ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「成果主義」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「成果主義」に関する情報が集まったページです。

【中編】徹底リサーチ! 伊藤忠商事の人的資本経営:
伊藤忠「フレックス制をやめて朝型勤務に」 それから10年で起きた変化
2013年にフレックス制度を廃止し、朝型勤務制度や朝食の無料提供の取り組みを始めた伊藤忠商事。それから約10年が経過したが、どのような変化が起きているのか。(2024/3/26)

「リスキリング後進国ニッポン」で成功するために、必要な2つの戦略
国内でもさまざまなメディアがリスキリングを取り上げるようになりましたが、取組状況は諸外国に比べれば依然として遅れています。ビジネスパーソンが必ずしも勤務先に頼らず、効果的なリスキリングを行うには、どのようなことに気を付けるべきでしょうか。(2024/3/6)

「ゆるい職場」vs.「厳しい職場」 転職希望者が望むのは?
働く環境への見直しに注目が集まっている中、ビジネスパーソンは転職をする際どのような環境を選ぶのか。また、企業風土とキャリアの関係性についてどのような意識を持っているのか。ライボ(東京都渋谷区 )の調査機関「Job総研」が調査を実施した。(2024/2/29)

社長の移住に1000万円、従業員にも……広島県知事がインパクトある誘致策にこだわる納得理由
広島県の企業誘致が好調だ。広島県庁のトップに、企業誘致に注力する事情や成功の要因を聞いた。(2024/2/29)

武勇伝を聞かせてもらおうじゃないか:
お悩みその25 働かない50代同僚に腹が立つ(31歳 男性 組み込みエンジニア)
なあ、何で世間はお年寄りを大切にするか知ってるか? それはな、歴史ある生き物には利用価値があるからなんだよ!(2024/2/26)

「管理職は残業代ナシOK」、実は誤解 法令の正しい意味を知る
【Q】課長に昇進した従業員から「残業手当も休日勤務手当も支払われなくなった結果、昇進前より手取り給与が少なくなった」とクレームがありました。他の企業でもよく聞く話ですし、問題はないですよね?(2024/2/21)

“キラキラ若手”が会社を辞める3つの要因
就業者の幸せな活躍にとって重要な社会へのエンゲージメントを「ソーシャル・エンゲージメント」という。このソーシャル・エンゲージメントという概念を用いながら、若者の仕事意欲の低下や離職リスクなどについて解説する。(2024/2/6)

「ジョブ型成功には企業の覚悟が不可欠」 "脱年功序列"の活路はどこにある?
多くの日本企業が直面している根本的な問題は、日本が少子高齢化している中、若手従業員を雇用すること難しくなっていることだという。年功序列を辞めるためにやるべきこととは何か。(2023/12/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
若者こそ「忘年会したい!」 それでも昭和の上司が勘違いしてはいけないワケ
「忘年会に参加したい派」の割合が最も多いのは20代──そんな驚きの結果が、Job総研の調査で明らかになった。コロナ禍の影響で「人と会って話したい」欲望を持つ若者が増えているようだ。しかし、何のためにどのような忘年会をやるのか、部下とどのようにコミュニケーションすべきかについて、気を付けるべきこともあって……。(2023/12/8)

大物音楽プロデューサー、35歳年下妻と2歳児育児で世代間ギャップ 「昔は良かった」「だから同世代の人と付き合うべき」と反響さまざま
松田聖子さんの楽曲も手掛けた超大物。(2023/11/27)

「映画 すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ」レビュー 資本主義社会で大人が忘れがちな大切なメッセージ
行き過ぎた「成果主義」の問題も描かれる。(2023/11/12)

裁判例を交え解説:
初任給40万円超、でも残業80時間込み ベンチャーで増える給与形態、狙いや法的問題は?
サイバーエージェントが昨年、残業代80時間分を含む形で新卒の初任給を42万円に設定した発表は記憶に新しいでしょう。9月には人材事業などを手掛けるベンチャー企業・レバレジーズが同様の発表をしました。固定残業時間と大幅な初任給引き上げを実行する企業の思惑を、判例とともに考えてみたいと思います。(2023/10/31)

最低賃金「1000円突破」を歓迎すべきではない、これだけの理由
2023年の法定最低賃金の目安が決まり、全国平均で初めて1000円を超えることが確実になりました。マスコミはこれを歓迎する論調で一色に染まっています。しかし、筆者はこの風潮に待ったをかけたいと思います。欧米に目を向けると、最低賃金制度は必ずしも必要ではないと言えます。(2023/9/27)

