ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「外国語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外国語」に関する情報が集まったページです。

よくわかる人工知能の基礎知識:
「リベンジポルノ」にもAI 新技術との正しい距離感は? 各国のAI政策と規制のいま
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは各国のAI政策と規制について。(2019/7/18)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「AIのリスク」を理解してる? 世界でいま何が起こっているのか
進化を続けるAIを、人間はどうやって制御し、使いこなしていけばいいのか。いまあるAIの脅威を例に、具体的な対応策を整理してみたい。(2019/7/4)

72言語に対応:
窓口のインバウンド対応に特化した「翻訳機」 キングジム、参入の狙いは?
キングジムは7月19日、対話型翻訳機「ワールドスピーク」を発売する。外国人観光客を対面で接客する場所に2台1組で設置して使用。窓口接客を伴う幅広い法人向けに訴求する。(2019/7/3)

参院選を前に「タブー」に迫る:
田原総一朗が憲法9条で安倍首相を斬る――「“改憲した総理”になりたいだけ」
参院選を前に憲法改正にこだわる田原総一朗氏。そこには自民党議員も触れない「タブー」があった。単独インタビューで迫った――。(2019/6/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
それは人類にとって脅威なのか 「強いAI」について考える
「強いAI」と「弱いAI」とは何なのか? いまある議論を整理してみたい。(2019/6/19)

これからのAIの話をしよう(自動翻訳編):
Google翻訳より高性能? 「日本の自動翻訳がすごい理由」をNICT隅田氏が解説
国産翻訳エンジンを使った「みらい翻訳」が高精度だとネットで話題に。なぜGoogle翻訳より高精度といわれているのか。開発者のNICT隅田氏に聞いた。(2019/6/17)

ホテルに入れず困っていた外国人観光客 言葉の壁を乗り越えて助けた実録漫画に「心が温まる」
言葉が通じなくても気持ちは伝わる!(2019/6/13)

話した言葉、指でなぞった軌跡に表示「しゃべり描きアプリ」公開 聴覚障害者など向け、10カ国語対応
話した言葉を音声認識でテキスト化し、指でなぞった軌跡にそのテキストを表示する「しゃべり描きアプリ」が公開。日本語や英語、中国語など10言語に対応。外国人や聴覚障害者とのコミュニケーションなどでの活用を見込む。(2019/6/11)

よくわかる人工知能の基礎知識:
ディープラーニングは何ができる? エンジニア以外も知っておきたい注意点
第3次AIブームをけん引する技術である「ディープラーニング」。今回はディープラーニングを活用する上で知っておきたい基礎知識を紹介する。(2019/6/5)

動画の世紀:
ASMRとふくらむスポンジ 理由はわからないが心地よい動画の謎
ASMRって知ってますか?(2019/5/30)

よくわかる人工知能の基礎知識:
文系でも分かる「機械学習」のススメ 教師あり/なし、強化学習を解説
よく耳にするようになった「機械学習」という言葉。機械学習にはどのような種類があって、どのようなことができるのか。(2019/5/23)

「幸せは金じゃない」:
フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路
フィリピンパブで出会った女性を追い掛け、借金500万円超を残したまま現地へ渡った「脱出老人」の末路――。待っていたのは不法滞在、困窮生活……。「海外で悠々自適なセカンドライフ」という美辞麗句とはかけ離れた一人の男の人生を追った。(2019/5/22)

英語教育には「読む用フォント」「書く用フォント」が必要? モリサワに聞く「フォントのユニバーサルデザイン」(3)
「教わる/教える」ことへの配慮。(2019/6/14)

Googleの「音声文字変換」アプリ、「ドアノック」などの表示や結果保存機能追加へ
Googleが2月に発表したユーザー補助アプリ「Live Transcribe(日本では「音声文字変換」)」の6月のアップデートで、笑い声や拍手、犬の鳴き声などの言葉以外の表示と、字幕のコピー・保存機能が追加される。(2019/5/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
エンジニア以外も「AIの仕組み」を学ぶべき理由 機械学習とディープラーニングの違いは?
エンジニア以外もAIについて学ぶべきなのか? そんな疑問への答えと、いまさら聞けない機械学習とディープラーニングの違いを専門家が解説。(2019/5/9)

