ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商戦」最新記事一覧

“全録”レコーダー好調、観戦ツアーは苦戦……五輪商戦、明暗くっきり
五輪商戦で明暗。複数局の番組をすべて録画できるBDレコーダーが好調だが、現地を訪れるツアーは苦戦している。(2016/7/15)

コンビニ探偵! 調査報告書:
えっ、うなぎじゃなくて「恵方巻き」? コンビニ商戦、夏の陣
「土用の丑の日」と言えば、昔から「うなぎ」と決まっているのだが、ここ数年、コンビニ業界では違う風が吹いているようだ。それは……。(2016/6/20)

石川温のスマホ業界新聞:
「総務省の議論は本当に正しいかと言えば、そうでもない」――田中社長が夏商戦向け発表会で「auは大きく変わる」と宣言
KDDIがauの2016年夏商戦に向けた新端末・新サービスの発表会を開催した。会の終了後に囲み取材に応じた同社の田中孝司社長は、改めて発表内容の意図を説明した。(2016/6/10)

大手百貨店やスーパーで中元商戦スタート 今夏トレンドは「こだわり」など
大手百貨店や総合スーパーなどの中元商戦が始まった。スマートフォンの普及によってインターネット経由での購入者が増えたり、自分用や親しい人にこだわりの品物を贈る傾向が強まっており、各社は高級感のある独自商品で顧客の取り込みを図っている。(2016/5/18)

ドコモ、5月11日に新モデル発表 下り最大375Mbpsの対応機種も
夏商戦向けの新端末をラインアップ。MWCで発表された「Xperia X」シリーズや「Galaxy S7」シリーズも登場か?(2016/4/28)

「実質0円」廃止で:
携帯3社スマホ販売激減 iPhone苦戦、SIMフリーは絶好調
大手携帯電話3社が「実質0円」端末の販売をやめた2月、スマートフォン販売台数は予想通り激減したことが9日、分かった。年度末商戦の3月に入ってもこの傾向は変わらず、政府主導で始まった携帯電話販売の見直し策が販売不振を招いた格好だ。(2016/3/11)

高性能ドローン続々投入 障害物回避、超軽量化……中仏メーカー、商戦過熱
小型無人機「ドローン」の商戦が過熱しそうだ。(2016/3/4)

エスパーニャンコもいるよ:
業界イベントで初披露! 「おそ松さん」ぬいぐるみがかわいすぎる
タカラトミーアーツが春商戦向けイベントで、初お披露目となる「おそ松さん」のぬいぐるみを公開した。(2016/1/20)

石野純也のMobile Eye(1月4日〜15日):
ミッドレンジが主役のau春モデル/学割は値引きよりも“データ増量”を重視
auは春商戦を「ミッドレンジのスマートフォン」と「学割」で戦う。特に学割は、最大で780GBものデータ増量を得られるという大盤振る舞いの内容だ。端末と学割、2つの側面から、auの発表を振り返っていきたい。(2016/1/16)

2016年春は学生に「ドッカーン」 1GBプランは「まもなく」――2016年春のau新サービス
KDDI(au)が2016年春商戦に向けた新機種・新サービスを発表した。田中社長は2016年を「ドッカーン」する年と位置付け、春商戦は学生(若者)に焦点に当てた施策を推進する。(2016/1/12)

5GBもらえる学割スタート:
au、2016年春モデル4機種を発表 共通UIのスマホ&タブレットにVoLTE対応ケータイ、Z5の新色など【画像追加】
KDDIがauの2016年春モデルを発表した。新機種4機種と発売済みモデルの新色2機種で、発売済み製品3機種と合わせて春商戦向けに展開する。(2016/1/12)

外食チェーン大手のIT戦略:
ケンタッキーFCが“ネット注文システム”を導入した理由
外食大手のケンタッキーがネットオーダーシステムを導入した。「え、今までなかったの?」と思われる方もいるかもしれないが、外食産業でネット予約注文に対応している企業は意外と少ない。このシステムが同社の“クリスマス商戦”を支えるのだという。(2015/12/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
過去最高の売上! 米国人が銃を“爆買い”するワケ
2015年11月27日の金曜日、米国では恒例の「ブラックフライデー」が盛り上がった。この日からクリスマス・年末商戦がスタートしたわけだが、今年はある商品が過去最高の売り上げを記録した。銃である。(2015/12/8)

