ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オーディオブック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オーディオブック」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

トライバルメディアハウスの「マーケティングの学び方を学ぶ塾」:
おすすめのビジネス書、人に聞くのはなぜ無意味? 複利を生む「読書術」を学ぶ
ビジネス書を読むことはコスパが悪いと言われますが、筆者は読書こそが「最強のインプット法」だと考えています。20代の頃に500冊ほどのビジネス書を読んできた筆者が、読むべき本の選び方や読書方法について解説します。(2024/3/13)

ギャル&地味子の放課後は超清純派のアイドル声優 テレビアニメ「声優ラジオのウラオモテ」本PVが公開
追加キャストとして長谷川育美さんと東山奈央さんの出演も発表。(2024/3/8)

「Googleアシスタント」で“使われていない”17の機能を削除へ 選択と集中で
Googleは、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」で「あまり活用されていない」17の機能を削除すると発表した。前日には同社がGoogleアシスタント担当者を含む数百人のリストらを発表している。(2024/1/12)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラ車に潜む「ファントムブレーキ」という“幻影” オーナーが実際に体験した一部始終
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、関越道で自動緊急ブレーキを食らった話、Teslaの自動運転、「Hey Siri」でModel 3を操作する、といった3件のネタを取り上げます。(2023/12/17)

オーディオブックの“倍速視聴”が話題 “等倍で聴く人いない”は本当か? 声優からは「衝撃」の声
オーディオブックの“倍速視聴”を巡り、Xで議論が巻き起こっている。声優・俳優の池澤春菜さんは、自身が朗読したオーディオブック作品に対して「倍速視聴を配慮して読み上げてほしい」という旨の感想があったことに対し、驚きの声を挙げている。(2023/11/29)

本を最もよく読む世代は? 「若者の読書離れ」実際は……
「半年に1冊以上本を読む」とした人は52%に上ったことが、マーケティング調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/9/21)

“目を使わない読書”ニーズ急増 ミドル・シニア世代で顕著
音声配信サービスを運営するオトバンクは、50歳以上のミドル・シニア世代を対象に読書週間調査を実施した。(2023/9/13)

英語、フランス語など6言語に対応:
Meta、個別のトレーニングデータがなくても音声を生成できるAIモデル「Voicebox」を発表
Metaは、個別のトレーニングデータがなくても音声を生成できる同社初の音声生成AIモデル「Voicebox」を発表した。(2023/7/4)

Meta、音声生成AIモデル「Voicebox」発表 ノイズ除去や言い間違い修正、多言語会話など多機能
Metaは、新たな音声生成AIモデル「Voicebox」を発表した。従来のTTSの20倍の速度で音声を生成するとしている。ノイズ除去や言い間違いの修正、英語のスピーチを声はそのままフランス語に変換するなどが可能だ。(2023/6/17)

Amazon、ポップなスマスピ「Echo Pop」(5980円)や「Echo Auto 第2世代」(7980円)などAlexa新製品を多数発表
Amazon.comは、Alexa搭載Echoシリーズのハードウェアを多数発表した。半球形のポップなスマートスピーカー「Echo Pop」は日本でも5980円で発売。Alexaを車内でハンズフリーで使うための「Echo Auto」は先代より小さくなって7980円だ。(2023/5/18)

子どものわいせつな自撮りをAIで検知する「コドマモ」登場 他のカメラアプリ使っても判別
子どものわいせつな自撮り画像をAIで検知するスマートフォンアプリ「コドマモ」が登場した。子どもに画像の削除を促すとともに保護者のスマホに通知を送る。(2023/4/5)

「Apple Music」「Apple TV」アプリのWindows版がまもなく登場?
Microsoft StoreのWeb版にWindows向けの「Apple Music」「Apple TV」「Apple Device」アプリの個別ページが用意されていることが判明した。現時点ではいずれも「プレビュー版」という扱いで、実際にダウンロードすることもできない。(2023/1/13)

「Apple Music」と「Apple TV」のプレビューがMicrosoft Storeに登場
Microsoft Storeに「Apple Music」と「Apple TV」のプレビュー版アプリが登場した。Microsoftが2022年10月に予告していたものだ。まだプレビュー版であり、これらをインストールすると現行のiTunesアプリの機能が制限される。(2023/1/13)

