ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「外国語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外国語」に関する情報が集まったページです。

Amazonプライム・ビデオを見ながら語学学習ができるChrome拡張がめっちゃ便利 好きな動画を見ながら語学をマスター
ワンクリックで字幕をGoogle翻訳にかけられます。(2021/1/19)

偏差値:
大学運営や受験産業に影響大 日本の「難関」大学が減る理由
日本の「難関」大学は減っていると筆者は主張する。大学運営や受験産業にも大きな影響を与える事態だ。その理由とは?(2021/1/16)

WACK渡辺淳之介の言葉はどのようにクリエイトされているのか 思考のプロセスを聞いてみた
渡辺「カタカナの方が個人的にはいい」。(2020/12/29)

広告外収入も高い比率:
「1局2波」 ラジオ淘汰の時代のFM802の挑戦
お薦めの曲を繰り返し流す「ヘビーローテーション」を日本に定着させ、関西では若者から圧倒的な支持を得るFM802が、外国語放送のFM COCOLO(ココロ)の事業を譲り受けてから8年がたった。ラジオ局による「1局2波」体制は国内初で、802は若者向けの番組編成に特化、ココロは40歳代以上にすみ分けて、リスナーを増やすことに成功している。(2020/12/2)

【なんて読む?】今日の難読漢字「仮漆」の読み方は?
もともとは外国語だけど漢字で書ける系。(2020/12/2)

宇都宮駅「あつあつとりめし」(800円)〜空っ風冷たい北関東の冬に有難い加熱式駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 栃木・宇都宮駅「あつあつとりめし」です。(2020/11/28)

iOS 14で追加された「翻訳」アプリの実力は? Google翻訳との比較も
iOS 14では、新たに標準アプリとして「翻訳」アプリが追加された。日本語を含めた11言語に対応。アプリの構造はシンプルで、言語を2つ選択し、マイクボタンを押して話すと、もう片方の言語に翻訳される。(2020/10/22)

アンケートシステム「respon」が翻訳サービス「DeepL」と連携:
投稿コメントをリアルタイムに翻訳 レスポンが企業向けサービスとして2020年12月提供開始
レスポンは、アンケートシステム「respon」を、翻訳サービス「DeepL」と連携させた。イベントなどの参加者が投稿したフリーコメントを、外国語から日本語だけでなく、日本語から外国語にもリアルタイムに翻訳する。(2020/10/19)

中学生の手話ロボット開発エピソード、教科書に載る
人が話す言葉を手話に翻訳するロボットを開発した追手門学院大手前中学校の生徒たちのエピソードが、教科書の題材に採用された。ロボットという身近なテーマで、同世代の生徒が国際的な活躍を見せたことなどが採用の理由だという。(2020/10/8)

Go AbekawaのGo Global!〜Yonatan Wexler編(後):
得意なものを見つけること、そしてそれを好きになること――人に誇れる仕事こそが原動力
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。コンピュータの可能性に魅了され、やがて人間の認知にまで好奇心を広げたYonatan Wexler(ヨナタン・ウェクスラー)氏。同氏が開発したデバイスは人類にどんな未来を見せるのか。(2020/10/1)

PR:東芝の音声AIが実現する“コミュニケーション革命” 〜何気ない会話を分析、業務効率化のヒントを抽出〜
(2020/9/25)

Apple純正「翻訳」アプリと「Google翻訳」を比較 現時点ではGoogleに一日の長
米Appleは、秋にリリース予定の「iOS 14」に「翻訳」アプリを追加します。しかしiOS 14のパブリックβ版でライバルの「Google翻訳」と比較したところ、主に操作の面で未成熟な部分が見えてきました。(2020/8/31)

Googleさん:
日本上陸直前のPixel Budsを試してみた AirPodsのライバルになれる?
米国では4月に発売された無線イヤフォン「Pixel Buds」がついに日本でも発売されます。期待のほんやくコンニャク機能や「アダプティブサウンド」を実際に使ってみました。これはいいものだ。(2020/8/18)

江東区立の全幼稚園、通訳デバイス「ポケトーク」導入
東京都江東区立の全幼稚園が、通訳デバイス「POCKETALK S」を導入。日本語を話せない園児や保護者とのコミュニケーションをスムーズにする。(2020/8/3)

人の話を聞き取れない 仕事上の弱点と向き合った漫画に「私だけじゃなかった」「気持ちがすごくよくわかる」
弱点を受け入れて工夫する姿勢に勇気づけられる。(2020/7/11)

体験:ベルリン発、話題のチャレンジャーバンクN26とは何か
ドイツ・ベルリンで話題の一つが、新しい銀行であるチャレンジャーバンクだ。注目すべきは、わずか10分で口座が開設できてしまうことにある。競合も出てきている中、そのビジネスモデルにも迫る。(2020/7/11)

OWNDAYSがリモート視力測定を導入 「ウィズコロナ」 に向けた働き方改革でスタッフの生産性向上を目指す
OWNDAYSはスタッフが客に一切接することなく視力測定を行える「リモート視力測定システム」を開発した。(2020/7/1)

