ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「解約」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「解約」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

SaaS企業が恐れる「解約率」との正しい向き合い方 継続率99%を超えるSmartHRに聞く
月次の解約率を継続して1%未満に抑えるSmartHR。サービス開始時点では2〜3%程度だったにもかかわらず、数値を抑えられた理由とは。CEOに戦略を聞く。(2022/1/21)

auとUQ mobileの「契約解除料」は2022年3月31日をもって廃止 一部の端末購入プログラムも条件変更
auとUQ mobileにおける「契約解除料(解約金)」が、2022年3月31日をもって廃止されることになった。同年4月1日以降は、定期契約途中の解約であっても契約解除料が請求されなくなる。合わせて、au携帯電話の契約継続が条件である端末購入プログラムの当該条件が撤廃されることになった。(2021/12/23)

ソフトバンクとY!mobileが「メールアドレス持ち運びサービス」開始 年額3300円
ソフトバンクが、12月20日に「メールアドレス持ち運びサービス」を開始した。対象となるのはソフトバンクとY!mobileのメールアドレスで、回線を解約した後でも、キャリアメールを利用することができる。利用料金は、1メールアドレスにつき年額3300円(税込み)。(2021/12/20)

回線解約後もキャリアメールの継続利用が可能に 携帯大手3社が対応
携帯大手3社が、通信事業者を乗り換えたユーザーでもキャリアメールのアドレスを継続利用できるようにする「メール持ち運びサービス」を年内に始める。(2021/12/16)

docomoとauのキャリアメールが回線解約後も利用可能に 月額使用料は330円
切り替えのハードルが低くなりますね。(2021/12/16)

ezweb.ne.jp/au.comメルアドを持ち運べる 「auメール持ち運び」が12月20日にスタート 月額330円
au携帯電話の解約後もauのメールアドレス(ezweb.ne.jp/au.com)を継続利用できるサービスが12月20日に始まる。月額料金は税込み330円で、au携帯電話の解約翌日から31日以内に申し込む必要がある。(2021/12/15)

ドコモ、キャリアメールの持ち運びサービスを12月16日に開始 月額330円
NTTドコモが、12月16日から「ドコモメール持ち運び」サービスを提供する。ユーザーがドコモを解約した場合や、ahamoに変更した場合でも、メールアドレスを変更せずにドコモメールを利用できる。利用料金は、1メールアドレスあたり月額330円(税込み)。(2021/12/15)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクとNTTドコモは「ゼロ円プラン」に否定的――三木谷楽天会長「povo2.0の影響はない」
KDDIと沖縄セルラー電話が楽天モバイルへの対抗も意図して投入した「povo2.0」。月額0円からという料金設定ということもあり、解約率の低下に貢献しているようだ。NTTドコモとソフトバンクは追随……と思いきや、ネットワークの維持の観点から「月額0円」に否定的な見解を持っているようだ。(2021/11/20)

携帯電話の「解約金」は2022年3月までに“全廃”へ 現行法に適合しない「定期契約」の更新は2024年1月から不可能に(3Gを除く)
総務省が「競争ルールの検証に関するワーキンググループ」の会合において、KDDI、沖縄セルラー電話とソフトバンクが2021年度内に解約金(契約解除料)を撤廃する方針を示していることを明らかにした。合わせて、2019年10月に施行された現行法に合致しない「定期契約」について、同省は2024年1月から更新を認めないことを打ち出した。【更新】(2021/11/9)

PayPay、手数料有料化の影響は「極めて軽微」 加盟店の解約数は全体の0.2%
Zホールディングスは、2021年度第2四半期決算を発表し、その中でキャッシュレス経済サービス「PayPay」の決済手数料有料化による加盟店舗の解約数は全体の0.2%であったと明かした。「影響は極めて軽微」だと説明する。(2021/11/2)

PayPay、手数料有料化後も「解約影響は極めて軽微」
PayPayは10月1日以降、中小加盟店の決済手数料を有料化した。PayPayを解約する加盟店が増えることが懸念されていたが、手数料有料化に伴う解約影響は、加盟店数では0.2%、取扱高は0.1%と「極めて軽微」(Zホールディングス)であることが分かった。(2021/11/2)

NTTドコモとソフトバンクが「解約金」を廃止へ KDDIはどうする?
NTTドコモがこの10月から携帯電話サービスにおける「解約金」を廃止した。ソフトバンクも、2022年2月に法人向けの一部を除いて携帯電話サービスにおける「解約金」を廃止する。「au」「UQ mobile」を擁するKDDIと沖縄セルラー電話はどうするのだろうか。KDDI広報部に聞いた。(2021/10/27)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