週刊「調査のチカラ」:
福袋の中身、満足できるコスパは購入金額の「4倍返し」
1万人調査で分かったスマホ時代の消費スタイルから家電量販店の年末商戦の傾向、子どもの習い事、福袋の中身まで、日本人のお金の使い方にまつわる調査をチェックしました。(2015/12/6)

タイムシフトマシンがさらに進化:
東芝、手軽にタイムシフトマシンが使えるレグザサーバーなど発表
東芝は10月15日、15年秋冬商戦向けにトリプルチューナー搭載レグザサーバーなどを発表した。録画予約なしで3チャンネルを常時録画し続ける。(2015/10/15)

石野純也のMobile Eye(9月28日〜10月9日):
カギを握るのは「Nexus」と「ミッドレンジ」――ドコモとソフトバンクの冬春モデルを読み解く
この2週間でドコモとソフトバンクが、2015冬-2016春商戦向けの新製品を続々と発表した(KDDIは未定)。今回は両者がNexusシリーズを扱ったり、ミッドレンジが増えたりと、これまでと違った特徴も見えてきた。(2015/10/10)

KDDIは「桃金」「3GB」をプッシュ――“3つのスーパー”で秋のiPhone商戦に挑む
KDDIは、9月25日、同社の直営店「au SHINJUKU」にて、iPhone 6s/iPhone 6s Plusの発売イベントを行った。KDDIの田中社長が登壇してiPhone商戦におけるauの強みをアピールしたほか、ゲストも登場してイベントを盛り上げた。(2015/9/25)

見ちゃった:
「CELL REGZA」の約11倍のコントラスト比、東芝“レグザ”の次期ハイエンドモデルの試作機を見た!
東芝が秋冬商戦向けに開発している“レグザ”の試作機を見てきた。1000nitオーバーの高輝度LEDバックライトに開口率を広げた新しい液晶パネルを装備。コントラスト比は、輝度ブーストを備えた「CELL REGZA」の約11倍に及ぶという。(2015/9/16)

2015年PC/タブレット秋冬モデル:
Windows 10搭載、スタンダードPCのラインアップ拡充で大画面の17.3型やモバイル両立の14型も――東芝「dynabook」秋冬モデルの見どころ
2015年の年末商戦に向けて、東芝は個人向け主力PCをモデルチェンジした。Windows 10をプリインストールし、スペックとソフトウェアの強化を行ったほか、スタンダードノートPCの新モデルも登場している。(2015/9/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
MicrosoftとAppleがNY5番街で対決!?――「Windows 10」の旗艦店を準備中
「Windows 10」搭載の新デバイスが多数登場する年末商戦に向けて、Microsoftはニューヨークの5番街に旗艦店を出店しようとしている。数ブロック離れたApple Store旗艦店に対抗する構えだ。(2015/8/12)

減少幅は小さいが:
TSMCの売上高が減少、業界にやや不安感
TSMCの2015年6月における売上高が、前年同月比で0.6%減少した。UMCの売上高も減少している。今のところ減少幅は小さいが、商戦が活発になる下半期に向けて、両社は不安を拭い切れないようだ。(2015/7/16)

2015年PC/タブレット夏モデル:
Windows 10アップグレード対策を施した9機種投入――東芝「dynabook」夏モデルの見どころ
大画面ノート、低価格コンパクトノート、液晶一体型デスクトップと、東芝は個人向け主力PCを夏商戦に向けてモデルチェンジした。Windows 10のアップグレート対策を施しているのが特徴だ。(2015/5/19)

格安SIM定点観測:
DMM mobileが最安を維持、hi-hoが2Gバイトプランで最安タイ――2015年4月データ通信編
春商戦に向けたプラン新設・料金改定がひと段落付いた4月の格安SIM戦線。しかし、au系格安SIMに5月・6月に向けた料金改定の動きが見られた。早速チェックしてみよう。(2015/5/8)

格安SIM定点観測:
“業界最安”はDMM mobile――春商戦に向け10社が料金プランを改定――2015年3月データ通信編
新生活需要を見込んで、IIJ、NTTコム、DMMなど、各社がこぞって4月からデータ通信容量の増加を発表。どこが一番お得なのか? さっそくチェックしていこう。(2015/3/31)

楽天モバイル、月900円で2.1Gバイトの格安データSIM投入 「モバイルを4本目の事業の柱に」と平井副社長
「楽天モバイル」が「業界最安水準」のデータSIMや、富士通製の初心者向け端末「ARROWS M01」を投入。春の商戦期に向けユーザー獲得を加速する。(2015/2/24)

