ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

「NISA」最新記事一覧

少額投資非課税制度

関連キーワード

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの私からお金のアドバイス
本コラムでは、新社会人の皆さんに向けて、マネーや資産運用、ライフプランなどについてアドバイスさせていただきます。(2016/4/26)

4月1日から:
4月からこう変わる やや厳しい春になりそうだ
4月1日から自動車に関連する税の一部や、国民年金保険料の負担が重くなる。加えて、食卓塩が24年ぶりに値上げされるなど、価格改定も相次ぐ。(2016/4/1)

マイナンバーのせいで証券口座の新規開設が激減!?
1月は、証券口座の新規開設数が大きく減少したようだ。株価急落に加え、マイナンバー制度の運用開始による戸惑いも見逃せない背景となっている。(2016/3/3)

会社員のあなたも対象です――投資で損した人、得した人の確定申告
確定申告が必要なのは個人事業主だけではありません。投資で収入を得ている会社員のすべきこと、お得にするためにチェックすべきことを解説します。(2016/2/29)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
NISAはお勧めできない? 意外と知らないNISAの落し穴
2016年1月からNISA口座の預け入れ限度額が120万に増え、ジュニアNISAもスタートして話題になっているNISA。そんなNISA口座のデメリットとは……?(2016/1/8)

マネーの達人:
「定期預金は元本割れしないから安心」は間違い
財形貯蓄や自動積立定期預金などを利用して、コツコツとお金をためている人は少なくないでしょう。しかし、インフレが進むと「元本保証だから安心」とは言えません。お金の価値を考えることが、資産運用のポイントです。(2015/10/8)

お金もセンス:
シニアの不安は「お金」だけなのか 与えられた「10万時間」という恐怖
超高齢化社会を迎える中で、「多くのシニアはお金を使わない」と言われている。「医療費などを考えると、貯蓄を崩すことはできない」といった声をよく耳にするが、問題は本当に「お金」だけなのか。(2015/4/1)

お金もセンス:
ランキング大好きな日本人が、金融商品を選ぶ決め手
「みんなが選ぶ金融商品はコレ」「豊かな老後を送るには1億円が必要」といった売り文句を聞いたり、目にしたことがある人も多いのでは。しかし、こうした広告に、筆者の森永氏は「注意しなければいけない」という。その理由は……。(2015/2/12)

投資4コマ漫画『カブ・ジェネレーション』:
英断? 気の迷い? 株ジャンキーが株をやめるとき
土曜不定期連載でお送りする『カブ・ジェネレーション』。急に株をやめて恋に生きると言いだしたあずさ。モテ期が訪れたようですが一体なぜ……?(2014/11/29)

株ならぬカブをとって大儲け! 野村證券が「NISAゲームセンター」
「秘密結社 鷹の爪」のキャラが採用されています。(2014/8/20)

LINEから株式売買が可能に SBI証券が業界初
SBI証券は、LINEから株式を発注できる業界初のサービスを始める。(2014/8/13)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました。では、その威力はどれほどのものなのでしょう。果たして、実体のない「潜在インサイト」をどの程度手に入れることができるのでしょうか。(2014/7/24)

投資は個人でやるよりプロに任せるべき、その理由とは?
不況の影響もあり、一般の人々の間でも注目を集めている資産運用。ハイリスクという印象もある「ヘッジファンド」の実際とはどのようなものなのでしょうか。(2014/7/8)

「国内投資は増えない」は本当か?
資産運用先として注目を集める海外投資。分かりにくいことも多い海外投資の入門用書籍『厳選10本のお宝ファンドを紹介!初めての海外投資でしっかり儲ける本』の著者、森智紀さんにインタビューを行いました。(2014/6/5)

国内への投資は“危険”? 投資のエキスパートが語る
今国内への投資をするのは“危険”と植頭隆道氏。氏の著書から紹介します。(2014/5/27)

無償版向けパッチは準備中:
NTTデータ、「TERASOLUNA」向けにApache Struts 1の独自パッチを提供
NTTデータは2014年4月28日、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Apache Struts 1」について、独自に対策パッチを開発し、「TERASOLUNA Server Framework for Java」を利用しているシステムに対し、順次適用作業を実施していくことを明らかにした。(2014/4/30)

顧客データ分析で取引の高コンバージョン率を目指す楽天証券
サイト訪問したユーザーが新規で口座開設してから取引に至るまでの流れをスムーズにして、コンバージョン率を高めようという取り組みを楽天証券は進めている。マーケティング担当者に話を聞いた。(2014/3/27)

