ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Touch Bar」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Touch Bar」に関する情報が集まったページです。

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Pro」で一層際立つApple独自チップの価値 M1 Pro・Maxだけではない全面アップデートも注目
Apple独自の新チップ「M1 Pro」「M1 Max」を搭載した14インチと16インチの新しい「MacBook Pro」が登場。発表内容から、見た目も中身も大きく変わった新モデルを掘り下げていく。(2021/10/19)

おかえり「MagSafe」「SDカードスロット」――新型MacBook Proで復活したものと消えたもの
米Apple初のプロ向けプロセッサ「M1 Pro」「M1 Max」を引っ提げて登場したMacBook Pro。14インチと16インチの2モデル構成になり、2016年から続いたデザインも刷新された。それに併せて、USB Type-Cだけだった端子類がいくつか復活した。(2021/10/19)

M1 MaxとM1 Pro搭載:
16インチと14インチのMacBook Proが10月26日に発売 革新と復活を両立
Appleが10月18日(米国太平洋夏時間)、スペシャルイベントを開催し新型MacBook Proを発表、10月26日から販売を開始する。価格は14インチモデルが税込み23万9800円から、16インチモデルが29万9800円からだ。(2021/10/19)

MacBook Pro 14/16インチ登場 「M1 Pro」「M1 Max」搭載、Touch Bar廃止 約24万円から
米Appleは10月18日(現地時間)、新型ノートブック「MacBook Pro」の14インチモデル、16インチモデルを発表した。同社が開発した新型プロセッサ「M1 Pro」と「M1 Max」を搭載。デザインも刷新しており、ディスプレイの縁がより薄くなって専有面積が拡大した他、キーボードは「Touch Bar」を廃止。磁力でくっつく「MagSafe 3」、SDカードスロット、HDMI端子などインタフェースも拡充された。(2021/10/19)

米アップル、「M1 Pro」「M1 Max」搭載の新型MacBook Pro発表 SDカードスロット復活、Touch Bar廃止
米アップルが、新プロセッサ「M1 Pro」「M1 Max」を搭載した新型MacBook Proを発表。SDカードスロットやHDMI、「MagSafe」が復活した一方、Touch Barは廃止された。(2021/10/19)

B&O初のハイエンドゲーミングヘッドフォン「Beoplay Portal」を試す
Bang & Olufsen(バング&オルフセン)が同社初のゲーミングヘッドフォン「Beoplay Portal」を投入した。サウンドクオリティーや使い勝手はどうなのか、実機で試してみた。(2021/7/28)

Touch Barを廃しMagSafeを搭載したM1 MacBook Proが登場する?
Intel版MacBook Proは予定されていないようだ。(2021/1/15)

Mac用動画編集、もう1つの選択肢「Wondershare Filmora X」を試す
M1への最適化はされていないが、新たなビデオ編集ソフトがMacに対応した。(2020/12/31)

新連載「動画編集実務で計るM1 Macの実力」:
「Apple Silicon Macで4K編集」は実用に足るか?
技術ジャーナリストで映像技術者でもある小寺信良さんに、業務で使う動画編集でM1搭載MacBook Airがどの程度使えるのか、検証してもらった。(2020/11/30)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple M1」のMacBook AirとPro、Mac miniを3台まとめて実力チェック 驚異的な性能が明らかに
いち早く「Apple M1」搭載の新型Macに触れる機会を得たので、「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3台を横並びで性能評価してみた。同じプロセッサでも性能に違い出るのか、そしておすすめのモデルはどれなのか。(2020/11/17)

どのM1 Macを買う? Apple Silicon Macなら「これ一択」な理由
動画編集を多用する小寺信良さんのM1 Mac選びのポイントは?(2020/11/17)

Intelプロセッサモデルも併売:
「13インチMacBook Pro」がApple M1チップに移行して11月17日発売 税別13万4800円から
13型ディスプレイを搭載するMacBook Proが、Apple独自の「M1チップ」を搭載してリニューアル。特に機械学習の処理が高速化するという。Intelプロセッサモデルも引き続き販売される。(2020/11/11)

じっくり使って分かった:
iPad Pro用「Magic Keyboard」のよいところ気になるところ
Apple純正のiPad Pro用キーボードに、トラックパッド付きの「Magic Keyboard」が登場した。発売以降、供給不足が続いているが、従来のSmart Keyboard Folioとの違いは何なのか、11インチと12.9インチのそれぞれで比較した。(2020/6/22)

Appleの「MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 Ports) 」をマニアックに調べてみた
13インチMacBook Proのお宝流詳細レビューです。(2020/5/15)

モバイルdeワークスタイル変革:
テレワークをもっと快適に! タブレットやスマホでPCのディスプレイを拡張しよう
テレワークを快適にするツールの1つが、PC用の外付けディスプレイ。しかし、すぐに用意できるとは限らない。であれば、手持ちのタブレットやスマートフォンを使ってみるのはいかがだろうか?(2020/5/8)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「13インチMacBook Pro」下位モデルはMacBook Airより買い? 価格もサイズも近い2台のテストで分かった実力差
2020年5月4日に発表された新しい「13インチMacBook Pro」。いち早く下位モデルを入手したので、ディスプレイのサイズが同じで価格が近いMacBook Airと性能を比べてみた。(2020/5/7)