動画の世紀:
ノートルダム大聖堂火災と9.11と陰謀論
パリのノートルダム大聖堂で起きた火災は、YouTubeで大きな騒動となった。9.11と結びつけた陰謀論である。(2019/5/7)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン[特別版]:
新元号と新紙幣のフォントとデザイン
新元号「令和」と、2024年に発行予定の新デザイン紙幣、どちらもきになるのはフォントとデザインだ。急遽、この連載で取り上げることにした。(2019/4/26)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「機械学習に50年の歴史あり」 人工知能が歩んできた道
いまの「第三次AI(人工知能)ブーム」はいつまで続くのか? これまでのAIの歴史を振り返りながら考えてみたい。(2019/4/19)

動かなくちゃ分からないことがあるんだ!:
求人サイト、カバーレター、コーディング面接――「行動駆動キャリア開発」エンジニアの北米企業就業譚
カナダのIT企業で働いて分かったこと。それは、意外な事実と自分の価値観だった――。(2019/4/18)

Weekly Memo:
働き方改革にAIを活用 “自然言語解析技術を結実させたAI”でNTT Comが新境地に挑戦
NTTコミュニケーションズが「働き方改革」にAIを活用したサービスを発表した。自然言語解析技術を活用したAIサービス「COTOHA」シリーズの新ラインアップとなる会議支援サービス「COTOHA Meeting Assist」だ。通信キャリアの同社がこうしたサービスに注力するのはなぜか。(2019/4/1)

AIが会議をリアルタイムでテキスト化、即時翻訳にも対応――NTT Com、「COTOHA Meeting Assist」発表
NTTコミュニケーションズは、自然言語解析AIを活用して、会議の音声をリアルタイムでテキスト化する会議支援クラウドサービス「COTOHA Meeting Assist」を開始。議事録作成を自動化する他、即時翻訳にも対応できる。(2019/4/1)

動画の世紀:
TikTokはなぜ「位置」を集めるのか? ユーザー動画と位置情報が融合するとき
若者を中心に人気のTikTokは、単なるショートムービーSNSではない。その目指すところは?(2019/3/31)

勉強道具として定着するか:
電子辞書、「低年齢化」で復権 市場10年ぶりプラス、小学校英語必修が追い風に
春の新生活シーズンを前に、家電量販店などの電子辞書売り場がにぎわっている。スマートフォンに押され縮小が続いていた電子辞書市場は昨年、10年ぶりにプラスに転じた。高校・大学生の電子辞書保有率は約7割に上り、ユーザーの低年齢化も進む。勉強道具としての定着が“復権”を後押ししている。(2019/3/28)

モビリティサービス:
スマホの画面が乗車券や各種チケットに、目的地検索から1つのアプリでカバー
ジョルダンは2019年3月26日、東京都内で記者会見を開き、目的地への経路検索や乗車券の購入、発券までをスマートフォンアプリで完結させる「モバイルチケット」の提供を同年5月から開始すると発表した。同社は欧米で公共交通チケットサービスを展開するMasabiと2019年1月に総代理店契約を締結。Masabiのシステムとジョルダンの乗り換え案内サービスと連携させてモバイルチケットを展開する。(2019/3/27)

「堺筋線」を「Sakai Muscle line」と誤訳 大阪メトロ、外国語ページを非公開に
大阪メトロが、公式サイトの外国語ページを非公開に。「堺筋線」を「Sakai Muscle line」などと誤訳していた。自動翻訳ソフトの利用が原因という。(2019/3/19)

堺筋を「サカイマッスル」に誤訳 大阪メトロが外国語ページ休止
3両目が「3 Eyes」に。(2019/3/19)