「レベル99のカリスマ」 アニソン界の大型新人、鈴木雅之が歌う「かぐや様は告らせたい」OP曲のライブ映像に海外ファンがざわつく
レジェンドに国境なし。(2020/6/24)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
“繋がりすぎる”ネット時代の誹謗中傷問題、解決策はあるのか
リアリティーショー番組でのSNS中傷を発端として、インターネット上の悪質な投稿に関する議論が盛り上がっている。その内容を整理してみた。(2020/6/11)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIがデジタルトランスフォーメーションの起爆剤に? “ミニDX”から始める企業変革
ここ数年で「デジタルトランスフォーメーション」(DX)という言葉をよく聞くようになった。具体的にDXとは何を指しているのか。同様に注目されている技術の一つであるAIとの関係も見ていきたい。(2020/5/29)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIの攻撃をAIで防御、サイバーセキュリティの“いたちごっこ”最新事情
AI技術の進化によって、サイバー攻撃やそのセキュリティ対策も高度化が進んでいる。AIを悪用した攻撃や、その対応策にはどのようなものがあるのか現状をまとめた。(2020/5/22)

Q&Aで学ぶマイコン講座(54):
マルチコアマイコンとシングルコアマイコンの違い
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。54回目は、中級者の方からよく質問される「マルチコアマイコンとシングルコアマイコンの違い」についてです。(2020/4/28)

教えて! キラキラお兄さん:
やりがいって何ですか?
有名ECサイトのプロダクトマネジャーが見失った「やりがい」とは。そして、どうやってそのやりがいを取り戻していったのか。これは、一人の男の再生の物語。(2020/4/20)

動画の世紀:
不安あおる情報、陰謀論――YouTubeにあふれる新型コロナ動画が生む「サイバー心気症」
新型コロナウイルス感染症が世界中で流行する中、YouTube上ではコロナに関連するさまざまな動画が投稿されている。恐怖や不安をあおる動画も多い中、私たちはこうした情報とどう付き合っていけばいいのか。(2020/4/17)

短期集中連載「プログラミング教育とGIGAスクール構想」 第1回:
「プログラミング教育」が必修化されたのはなぜ? それを支える「GIGAスクール構想」とは?
2020年度は小学校、2021年度は中学校で新しい「学習指導要領」が完全実施される。特に小学校の課程では「プログラミング教育」が導入されるなど、非常に大きな変化がもたらされる。必須化の背景はどこにあるのか、そしてそれを支える「GIGAスクール構想」とは何なのか。(2020/4/16)

よくわかる人工知能の基礎知識:
人工知能は新型コロナの流行を知っていた パンデミック対策の最新事例
新型コロナウイルス感染症が世界中で大流行している。パンデミックに立ち向かう手段として進むAI活用。海外の最新事例を紹介する。(2020/4/15)

よくわかる人工知能の基礎知識:
2020年は量子コンピュータ元年? 実用化の可能性やAIとの関係を考える
最近話題の量子コンピュータとは一体何なのか。基本的な知識と、実用化の可能性を探る。(2020/4/3)

ワイヤレスイヤホン及びスピーカーの発火・発煙事故にご注意! 消費者庁が8つの注意点を公開
正しい使用方法を心掛けたいですね。(2020/3/26)

動画の世紀:
新型コロナウイルスで削除される動画が増える? パンデミックが促すYouTubeの変化
COVID-19の影響は動画サイトにも出ている。(2020/3/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
なぜクラウドではダメなのか? いま「エッジAI」が注目されるワケ
最近よく聞く「エッジAI」という言葉。エッジAIが注目されている理由や、その活用領域について解説します。(2020/3/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
世界を切り開くのは言葉である
これまでビジネスで重要視されていたのは、数字だ。しかしベクトルが定まっていないこれからの時代、自分の欲望を、誰もが望む未来を「言葉」にできた人が総取りできる。(2020/3/19)

Android版「Google翻訳」、音声を翻訳テキストとして表示する機能をまずは8カ国語で
Android版「Google翻訳」アプリに、外国語の音声をテキスト化しながら翻訳する「Transcribe」機能が追加される。まずは8カ国語(日本語はまだ)で利用できる。(2020/3/18)

これからのキャリアは「カニ歩き」?:
「コスパ」ではない体験を 入社前に1年間の“海外武者修行” 矢崎総業の「アドベンチャースクール」が生まれた背景
最近の学生は「コスパ」を求める。そう話すのが、矢崎総業の研修制度「アドベンチャースクール」を仕掛けるエフ・アイ・エーの金子詔一氏だ。昨今は学生、社会人問わず腰を据えて学習できる機会が少なくなりがちだ。そんな状況に一石を投じる「アドベンチャースクール」は入社前に、希望者に対して1年間の“海外武者修行”の場を提供するもの。他に例を見ないような珍しい取り組みは、いったいどのように生まれたのか。(2020/3/9)

