ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「財務諸表」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「財務諸表」に関する情報が集まったページです。

キヤノンがグローバル330社の経営管理基盤を構築 連結決算を合理化した方法は?
キヤノンはグループ経営のさらなる強化に向けて、迅速な意思決定と業務の効率化による戦略的な経営管理業務へのシフトが求められていた。グローバル330社の経営管理基盤を構築した方法とは。(2024/4/12)

脱毛サロンや貸衣装で話題の「前受金ビジネス」 業種別の依存度合いを東京商工リサーチが調査
東京商工リサーチが、前受金に関する調査結果を発表した。財務諸表に前受金を計上している企業の割合や、総負債に対する前受金の割合が高い業種が明らかになっている。(2024/2/19)

東急不動産、渋谷の複合施設に「スタートアップ区画」 敷金0円、電気代など無料
東急不動産が、渋谷の複合施設「渋谷サクラステージ セントラルビル」にスタートアップ向け区画を開設する。床面積は約60坪。什器・家具付きで、電気代や清掃費、引っ越し費用などの諸費用は東急不動産が負担。敷金も0円という。賃料も同社が補助する。(2024/2/6)

PR:「新リース会計基準」の適用は1年延長の見通し IFRS適用企業に学ぶ対応のポイントとは?
(2024/1/30)

PR:【事例から考える】人的資本経営実現に向けて取り組むべきポイントとは? カギは人材情報の一元管理と簡単に可視化できる仕組みづくり
(2023/12/26)

MVNOに聞く:
日本通信が“安すぎる”30GBプラン提供に踏み切った背景 福田社長「反響すごかった」
日本通信が月額2178円の「合理的30GBプラン」を提供開始した。30GBのデータ容量と1カ月間合計で70分間の無料通話をセットにしたプランで、1回5分の音声通話定額を選択することも可能。今回の料金プラン改定や、あえて大容量のユーザーにキャリアを勧めた狙いはどこにあったのか。福田社長に聞いた。(2023/12/20)

PR:強制適用見込み間近!? 「新リース会計基準」について今から取り組むべき課題をプロが徹底解説
(2023/12/1)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
AIに奪われる仕事、奪われない仕事
今後はコンテンツ制作の領域でも生成AI活用が進むのは間違いありません。それでも全てがAIに置き換えられるわけではありません。AIと共存しながら人でしかできない仕事をするために、今何を準備しておくべきでしょうか。(2023/11/30)

資金調達をしたら「大会社」になってしまった━━その時、経理がすべきこと
(2023/11/24)

企業に求められる「新リース会計基準」への適応 WAPが試算ツールを無償提供
新リース会計基準への適応に向けて、企業は「新基準による影響額の試算」に取り組む必要がある。一方でノウハウがない企業には困難なのも事実だ。このような企業を支援する無料ツールが登場した。(2023/11/7)

【2026年にも適用か】新リース会計基準で何が変わる? ポイントを解説
2023年5月に企業会計基準公開草案第73号「リースに関する会計基準(案)」および企業会計基準適用指針公開草案第73号「リースに関する会計基準の適用指針(案)」が公表されました。国際的な会計基準との整合性を図るため、オペレーティング・リースを含む借手の全てのリースについて資産および負債をオンバランスさせることが提案されています。今回は、この新リース会計基準案の概要を中心に解説します。(2023/11/1)

クラウド移行させたいERPベンダーに“ノー”と言え Rimini Streetが目指す「ベンダーの言いなりにならない世界」
クラウドERPへの移行をベンダーは進めているが、本当にそれは企業に必要だろうか。時間とコストをかけたオンプレシステムを捨ててよいのだろうか。(2023/10/20)

知っておこう、“政府認定クラウド”:
“政府認定クラウドサービス”登録で開示される情報・されない情報 リスト入りを目指すときの注意点
政府のクラウドサービス認定制度「ISMAP」。登録に当たっては、サービスに関する様々な情報が一般に公開されることになる。果たして、どんな情報が“丸見え”になるのか。(2023/10/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「1杯1000円超え」でも絶好調な椿屋珈琲 ルノアールとの違い、コメダとの意外な共通点
「椿屋珈琲」を運営する東和フードサービスが、飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を遂げている。同店でのコーヒー1杯の価格は1000円を超えるが、物価高騰で消費者の節約志向が高まる中でも客足を増やし続けられるのはなぜなのか。そのワケを、ルノアールやコメダ珈琲の戦略と比較しながら見ていこう。(2023/9/8)

