ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小池百合子」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小池百合子」に関する情報が集まったページです。

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナ禍で乾麺・袋麺が“バカ売れ” 伏線は、朝ドラの「まんぷく」にあった
これまでカップ麺に押されていた乾麺・袋麺が、コロナ禍の影響で売れている。在宅勤務の普及などが原因だが、NHK連続テレビ小説「まんぷく」も影響していると筆者は指摘する。その理由は?(2020/10/28)

都庁も原則はんこレスに ペーパーレスやキャッシュレス化など「5つのレス」推進
東京都の小池百合子知事は、行政手続きの原則はんこレス化などを盛り込んだ都庁のDX(デジタルトランスフォーメーション)の方針を発表した。(2020/10/9)

パンダ飼育の歴史の集大成! 上野動物園の新施設「パンダのもり」に行ってきた
9月8日にオープンした「パンダのもり」。故郷・中国の四川省がモデルで、名称にはパンダが住む「森」とパンダを守る「守」の2つの意味があります。(2020/9/13)

スピン経済の歩き方:
「コロナでカジノは白紙」の今こそ、IRより“分散型リゾート”が必要な理由
新総理候補の菅氏の地元で進む、カジノを含む統合型リゾート誘致計画が新型コロナなどの影響で暗礁に乗り上げている。巨大ハコモノよりも持続可能性の高い「分散型リゾート」にシフトする好機だ。コロナ時代の宿泊スタイルとして注目される分散型のメリットとは?(2020/9/8)

東京都が高齢者のインフル予防接種無償化〜コロナと重なる秋以降への対策
しっかりとした手洗いなどの対策も大事。(2020/9/5)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
他県ナンバーが殺到!? 「Go To」除外の東京、集客の最前線を探る
「Go To トラベル」キャンペーンの対象から除外された東京都。集客のために観光地や施設は知恵を絞っている。一方で他県ナンバーのクルマが異常に増えた場所もあるという。(2020/8/18)

コロナによって東京都の人口減少が早まる? テレワークなら都心やその近郊に住む必要性は
総務省によると、東京都は転出が転入を1069人上回り、人口流出が起きているという。テレワークの導入が進めば都心に住む必要がなくなり、マンション価格の低下や郊外の渋滞の売れ行きが良くなる可能性がある。(2020/8/6)

経済が……:
時短営業に再自粛なら、どうなる? 勤め先都合の失業者数「41万人」に
東京都の小池百合子知事は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、都内の酒類を提供する飲食店などに「時短営業」を要請した。だが、協力金20万円では「応じられない」と現場から悲鳴が上がる。(2020/8/2)

小池都知事「ガイドライン守らない店は利用しないで」 酒類を提供する飲食店に営業短縮要請、協力金20万円を支給
順守する事業者には一律20万円を支給。(2020/7/30)

サイバーエージェント、コロナ禍の3Qは「思ったより堅調」 「ABEMA」は宣言解除後もユーザー増
サイバーエージェントが、2020年4〜6月期決算を発表した。第3四半期は減収減益だったが、藤田晋社長は「思ったより業績は堅調」としている。(2020/7/22)

「都民は4連休外出はできるだけ控えて」小池都知事が会見で呼びかけ
事業者には感染症対策の実施とステッカーの掲示を強く呼びかけています。(2020/7/22)

東京発着除外でGoTo急転、政府の誤算
 政府が観光支援事業「Go To トラベル」の対象から東京都を外す方針に転じたのは、東京での新型コロナウイルスの感染増を受け、旅行によって感染が全国に広がる懸念をぬぐい切れなかったためだ。一方で、22日の開始は堅持し除外対象を首都圏全体や関西圏などには広げなかった。感染防止と社会経済活動を両立させるバランスの取り方が、極めて難しいことが改めて浮き彫りになった。(2020/7/17)

吉村知事と安倍総理が会談〜「Go To」はやめるべきか
世論も大きく割れています。(2020/7/16)

小池都知事、新型コロナ警戒レベル引き上げ 「感染が拡大していると思われる」
都知事は「感染拡大警報」を発すべき状況としています。(2020/7/15)

ニコ生で都知事選の開票特番 ひろゆきさんや舛添元都知事など出演
ドワンゴは、5日に行われる東京都知事選挙の投開票に合わせた開票特番をニコニコ生放送で行う。放送予定時間は5日午後7時45分から午後10時30分まで。(2020/7/3)