“AIナレーター”が読むオーディオブック、Appleが配信開始 電子書籍データからナーレションを生成
米Appleが、同社の電子書籍ストア「Apple Books」で、AIによる「デジタルナレーションブック」の配信を開始している。高度な音声合成テクノロジーと、言語学者、品質管理スペシャリスト、オーディオエンジニアのチームにより、電子書籍ファイルから高品質のオーディオブックを制作するという。(2023/1/6)

「AI岡田斗司夫に適当なことを喋らせよう!」 本人公認の無料ジェネレーター公開 「ひろゆきAI」に続き
AI音声合成サービスを提供するCoeFontが、岡田斗司夫さんの声を再現したAIに、好きな文章を読み上げさせられるジェネレーターを公開した。同社の技術を周知する取り組みの一環という。(2022/11/8)

2022年新語・流行語大賞のノミネート語が発表 「令和の怪物」「ルッキズム」「顔パンツ」など30語
年間大賞やトップテンは12月初めに発表される予定。(2022/11/4)

「オタクやっててよかったかよ。生きててよかったかよ」 アニオタROLAND、推しの諏訪部順一が自著の朗読決定で喜び爆発
“ROLAND(CV:諏訪部 順一)" が実現。(2022/11/1)

世帯年収で読書の関係:
高年収は平均年収の1.3倍本を読む 年収1000万円以上がよく読む本のジャンルは?
オーディオブック配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンク(東京都文京区)は、世帯年収1000万円以上の高世帯年収層と、500〜600万円未満の平均世帯年収層を対象に、読書事情の比較調査を実施した。(2022/10/31)

聴く本:
「オーディオブック大賞2022」発表 ビジネス書の大賞は?
オトバンク(東京都文京区)が運営するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」は10月23日、「オーディオブック大賞2022」を発表した。(2022/10/26)

Spotify、Podcastの偽情報対策でコンテンツモデレーションのKinzenを買収
SpotifyはコンテンツモデレーションのKinzenを買収した。Podcastやオーディオブックの潜在的なリスクに対処する目的だ。2020年から提携しているが買収することで取り組みを強化する。(2022/10/6)

Marketing Dive:
Spotifyの広告売り上げが伸び続ける“音楽配信以外の”意外な理由
Spotifyが2022年第2四半期の決算で前年同期比31%増と広告売り上げを伸ばしたことを発表した。デジタル広告業界全体が勢いを失いつつある中で同社の広告事業が成長を続ける秘密とは何か。(2022/9/16)

Twitterトレンド1位にも:
「ひろゆきに適当なことを喋らせよう!」 本人公認の音声ジェネレーターに反響 運営元「アクセス数が数十倍に」
「ひろゆきに適当なことを喋らせよう!」というコンセプトで生まれた音声サービス「おしゃべりひろゆきメーカー」がTwitterで注目を集めている。公開直後から反響があり、一時「おしゃべりひろゆきメーカー」がTwitterトレンド1位となるなど話題となっている。(2022/9/7)

「AIひろゆきに適当なことを喋らせよう!」 無料のジェネレーター公開 本人公認
AI音声合成サービスを提供するCoeFontが、AIで再現したひろゆきさんの声に好きな文章を読み上げさせられるジェネレーターを公開した。利用料は無料。同社の技術を周知する取り組みの一環という。(2022/9/5)

オトバンク調査:
「ワイヤレスイヤフォン」人気メーカー、3位「Anker」、2位「SONY」、1位は?
オトバンクは、オーディオブックユーザーを対象に「イヤフォン利用に関する調査」を実施した。オーディオブックユーザーが選ぶワイヤレスイヤフォンメーカー1位は「Apple(アップル)」だった。(2022/7/28)

小学館、オーディオブック市場に本格参入 文学作品の掘り起こしに注力
小学館は創立100周年を迎えるにあたり、オーディオブック市場に本格参入する。2023年には、累計1000作品の制作・配信達成を目指し、ラインアップを拡大していく。(2022/6/30)

