ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「退職金」最新記事一覧

「サラリーマン川柳コンクール」1位は「妻ドローン」
第一生命保険は、今年で29回目の開催となった「サラリーマン川柳コンクール」のベスト10を発表。1位に選ばれたのは……?(2016/5/23)

入社先企業への満足度85%超:
「会社選び」と「恋人選び」における本当の満足感
良い会社選びは簡単ではありません。入社後、会社員としてこれで良かったのか? と思うのはむしろ当然なくらい、それは難しいことなのです。(2016/4/21)

人員対策は計画より3610人上振れ:
東芝の早期退職応募数は3449人
東芝は2016年4月15日、2016年3月下旬までの期間での募集していた早期退職優遇制度に3449人の応募があったと発表した。(2016/4/15)

3時間超にわたる話し合いも:
Microchip、退職条件でAtmel従業員と対立
Dialog Semiconductorへの対抗買収によってAtmelを手に入れたMicrochip Technologyだが、Atmelの従業員の退職条件で問題が発生しているようだ。(2016/4/13)

約1万人の人員削減の一方で:
優良子会社まで売却した東芝 「サザエさん」と「ラグビー部」だけは死守
会計不祥事で抜本改革を迫られている東芝が、何をやめ、何を残すかの選別を迫られている。(2016/2/2)

窮地の東芝が「サザエさん」と「ラグビー部」だけは守った! 代わりに優良子会社まで売却……ホントに大丈夫なの?
東芝が優良子会社を売却する方針を決めた一方、TVアニメ「サザエさん」の協賛やラグビー部などは存続させる考えだ。20万人の従業員を抱える巨大企業の“取捨選択”は――。(2016/2/1)

高齢者4〜5人に1人は貧困状態:
1億総中流の将来は「下流老人」? 現役世代が立つ絶望の入り口
高齢者の貧困を描き、大ヒットとなった『下流老人』。著者の藤田孝典さんは講演会でそう切り出した。タイトルは流行語大賞にもノミネートされた。藤田さんによれば、下流老人の入り口に立つ現役世代は少なくないという。未来には絶望しかないのだろうか。(2016/1/14)

確定申告の季節がやってくる:
今年こそ申告直前に焦らない――「弥生」サポートセンターに聞いた「抑えておきたい5つのポイント」
今度こそ確定申告で焦らない――毎年苦しんでいる方、今年初めて挑む方に向けた「直前に焦らないために抑えておきたい5つのポイント」、「弥生」サポートセンターで悩み相談のプロ集団に聞いてきました。(2015/12/4)

金曜インタビュー劇場(藤原和博さん):
7割が「課長」になれない中で、5年後も食っていける人物
「いまの時代、7割は課長になれない」と言われているが、ビジネスパーソンはどのように対応すればいいのか。リクルートでフェローを務められ、その後、中学校の校長を務められた藤原和博さんに聞いた。(2015/10/30)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
マイナンバーと振る舞い検知システムを組み合わせると……
様々なデータをつなげて分析してみると、いろいろなことが分かる。もしマイナンバーと様々な情報がつながるようになれば、どんなことが分かるのだろうか。(2015/9/18)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第6回 今年と来年の「年末調整」をどうするか
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託と連携+できるだけ持たないを考えた実務」がキモになる。6回目は「源泉徴収税(年末調整)業務」が、今年(2015年)と来年(2016年)でどう変わるか、何を留意するかを解説する。(2015/8/26)

小遣い程度の稼ぎのつもりが…:
「社員の副業」が招くトラブル予防法
副業に対する企業の考え方も従来とは変わり、「一律禁止」から「緩やかに許可」するケースも増えています。しかし、行き過ぎた副業はトラブルになることも……。企業はどう対処すればよいのか、事例に学びます。(2015/8/24)

