ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「労働基準法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働基準法」に関する情報が集まったページです。

「管理職は残業代ナシOK」、実は誤解 法令の正しい意味を知る
【Q】課長に昇進した従業員から「残業手当も休日勤務手当も支払われなくなった結果、昇進前より手取り給与が少なくなった」とクレームがありました。他の企業でもよく聞く話ですし、問題はないですよね?(2024/2/21)

緊急寄稿「時間外労働の上限規制」を徹底解剖:
建設業を悩ます“2024年問題”【前編】違反者は社名公表リスクも
2024年4月1日、5年間の適用猶予期間を終え、建設業でもいよいよ罰則付きの時間外労働の上限規制が始まる。違法と認められた場合、罰則が科されるおそれがあり、悪質なケースでは厚生労働省が企業名を公表することになる。法適用まであと数カ月と迫った今、建設業が何をすべきかを考える。(2024/2/9)

2024年問題:
建設業“2024年問題”の認知は7割も、対策の成果は2割のみ ITでペーパーレス化が急務
アンドパッドは、建設業界が直面する「2024年問題」について建設業従事者に対し、認知や対応状況を独自調査した。その結果、「時間外労働の上限規制厳格化」の認知は67.1%、残業削減の効果を実感しているのは23.4%となった。(2024/2/8)

増加する、60歳超えの労働者:
定年後の嘱託社員、最低賃金での雇用はアリなのか?
60歳の定年後に社員を再雇用する場合、給与はどれくらい支給すべきでしょうか? 6割程度が一般的と聞きましたが、最低賃金での雇用もアリなのでしょうか?(2024/2/2)

PR:効率化と生産性向上、進む長時間労働の是正でどうする? あらためて伝えたい「業務可視化」の具体的な効果
(2024/2/2)

「休めない日本人」がこれほどまでに多いワケ
(2024/1/15)

「女性が管理職をイヤがる」本当の理由 意欲アップに効果的な施策とは
女性の管理職は少ない。企業が最も問題視しているのが「女性の昇進意欲のなさ」だが、なぜこうした状況が起きるのか。意欲向上のために必要な施策とは。(2024/1/11)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

SaaS for SaaSの世界:
SaaS管理が情シスに“刺さる”背景 freeeが買収した「Bundle」の戦い方は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はfreeeに目を向ける。(2023/12/25)

何が変わる?:
厚労省が目指す「労基法の改正」は、会社と従業員にどれほどの影響を与えるか
(2023/12/18)

宮武和多哉の「乗りもの」から読み解く:
「入社祝いで400万円」それでも足りないバス運転手 3つの元凶は?
(2023/12/8)

働き方の「今」を知る:
携帯ショップに警備会社──不人気業種でも「人が集まり辞めない」企業がある その秘密は?
人手不足が深刻化している。そんな中、不人気な業種でも独自の企業努力によって好業績を維持し、エンゲージメントを高め、採用や育成に成功している企業がある。では、それらの企業では具体的にどのような取り組みをしているのだろうか。携帯ショップや警備会社の事例を紹介する。(2023/12/7)

「未払いの残業代払え!」 退職者から突然の連絡、どう対応すべき?
(2023/11/27)

おとなの六法:
有給を申請したら却下されました。これってどうなんですか?
上司に有給を申請したけれど、却下された――。この場合、法律的に……。(2023/11/27)

おとなの六法:
残業代ってどうやって計算するんですか?
「会社から残業代をもらえない」という声をたまに聞きますが、これは法律的にどうなのでしょうか?(2023/11/23)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(4):
メタバースが急速普及する物流と建設業界、「2024年問題」などの問題解決に
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2023/12/19)

Q&A これって違法ですか?:
休日も深夜も「上司から連絡」 これってパワハラですよね?
上司が勤務時間外、それも深夜や休日に業務命令の連絡をしてきます。ペースも頻繁ですし、メールに気付かずにいると電話が鳴りやまない始末。これってパワハラですよね?(2023/11/13)

