ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「解約」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「解約」に関する情報が集まったページです。

アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は?
アイロボットジャパンが、ロボット掃除機「ルンバ」や空気清浄機「クラーラ」などを月額制で利用できる有料サブスクリプションサービスをリニューアルする。最低契約期間を大幅に短縮する他、期間途中の解約に伴う違約金の廃止、サブスクリプションコースの簡略化など、改定内容は意外と多岐に渡る。この改定の狙いはどこにあるのだろうか?(2024/2/22)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

ドコモの回線品質に嫌気さしての解約、「あまりいないんじゃないか」とNTT島田社長
NTTが2023年度第3四半期決算を発表した。会見の質疑応答で、子会社のNTTドコモに関し「ネットワーク品質に嫌気が差してやめた人など、契約者数の影響はあったか」という質問が出たが、NTT代表取締役社長の島田明氏は「あまりいないんじゃないかと思っている」と回答した。(2024/2/8)

楽天モバイル、利用意思がない回線に契約解除料を請求 2月21日から
楽天モバイルは、2月21日から利用意思がないと認められる回線への契約解除料(解約事務手数料)の請求を開始。金額は1078円(税込み)で、通常の利用方法であれば発生しないとしている。(2024/1/29)

楽天モバイル、利用する意志がないのに契約した人に“契約解除料”請求へ 「当社が客観的合理的に判断」
楽天モバイルは29日、利用する意志がなかったと認められるユーザーが1年以内に解約する場合、「契約解除料」(解約事務手数料)を請求すると発表した。2月21日から。(2024/1/29)

Google、Bardなどの生成AIトレーニングに貢献した下請けAppenを突然解約
機械学習用のデータ準備・管理の支援を手掛ける豪Appenは、重要顧客のGoogleから突然契約終了を通告されたと証券取引所への提出文書で明らかにした。(2024/1/24)

Google Cloud、解約時にデータを外部転送する料金が無料に 安心してクラウドを切り替えられるとアピール
米Google Cloudは、顧客がGoogle Cloudを解約してデータを他のクラウドやオンプレミスへ転送する場合のデータ転送量を無料にすると発表した。(2024/1/12)

「サブスク解約したいけど、手続き分からん」に救世主 「解約.com」が話題 開発経緯を聞いた
「使っていない月額サービスを解約したいけど、手続きが複雑で分かりにくい」──そのような経験をしたことはないだろうか。そんな人にぴったりな、さまざまなサービスの解約情報がまとまったWebサイト「解約.com」がX(旧Twitter)上で話題になっている。(2023/12/27)

ITサービスの値上げラッシュ それでも顧客が離れない「米国流・営業スタイル」
ITサービスが相次いで値上げに踏み切っている。顧客の財布のひもは固くなるだろう。米国ではCFOがサービス解約を主導するような状況だ。営業の難易度は上がるが、生き残るために米国で浸透してきている「新しい営業スタイル」について解説する。(2023/12/15)

ドコモは「irumo」が解約抑止に貢献、端末値引き上限4万円は「納得感がある」と井伊社長
ドコモの2023年度上半期の売り上げは2兆9464億円(前年同期比+465億円)、営業利益は5808億円(前年同期比+43億円)で増収増益となった。新料金プランの「irumo」と「eximo」は「狙い通りの成果が得られている」と井伊氏は手応えを話す。ドコモショップへの来客数も増えているという。(2023/11/7)

米WeWorkが破産法申請 ソフトバンクグループが出資
ソフトバンクグループ(SBG)が出資するシェアオフィス大手の米WeWorkが11月6日(現地時間)、米連邦破産法11条の適用を申請した。高額なリース費用や在宅勤務に伴う法人顧客の解約が響いた。(2023/11/7)

ソフトバンク、2024年1月31日に3Gサービス終了 3G専用プランなど自動解約に
3G専用の料金プランなどは2024年2月1日に自動的に解約されます。(2023/10/3)

今日のリサーチ:
カスタマーサクセス担当者一人当たり顧客数は平均97社、平均解約率は2.84%――クラウドサーカス調査
顧客の成功は自社の成功のための条件でもあります。解約を抑え、アップセル・クロスセルを増やす上ではテクノロジーの活用によるカスタマーサクセス業務の効率化が鍵となりそうです。(2023/9/22)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
「PS Plus」30%超える大幅値上げにゲーム好きマンガ家も悲鳴 プラン見直しの結果は?
9月6日から「PlayStation Plus」が値上げされました。解約を考えている人もいるかと思いますが、改めてサービス内容を整理してみたいと思います。(2023/9/16)