シザーキーボードが復活:
13.3型「MacBook Pro」がモデルチェンジ CPUは「第8世代」か「第10世代」から選択可能
MacBook Airに続いて、13インチMacBook Proが2020年モデルに移行する。新しいキーボードを搭載したことで操作性を改善した他、マルチメディア能力をさらに向上した第10世代Coreプロセッサを搭載するモデルも選択できるようにした。(2020/5/4)

MacBook Pro 13インチ、新式キーボードで刷新
16インチ版MacBook Pro、MacBook Airと同じく13インチもシザー構造に。(2020/5/4)

テレワークを少しでも快適に! ノートPCにサブディスプレイを付けてみよう
昨今の社会情勢から、急きょテレワーク(遠隔学習)をせざるを得なくなった人もいると思う。特に自宅でのテレワークを快適にしたいなら、「サブディスプレイ」の導入を検討すると良いだろう。気を付けるべき点と共に、利用方法をまとめた。(2020/4/14)

2020年版MacBook Airの外と内、いったいどこが変わったのか
MACお宝鑑定団流詳細チェック。旧モデルとどこが変わった?(2020/4/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」を試して分かった真の実力 2020年の“標準Mac”が誕生
2020年3月18日に発表された新型「MacBook Air」の実機を速攻でレビュー。旧モデルや「13インチMacBook Pro」と比較しながら、新たに採用した第10世代Coreの性能やMagic Keyboardの使い勝手をチェックしていく。(2020/3/20)

人気イラストレーターが徹底チェック:
Sidecarで液タブは不要に? refeia先生がガッツリ試したよ
iPadをMacの外部ディスプレイとして利用できるAppleのSidecarにより、PhotoshopもCLIP STUDIO PAINTもApple Pencilで操作可能になった。この“液晶ペンタブレットキラー”の登場により、イラスト界はどうなるのか? プロイラストレーターがガッツリと試した。(2019/12/23)

大画面化してescがついただけではない 16インチMacBook Proの実力をチェック
MacBook Pro (16-inch, 2019) 「究極」モデルの実力を詳細チェックしてみた。(2019/11/18)

Apple、16インチ「MacBook Pro (16-inch, 2019) 」を発表 Touch Barにescキー組み込む
新しいキーボードは「Magic Keyboard」と呼ばれている。(2019/11/14)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「16インチMacBook Pro」登場 プロ向けに再構築された新モデルを速攻レビュー
Appleがまたも新しい「Pro」モデルを投入。今度は大型化して性能を大幅に引き上げた「16インチMacBook Pro」だ。いち早く実機のインプレッションをお届けする。(2019/11/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「macOS Catalina」を導入して分かった“iPadとの一体感” iTunesの廃止は問題なし
Mac向け新OS「macOS Catalina」の正式版がリリース。iPadをサブディスプレイ兼ペンタブレットとして利用可能にする「Sidecar」をはじめとする注目の機能、そしてiTunesの廃止など、インプレッションをお届けする。(2019/10/9)

短期連載「Airと私」第1回:
「MacBook Air(Mid 2019)」ついに発売 搭載しているCPUは? SSDの性能は?
7月11日に発売された「MacBook Air(Mid 2019)」。その店頭販売モデルの上位構成を集中レビューする。第1回は、搭載しているCPUを確認しつつ、SSDの性能をチェックしていく。(2019/7/17)

全モデルがTunderbolt 3に:
AppleがRetinaディスプレイのMacBook Airを投入、価格は11万9800円〜 13型MacBook Proは全モデルTouch Barに
Appleが13.3型MacBook ProとMacBook Airの新モデルを発売。前者はスペック強化をしながら価格がダウン、後者はRetinaディスプレイやカラーバリエーションの追加が特徴だ。(2019/7/9)

第8世代クアッドコア搭載13インチMacBook Pro登場 Touch BarとTouch IDも搭載
Appleは第8世代クアッドコアプロセッサやTouch BarとTouch IDを搭載した「MacBook Pro (13-inch, 2019, Two Thunderbolt 3 Ports) 」を発表した。(2019/7/9)

従来モデルよりも処理速度を向上
新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か
Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。(2019/6/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「Mac Pro」「Pro Display XDR」は驚きの出来栄え 次期macOS「Catalina」はより便利に
米Appleの開発者会議「WWDC 2019」で実際にチェックして分かった、新「Mac Pro」と「Pro Display XDR」の驚くべき仕上がり、そして次期macOS「Catalina」に搭載される注目の新機能をまとめてお伝えする。(2019/6/8)

パブリックβは7月配信予定:
使い勝手を強化した「macOS Catalina」2019年秋に登場 iTunesアプリは3分割 iPadでマルチディスプレイも
macOSの新バージョンが2019年秋に登場する。iTunesアプリが3つのアプリに分割される他、iPadをサブディスプレイとして使う機能を始めとする使い勝手を強化する新機能が盛りだくさんだ。(2019/6/4)

AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」を刷新 15型モデルは「8コアCore i9」も選択可
AppleがTouch Bar付き「MacBook Pro」の新モデルを発売。15型モデルでは先日発表された第9世代Coreプロセッサを採用し、「8コア」も選べる。(2019/5/22)

新型「MacBook Pro」発表 最大8コア5GHzで動作
アップルは新型「MacBook Pro」を発表した。2018年モデルからCPUをアップデートし、15インチモデルには最大5GHzで動作する8コアCPUのオプションを用意した。(2019/5/22)

Chromium版「Edge」のmacOS向けプレビュー公開 デザインやショートカットをMacに最適化
Microsoftが次期Windows 10のアップデートで追加する予定のChromium版EdgeのmacOS版がCanary Channelでリリースされた。キーボードショートカットなどのUIやデザインがMacに最適化されている。(2019/5/21)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
フルサイズEOSの画質が手に入る入門機「EOS RP」
キヤノン「EOS RP」は、エントリーモデルだけどミラーレスEOSらしい使いやすさを実現。しかもフルサイズEOSの画質が手に入る。(2019/3/28)

「Appleは“Flexgate”を認めないままMacBook Pro(2018)を修正した」とiFixit
Appleは、Touch Bar搭載MacBook Pro(2016)のディスプレイにステージ照明のような光が漏れてしまういわゆる“Flexgate”問題について認めていないが、2018年モデルで原因となるケーブルを修正したとiFixitが分解結果を報告した。(2019/3/6)

2018年ベストガジェット:
達人レビュアーが選んだ2018年のイチオシPC
魅力的な新製品が登場した2018年。PC USERで数々の製品をレビューしてきた鈴木氏に「買わない選択肢がない」と言わせたのは……2018年ベストPCはこれだ!(2018/12/29)

13インチMacBook Pro搭載の一部SSDにデータ消失の可能性あり 無償修理を実施
Appleは、13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載モデル)に搭載されている一部の128GB/256GB SSDにデータ消失やドライブの故障を引き起こす可能性があると発表した。(2018/11/13)

一部MacBook Proにデータ消失の不具合 SSD交換プログラム開始
Appleが「13 インチ MacBook Pro (Touch Bar 非搭載) ソリッドステートドライブ修理プログラム」を開始した。(2018/11/12)

Appleが「iPhone X」と「13インチMacBook Pro」の無償修理プログラムを発表 一部製品に不具合を確認
どちらも使用する上で大きい不具合・症状なので一度確認しておきましょう。(2018/11/12)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新「MacBook Air」を検証して分かった“8年ぶり刷新”の成果
やっと投入された新しい「MacBook Air」の実機をいち早くレビュー。12型「MacBook」、13.3型「MacBook Pro」との比較も交えつつ、多角的にこの新モデルの実力を探る。(2018/11/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
新しい「MacBook Air」と「iPad Pro」に触れて感じた“違い”
「MacBook Air」と「iPad Pro」の新モデルが登場。「モバイル環境で使われるパーソナルコンピュータ」という領域では重なる要素を持つ、この2製品について実機に触れた印象をお伝えする。(2018/10/31)

新Mac miniとMacBook Air、iPad Pro 実機に触って分かったこと
MacBook Air (Retina, 13-inch, 2018) 、Mac mini (2018) 、iPad Pro 11-inch、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) 、Apple Pencil (2nd generation) のハンズオンに参加してきた。(2018/10/31)

「GPD Pocket 2」開封レビュー! 初代Pocketとの比較も
外も中もデキがいい。(2018/10/11)

macOS Mojaveの新機能と設定方法徹底解説
MACお宝鑑定団によるmacOS Mojave操作マニュアル。(2018/9/25)

次期MacBookはTouch ID搭載?
ミン=チー・クオ氏が次期MacBook、iPad Pro、Apple Watch Series 4について予想している。(2018/9/11)

ITはみ出しコラム:
「Mac mini」次期モデル、2018年秋に今度こそ出る?
現行の「Mac mini」が発売されたのは2014年10月。4年ぶりのモデルチェンジはあるのでしょうか?(2018/8/26)

Apple、「MacBook Pro(2018)」のサーマルスロットリング修正OSアップデート公開
Appleが、発売したばかりの「MacBook Pro(2018)」(15インチおよび13インチ)を対象とするmacOSの補足アップデートを公開した。複数のユーザーが指摘していた不適切なサーマルスロットリングの原因がOSのバグにあったとし、謝罪した。(2018/7/25)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
第8世代Coreの「MacBook Pro」選びで知っておきたいこと
ボディーデザインはそのままに、プロセッサの世代交代を果たした「MacBook Pro」。第8世代Core(Coffee Lake)による性能の向上はもちろんだが、それ以外にも進化した部分は少なくない。製品選びのシナリオを考えつつ、注目すぺきポイントをまとめる。(2018/7/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。