ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貯蓄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貯蓄」に関する情報が集まったページです。

三井住友銀、ネットバンキング未利用者に手数料 紙通帳にも年550円 来年4月の新規口座から
三井住友銀行がペーパーレス化で新手数料。来年4月以降に新たに口座を開設する顧客が、ネットバンキング未設定かつ2年以上取引がなく、残高が1万円未満の場合、年1100円を貯金残高から差し引く。同月以降に新規口座で紙の通帳を利用する場合、年550円の手数料を取る。(2020/10/7)

40代男性は厳しい:
「預貯金0円」は13.7%、お金を持っていないのは?
大和ネクスト銀行は「貯蓄と投資に関する調査」を実施し、その結果を発表した。預貯金をどのくらい持っているか聞いたところ……。(2020/9/28)

ゆうちょ銀行で決済サービスを使った不正出金 「ドコモ口座」を含む6サービスで確認される 高市総務大臣が明らかに
NTTドコモの「ドコモ口座」を使った銀行預金の不正出金が話題となっている中、ゆうちょ銀行において同サービスを含む6つの決済サービスを使った貯金の不正出金が確認された。高市早苗総務大臣が記者会見で明らかにした。【追記】(2020/9/15)

“シニア向け”では売れぬシニア市場:
1960年生まれが自覚する精神年齢、平均48歳――最も嫌な還暦祝いは「赤いちゃんちゃんこ」
還暦の人の実感する精神年齢は48歳。「自分のことを若く感じる」シニア層が多い結果に。貯蓄額平均は3000万円超。(2020/8/17)

貯金の流れをカレンダーで可視化できる! 貯金アプリ「OsidOri」と「TimeTree」がサービス連携を開始
貯金の進捗が分かりやすくなる。(2020/7/8)

“いま”が分かるビジネス塾:
好況でないのに30代貯蓄急増、それでも老後が安泰でない深刻な訳――肝心の「経済成長」どう果たす?
好景気とは言えない中で特に30代の貯蓄が急増。老後生活の成立には貯蓄だけでは不足と筆者は指摘。消費者不安の中で必要な経済成長を果たす秘訣とは?(2020/5/26)

「お袋の貯金は兄妹で分ければいいよな?」借金1億円を母親に肩代わりさせた兄の発言に相談者激怒「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「遺留分」の強さよ……。(2020/4/13)

20〜40代の転職希望者に聞く、現在の預貯金額は?
現在、転職活動をしている20〜40代の男女は、預貯金をどのくらい蓄えているのだろうか。(2020/3/28)

「息子さん男前」「素敵すぎて泣ける」 スザンヌ、“500円玉貯金”していた息子からの“一生の宝物”に感涙
一生の宝物だな。(2020/3/24)

男性よりも女性の方が貯金上手?:
社会人1年目、どれくらい貯金している? 最も多かった金額は……
社会人1年目の貯金に関す調査結果が発表。みんないくらくらい貯金している? 男性よりも女性の方が貯金上手のようだ。(2020/3/5)

新生「auじぶん銀行」始動 2020年の事業戦略や大型キャンペーンを整理する
auじぶん銀行が2月10日、戦略説明会を開催。臼井朋貴社長が、今後の事業戦略や、同日から実施している「auじぶん銀行、はじまる。行名変更キャンペーン」などについて説明した。KDDI、auフィナンシャルグループとの連携を進め、貯蓄から資産形成へのサポートを加速させていく。(2020/2/10)

「ゆうちょPay」アプリに残高確認機能が追加 2月3日から
ゆうちょ銀行のスマホ決済サービス「ゆうちょPay」アプリに、残高確認機能が追加される。ゆうちょPayにひも付けた普通貯金口座の残高をリアルタイムに表示することが可能だ。(2020/1/28)

今日のリサーチ:
10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。(2020/1/23)

ビジネスパーソンの貯蓄額、最も多かったのは?
じぶん銀行は全国のビジネスパーソンを対象に、「資産運用」に関する調査を実施し、その結果を発表した。ビジネスパーソンの貯蓄額を聞いたところ……。(2020/1/19)

キャッシュレス決済が増えた県は?:
貯蓄上手の福島県、お賽銭をたくさん入れる愛知県、消費増税で我慢する岩手県――47都道府県の「お金」意識が明らかに
ソニー生命保険が発表した「47都道府県別 生活意識調査2019」の集計結果。福島県の人に倹約志向が強い傾向があり、消費増税後に買いたいものを我慢するようになったのは岩手県の人に多かった。年末年始の消費に関する予算の違いも明らかになった。(2019/12/18)

