ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「通勤」最新記事一覧

“超大型”台風23号、関東甲信は23日明け方に直撃か 通勤・通学への影響も
関東甲信では23日の明け方から朝にかけて最も接近、直撃する恐れ。(2017/10/22)

洋服の青山、見た目は革靴のまま足への負担を軽減する「走れる革靴」発売 靴底にはブリヂストンのタイヤ技術
スポーツ庁による「スニーカー通勤」推奨を受けての新スタイル提案です。(2017/10/5)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京都政「時差Biz」は「都民ファースト」ではない
東京都が実施した「時差Biz」キャンペーンを覚えているだろうか。通年キャンペーンだと思ったら、7月11日から2週間のキャンペーンだった。「満員電車を解消するために、2週間の早朝通勤を試してみませんか」という話だ。このキャンペーンで、都民は満員電車から解放されただろうか。(2017/8/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東京圏主要区間「混雑率200%未満」のウソ
お盆休みが終わり、帰省先から首都圏に人々が帰ってきた。満員の通勤通学電車も復活した。国も鉄道会社も混雑対策は手詰まり。そもそも混雑の認定基準が現状に見合っていないから、何をやっても成功できそうにない。その原因の1つが現状認識の誤りだ。(2017/8/18)

ロンドンへの通勤路線など:
JR東日本、英国で鉄道運営へ 運営権を獲得
JR東日本と三井物産は、英国で鉄道事業の運営権を獲得した。ロンドンへの通勤路線などを担当する。(2017/8/10)

キャリアニュース:
テレワーク経験者の67%が「引き続きテレワークで働きたい」と回答
転職支援サービス「エン転職」が、「テレワーク」についての調査結果を発表。テレワーク経験者は5%だった。通勤時間が有効活用でき、育児や介護との両立がしやすいことなどを理由に、経験者の67%が引き続きテレワークで働きたいと回答した。(2017/7/28)

リタイアは近づくが…:
103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
日本人なら一度は乗ったことがある電車だろう。高度成長期から平成の時代まで、関西や首都圏などの通勤、通学輸送を担った103系は、ローカル線でまだまだ元気だ。(2017/7/26)

103系は死なず 支線、ローカル線でまだまだ現役
関西や首都圏などの通勤、通学輸送を担った103系。主要路線からの撤退が続いているが、ローカル線でまだまだ元気だ。(2017/7/26)

IIJmio meeting 16:
格安SIMの通信速度が遅くなる要因は何か
格安SIMは、通勤時やランチタイムなどに速度が遅くなりやすい。通信速度はなぜ遅くなるのか。そもそも通信速度はどのようにして測っているのか。IIJmio meetingでIIJの基盤開発課長 掘高房氏が説明した。(2017/7/24)

夕夜間と対に:
小田急、朝の通勤時間帯ロマンスカー愛称を決定
小田急電鉄は朝の通勤時間帯に運転する特急ロマンスカーの愛称を決めた。(2017/7/14)

「こんなクソ暑いのに通勤するほうが頭おかしい」 → 人間のかわりにクマのぬいぐるみに出社させる夢のシステム「VR出勤」爆誕
いずれ全スタッフがクマに。(2017/7/12)

通勤ラッシュ緩和狙い:
東急、朝6時台に臨時特急「時差Bizライナー」運行
東急電鉄が、朝6時台に運行する臨時特急列車「時差Bizライナー」を田園都市線に期間限定で導入すると発表。通勤ラッシュの緩和が狙い。(2017/6/27)

東急、通勤ラッシュ緩和へ新施策 その名は「グッチョイモーニング」
東急が朝の通勤ラッシュを緩和する取り組み「グッチョイモーニング」を7月に始める。(2017/6/27)

スピン経済の歩き方:
日本人が「通勤地獄」から抜け出せない、歴史的な背景
暑くなってきたので「満員電車」が辛くなってきた。「働き方改革を実現しよー」「時差出勤をしよー」と叫ばれているのに、なぜ“通勤地獄”は解消されないのか。その歴史をひも解いてみると、意外な事実が……。(2017/6/27)

あす 関東から西 数年に一度の大雨か
通勤や通学の時間帯は特に注意が必要です。(2017/6/20)

小田急ユーザー集まれ〜! 遅延状況がリアルタイムに分かる「小田急アプリ」登場 新宿駅のトイレの空き状況も
通勤、通学で使う人は、インストールしておくと便利そう。(2017/6/9)