レノボとNTTコミュニケーションズがなぜ? 「GIGAスクールパック」の背景に迫る
レノボ・ジャパンとNTTコミュニケーションズが、GIGAスクール構想に準拠するPCと各種サービスを一挙に提供する「GIGAスクールパック」を発表した。その発表会の模様をお伝えする。(2020/3/6)

よくわかる人工知能の基礎知識:
勝利の鍵はAI? スポーツとデータ分析の相性が良い理由
スポーツ業界でAIはどのように活用されているのか。選手のパフォーマンス向上やスタジアム経営、メディアでの情報発信など、さまざまな観点で紹介したい。(2020/3/6)

Appleの教育戦略担当者が5月20日、日本で講演
第11回 教育ITソリューションEXPOにて、Appleの世界教育戦略担当ディレクターDominic Liechti氏が講演することが決まった。(2020/3/4)

AI・機械学習の数学入門:
AI・機械学習のための数学超入門 ― 前提知識は四則演算だけ!
機械学習の数学は難しい!? そう思っている人はここから学んでみよう。本連載では、小学校で習う「四則演算(足し算/引き算/掛け算/割り算)」を使って、機械学習の数学をできるだけ分かりやすく簡単に説明していく。だからサブタイトルは「― 中学/高校数学のキホンから学べる」。今回は距離を求める中学数学をおさらいする。(2020/3/2)

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

UQ mobile、シニア向けスマホ「BASIO4」2月21日から順次発売
UQコミュニケーションズは、UQ mobile向け京セラ製スマートフォン「BASIO4」を2月21日から順次発売。UQオンラインショップでの販売価格は3万5640円(税込)で、公式サイトでは使い方などを紹介する動画コンテンツ「自宅deスマホ教室」を公開している。(2020/2/18)

コロナウィルス感染監視にSNSの投稿解析 スペクティがAI活用システムを開発、関係機関へ導入
スペクティはSNS投稿をAIで解析し、国内外のコロナウィルスの感染状況を監視するシステムを開発して国内の関係機関へ導入した。他国の言語を自動翻訳し、世界的な分布状況を把握できるとしている。(2020/2/18)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

障害という「未解決の領域」に挑む:
PR:寝たきりでも働ける“分身ロボットカフェ”主催者、吉藤健太朗に聞く「テクノロジーで描く孤独のない未来」
(2020/2/3)

独自データから検証:
新型肺炎で「症状出た中国人が関空から逃走」デマの真相 SNS分析で判明、“輸入型”拡散の脅威
新型肺炎で「関空から症状のある中国人客が逃走」デマが拡散。SNSデータを独自分析したところ意外なメカニズムが判明した。中国の閉鎖型SNSでウワサが生じTwitterが“輸入”する形に。(2020/1/30)

お店最前線 来店してもらう仕掛けとは?:
くら寿司が気合を入れた「グローバル旗艦店」をオープン エンタメと最新テクノロジーの全容とは?
くら寿司が「グローバル旗艦店」をオープンした。エンタメ要素を強化し、最新テクノロジーも導入。店内はどのようになっているのか。(2020/1/29)

よくわかる人工知能の基礎知識:
通信インフラの監視やコーディングも自動化 情報・通信業界のAI活用
情報・通信業界ではどのようにAIが活用されているのか。顧客対応、通信インフラの監視など、さまざまな領域での事例を整理する。(2020/1/21)

LINEに画像を送ると、AIが3秒で文字起こし 「ばりぐっどくん」アプリ、法人版が登場
メッセージアプリ「LINE」に画像を送るとAIが3秒で文字起こしするアプリ「文字起こし ばりぐっどくん」の企業向けサービスが開始。利用するにはビジネスチャットツール「LINE WORKS」の登録が必要。(2020/1/20)

ドコモとH2L、自分の顔に他者の口の動きと表情をリアルタイムに再現する技術を開発
頬に装着したデバイスから口周りの筋肉に電気刺激を与えて収縮させ、他者の口の動きを再現。(2020/1/16)

UQ mobileがシニア向け「BASIO4」を2月下旬に発売 5.6型有機EL搭載、ラジスマにも対応
UQコミュニケーションズが、「UQ mobile」向けのスマートフォン「BASIO4」を2月下旬に発売する。初めてスマートフォンを使うシニアユーザーが主なターゲット。ディスプレイの下には電話とメールの専用キーを備える。セットすると自動でマナーモードが解除される卓上ホルダが付属する。(2020/1/14)

他人の口の動きをまねできる技術、東大発ベンチャーとドコモが開発
頬に装着したデバイスから口周りの筋肉に電気刺激を与え、他人の口の動きを再現する技術を、東大発ベンチャーのH2LとNTTドコモが開発した。(2020/1/10)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIは民主主義をアップデートするのか? 統治とテクノロジーの関係
司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。世界の事例を基に考える。(2020/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。