ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ボーナス」最新記事一覧

キャリアニュース:
冬のボーナス平均額――製造系エンジニアは139万円で職種別2位
「fabcross for エンジニア」が「2017年冬のボーナス」に関する調査結果を発表。職種別の冬のボーナス平均額トップ3は「素材・化学系エンジニア」「製造系エンジニア」「教育・保育関連職」だった。(2018/1/12)

冬ボで買うならマウスコンピューター:
PR:パソコン初心者は迷ったらコレを買え! コスパ抜群の高性能ノート「m-Book T」徹底レビュー
冬のボーナスで新しいパソコンの購入を検討している人は多いはず。「とにかく安く」「何をしたいのか分からないけれど、何でもしてみたい」、そんなパソコン初心者の漠然としたリクエストに応えられるのがマウスコンピューターだ。(2017/11/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバに異変? Coffee Lake枯渇の裏側
Coffee Lakeの流通状況に異変が起きている。Core i5を中心に中間クラスのモデルがどこにも在庫がない状況で、「冬のボーナス商戦前としては前代未聞」との声も。(2017/11/27)

5年ぶりの減少:
冬のボーナス 大手の平均額は……?
今年の冬のボーナス、大手の平均額は? 経団連調べ。(2017/11/7)

マウス、売れ筋モデルを集めた「冬のボーナス特集」ページを公開
マウスコンピューターは、同社製PCブランド「mouse」「G-Tune」「DAIV」の各サイトで「冬のボーナス特集」ページの公開を開始した。(2017/11/6)

前年同期からマイナス:
冬のボーナス、東証1部企業は平均71万円
冬のボーナス、東証1部企業は平均71万円――労務行政研究所調べ。(2017/10/24)

「受給予定」8割超:
2017年夏のボーナス、平均は?
2017年夏のボーナス、支給される? 支給予想額の平均は?――マクロミル調べ。(2017/5/9)

正社員同様、年2回支給:
マックスバリュ西日本、アルバイトにもボーナス支給
マックスバリュ西日本は、パートやアルバイトにも賞与を支給する新たな人事制度を導入する。(2017/3/24)

平均は72万円:
冬のボーナス、どのくらいだったら転職しない?
2016年の冬のボーナス、どのくらいもらいましたか? 25歳、30歳、35歳の転職意向のある正社員に聞いたところ……。マイナビ調べ。(2017/1/25)

総理は418万円:
国家公務員、冬のボーナスはいくら?
国家公務員に12月9日、冬のボーナスが支給された。気になる金額は?(2016/12/9)

大手企業は93万円:
冬のボーナス、中小企業で働く人はどのくらい手にするの?
経団連がまとめた冬のボーナス調査によると、民間企業大手の1人当たりの支給額は昨年比0.84%増の92万7892円。4年連続で増加しているが、中小企業の支給状況はどうだろうか。大阪シティ信用金庫が調べたところ……。(2016/12/9)

SIM通:
冬のボーナス商戦でおすすめ!高性能SIMフリースマホまとめ
これまでの「安く、そこそこの性能」の機種から、最近は「そこそこの価格で、高性能」な機種も充実してきたSIMフリースマホ。価格が上がり「失敗したくない」と思う方も増えると思います。そこで、今回は各メーカーのハイスペックスマートフォンをまとめました。(2016/12/9)

今年の冬のボーナス 大手の平均額は?
今年の冬のボーナス額は? 経団連調べ。(2016/11/15)

夏のボーナス、どのくらいもらった?
今年の夏のボーナス額は?――マイナビ調べ。(2016/8/24)

夏のボーナス、新入社員はどのくらいもらっている?
この春就職した新入社員は、夏のボーナスをどのくらいもらっているのだろうか。東証1部・2部に上場している企業を中心に聞いたところ……。産労総合研究所調べ。(2016/7/11)

51%の家庭で「夏のボーナスは出ない」
「夏のボーナスが出た」という人も多いと思うが、どのくらいの世帯が支給されているのだろうか。電子チラシサービスを利用している既婚女性に聞いたところ、5割は「支給されない」と回答した。凸版印刷調べ。(2016/7/7)

中小企業で働く人、夏のボーナスはどのくらいもらえるの?
今年の夏のボーナスはどのくらいもらえるのか。気になっている人も多いと思うが、大阪シティ信用金庫が大阪に拠点を置く中小企業にボーナスの支給状況を調査した。それによると……。(2016/6/24)