裁判例を交え解説:
初任給40万円超、でも残業80時間込み ベンチャーで増える給与形態、狙いや法的問題は?
サイバーエージェントが昨年、残業代80時間分を含む形で新卒の初任給を42万円に設定した発表は記憶に新しいでしょう。9月には人材事業などを手掛けるベンチャー企業・レバレジーズが同様の発表をしました。固定残業時間と大幅な初任給引き上げを実行する企業の思惑を、判例とともに考えてみたいと思います。(2023/10/31)

コンピュテーショナルデザイン:
清水建設がオフィスビルの構造検討を“AI”で自動化 構造架構を1500棟分生成済み
清水建設は、設計初期段階の構造検討をAIで支援するAIを開発した。オフィスビルの形状や寸法を入力すると、瞬時に形状に合致する構造架構をデータベースから複数抽出し、躯体数量も表示して、構造検討の負担軽減につながる。(2023/10/27)

働き方の「今」を知る:
「初任給50万円」のウラ側 みなし残業代を引いたらいくらになるのか?
高額な初任給を提示する企業が増えている。意欲と能力のある若手に高額な給与を支払うこと自体には賛成だが、一方で固定残業代や深夜割増賃金まで含んだ「カサ上げ」と言える事例も散見される。高額初任給の実態とその裏側とは――?(2023/10/30)

退社間際に「あの件、どうなった?」と聞く上司 企業が把握すべき「4つの危険性」
退社間際になって上司から「あの件、どうなった?」などと聞かれてしまう――という経験をしたことはありますか? 5分10分程度で対応可能ならまだしも、長時間に及ぶ場合、労務管理的に問題があるのでしょうか。(2023/10/26)

「日本のエンジニアは“死ぬ気”じゃない」 広がる海外人材の活用とその魅力
IT人材不足に悩む企業は多い。そんな中、海外人材を活用したオフショア開発に注目が集まっている。(2023/10/12)

拝観料DX:
「祈る行為に税金はかけられない」――延暦寺から学ぶ、宗教とキャッシュレス化の難しさ
2019年6月、宗教とデジタルの複雑性について考えさせられる出来事があった。約1000の寺院が加盟する京都仏教会が、拝観料などを電子マネーやクレジットカードで支払う「キャッシュレス化」に反対する声明文を出したのだ。他方で、比叡山延暦寺はキャッシュレス化を進めている。そこに取り組む理由とは何か。(2023/10/11)

民間企業のケースも解説:
「業務ミス」で教員に95万円請求──個人への賠償請求は合法なのか?
川崎市の市立小学校で、教員のミスによりプールの水が出しっぱなしになった結果、約190万円の上下水道料金が発生した。市は損害賠償金として、約95万円を、教員と校長に請求した。このように業務上のミスをめぐって、個人へ賠償請求することは合法なのか?(2023/10/5)

実際の裁判事例も紹介:
大事な会議の日に有休 部下の申請、断れる? 経営者が使える武器とは
重要な会議の日にいつも有給休暇を申請してくる部下がいます。会議に参加してほしいのですが、有休取得は権利なので強く言えずにいます。有休取得を断ることはできるのでしょうか?(2023/10/5)

有給の消化率、バブル世代とZ世代はどちらが高い?
2019年4月、労働基準法の改正で「年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者は、年5日以上の取得をすること」が義務付けられ、働く人々の価値観が大きく変化した。コロナ禍を経てワークライフバランスや多様な働き方が進む中、働く人の休暇取得の意識はどう変わったのだろうか。(2023/9/25)

