ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ダイバーシティー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ダイバーシティー」に関する情報が集まったページです。

米国で進む「同一労働同一賃金」【後編】
“賃金格差のない社会”実現のためにカリフォルニア州は何をするのか?
賃金格差解消のために、米国の一部の州は新しい法令を定めている。カリフォルニア州はどのような施策を実施するのか。(2021/10/14)

国民的キャラクター:
進むガンダムのメインカルチャー化 社会的アイコンとしてバンダイナムコが描くサステナブル戦略とは
今や国民的キャラクターといえる機動戦士ガンダム。バンダイナムコのサステナブル戦略を追った。(2021/10/14)

「なぜかうまくいかない」と感じたら読んでほしい“DX処方箋”(1):
「いろいろやっているが結局何も進んでいない」というDX推進企業が見落としているもの
DXで発生するさまざまな課題に対し、「DX処方箋」として事例を基にした対処方法を解説する本連載。第1回目は「今、見直したいDXの目的」と題し、DX推進で見落としがちな落とし穴について解説する。(2021/10/13)

新・たばこビジネス【後編】:
マールボロブランドが消滅 フィリップ モリス インターナショナルCEOに聞く「たばこビジネスの展望」
「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指すフィリップ モリス インターナショナル。陣頭指揮を執るオルザックCEOはIQOS ILUMAやTEREAの開発にも深く関わってきた。今後のPMIのビジネスについてオルザックCEOにインタビューした。(2021/10/8)

米国で進む「同一労働同一賃金」【前編】
「賃金データの報告」義務化で新たに生じた「HR Tech」のニーズとは
「同一労働同一賃金」は米国企業にとって、人材を集める手段として考えられていた。だが同一労働同一賃金の法制化が一部の州で進みつつあることで、この考えは変わる可能性がある。どのように変化するのか。(2021/10/7)

「扶養から出るな」という夫も:
“パートは低賃金で当然”の日本で、なぜ「全従業員を正社員化」できた? イケア・ジャパン人事に聞く
いわゆる「同一労働同一賃金法」より約6年も前に、イケア・ジャパンはパートタイマーを含め全従業員を正社員雇用に切り替えた。なぜそのようなことができたのか。イケア・ジャパン人事にインタビュー。(2021/10/6)

人材のプロに聞く:
PR:不足するIT人材課題に対する「即戦力人材」以外のソリューションはあるのか
DXが大きなテーマになる中、IT人材が不足している。多くの企業は「即戦力」となる人材を求めがちだが、変化の激しい時代においてIT人材不足に対応するには「即戦力」頼りではない、重要なポイントがあるという。それは一体何か?(2021/10/4)

人事も現場も知っておくべきこと:
障害者雇用で「障害者ができそうな仕事を探す」企業は、既にやり方を間違えている
障害者を雇用するにあたり、多くの企業は社内で「障害者にやってもらえる仕事はあるか」と聞いて業務を探しているが、これは最適な方法ではなく、もっとうまくいくやり方があるとリクルートスタッフィングの飯尾朋子さんは言う。(2021/9/29)

スピン経済の歩き方:
「女性だからではなく実力で選べ!」が、日本企業の競争力を低下させているワケ
女性管理職の平均割合は8.9%で過去最高――。とはいえ、海外に比べると、まだまだ。なぜ日本企業は女性活用が進まないのか。(2021/9/21)

即NGではなく:
「優秀だが、差別的な人」が面接に来たら? アマゾン・ジャパン人事が本人に伝える“一言”
多様性を重視するアマゾン・ジャパンの面接に「極めてだが優秀だが、差別的な人」が来た場合、どのような対応を取るのか。人事部の責任者である上田セシリアさんに聞いた。(2021/9/21)

FAメルマガ 編集後記:
パラリンピックに見るモノづくりが目指すべき姿
なぜマスカスタマイゼーションが必要なのか、の答えがあったと感じました。(2021/9/17)

どうする?:
就活面接で、河村市長的ハラスメントおじさんが出てきたら
オリンピック金メダル丸かじり事件で大批判を受けた後、自らがコロナ罹患で療養されていた河村名古屋市長も回復されたとのこと。河村市長と同世代は組織の幹部になっている人も多く、そんな人が採用面接でやらかすリスクが非常に高いことを証明しているといえます。(2021/9/14)

