ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「受信料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「受信料」に関する情報が集まったページです。

検温と消毒、そしてマスク 3年ぶりのリアル開催「ニコニコ超会議2022」コロナ禍を超えて帰ってきたニコ厨たちの祭典レポート
雨で少しひんやりした1日でした。(2022/4/30)

房野麻子の「モバイルチェック」:
“オワコン”のワンセグ、ネット配信に移行して再び輝けるか
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」が、4月11日に解禁された。もともとスマホでテレビを見るといえば、ワンセグだったが、どのようにして終焉(しゅうえん)を迎えたのか。(2022/4/29)

スマホなどで視聴可能に:
民放テレビ局10社、地上波番組をネット同時配信 きょうから「TVer」で
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」を解禁する。4月11日午後7時以降に放送する番組が対象で、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で視聴できるようにする。(2022/4/11)

NHKのネット配信実証 テレビない世帯への受信料徴収は「現時点では考えていない」と金子総務相
NHKのネット配信実験がネット受信料徴収につながるのではないかという質問に対し、金子総務相は、テレビを設置しない世帯への受信料徴収は、現時点では考えていないと発言した。(2022/4/8)

Mobile Weekly Top10:
終息したはずの「G'zOne」はなぜ復活した?/ドコモがポイントプログラムを改訂
カシオ計算機の人気ケータイブランド「G'zOne」をau、カシオ計算機、京セラが協力して復活させました。なぜauはG'zOneを復活させなければいけなかったのでしょうか。そして、なぜカシオ計算機は携帯電話事業を終息したにも関わらずG'zOneの復活をアシストしたのでしょうか。(2022/3/5)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
初音ミクが生きてきた16年を振り返る 究極のバーチャルシンガーはどこがすごかったのか
NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」をネタに、初音ミクについて語りました。(2022/3/2)

Mobile Weekly Top10:
「WiMAX +5G」の短期間容量制限、本当になくなった?
UQコミュニケーションズの「WiMAX +5G」が2月1日から通信制限のポリシーを一部変更しました。「直近3日間で15GBまで」という制限がなくなったことで、今の所は非常に便利に使えているようです。(2022/2/26)

「ワンセグ携帯の減少」と「NHK受信料」の関係を考える
ここ最近、「ワンセグ」機能を搭載したスマートフォンがなくなりつつある。2019年に、ワンセグ携帯もNHK受信料の支払い義務が発生することが確定した。この件とワンセグ携帯の減少は関係あるのだろうか。(2022/2/23)

ヤマダデンキとAmazonが作るスマートテレビのある日常――「FUNAI Fire TVスマートテレビ」誕生の理由
ヤマダホールディングスとアマゾンジャパンが協業し、船井電機製の「Fire TVスマートテレビ」を販売することになった。ある意味で「水と油」とも思える両者だが、どのような背景で協業することになったのだろうか。発表会の模様をお伝えする。(2022/2/17)

初回生産分6000台が完売:
ドンキの“NHK受信料を支払わなくていいテレビ”、売り切れ店舗続出 2月中旬から再販へ
「ドン・キホーテ」が2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」を2月中旬に再販すると、運営元が明らかにした。初回生産分6000台を各店舗で販売していたが、売り切れになる店舗が続出。6000台の追加生産に踏み切っていた。(2022/2/10)

見られ方が多様化:
“ネット受信料”導入への布石か NHK「テレビ持たない人」配信実験
「テレビ離れ」が指摘されて久しい。近年は若年層を中心に、テレビ受信機そのものを持たない人が増えている。NHKは4月以降、そうした人らに対して番組や情報をインターネットで配信し、どう受け止められるかを調査する。(2022/2/9)

NHK、受信契約時に電話番号・メールアドレスの提出が必要に 4月から
総務省が、NHKから申請があった受信規約の変更を認可すると発表した。新受信規約でNHKは、受信契約者に電話番号やメールアドレスの提出を求めるとしている。(2022/2/2)

ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの携帯料金がPayPayで支払い可能に
ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの払込票が「PayPay請求書払い」に対応。「PayPay」の「PayPayマネー」限定で支払えるようになる。(2022/1/19)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
一生かけても消費できないコンテンツに怯える 映像サブスクの深淵を覗き込んだ話
アマプラ、ネトフリ、ディズニー、アップル、群雄割拠の映像サブスクについて語りました。(2022/1/17)

ワンセグ非搭載のスマホでテレビを見るには? 外付けチューナーと視聴アプリを紹介
かつて国内メーカーでは多くのスマホがワンセグを搭載していたが、2021年に発売されたスマートフォンではどの端末も搭載しなかった「ワンセグ」。では今、スマホでテレビを見たいときはどんな手段があるのか。「外付けテレビチューナー」「番組視聴アプリ」の2つを調べた。(2022/1/17)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(12月編):スマホの「フルセグ」「ワンセグ」はなぜ激減?
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年12月は、スマートフォンにおいて「ワンセグ」の搭載がほぼ皆無になった背景を考察した記事の他、auが発売した「G'zOne TYPE-XX」に関する記事やシャープの「AQUOS wish」に関する記事などが読まれました。(2022/1/6)