サイコム、BTO購入時にCrucial製SSDを最大4000円引きする「夏のボーナスキャンペーン!」
サイコムは、同社製BTO対応PC購入者を対象とした「夏のボーナスキャンペーン!」を開始した。(2016/6/17)

都内にある企業の夏のボーナス、いくら?
東京都は、都内にある1000の労働組合を対象に、夏のボーナス要求・妥結状況を集計し、その結果を発表した。(2016/6/14)

「夏のボーナスがアップしそう」な業種は?
昨年の夏のボーナスと比べて、今年の支給額に変動はありそうですか? 591社に聞いたところ……。エン・ジャパン調べ(2016/6/9)

白物家電だけどカラフル:
独身男性におすすめ“ちょっとプレミアム”な白物家電4選
「いい物を長く使いたい!」なんて人は、ちょっとプレミアムな白物家電を買ってみるといいかもしれません。夏のボーナスの使い道や誰かのプレゼントに。(2016/6/3)

夏のボーナス「支給額アップに期待」はたったの2割
マクロミルが今年の夏のボーナスに関する調査結果をまとめた。(2016/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
10万円超のグラフィックスカードがサクサク売れそうな冬ボの季節
冬のボーナス期はハイエンドグラフィックスカードが売れ筋候補によく挙がる。それを見越してか、先週末は複数社からこだわりのGTX 980 Tiカードが登場した。(2015/12/14)

冬ボで買いたいデジタル家電、4Kテレビが人気――MM総研調査
MM総研は12月10日、「ITデジタル家電購入意向調査」の結果を発表した。ボーナス支給額は改善傾向が続き、購買意欲も昨年冬や今年の夏に比べて回復傾向にあるという。(2015/12/10)

マウスコンピューター、ダイレクトショップ限定「冬のボーナスセール第2弾」を開始
マウスコンピューターは、同社直販ショップ限定セール「冬のボーナスセール第2弾」の開催を発表した。(2015/12/9)

PC USER 週間ベスト10:
冬ボーナスの使い道は決まりましたか?(2015年11月30日〜12月6日)
今回のアクセスランキングは、「Surface Pro 4」のパフォーマンス検証記事やWindows 10関連の記事が人気でした。(2015/12/7)

週末アキバ特価リポート:
512GB SSDが1万6480円! 冬ボ狙いの週末特価が熱い
冬のボーナスシーズンに突入し、思い切った週末特価が目立つようになってきた。なかでも500GB級SSDと8TB HDD、DDR3/4メモリの特価に注目してみたい。(2015/12/5)

マウスコンピューター、ダイレクトショップ各店で「冬のボーナスセール」を開始――11月21日から
マウスコンピューターは、SSD搭載モデルなどを中心とした特価モデルを用意する店頭セール「冬のボーナスセール」の開催を発表した。(2015/11/20)

Weekly Access Top10:
冬のボーナス前倒し
新人記者、ゲームの腕前はイカほど?(2015/11/16)

マウスコンピューター、デュアルストレージ搭載特価モデルなどを用意したWeb限定「冬のボーナスセール」
マウスコンピューターは、同社Web直販限定セール「冬のボーナスセール」の開催を発表した。(2015/11/9)

Weekly Access Top10:
冬のボーナスの使い道が決まったな!
先輩は「買わない! 買わないぞ!」でしたが、後輩は「買います! 買っちゃいます!」みたいです。(2015/9/14)

銀座で学んだこと:
出世した人、出世しそうな人に共通する“断崖絶壁法”とは
夏のボーナスが支給され「何を買おうかなあ」と考えている人もいるのでは。年齢や環境によってお金の使い道は変化しますが、経営者や役員など、出世された方々は若かりしころにお金をどのように使っていたのでしょうか。(2015/7/27)

週刊「調査のチカラ」:
悲報:サラリーマン世帯の主婦に聞く夏のボーナス、「夫に小遣いを渡さない」が過半数
お子さんや学生は夏休みのシーズンですが、日本経済が回るのも額に汗して働く人あってこそ。苦労が報われたりそうでもなかったり人生いろいろですが、今週も各種調査のまとめをお楽しみください。(2015/7/25)