Podcastを制したSpotify、次はオーディオブック市場に参入
Spotifyのダニエル・エクCEOは投資家向けイベントで、オーディオブック市場への参入を宣言した。音楽とPodcastに続けて、オーディオブックでも「勝ちに行く」としている。(2022/6/13)

WWDC22:
Appleのイベントで感じたリアルとアナログの適度なバランス そして日本の存在感
AppleのWWDC22がスタートした。2022年はオンラインだけでなく、一部の開発者やメディアなどが本社のApple Parkに招かれ、ハイブリッド形式で行われている。現地に飛んだ林信行氏が見たものとは?(2022/6/10)

ビジネス書を“10分で読める”アプリ「flier」提供元が6億円調達 法人向けで成長中
ビジネス書などを要約して配信するサービスを提供するフライヤーが、6億円の資金を調達した。資金は2019年に始めた法人向けサービスの拡大に充てる。(2022/5/27)

ソニーのワイヤレスイヤフォン「LinkBuds」を試す 穴あき構造は“ながら聴き”に向くのか
ソニーが2月25日に発売した「LinkBuds」を入手した。振動板の中心部がくりぬかれたドライバーユニットと「ソニー史上最小、最軽量」をうたうボディーが特徴だ。さまざまなシーンや音で聞き比べてみた。(2022/4/5)

小寺信良のIT大作戦:
TTSの発展は「誰でもオーディオブック」の世界を開くか 無料で商用利用もできる「VOICEVOX」の実用度
TTS(Text to Speech)の進化が著しい。これがオーディオコンテンツ作成にどう影響するのかを小寺信良さんが考察する。(2022/3/28)

仕事がはかどる「Windows 11」の機能【後編】
Windows 11で「Android」アプリを動かす“夢”がついに現実へ
米国では「Windows 11」の2022年2月の累積更新プログラムで、「Android」アプリケーション実行機能のパブリックプレビュー版が利用できるようになった。どのような機能なのか。(2022/3/25)

モビリティサービス:
ホンダとソニーは2025年に何を発売? 他社と共同開発中のサービスとのすみ分けは
ホンダとソニーグループは2022年3月4日、会見を開き、共同出資会社を設立してEV(電気自動車)の共同開発や販売、モビリティサービスの提供に取り組むと発表した。ホンダが持つ自動車の開発や製造、アフターサービスの実績と、ソニーのイメージセンサー、通信、ネットワーク、エンターテインメント技術、センサーなどの強みを持ち寄り、モビリティとサービスを開発する。(2022/3/7)

10.3型の電子ペーパー搭載タブレット「HUAWEI MatePad Paper」発表
HuaweiはE-Ink採用タブレット「HUAWEI MatePad Paper」を発表した。10.3型の電子ペーパー画面に「M-Pen」で文字やイラストをかける。欧州での価格は499ユーロ(約6万4000円)。(2022/3/1)

外出中でも声だけで自宅の家電を操作できる「Echo Buds」(第2世代)を試して分かったこと
群雄割拠状態の完全ワイヤレスイヤフォンだが、ついにAmazonの「Echo Buds」の最新世代が日本で発売される。実機を試して分かったこととは何か。(2022/2/28)

TechTarget発 世界のITニュース
SkillsoftがCodecademyを5億2500万ドルで買収へ サービスはどう変わる?
企業向けにオンライン学習サービスを提供するSkillsoftは、個人向けオンライン学習サービスCodecademyを運営するRyzacを買収する。この買収で、利用企業にとって何が変わるのか。(2022/2/14)

会員プランに「聴き放題」を追加:
Audibleが月額1500円を維持しつつビジネスモデルを転換する訳
「オーディオエンターテインメント」を掲げ、オーディオブックや音声コンテンツの制作/配信サービスを手がけるAudible(オーディブル)が発表会を開き、新たな取り組みを明らかにした。(2022/1/28)

Amazonのオーディオブック「Audible」が聴き放題に、価格は据え置き 27日から
米Amazon.com傘下のオーディオコンテンツサービスAudibleが、オーディオブックの聴き放題サービスを始める。既存の会員プランの内容を拡張し、12万以上のオーディオブックが聞き放題になる。料金は月額1500円のまま、27日から提供を始める。(2022/1/26)