総工費約800億円:
ジャパネットたかたの売上を1.6倍にした2代目 長崎にスポーツスタジアムをつくる理由
「ジャパネットたかた」で知られる通販大手ジャパネットホールディングスが「長崎スタジアムシティプロジェクト」を進行させている。髙田旭人社長に意図を聞いた。(2023/8/25)

「微動だにしない財務経理部門」では立ち行かない IBM調査
IBMは、サステナビリティーに対する経理財務部門の役割と実際の取り組みに関する調査の結果を発表した。世界のほかの地域と比べて変革型リーダーの割合が最も少ない日本企業では特に、経理財務部門リーダーに抜本的な意識改革と行動変容が求められている。(2023/8/14)

人工知能ニュース:
製造業でも使える国産LLM搭載の業務支援AIサービス、β版を提供開始
AI insideは2023年8月3日、自社開発の大規模言語モデルを搭載したAIエージェント「Heylix」をクローズドβ版として提供開始すると発表した。(2023/8/4)

「あらゆるタスクを自律的にこなすAIエージェント」発表 AI inside
ローコードを超えて自然言語で業務指示が可能なAIエージェントが登場した。学習済み汎用AIモデルの組み合わせでシステムを横断する複雑な問い合わせにも対応する。(2023/8/3)

パンデミック後のZoomの業績【前編】
Zoomは「営業利益が大幅減」でも業績不振ではない?
Zoomが発表した2024年度第1四半期の業績によれば、GAAP(米国会計基準)での営業利益は95%減となったが、事業は必ずしも不振ではない。具体的に直近の業績を見てみよう。(2023/7/20)

DX 365 Life(7):
CRM/ERP、ローコードで可能なキャリアアップとは(Microsoftのビジネスアプリケーションーキャリアアップ編)
Microsoftのビジネスアプリケーションはあなたのキャリアをどのように変える可能性があるのでしょうか。(2023/6/29)

Google支援のAnthropic、ChatGPT競合ツールで超長文プロンプト入力可能に
生成AIを手掛けるAnthropicは、汎用チャットbot「Claude」のコンテキストウィンドウを従来の9000トークから10万トークンに拡張した。これにより、7万語以上の長文プロンプトを投げられるようになった。競合するOpenAIの「ChatGPT」のLLM「GPT-4」の最大モデルでも3万2000トークンだ。(2023/5/12)

PR:グループ経営管理を先進するパートナー 企業のDXを加速させる新生「アバント」が果たす使命とは
(2023/5/16)

アドビのCDOが語るビジネスモデル変革の舞台裏:
アドビのサブスクへのビジネスモデル移行、一時的な売り上げ減少をどう乗り切ったのか
ビジネスモデル変革は一日にして成らず。新しいやり方が果実を生むまでの間には幾つもの壁が立ちふさがります。そこどう乗り越えるか。変革の実践者が実体験を基に語る。(2023/5/11)

プロジェクト:
JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)の扇町エリア21haをニトリへ売却
JFEホールディングスは、JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)内の扇町エリア21ヘクタールをニトリに売却すると決めた。(2023/4/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
イトーヨーカドーを大量閉鎖するのに、セブン&アイが「史上初」の年間売上10兆円を達成したワケ
セブン&アイ・ホールディングスが決算を発表し、国内小売で初の売り上げ10兆円が大きな話題となった。グループのイトーヨーカドーで大量閉店を発表するなど、スーパー・百貨店事業は大幅なマイナス成長なのに、なぜ大記録を達成できたのか。(2023/4/14)

クラウド:
全社一丸で“西松DXビジョン”を目指す西松建設に聞く、600TBものデータ共有術とは?
西松建設は、クラウドストレージにBoxを採用し、全社一丸で進める“西松DXビジョン”のデータ基盤と位置付けている。これまで散在していた膨大な建設プロジェクトに関わるデータをBoxに集約することで、管理の負荷が低減し、社内だけでなく協力会社や工事関係者との情報共有、さらには場所を選ばない柔軟な働き方も実現した。(2023/3/24)