スキマ時間で英語が身に付く? カシオの「デジタル英会話学習機」を試す
通勤・通学などのスキマ時間を使って、紙の教材やスマホアプリで英語を学んでいる人は多いが、こんな専用ガジェットがあるのをご存じだろうか。今回はカシオが発売した最新モデルを実際に試してみた。(2017/5/31)

“痛勤”地獄から逃れたい 企業があの手この手
首都圏の通勤ラッシュ解消のために、鉄道各社はもちろん、都心に位置する会社も知恵を絞っている。(2017/5/31)

「通い方改革」:
全席指定の通勤電車が浮き彫りにする東西格差
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めている。(2017/5/9)

座って通勤……指定席列車に“東西格差”
鉄道各社が通勤・通学客向けに全席指定座席の導入を進めているが、その裏には関西経済の寂しい事情も。(2017/5/9)

京王の新型「5000系」9月デビュー 「座れる通勤電車」対応
まずはロングシートの通常列車として運行を始める。(2017/4/27)

JR東、朝の通勤ラッシュ緩和へ 「混雑しやすい車両」改札ディスプレイに表示
早朝に駅構内のNewDays、KIOSKなどで買い物すると、抽選でSuicaポイントがもらえるキャンペーンも。(2017/4/24)

関東 朝の通勤時に雨や風ピーク
30度超えも。(2017/4/17)

ベビーカーでも利用しやすい西武鉄道の新型通勤車両「40000系」を見てきた 3月25日から運行開始
みんながうれしい「やさしい」電車。(2017/3/13)

東京五輪に向けて継続実施:
満員電車解消「快適通勤ムーブメント」今夏実施へ
小池百合子東京都知事は2月24日、「快適通勤ムーブメント」の今夏実施を発表した。時差出勤、フレックスタイム、テレワーク導入や、時間差通勤によるポイント付与キャンペーンや混雑の見える化を行い、満員電車を解消する。(2017/2/27)

小池都知事、満員電車の解消に「快適通勤ムーブメント」を実施 2020年東京オリンピックに向け
鉄道利用者と鉄道事業者が連携して取り組む運動となります。(2017/2/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤ライナー」の価格はもったいない
西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が直通の有料座席指定列車を走らせる。新型車両まで用意した。そこて再び鉄道会社の「通勤ライナー」という施策が注目されている。良いアイデアだけど、惜しい。もう一工夫ほしい。(2017/2/24)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(21):
大阪編:東京には負けへんで!――関西圏で働くエンジニアの給与水準、家賃、通勤時間、電車の混雑率
大阪といえば、お笑い、たこ焼き、ヒョウ柄のおかん――いえいえ、それだけじゃないんです。大阪は、エンジニアが住みやすく働きやすい街なんです。(2017/2/10)

Android版Googleマップに新機能 1タップでリアルタイムに通勤情報が見られる
即座に最短ルートを見られるように。(2017/2/8)

座って通勤――西武の指定席列車は「S-TRAIN」 3月25日から運行
西武線などを運行する指定席列車の名称が「S-TRAIN」に。運転ダイヤなども発表した。(2017/1/11)

西武鉄道、東京メトロなど4社が提携:
有料の“座れる通勤列車”、3月末から運行開始
今年3月25日から、有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行が始まる。西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道の提携によって実現し、平日は所沢〜豊洲間、休日は西武秩父〜元町・中華街間を運行する。(2017/1/10)

関東24日朝、積雪や凍結に注意 都心の最高気温は3度
関東では24日朝の通勤時間帯、平地でも雪が降る可能性。予想最高気温は東京都心で3度に。(2016/11/23)

「Google Play Music」に機械学習採用プレイリストやオフライン再生機能強化
Googleの音楽サービス「Google Play Music」のローリングアウト中のアップデートで、ユーザーの行動に合わせたプレイリストがリアルタイムで表示されるようになる。例えば通勤中、勉強中、ランニング中など向けのプレイリストを機械学習によって提示する([設定]でのオプトインが必要)。(2016/11/15)