税理士目線で提案する「中小企業のマイナンバー対策」:
第5回 見落としがちな「マイナンバー記載時期」と「例外・注意点」
中小企業のマイナンバー対応は「士業への委託を考慮した対策」が必要。5回目は「税務関係番号記載への記載時期」と「例外や注意点」、中小企業や税理士に向けたサービス選定のポイントを解説する。(2015/7/29)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
年金機構の情報漏えい、組織の問題点を探る
6月1日に約125万件もの情報漏えいを発表した「日本年金機構」。情報セキュリティなどの状況がどうだったのかについて考察してみたい。(2015/6/5)

gumi、100人の希望退職を実施
gumiが希望退職者を100人募集。ネイティブアプリへのシフトが進む中、ブラウザゲームに携わる開発者に向けた選択肢という。(2015/3/27)

エンジニアのためのWebデザイン基礎の基礎(5):
28歳、女性、未婚、年収300万円――サイトの方向性を決める「ペルソナ」
デザイン初心者向けにWebデザインのイロハを解説する本連載。今回は、サイトの方向性を決める際に有効な「ペルソナ(顧客にすべき典型的なユーザー像)」の定義方法を解説する。(2015/3/13)

マネーの達人:
現代の日本で「預金封鎖」が起きたら?
「預金封鎖」という言葉をご存じでしょうか? 預金封鎖は、現代の日本でありうる話なのか、また、仮に起きたらどんなことになるのかを考えてみました。(2015/3/13)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
転勤や退職で知っておくべき情報セキュリティ
多くの企業で年度末への対応と新年度への準備が始まり、転勤や退職を控えている人も少なくない。人事異動や退職で気をつけるべきセキュリティとは?(2015/2/27)

事務ごよみ:
新入社員の受入準備と賃上げの検討を――3月の事務ごよみ【人事・労務】
新入社員を迎える4月。入社式や新入社員研修を実施する企業では、会場の場所や時間など、受け入れについての段取りの最終的な確認を行いましょう。(2015/2/26)

オンキヨー、希望退職100人募集
オンキヨーが希望退職者を100人募集。パイオニアのAV機器事業を買収するなどグループが変革する中、組織のスリム化が必要と判断した。(2015/1/26)

電通、早期退職300人募集
電通が300人の早期退職を募集する。(2015/1/9)

日本コロムビア、正社員を追加リストラ 希望退職60人募集
日本コロムビアが正社員60人程度の希望退職を募集すると発表した。(2015/1/7)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「採用から退職まで」の手続きを知る
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は重要な経営資源の1つである「ヒト」に関わる仕事、採用と退職の手続きについて解説します。(2014/12/26)

あなたの老後、大丈夫ですか?
サラリーマンの老後に必要なお金とは。長生きとインフレに備えることを目的とした「守りのマニュアル」を示した書籍を紹介。(2014/12/23)

小保方氏の実験環境は「犯罪人扱い」 「STAP現象」検証実験リーダーが批判
「予想をはるかに超えた制約の中での作業」と小保方氏が振り返る、「STAP現象」検証実験。相澤チームリーダーは小保方氏の実験環境が「犯罪人扱い」だったと振り返り、「科学のやり方ではない」と批判した。(2014/12/19)

ライフネット岩瀬大輔氏 × クラウドワークス吉田浩一郎氏:
フリーランスが抱える不安とは? お金にまつわるセーフティーネットを考える
正規雇用者と違い、安定した収入も、企業からの保護もないフリーランス。21世紀の新しい働き方をしている彼らが抱える不安と、解消したくてもできないその実情についてクラウドワークスCEO・吉田氏とライフネット生命保険COO・岩瀬氏が語り合った。(2014/11/7)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、1800人の追加リストラ策を発表――対象は1万4000人以上
ルネサス エレクトロニクスは2014年10月29日、国内子会社を含む35歳以上の従業員ら1万4000人以上を対象にした早期退職優遇制度を実施すると発表した。退職日は2015年1月31日で、募集人員は1800人程度としている。(2014/10/29)