家電メーカー進化論:
3年間で大改革の「タイガー」、きっかけは元ソニーの女性役員
1923年創業で、ステンレスボトルや炊飯器などの多くの製品を手掛けるタイガー魔法瓶。2023年に100周年を控えた18年からは、元ソニーでVAIO事業を立ち上げるなどした浅見彰子氏が、既存事業のほか構造改革や未来のビジョンづくりに取り組む。タイガーが抱えていた課題と施策、そして100周年後の展望などを聞いた。(2021/10/13)

社員の病と人事:
いかに病のある人をインクルージョンする組織にするのか カルビーの組織開発
いかに病をインクルージョンする組織をつくっていくのか、病のある社員を支援できる組織をいかにつくるかというテーマに取り組みたい。(2021/9/1)

PR:見えていなかった“データの因果関係”を可視化 「なんとなく」から脱却するには? NECワークショップで学ぶ
(2021/8/30)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
FREE FLAT FUNな生き方へ
この3つが私たち一人一人が未来に向けて生きていくうえで、必要なスタンス。(2021/8/26)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(2):
SDGsタスクフォースとユニバーサルデザイン研究部会
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第2回では、2003年に発足した「ユニバーサルデザイン研究部会」と2020年に活動を開始した「SDGsタスクフォース」にスポットライトを当てる。(2021/8/26)

多様性尊重:
パナ広告、「きれいなおねえさん」が消えた 
個人の性別や年齢、国籍、価値観などの多様性(ダイバーシティ)を尊重する考え方が企業の広告などに浸透してきている。(2021/8/24)

賃金体系も変更:
バブル期の大量採用世代が定年に ダイキンが急ぐ「再雇用制度」大改定の中身
ダイキン工業が、今年4月の高年齢者雇用安定法の改正に合わせ、再雇用期間を延長した。最大のポイントは、70歳までの期間延長と再雇用者の処遇の見直しだ。その詳しい中身は……?(2021/8/24)

DX推進に必要な「5つの役割」とは?――ガートナーが提言
ガートナーによると、DXの推進には「5つの役割」が必要になるという。企業はDX成功の鍵を握る人材の役割を理解し、自社に必要な人材の確保や育成に取り組むべきと提言している。(2021/8/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「感情マネジメント」でチームを伸ばす
自分とチームの「気持ち」を知り最高の成果を生み出すEQ:Emotional Intelligenceの力(2021/8/19)

取得日数2日→1カ月以上に:
「営業は休めない」をどう解消? 積水ハウス、男性育休「100%・1カ月以上」実現のワケ
積水ハウスの男性育休取得率は100%、取得期間も1カ月以上と長い。しかし、始めからスムーズに制度が受け入れられたわけではない。従来は男性の育児休業の平均取得日数は2日程度で、「営業職は休めないだろう」という声も多かった。積水ハウスではどのように風土を変え、男性育休を定着させたのか。話を聞いた。(2021/8/17)

リクルート創業者の肖像【後編】:
『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』著者が見たリクルート成長の秘密
リクルートの創業者、江副浩正氏の生涯をたどったノンフィクション『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』(東洋経済新報社)が、今年1月の発売以来5万部を突破した。著者の大西康之氏が取材を通して見たリクルート成長の秘密と、不確定な時代でも生き抜ける人材の育成について語る。(2021/8/13)

電気自動車:
EVの絵文字のアイデアを募集、入賞作品はユニコード・コンソーシアムに提出
ABBとメディア企業のGreen.TVは2021年8月10日、電気自動車(EV)の絵文字を公募すると発表した。(2021/8/12)

アニメ「けものフレンズ」プロデュースの8million LGBTQの当事者からフィードバックを受けられるサービスを提供
8millionはLGBTQについて発信するクリエイターのかずえちゃんと協働し「debate+ LGBTQ」というサービスを発表した。依頼者が自社のコンテンツを出す前にLGBTQの当事者や理解者(ALLY)から客観的なフィードバックをもらうことができる。(2021/8/10)

スピン経済の歩き方:
小山田圭吾炎上騒動に学ぶ、企業担当者が「ブラック著名人」とのコラボを避ける方法
東京オリンピック開会式の作曲担当をしていた小山田圭吾氏が、辞任する意向を関係者に伝えたという。それにしても、大会組織委員会はなぜ小山田氏を起用したのか。過去をちょっと調べれば、同級生や障害者をいじめていたことが分かるはずなのに……。(2021/7/20)