お茶でも飲みながら会計入門(90):
3分で分かる株式入門
会社の株を買うと、どんないいことがあるの? 会社が倒産したら負債を背負わなくちゃならないの? そんな株式の基礎知識を、公認会計士の吉田さんが分かりやすく解説します。(2014/3/17)

NISA取引も可能:
SBI証券、スマートフォンサイト全面リニューアル、国内株式の取引も実現
今回の全面リニューアルで、ユーザーの利便性を向上すべく、画面デザインやメニューを刷新、スマートフォンサイトに自動ログインし、シームレスな取引を実現。(2014/1/20)

六本木の夜景を眺めながら:
働く男女の「資産運用コトハジメ」、堅実な人生に必要なお金はいくら?
東京・六本木にある日興アセットマネジメントのセミナールームに20〜40代の男女50名が集まって、人生を楽しく過ごすために必要なお金との付き合い方を学んだ。(2013/12/20)

流行語大賞ノミネート語をネット検索数から見ると──1位はあのゲーム
今年の流行語大賞候補50ワードの検索ランキングをヤフーが公開。2位に8倍の大差を付けて1位だったのは……(2013/11/27)

流行語大賞候補に「パズドラ」「バカッター」「激おこぷんぷん丸」
今年の新語・流行語大賞候補には「パズドラ」「ビッグデータ」「バカッター」「激おこぷんぷん丸」などが選ばれた。(2013/11/20)

「バカッター」も! 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補語が発表 「倍返し」「じぇじぇじぇ」など
「ふなっしー」「お・も・て・な・し」「今でしょ」など豊作ですね。(2013/11/20)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/11/18)

ゼロからはじめる株式投資入門:
株式相場のいろいろな決まり
今回は、株式投資の基礎の基礎として、株式相場のいろいろな決まりを紹介します。(2013/11/8)

Teradata PARTNERS 2013 Report:
統合データウェアハウスで「情報の拠点」づくりを進める野村証券
アベノミクスの恩恵を受け、個人顧客の預かり資産が90兆円を突破、来年から始まる「NISA」でも攻めの経営が続く野村証券がTeradataで統合データウェアハウスを構築、「情報の拠点」づくりを進める。(2013/10/24)

「NISAと株」を解説 「ニコニコ生活講座」第6回
ニコニコ生活講座と題して身近な「家計」を通して経済を考えるシリーズ。今回は「NISA(少額投資非課税制度)と株」について解説する。出演者は、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」著者の山田真哉さん、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さん、「自宅警備員」を代表して金田淳子さん。配信は10月22日21時0分〜。(2013/10/22)

マネーの達人:
NISAにも活用! 四季報で優良企業を見つける3つのポイント
2013年10月1日より、NISA口座開設の受付がスタートしました。「これをきっかけに投資を始めてみたいけど企業の選び方が分からない……」と悩んでいる人もいるでしょう。今回は投資の初級編として、優良企業を見つけるための最初に確認すべきポイント3つを紹介します。(2013/10/16)

PR:IBM流「DevOps」でシステム開発はどう進化するのか?
今やソフトウェア開発の世界において、グローバルでの企業競争を勝ち抜くためには、スピード、コスト、クオリティなどあらゆる面で他社を凌駕しなければならない――。そうした中で注目を集めているのが、開発担当者と運用担当者が連携し、アプリケーションのリリースサイクルの短期化を目指す「DevOps」だ。今後企業が運用開発現場をあるべき姿に変貌させるべく、日本IBMが長年にわたり培った知見をお伝えしていく。(2013/10/2)

NISA口座で非課税投資:
PR:2014年から始まるNISAってナニ? SBI証券で、メリットを聞いてきました
2014年から「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」がスタートします。一度はこの言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、一体どんなものなのでしょうか? FISCOリサーチレポーターの三井智映子が、SBI証券にお邪魔して「NISA」について詳しく聞いてきました。(2013/9/17)

NISAのメリットを最大限に活用する方法
2014年から始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)、興味のある人も多いのではないでしょうか? 前回はNISAのメリットとデメリットを比較しました。今回は、NISA向きの銘柄と投資信託について考えてみましょう。(2013/7/22)

NISAのメリットとデメリットを考える
2014年から始まる少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)。投資の利益が非課税になるというものですが、実際のところ、どうすればお得なのでしょうか。メリットをうまく生かせば節税効果はかなり高いので、知識として頭に入れておくと便利です。(2013/7/19)

導入事例:
りそな銀行、新たな営業支援データベースの構築で業務を最適化
CRMのデータベースとMCIF(Marketing Customer Information File)システムを統合し、新たな営業支援データベースを構築した。(2013/7/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。