新連載・よくわかる人工知能の基礎知識:
あなたは人工知能が何なのか、人に説明できるだろうか?
いまや毎日のようにAIの話題が飛び交っている。しかし、「この製品やサービスではAIを使っている」というのは具体的に何を指すのか、どれほどの人が説明できるだろう。初心者向けに人工知能とは何かに迫る新連載がスタート。第1回は「AIとは何か」。(2019/3/15)

東京メトロ、運転士がiPad活用 ワンマンでも多言語案内
異常発生時には運転士がiPadで外国語案内を放送できる。(2019/3/13)

新連載「動画の世紀」:
「金」を手にしたYouTubeマン 「知識の高速道路」を加速するもの
YouTubeで学び、金メダルを獲得する。そんなことが現実に起きている時代。この動画の世紀はどのように動こうとしているのか。(2019/3/12)

ロボット開発ニュース:
自律走行するALSOKの警備ロボ、悲鳴や危険性ガスの自動通報に対応
ALSOK(綜合警備保障)は、「SECURITY SHOW 2019」(2019年3月5〜8日、東京ビッグサイト)で、警備員と協働する自律移動型警備ロボット「REBORG-Z(リボーグゼット)」を初公開した。人口減少や高齢化によって人材不足に直面する警備業で、立哨や巡回警備の高度化と効率化を目指す。(2019/3/7)

製品ニュース:
ALSOK、警備員との協働を実現する新型警備ロボット「REBORG-Z」を開発
ALSOK(綜合警備保障)は、常駐警備の高度化および効率化を実現する警備員協働型警備ロボット「REBORG-Z」を新たに開発した。(2019/3/6)

まるで映画のワンシーン! レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパーとの密着ショットが100万超いいねの大反響
パフォーマンスの動画もYouTubeで公開中。(2019/2/26)

グローバルに広がる「やってみなはれ」 120周年のサントリー
平成26年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、主人公に国産初の本格的ウイスキー造りを指示した「鴨居商店」社長の口癖は「やってみなはれ」。(2019/2/22)

鳥井商店の創業者:
120周年のサントリー グローバルに広がる「やってみなはれ」
平成26(2014)年度後期のNHK連続テレビ小説「マッサン」で、主人公に国産初の本格的ウイスキー造りを指示した「鴨居(かもい)商店」社長の口癖は「やってみなはれ」。モデルは鳥井商店(後のサントリー)の創業者、鳥井信治郎(1879〜1962年)だ。その生涯を描いた伊集院静氏の小説「琥珀(こはく)の夢」も昨年にテレビドラマ化されるなど、創業120周年を迎えた今、彼のチャレンジ精神は改めてサントリーグループ社員らを鼓舞している。(栗川喜典)(2019/2/22)

広瀬すず&是枝監督が五度目のタッグ 「earth music&ecology」新テレビCMで等身大の広瀬すずを引き出しまくる
是枝監督「広瀬さんが出演ということで引き受けました」。(2019/2/21)

元FREETEL増田薫社長が語る「経営破綻の理由」と「変態スマホへの思い」
端末メーカー、MVNOのプラスワン・マーケティングが2017年に破綻。社長の増田薫氏は自己破産を申請し、表舞台から姿を消した。その増田氏が、TAKUMI JAPANとして事業を再開。経営破綻の反省をどう生かし、今後どのような方向に進んでいくのか?(2019/2/20)

「ロボホン」のプログラミング、タブレットで簡単に ブラウザで動くツール一般発売
シャープのロボット「RoBoHoN」用のプログラミングツール「ロブリック」が一般発売。ブロック状のオブジェクトを組み合わせるだけで簡単にプログラミングできる。(2019/2/18)