Gartner Insights Pickup(296):
ERPは終わったのか
ERPは終わったのか、それとも未来があるのだろうか。そしてERPに未来があるとすれば、それはどんなものだろうか。(2023/3/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
調査結果が明らかにした日本企業のCISO不在。リスクを見せる化し、経営視点を取り入れながらコミュニケーションすることで改善を――NRIセキュアテクノロジーズ 足立道拡氏
日本企業のサイバーセキュリティ体制は、欧米諸国と比べてどのような状況にあるのか。そしてどのような指針に基づいて改善していくべきなのか。(2023/3/8)

未曾有の出来事が一人の人生を変えるきっかけに:
「3代目が会社をつぶす」なんて誰が言ったか。年商を100億円に倍増させた3代目の経営戦略
「3代目が会社をつぶす」という言葉がある。創業者や先代が苦労して成長させた会社を、その苦労を知らない3代目が、十分な経営能力もないまま社長になり、会社を傾けさせてしまうことである。その一方で、先代の跡を継いだ3代目社長が、旧態依然とした会社に改革を起こし、新たな発展に導くこともある。(2023/2/1)

帝国データバンク調べ:
「ゾンビ企業」18.8万社、2年連続で増加
帝国データバンクは、「ゾンビ企業」の現状分析を実施した。推定される全国のゾンビ企業数は約18.8万社で、2022年11月のゾンビ企業率は12.9%。2年連続で上昇した。(2023/1/19)

連載「情報戦を制す人事」:
【人的資本開示】どんな項目を開示すべきか? 3つのポイントと具体的なアクションステップを解説
近年、注目が集まる「人的資本開示」。ESG投資家や労働市場など、社外のステークホルダーの視線を意識する他、有価証券報告書への記載が義務化されたこともあり、早急に取り組もうと考える企業が多いようです。人的資本開示のポイントや、項目の選定のための考え方、具体的なアクションステップなどについて解説します。(2023/1/17)

2023年人気資格ランキング 3位「社会保険労務士」、2位「公認会計士」、1位は?
資格取得に向けた教育サービスを展開するTACは、「2023年 人気資格ランキング」を発表した。(2023/1/13)

IFRS16先行事例にみるインパクトの大きさ:
PR:「改正リース会計基準」が2026年度にも強制適用!? 円滑な制度対応のために今から準備すべきことは
企業会計基準委員会(ASBJ)による「改正リース会計基準」の策定が大詰めを迎えつつある。借り手リース契約の全てを原則、貸借対照表に資産計上するこの改正は、多くの日本企業に多大な影響を与える。強制適用に備え、どう準備を進めるべきなのか。(2023/1/13)

Gartner Insights Pickup(285):
デジタル投資の資金確保のカギ、CFOとCIOが建設的な関係を築くための、5つの秘訣
CFO(最高財務責任者)とCIO(最高情報責任者)がデジタル投資について生産的な会話をするには、“同じ言葉”で話す必要がある。だが、多くの場合、そうではない。(2022/12/16)

GRIスタンダードなどから集約:
2023年に「統合報告書」はIFRS基準に サステナビリティ開示ルールはどう変わる?
「統合報告書」や「サステナビリティレポート」におけるサステナビリティ開示基準が2023年に変更、IFRS基準にグローバルで適用される。準備しておくべきことについて解説する。(2022/11/30)

クラウド会計SaaS対決:
マネーフォワード クラウド会計 vs. freee会計(前編)
クラウド会計という分野では必ず比較されるMFクラウドとfreeeであるが、「会計ソフト」という言葉で一括りにすることができないほど、思想や世界観は異なっている。本稿では両者の機能比較に加えて、その背景にある思想やターゲットなどをひも解いていく。(2022/11/25)

「Anaplan Connect」CDO/CIOリレートーク(後編):
富士通「フジトラ」はデジタルだけの話じゃない “聖域なき変革”の3つのポイント
IT企業が取り組むDXと言うと、とかく新たに導入されたシステムに注目が集まりがちだが、富士通の福田氏は「DXの対象はITだけではない」と力説する。企業風土をも対象とする“聖域なき変革”の3つのポイントとは。(2022/11/25)