コマツ小川啓之社長の野望【前編】:
コマツ小川啓之社長に聞くDX戦略 世界の現場を自動化し、遠隔操作
ICT(情報通信技術)を駆使して安全で生産性の高い施工を実現した、コマツの「スマートコンストラクション」。コマツはこれをさらに進化させた「デジタルトランスフォーメーション・スマートコンストラクション」を世界の建設、鉱山現場に導入しようとしている。小川啓之社長に経営の基本線である「DX戦略」の行方を聞いた。(2021/7/15)

デジタルを駆使:
大日本印刷・北島社長が語る「DXを経営の柱に据えた理由」 データを活用して出版界全体の改革に取り組む
大日本印刷がDXを経営の重要な柱に位置付け、社会課題の解決に取り組もうとしている。デジタル時代に入り書店が大幅に減り続ける中、書店や出版社と組んでデジタルとリアルを融合。新たな読書需要の掘り起こしにも注力して成果も出してきている。DNPの北島義斉社長に、今後の課題を聞いた。(2021/7/14)

"IT部門は御用聞き"なんて言わせない 旧態依然の組織文化を変革する3つのポイント
旧態依然の組織文化から脱却するためにIT部門ができることは何だろうか。ガートナーのアナリストが組織文化の変革を実現する3つのポイントを語った。(2021/7/13)

「異形」か「個性」か:
「ブラック校則」で波紋 今の日本社会で、ツーブロックは本当に就職で不利なのか
「就職活動に影響する」とツーブロックを禁止する学校が話題に。本当に髪形程度で就職に不利になるのか。そんな社会でよいのか。(2021/7/12)

「絵に描いた餅にはしない」:
東急、男性育休率が2%→80%に! 「社員に本気を見せる」ため、人事がしたこととは?
2015年、東急は「男性育休100%」を目標に掲げた。14年度は2.1%だった取得率を順調に伸ばし、20年度の実績は80.0%に。人事担当の男性社員すら「育休を取るなんて考えもしなかった」という社風を、どのように改革していったのか。(2021/7/9)

JFMA調査研究部会のFM探訪記(1):
【新連載】FM探訪記:調査研究部会とコロナ禍でも元気な「こころとからだのウェルビーイング研究部会」
本連載では、日本ファシリティマネジメント協会(JFMA) 専務理事 成田一郎氏が「JFMA調査研究部会のFM探訪記」と題し、JFMA傘下で、マネジメントや施設事例、BIM×FMなどの固有技術をテーマにした合計18の研究部会から成る「調査研究部会」での研究内容を順に紹介していく。第1回は、調査研究部会の全体概要と、2018年に新設した「こころとからだのウェルビーイング研究部会」について解説する。(2021/7/8)

NEC、りそな、パーソル──“息切れしない”企業改革、大手3社に共通する「ヒト投資」
働き方改革、リモートワーク、DX化、インクルージョン&ダイバーシティ――変化の速い事業環境の中で、企業が取り組むべき課題は山積状態。疲弊して歩みを止めることなく、会社の活力を生み出すためにはどうすればいいのか。少なくない企業が、「ヒト投資」という答えに活路を見い出している。大手3社に、その施策を聞いた。(2021/6/16)

災害対策も充実:
旧九段会館が次世代型オフィスに 「オールジェンダートイレ」や「仮眠室」を整備
旧九段会館(東京都千代田区)を一部保存しながら建て替える「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の概要が明らかになった。健康と安心安全がテーマ。(2021/6/9)

損保ジャパン新基幹システム「MIRAI」稼働 なぜ完全ビッグバン方式を選んだか
損保ジャパンの新基幹システム「MIRAI」が本稼働を開始した。複数の企業合併や事業再編を前に、各社のレガシーシステム刷新に尽力した浦川伸一氏がMIRAIプロジェクトを振り返った。(2021/6/10)

リモートワーク時代の理想的な職場の仲間との関係性:
「リモハラ」「テレハラ」の誤解を生まない作法
コロナ禍の長期化に伴って、リモートワークもだいぶ一般化してきた。リモートワークには当然ながらメリットとデメリットとがある。時間がたつにつれ徐々に、デメリットが顕在化してきた。(2021/6/9)