ソニー、犬型ロボット「aibo」の“里親”プログラム 有料サービス解約後に本体手放しづらいオーナーに配慮
寄付として回収されたaiboには、状態確認や修理の際に本体カラーに合わせた「aiboの里親プログラム専用首輪」が付けられる(2023/9/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
解約したけど、たぶんまたそのうち再開するサブスク
自動車でもそんなサブスクが増えてほしい。(2023/9/6)

楽天モバイルは789億円の赤字もコスト削減を徹底 三木谷氏「黒字化して国内ナンバーワンキャリアに」
楽天モバイルの2023年度第2四半期業績は、789億円の赤字。契約数は7月に入って491万に達し、解約率は低下している。2023年は「フェーズ2」に位置付けており、コストの最適化を図って黒字化を目指す。(2023/8/10)

「何度も解約時にお金がかからないと言ったのに」 代理店のずさんな説明嘆く投稿に反響 NURO 光に見解を聞いた
「販売代理店に対しさらなる注意喚起を行う」とコメントしています。(2023/7/12)

「ドコモ解約騒ぎ」にはならなかったけど…… 批判集めた「irumo」「eximo」は何が良くなかったのか
ドコモが6月20日に発表した新料金プラン「eximo(エクシモ)」「irumo(イルモ)」に対して賛否両論が巻き起こっている。現状は批判の方が多い印象だ。(2023/6/28)

楽天モバイル利用者に聞く:
「Rakuten最強プラン」開始で継続利用は77.1%、理由は?
MMD研究所は、楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten最強プラン」に関する調査結果を発表。楽天モバイルユーザーに新プラン導入後の状況を聞いたところ、継続利用は77.1%、他社乗り換えは20.6%、解約は2.3%だった。(2023/6/23)

ビッグローブのMVNOサービス「donedone」が8月末に終了 BIGLOBEモバイルへの移行で初期費用が無料
ビッグローブがMVNOサービスの「donedone(ドネドネ)」を2023年8月31日で終了する。理由は「今後も利用者に満足してもらえる状態でサービスを継続していくことが難しい状況と判断したため」。解約方法や乗り換え先などを案内している。(2023/5/12)

3分インタビュー:
「サブスクを解約したい」から逆転の発想 ヤッホーブルーイングが「お祝いサービス」を始めたワケ
「よなよなエール」「正気のサタン」といったクラフトビールで知られるヤッホーブルーイングが、「隠れ節目祝い by よなよなエール」という企画をスタートした。企画のきっかけは「解約したい」という連絡だったという。担当者に詳しい話を聞いた。(2023/3/31)

解約を防げ! ターゲット外にも届いた自社製品を長く使ってもらう方法 「SPEEDA」の場合
一時、解約率が1.3%まで上昇した「SPEEDA」。カスタマーサクセスチームの取り組みにより、0.8%まで下がったという。解約率を下げる取り組みの内容をキーパーソンに聞いた。(2023/3/30)

「電気代が異様に高い」「解約できない」──新電力会社に不満相次ぐ 「複数の要因が重なっている」と経緯説明
ある新電力と契約を結んだら高額な電気料金を請求された──新電力会社のグランデータの契約者からそんな声が上がり、Twitter上で話題になっている。同社はこれを受け、声明を発表し、電気料金が高額になっている理由などを説明している。(2023/3/17)

詐欺容疑で逮捕のぱんちゃん璃奈、ジム退会&住居解約を報告 “どん底”の現在に「全て自分のせい」
東京の住居を解約したとのこと。(2023/1/30)

英プレミアリーグ放映権喪失→でも解説番組は継続 解約数抑えたDAZNの意地と執念
英プレミアリーグの放映権を失ったDAZN。2年連続の値上げを発表したことで批判が集まっているが、解約数を抑えることに成功しているという。理由を考察するとともに運営元に取材した。(2023/1/22)

賃貸退去時に見落としがちなこと 3位「火災・地震保険の解約」、2位「郵便物の転送手続き」、1位は?
不動産情報サービスのアットホームは「賃貸の退去時に見落としがちなこと&忘れ物ランキング」を発表した。(2023/1/18)

