ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オーディオ&ホームシアター展」最新記事一覧

MEMSクロックを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレーヤー、iBasso「DX80」が発売に
最大DSD128(5.6MHz)のネイティブ再生に対応したハイレゾ対応ミュージックプレイヤー「DX80」がiBassoから登場した。(2016/4/21)

「S-300NEO」をさらに進化――ティアックから同軸2Wayスピーカーのハイレゾ対応モデル「S-300HR」登場
ティアックは、同軸2Wayユニットを搭載したブックシェルフ型スピーカー「S-300HR」を1月下旬に発売する。新たにチタン製の25mm径ドームツィーターを搭載して高域を伸ばした。(2016/1/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
年末恒例、AV評論家・麻倉怜士氏が注目したデジタル製品や映像/音楽タイトルを総ざらいする「麻倉怜士のデジタルトップ10」。今年は豪華拡大版として3回にわたって掲載します。(2015/12/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「ハイレゾ第2章、始まります」――音展に見るハイレゾの新境地
ハイレゾは秋のオーディオイベントでも話題の中心となった。そして長年オーディオ業界を眺め続けている麻倉怜士氏の目には、今年の「オーディオ・ホームシアター展2015」(音展)から“ハイレゾ第2章”と呼ぶべき新たな動きが見えたようだ。(2015/11/30)

ワイドFM対応チューナー搭載:
ティアックの「Reference301」シリーズにCDプレイヤー「PD-301」が登場
ティアックが「Reference301」シリーズの新製品として「PD-301」を発表した。10月の「オーディオ&ホームシアター展2015」で参考展示したFMチューナー付きのCDプレイヤーだ。(2015/11/18)

オーディオ&ホームシアター展2015:
まさに“掘り出しもの”、6000円のハイレゾ対応イヤフォン
数多ある中国製イヤフォンの中には、驚くような性能を持つものも存在するようだ。(2015/10/20)

オーディオ&ホームシアター展2015:
MEMSクロックを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレイヤー、iBasso「DX80」
ヒビノインターサウンドは、iBasso Audioの新しいハイレゾ対応プレイヤー「DX80」を披露した。「DX90」の下位モデルに位置づけられるが、後発だけあってDX90にもない機能を搭載している。(2015/10/19)

オーディオ&ホームシアター展2015:
中は段ボールです――オトテンで見つけた異色のスピーカーブランド「クラフトノーツ」
一見レトロ調のキューブ型スピーカー。しかし、後ろにまわってびっくり。スケスケじゃないですか!(2015/10/19)

オーディオ&ホームシアター展2015:
酒を飲ませて20年放置すると音が変わるスピーカー?
JVCケンウッドが「オーディオ&ホームシアター展」で、2つの新しいウッドコーンスピーカーを参考展示。どちらも素材が持つ可能性を広げる試みだ。(2015/10/17)

オーディオ&ホームシアター展2015:
ティアック、CD付きのハイレゾコンポやUSB出力を持つアナログターンテーブルなどを参考展示
「オーディオ&ホームシアター展」では未発表の新製品も多く見ることができる。ティアックブースでは、今年も3つの未発表製品が並んでいた。(2015/10/17)

オーディオ&ホームシアター展2015:
試聴の穴場かも? 勢力を拡大するハイレゾ対応ヘッドフォン
日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展」が開幕。今年はDolby AtmosやUltra HD Blu-ray DiscなどAV系の話題も多いが、会場ではポータブル系デバイスも勢力を拡大している。(2015/10/17)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
「新しい酒は新しい革袋へ」―― ハイレゾの新潮流「MQA」と録りたてハイレゾの魅力
ハイレゾ・エバンジェリストの麻倉怜士氏は、ここに来て今までとは違う流れのハイレゾが現れてきたと指摘する。今回は英Meridianが開発したMQAという新しいロスレスフォーマットの先進性と、ナクソス・ジャパンからリリースされる田村麻子さんのアルバムについて語ってもらった。(2015/7/15)