クラウド会計SaaS対決:
機能表よりも世界観のほうが大切だ マネーフォワード クラウド会計 vs. freee会計(後編)
クラウド会計という分野では必ず比較されるMFクラウドとfreeeであるが、「会計ソフト」という言葉で一括りにすることができないほど、思想や世界観は異なっている。本稿では両者の機能比較に加えて、その背景にある思想やターゲットなどをひも解いていく。(2022/11/28)

都職員が内製化:
7.8兆円の予算状況を可視化──東京都がダッシュボード公開 “伝わらない広報”からの脱却、全国に広がるか
東京都財務局が外部の分析ツールを活用し、予算状況や財政収支などを可視化する「都財政の見える化ボード」を公式Webサイトで公開中。2021年1月の事業開始から間もなく丸2年を迎えようとしているが、作成に踏み切った経緯などを取材した。(2022/11/13)

韓国のDX事情:
要注目の韓国のB2Bプロジェクト3選 「韓国版デジタルニューディール」の“優秀成果事例”を見る
今や世界の「IT強国」となった韓国。政府主導でDXが進む同国で、民間企業はどのようなソリューションを生み出しているのか。国家主導のプロジェクト「韓国版デジタルニューディール」で優れた事例として選ばれた3つのB2Bソリューションを紹介する。(2022/11/16)

PR:低コスト・短期間でDXを加速 煩雑な固定資産管理、スマホとバーコードで高度化へ
償却資産に関する情報を市区町村に報告する「償却資産税申告」。そのために実施する、毎年恒例の棚卸作業の煩雑さに悩む担当者も多いだろう。この課題をスマホとバーコードを使って解決するのが「ProPlus Pit」だ。固定資産管理の高度化やDXをサポートする。(2022/10/24)

金融ディスラプション:
将来の売り上げを今、現金化 レベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)とは?
フィンテックの進展が、資金調達の分野でもイノベーションを起こしている。その中でも注目なのが、レベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)だ。企業の将来の売り上げを債権として買い取るという、新たな手法だ。RBFを手掛ける国内スタートアップ2社、FivotとYoiiに聞いた。(2022/9/30)

Q&A 総務・人事の相談所:
「目標未達に慣れた」社員たち やる気に火を付ける、たった1つの方法
【Q】売上高と経常利益の目標を立てていますが、いまだに一度も達成したことがありません。社員は達成できないことに慣れてきたように感じます。何か良い方法はありませんか。(2022/9/30)

PR:2023年末までにテクノロジー人材を100人採用――世界4大監査法人の一社が挑む次世代事業モデル 作るのは“あなた”
(2022/9/30)

仕事は1人ではできない “お願い下手”から“お願い上手”になる3つのコツ
(2022/9/13)

連載「情報戦を制す人事」:
岸田内閣の「新しい資本主義」で、人事にはどんな影響がある? 企業に推奨される“人への投資”とは
2022年6月7日、「経済財政運営と改革の基本方針2022」いわゆる「骨太方針2022」が閣議決定されました。「人への投資と分配」の方針について確認しつつ、企業や人事部門に求められる方向性やその実現性について解説します。(2022/7/25)

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(5):
製造業の原価低減に必要不可欠な「機械設備のコスト」を分解する
工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第4回は、製造業の原価低減に必要不可欠な「機械設備のコスト」について解説する。(2022/7/25)

八十二銀行がAI開発と運用を内製化 顧客支援も「データで戦う組織」で挑む
八十二銀行が発表したAI戦略では顧客への対応が迅速かつ正確になる。「データで戦う銀行」を目指す八十二銀行の取り組みが分かった。(2022/7/8)

中国のブロックチェーン活用事例は世界とは違う? 中国が目指す未来の世界とは
暗号資産取引を2021年に「全面禁止」した中国だが、ブロックチェーンの社会実装は進んでいるようだ。世界各国とは違う形で進化する中国のブロックチェーン事情を解説する。(2022/6/30)

2つの理由を考える:
毎年「賃上げ」なのにいつまでたっても日本企業が低賃金なワケ
毎年賃上げがなされているにも関わらず、日本の賃金指数は横ばいです。なぜなのでしょうか?(2022/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。