ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「接待」最新記事一覧

忘年会シーズン到来、失敗しないには:
仕事がデキない人の「飲み会作法」、ダメな点は?
飲み会で失敗し、職場での印象を下げないふるまい方は?――大鵬薬品工業調べ。(2016/12/2)

常見陽平の「若き老害」論:
名言や社訓に洗脳される若き老害たち
「若き老害」――。自分自身も若いのに、後輩や部下をマウンティングする社員を指す。特に顕著なのは「名言」や「武勇伝」などを押しつけるマウンティングである。その実例や背景について考えてみる。(2016/11/18)

パナソニックが90人超を懲戒処分 接待2000回以上受ける 社内規定に違反
パナソニックが、テレビ用部品の購買(調達)を担う社員90人超に対し、部品を納めるメーカー担当者らから繰り返し接待を受けていたとして、降格などの懲戒処分を一斉に出していた。(2016/11/7)

女性MRは過去最多の9200人:
製薬会社の営業、受難の時代
新薬に関する専門的な情報や研究成果などを医師らに伝える、製薬会社の医薬情報提供者が減少している。安価なジェネリック医薬品の普及が進み、各社とも経営効率化に迫られていることなどが要因だ。(2016/10/27)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

常見陽平の「若き老害」論:
新卒一括採用が「若き老害」を生み出している
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第3回は新卒一括採用によって「○年入社組の同期」というものを作り出すシステムが、「若き老害」の誕生を助長している……という話。(2016/10/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボロボロになりながらも、引退しない松坂大輔の末路
かつて日米を沸かせた怪物伝説も、とうとう終焉の危機を迎えてしまった。福岡ソフトバンクスホークスの松坂大輔投手である。移籍2年目にして最後の最後でチャンスを与えられたが、結果は……。(2016/10/5)

400万台以上の実績:
アプリ「全国タクシー」、過疎地では共助のツール
スマホのアプリでタクシーを呼べるシステムが全国に広がってきた。全都道府県をカバーするアプリ「全国タクシー」の累計配車台数は400万台以上。タクシーの少ない過疎地では住民ドライバーと利用者を結ぶなど、新たな活用法も始まっている。(2016/9/29)

交通費精算は“全自動”の時代に、予定表に訪問先を入れるだけ――APIエコノミーで進化するクラウドサービス
スケジューラに訪問先を登録するだけで、経路検索から交通費の精算までを自動で――。コンカーとSansan、ヴァル研究所が、面倒な交通費精算の手間を軽減するサービスを発表。API連携で実現した。(2016/9/8)

常見陽平の「若き老害」論:
なぜ日本人は“世代論”が大好きなのか
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第2回は日本人が大好きな「世代論」「世代闘争」が若き老害を生み出している……という話。(2016/8/25)

zenmono通信:
ハードウェアスタートアップに必要なのは「リスク屋」!?
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回はOmotenasy CEO 今村泰彦氏、同社CCO 西村拓紀氏が登場する。(2016/8/19)

銀座で学んだこと:
お金持ちがリスクを冒してでも買う「資産を秘めた種」とは
成功者と呼ばれる人たちが購入する商品とはどういうモノでしょうか? 今回は、お金持ちの共通点についてご紹介します。(2016/8/16)

新連載・常見陽平の「若き老害」論:
いま職場で“若き老害”が増えている
「老害」の概念が変化してきている。いわば「老害」の「若年化」ともいえる問題だ。この連載では、常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回シリーズで読み解く。(2016/8/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ斎藤佑樹は“おねだり王子”になったのか
『週刊文春』で斎藤佑樹投手の醜聞が報じられ、大きな波紋を呼んでいる。同誌によると、ベースボール・マガジン社の社長に斎藤がクルマを“おねだり”したようだが、一流とは言えない選手とメディアがなぜこのような癒着をするのか。(2016/7/21)

沖縄モノづくり新時代(4):
3Dゲーム開発の第一人者が地方都市「沖縄」で今考えていること
エンジニアリングやモノづくり分野の技術進化が、今まで以上に地方の課題解決や魅力発掘の後押しとなる。本連載の主役は、かつて“製造業不毛の地”といわれていた沖縄。第4回では、日本の3Dゲーム開発の第一人者で、現在沖縄に拠点を構える武田政樹氏に焦点を当てる。長年ゲーム開発に携わってきた同氏が、なぜ沖縄観光に興味を持ったのか?(2016/7/8)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第17回 忘れ物する人やデータの積み残しにコンテナが効く――どういうこと?
最近、IT業界で話題に上がるようになったのがDockerなどのコンテナ技術です。そんなコンテナ技術が、実はよく忘れ物をする人に役立つ技術なのかもしれません。その理由とは?(2016/6/22)

現役秘書が教える“失敗しない接待の手土産”とは?
ぐるなびは現役秘書たちが選んだ“失敗しない接待の手土産”を紹介するムック本を販売した。(2016/5/16)

高井尚之が探るヒットの裏側:
高くても売れる平田牧場の豚肉はこうして生まれた
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は「平牧三元豚」などのブランド豚で有名な平田牧場について読み解く。(2016/3/18)