ITmedia Mobile読者に聞く:
0円廃止後も楽天モバイルを「利用している理由」と「解約した理由」:読者アンケート結果発表
ITmedia Mobileでは、読者アンケート企画として、楽天モバイルの利用動向についてうかがいました。テーマは「楽天モバイル、0円廃止後も利用していますか?」です。2022年12月14日から12月25日まで実施したところ、8941件という想定を大きく上回る回答が集まりました。(2023/1/16)

SaaSの解約理由「操作性が良くない」5割超 「ツールがただ増えただけ」
 営業支援ツールを提供するRevComm(渋谷区)の提供する音声解析AI「MiiTel for Zoom」は、現場の担当者を対象に「SaaSの継続・解約理由」に関する実態調査を実施した。その結果、SaaSを解約した理由の第1位は「操作性が良くない」(55.9%)であることが分かった。(2022/12/8)

「pixivプレミアム」が自動解約される不具合 クレカ決済刷新が原因 「自身で再登録を」
「pixivプレミアム」(月額550円)で、ユーザーが意図せず自動解約される不具合が起きている。クレジットカード決済システム・請求サイクル刷新が原因だ。(2022/12/5)

人気VTuber・周防パトラが「NURO 光」の解約を報告 「私だけの回線ではなくなっちゃった」
パトラさんは「新回線にしました!!!!!!!!!!!! パケロス0 当たり前だよなあああ」と喜びをあらわに。(2022/9/29)

サブスク解約、部屋のお掃除……“先送り”をやめるには? 先送り癖の直し方を解説する漫画
やらなきゃいけないと分かっていても、ついつい後回しにして後悔するとか……。(2022/9/20)

石川温のスマホ業界新聞:
楽天モバイル、ゼロ円プラン廃止で契約者23万減――逃した魚は大きかったのか
「月額0円から」のプランが廃止されることになり、楽天モバイルからの顧客流出が一時話題となったが、先の2022年度第2四半期決算でその影響がMNOとMVNOで合計約23万件の純減という数字で明らかとなった。月額0円からを目当てに契約しているユーザーが相当数いる現状では、短期的に解約が収益の改善につながると思われるが、中期/長期的に見るとそうとも言えない可能性もある。(2022/8/21)

石野純也のMobile Eye:
「0円」で集めたユーザーを手放した楽天モバイル プラン改定の功罪を読み解く
0円からスタートする「Rakuten UN-LIMIT VI」の廃止により、楽天モバイルからユーザーが大量に流出していることが明らかになった。解約数は新規加入者数を大きく上回っており、四半期ごとの契約者数は、MVNOも合わせると22万の純減だが、楽天モバイルにとっては、これは必ずしも悪い話ではない。料金を毎月払うユーザーの比率が高まり、経営状況が大きく改善するからだ。(2022/8/13)

0円廃止で収益改善に向かう楽天モバイル 2023年中に人口カバー率99%を目指す
楽天モバイルの「0円ユーザー」の解約が増加したものの有料ユーザーは純増している。三木谷浩史会長兼社長は、完全有料化となる11月以降は利益がさらに改善すると自信を見せた。有料ユーザーに関しては「30%ぐらい伸びている」という。(2022/8/11)

楽天モバイル、0円廃止の影響で22万減 三木谷氏「解約しているのは0円ユーザーが中心」
楽天モバイルは、2022年6月末時点のMNOとMVNOを合計した契約数(暫定値)を546万と公表した。内訳はMNOが477万、MVNOが69万となっている。同年第1四半期の契約数と比べて22万減となった。(2022/8/10)

ドコモの「iコンシェル」が2023年6月でサービス終了 スマホ向けは「my daiz」に完全統合
NTTドコモの情報サービス「iコンシェル」が2023年6月30日をもって終了することになった。iモードケータイ向けサービスは同日付で自動解約となるが、セットのケータイデータお預かりサービスは自動解約とならない。スマホ向けサービスはmy daizとして自動継続される。(2022/7/19)

クラウドストレージの「5大リスク」と回避策【中編】
クラウドストレージは「解約後」こそ危ない その理由と対処法
クラウドストレージの安全な利用には、契約中だけではなく、解約後のデータの扱いに注意することが不可欠だ。具体的に何をすればいいのか。セキュリティを高めるためのチップスを集めた。(2022/6/17)

「モナWi-Fi」提供のシレーヌに行政指導 「解約を申し出ても数カ月間対応されず」
総務省は、6月10日にMVNOサービス「モナWi-Fi」を提供するシレーヌへ指導を行ったと発表。利用者の解約の申出を数カ月間放置する不適切な対応が確認されたため。(2022/6/13)