スピン経済の歩き方:
損保ジャパンとテレビ局はなぜ似ているのか 「ヤバい取引先」をかばう会社の特徴
テレビ局とジャニーズ事務所の「もたれあい」に厳しい批判が寄せられている。どういうことかというと……。(2023/9/5)

「辞めたけど良い会社」ランキング 外資系2位「グーグル」、1位は?
「OpenWork(オープンワーク)」を運営するオープンワークは、退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社」ランキングを発表。外資系企業と日系企業でそれぞれ1位に選ばれたのは?(2023/8/27)

「社内雑談力」の極意:
「社内コミュニケーション」が転換期を迎えている、3つの要因が関係
日本企業の「社内コミュニケーション」は転換期を迎えている。その背景には、3つの要因が複雑に関係していて……。(2023/8/23)

日本女性の給料が低いワケ 本当に“男女差別”のせい?
女性の社会進出が進んできた今でも、賃金には男女差があります。日本では女性は男性に比べ、およそ4分の3の給与しかもらえていません。これは果たして、不当な差別によるものなのでしょうか。(2023/8/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ビッグモーター不正 日本で「法律よりも重んじられているモノ」の正体
ビッグモーターの不正は、なぜ起きたのか? 報告書を読み解くと、不正が行われるまでどのような力学が働いていたのかが見えてきます。同社の中で、法律や顧客への道理よりも重んじられていたモノとはいったい何なのか──?(2023/7/26)

「上の指示は絶対」の組織はハラスメントが起きやすい 風土をどう変えていくか
ハラスメントへの組織的施策の中でも「組織風土の改善」は、重要だが困難な組織課題の一つだ。ハラスメント対策としての組織風土改革は、どう進めていけば良いのか。(2023/7/20)

スピン経済の歩き方:
なぜ「ビッグモーター」で不正が起きたのか レオパレスや大東建託との共通点
テレビCMでお馴染みのビッグモーターの不正が明らかになった。保険金を水増し請求するために、信じられない行為が行われていたわけだが、なぜ「買取台数日本一」の企業が不正を働いたのか。ビッグモーター、レオパレス、大東建託には共通点があって……。(2023/7/19)

役員報酬「従業員の40倍」 賃金横ばいの30年で、なぜ格差は開いたか
過去30年間にわたり、多くの国内企業は給与の引き上げに消極的でした。その一方で役員報酬は上がっており、格差が拡大しています。「役員は自分に都合よく報酬を設定している」との疑いの声は、本当なのでしょうか。(2023/7/6)

日本のリアル産業を救う“エッジAI最前線”:
カスハラ防止に“革命”も! エッジAIマイク×ChatGPTが描く未来の接客
暴言、理不尽なクレーム、威嚇や脅迫まがいの言動など、顧客や取引先による接客時の迷惑行為「カスタマーハラスメント」。こうした課題は、エッジAIによって解決の糸口が見える可能性がある。と筆者は話す。(2023/6/29)

「経営が不安定」それでもベンチャーで働きたい──なぜ?
「経営が不安定」「自分には合わない」──ベンチャー企業やスタートアップ企業への転職において、こうした印象を抱いている人はいずれも8割を超す。しかし一方で、転職活動中の正社員の2割ほどはベンチャー企業やスタートアップ企業に興味を示している。こうした人々は、どんなことを期待しているのか。(2023/6/22)

実際よりも給料を“盛って”いる? 定額残業代を導入する企業の思惑
残業手当対策として導入している企業も多い「定額残業代」。サービス残業のような違法性は全くないものの、「なんだかおかしい」と感じているビジネスパーソンもいるのではないでしょうか。(2023/6/14)

中途入社した人に聞いた:
「人事評価が適正な企業」ランキング 2位「プルデンシャル生命保険」、1位は?
転職・就職のための情報プラットフォームを運営するオープンワークは、「人事評価が適正な企業ランキング」を発表した。(2023/6/2)

働き方の「今」を知る:
テレワーク率が減少 「できるのに続けない」企業は悪なのか?
多くの企業で「出社回帰」がトレンドとなっている。5類移行のタイミングとはいえ、なぜ旧弊に退化するような方針を打ち出す企業が相次いでいるのだろうか。テレワーク「できるのに続けない」企業の腹の内とは?(2023/6/2)