仕事用スーツは“経費”にできる? まだまだこんなにあった事業費で落とせる支出
取引先のご祝儀やお香典、急に必要になったスーツ代、飲み会帰りのタクシー代――これって“経費”にできますか?(2016/1/26)

トクする申告書の書き方:
年収2000万円超のサラリーマンは確定申告の義務がある
サラリーマンでも年収が2000万円を超えたり、2カ所以上から給与をもらっている場合は、確定申告をしなければなりません。税務署では教えてくれない、確定申告で“トクする”ためのポイントを解説します。(2016/1/19)

「スーパーマリオメーカー」有野課長がユーザー投稿の力作コースに生挑戦! ニコ生でも中継決定
フジテレビONE「ゲームセンターCX」で生放送される有野課長の「スーパーマリオメーカー」生挑戦の模様がニコニコ生放送でも生中継されます。(2015/12/10)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(20):
得するランチ、損するランチ――ランチタイムの活用方法5選
ランチタイムの過ごし方で、仕事の生産性が変わる?――エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は、ランチタイムの活用方法について考える。(2015/12/7)

まだ間に合う! 食べ過ぎを翌日にリセットするコンビニ飯
昨晩、飲み会や接待でついつい食べすぎた……。そんなとき、翌日であればまだリベンジ可能です。ダイエットの緊急対策に使えるコンビニで買えるリセット食を紹介します。(2015/11/19)

銀座で学んだこと:
出世族に共通する“転職”の決め手とは
出世族に共通する“転職”の決め手は一体何なのか。年収などの待遇と思う人もいらっしゃると思いますが、意外にもそうでないことが見えてきました。(2015/10/19)

1秒で心をつかむ「気くばり」の習慣:
バッグをソファーの上に置いてはいけない
バッグは、道路、電車、公園、トイレなど、地面に直接置く可能性があります。そういうことに無頓着ではいけません。底に金具があるものは床に置きましょう。(2015/10/7)

銀座で学んだこと:
出世したいなら、まずは“ぜいたく”を知る
とある会社の社長は、「ぜいたくはテーマパークの“入場料”みたいなもの」だとおっしゃいます。これはどういう意味なのでしょうか?(2015/9/30)

反面教師とならないための「上司」のマナー:
「自分の習慣」が非常識なことも……シーン別にマナーをチェック
人は誰でも「自分の習慣」を常識と思い込むことがあります。それは、経験や年齢を重ねるほど、気付きにくいものかもしれません。初心にかえり、ビジネスシーン別に、自分の言動やマナーを振り返ってみましょう。(2015/8/28)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
“ロボット大国”日本は、なぜ「手術支援ロボット」市場で勝てないのか
ロボット大国とも言われる日本だが、明らかに米国企業の独占を許してしまっているのが「手術支援ロボット市場」だ。2けた成長中の有望市場にもかかわらず、なぜ日本のメーカーは存在感を示せないのか。そのカギは日本人特有の“ある性質”にあるかもしれない。(2015/8/27)

水曜インタビュー劇場(マネー公演):
“大きな三角形”をつくった人が、圧倒的に稼ぎまくるワケ
「稼ぐ力」というフレーズが注目されているが、どうすればいいのか分からない人も多いのでは。そこで、リクルートでフェローとして活躍し、その後中学校の校長を務めた藤原和博さんに“稼ぐ方法”について聞いてきた。(2015/8/26)

致命的:
オワハラは企業自らをオワらせる
大学生の就活が本格化するとともに、学生の間からオワハラ問題が出ています。人事政策上、今の学生の心情を無視したオワハラは企業自身に致命的なマイナスを呼ぶ可能性があります。(2015/7/15)

外資系エグゼクティブの働き方:
「天気を変えろ」という命令でも“NO”と言ってはいけない
いかなる場合でも、エグゼクティブには“NO”という言葉は通用しません。「私は仕事ができません」と自ら答えているようなもの。“NO”というのはクビを覚悟するのと同じことなのです。(2015/7/6)

観光客の言葉の壁、ITで解消へ パナソニックとJTB、自動翻訳の実証実験
観光地のホテルや案内所に自動翻訳機を設置し、便利な点と改善点を抽出。新たなサービス開発に役立てるのが狙いだ。(2015/6/22)

朝型 VS 夜型 仕事ができるのはどっち?
朝型・夜型問題に関して、イギリスのレスター大学の遺伝学研究チームが興味深い結果を発表しました。(2015/6/10)

「いちげんさん」でも安心:
取引先とスポーツ観戦・観劇などをするときのコツ
接待などで取引先などを誘ってスポーツ観戦・観劇することもあるもの。「行ってよかった」と思えるよう、誘った側として知っておくべき、心得や準備などについてまとめました。(2015/6/5)

50歳、今が一番“強い”です――インフォバーン代表 小林弘人さん
各界で活躍し「周りが放っておかない人」に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回登場していただいたのは、5年前から格闘技を始めたという小林弘人さんです。(2015/6/3)