チューナーレスのネット動画専用機:
“NHK受信料を支払わなくていいテレビ”を製品化 ドンキの狙いは?
「ドン・キホーテ」が発売した、「ネット動画専用スマートTV」がネット上で大きな話題を呼んでいる。テレビと称しながら、テレビチューナーを搭載していないためだ。製品化の狙いと経緯を聞いた。(2022/1/6)

NHK値下げ法案を再提出へ 1月通常国会 剰余金の活用義務付け
総務省が、NHKの受信料引き下げに向けた放送法改正案を2022年1月の通常国会に提出する。NHKに対し、積み立てた剰余金を受信料の値下げに充てることを義務付ける内容。(2021/12/21)

NHK、契約者にメールアドレスや電話番号の登録を求める規約改定案 27日から意見募集
NHKは26日、受信契約者の電話番号やメールアドレスを収集するための受信規約見直し案を公表した。27日から意見募集を行う。(2021/10/27)

武田大臣、KDDIなどの乗り換え手数料撤廃を「一定の成果」と評価 NHK受信料引き下げにも注文
武田良太総務相がKDDIとソフトバンクがメインブランドからサブブランドへの乗り換え手数料を撤廃したことに対し、「改善に向けて一定の成果が出た」との見解を示した。(2020/12/11)

NHK再編の狼煙、「Eテレ売却」は妥当か、素人考えか
小寺信良さんが、NHK再編問題に切り込む。(2020/12/10)

総務省「NHKのネット事業費拡大案は合理性ある」との考え示す 25日から意見募集
総務省が、インターネット事業費の上限緩和を求めるNHKの申請について「一定の合理性がある」とする考えを示した。(2020/11/24)

NHK、ネット事業拡大を視野 事業費の上限撤廃案を発表 高市氏は民業圧迫を懸念
NHKが、ネット事業の費用などを定めた基準の改定素案を発表。ネット事業を拡大する方針を打ち出した。現行の基準では、ネット事業の費用を「受信料収入の2.5%以内」と定めているが、これを撤廃する可能性があるという。(2020/9/17)

Mobile Weekly Top10:
ハイエンドXperiaがSIMフリーで登場/「Black Shark 3 Pro」は日本で発売されるのか?
ソニーモバイルコミュニケーションズが、XperiaのハイエンドモデルをSIMロックをかけずに販売することになりました。その成否やいかに……?(2020/8/25)

ワンセグスマホをどう説明する? 5G基地局は「2021年度末までに5万局」――2019年度KDDI株主総会、注目の一問一答
KDDIが2019年度の定時株主総会を開催した。新型コロナウイルスの影響で従来とは違う形態での実施となったが、どのような質問が出たのだろうか。通信に関連する質疑をまとめた。(2020/6/17)

短縮開催となったドコモの株主総会 ワンセグ携帯、5G、接続料などで指摘
NTTドコモが6月16日、第29回株主総会を開催した。株主総会の様子はオンラインでライブ配信されたが、現地での感染予防の観点から、株主との質疑応答を中心に、例年より短い30分程度の開催となった。新型コロナ、ワンセグ携帯、5G、接続料などで質問が挙がった。(2020/6/16)

PayPay、NHKの放送受信料が支払い可能に
PayPayは、5月15日に日本放送協会(NHK)の「PayPay請求書払い」に対応。請求書に記載されたバーコードをアプリで読み取り、その場で支払えるようになる。(2020/5/14)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
外出自粛の閉塞感を救う、味わい深い旅番組
受信料を払っててよかった。(2020/4/1)

NHK、TV視聴アプリ「NHKプラス」をリリース 海外からの利用は
iPhoneとAndroid向けにNHK番組リアルタイム視聴アプリ配信がスタート。(2020/3/3)

NHKのネット同時配信、総務省が認可 受信料なしの視聴には“メッセージ”を表示
総務省はNHKのネット同時配信案を条件付きで認可した。これを受け、NHKは春からネット同時配信事業を本格的に始める。(2020/1/15)

放送同時配信はNHKの野望なのか?
インターネットを使ったNHK放送を同時配信にはどのような課題があるか、考えてみる。(2019/12/28)

今のギャグ漫画は「テレビを基準にするやり方だとちょっとまずい」――『トマトイプーのリコピン』大石浩二に聞く、「面白かったね」で終わらない方法
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第99回。(2019/9/22)

NHKはどう「ぶっ壊す」べきか
「ぶっ壊す」だけではダメで、ぶっ壊すにも方法があるだろうという話。NHKからの反応も含め、小寺信良さんが解説。(2019/8/21)