未来の日本はどうなっている? 働き方は変わるのか?
刻々と変わりゆく現代の社会。わたしたちの老後がどうなっているのかという疑問に答えてくれる書籍『21世紀を生き抜く3+1の力』を紹介します。(2014/7/24)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサスが設計開発部門再編――800人規模の早期退職も
ルネサス エレクトロニクスと国内の関連子会社であるルネサスソリューションズ、ルネサス システムデザイン、ルネサス エンジニアリングサービスは、設計/開発に関連する機能を、2014年8月1日付で再編する。これに伴い、再編部門に従事する5900人を対象にした早期退職の募集も始める。募集人数は特に定めていないが「800人程度を想定している」(ルネサス)。(2014/7/9)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
3人に2人が老後の備えに不安――具体的な設計が立ち向かう鍵に
内閣府の調査では、約67%の人が老後の備えに不安を持っているとのことです。不安はそのままにしておいても消えません。漠然とした不安に立ち向かうため、今、何ができるでしょうか。(2014/6/10)

あせらない練習:
解決に向けてとことん悩む
誰でも将来は不安です。見えない将来におびえる人は、簡単に頭から不安要素を追い出すことはできないでしょう。そんなときは、不安要素を1つずつ排除していくことをおススメします。(2014/5/14)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
ヘッドハンティングにおける、ターゲットを特定する2つのパターン
ある日突然、ヘッドハンターからあなたに連絡が入れば「誰から自分のことを聞いたのか?」と思うだろう。今回は、ターゲットを特定する2つのパターンと、候補者のピックアップについて紹介する。(2014/4/3)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、早期退職応募は696人
ルネサス エレクトロニクスは2014年3月19日、子会社を含む生産部門の従業員(約1万人)を対象にした早期退職優遇制度に対し、696人の応募があったと発表した。(2014/3/19)

高学歴女子のワープアが急増中
男性に対してイメージしにくい女性の雇用問題の実態とは。書籍『高学歴女子の貧困 女子は学歴で「幸せ」になれるか?』から、高学歴の女性が陥っている問題の一部を紹介する。(2014/3/6)

本田雅一のエンベデッドコラム(27):
「これが新しいVAIOです」――ソニーPC事業の失墜と新会社に求められる新たなVAIOブランドの確立
なぜ、ソニーは「VAIO」ブランドを手放すことになったのか――。モノづくり現場を数多く取材してきたジャーナリスト・本田雅一氏が関係者への取材を基に、VAIOの運命を変えた方向転換について掘り下げる。そして、新会社に求められる“新しいVAIOブランド”の方向性を考察する。(2014/2/20)

消費税8%時代の確定申告:
個人事業主の賢い節税対策――経費と控除を積み上げろ
サラリーマンにとって「経費を減らせ」はよく聞く言葉。だが、個人事業主は「経費を増やせ」が大きな節税につながることもある。今回は個人事業主ならではの節税対策を考えてみたい。(2014/2/7)

ビジネスニュース 企業動向:
ルネサス、初の四半期最終黒字と四半期最高営業益を達成――2013年10〜12月期
ルネサス エレクトロニクスは2014年3月期第3四半期(2013年10〜12月)、2010年4月の発足以来、初めて四半期ベースで最終黒字を達成した。CFOの柴田英利氏は、「これまでの構造改革が、一定の成果を上げている」とした。(2014/2/6)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
社員のSNS発言リスクに企業はどう備えるべきか
社員やアルバイトなどの安易なSNSでの発言から“炎上”が起きると、最悪の場合に倒産などの事態も起こりかねない。今回は「バカッター」のリスクから組織を守る視点で解説したい。(2014/1/24)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
あなたの会社は、定年まで働ける会社ですか?
「先が見通せなくて不安だ」という、30代前半の男性。定年まで自分がこの会社にいるとは思えない、将来自分はこういう働き方をするのだろうなというモデルがいない……実はこういうケース、最近増えています。あなたも同じことで悩んでいませんか?(2014/1/13)