多様化するニーズ:
負債総額439億円、破綻した英会話教室「NOVA」はなぜ再起できたのか
2007年10月、英会話教室「NOVA」を展開していたノヴァは439億円という巨額の負債を抱え事実上の倒産に陥った。そんなNOVAの生徒数が、いま右肩上がりに伸びているという。隈井恭子社長にこれまでの道のりを聞いた。(2019/2/18)

安川情報システム/西鉄エム・テック:
IoTを活用した「スマートバス停」が利便性向上とバス事業者の労働力軽減に貢献
安川情報システムは、西鉄エム・テックと開発したIoT(Internet of Things)技術を搭載する「スマートバス停」の実証実験を、北陸鉄道およびホクリクコムと共同で進める。期間は2019年1月29日〜3月31日まで、石川県金沢市内で行われる。(2019/2/15)

特集・RPAで仕事が変わる:
「失敗しないRPA」のススメ 導入・運用で注意すべきポイントは?
多くの企業が注目している「RPA」を導入・運用する際に注意すべきことは? 大きな失敗をしないために押さえておくべきポイントを解説。(2019/2/8)

特集・RPAで仕事が変わる:
働き方改革の“即効薬”? いま「RPA」が注目される理由
日本でも多くの企業が導入し始めている「RPA」。なぜいまRPAが注目されているのか。RPAでできることや、私たちの働き方をどう変えていくのかを解説する。(2019/2/1)

Alexa対応イヤフォン、ブレイクのヒントは“屋内”?
声で操作するAIアシスタントを外出先で使うことは気恥ずかしい場合もある。では家の中では? Amazon Alexaに対応したJabraのワイヤレスイヤフォンを例に便利な使い方を紹介しよう。(2019/1/31)

その笑顔はたまらん! 「万引き家族」ゆり役の佐々木みゆ、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート瞬間の動画が注目集める
うれしそう。(2019/1/25)

きょうから始めるAI活用:
“がっかりAI”はなぜ生まれる? 「作って終わり」のAIプロジェクトが失敗する理由
AI(人工知能)は「作って終わり」ではなく、その後の運用次第で成否が決まると言っても過言ではない。運用時に気を付ける3つのポイントとは。(2019/1/25)

「自己破産で学んだ」 元FREETEL増田薫氏が翻訳機で復活 スマホにも意欲
経営破綻により、一度はSIMフリー業界から撤退した、元FREETELの増田薫氏が新会社を立ち上げて復活。第1弾製品として、モバイル通信機能搭載の翻訳デバイス「eTalk 5」を発売。スマホやケータイの発売も予定しているという。(2019/1/17)

導入しただけではその真価は分からない
導入企業の評価が高い「Office 365」の使いこなし方とは?
「Office 365」は導入しただけで業務が効率化できるものではない。その機能を最大限引き出すには、ちょっとした工夫が必要だ。(2018/12/28)

ものになるモノ、ならないモノ(80):
機械翻訳は、翻訳家の仕事を奪うのか――「人工知能」を作る上での良質な栄養素とは?
外国語を翻訳するときに使う「機械翻訳」。ニューラルネットワークによって精度が上がったものの、人間の助けはまだまだ必要だ。さらなる精度向上をするには、何が必要なのかGengoプロダクト部長のチャーリー・ワルター氏に話を聞いた。(2018/12/28)

きょうから始めるAI活用:
「早くイイ感じのAI作って」 むちゃぶり上司には“急がば回れ”で立ち向かえ!
AIプロジェクトの担当者になったあなたは、どういった準備を進めていけばよいのだろうか。目標設定、データ準備が済み、いよいよPoCに取り掛かる。(2018/12/26)

開発残酷物語(9):
コメントに外国語ががが!――唐揚げにつられて入社したエンジニアを襲った悲劇
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は「発注」にまつわる失敗談を紹介します――えっ、発注“する”方? 開発会社なのに???(2018/12/25)

立ちどまるよふりむくよ:
復活! 初代ウォークマン 動かないカセットプレーヤーで音楽を聴く方法
カセットテープって知ってます?(2018/12/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。