NHK問題、なにが軸なのか
放送法の改正により、NHKテレビ放送の常時同時配信が認められた。これが意味するのは何か? 考えてみた。(2019/6/7)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
スマホやPCの周辺機器はこうして「突然死」する
PC、スマホ、タブレットの周辺機器やアクセサリーは、それまで絶好調で販売されていたにもかかわらず、本体機器のモデルチェンジによって終息を迎えることが日常茶飯事。しかし中には、製品のモデルチェンジなどとは異なるイレギュラーな理由によって、販売を打ち切らざるを得ないケースも出てくる。(2019/4/28)

レンタルWi-Fiにはない「圧倒的な利便性」 海外SIMに注力するアイツーの戦略
アイツーは、自社ブランドの「トラベルSIM anyware」や「トラベルe-sim」に加え、「GigSky」も取り扱うなど、多彩なバリエーションの海外用SIMカードを販売している。なぜ海外用SIMカードに着目したのか? ローミング専用SIMカードの現状をアイツーのJag山本氏に聞いた。(2019/4/24)

“マイルドダンディー”向けスマホ「URBANO V04」の実力は? カメラや独自機能をチェック
auの京セラ製スマートフォン「URBANO V04」が2月8日に発売された。京セラは「マイルドダンディーにおすすめしたい1台」であるとアピールしている。本機のデザイン、カメラ、ソフトウェアを中心にレビューする。(2019/4/14)

ワンセグ携帯、受信料が発生するなら買い替える? 携帯市場が調査
携帯市場は、3月27日にスマホ・ガラケーのワンセグ利用アンケートについて発表した。ワンセグ機能を利用しているという回答は26%と3割未満で、特に30〜40代が低い。また「ワンセグ受信料が発生するなら買い替える?」という質問には、58%が「買い替える」と答えた。(2019/3/27)

ワンセグ携帯にもNHK受信料の支払い義務 最高裁で確定
ワンセグ付きの携帯電話を所有しているだけで、NHKに受信料を支払う義務が生じる旨の判決が、最高裁で下された。ワンセグ付きの携帯電話を選ぶ際は注意が必要。なお、iPhoneはワンセグを搭載していない。(2019/3/14)

PR:シャープのスマホが“法人に強い”理由 パートナー連携と端末ラインアップに秘策あり
シャープのスマホといえば、一般消費者向けというイメージが強いが、シャープは法人事業にも注力している。シャープの法人端末にはどのような特徴があり、法人顧客にどんなメリットをもたらすのか。(2019/3/1)

NHK、受信料を4.5%値下げ 経営委員会が了承
NHK経営委員会が、受信料の値下げを前提にした予算の策定を了承した。(2018/11/27)

民放連、NHKに「ネット同時配信」めぐり要望 「予算は受信料収入の2.5%まで」
日本民間放送連盟が、NHKが提供を目指している、テレビと同じ番組をインターネット上で配信する「常時同時配信」について、8項目の要望を出した。(2018/10/24)

対象は21万件:
NHK、苦学生の受信料を全額免除 19年2月から開始
日本放送協会(NHK)は9月10日、放送受信料免除基準の一部を変更すると発表した。2019年2月1日から、要件を満たした学生については受信料を全額免除するという。(2018/9/11)

「NHKが映らないテレビ」誰でも安く実現する方法
本記事では「NHKが映らないテレビ」を、もっと安く実現する方法を紹介する。(2018/7/19)

話題の「NHKが映らないBRAVIA」は本当に受信料不要? NHKとソニーに聞いた
受信料は確かに不要のようですが、それ以前に大きな問題が……。(2018/7/9)

NHK解約しないと死後も受信料が発生? 「亡き母の受信料を督促された」ツイート話題に NHKに聞いた
「亡くなって何年もたつ母宛に、NHKから多額の受信料の督促状が届いた」というツイートに驚きの声。(2018/7/1)

楽天のMNO参入でどう出る? ドコモダケはどこに? ドコモ株主総会 質疑応答
ドコモが6月19日、第27回定時株主総会を開催。ドコモの吉澤和弘社長が事業報告をするとともに、株主からの質問を受け付け、吉澤氏をはじめとする役員が答えた。楽天のMNO参入やポイント事業について多くの質問が集まった。(2018/6/19)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

NHK、4月から受信料の現金取り扱いを原則廃止 受信料着服の再発防止で
NHKは4月から同協会職員による受信料の契約・収納業務における現金の取り扱いを原則廃止すると発表。10月から委託先訪問員による契約手続きの際の現金取り扱いも廃止するという。(2018/2/28)

なぜ「HUAWEI nova 2」を扱うのか 今後も中華スマホは増える?――au春モデル発表会 質疑応答
au春モデルの大きなトピックは、Huaweiのスマートフォンがラインアップに加わったこと。Huawei端末の中で「nova 2」を選んだ理由は? 今後もカスタマイズを抑えた海外端末は増えるのだろうか?(2018/1/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。