の興行収入が公開から18日間で77億円を突破し、100億円の大台も視野に。初速で上回った「アナと雪の女王2」は45日間で100億を超えた。(2022/1/11)

映画「シン・エヴァ」21年の興行収入1位に コロナに負けなかった1年の軌跡
21年公開の映画で興行収入1位になった「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。コロナ禍で2度の延期、思うようにイベントなども行えない中で発揮した強さとは? 興行収入102億8000万円に至る軌跡を振り返る。(2021/12/31)

映画「呪術廻戦0」公開3日で興収26億円超え “鬼滅”に次ぐスタートダッシュ
24日公開の映画「呪術廻戦0」が、週末だけで190万人以上を動員し、興行収入26億円を超えた。「アナと雪の女王2」(2019年公開)の約19億円を超えた。(2021/12/27)

ボスジャンを提供:
サントリーが「鬼滅の刃」とコラボ 懸命に働く人を応援する姿勢と作品の世界観がマッチ
サントリーは、「クラフトボス」とアニメ「鬼滅の刃」のタイアップキャンペーンを実施する。映画が国内初の興行収入400億円を記録した人気アニメとタイアップし、売り上げ増を目指す。(2021/11/24)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「映画トロピカル〜ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!」 ハトプリ共演だけじゃない、映画としての完成度の高さ
映画トロプリ、初動2日間の興行収入も絶好調です! COVID-19以前の水準に戻ってきました。(2021/10/28)

興行収入は100億円を突破:
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』 「第3村ミニチュアセット」展示の舞台裏を聞く
庵野秀明総監督によるアニメ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』がシリーズ史上最高の勢いで興行収入を伸ばし続け、7月12日までの累計で100億円を突破。2016年公開の『シン・ゴジラ』の興行収入82.5億円を超え、庵野総監督作品で最もヒットした映画となっている。(2021/7/17)

映画「シン・エヴァ」興行収入100億円突破 公開から127日で
映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が100億円を突破した。3月8日の封切りから127日目だった。(2021/7/13)

「シン・エヴァ」ついに興行収入100億円突破! ロボットアニメとして史上初の偉業
おめでとう。(2021/7/13)

シン・エヴァ興収99.9億円で「裏コード999」トレンド入り 「また無茶させるわ」
東映は7月12日、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が7月11日までに累計99.9億円を超えたと発表した。(2021/7/12)

Filmarks調べ:
2021年上半期の映画満足度ランキング 興行収入100億円に迫る話題作が1位に
Filmarksは「2021年上半期映画満足度ランキング」を発表した。1位は国内外で人気のアニメで興行収入は100億円に迫る。ランキングを見ていこう。(2021/7/12)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」興行収入が99.9億円を突破 100億円の大台まで秒読み
(2021/7/12)

「薄い本」効果で観客が10倍に 映画「シン・エヴァ」、興収90億円超え
東映は15日、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が90億円を超えたと発表した。公開から14週目で「週間ランキング」の首位に。(2021/6/15)

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編、全世界での興行収入が約517億円に 海外でヒットした要因は?
アニプレックスは5月24日、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の全世界累計来場者が約4135万人、総興行収入が約517億円を記録したと発表した。日本国内の興行収入は約400億円にのぼる。(2021/5/25)

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」興行収入が国内史上初の400億円超え 全世界累計で4135万人動員
海外含む総興行収入は約517億円。たくさんの強い想いが大きな大きな刃となった。(2021/5/24)

映画「鬼滅の刃」、世界興収517億円突破 来場者数は4135万人に 今後は英国やオランダでも公開へ
アニプレックスは5月24日、映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の全世界興行収入が約517億円に達したと発表した。累計来場者数は約4135万人。(2021/5/24)

「シン・エヴァ」興収82.8億円、「シン・ゴジラ」超える
映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が82億8000万円を突破し、「シン・ゴジラ」(82.5億円)を超えた。(2021/5/6)

映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は興収60億円を突破 海外で人気の「エヴァグッズ」1位は?
映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の興行収入が60億円を突破。アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズのオフィシャルグッズストアであるEVANGELION STOREで、海外ユーザーに人気だった商品のランキング。1位は?(2021/3/30)

「シン・エヴァ」まもなく興収50億円 来場者特典にキャラが増えた「シン・ポスター」のカード
東映は3月22日、映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が21日に累計49億3000万円を突破したと発表した。(2021/3/22)

「シン・エヴァ」1週間で興収33億円突破 「初日の勢いそのままの大ヒット」
東映は3月15日、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開から1週間の興行収入が33億円を突破したと発表した。(2021/3/15)

「映画 えんとつ町のプペル」が興行収入20億円、観客動員数150万人突破 リピーター獲得の要因は?
吉本興業は、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣さん原作のアニメーション映画「映画 えんとつ町のプペル」が、興行収入20億円、観客動員数150万人を突破したと発表した。(2021/2/19)

2020年の映画興行収入は過去20年で最低に 邦画収入の3分の1は「鬼滅の刃」
国内興行収入の総額は1432億円。歴代最高だった2019年の約半分(54.9%)。(2021/1/27)

映画「鬼滅の刃」が興収歴代1位に 324億円突破 SNSに「おめでとう」相次ぐ
映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が公開から73日間で324億円を超え、国内で上映した映画の歴代興行収入ランキング1位になった。(2020/12/28)

映画「鬼滅の刃」が歴代興行収入1位に 324億円越えで「千と千尋の神隠し」を抑える
興行収入第1位が入れ替わるのは19年ぶり。(2020/12/28)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『鬼滅の刃』歴代興行収入1位、それでも止まらぬ映画業界「未曽有の危機」
『鬼滅の刃』が日本での映画興行収入歴代1位に。ただ、映画業界の危機的状況は続くと筆者は分析。コロナ禍が露見させた業界の課題とは。(2020/12/28)

映画「鬼滅の刃」の興収311億円 26日から「MX4D」「4DX」上映
映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が公開から66日間で311億円を超え、歴代1位まであと5億1000万円に迫った。(2020/12/21)

映画「鬼滅の刃」、興収歴代1位が目前で遠のいた背景に映画館への“ジブリの恩返し”
東宝は12月15日、国内興行収入歴代1位のアニメ映画「千と千尋の神隠し」の興行収入をこれまでの308億円から316億8000万円に更新した。(2020/12/16)

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」興行収入が300億円突破! 歴代1位へ王手にファン「煉獄さん300億の男になったーー!!」
歴代興行収入第1位の「千と千尋の神隠し」まで、あと約6億円。(2020/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。