IT基礎英語:
キーワードは“inclusion” 社会や組織に求められる多様性
ダイバーシティーと併せてインクルージョンという言葉を最近耳にすることは多くないだろうか。(2021/5/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
LGBT「無関係な企業」はない 「体は男だけど女子トイレ」問題と、淘汰される無知な企業
LGBTなどの性的マイノリティーの割合は、8.9%にのぼる。11人に1人と考えると、どの企業も「うちにはいない、関係ない」とは言い切れないのではないだろうか。企業が知っておくべき知識とは。(2021/5/28)

デロイトトーマツ「Tech Trends 2021 日本版」:
2023年までに進む9つの技術トレンド発表 日本企業の“苦手分野”は?
デロイト トーマツが「Tech Trends 2021 日本版」を発表した。基幹システムやSCMのビジネス戦略に合わせたアライン、AIや機械学習などの労働力へのシフト、従業員や顧客への新たなエクスペリエンス提供など、ビジネスに影響を及ぼすテクノロジートレンドを解説している。(2021/5/24)

3つメインフレームを「GCP+S/4HANA」へ LIXILのクラウドシフト、データ基盤統合の現在地
2011年に国内企業5社が統合して誕生したLIXILは、海外2社の買収を経て現在7社分のシステム統合とIT基盤改革を推進中だ。顧客データに続き、会計システムの統合とクラウドシフトを推進する。顧客データの近くに会計情報も配置し、「秒」でデータを分析できる環境を手に入れた。(2021/5/18)

Weekly Memo:
老舗の大企業で相次ぐ「DX新会社」の強みとリスクは? 資生堂とアクセンチュアのDX合弁から探る
資生堂がアクセンチュアの力を借りてDXへの本格的な取り組みを開始した。この動きから、企業がDXを推進していく上での勘所と懸念を探ってみたい。(2021/5/17)

学び直し:
留学・通学のために時短・休職も可能、パーソルキャリアの「FLASH」制度
パーソルキャリアは2016年から、社員が働く日数・時間・場所・休業/休職を選択できる制度「FLASH」を導入している。具体的には、どんな仕組みなのか。(2021/5/17)

「女性の給与は男性の約8割」は解消するか
2030年に男女同一賃金が実現か? それまでに企業がやるべきことは
人材分析サービスを提供するVisierは、女性の給与は男性と比べて低いものの、2030年には男女同一賃金が実現するとみる。男女間賃金格差の解消に向けて、企業は何をすればよいのか。(2021/5/14)

脱・紙が多様性の高い組織づくりに:
日本企業は「紙依存症」? 花王グループが試した紙削減と業務ロケーションフリーの効能
社内の紙の業務をなくすのと違い、全国の取引先からの注文や受発注のデジタル化となると関係者との合意形成が難しい。グループ全体のシェアードサービスセンターが取り組む業務改革は経営課題にも大きな効果をもたらした。(2021/5/13)

アクセンチュアと合弁会社を設立:
資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会社を7月に設立する。その背景を資生堂社長兼CEOの魚谷雅彦氏が記者発表会で語った。(2021/5/12)

「メンタルヘルスケア」5つの方法【後編】
心を守るメンタルヘルス支援策「あるのに使われない」問題 解消する方法とは?
企業がどれだけ素晴らしいメンタルヘルス支援策を用意しても、従業員に知られず、使われなければ意味がない。従業員に利用してもらうには何をすればよいのか。(2021/5/6)

訴状と声明を基に整理
Amazonが「黒人従業員への差別」で訴えられる 何が起きていたのか?
黒人従業員に対する差別的な扱いに関する訴訟に直面しているAmazon.com。同社で何が起きていたのか。原告による訴状と、同社の声明を基に整理する。(2021/5/4)

「エビがダンスした証拠」→「エビデンス」 カタカナ語の意味を思い出すイラストがクスッと笑えて役立ちそう
いくよ! コンセンさすよっ!?(2021/5/1)

日航、職業性差払拭へ:
カレンダーでも「ジェンダー」浸透 女性モデル縮小に「残念」の声も
企業が販売促進などにつなげる広報ツールとして活用しているカレンダーに、「ジェンダー(社会的性差)」に関する社会的な問題意識が変化をもたらしている。(2021/5/1)

マシーナリーともコラム:
横浜ガンダムを見に行ったら自分でも意外すぎる感情に襲われてオォーッ! ってなった話
みんなも横浜で5000円払ってガンダムに銃口を向けられてみよう!(2021/4/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。