依然進まず:
「便利にはなるけれど、まだ先の話」多摩地区の交通網整備
都内の区市で唯一、鉄道の駅がない武蔵村山市。延伸されればモノレールの北側の終点、上北台駅からJR八高線箱根ケ崎駅までの約7.2キロの区間がつながり、同市を横切るように通る。が、しかし……。(2020/7/3)

「東京都知事選2020 ネット演説」をニコニコ生放送で実施 6月18日18時40分から放送開始
都民のみなさん、要チェックです。(2020/6/17)

営業再開は6月15日:
「としまえん」が8月31日に閉園、94年の歴史に幕 跡地にはハリー・ポッターと防災公園
西武鉄道は、東京都練馬区のレジャー施設「としまえん」を8月31日に閉園すると発表した。跡地では、防災拠点となる公園や人気映画「ハリー・ポッター」の関連施設の整備が進む計画だ。(2020/6/12)

東京都が「夜の街」にきめ細かな対応ができない理由
このままでは業界がアングラ化してしまう。(2020/6/8)

東京都、独自の「東京アラート」を発動 レインボーブリッジは赤色に
感染確認者数が30人を越えたことを受けて。(2020/6/2)

オンラインセミナー普及、高齢者もEC 新型コロナがIT化進展契機に
新型コロナ発生以降のこの4カ月余りの間に生活環境だけでなく、仕事の進め方も大きく変化している。(2020/5/29)

新型コロナ経済対策〜消費減税がいちばん効果的である理由
経済回復を考えたら、お金を使った人が恩恵を受ける政策の方が需要喚起の効果は高い。(2020/5/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コロナに苦しむ飲食店の“救済”に格差 カリスマシェフが指摘する重大問題
新型コロナの影響に苦しむ外食産業。家賃支援に関する与野党の法案が出そろったが、政府の対応が遅いので連鎖倒産の可能性を指摘する声も出てきた。(2020/5/19)

HIKAKIN「今気を緩めてはいけないんだなと僕は思った」 新型コロナ感染でICUから回復したラジバンダリ西井にインタビュー
ラジバンダリ西井さんが語った現場の状況にHIKAKINさんも驚きの連続。(2020/5/4)

今日のリサーチ:
東京都の「スーパーでの買い物は3日に1回」自粛要請の効果は?――ipoca調査
東京都知事による「都民のスーパーでの買い物は3日に1回程度に控えるように」という自粛要請はどの程度効果があったのか。GPSデータを分析した結果です。(2020/5/4)

家計簿データで分析:
スーパーの「密」、休日午前11時台が最悪か――コロナ拡大前より来店数増
スーパーの来店数、休日午前11時台が最多に。コロナ受けた9都道府県のデータで判明。「3密」回避のため来店時間帯をずらす必要が。(2020/4/27)

首都圏1都3県、4月25日〜5月6日の12日間を「ステイホーム週間」に 連続休暇や一層の外出自粛求める
期間中全て休めば12連休に。(2020/4/23)

今日のリサーチ:
Wi-Fiアクセス状況からみる外出自粛要請への地域差――Geolocation Technology調査
全国のWi-Fiスポットのアクセス状況を分析した結果、緊急事態宣言後の動きに地域差が見られました。(2020/4/23)

お客と従業員の安全確保:
できる限りマスク着用を スーパーの「ライフ」がお客に3つのお願い
食品スーパー大手のライフコーポレーションが文書を発表。来店時にはマスクを着用し、複数人での来店を避けるようお客に呼び掛けた。(2020/4/23)

東京都がコロナ対策3574億円の補正予算案〜コロナ対策として全国の知事が国に訴えるべきこと
「次に使うお金」も出す覚悟がほしい。(2020/4/17)

湯之上隆のナノフォーカス(24):
“アフター・コロナ”の半導体産業を占う 〜ムーアの法則は止まるのか
新型コロナウイルス(COVID-19)の影響は各方面に及んでいる。もちろん半導体業界も例外ではない。最先端の微細化など次世代の技術開発ができない、製造装置が入手できない――。半導体産業では、これが現在の最大の問題である。本稿では、なぜそうなのか、今後どうなるのかを考察する。(2020/4/15)