2019年冬のボーナス、もらえそう? もらえる人も7割が「貯金する」と回答、将来への不安が原因で
旅行や買い物は、いまやぜいたく?(2019/12/16)

6割弱の人が1カ月に使えるお金は「3万未満」 貯金をする人は1割と、理想と現実に差
貯金、したいなあ……。(2019/11/12)

約4割が「自分の結婚のために貯蓄」している? 結婚観の男女差が相手に求める貯蓄額にも
なお約7割の人が相手がいない模様。(2019/10/16)

幼児教育・保育の無償化で軽減されるお金は「子どもの将来のための貯蓄」へ 高まる保護者の教育志向
堅実さに時代を感じる。(2019/10/7)

転職バーのハルカさん(15):
PR:好きなだけじゃダメなのよ――ブラッディ・メアリーの決意
貯金はないし、彼女もいない。転職活動はうまくいかないし、有給休暇も使い果たしてしまった。ナイナイ尽くしのシュウヘイの前に現れたのは、アルアル尽くしのゴージャスな美魔女。う〜ん、デラックス!(2019/8/1)

あおぞら銀行がスマホ向け新サービス「BANK」を開始 金利0.2%、Visaデビット決済が可能
あおぞら銀行が、7月16日からスマートフォンを軸とした個人向けサービス「BANK」を開始した。キャッシュカード一体型のVisaデビットカードを作成でき、このデビットカードでの利用額に応じて自動で貯蓄するサービスも提供する。BANK支店限定という年0.2%の高金利も特徴だ。(2019/7/16)

貯金がないなら、働けばいいじゃない:
生涯独身のフリーランスは、4883万円と持ち家がないと最悪老人ホームレスになる(かもしれない)
老後のために2000万円貯蓄しないといけないだって? エンジニアなら2年でそんなのためてみせますよ。(2019/7/11)

目的は「老後の備え」が最多:
あなたの貯金はいくら? 半数以上が「100万円以下」
カードローン情報サイトを運営するLeadingTechが「貯金実態調査2019」を発表した。(2019/7/4)

60歳の貯蓄額は「平均2956万円」 一方で4人に1人が「100万円未満」の格差
「老後2000万円不足」問題が取り沙汰されていますが……。(2019/6/12)

還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円 ただし67%が2000万円以下
老後の生活費として年金以外に必要だといわれる貯蓄2000万円。還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円だったが、7割弱が2000万円以下だった。さらに100万円以下と答えた人も4人に1人いた。PGF生命が調査した。(2019/6/12)

おやつを貯金してほしいニャン 飼い主さん手作りのダンボールATMの中で遊ぶ無邪気なネコちゃん
なんてかわいいATM。(2019/6/5)

投資のきっかけは仮想通貨? なぜ若者はビットコインを買ってしまうのか
「投資のきっかけは仮想通貨のリップルを買ったことです」。金融庁は貯蓄から投資へのシフトを促し、各社が若年層向けの投資商品や金融教育を推進している。ところが、若者にとって投資の入り口になっているのは皮肉にも仮想通貨だ。(2019/5/27)

これならかわいくてたくさん貯金できそう? 猫好きさん待望の弐千円札風ネコ紙幣のグッズが登場
お待たせしました!(2019/5/26)

今の小中学生は堅実派? お小遣いの使い道、「お菓子」「貯金」派が「ゲーム」派上回る
バンダイが、小中学生のお小遣いに関する調査結果を発表。親が与える1カ月分の平均額は2036円だった。使い道は「お菓子やジュース」がトップで、「ゲームソフト」などを上回った。(2019/5/20)

貯蓄「ゼロ」は約2割に 平均は「1293万円」 明治安田生命の家計調査
給与に満足している人も少ない結果に。(2019/4/29)

新年度の目標額:
昨年1年間の貯蓄額はいくら? 「0円」が4割
昨年1年間で、貯蓄額はどのくらい増やせましたか? 20〜60代の男女に聞いたところ「0円」(39.8%)と答えた人が最も多いことが、JCBの調査で分かった。(2019/3/31)

キャッシュレス派は貯金が増やせる? 現金派と比べ貯蓄増加額は2.4倍
意識が高いから、とか?(2019/3/29)

ウェルネスを応援するポイントサービス「ウェルちょ」 ブロックチェーンで安全性も担保――三井物産ら、共同実証へ
三井物産は、健康を意識した買い物でポイントがたまる共通ポイントプログラム「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」を開始。たまったポイントでマッサージや健康診断などを受けられる。システム基盤には、IBMのブロックチェーン技術を活用し、高い改ざん耐性やセキュリティを担保した。(2019/2/14)

