アップル、WWDC 2011を6月6日に開幕iOSとMac OSの未来をプレビュー

» 2011年03月28日 22時41分 公開
[ITmedia]

 アップルは3月28日、世界開発者会議「Worldwide Developers Conference 2011」を6月6日から6月10日に米国サンフランシスコのMoscone Westで開催すると発表した。

 リリース文には「iOSとMac OSの将来を披露する」(フィル・シラー氏)とあり、モバイルデバイスの開発者とMacの開発者に向けて、同社のエンジニアによる100以上のテクニカルセッションが実施される予定。また、既報の通り、2011年夏にはMac OS X Lionの発売がひかえているほか、これまでWWDCでは新型iPhoneが発表されており、そちらの動向も気になるところだ。

 参加チケット(1599米ドル)は、Apple Worldwide Developers Conference 2011の公式Webサイトで購入できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年