ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テラスケール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テラスケール」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AMD、HPC向けのGPUアクセラレーター「AMD Instinct MI200」シリーズを発表 業界初のマルチダイGPU構成を採用
米AMDは、このほど開催したオンラインイベント「AMD Accelerated Data Center Premiere」にて最新GPUアクセラレーターとなる「AMD Instinct MI200」シリーズの発表を行った。(2021/11/9)

Appleが新チップ「M1 Pro」「M1 Max」発表 M1と比べてCPUは70%、GPUは最大4倍高速化
米Appleは、同社が開発した新チップ「M1 Pro」と「M1 Max」を発表。プロユーザーのために初めて設計されたプロセッサであり、同日に発表した、新型MacBook Proに搭載する。(2021/10/19)

初期投資を抑え、自由に使いたい:
PR:AI/機械学習へのGPU活用、費用の問題をどうすればよいのか
ディープラーニングや機械学習にはGPUの利用が適している。だが高性能なGPU搭載サーバをオンプレミスで導入すると初期投資額がネックになる。パブリッククラウドのサービスは料金体系に不安が残る。どうすればよいのだろうか。(2021/10/18)

自動運転車用モデルのトレーニングを進化:
最大362TFLOPSの「D1」チップなど、Tesla AI Dayハイライト
Teslaが2021年8月半ばに開催した「AI Day」では、自動車用チップの他、機械学習(ML)/ニューラルネットワーク(NN)トレーニング向けシステムとソフトウェアが紹介された。それらを共に用いることで、自動運転車用モデルのトレーニングが進化するという。(2021/10/4)

モノづくり最前線レポート:
インテルの最新CPUアーキテクチャはより広く深く、GPUがHPCのムーンショットに
インテル日本法人は、米国本社が2021年8月19日(現地時間)に開催したイベント「Intel Architecture Day 2021」で発表した、新たなCPUとGPUのアーキテクチャについて説明した。(2021/8/23)

AMD、新グラフィックスカード「AMD Radeon PRO W6600」を発表
AMDは、RDNA2アーキテクチャーを採用したプロフェッショナル向けの新グラフィックスカード「AMD Radeon PRO W6600」を発表した。(2021/8/12)

NVIDIA、ワークステーション向けGPU「NVIDIA RTX A2000」を発表
NVIDIAは8月10日、新たなGPUとして「NVIDIA RTX A2000」を発表した。価格は450ドルで、10月より発売される予定だ。(2021/8/11)

AppleがMac Pro向けに「Radeon Pro W6000Xシリーズ」搭載グラフィックスカードを発売 本体購入時に搭載も可能
AppleのMac ProにGPU(グラフィックス)の選択肢が追加され、よりパフォーマンスが向上したRDNA 2アーキテクチャベースの「Radeon Pro W6000Xシリーズ」を搭載するMPX Moduleを搭載できるようになった。モジュールの単品販売も行われる。(2021/8/4)

Apple、Mac Pro (2019) に最高速AMD GPUを提供開始 究極モデルは580万円超えに
Intel Mac Proの提供を継続するという噂もあるAppleだが、AMD製GPUのさらなる強化を実施した。(2021/8/4)

AMD、RDNA2アーキテクチャを採用したWS向けGPU「Radeon PRO W6000」シリーズを発表
米AMDは、プロフェッショナル向けのハイエンドGPU「Radeon PRO W6000」シリーズの発表を行った。(2021/6/9)

VLSIシンポジウム2021:
「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文
2021年6月13〜19日に開催されるLSI関連の国際学会「VLSIシンポジウム2021」。「VLSI Circuitsシンポジウム」の注目論文を紹介する。これらの注目論文は、VLSIシンポジウム委員会が2021年4月に行った記者会見で紹介したものとなっている。(2021/6/8)

4Kゲーミングにベターな選択肢! 「GeForce RTX 3080 Ti」の実力をチェック
6月3日22時から販売が解禁される「GeForce RTX 3080 Ti」。その実力はいかほどだろうか。NVIDIAが自ら設計したグラフィックスカードを使ってテストしてみよう。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
AMDのAPUとGPU、Teslaが「Model S」と「Model X」で採用
AMDは、Teslaが「Model S」と「Model X」の新モデルでRyzen APUとRDNA2アーキテクチャに基づくGPUを採用したと発表した。インフォテインメントシステムでAAAゲームを10テラフロップスでプレイできる。(2021/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2021:
NVIDIAがデスクトップ向け「GeForce RTX 3080 Ti」「GeForce RTX 3070 Ti」を発表 6月3日から順次発売
GeForce RTX 30シリーズに、初めて上位バージョンの「Ti」が登場する。GeForce RTX 3080 Tiは「新たなゲーミング向けフラグシップ」、GeForce RTX 3070 Tiは、「シリーズにおける一番の売れ筋のパワーアップ版」という位置付けだ。(2021/6/1)