五月&雄山スズコインタビュー:
カリスマ投資家はなぜコミケで“萌え”系マネー同人誌を出したのか?
仁義なきマネー戦争が繰り広げられる金融市場。その金融市場を題材とした“萌え”系の同人誌が、なぜか個人投資家たちによって作られ、コミケで人気を集めている。彼らはなぜ投資をテーマとした創作活動を行うのか。その動機とモチベーションに迫る。(2013/12/25)

甚さんの「コミュニケプレゼン」大特訓(3):
設計業務も技術コミュニケーションも「6W2H」が基本中の基本
小学校の作文の授業で習った覚えがある「5W1H」。これを満たせばすっきりと正確に説明できること請け合い。でも、設計業務においては、それだけでは足りなくて……。(2013/12/20)

消費税8%時代の確定申告:
経費は年末に増やせ! 個人事業主の節税対策【後編】
個人事業主が経費を増やすと、納税額がどれだけ減るのかを実際に計算してみよう。またガッツリと節税効果が表れる各種控除を改めて整理してみよう。(2013/12/6)

退職手続き【パーフェクト】マニュアル(3):
【退職金】きっちりもらい、控除も受ける
提出するだけで退職金の所得税が20%も控除される書類とは? 退職所得控除の仕組みと手続き方法を解説しよう(2013/12/3)

「派遣」は安定した生き方?:
技術者の新しい働き方、「技術者派遣」について考える
得意分野を生かせる会社で働きたい――技術者を目指す学生の多くはそう考え、会社を選ぶ。しかし最近、自分の技術力を磨き、安定した雇用のために“派遣”を目指す技術者が増えているという。技術者派遣とはどのような世界なのか、ちょっとのぞいてみよう。(2013/10/31)

トップ3%の人の仕事のルール:
「メモ魔」にならない
何かを言われたとき、メモを取ることはいいことです。しかし、提案されたアイデアを高めるために考える意欲を忘れてしまうと、出された「回答」をそのまま覚えるようになってしまいます。メモを取ってから「どうしてこういう考えに至ったのか」と、自問する時間を持つことが大事なのです。(2013/10/25)

ずっと「安月給」の人の思考法:
「社員食堂が安い!」と喜んでいてはいけない
求人情報に「3食まかない付き」や「寮完備」などの待遇が書いてあるのを見たことがありますか? 食事を提供してもらえれば食費が浮き、寮に住めば住居費も要りません。しかし、ここで「なんていい会社だ!」と、思うのはちょっと早いのです。(2013/8/15)

公認会計士まーやんの「ロジカるつぼ」(後編):
労働法の“ひずみ”を解消する「7つの処方箋」とは
前回のインタビューでは労働法のひずみが生じている背景などについて聞きました。今回は、新しい労働法の姿として、著者の倉重氏らが提唱している7つの処方箋について、詳しく伺います。(2013/8/13)

祖業を切り離した造船会社のV字回復までの3000日
130年ともに歩んだ祖業・造船業から完全撤退を宣言し、陸(おか)に上がることを選んだ日立造船。その決断の裏舞台とは。(2013/8/8)

年収1000万円の貧乏人:
あなたが定年まで働き続けなければならない本当の理由
サラリーマンになってから、いつも疑問に思っていたことがありました。「毎月20万円も稼げば生活できるのに、なぜ必死に働いているのだろう?」答えの1つは「資本主義社会だから」。改めて考えてみると、資本主義とは何でしょう?(2013/8/7)

高齢者は本当に「暮らしていけない」のか?――データで見る高齢者のフトコロ事情
先日、高齢社会フォーラムに参加し、内閣府の平成25年度高齢社会白書の説明を受けました。その中から、今回は高齢者の実態に迫りつつ、高齢者世帯の経済状態を紹介します。(2013/8/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。