留守中に「e-onkyo music」の楽曲をダウンロード、オンキヨーからQNAP製のオーディオNASを発売
オンキヨーマーケティングジャパンは、e-onkyo musicのハイレゾ楽曲購入に連動して自動的に内蔵HDDへダウンロードする機能を搭載したQNAP製のオーディオ用NASを正式に発表した。(2014/12/19)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
黄金色の超個性派イヤフォン「Heaven VIII」が奏でるリアルな音
ファイナルオーディオデザインの「Heavenシリーズ」に新たなフラグシップが登場した。金属筐体の作り方を大きく変えるなど、新境地を開拓した新モデルをじっくりと聴いてみよう。(2014/12/19)

あの告知が実現!:
先着1000人! パイオニア「XPA-700」購入で「中二病でも恋がしたい!」OP曲ハイレゾ音源プレゼント
パイオニアは、ポタアン「XPA-700」の購入者にハイレゾ音源、ZAQ「Sparkling Daydream〜XPA-700 EDITION」をプレゼントする。キャンペーンは12月8日からで、先着1000人限定。(2014/12/3)

ティアック、ハイレゾ音源のUSB入力に対応したマイクロコンポ「HR-S101」
ティアックは、ハイレゾ音源対応のUSB入力を備えたマイクロコンポ「HR-S101」を12月に発売する。テレビとの組み合わせも容易だ。(2014/11/12)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
癒しを倍増させるハイレゾ音源の作り方、そして容量半分で“生の音”に迫る新技術とは?
10月に開催された日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展2014」。期間中は多くの講演が行われたが、その中でAV評論家の麻倉怜士氏がひかれた2つのセッションを紹介していこう。(2014/11/10)

黒木目:
JVCのウッドシリーズに最上位モデル「HA-FX1100」が登場
JVCケンウッドがハイレゾ音源再生に対応したカナル型イヤフォン「HA-FX1100」を発表した。ボディや振動板に木を使用したウッドシリーズの最上位モデルだ。(2014/11/7)

秋のヘッドフォン祭2014:
いろいろつながるハイレゾ対応プレイヤー、ティアック「HA-P90SD」が2色で登場
ティアックは、「秋のヘッドフォン祭2014」会場でハイレゾ対応ポータブルプレイヤー「HA-P90SD」を発表した。シルバーとレッドの2色を12月に発売する。(2014/10/25)

オーディオ&ホームシアター展:
全ての世代にハイレゾを! オーディオ業界のあの手、この手
日本オーディオ協会主催の「オーディオ&ホームシアター展2014」が開催された。今年のメインは“ハイレゾ”。ハイレゾをフックに最新オーディオ機器に興味を持ってもらおうと、業界をあげて取り組んでいる。(2014/10/20)

オーディオ&ホームシアター展:
ハイレゾプレーヤー付きのポータブルアンプ「HA-P90SD」、ティアックが参考展示
ティアックは、「オーディオ&ホームシアター展2014」の会場でDSD対応のハイレゾ・ポータブルプレイヤー「HA-P90SD」などを参考展示している。コンパクトなReferenceシリーズのエントリーモデルも登場。(2014/10/18)

オーディオ&ホームシアター展:
QNAPからオーディオ用NAS登場――e-onkyo musicと連動する自動ダウンロード機能を搭載
オンキヨーブースの一角にNASで有名なQNAPが新開発のオーディオ用NASを展示している。「e-onkyo music」と連動し、ハイレゾ音源をPCなしで楽しめる仕組みを用意した。(2014/10/18)

オーディオ&ホームシアター展:
アイ・オー・データ機器が本格派オーディオ用NASを参考展示――20万円以下で年度内投入へ
アイ・オー・データ機器のブースには、先日予告したオーディオ専用NASのプロトタイプが展示されている。重量感はたっぷりで、7.5キログラムもあるという。(2014/10/18)

オーディオ&ホームシアター展:
マニアが作った変“体”ポタアン――パイオニア「XPA-700」出撃
人呼んで「TACTICAL ARMORED」。パイオニアが発表したUSB-DAC搭載のポータブルヘッドフォンアンプ「XPA-700」は、“装甲”を連想させるルックスに軍用レベルの耐久性を持ち合わせた異色のオーディオギアだった。(2014/10/17)

