ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「労働基準法」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働基準法」に関する情報が集まったページです。

スローガンには要注意:
にわかに進む「週休3日制」議論が空虚な“改革ごっこ”に陥りそうだと思うワケ
「週休3日制」の議論が進んでいるが、筆者はスローガン先行の現状に警鐘を鳴らす。真の改革を伴わない“改革ごっこ”に要注意。(2021/4/28)

エンジニアとしての業務経験を「お金で買える」サービスに賛否 公式サイトはメンテナンス状態に
「お金を払えば、誰もが企業の開発現場でエンジニアとして業務経験を積める」サービスが話題に。Twitterでは「お金を払って働くのか」「そもそも業務経験と呼べるのか」など疑問の声が相次いだ。公式サイトはメンテナンス状態になっている。(2021/4/27)

働き方の「今」を知る:
日本人は、自らブラックな労働環境を望んでいるといえなくもないワケ
長く続くコロナ禍。解雇などのニュースを目にすることも多いが、国際的に見ると日本は比較的低めに推移している。ただ、その代わりに失っているものも少なくないと筆者は指摘する。(2021/4/27)

休業中の賃金は?:
育児休業中の就労について、労務担当者が知っておきたいこと
育児・介護休業法上の育児休業制度は、休業期間中に就労することは想定されていませんが、労使の話し合いにより短期間であれば可能となり、育児休業給付金が支給されます。その概要を解説します。(2021/3/22)

専門家が解説:
テレワーク中の労務トラブルQ&A 「常時カメラをON」はプライバシー侵害?
テレワークを導入している企業が増えているものの、その運用がうまくいかず、不具合やトラブルが生じているケースもあります。ここでは、労務関係におけるトラブルの解決法を紹介します。(2021/3/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(85):
こんな裁量労働制は嫌だ!
上からの指示に従い、個人で判断できる範囲はごくわずか。もちろん、残業代の支払いはなし。これ、本当に裁量労働制なんですか――?(2021/3/15)

2つの留意事項:
テレワークで人事評価、どうする? 制度変更の注意点は? 弁護士に聞いた答えはというと……
テレワークを実施する場合、従来のやり方では適切な人事評価を行うことが難しいといわれていますが、今後、人事評価制度を見直す必要があるのでしょうか。また、人事評価を行う際にはどのようなことに留意する必要があるでしょうか。(2021/3/10)

ヤフー、全社員に5万円分のPayPay残高を支給 電子マネーによる手当の支払いを検証
ヤフーが同社の全社員にモバイル決済サービス「PayPay」の残高を5万円分付与すると発表。テレワーク環境の整備を支援する他、電子マネーによる給料支払いのモデルケース確立を目指す。(2021/2/18)

募集要項・手順:
トラブル回避のために! 「希望退職者」を募る際の留意点
新型コロナの影響で景気が悪化するなか、希望退職を募集する企業が増え始めています。トラブルを回避するにはどのような点に留意すべきか、解説します。(2021/1/22)

注意点は:
改定された「副業・兼業ガイドライン」を読む
2020年9月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が改定されました。より具体的に、踏み込んだ内容になっていますが、その改正ポイントを解説します。(2021/1/20)

au PAYで給与前払い KDDI孫会社が企業向けサービスを5月に提供
auペイメントが、給与をモバイル決済サービス「au PAY」などで前払いできる企業向けサービスを5月に提供する。企業が従業員に向けた福利厚生として導入することを見込む。(2021/1/18)

スピン経済の歩き方:
飲食店にバラまかれる協力金が、「現場で働く人」にまで届かないワケ
1都3県で緊急事態宣言が発出されて、多くの飲食店が苦戦を強いられている。「一律1日6万円の協力金」がバラまかれることになったが、こうした支援金は現場で働く人たちにまで行き届いているのだろうか。答えは……。(2021/1/12)

「総務」から会社を変える:
法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。2020年最終回となる今回は、総務の視点から今年1年のニュースや変化を振り返る。(2020/12/16)