ドコモ光、7月から解約金を減額 2970円〜5500円に
NTTドコモの「ドコモ光」は、7月1日から解約金を減額した新たな定期契約プランを提供開始。解約金が戸建プランは5500円(税込み、以下同)、マンションプランは4180円、従量(ドコモ光 ミニ)プランは2970円になる。(2022/6/9)

2023年中をめどに開始:
USEN“音楽聴き放題”開始へ 「月額料金が高い」U-NEXTの解約原因を打破できるか
「U-NEXT」が、音楽の聴き放題サービスを開始する。「月額が高い」と解約するユーザーが多い現状を打破する狙い。エンタメ横断型で楽しめるサービスへ。(2022/6/3)

アプリ制作プラットフォームを展開:
3期連続「炎上」で絶体絶命だったヤプリ、なぜ解約率1%未満を達成できたのか?
SaaS業界では「サービス解約率を3.0%未満に抑えましょう」といわれている中、アプリ制作プラットフォーム「Yappli」の解約率は1%未満。顧客満足度の高さがうかがえるが、2017年には「3期連続炎上」という暗黒の時代もあったという……。(2022/6/1)

「急な変更に不信」の声も:
楽天モバイル「0円廃止」、7割が解約検討 人気の乗り換え先は?
エイチームライフデザインは、楽天モバイルの「1GBまで0円プランを廃止」発表に関し、同ユーザー約450人を対象に意識調査を実施。「0円ユーザー」の約7割が他社への乗り換えを検討していることが分かった。(2022/5/31)

サブスク会員は10万人を突破:
サービス解約者の5人に1人が再登録 完全栄養食「BASE FOOD」のやめさせない仕組みづくり
完全栄養食の「BASE FOOD(ベースフード)」は、定期購入型サービスの利用者が10万人を超える人気ブランドだ。その人気を支えているのは、「BASE FOOD Labo」呼ばれるコミュニティーサイトの利用者たちだ。彼らはなぜ、BASE FOODに強い愛着を抱くのだろうか。(2022/5/27)

サブスク解約を容易に 改正消費者契約法が成立 必要情報の提示が努力義務に
参議院本会議で改正消費者契約法が成立した。サブスクリプションなどの消費者契約における事業者の努力義務として、解約に必要な情報を提供すること、解約料の算定根拠を説明することを追加した。(2022/5/26)

GSSが「シンプルWiFi」を提供 端末代/容量制限/最低利用期間なしで月額4290円
GSSは、5月23日にWi-Fi通信サービス「シンプルWiFi」の予約販売を開始。契約期間や解約違約金は不要、端末代なし、月間データ容量は無制限、下り最大2.7Gbpsを月額4290円(税込み)で利用できる。(2022/5/23)

製品動向:
「クラウドログ」のARRが2億円を突破、年間成長率は200%以上
クラウドワークスは、同社が運営するクラウド型工数管理サービス「クラウドログ」の年間経常収益が2022年2月に2億円を突破したことを公表した。なお、直近一年間の成長率は202%に達し、チャーンレート(解約率)は年平均約1.2%と低い水準を維持している。(2022/5/17)

楽天モバイルが新プラン 「1GBまで0円」なくなり「楽天解約」がトレンド入り
新プランへの自動移行で、従来の「1GBまで0円」プランがなくなることに。(2022/5/13)

ITで変わる、不動産業界の現在と未来(1):
【新連載】間もなく“宅建業法改正”、不動産取引における「電子サイン」の実態は?
間もなく2022年5月に宅地建物取引業法(以下、宅建業法)が改正され、不動産契約の場面においても、押印や書面交付のデジタル化が進むと予想されています。そこで、アットホームが実施した「不動産取引における書類のオンライン化・電子サインに関する実態調査」をもとに電子サイン利用の実態を解説していきます。※本記事は、宅建業法改正前(2022年4月時点)に執筆したものです。賃貸借更新時と賃貸借解約時における取引場面では、既に電子サインが認められています。(2022/4/28)

調査レポート:
アットホーム、不動産取引書類のオンライン化&電子サイン実態調査
アットホームは、2020年4月以降に物件を購入または賃貸物件を新規で契約・更新・解約した全国の18〜50歳の男女440人を対象に、書類のオンライン化・電子サインの実態と今後の希望について調査を行った。(2022/4/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。