新連載・銀座で学んだこと:
「出世」してきた人たちの共通点
「なぜ自分は出世しないんだろう。仕事はがんばっているつもりなのに……」と思っている人も多いのでは。出世してきた人たちには、ひょっとしたら“共通点”があるかもしれない。(2015/6/2)

オラクルの先鋭ソリューションで災害対策、ID管理も実現:
PR:企業の共通業務を効率化するドコモ・システムズのクラウドサービス「dDREAMS」。その安定稼働をOracle Exadataが支える
多くの企業に共通するオフィス業務を効率化するクラウドサービスとして、ドコモ・システムズが提供しているのが「dDREAMS」だ。ドコモグループの数多くのシステムを開発/運用してきた経験とノウハウが凝集された同サービスの安定稼働は、「Oracle Exadata」をはじめとするオラクルの各種ソリューションが支えている。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Engineered System](2015/6/1)

ぐるなび、食べログの“次”のサービス:
グルメサイト第3世代「Retty」――ポイントは実名投稿とスマホ重視
ぐるなび、食べログに続くグルメサイト第3世代「Retty」をご存じだろうか。2011年スタート、初期から実名投稿・スマホ重視の方針を貫き、ある施策の後にユーザー数が急増、今は700万人を突破している。なぜこれほど急成長できたのか、同社代表の武田和也氏に秘密を聞いた。(2015/4/2)

こじらせ!上司図鑑:
おじさんの幸せは「ワレモノ注意」――部下が静かにすり減る“飲みニケーション”の実態
20代の若手社員たちに、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。今回のテーマは“上司との飲みニケーション”。“何をネタに話せばいいのか分からない”上司を相手に、“無難に穏便にすませたい”部下はどんな“接待”をしているのか……。(2015/3/10)

教えて、木村先生! 確定申告あるある:
勘定科目って勝手に追加してもいいの?
作成した青色申告決算書を見ていると、「その他経費」の額がふくれ上がっているのを見て心配になりました。何か項目を作って分けるべきなのでしょうか?(2015/3/6)

会いに行きたいにゃんこ 楽天トラベルが宿の「看板猫」人気投票
旅に出たくなる。(2015/2/22)

こじらせ! 上司図鑑:
もはや厄災!? 過去の栄光に守られたハザード上司
イマドキの若いものは……なんて愚痴っている上司のみなさん、そんなあなたが“どう見られているか”考えたことはありますか? 厳しい就職戦線をくぐり抜けてきた若手社員の目は案外、厳しいようで……。(2015/2/3)

仕事をしたら“銀座のママ”になった(後編):
銀座で「異変」と呼ばれている女性は、“てっぺん”を手にしたのか
最年少&最短で老舗高級クラブのママになった桃谷優希さんは「3年以内にナンバーワン、その後2年以内にママになる」という目標を掲げて、それを手にした。順風満帆とも言えるが、その裏でさまざまな苦労があったという。それは……。(2015/1/28)

仕事をしたら“銀座のママ”になった(前編):
銀座で“異変”! なぜ26歳の女性が、高級クラブのママになれたのか
バブル崩壊後、銀座のクラブで破られなかった記録がある。それは「最年少」「最短」のママ。20年以上に渡って破られなかった記録が、ある女性によって更新されたのだ。銀座界隈で“異変”と呼ばれている女性に直撃したところ……。(2015/1/21)

個人事業主や中小企業オーナーへ注力:
アメリカン・エキスプレス新社長が目指す「より広く、深く」とは?
アメリカン・エキスプレス・インターナショナルの社長に新しく就任した清原正治氏。リッチな個人向け、というイメージが強いAMEXカードだが、もっとさまざまな人に使ってもらえるよう注力すると話す。(2015/1/5)

中村修二「研究者の魂を捨てた」――偉業までの険しい道のりとは
ノーベル物理学賞が授与された中村修二氏、受賞までの道のりを『中村修二劇場』から紹介します。(2014/12/16)

木村奈津子の知っ得トラベラー通信:
海外出張を「楽しい」に変える、3つのカンタンな方法
海外出張で、現地の空気をまったく楽しめずに帰ってきた……なんてことはありませんか? せっかく海外なので、少しくらい海外気分を味わうくらいは許されるはずです。そんなビジネスパーソンに向け、現地での滞在時間を上手に楽しむコツをご紹介します。(2014/11/28)

カスタマーサービスに電話、あなたは何分待てますか:
日本人は世界一気が短い?――顧客サービス世界10カ国調査
世界10カ国の消費者を対象に、顧客サービスに対する考え方を調査した結果、日本人の「良いサービスを受けられるのは当たり前」「1回嫌な思いをしたら何もいわずに別の会社に替える」など、顧客サービスについても非常に厳しい国民性が明らかになった。(2014/11/10)

面倒だけど魅力たっぷり「青色申告」が手軽になる秘訣
ゆうつな確定申告を分かりやすく解説してくれる一冊を紹介。(2014/10/30)

事務ごよみ:
中間申告と年末の資金繰りへの準備を――10月の事務ごよみ【経理・税務】
「年末にかけての資金需要と資金繰りのチェック」「納税が必要な中間申告への準備」「税務調査への対応」など、経理部門が10月中に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/9/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。