社員が新型コロナ濃厚接触者でも慌てない! 休業・自宅待機中の賃金や補償の判断基準
企業の従業員が新型コロナウイルスに感染した疑いがある際に発生する各種問題のうち、休業・自宅待機中の賃金の取扱い、発熱・咳等の症状がある(感染の疑いのある)従業員への対応方法、感染予防と企業の責任についてまとめました。(2020/12/8)

いまさら聞けない「同一労働同一賃金」の基礎
2018年6月、働き方改革関連法が成立しました。目玉の一つ、いわゆる同一労働同一賃金について、法改正の内容など基礎を整理します。(2020/12/7)

社会保険料や税金への影響も:
テレワーク下での「通勤手当」と「在宅勤務手当」、どうやって支給する?
在宅勤務を推奨する中で、通勤手当を減らし、在宅勤務手当の創設を検討する企業が増えている。在宅勤務手当の支給方法にはさまざまな種類があるが、方法によって社会保険料や税金に影響する。制度を設計するにあたり、抑えておくべきポイントを解説する。(2020/11/24)

社員が新型コロナ感染でも慌てない! 労務対応チェックリスト、初動から対外的発表まで
従業員が新型コロナウイルスに感染した際に発生する各種問題のうち、労務に関する問題を主眼に、各企業で想定しておくべきこと、対応方法をまとめました。(2020/11/13)

Q&Aと解説:
「在宅勤務だから副業したい」に人事はどう対応すべき? 注意すべきポイントとは
新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務や労働時間の短縮を実施する企業は少なくない。時間にゆとりができる一方で、残業代が少なくなった社員から副業や兼業を望む声が出た場合、人事はどのように対応すべきだろうか。副業を認めるか否かの判断基準や、副業を認めた場合の運用について解説する。(2020/11/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
嫌いな人にも読んでもらえるコンプライアンス教材
法とかルールとかが大嫌いな人にも、楽しんでもらいながらコンプライアンスの基本を学んでほしい。(2020/11/12)

大企業で社員9割のテレワークを実施 KDDIの人事部門に聞く「これからの人事のシゴト」
(2020/10/22)

スピン経済の歩き方:
「日本の宝・中小企業」をイジメる菅総理は、「悪」なのか
「秋田初の総理大臣」「実はシャイでパンケーキ好き」――。菅総理は好感度の高いキャラで高い支持率を得ているようだが、中小企業の経営者などからブーイングが出ている。どういうことかというと……。(2020/9/22)

働き方の「今」を知る:
最近よく聞く「ジョブ型雇用」の掛け声がどこか空疎に思える、これだけの理由
注目が集まるジョブ型雇用。やや言葉だけが独り歩きしている感もあるが、大手でも導入が進み「ジョブディスクリプション」の整備も進む。しかし、筆者の新田氏はジョブディスクリプションの整備だけでジョブ型の定着には不十分だと指摘する。(2020/9/3)

感染予防の効果も:
「週休3日制」を導入するには? うまくいくコツ
経団連が感染予防対策として、テレワークや時差出勤などのほかに、週休3日制についても提案しています。そこで、週休3日制のメリット・デメリットと実際の運用方法を解説します。(2020/8/20)

憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
原作者がゲーム会社に勤務していたときの話が基になっているそうです。こわっ。(2020/8/13)

働き方の「今」を知る:
働き手を守るはずが、「給料安すぎ問題」を助長する皮肉 過度な正社員保護は、本当に必要なのか?
デービッド・アトキンソン氏の記事によって話題になった「日本人の給料安すぎ問題」。氏は原因を「モノプソニー」でひもといたが、給料が安すぎる原因は他にもさまざまある。後編の今回では、正社員保護が逆に給料安すぎ問題の原因となってしまうことを解説する。(2020/7/28)

休業手当の一部を助成:
1人1日1万5000円 大盤振る舞いの「雇用調整助成金」を活用しない企業のホンネ
新型コロナの影響拡大で「雇用調整助成金」が注目されている。申請方法が簡素化されたり、受給額が拡充されたりしているが活用が進んでいない。その根本的な理由とは。(2020/7/28)