設計開発:
PR:複雑化する自動車の設計開発、ワークステーションの性能を倍化して対応せよ
これまでも自動車の設計開発では先端の3D技術がフル活用されてきた。そこから生み出される3Dモデルは、複雑さを増しながら大規模化しており、これら3Dグラフィックスの表現の進化はGPUに支えられている。NVIDIAの最新GPUボード「NVIDIA RTX A6000」は従来比2倍という飛躍的な性能向上を遂げており、設計開発に用いられるワークステーションの進化に大きく貢献している。(2021/5/12)

NVIDIAとAMDの「GPU」製品を比較【後編】
NVIDIA vs. AMD 「GPU」「ビデオカード」の演算能力が高いのはどっち?
NVIDIAとAMDは、共にGPU分野に重点的に投資している。両社のビデオカードは、演算能力などの性能や機能においてどのような違いがあるのか。(2021/5/11)

「ISSCC 2021」:
IBM、8ビット学習が可能なテストチップを発表
IBM Researchは、2021年2月13〜22日にオンライン開催された半導体業界最大級の国際学会「ISSCC 2021」において、テストチップを発表した。これは、同社が長年にわたり取り組んできた、低精度のAI(人工知能、ここでは機械学習)トレーニング/推論アルゴリズムを具現化したハードウェアだといえる。(2021/3/3)

AI組み込みプラットフォーム:
菱洋エレクトロ、NVIDIA Jetson TX2モジュール販売
菱洋エレクトロは、AI組み込みプラットフォームとしてNVIDIA製「NVIDIA Jetson TX2 NXモジュール」の販売を始めた。高い性能を小型サイズのモジュールで実現している。(2021/3/1)

湯之上隆のナノフォーカス(35):
ムーアの法則 次なるけん引役は「チップレット」 〜IEDM2020に見る先端パッケージ技術
今回は、「IEDM2020」から先端パッケージの講演をいくつか紹介する。そこで見えてきたのは、今後「ムーアの法則」のけん引役となるかもしれない「チップレット」技術と、その開発競争が進んでいるということだった。(2021/2/16)

Zen 3アーキテクチャは効果てきめん? AMDがモバイル向け「Ryzen 5000」シリーズを解説
AMDがCES 2021に合わせて発表したモバイル向けのRyzen 5000プロセッサ。その特徴と実力はいかなるものなのだろうか。同社が報道関係者に説明した。(2021/1/26)

CES 2021:
NVIDIAが「GeForce RTX 3060」を2月下旬に329ドルで発売 モバイル向け「GeForce RTX 30シリーズ」もリリース
NVIDIAが、GeForce RTX 30シリーズの新製品を発表した。ハイスペック化するPCゲーム事情を踏まえたデスクトップPC向け「エントリー」製品の他、いよいよノートPC向け製品も投入される。(2021/1/13)

自社開発の学習用チップも発表:
AWSがHabana「Gaudi」搭載のEC2インスタンス提供へ
Amazon Web Services(AWS)は、AWSのクラウドサービスに用いられるHabana Labs製AI(人工知能)トレーニング用チップ「Gaudi」ベースのEC2インスタンスを提供する。これは、Intel傘下の新興企業であるHabanaにとって大きな勝利といえる。(2020/12/7)

AWS、Radeon GPUを搭載したEC2インスタンスを発表 AMD製GPUをAWSに初採用
NVIDIAのGPUを使ったインスタンスはあったが、AMD製GPUは初めて。(2020/12/3)

組み込み開発ニュース:
ベクトル型スーパーコンピュータのPCIeカード型ベクトルエンジンを単体販売
NECは、PCI Express規格の「カード型ベクトルエンジン」を発売し、2021年1月より出荷を開始する。PCI Expressカード型サイズのため、従来の大型機器の他、タワーサーバやラックサーバにも搭載できる。(2020/11/30)

NEC、PCIeカードサイズのスパコン向けプロセッサを単体販売 114万4000円から
NECがPCIeカードサイズのスーパーコンピュータ向けプロセッサを販売すると発表した。価格は114万4000円(税別)からで、2021年1月から出荷を始める。(2020/11/19)

