ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「外国語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外国語」に関する情報が集まったページです。

脱毛サロンや貸衣装で話題の「前受金ビジネス」 業種別の依存度合いを東京商工リサーチが調査
東京商工リサーチが、前受金に関する調査結果を発表した。財務諸表に前受金を計上している企業の割合や、総負債に対する前受金の割合が高い業種が明らかになっている。(2024/2/19)

外国人に人気の商業施設ランキング 京都「錦市場」が支持された要因は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovが、口コミデータを基に外国人人気が高い商業施設を調査した。(2024/2/9)

外国人に人気の美術館・博物館 「チームラボプラネッツ TOKYO DMM」を抑えた1位は?
インバウンド総合メディア「訪日ラボ」を運営するmovが、口コミデータを基にインバウンド人気の高い美術館・博物館を調査した。(2024/2/7)

Roblox、リアルタイムAIチャット翻訳機能を追加 日本語を含む16カ国語サポート
Robloxは、ゲーム内チャットにリアルタイムAIチャット翻訳機能を追加したと発表した。日本語を含む16カ国語をサポートする。将来的には音声チャットでもリアルタイム翻訳を実現させたいとしている。(2024/2/6)

「おひとりさま」に人気が高い海外の旅行先は? 阪急交通社が調査
1人で行く、海外旅行先で人気が高いのはどこか。阪急交通社が調査結果を発表した。(2024/2/3)

「大復活」のインバウンド消費 取りこぼさないために重要な「MEO」とは?
ようやく「復活」といっても良さそうなインバウンド市場。2023年12月は19年比で110%近い成長を見せた。このチャンスを生かすために、知っておくべきポイントを有識者が解説する。(2024/1/31)

きのこの山イヤフォン、3月下旬に発売へ
「きのこの山」そっくりなデザインの完全ワイヤレスイヤフォンは3月下旬に発売へ。(2024/1/30)

口コミ評価が高いドラッグストア 「ドラッグストアコスモス」「ツルハドラック」を抑えた1位は?
「口コミコム」を運営するmov(東京都渋谷区)は、「口コミコム」の分析機能を用いてドラッグストア11ブランドに寄せられた約12万件の口コミを調査し比較検証を実施した。評価が高いドラッグストアとは。(2024/1/28)

外国人に人気の公園ランキング 「地獄谷野猿公苑」「嵐山 竹林の小径」を抑えた1位は?
インバウンド観光客に人気の「公園」はどこか。口コミをもとに調査したランキング結果が発表された。(2024/1/24)

石野純也のMobile Eye:
「Galaxy S24」はAIでスマホの使い勝手を刷新 Google/Microsoftとの“等距離外交”も強みに
サムスン電子が新たに発表した「Galaxy S24」シリーズでは、新機軸としてAIを全面的に打ち出している。一連の機能をまとめた「Galaxy AI」は、Googleが下支えをしている。同モデルからは、2大プラットフォーマーとの等距離外交で差別化を図るサムスン電子の戦略も透けて見える。(2024/1/20)

関西のインバウンド人気観光地 1位は「清水寺」、2位以下は?
「インバウンド人気観光地ランキング<関西編>」の調査から、インバウンドに人気な関西エリアの観光地1位は「清水寺」だと分かった。トップ3を京都市が占める結果となったが、2位以下は?(2024/1/20)

新成人に聞いた:
Z世代が関心を持つニュース 3位「子育て支援」、2位「働き方改革」、1位は?
「Z世代」の関心ごとや価値観、各種サービスの利用状況などについて、マクロミル(東京都港区)が調査を実施した。(2024/1/16)

外国人に人気が高い東北の観光地 「中尊寺」「銀山温泉」を抑えた1位は?
東北地方でインバウンド観光客に人気の観光地はどこか。口コミを基に調査したランキング結果が発表された。(2024/1/13)

Go AbekawaのGo Global!〜Thidar Win(前):
日本の女性が「あたし」って言うの、かわいいですよね
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はトリニティでポイントサービスの開発と運用に携わるThidar Win(ティダーウィン)さんにお話を伺う。ミャンマーでは皆がそうであるようにティダーさんも医者を目指したが、あと一歩のところで断念することになる。しかし、そこから新しい道が開けた。(2024/1/11)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
富士通の時田社長「日本語の生成AI開発は重要」 改良を続けることに「ゴールはない」
富士通の時田隆仁社長に、2024年の展望を聞いた。生成AI、社員の行動変容、社会課題の解決に向けた新事業「Fujitsu Uvance」。同社はどこへ向かっていくのか――。(2024/1/5)

インバウンドに人気の観光地 3位「京都侍忍者ミュージアム」、2位「清水寺」、1位は?
インバウンド観光客から評価が高い観光地はどこか。movがGoogleマップの口コミを基に調査した結果を発表した。(2024/1/3)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
X、Threads、BeReal……百花繚乱のSNS、2024年に勢力を伸ばすのは?
「Twitter」消滅からの「X」へ衣替え「Threads」の台頭に、盛らないSNS「BeReal」の急成長――。百花繚乱の様相を呈するSNS、2024年はどのように進化していくのか。(2023/12/26)