部分最適から全体最適へ:
日比谷花壇のカーネーション母の日商戦 「売上120%達成」その裏側に
大切な人に花を贈る──。フラワーギフト店大手の日比谷花壇が、実店舗やEC、それぞれの販売チャネルと業務バックエンドが抱えていた課題を解消する、EC/通販の統合基盤を導入した。その効果とは……。(2015/2/24)

新モバイルキーボードも発売:
日本マイクロソフトが春商戦向けキャンペーンを実施
日本マイクロソフトが春商戦の取り組みに関するプレス向け説明会を実施。Offce Premiumの活用を促進するキャンペーンを実施するほか、新たに2つの新製品を投入する。(2015/2/23)

パソコンポリスが旧型PCを「撲滅」:
慎吾が縦横無尽で取り締まり──WDLCが春の販促キャンペーンを発表
PCメーカーなどが加盟するWDLCが、2015年春のPC商戦に向けた販促キャンペーンを発表。柳沢慎吾さんが演じるパソコンポリスは、旧型PCの「撲滅」と最新PCへの買い替えを呼びかけた。(2015/2/12)

春商戦を想定:
「ドコモ光よりauがお得」な理由は?――量販店・併売店のauスタッフによる「接客コンテスト2015」
KDDIが、業界初の試みとなる量販店と併売店のスタッフによる接客コンテストを実施した。1260人の参加者から選ばれた16人が決勝大会に進出。春商戦を想定したロールプレイングを披露した。(2015/2/4)

2015年PC/タブレット春モデル:
第5世代Coreでさらに進化したプレミアムPC――「dynabook KIRA V83/V73/V63/L93」
春商戦に向けて、東芝の13.3型プレミアムスリムノートPC「dynabook KIRA V」、13.3型コンバーチブル&デタッチャブルPC「dynabook KIRA L」は、全機種が第5世代Core搭載の新モデルとなった。(2015/1/26)

狙うはシニア、ジュニア、2台持ちユーザー――ターゲットを明確化したauの戦略
auの2015年春モデルはターゲットを明確に打ち出した端末がラインアップされた。春商戦を勝ち抜くために、残代金を割り引いて機種変更を促す独自キャンペーンも実施する。(2015/1/19)

「妖怪ウォッチ」「アナ雪」がけん引:
早めのクリスマス商戦と人気キャラにより、玩具売上が増加
ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパンが、2014年の玩具販売動向を発表。11月後半から盛り上がったクリスマス商戦と「妖怪ウォッチ」「雪アナ」という2大キャラクターにより、全体の年間販売額は前年から7%増加した。(2015/1/9)

PC USER 週間ベスト10:
年末ギリギリに注目を集め出した新モデルとは?(2014年12月22日〜12月28日)
2014年最後のアクセスランキングは、年末商戦に遅れてやって来た新モデルが上位に食い込んできました。(2014/12/29)

PC USER 週間ベスト10:
年末商戦を盛り上げる“激安”Windowsタブレット&ミニノート(2014年12月15日〜12月21日)
今回のアクセスランキングは、ビジネスシーンで重宝するパーソナルなIT関連デバイス、低価格が魅力の8型Windowsタブレットや11.6型ミニノートPC、一風変わった自作パーツ、来年注目したいMicrosoftの新技術などが上位に入りました。(2014/12/22)

どこが違う?:
セイコー、シチズン、カシオから出揃った、最新GPSソーラーウオッチを使ってみた
腕時計が一年で最も売れる、クリスマス〜年末年始の商戦期が始まる。2014年の男性向け腕時計で最もホットなジャンルの一つが「GPSソーラーウオッチ」。安倍首相が愛用するセイコーの「アストロン」に第2世代が登場したのに加え、シチズン、カシオも参戦したのだ。そもそもGPSウオッチってどういうモノ? 3社の違いは? など、気になるポイントをまとめた。(2014/12/22)

【連載】ちょっと気になるWebキャンペーン:
第49回 「一番大切なあの人に今年は何を贈ろう?」――コカ・コーラほか、海外の動画広告が描く“家族の愛”
クリスマス商戦を前に海外の企業がキャンペーンを展開している。家族の愛を描く動画広告やTwitterと連携してプレゼントをオススメしてくれるWebサイトなど一挙に紹介する。(2014/12/12)