「Tiger Lake」×「Iris Xe MAX Graphics」はなぜ速い? インテルが説明
Intelが久しぶりの外部GPU製品として発売した「Iris Xe MAX Graphics」。Tiger Lakeと協調動作することでより高速に動作することが特徴だ。その仕組みを、日本法人であるインテルが説明した。(2020/11/18)

新型Mac3シリーズが11月17日に発売! 鍵を握るApple M1チップとは?
Appleが独自の「Apple M1」チップ搭載Macシリーズを発表した。同Socを採用した製品として、13インチMacBook ProとMacBook Air、Mac miniが11月17日から発売される。(2020/11/11)

Apple Silicon「M1」搭載Mac登場 MacBook Air、Mac mini、MacBook Proの3機種
Motorola→PowerPC→Intel→Arm。CISCとRISCを行き来してきたMacのプロセッサ。今回はRISCのターン。(2020/11/11)

“カンブリア爆発”のさなか:
AIチップ新興企業に成熟の兆し
ここ数年の間、AI(人工知能)チップ新興企業の“カンブリア爆発”(一気に出現すること)について書かれた記事が多くみられるようになった。初期に登場した一部の企業は、自社のAIチップを搭載したモジュール/カードなどを広く提供することによって、実世界においてデザインウィンを獲得したり、世界的な流通チャネルを構築するなど、成熟しつつあるようだ。(2020/10/19)

「PlayStation 5」は次の6年で何を担うのか 実機プレイで分かったこと
PS5実機で試遊する機会を得た記者が感じたこと。(2020/10/5)

製造業のHPC活用:
PR:あのスパコンが組み込みコンピュータに、最先端の半導体検査装置を大幅進化
今やデジタルトランスフォーメーション(DX)は製造業にとっても最優先課題の一つになっている。DXの実現に必要な高度な演算プラットフォームとして注目したいのが、従来スーパーコンピュータへ用いられてきたベクトルプロセッサの高性能をPCI Expressカードに詰め込んだ、NECの「SX-Aurora TSUBASA」だ。製造業にとって、SX-Aurora TSUBASAをどのように活用できるのかを見ていこう。(2020/10/5)

争奪戦再び?:
GeForce RTX 3070シリーズは7万9980円〜で10月29日に発売
NVIDIAは10月中の発売としていた「GeForce RTX 3070」の発売日を10月29日と発表した。価格は税別7万9980円〜となる。(2020/10/3)

次世代機で盛り上がるゲーム業界、今後は何がトレンドに? 「東京ゲームショウ」で有識者が議論
家庭用ゲーム機の2大巨頭である「PlayStation」と「Xbox」。いずれも次世代機が11月に発売される。こうした背景を踏まえ「東京ゲームショウ2020」の専門セッションで有識者が今後のゲーム業界の動向について意見を交わした。(2020/10/1)

全てのハイエンドが“過去”になる――4Kゲーミングの最高峰「GeForce RTX 3080」先行レビュー
日本でも9月17日に発売する「GeForce RTX 3080」だが、その実力はいかほどなのだろうか。発売前日だが、「Fouders Edition」(リファレンスカード)を使って先行チェックする。(2020/9/16)

次世代Xbox、日本でも11月10日発売 上位機種「Series X」が4万9980円、下位機種「Series S」は3万2980円
価格は税別。海外と同発でうれしい。(2020/9/10)

新アーキテクチャ「Ampere」採用:
NVIDIAが「GeForce RTX 30シリーズ」を発表 8K DLSS対応の「GeForce RTX 3090」など3製品を順次投入
NVIDIAが、リアルタイムレイトレーシング対応GPUの新世代製品を発表した。先代の発売当初の価格をキープしつつ、性能を大幅に引き上げたことが特徴だ。(2020/9/2)

RISCの生い立ちからRISC-Vまでの遠い道のり:
RISC-Vの誕生 既存の命令セットアーキテクチャでは満足できなかった、その理由
いよいよ、連載タイトルにも入っている「RISC-V」の登場である。(2020/8/31)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「27インチiMac」は2020年にどんな進化を遂げたのか 初の10コアCPUモデルで性能を確かめる
外観は変わらないものの、中身は全面的なアップグレードとなった新型の「27インチiMac」。初採用となる10コアの第10世代Core i9をはじめ、ハイスペックな構成のテスト機でその性能をチェックした。(2020/8/14)