ドコモの「ケータイ補償サービス」が提供条件を変更 端末単体購入での加入や回線解約後の継続も可能に
NTTドコモが、9月28日から「ケータイ補償サービス」の提供条件を変更。端末を単体で購入した場合でも購入当日を含む14日以内であれば加入できるようになった他、回線を解約した後も補償サービスのみ契約を継続できるようになった。(2021/9/29)

NTTドコモが定期契約の解約金を廃止
現在提供している2年定期契約プランの新規受付を終了。(2021/9/21)

ドコモ、「2年縛り」などの解約金を10月に廃止 独自の「解約金留保」も撤廃
NTTドコモが、スマートフォン向け通信プランの定期契約を途中で解約したときに発生する解約金を廃止する。定期契約プランを別のプランに切り替えたあとでも、当初の契約期間を満了するまで解約金が発生する「解約金留保」も撤廃する。(2021/9/21)

ドコモが10月から解約金を廃止 旧プランの「解約金留保」も廃止に
NTTドコモが2021年10月1日から、定期契約プランの解約金を撤廃する。2019年9月30日までの料金プランでは、2年契約で1万450円、1年契約で3300円、2019年10月1日以降の料金プランでは2年契約で1100円の解約金を設定している。さらに、解約金なしプランに移っても解約金ありプランの解約金が留保されるルールも撤廃する。(2021/9/21)

顧客の異動とカスタマーサクセス【前編】:
「顧客が異動したので解約・失注」 その異動は“偶然”か?
顧客担当者が異動してしまったので失注・解約に──法人向け商材を扱う企業であれば、こうした経験は避けて通れない。そうした顧客の喪失は、“偶然”なのだろうか? 本記事では顧客の異動に対してどのように向き合うべきかを解説する。(2021/8/4)

契約時の説明が不十分:
コロナ禍、ジム退会での“違約金” 発生した9割超から不満の声
ジムの契約トラブルに関する実態調査。契約を解約する際に解約金は発生したか聞いたところ、解約金が発生した人は約半数。その9割は納得がいかないと答えた。理由は?(2021/8/2)

エン・ジャパンの攻める総務:
オフィス約4割減を指揮したのは“フルリモート総務”! 決定から解約までを、遠隔で実現できたワケ
オフィスのファシリティマネジメントをフルリモートで行っている総務部員が、エン・ジャパンにいるという。彼は、通常業務だけでなく、オフィスを約4割縮小したプロジェクトの推進も全てリモートで成し遂げた。オフィス縮小プロジェクトはどう進めたのか、総務がリモートで働くための秘訣とは──? 話を聞いた。(2021/7/30)

50代、クレカへ不安 定年退職後に解約の声、収入減の影響懸念
定年退職や老後を目前に控えた50代、キャッシュレスが進む昨今ではクレジットカードの見直しやステータスカードを意識する人も多い。全国50代のクレジットカード保有者を対象に意識調査を実施したところ、3割以上が定年退職後のクレジットカードの見直しを検討していることが分かった。(2021/7/9)

契約期間や違約金なし 月額3190円/30GBからの「縛られないWiFi」
25(トゥエンティファイブ)は、6月21日にポケット型Wi-Fiレンタルサービス「縛られないWiFi」を提供開始。契約期間や解約金なしの「縛られないコース」は月間データ容量30GB/月額3190円(税込み)から利用できる。(2021/6/21)

「LINEMO」の注意点は? ソフトバンク「メリハリ無制限」、Y!mobile「シンプルプラン」と比較
キャリアが提供するオンライン専用ブランドは、店頭でのサポートが受けられない、キャリアメールが利用できないなどの差異がある。今回はソフトバンクのLINEMOを取り上げ、ソフトバンクの「メリハリ無制限」、Y!mobileの「シンプルS/M/L」と比較。LINEMOの場合、「Yahoo! プレミアム/Yahoo!プレミアム for Y!mobile」が自動解約されることも注意したい。(2021/5/13)

携帯電話の“オンライン解約”解禁へ議論 ドコモと楽天は対応、KDDIとソフトバンクは慎重な姿勢
総務省主導の下、携帯電話回線のオンライン上での解約について議論が進んでいる。4月26日に開かれた会合で、NTTドコモは全面的に解禁する方針としたが、KDDIとソフトバンクは慎重な姿勢を見せた。(2021/4/26)

ドコモは積極的、auは慎重――携帯電話回線の「Web解約」受け付け、各社の状況は?
NTTドコモが3月24日からWebを使った携帯電話回線の解約を受け付け始めた。一方で、KDDIと沖縄セルラー電話が展開するauブランドでは、Webを使った解約手続きの導入に消極的なようだ。総務省の会合で、KDDIはその理由を説明した。(2021/4/26)