SIM通:
BIGLOBE SIM、新技術の導入で混雑時の通信速度を最大2倍に高速化
ビッグローブは、「BIGLOBE SIM」において、通勤帰宅時などの通信集中時の通信速度を最大2倍高速化することに成功したと発表した。NECの技術「Traffic Management Solution(TMS)」を世界で初めて採用し、実現しているという。(2016/10/21)

睡眠時間が最も短い都道府県は神奈川県 通勤・通学時間の長さが影響?
睡眠時間が最も短い都道府県は神奈川県――総務省調べ。(2016/10/7)

通勤・通学時間が長い都道府県は? 1位は「1時間40分」のあの県
通勤・通学時間が長い都道府県は?――総務省調べ。(2016/10/5)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(12):
島根編:通勤は自転車、ランチは出雲そば――松江っ子エンジニアのIターンライフ
家電量販店がない! 三菱東京UFJ銀行のATMがない! でもね……U&Iターンの理想と現実をお届けする本連載。島根編第2回は、通勤や住宅事情などの「松江市に住み、働くということ」のリアルをお届けします。(2016/9/16)

マネーの達人:
通勤中にケガをしたら? 労災保険が使えるケースと使えないケース
通勤時にケガをした場合、会社が加入している労災保険が適用になります。しかし、すべての通勤について適用されるわけではありませんので注意が必要です。(2016/8/30)

台風10号、関東最接近は30日午前 交通機関に影響の恐れ
非常に強い台風10号は、あす8月30日の朝、関東に接近する見込みです。通勤の時間帯に雨や風が強まり、交通機関に影響が出そうです。(2016/8/29)

今週の天気 台風直撃 首都圏も警戒
台風9号は22日(月)に東海から関東に上陸の恐れ。雨や風のピークは22日昼前から夜。通勤の帰宅時間帯とも重なるため交通機関の乱れをはじめ低い土地の浸水など厳重警戒。(2016/8/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「電車には乗りません」と語った小池都知事は満員電車をゼロにできるか
東京都知事選挙で小池百合子氏が圧勝した。小池氏が選挙運動中に発した「満員電車をなくす、具体的には2階建てにするとか」が鉄道ファンから失笑された。JR東日本は215系という総2階建て電車を運行しているけれど、過酷な通勤需要に耐えられる仕様ではない。しかし小池氏の言う2階建てはもっと奇抜な案だ。そして実現性が低く期待できない。(2016/8/5)

中小企業に月額9500円で「スマート」な鍵、Suicaで労務管理も
通勤で使うSuicaをオフィスの鍵にできる、後付けスマートロックが登場する。月額制のレンタルで従業員数の少ない中小企業の労務や防災、省エネなどオフィス運営を効率化する。(2016/7/7)

西武、東急、東京メトロが有料の座席指定列車 2017年春から
西武鉄道の新型通勤車両「40000系」のロング・クロスシート転換車両を使用。(2016/6/16)

Google傘下のWaze、ベイエリアで相乗り通勤サービス「Carpool」のテストを開始
Google傘下のソーシャルナビゲーション企業Wazeが、Wazeアプリを使った相乗り通勤サービスのパイロットプログラム「Waze Carpool」をカリフォルニアのベイエリアで開始した。(2016/5/17)

JR東、駅に「宅配受取ロッカー」 通勤・通学の途中で荷物が受け取れる
6月ごろから設置。(2016/5/10)

R25スマホ情報局:
歩きスマホの新社会人「通勤の邪魔」の苦情殺到
スマホにどっぷり浸かってきた世代の新社会人。彼らの歩きスマホやスマホ中毒の状態に苦情が殺到している。(2016/4/7)

東京メトロが2016年度の月替わりポスターを発表 今年も楽しい通勤通学ライフが送れそうです
今年は「漢字」です。(2016/3/30)

新宿駅に大きなふわもこポムポムプリン「だきつきプリン」が出現 通勤通学途中に抱きついて癒されよう!
3月7日から13日までの1週間限定。(2016/3/7)

週刊「調査のチカラ」:
アイドル市場1186億円、今どきの「オタク」ビジネスはどうなっている?
通勤時間帯を大雪が直撃。電車の運行状況をSNSで知るのも当たり前になりました。そんなTwitterの利用状況からオタク市場まで、今週も「調査のチカラ」で振り返ります。(2016/1/23)

雪の影響で“エクストリーム出社”に 首都圏の鉄道網が大混乱
通勤・通学の難易度が跳ね上がっていました。(2016/1/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。