2024年問題:
2024年問題で“積算事務所”勤務の約7割が収入減、解決の糸口は?CORDERが独自分析【寄稿】
CORDERは2023年7月、建設業の見積業務「積算」に従事する方を対象に、2024年に建設業にも適用される働き方改革関連法に伴う、積算従事者の残業制限の実施状況とその影響を独自に調査した。今回の寄稿では、400人から得た回答をもとに、積算事務所の抱える問題点と、その解決策を分析している。(2023/9/21)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
何度注意しても日中サボる社員 残業代をカットしてもいい?
業務中に明らかにサボっている社員がいます。業務で使用しているチャットもオンラインになっておらず、連絡しても何の返答もない状態が1〜2時間続くことがよくあります。注意をしても改善しないのですが、こうした場合、何らかのペナルティを科すことはできるのでしょうか?(2023/9/22)

働き方の「今」を知る:
イケア「着替え時間の賃金」問題 他人事ではない「○○って労働時間?」
イケア・ジャパンが、従業員の「制服への着替え時間」の賃金を支払っていなかったことが判明した。どこまでが労働時間に該当して、どこからが該当しないのか。トラブルを未然に防止するための知識を解説する。(2023/9/14)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
自爆営業の推奨、未達成で給与減額──「過度なノルマ」は違法にならないの?
私が働く業界は、伝統的に営業ノルマが厳しい業界です。パワハラまがいの叱責、自爆営業の推奨、ペナルティとしての給与減額、ノルマ未達成を理由とした退職の推奨など──「過度なノルマ」は違法にならないのでしょうか?(2023/9/12)

働き方の見取り図:
西武池袋ストを「無意味」だと言った人へ “小さき声”を過小評価すべきでない理由
ストライキやSNSでの発信――近年、個々の“小さき声”がきっかけとなって、長い間岩盤のように固かった理不尽なルールや慣例に穴が穿たれる事例が増えている。“小さき声”がこれからの職場に与える影響とは――。(2023/9/11)

第5回 建設・測量生産性向上展:
「2024年問題を前に、CCUS活用など建設業の労働環境はどう変革すべきか」芝浦工大 蟹澤教授が提言
2023年から2025年にかけて、建設業界には大きな環境の変化が訪れる。既に建設キャリアアップシステムがスタートし、2022年10月には加入者が100万人を突破。2023年4月には、公共工事でCCUSの準拠が原則必須になった。この他にも、2023年10月にインボイス制度の施行、2024年4月には残業時間の上限規制適用、さらに2025年4月には改正建築基準法も予定されている。(2023/9/7)

QAで解説:
「管理職辞退」は悪いこと? 断る際に重要な2つのポイント
昨今「管理職になりたくない」「管理職にならない方がお得だ」――という意見が多く挙がっている。管理職にならず、現状のポジションを維持したいと考えているビジネスパーソンが増えているが、管理職登用を「辞退」するのは悪いことなのだろうか……?(2023/9/7)

ジェネレーティブデザイン:
清水建設が“AIでZEB設計を代替” ZEB検討業務を100倍効率化で2024年問題に対応
清水建設は、ZEBの設計業務にAIを採り入れた「ZEB SEEKER」を開発した。従来は検討業務に1カ月以上要していたが、ZEB設計案の自動生成により、100倍以上も効率化が図れるという。(2023/9/6)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
IT化で「申告されてない残業」が発覚! さかのぼって残業代を支払うべき?
勤怠管理システムを刷新する際の参考にするため、過去3カ月分の社用PCのログを調べたところ、複数の社員が未申告の残業をしていることが発覚してしまいました。この場合、会社は未申告の残業代を支払うべきなのでしょうか。社労士が回答します。(2023/8/4)

「お前はクビだ!」はアリか:
ビッグモーター事件から“無法な人事処遇”を検証してみた
数々の違法が疑われ、その企業体質に厳しい目が向けられているビッグモーター。人事的な視点で検証すべきではないかと思い、書いてみた。(2023/8/3)

女性活躍を阻む「管理職の罰ゲーム化」
(2023/8/1)