パワーバランスの変化で問われる、価値観の刷新:
増えるストレス、見えた希望――コロナショックを機に、働き手の“反乱”が始まる?
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、働き手の意識が変わった。テレワークも浸透し、仕事よりも生活を重視する層が増えている。一方、企業の腰は重く、働き手との「意識の差」がどんどん開くかもしれない。このままいけば、抑圧されていた働き手の反乱が始まる可能性がある。(2020/7/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
コロナ後の働き方? 「ジョブ型雇用」に潜む“コスト削減”の思惑
コロナ禍で在宅勤務が広がり、「ジョブ型」雇用の導入に向けた動きが注目されている。しかし、時間ではなく成果で評価する「高プロ」制度は浸透していない。労働時間規制を免除できる制度を模索しているだけでは。それは「雇用する義務の放棄」でしかない。(2020/6/26)

アニメ業界の「病巣」に迫る【後編】:
アニメ版『ジョジョ』の総作画監督が指摘「Netflixで制作費が増えても、現場のアニメーターには還元されない」
日本のアニメーション業界にはびこる低賃金や長時間労働といった過酷な労働現場の実態――。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の総作画監督を務める西位輝実さんにインタビュー。後編では西位さんに、Netflixをはじめとする、近年の日本アニメに進出している海外資本のビジネスについて聞いた。(2020/7/17)

製品動向:
工事写真や資料を一元管理する新ソフト、NECソリューションイノベータ
NECソリューションイノベータは、建設工事に関する写真や資料、施工方法や実績などの情報を登録し、一元管理する新ソフトウェアを開発した。(2020/6/24)

今後のカギは「サスティナブルワーク」:
なぜ、失業者ではなく休業者が新型コロナで激増したのか 2つの理由
新型コロナで休業者が激増している。リーマンショック時と比較すると、その差は顕著だ。なぜ、失業者でなく休業者が激増したのか? 背景に2つの理由があると著者は解説する。(2020/6/12)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:有休申請は「葬式」「結婚式」以外認められません
自由も、権利も、ないんだよ。(2020/5/31)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ“緊急事態”下でも従業員を守り抜くために 知っておくべき各種支援制度
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、従業員を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

資金繰りの苦悩:
コロナショックで悲鳴上げる中小企業とフリーランス 弁護士が語る「経営者が使うべき政府の支援策」
新型コロナで影響を受ける中小企業の経営者向けに政府などが打ち出している支援策について弁護士が解説する。大きく(1)資金繰り支援(2)雇用維持支援(3)設備投資・販路開拓支援(4)税・保険料の支援という4つの支援がなされている。風評被害によってさらなる業績悪化も考えられる。(2020/3/31)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
「経営者目線」より「第三者目線」を ブラック企業とみなされる5つのチェックポイント
内部からは気付きづらい「ブラック企業」の特徴をご存じだろうか。働いていると「当たり前」と感じているものでも、外部から見たら“真っ黒”という会社も中には存在する。あなたの会社は大丈夫? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/31)

フィンテックの今:
2020年に変わる3つのフィンテック関連法改正 Fintech協会理事の落合孝文氏インタビュー
2020年はフィンテック関連でどのような法改正が進むのか。送金サービスを提供する資金移動業が3種類になり、1つの登録で証券、保険の商品などを販売できる「金融サービス仲介業」が登場。そして、給与を銀行振り込み以外で支払える、ペイロールカード解禁が想定される。(2020/3/18)

連載・あなたの会社は大丈夫? 求職者に「ブラック企業」と思われないために:
面接で「してはいけない質問」、知っていますか? 「思想・信条・宗教」だけではない、いくつものタブーとは
新卒採用のシーズンが始まった。採用面接では、求職者の人柄を知ろうと質問をする。しかし、何気なく質問してしまう事項でも、実は聞いてはいけないことがある。「思想・信条・宗教」はもちろんのこと、その他にもたくさん……。ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/3/16)