徹底リサーチ! 丸井の人的資本経営【後編】:
丸井が思い切って「個人の成果評価」を辞めたら、どうなった?
個人の成果評価を辞め、チームの成果を追う形式に評価制度を改革した丸井グループ。導入前には「チーム内で頑張っている人と、そうでもない人が同じ評価になるのは理不尽ではないか」と危惧する声が多かった。それでも、思い切って個人の成果評価を辞めた理由とは? その結果はどうなったのか?(2023/5/19)

転職活動中の300人に聞く:
ベンチャーへの転職「興味あり」は約2割 期待・懸念することは?
ベンチャー・スタートアップ企業への転職に興味があるのは22.3%。そんな結果が、転職エージェントのキープレイヤーズ(東京都港区)が実施した調査で分かった。(2023/5/17)

パーソル総合研究所調べ:
不正に関与した経験「あり」13.5% 不正が起きやすい2大業種は?
パーソル総合研究所(東京都港区)は、企業の不正・不祥事に関する調査を実施した。不正に関与した、または見聞きした経験がある人は13.5%だった。(2023/5/16)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
約3割が経験、深刻な“五月病退職”──社員を救えない企業に「足りないこと」は?
毎年多くの人が悩む五月病。働く人の半数以上が1度は五月病を経験しており、放置しておくと休職や退職にもつながってしまいます。五月病から早く立ち直れる社員とそうでない社員は、何が違うのでしょうか。また、社員を救えない企業に足りないこととは?(2023/5/12)

不正が発生しやすくなる要因とは:
部長クラスが「最も不正に近い」 パーソル総合研究所が企業の不正、不祥事に関する調査結果発表
パーソル総合研究所は、全国の就業者を対象に実施した「企業の不正、不祥事に関する定量調査」の結果を発表した。不正や不祥事は就業者のストレスを高め、主観的な幸福感を下げるという。(2023/5/9)

ありがたい話なのか:
相次ぐ賃上げ表明は、いよいよジョブ型賃金時代の到来か
大企業を中心に賃金アップの表明が相次いでいる。もはや給与アップができることが一流企業の証であるかのような雰囲気ですらある。当然これは働き手にとっては大歓迎の話だ。 しかし、本当にビジネスパーソンにとってありがたい話なのだろうか。(2023/3/2)

32%が「賃上げしない・できない」:
中小企業の「賃上げしない」宣言 “踏み切らない”のには2つのワケがあった
インフレによる物価高騰が激しい昨今、大企業を中心に賃上げに踏み切るニュースが増えました。一方、中小企業は32%が賃上げは「実施しない・できない」と回答しています。「賃上げしない宣言」の裏にある2つの理由を解説します。(2023/2/27)

「不真面目」DXのすすめ:
「VUCA時代」を言い訳にしていませんか?
複雑性や不確実性を示す「VUCA」は最近メディアでよく見かける言葉の一つですが、筆者は「明治維新期よりも今の方がVUCAの時代なのか」と疑問を投げかけます。なぜ最近になって人々は複雑性や不確実性をより強く感じるようになったのでしょうか。また、VUCAを仕事上の“言い訳”に使う人への筆者のメッセージとは。(2023/2/10)

賃上げにつながるのか?:
インフレ手当を「一時的なブーム」で終わらせる、日本の4つの悪習
物価上昇を受け、企業がインフレ手当を支給したとする報道が増えています。賃上げを実施する企業も出ている中、あくまで一時金であるインフレ手当を出すことで、賃上げのストッパーとなってしまう恐れはないのでしょうか?(2023/2/8)

経営者なら知るべき「成果の高い社員は何をしているのか」「2:6:2」の法則でできない2割の社員を叱るだけでは意味がない
優秀な社員はなぜ優秀なのかを可視化できるかどうか、それが社員の成長、そして業績向上のポイント。(2023/1/25)

7割が不満:
「ボーナスに不満な社員」に対し、経営者がやるべきたった1つのこと
今年も多くの会社で年末ボーナスが支給されましたが、会社員の中には支給額に対して不満を持つ人も多いようです。こうした社員の不満を抑える方法について考えます。(2022/12/23)

リモートワーク総論:
リモートか、出社か――人も組織も“持続可能”なこれからの働き方とは?
総務省によると、日本の全企業の51.9%が何らかの形でリモートワークを導入しています。長らくみんなで同じ場所で働いてきた私たちに、リモートワークはどうやって浸透していったのでしょうか。どのような環境に変わっていったのでしょうか。(2022/11/30)