グローバル教育に力を入れている大学 2位「国際基督教大」、1位は?
進学校の進路指導教諭は、どのような大学を評価しているのか、さまざまな視点から見ていこう。今週は「グローバル教育に力を入れている大学ランク」をお届けする。(2023/12/22)

Go AbekawaのGo Global!〜Thidar Win(後):
日本語は「西野カナ」が教えてくれた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回もトリニティのThidar Win(ティダーウィン)さんにご登場いただく。日本に来て困ったことは「日常会話」と「日本の慣習」だった。(2024/1/12)

ビジネスや公的サービスにもAIエージェントを! Amazonが「Alexa Smart Properties」の提供を開始
アマゾンジャパンが、法人/自治体向けの新サービス「Alexa Smart Properties」の提供を開始する。Alexaを法人/自治体ごとにカスタマイズして提供できることが特徴で、Alexa対応デバイスをより普及させる狙いがある。(2023/12/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
充電時間が短いのはいいこと……のはずなのに
今週はホンダが二輪車の電動化計画について発表しました。投資額が2030年までに5000億円に上ること、電動バイクの専用工場を新設することなど、かなり意欲的な計画が示されました。個人的に気になったのは、バッテリー交換式の電動バイクに関する見立てです。(2023/12/2)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
AI翻訳が進化する中で、初歩から外国語を学ぶ
「彼は学生です」「私はサラダを食べます」「コーヒーに砂糖は入れないでください」などと外国語で独り言を言っています。(2023/11/29)

明治、「きのこの山」をイヤフォンに 127言語対応の翻訳機能も搭載 「たけのこの里」では耳にフィットせず?
明治は11月17日、チョコレート菓子「きのこの山」を模したイヤフォンを発表した。7月に明治公式X(旧Twitter)アカウントで話題になった企画を商品化した。発売日は後日発表するという。(2023/11/17)

きのこの山イヤフォン、まさかの商品化 完全ワイヤレス、127言語のAI翻訳機能付き
明治は17日、「きのこの山」をモチーフにした完全ワイヤレスイヤフォン「同時翻訳機能付 きのこの山イヤホン」を発表した。7月に“架空の雑貨”として話題になったものを本当に製品化する。(2023/11/17)

架空アイテムだった「きのこの山ワイヤレスイヤホン」が現実に 同時翻訳機能付きの“本物のイヤホン”として商品化
SNS企画での反響を受けて商品化。(2023/11/17)

事例で学ぶAIガバナンス:
もはや必須? 企業の「AIを使いました」報告 米国では“明示なし”フェイク音声が物議に
企業がAIを利活用する際、どのような原理原則に従うべきか。世の中でいくつかの共通認識が生まれようとしているが、その一つが「AI利用の公表」だ。米国では、市長がAIによるフェイク音声を利用し、それを明示しなかったことが物議を醸した。(2023/10/27)

「イカゲーム」がリアリティー番組化、予告編に反響 「Netflix版の『風雲たけし城』ってこと?」
Netfliixで11月22日から配信される「イカゲーム:ザ・チャレンジ」。(2023/10/24)

20〜30代の女性に聞く:
使ってみたいAI機能 3位「ファッションコーディネート」、2位「自動運転」、1位は?
SNS「GRAVITY(グラビティ)」を提供するHiClub(東京都港区)は、20〜30代の女性327人を対象にアンケート調査を行い「使ってみたいAI機能TOP10」を発表した。(2023/10/6)

チェックインサイトで福岡が「くそ」表示され話題に どうしてこうなったのか聞いてみた
実はサイトの問題ではありませんでした。(2023/9/30)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
生成AIを「万能通訳」として使ってみよう
生成AIをビジネスでいかに利用するかは、現在のビジネスパーソンにとって喫緊の課題の一つとなっています。筆者は、「生成AIがもっとも活躍するのは翻訳ではないか」と考えています。その理由と具体的な活用方法とは。(2023/9/27)

「◯◯に当てはまる地名は何?」 地図を見てどこの場所かを当てるクイズが人気 「見覚えがあり過ぎるw」「握手会でおなじみ」
上から見るとこうなっているのか。(2023/9/21)

3割超の学生が利用:
生成AIを使った夏休みの宿題 「読書感想文」「数学の問題」上回った1位は?
学生の3人に1人が夏休みの宿題に生成AIを活用していることが、ナイル(東京都品川区)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」の調査で明らかとなった。(2023/9/12)

3人に1人が「生成AI」夏休みの宿題に活用、一番使われたツールは「ChatGPT」 学校や保護者も肯定意見が上回る
生成AIを活用する学生の割合や使われたツール、宿題の内容が調査で見えてきた。(2023/9/6)