解約後も利用可能にする方針:
ドコモが2021年夏をめどに「ケータイ補償サービス」を改訂 端末単体購入でも加入可能に
NTTドコモの「ケータイ補償サービス」が、2021年をめどに端末単体でも加入できるようになる。既存ユーザーが回線を解約しても、サービスの契約は継続できるようにする方針だ。auやソフトバンクでも、同様の検討を行っているようだが、具体的な提供めどは立っていない。(2021/4/16)

定期契約プランも提供終了の方向:
NTTドコモが「解約金留保」を2021年秋をめどに廃止 MNP促進に向けて
総務省の会合において、NTTドコモが解約金を保留する仕組みを撤廃することを表明した。同時期に、定期契約プランの新規受け付けも終了する方針だという。(2021/4/16)

nuroモバイルが「データ無制限プラン(S)」を改定 2年縛りと解除料を撤廃
nuroモバイルが、4月1日に「データ無制限プラン(S)」を改定。2年間の定期契約と契約更新月以外で解約した際の契約解除料を撤廃し、名称を「データ使い放題プラン(S)」へ変更する。(2021/3/29)

ドコモがWebでの「回線解約」を受け付け開始 dアカウントが必要
NTTドコモが、My docomo(Web)において携帯電話回線の解約と、即時解約を伴うMNP転出の手続きを受け付け始めた。契約状況によっては従来通りドコモショップでの手続きが必要な場合もあるので注意しよう。(2021/3/24)

ahamo契約でspモードコンテンツ強制解約、20以上のサービスで手動変更・解約必須に
3月26日に提供開始予定のドコモのahamo。音声定額はそのままに料金を2700円に値下げしたこともあり、ユーザーからの支持は強いようだ。しかし、「ネットのみで契約」ということ以外にもさまざまな制約があり、ユーザーの混乱も招きかねない。(2021/3/17)

“顧客との付き合い方”のデザイン法(2):
カスタマーサクセス立ち上げ、どうしてつまづいた? “3つの失敗”から学ぶ心得
サブスクリプション型の事業を持つ企業にとって、顧客の解約率を下げて売り上げを最大化するため、カスタマーサクセスの考え方は重要だ。カスタマーサクセスの立ち上げ経験を持つ筆者が、立ち上げの際に陥りがちな3つの失敗とその理由について解説する。(2021/3/17)

ドコモとKDDI、回線解約ページを検索エンジンから隠ぺい 総務省の指摘受け修正
NTTドコモとKDDIが携帯電話の解約手続きを案内するWebページを検索できないようにしていた。総務省の指摘を受け、両社は検索できるようサイトを改修した。(2021/2/26)

現在は解除済み:
ドコモとauが解約/MNP転出案内サイトに「検索除外」の措置 総務省が指摘
NTTドコモとau(KDDIと沖縄セルラー電話)が、解約やMNP転出に関する手続きを案内するWebサイトに対して、Web検索されないようにするための措置を講じていたことが判明した。総務省からの指摘に前後する形で、両社は共に措置を解除している。(2021/2/26)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイルが「1GB未満0円プラン」で解約阻止狙う――1年間無料キャンペーンは残り80万人
楽天モバイルが4月から新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表した。1名義1回線限定ながら、1GB未満の通信量なら0円(無料)で使える思いきりの良さが特徴だが、“4月から”という点が気にかかる。(2021/2/5)

石野純也のMobile Eye:
異例の新プランを発表した楽天モバイル 解約率は下がるも、収益性を上げられるか
楽天モバイルの新料金プランは、段階制を導入することで、20GB以下と3GB以下の料金を低廉化。さらに1GB以下の場合、料金を無料にするという大胆な手を打った。大手3社のオンライン専用料金プランに対抗した格好で段階制を導入することで、小容量と中容量のプランにフィットするユーザーの負担感を軽減するのが狙いだ。(2021/1/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
3.11上回る25倍の電気代高騰、“市場連動契約"の落とし穴
新電力の「市場連動型契約」に加入した世帯で電気料金が急増。ハチドリ電力では、電力価格の異常高騰分に関してはハチドリ電力側が肩代わりして負担し、ダイレクトパワーでは料金の割引に直接言及しなかったかわりに、2000円の解約手数料を無料とし、自社から顧客を切り替えるよう促している。(2021/1/15)

解約金なしのWi-Fiサービス「ぷらすWiFi」登場 100GBで月額3000円台など
プレシャスログは、クラウドSIMを採用したWi-Fiサービス「ぷらすWiFi」の先行申込受付を開始。最低契約期間や解約金がなく使う分だけデータ容量をチャージし、最短で即日発送する。(2021/1/12)