磯山友幸の「滅びる企業 生き残る企業」:
「コロナ倒産」の連鎖が始まる――「雇い止め多発」の中小、2159万人の非正規を守れ
人件費負担の大きい飲食店などの経営規模の小さい会社の多くは、パートやアルバイトなど非正規雇用に頼っているケースが多い。こうした店舗で売り上げが「消滅」した場合、泣く泣くパートやアルバイトを雇い止めにするほかない。正規雇用でなければ、仕事がなくなれば時給制のパート、アルバイトは収入を失う。(2020/4/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自粛要請に振り回される「3密4業態」 ライブハウスやナイトクラブの“悲痛な声”に迫る
新型コロナの感染拡大で夜の飲食店などが苦境。現場からはどのような声が聞こえるのか。取材の結果は。(2020/4/14)

苦渋の決断で営業自粛 “オタクのための美容室”は新型コロナ禍をどう乗り切ろうとしているか
(2020/4/13)

「のぞき劇場」「ヌードスタジオ」って? 東京都の休業要請対象になった施設に「初めて聞いた」の声
法律に書いてあった。(2020/4/10)

東京都、遊興施設などへの休止要請 休業要請に協力の中小事業者に50万円
(2020/4/10)

新型コロナ、政府が緊急事態宣言発出 東京、大阪など7都府県に
期間は5月6日までの1カ月間。(2020/4/7)

感染対策も:
緊急事態宣言で発生する「迷惑行為」から店員を守って! UAゼンセンが「警備員増員の助成」や「警察巡回の強化」など要請
緊急事態宣言でお店が混乱する可能性。UAゼンセンが東京都に要請。従業員を混乱や感染から守るための取り組みや支援を求めた。(2020/4/7)

新型コロナ、東京都が無症状・軽症者を明日から一時宿泊療養施設へ 東横インが協力
重症患者が限られた病床を利用できるようにとの施策。(2020/4/6)

小池都知事が緊急事態宣言下の措置案を発表 都市封鎖や交通機関の運休要請は「ない」
(2020/4/6)

非テツでも楽しめる、テツ好きが注目するチマタの話題:
もしロックダウンになったら鉄道は止まるのか?
ロックダウンになったから完全に動けなくなるのではないか、と感じている方も多いでしょう。今回はロックダウンとなったときにどのような事態が起きるのか考えてみます。(2020/4/6)

新型コロナの衝撃:
「コロナショック」がリーマンショック以上に日本を脅かす未来――混乱のドイツ経済から占う
経済にも深刻な打撃を与えている新型コロナ。リーマンショック以上という予測も。ドイツの先行例を元にアナリストが分析。(2020/4/3)

「緊急事態宣言」〜感染を防ぐか経済を守るか“究極の政治判断”
難しい最後の判断をするのが政治家だが……。(2020/4/2)

消費者行動データで分析:
東京都知事の外出自粛要請は本当に効いたか――ビッグデータから意外な結果判明
3月最後の土日に出された都知事の外出自粛要請。実際にどの程度効果はあったか。消費者行動のビッグデータで分析した。(2020/4/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
新型コロナによる「自粛」、世界の人は何をしている? テレビ会議が浸透、ベビーブーム発生の予想まで
世界的に新型コロナウイルスの感染が広がる中、外出などを自粛せざるを得ない人たちが急増している。海外では、どのようなコンテンツの需要が高まっているのだろうか。「コロナウイルス・ベビーブーム」が来るなどという話も出ている。(2020/4/2)

帝国データバンク調査:
「新型コロナで影響」の上場企業、1000社超 従業員の感染発表も約100社に
新型コロナが上場企業に悪影響。「影響・対応」あった企業が1000社超に。帝国データバンクが調査した。(2020/4/1)

社会不安、大災害時並みに:
「ロックダウン(都市封鎖)は〇日から」――新型コロナデマ、4月1日に悪化の恐れ
新型コロナ関連のデマが悪質化している。特にここ数日はロックダウン(都市封鎖)の内容が浮上。専門家は「大災害時に似た内容になっている」と指摘する。(2020/3/30)

「新型コロナ 鳥取・島根に観光」記事、毎日新聞が謝罪し削除 「旅行勧めるよう受け取られかねない」
一部で「感染拡大しかねない」と批判の声があがっていました。(2020/3/29)

携帯キャリア3社、東京都の店舗で時短営業 外出自粛要請受け【追記あり】
NTTドコモとソフトバンク、KDDIは、東京都などの店舗で1週間程度、営業時間を短縮すると発表した。(2020/3/26)

調査で判明:
新型コロナでテレワーカーの多くが「4月は外出自粛が妥当」――“首都封鎖”に一定の理解?
新型コロナで“首都封鎖”もささやかれる中、テレワーカーの多くが「4月は外出自粛が妥当」と回答。調査で判明した。(2020/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。