オープンワークが調査:
女性社員の30歳時点の想定年収が高い企業ランキング 3位「P&Gジャパン」、2位「電通」、1位は?
女性社員の30歳時点の想定年収が高い企業ランキングを発表した。OpenWorkに蓄積された女性社員の年収・給与データを元に作成している。25歳から40歳にかけての年収アップ額が大きい企業も発表。(2022/11/25)

「失われた30年」に欧米企業はやっていた:
成長企業は知っている、人的資本経営で「外部アピールよりも重要なこと」とは?
人的資本開示とやらに取り組まなければ、投資家からの評価を得られなくなるらしい──。そんな危機感を原動力に、多くの企業の経営層や人事職が今、「人的資本経営」の取り組みに向けて情報収集している。(2022/11/16)

「残業=頑張っている」から「残業=無能」へ──変わりゆく働き方が示す、残酷な現実
コロナ禍による働き方の変化や法改正の影響により、残業の在り方が変化している。かつては頑張っている証だった残業だが、現在はそのように捉えられることが減っているようだ。残業にまつわるデータと各社人事部からのヒアリングを集めると、変わりゆく働き方が示す「残酷な現実」が見えてくる。(2022/11/4)

厳しい“この先数十年”で起こること:
「給料が上がらない国」ニッポンで生き抜くには、「80歳まで転職」が必要なのか?
物価高の影響もあって、賃金が上がらないことへの関心が高まっています。過去30年間の賃金は、見事に上がっていません。この状態から抜け出すために、ビジネスパーソンと企業は今後、それぞれどう動くのでしょうか。(2022/10/27)

Q&A 総務・人事の相談所:
「目標未達に慣れた」社員たち やる気に火を付ける、たった1つの方法
【Q】売上高と経常利益の目標を立てていますが、いまだに一度も達成したことがありません。社員は達成できないことに慣れてきたように感じます。何か良い方法はありませんか。(2022/9/30)

マネジメント力を科学する:
第6回:コロナとジョブ型に翻弄されるマネジャー達の悩みと、だからこそ気を付けたいこと
コロナ禍で「メンバーマネジメント」「コミュニケーション」「管理」が難しくなり、マネジメントとして当然やるべきことやこれまでやってきたことが、難しくなっている。(2022/9/21)

不確実な世の中にどう対応するか?:
富士通・時田隆仁社長に聞く「ジョブ型組織への変革」
富士通は4月、「ジョブ型人材マネジメント」の考え方に基づく新たな人事制度を、国内グループの一般社員4万5000人向けに導入した。経営的には22年の営業利益を4000億円と強気の数字を掲げている。時田隆仁社長にその意図と、今後の展望を聞いた。(2022/9/15)

なぜ「週休3日制」は不人気なのか――「柔軟な働き方」に関する調査
クアルトリクスの調査によると、最近話題に上る「週休3日制」よりも他の施策の方が勤労者の支持をより多く集めていることが分かった。企業は自社の働き方施策が従業員のニーズや期待に沿ったものかどうかを検討する必要がありそうだ。(2022/9/12)

Q&A 総務・人事の相談所:
DX人材の求人に既存社員が「高すぎる!」 反発を防ぐには、どうすればいいのか
【Q】DX人材の採用のため、既存社員を大幅に上回る給与を用意して求人広告を掲載予定です。ただ、すでに長い間頑張ってくれているIT系の社員たちから、「中途の人にあれだけ高い給料を払うのは納得しかねる」と反発されないかどうか心配です。【A】求人広告を出す前にまず……(2022/8/29)

“サボりのプロ”によるテレワークと出社に関する意見話題に サボりへの意識の高さが一周してかっこいい……?
過度な監視や干渉は逆効果になりうるとも……。(2022/8/23)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
退職か、働かないおじさん化か──50代社員を“用済み”扱いする社会のひずみ
大手企業に勤める男性は、52歳で会社から早期退職を勧められた。さらに異動も命じられており、残された選択肢は、退職か、働かないおじさん化か──。男性のインタビューから、「働かないおじさんの問題」の正体に迫る。(2022/8/12)

Q&A 総務・人事の相談所:
「聞いていた給料より低い!」 手取りかと思ったら、総支給額だった──会社は補填すべき?
最近採用した社員から、「給料が入社前に聞いていた金額と違う」と抗議を受けました。面接の際に当該社員が言っていたのは税金や社会保険料を差し引いた「手取り」であり、人事担当が言ったのは税金や社会保険料を引かない総支払額でした。賃金を上げなければいけないでしょうか?(2022/8/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。