キャリアニュース:
2021年卒、新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100
ホワイトアカデミーが、「2021年卒版 新卒で入りたい一流ホワイト企業ランキングTOP100」を発表した。1位は「三菱地所」で、2位「グーグル」、3位「三井物産」と続いた。(2020/3/12)

給料前払いサービスは貸金業? ペイミーが「給料ファクタリングとは大きく異なる」と見解を発表
金融庁は給料ファクタリングは「貸金業に当たる」としています。(2020/3/11)

守れない経営者は「前科」に:
横行する「ブラッククビ」、急増する「非正規コスト」 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される
4月からの働き方改革関連法の施行によって、残業時間の上限規制が日本国内すべての事業者に適用となる。この「雇用大変革」への対応が急務と警鐘を鳴らしているのが企業労働法に詳しい倉重公太朗弁護士だ。中小企業、そして創業間もないベンチャー企業などは人事労務管理への理解が浅いことも多く、違法な解雇「ブラッククビ」などの事態も起きている。慢性的な人手不足に悩む中小企業経営者は何を注意しなければならないのか。また働く側はどんな意識づけが必要なのか。これから求められる働き方と合わせて聞いた。(2020/3/3)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
未払い残業代の「時効延長」で悲鳴上げる経営者たち――セブン問題の再発防げるか
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は4月から施行される未払い残業代の「時効消滅期間」延長について。原稿の2年から5年にまで延びてしまうと、労働者に支払う残業代が莫大な金額になってしまう――。経営者はどんな対策をすべきなのか?(2020/2/21)

第2回【名古屋】HR EXPO:
働き方改革関連法施行に伴う勤怠管理システム、多数展示 AI残業予想、動くスマート家具も
この4月から働き方改革関連法が中小企業にも適用される。差し迫った課題に対応するためのシステムが多数展示されている。(2020/2/14)

山浦恒央の“くみこみ”な話(126):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(5)意外に多い「実装抜け」のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第5回は、学生のプログラミング作成を事例に「実装抜け」のバグを取り上げます。学生の事例ですが、プロも意外とやりがちなので気を付けておきましょう。(2020/2/13)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
脱24時間で息吹き返したセブン加盟店、密着ルポで迫る「時短営業の意外な現実」
コンビニ業界に脱24時間化の激震が走る。最大手・セブンのとある時短実施店に筆者が密着ルポ。意外な実像から浮かび上がる「コンビニの未来像」とは。(2020/2/12)

施工管理:
飛島建設、「to施工BPOサービス」導入で施工管理体制を合理化
飛島建設は、トランスコスモスのBPOサービスを活用した新たな施工管理体制を構築する。2024年の改正労働基準法適用を前に、現場の業務負荷軽減を図るべく、ワークフローの最適化と運用体制の安定化を目指すのが目的だ。(2020/2/10)

新連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
「人材サービス」が“社会の敵”にならないために 運営側、企業側、求職者全てが知っておくべき基本事項
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が分かりやすく「そもそも」を解説する。(2020/2/10)

採用側の意見は:
内定辞退セットに賛否両論 心のこもった「就活謎マナー」が企業にとっても大迷惑な理由
話題になった「内定辞退セット」。就活に関するマナーについての議論を巻き起こした。面接などの就職活動に、最低限のマナーは当然必要。しかし、その一方で、明らかに「ムダ」ともいえるマナーも中にはあるようで……(2020/2/3)

キャリアニュース:
「2020年の国内転職市場における10大トレンド」を発表
外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンが「2020年の国内転職市場における10大トレンド」を発表。2020年に求人増加が見込まれる職種トップ3は「Web、モバイル開発者」「AI技術者」「物流担当者」だった。(2019/12/26)

19年のブラック企業大賞は「三菱電機」 初の2年連続受賞
(2019/12/23)

ペーパーレス化が進む?:
2020年に不動産・保険・通信業界で「電子契約」が普及――ペーパーロジック予測
ペーパーロジックがペーパーレス化に関する調査レポートを発表。印紙コストを削減できる電子契約の導入が不動産業や金融業で進んでいるという。(2019/12/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。