“ナノコンポ”の小型プリメインがDSD再生をサポート、オラソニック「NANO-UA1a」登場
オラソニックから“ナノコンポ”シリーズの新製品「NANO-UA1a」が登場した。型番はマイナーチェンジのように見えるが、実は「中身は全く違う」という。(2014/10/15)

何が出るかな?:
パイオニア、「オーディオ・ホームシアター展」で新製品を発表
パイオニアは「オーディオ・ホームシアター展」で新製品発表会を開催する。ゲストはあの人。(2014/10/10)

オーディオ・ホームシアター展2014:
アイ・オー、開発中のオーディオ専用NASをオーディオ・ホームシアター展2014で初公開
アイ・オーデータ機器は、10月17日から開催される「オーディオ・ホームシアター展2014」の会場限定で、開発中の専用設計オーディオNASを初公開(参考出展)する。試聴も可能だ。(2014/10/8)

もう1つのソニー製ハイレゾプレーヤー?:
アナログレコードをDSD録音でカジュアルに楽しむ――ソニー「PCM-D100」の提案
「PCM-D100」は、始めてDSD録音に対応したデンスケであり、もう1つのソニー製ハイレゾプレーヤーでもある。「欲しいけど、使い途が……」という人に、開発担当者が使い方を提案。(2014/2/17)

オール壁掛け対応:
スタイリッシュな超薄型サウンドバー、ハーマンカードン「SABRE SB35」が登場
ハーマンインターナショナルは、harman/kardonの薄型ホームシアターシステム「SABRE(セイバー)SB35」を2月に発売する。セットのサブウーファーやリモコンまでスリムだ。(2014/1/28)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
2013年を総括! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(前編)
この1年間を振り返り、とくに印象深いハードとソフトをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。今年はハイレゾ関連のタイトルや機材が多いようです。(2013/12/25)

超個性派:
BAドライバーも搭載、ファイナルからハイブリッド型ヘッドフォン「PANDORA HOPE VI」が登場
ファイナルオーディオデザインから登場した初のヘッドフォンは超個性的。ダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したハイブリッド型だ。(2013/12/9)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ハイレゾの夜明け、もうマニアだけのものじゃない(後編)
前回に続き、10月の「オーディオ&ホームシアター展 2013」を中心にハイレゾで盛り上がる最新のオーディオ動向を聞いていこう。また、麻倉氏が個人的に気になった新製品もピックアップ。(2013/11/20)

スマホの画面をテレビに映し出せるサウンドバー、パイオニアから
パイオニアは、無線LANやMiracastに対応した“ネットワーク対応サウンドバー”「SBX-N700」および「SBX-N500」を11月下旬に発売する。(2013/11/5)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
ハイレゾの夜明け、もうマニアだけのものじゃない(前編)
今年の「オーディオ&ホームシアター展」を“ハイレゾ・オトテン”と位置付けるAV評論家・麻倉怜士氏。今後のオーディオ市場はハイレゾなしでは語れないという。それを象徴するのがソニーの新製品群だ。(2013/10/31)

オンキヨー、iPhoneコントロール機能付きヘッドフォン/イヤフォンを発売
オンキヨーは、iPhone用のマイク付きリモコンを備えたヘッドフォン「ES-CTI300」、およびカナル型イヤフォン「IE-CTI300」を12月に発売する。(2013/10/24)

モバイルバッテリー兼ポータブルBluetoothスピーカーの「JBL CHARGE」に真っ黒い“Shadow Edition”が登場
ハーマンインターナショナルは「JBL CHARGE -Shadow Edition」を11月に発売する。精悍(せいかん)なブラックモデルだ。(2013/10/24)

NFC対応、マルチポイント接続も可能になったポータブルBluetoothスピーカー「JBL FLIP 2」
ハーマンが「JBL FLIP 2」を発表した。新たにNFCをサポートしたほか、マルチポイント接続によりスマートフォン2台からの待ち受けが可能になるなど、各所をブラッシュアップ。(2013/10/24)