よかったことを紙に書いて小銭と一緒にビンにためる ステキな“貯金”に「やってみたい」の声続出
日々ポジティブに過ごせそう。(2019/1/5)

平均は340万円:
30代の収入と預貯金はいくら?
30代の人って、どのくらい貯めているのだろうか。30〜39歳の人に聞いたところ、最も多かったのは「50万円未満」だったが、2位は……。LeoSophia調べ。(2018/12/25)

「LINE家計簿」アプリ公開 「今日使える金額」を自動計算
LINE Payが「LINE家計簿」の提供を始めた。収支から「今日使える金額」を自動計算する機能など、貯金をサポートする機能を備える。(2018/11/13)

投資への関心も高め:
「ミレニアル世代」は貯金好き? 生まれ育ってきた厳しい環境が影響か……
調査会社マクロミルがお金に関する意識調査を実施した結果、こんな実態が浮かび上がった。1980年〜2000年代初頭生まれのミレニアル世代は、他の世代と比べて貯金への意識が高いという。(2018/10/2)

「満期を過ぎた郵便貯金を放っておくとおろせなくなる」 新聞広告で注意呼びかけ 「知らなかった」と反響
郵政民営化前に作った口座の通帳を確認してみましょう。(2018/9/21)

今年の新人は“堅実派”:
夏のボーナスは出た? 何に使った? 新入社員に聞いた結果は
アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティーが、社会人1年目の約200人に行った初ボーナスに関する調査結果を発表。使い道の1位は男女ともに「貯金」と、堅実な人が多いことが分かった。(2018/9/6)

CEDEC 2018:
“実写にしか見えない”3DCG女子高生「Saya」、制作者の愛 「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」
「貯金を切り崩しながら制作を続けてきた」——3DCGの女子高生キャラクター「Saya」を制作する「TELYUKA」(テルユカ)の石川友香さんはそう話す。2015年にネット上で「実写にしか見えない」と話題になり、18年にはAI(人工知能)技術と融合したプロジェクトも披露された。TELYUKAがSayaに込める思いは。(2018/8/24)

マネーの達人:
夏のボーナス、使っていいのは何割? 後悔しない「使い道の割合」とは
夏のボーナスの使い道は決まりましたか? 満足感を得て、後悔しないためには、どの程度使って、貯蓄に回すのが良いでしょうか。おすすめの「使い道の割合」を紹介します。(2018/7/20)

デートの支払いはキャッシュレスでスマートに:
キャッシュレス派は貯蓄上手 平均貯蓄額「87.6万円」
キャッシュレス派の方が現金派より貯蓄上手――JCBが実施したキャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査でこんな結果が出た。(2018/3/20)

キャッシュレス派と現金派で“貯金格差”か 貯蓄増加額に2.7倍の差 JCB調べ
「キャッシュレス派は現金派と比べて貯金上手」――JCBがこんな調査結果を発表した。(2018/3/19)

貯金は「取り崩す」、それとも「切り崩す」? 間違えやすい日本語
どっちでもいい気もするけど、間違いたくはない。(2018/2/5)

2018年のお年玉事情は? もらった額は小中学生平均で約2万4000円、使い道は「貯金」が37.7%でトップに
なお、全額を自由に使える子は35.2%、1円も使えない子が13%。お金の管理に厳しい親が多い?(2018/1/31)

「地獄とコインのカーニバル」 藤崎マーケットのトキ、仮想通貨流出で全貯金を失う
望みは捨てないで!(2018/1/27)

前年よりも675万円増加:
20代、定年退職後も安心して暮らせると思う貯金額は「5055万円」
20代、定年退職後も安心して暮らせると思う貯金額は「5055万円」――SMBCコンシューマーファイナンス調べ。(2017/12/5)

マネーの達人:
やってませんか? 貯金体質の人が絶対やらない7つの習慣
なかなかお金がたまらないのはなぜでしょうか? 貯金できる人がやっていない、7つの習慣をご紹介します。(2017/8/31)

マネーの達人:
夫婦別勘定はお金がたまらない 責任者交代制のススメ
夫婦別勘定の共働き世帯が増えていますが、貯金をしたいなら最悪の選択です。今回は、その理由と効果的な貯金方法について解説します。(2017/7/28)

30〜40代既婚男女の世帯貯蓄額:
貯蓄額の二極化 「1000万円以上」「100万円以下」同数
貯蓄額が二極化している。4人に1人が「貯蓄1000万円以上」の一方で、4人に1人は「貯蓄100万円以下」の状態になっている――楽天市場調べ。(2017/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。