お手軽ゲーミングPCの道:
今ベストな「5万円台スト5PC」の形を再考する【追加ベンチマーク編】
2020年3月からスタートした本連載だが、この4カ月間で外部環境が大きく変化した。それらの最新動向をチェックしつつ、初号機のAMDモデルに加え、弐号機のIntelモデルを作り、格安ゲーミングPCの勘所を探った。(2020/7/31)

「京」以来9年ぶりの首位獲得:
スパコン性能で「富岳」が世界1位、初の同時4冠達成
スーパーコンピュータの性能ランキング「TOP500」が2020年6月22日(ドイツ時間)に発表され、理化学研究所と富士通が共同開発した「富岳」が世界1位を獲得した。日本のスパコンが1位となるのは2011年11月に先代の「京」が獲得して以来、9年ぶり。富岳は同日、「HPCG」「HPL-AI」「Graph500」でもそれぞれ1位を獲得し、世界初の同時4冠を達成した。(2020/6/23)

「これからの40年」がテーマ:
「VLSIシンポジウム2020」は初のオンライン開催に
2020年6月15〜18日(以下、特に記載がない限り全てハワイ時間)に開催される半導体デバイス/回路技術に関する国際会議「VLSIシンポジウム 2020」。本来は米国・ハワイで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、初のオンライン開催となる。VLSIシンポジウム委員会は2020年5月20日、記者説明会をオンラインで開催し、概要を説明した。(2020/5/22)

NVIDIA、データセンター向け新GPU「A100」発表 AI性能はV100の20倍
NVIDIAが、新GPUアーキテクチャ「Ampere」採用のデータセンター向けGPU「A100」を発表。AI性能はV100の約20倍。AWS、Microsoft Azure、Google Cloud、富士通などが採用を予定している。(2020/5/15)

GTC 2020 基調講演:
AIデータセンターの性能が20倍に、NVIDIAがAmpere世代のGPU「A100」を発表
NVIDIA CEOのジェンスン・フアン氏は、YouTubeでオンデマンド配信した「GTC 2020」の基調講演において、新たなアーキテクチャ「Ampere」を採用したGPU「NVIDIA A100」を発表した。(2020/5/15)

AMDがプロ向けGPU「Radeon Pro VII」を発表 デザインシミュレーション、4K/8K動画編集や高機能計算を想定
AMDが、プロ向けGPU「Radeon Pro」の新モデルを発売する。デザインシミュレーション、4K/8K動画や高機能計算(HPC)の3用途での利用を想定しているという。合わせて、デバイスドライバーやレンダリングエンジンも更新される。(2020/5/13)

お手軽ゲーミングPCの道:
PC版「ストV」を最高画質でストレスなく楽しめるモデルを5万円台で自作する方法――パーツ選定編
インテルが2020年に立ち上げるeSportsトーナメント「Intel World Open」。そのタイトルに採用された「ストリートファイターV」を満喫できるPCを作り、大会に打って出るまでの道のりをお届けする。(2020/3/26)

検知数が約2.2倍に向上:
「Yahoo!ニュース」の違反コメント対策に深層学習判定モデルを導入
ヤフーは、「Yahoo!ニュース コメント」で違反コメントへの対策をさらに強化した。新たに導入した「深層学習を用いた自然言語処理による判定モデル(AI)」によって、違反コメントの検知数が約2.2倍に向上した。(2020/3/10)

AIは“クソコメ”を撲滅できるのか:
ヤフーが“違反コメント”検知制度を2倍に向上 深層学習モデル活用で
ヤフーは、「Yahoo!ニュース」で違反コメントへの対策をさらに強化した。同社のスーパーコンピュータであるkukaiで、新たな判定モデルを実行したという。(2020/3/9)

マイクロソフトが「Xbox Series X」の新たな詳細情報を発表 歴代Xboxとの互換性も
かつてないパワーとスピードが特徴です。(2020/2/25)

「Xbox Series X」は12テラフロップスのGPU搭載で「Xbox One X」の2倍の性能
Microsoftが次期ゲーム端末「Xbox Series X」のスペックを発表した。12テラフロップスのGPUを搭載し、「Xbox One X」の2倍の性能を発揮するという。(2020/2/25)

今、あらためてPS5の姿を想像してみる CPUとGPUはどうなる編
現在あるデータから、2020年に登場予定の次期ゲームコンソール、PS5を予想。(2020/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。