スピーカーっぽいデザインの「JBL Synchrosシリーズ」に3つのヘッドフォンが登場
JBLのスピーカーユニットをデザインモチーフにした密閉型ヘッドフォンが登場。DSP機能を搭載し、「ライブ会場にいるようなワイドな音場空間を作り出す」という。(2013/10/23)

本革&スチールの質感:
コンパクトなユーロスタイル・ヘッドフォン、harman/kardonから「SOHO」登場
ハーマンインターナショナルは、harman/kardonブランドのコンパクトヘッドフォン「SOHO」を11月に発売する。昨年発売した「harman/kardon CL」を小型化したような、スクエアシェイプのオンイヤー型だ。(2013/10/22)

ヒビノ、英PMCのリファレンス・モニタースピーカー「DB1 Gold」を発売
ヒビノインターサウンドは、英PMCのモニタースピーカーシステム「DB1 Gold」を11月20日に発売する。PMCの創立21周年を記念したモデルだ。(2013/10/18)

ハイレゾ関係から薄型サウンドバーまで:
未発表の製品も大量展示、「オーディオ&ホームシアター展2013」開幕
オーディオ&ホームシアター展2013」が開幕した。やはりハイレゾ音源やヘッドフォンといったホットなジャンルの新製品が目立つが、商戦期前のイベントとしては意外なほど“参考展示”が多いのも特長だ。(2013/10/18)

「春のヘッドフォン祭 2013」で見つけた“初物”たち
恒例「春のヘッドフォン祭 2013」が東京・外苑前駅近くの「スタジアムプレイス青山」で開催された。今回もユニークなヘッドフォン、イヤフォンの展示が多く見られた。(2013/5/11)

「オーディオの常識に真っ向から挑戦する」、オラソニック「NANOCOMPO」の非常識っぷり
「オーディオ&ホームシアター展 2012」の製品発表から半年。オラソニック「NANOCOMPO」(ナノコンポ)の第一弾がいよいよ店頭に並ぶ。その出来栄えについて、東和電子の山本喜則社長に聞いた。(2013/4/23)

オラソニック、「NANOCOMPO」のCDトランスポートを5月発売
“Olasonic”(オラソニック)ブランドのオーディオ機器を展開する東和電子は、小型オーディオコンポーネント「NANOCOMPO」の新製品として、CDトランスポート「NANO-CD1」を5月下旬に発売する。(2013/4/15)

小さな本格派:
オラソニックの“ナノコンポ”第1弾「NANO-UA1」が正式デビュー
“Olasonic”(オラソニック)から、初の据え置き型オーディオとなる「NANOCOMPO」(ナノコンポ)シリーズが登場した。第1弾の「NANO-UA1」は、USB DACを内蔵した小型プリメインアンプだ。(2013/2/26)

サエクコマース、mhiの“タワースピーカー”「Evidence MM07A」を発売
サエクコマースが、mhiのタワースピーカーシステム「Evidence MM07A」を正式に発表した。(2012/10/26)

バイクをイメージさせるデザイン:
ヤマハ、ファッショナブルな密閉型ヘッドフォン「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」
ヤマハは、密閉型ヘッドフォン「HPH-PRO500」「HPH-PRO300」を発売する。曲線を多用したスタイルとカラーリングがヤマハのバイクや楽器をイメージさせる。(2012/10/25)

オーディオ&ホームシアター展 2012:
懐かしいオーディオの姿も見える「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO 2012」
展示会場には最新のオーディオ機器がずらり。一方、懐かしい機器ばかりを集めた場所もあった。(2012/10/19)

オーディオ&ホームシアター展 2012:
新しいオーディオの姿が見える「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO 2012」
東京・秋葉原でオーディオとホームシアターの専門展示会「オーディオ&ホームシアター展 2012」が開幕した。PCオーディオとネットワークオーディオ関連の新製品がそろい踏み。(2012/10/19)

オーディオ&ホームシアター展 2012:
オラソニックの新展開、アルミに身を包んだ小型オーディオ「NANOCOMPO」を公開
“Olasonic”(オラソニック)が新コンセプトの小型オーディオ「NANOCOMPO」を発表。PCオーディオを意識したコンパクトなアンプや単体DAC、CDトランスポートなどを用意した。(2012/10/19)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。