労働基準監督署に聞いた:
リファラル採用のインセンティブ、何万円まで法律的に問題ない? 疑問を解説
リファラル採用を取り入れる企業が増えていますが、紹介のインセンティブはいくらが一般的なのでしょうか? また、何万円までの支払いであれば法律的に問題ないのでしょうか?(2023/7/31)

今年4月から解禁:
安全なの? 普及するの? 「デジタル給与」のイロハをプロが解説
4月の法改正により、デジタルマネーなどでの給与の支払いも認められました。いよいよ、日本のキャッシュレス化も加速しそうです。給与のデジタル払いのイロハを、プロが解説します。(2023/7/31)

裁判に発展したケースも:
勝手に深夜残業する部下、成果は出ているが……注意すべきか? 残業代はどうなる?
「夜の方が集中できる」という理由で深夜残業をしている社員がいます。実際に成果は出ていますが、残業代や労働時間の観点から注意すべきでしょうか?(2023/7/25)

消費者庁の「不当処分」疑惑 優良企業はなぜ「1年間の一部業務停止」をくらったのか
昨今、順法意識の低い企業を取り締まるはずの消費者庁による、ずさんな処分が物議を醸している。消費者保護の現場で今何が起きているのか、消費者庁による「不当処分」被害に遭ってしまった企業の実録をレポートする。(2023/7/26)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ビッグモーター「社長の報酬返上」でも、痛くも痒くもない そのカラクリ
中古車販売の大手企業であるビッグモーターが、自動車保険金の不正受給問題で揺れている。渦中の兼重宏行社長は役員報酬を1年間0円とすると発表した。このような役員の報酬返上は、実は社長にとって全く懐が痛くも痒くもならない場合があるため、惑わされないようにしたい。(2023/7/21)

マイクロビキニ、貝殻、下着は「着用禁止」 水着撮影会の「NG水着」「NGポーズ」を埼玉県公園緑地協会が明示
「着てないかのように写るポーズ」は禁止。(2023/7/20)

再発防止策も解説:
「社員と連絡が取れない」 自宅に訪問、退職の手続きの際に気を付けるべきこと
急に社員と連絡が取れなくなってしまったら、どうすればいいのでしょうか? 自宅への訪問や退職の手続きなど、企業が気を付けるべき点を解説します。(2023/7/4)

Q&A これって違法ですか?:
辞めるなら「ボーナスを返してほしい」 これって違法ですか?
ボーナス支給後に、「転職のため退職します」と社員に言われました。支給後すぐに退職した社員に返却を求めることは違法でしょうか?(2023/6/22)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
「原則参加の会議の日」にばかり有給を取る社員 拒否はできる?
原則参加としている会議の日にばかり有給を取る社員がいる企業。あからさまな有給の取り方を拒否することはできるのでしょうか? 社労士が回答します。(2023/6/26)

東映「相棒」「仮面ライダー」元社員がセクハラ問題で労災申請 60代スタッフが「会いたいです」など執拗な連絡
東映グループでのセクハラ問題には前例がある。(2023/6/22)

実際よりも給料を“盛って”いる? 定額残業代を導入する企業の思惑
残業手当対策として導入している企業も多い「定額残業代」。サービス残業のような違法性は全くないものの、「なんだかおかしい」と感じているビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。(2023/6/14)

調査レポート:
「2024年問題に約7割が未対応と回答」建設現場の労働時間を調査
ワークスモバイルジャパンは、建設現場で働く施工管理者や作業員など1031人に対して、建設現場の労働時間に関する実態を調査した。(2023/6/7)

入社後すぐにメンタルを崩し、休職→退職に 新卒が辞めない会社はどう作る?
入社したての社員が環境にうまく適応できず、1年以内に休職し、退職してしまったとしたらどうでしょうか? 採用コストがそのまま無駄になってしまいます。休職者がそのまま退職という線選択をしてしまわないようにするためにはどうすればいいか、社会保険労務士の立場から解説します。(2023/5/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。