石野純也のMobile Eye:
auの新料金プランはなぜ炎上したのか? 料金は他社と同水準も、不誠実な打ち出し方が問題
auの新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」は、データMAX 5Gとそれぞれのサービスを個別に契約するより、わずかながらお得になる。しかしネットには失望の声も広がり、いわば炎上状態になってしまった。Twitterでは「au解約」や「さよならau」がトレンド入り。新料金の特徴とともに、その理由を読み解いていきたい。(2020/12/12)

ソフトバンク、Y!mobileへの乗り換え手数料を撤廃 2021年春から
ソフトバンクが、Y!mobileへの乗り換え時に発生する解約金や手数料を、2021年春から撤廃する。現在、ソフトバンクからY!mobileへ乗り換える際には、合計1万5000円の手数料がかかる。オンラインでの手続きならソフトバンクからY!mobileに無料で乗り替えられるようになる。(2020/12/9)

郵便物、押印はどうした?:
オフィス解約、総務も全員“フルリモート”に急転換 「持たない」決断した企業が絞った知恵
コロナ禍で、テレワークの拡充など働き方やオフィスの在り方を見直す企業は多い。しかし、オフィスそのものを廃止し、全社員をフルリモート勤務に移行する企業は珍しいのではないか。「オフィスを持たない企業」としてwithコロナの時代を生き抜く決断をしたWebメディア企業CINRAに取材した。(2020/12/8)

武田総務大臣、解約金なしプランも「まやかし」「国民を欺いている」と一蹴
武田総務大臣が、12月1日の記者会見で携帯料金の値下げや、それに伴うMVNOへの影響について言及した。メインブランドからサブブランドへ乗り換える際、旧プランだと解約金は発生することから「国民を欺いている」と一蹴。MVNOへの影響については「一番の恩恵を受けるのはMVNOの皆さん」とした。(2020/12/1)

デジタルコミュニケーションに「おもてなし」の心を:
解約したいのに引き止められるのは「良い顧客体験」なのか
「コト売り」「サービス」で稼ぐ企業であれば、顧客との良好な関係を長く維持し、解約されないようにしたいのが本音だ。しかし、それはあくまで企業からの見方にすぎない。出発点はあくまで顧客。「解約防止」される側の視点に立ってみると……。(2020/11/19)

サントリー、国内の全サーバ1000台をAWS移行 データセンター解約で「身軽になった」
サントリーは2020年7月までに、国内の全サーバ(1000台超)をオンプレミスからAWSに移行したと明らかにした。今後は海外のグループ企業でもAWSへの移行を進め、ITインフラを統合管理する方針。(2020/10/28)

KDDIの「UQ mobile」事業承継が完了 「マルチブランドで機動的なサービスを」
KDDIの「UQ mobile」事業承継が完了した。auとUQ mobileのマルチブランドで機動的なサービスを提供するとしている。既にUQ mobileからau移行に伴う手数料や解約料を免除する取り組みを進めている。(2020/10/1)

“アマプラ解約運動”、Twitterが「フィットネス」と分類 「その運動じゃないだろ」と総ツッコミ
「アマプラ解約運動」というワードがTwitterのトレンドに入っている。Twitterはこのワードをなぜか、「フィットネス」にジャンル分けしており、ユーザーからは、「いや確かに『運動』だけど、フィットネスじゃないだろ」などとツッコミが入っている。(2020/8/17)

成功するサブスクリプションビジネス【後編】:
「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「バンダイチャンネル」の担当者に聞いた。(2020/5/25)

成功するサブスクリプションビジネス【前編】:
サブスクの難題「カジュアルな解約」を防ぐためにできること
サブスクリプションビジネスが浸透し利用者の行動にも変化が見られます。新たな課題として浮上したのが「何となく」の解約行為。これにどう対処すればいいのか。エキスパートが解説します。(2020/5/18)

ソフトバンク、20年3月期は増収増益 スマホ向け通信の“3ブランド体制”が堅調 解約率は過去最低に
ソフトバンクの2020年3月期通期の連結決算は増収増益だった。主力の通信事業(個人・法人)をはじめ、全セグメントで増収を達成した。スマホ向け通信の“3ブランド体制”(ソフトバンク、Y!mobile、LINEモバイル)が堅調に推移し、スマホ解約率は過去最低の0.7%となった。(2020/5/11)

「巣ごもり消費」で明暗 ZuoraがCOVID-19によるサブスクリプションビジネスへの影響を発表
過半数の企業は加入者の獲得率に大きな影響が出ていない。2割の企業で成長が加速する一方で1割の企業では解約が増加し、縮小傾向を見せている。(2020/4/14)

「どんなときもWiFi」が新規受付を停止 「サービスの安定供給のため」
4月3日から「どんなときもWiFi」が新規受付を停止。2月と3月に通信障害が発生しており、まだ復旧のめどが立っていない模様。3月分の返金や、解約金免除などの措置も発表している。(2020/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。