明日から使えるITトリビア:
NICTを「ニクト」って読んじゃダメなの? 直接聞いた 意外な事実判明
え、そうなの? NICTの読み方を聞いて分かった事実とは。(2023/9/5)

「夏休みの宿題・課題に生成AI使った」 3割超の学生が回答 Webマーケ会社が調査
「夏休みの宿題に生成AIを利用した」──学生の34.1%がこのような回答をしたと、Webマーケティング支援を手掛けるナイルが発表した。(2023/9/5)

教員2000人が選ぶ:
大人になって役立った教科 3位「国語」、2位「社会」、1位は?
ジブラルタ生命保険(東京都千代田区)は、20〜69歳の教員(小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)2000人を対象に調査を実施した。(2023/8/25)

無料公開の「日中韓共通語彙」が便利すぎると話題 語学学者も「すごい資料だ。震える」と有用さにびっくり
多言語学習に役立ちそう。(2023/8/14)

台風7号発生 その名も「LAN」 由来はローカルエリア……ではない
気象庁が、南鳥島近海で台風7号が発生したと発表した。8月13日にかけて日本列島に近づく見込みという。アジアにおける名称は「Lan」(ラン)。由来は「ローカルエリアネットワーク」……ではない。(2023/8/8)

婚約期間6992日! オスカー俳優ミシェル・ヨーが19年の愛を実らせ60歳でついに結婚、お相手は元フェラーリCEO「これこそ真実の愛」
おめでとうございます!(2023/7/29)

ZHDがOpenAIと全APIを契約 従業員向けに対話型AIサービス提供、社外秘情報も利用OK
Zホールディングスは、OpenAIと「GPT-4」「Embeddings」など全てのAPIに関する利用契約を締結。LINEグループ、ヤフーの従業員へ対話チャット型の独自AIアシスタントサービスを提供開始した。(2023/7/27)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
英語が苦手でも世界へ羽ばたける? 自分の声で“セルフ吹き替え”してくれるアプリがすごかった
先日、Twitterに流れてきた情報から知ることになったアプリ、「Captions」を試してみたところ、今後は多くのコンテンツがワールド化するかもしれないという手応えを感じた。現時点で確認できるCaptionsのインパクトと、これがもたらす将来の可能性を考えてみる。(2023/7/26)

ピクセラ、ChatGPTを活用した翻訳アプリのiOS/iPad OS版を無料公開
ピクセラは、ChatGPTを活用した翻訳アプリ「PIXELA AI翻訳」のiOS/iPad OS版を期間限定で無料公開。日本語、英語、中国語、韓国語の音声やテキスト文章を、自然な外国語へ翻訳する。(2023/7/25)

林信行が見てきた「Twitter」の美学と信念 この十数年を振り返って
Tiwtterが大きく変わる転換点にある。サービスを当初から追い続け、Twitter創業者のジャック・ドーシー氏らとも言葉を交わしている林信行氏が、この十数年を振り返る。(2023/7/24)

竹中直人、芸能界で40年生き残れたのは“弱音と諦めのよさ”のおかげ マーベル新作「シークレット・インベージョン」インタビュー
2023年でデビュー40周年を迎えました。(2023/7/22)

「めちゃくちゃわかりやすい」 すかいらーく、外国人採用ページに「やさしい日本語」導入で話題 ねらいを聞いた
漢字には全て平仮名が振られています。(2023/7/22)

小寺信良のIT大作戦:
”ChatGPT時代”初の夏休み どうする学校のAI対策 保護者から見た文科省「AIガイドライン」の中身
文部科学省が学校教育におけるAIの利用に関して、ガイドラインを発表した。その中身を、保護者目線で検討してみたい。(2023/7/13)

「進撃の巨人」The Final Season完結編、後編のPV第1弾が解禁 「もう涙腺崩壊しそう」国際的な盛り上がり
今秋への期待が膨らむ。(2023/7/3)

ピクセラ、ChatGPTを活用した翻訳アプリBeta版をGoogle Playで期間限定無料公開
ピクセラは日本語、英語、中国語、韓国語の音声を相互に翻訳できる翻訳アプリのBeta版をGoogle Playで期間限定無料公開。ChatGPTを活用し、音声テキスト文章を自然な形で翻訳する。(2023/7/3)

Meta、音声生成AIモデル「Voicebox」発表 ノイズ除去や言い間違い修正、多言語会話など多機能
Metaは、新たな音声生成AIモデル「Voicebox」を発表した。従来のTTSの20倍の速度で音声を生成するとしている。ノイズ除去や言い間違いの修正、英語のスピーチを声はそのままフランス語に変換するなどが可能だ。(2023/6/17)

Go AbekawaのGo Global!〜Hsu Myat Thida(前):
医者にもなれる成績だったけどプログラマーを目指した。それが海外に出る近道だったから
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はエアリテックでシステムエンジニアとして働く、Hsu Myat Thida(ス・ミャッ・ティダ)さんにお話を伺う。小さいころから「納得」を重視していたスさんは、なぜITの道を志したのか。(2023/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。