マウスコンピューター、買い得モデルを増量した「夏のボーナスセール第二弾」
マウスコンピューターは、同社Web直販限定セール「夏のボーナスセール」の第二弾を開始する。(2015/7/1)

夏のボーナスの使い道、“貯蓄”が約4割に
あなたは夏のボーナスをどのように使いますか? 20歳以上の男女に聞いたところ「2014年夏・冬のボーナスに引き続き「預金・貯金」が最も多い。ロイヤリティ マーケティング調べ。(2015/7/1)

Weekly Access Top10:
夏のボーナスと物欲
ほしいものをあげたらキリがないです。記者の仕事はほしいものに出合いすぎるので困ります。……買わない! 買わないぞ!(2015/6/29)

マウスコンピューター、限定特価モデルを各種用意したダイレクトショップ限定「夏のボーナスセール」――6月27日から
マウスコンピューターは、同社直販店舗“ダイレクトショップ”限定となる特価セール「夏のボーナスセール」の開催を発表した。(2015/6/26)

夏のボーナス「増額予定」は33%、エン・ジャパン調べ
昨年の夏のボーナスに比べて、2015年の支給予定額に変化はありますか? 中途支援サイト「エン 人事のミカタ」(運営:エン・ジャパン)を利用している企業に聞いたところ……。(2015/6/23)

アーク、おトクなクーポンが使える「BTOパソコン夏のボーナスセール」――6月30日まで
タワーヒルは、同社製PC購入時に利用できるオンライン割引クーポンを配布する「アークBTOパソコン夏のボーナスセール」を開始した。(2015/6/18)

パソコン工房、PCが最大3万円オフになる「夏のボーナスセール」
ユニットコムは、同社製PCを特価で提供する「夏のボーナスセール」を開始した。(2015/6/5)

東証1部上場企業、夏のボーナス平均は?
民間調査機関の労務行政研究所は5月7日、東証第1部上場企業122社を対象にした「夏のボーナス妥結水準」を集計し、その結果を発表した。(2015/5/7)

マネーの達人:
冬のボーナス、お得な預け先はココ! 高金利ランキングまとめ
今回は、銀行の高金利ランキングと、今冬のボーナスキャンペーンについてまとめました。(2014/12/11)

冬のボーナス、大企業で働く人は89万円……大阪の中小企業は?
経団連がまとめた調査によると、大企業で働く人に支給される冬のボーナスは89万円で、2年連続で増加するという。では、中小企業で働く人にはどのくらい支給されるのだろうか。大阪シティ信用金庫調べ。(2014/12/9)

賞与の見通し:
冬のボーナスはいくら? サラリーマン、国家公務員の平均は
円安の影響を受け株価が上昇しているが、冬のボーナス支給額はどうなるのか。主要シンクタンクが試算したところ……。(2014/11/11)

夏のボーナスで購入したいビジネスアイテムは?
夏のボーナスで購入したいビジネスアイテムは? 20〜30代のビジネスパーソンに聞いた。THE SUIT COMPANY調べ。(2014/7/4)

サイコム、“Devil's Canyon”搭載モデルの受注を開始、夏のボーナスキャンペーンも
8月3日までPC購入時の送料が無料に。(2014/6/20)

LINEユーザー自作スタンプに反響 人気の「返事をくれない彼氏追い込むスタンプ」、1日で「夏のボーナスが来た感じ」に
LINEで使えるユーザー自作スタンプの販売がスタート。審査が追いつかないほど多くの作品が寄せられており、人気スタンプの作者は丸1日で「夏のボーナス」程度の売り上げがあったという。(2014/5/12)

2014年夏のボーナスはいくら? 東証1部上場企業
民間調査機関の労務行政研究所は5月8日、東証第1部上場企業を対象に夏のボーナスの妥結金額を発表した。(2014/5/8)

最新タブレットレビュー:
冬ボで欲しいアップル製品――「iPad Air」編
年末商戦向けに投入されたアップル製品を冬のボーナスで購入しようと検討している人は多いはず。「冬ボで欲しいアップル製品」の第1回はiPad Airを取り上げる。(2013/12/16)

人気のゲーミングPCが3万1500円引き:
マウスコンピューター、「第2弾 冬のボーナスセール2013」実施中
大容量メモリ/HDDの無料アップグレードや3万1500円引きの高性能ゲーミングPCなど、お得なモデルが目白押し。(2013/12/5)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。