声のプロに音声合成AIの品質はどう映る 声優・森川智之さんが語る“技術への向き合い方”
声優の森川智之さんは小学館のプロジェクトでその声をAIとして保存した。声のプロから見たAI音声合成の質について森川さんは「まだまだ問題はある」としながらも技術の発展については好意的だ。(2022/1/24)

Appleの有料サブスク契約者が7億4500万に到達
Apple Musicのロスレスオーディオ配信曲数は9000万曲を超えた。(2022/1/11)

Androidにこの冬追加予定の7つの新機能 BMWの「デジタル・キー」対応など
Googleは、Android端末で使えるようになる7つの新機能を紹介した。Googleアシスタントの「ファミリーベル」や新ウィジェットなどだ。BMWの「デジタル・キー」にも一部機種が対応する。(2021/12/3)

Audibleが2021年の利用動向調査を発表 「自宅」利用がトップに
Audibleは、同社が提供するAmazon オーディオブック配信サービス「Audible」の2021年利用動向調査の結果を発表した。(2021/11/22)

Spotify、Podcastの次はオーディオブックを強化 Findaway買収
Spotifyは、オーディオブックの作成・販売を手掛けるFindawayを買収する。Podcastに続けてオーディオブックでもそのプレゼンスを強化する狙いだ。(2021/11/12)

コロナ禍で3割が「オーディオブックの利用増えた」と回答 最もオススメしたい作品1位は?
オーディオブックで最もオススメしたい作品1位は?(2021/11/2)

数日かかった点字への翻訳を数秒で、ベンチャーが点訳エンジン開発 音声読み上げでは賄えないニーズとは
東京工業高等専門学校の学生が立ち上げたベンチャー企業、TAKAO AIは、画像データから文字を認識し、自動で点字に翻訳する点訳エンジン「:::doc」(てんどっく)を開発。試用版をデモサイト上で無料公開している。(2021/10/21)

ホンダの新型車、ナビに直接「Googleマップ」表示へ スマホ不要に
ホンダがGoogleと車載サービスで連携。スマホを使わず、ナビ画面から直接Googleマップなどを利用できる。(2021/9/24)

声優・森川智之の声をAIで再現、オーディオブックの一部を無料公開 小学館など2社
スタートアップのYellstonが、小学館と協力して、声優・森川智之さんの声を再現した音声合成AIで読み上げたオーディオブックを無償公開した。「小学館が進める、あらゆる出版物の音声化を目指す活動を受けて協力した」(Yellston)という。(2021/9/7)

リクルート創業者の肖像【前編】:
ノンフィクションで5万部突破 『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』著者に聞くヒットの理由
リクルートの創業者、江副浩正氏の生涯をたどったノンフィクションが売れている。ジャーナリストの大西康之氏が1月に上梓した『起業の天才! 江副浩正 8兆円企業をつくった男』(東洋経済新報社)はすでに5万部を突破した。ヒットの背景を、著者の大西康之氏に聞いた。(2021/8/12)

Google、Androidアプリ手数料を15%にする「Play Media Experience Program」
Googleが、資格と要件を満たす開発者のアプリストア手数料を15%に下げる新たなプログラムを発表した。動画、オーディオ、書籍関連アプリ開発者は「Play Media Experience Program」に参加を申し込める。(2021/6/28)

成長し続けるためのチームづくり:
PR:会員200万人突破のオトバンクが切り開く「新たな出版市場」 久保田社長に聞く“耳のスキマ時間”争奪戦の勝算
(2021/6/17)

19歳の学生社長が音声合成サービス開発、3日でユーザー5万人 AIの勉強はWeb授業とインターンで
19歳の大学生がAIベンチャーを立ち上げ、音声合成サービス開発。ユーザーは3日で5万人以上が集まった。AIの勉強はWeb授業やインターンで学んだというが、どんな背景でサービスの開発に至り、今後どのように展開していくのか。(2021/5/27)

PR:オーディオブック ListenGo 最新書籍、人気書籍のオーディオブック配信中


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。