日本、全体の約25%:
米Adobe、サイバーマンデーのネット売上高が過去最高を記録したことを発表
米Adobe(以下「アドビ」)は米国時間2014年11月28日/12月1日、「サイバーマンデー」と呼ばれる歳末商戦のネット売上高について発表を行なった。(2014/12/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
“7000円台”のWindowsタブレットが米国で発売!――Microsoftは何で収益を上げるのか?
年末商戦まっただ中。「ゼロ円Windows戦略」で追い上げを図るMicrosoftだが、米国ではついに59.99ドルの7型Windowsタブレットが登場した。Windowsを一部で無料化して、Microsoftは何で収益を上げていくのか、同社の新しい戦略を追う。(2014/12/10)

楽天モバイルの新機種に「Ascend Mate7」と「AQUOS SH-M01」が選ばれた理由
10月29日にサービスを開始してから「想定以上に契約が増えている」という「楽天モバイル」。12月には2つの新機種を発表し、分割払いや楽天カフェでの契約も可能になった。バランスのよい3モデルがそろい、年末商戦に向けて攻勢をかける。(2014/12/5)

年末年始商戦へ一手:
Facebook、効果的なモバイルアプリ広告運用を実現する新機能を発表
Facebookは12月3日、年末年始商戦に向けて、効果的なモバイルアプリ広告を実現するための新機能を発表した。大きな追加機能は次の3点となる。(2014/12/3)

米ブラックフライデーのネット売上高は24億ドル、iOSがAndroidに圧勝
米国の歳末商戦開始のブラックフライデーのオンライン小売りに関するAdobeとIBMの調査によると、モバイルからの購入はiOSからがAndroidの約4倍で、平均購入価格もiOSの方が高かった。(2014/12/1)

PC USER 週間ベスト10:
「超小型PC」は年末商戦のダークホースか?(2014年11月24日〜11月30日)
今回のアクセスランキングは、にわかに盛り上がりつつある「超小型PC」に注目です。(2014/12/1)

事務ごよみ:
内定者へのフォローや冬期賞与の準備、労働時間の適正管理を――11月の事務ごよみ【人事・労務】
「採用内定者へのフォロー」「年末商戦への人手の確保」「労働時間の適正管理」など、人事・労務部門が11月中に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/10/28)

2014年PC秋冬モデル:
低価格11.6型ノートを一新、Office Premium、地デジのリモート視聴も――東芝「dynabook」秋冬モデルの見どころ
2014年の年末商戦に向け、東芝は主力となる大画面ノートPCと液晶一体型PCの新モデルを投入。好評を得ている低価格なタッチ対応11.6型ノートも一新した。いずれもOffice Premiumを搭載し、地デジのリモート視聴機能にも対応する。(2014/10/14)

クリスマスプレゼントに:
KDDI、Firefox OS搭載スマートフォンを2014年内に発売
KDDIの田中孝司社長が、Firefox OS搭載スマートフォンを2014年のクリスマス商戦に発売することを明かした。(2014/10/6)

親へ贈るスマホ、どちらがいい?:
“敬老の日”シニアケータイ商戦、格安スマホか大手キャリアか
敬老の日は、シニア向けスマホを親に贈る機会が増えるちょっとした商戦期だ。実績があるのは大手通信事業者の“らくらく”なシリーズだが、最近は“格安スマホ”にする選択肢もあるようだ。(2014/9/12)

クリスマスおもちゃ見本市2014:
それは想定外!――完成品の「Robiジュニア」からトミカ「首長竜搬送車」まで
年末商戦に向け、玩具メーカー各社が新製品を披露する展示商談会「2014クリスマスおもちゃ見本市」が開幕。新作玩具を中心にピックアップした。(2014/9/3)

小さめ、A3、6色をアピール:
AKBまゆゆと「センター」を取っていく――エプソン、新カラリオのプリンタ戦略とは?
年末商戦に向けた家庭向けプリンタの発表が相次ぐ中、エプソンも「カラリオ」の新ラインアップを発表。人気モデルの使い勝手を向上しつつ、新コンセプトの小型プリンタでシェア1位を狙う。(2014/9/3)

石野純也のMobile Eye(8月18日〜29日):
au「HTC J butterfly」「MeMO Pad 8」とソフトバンク「AQUOS CRYSTAL」で見えた、端末戦略の違い
例年、8月は夏の商戦期が一段落するタイミングだが、2014年はKDDIとソフトバンクモバイルから、戦略的なスマートフォンやタブレットが複数発売された。今回は、両社の端末に対する取り組みを解説していく。(2014/8/30)

14ナノプロセスルールで性能改善:
Intel、Broadwell世代の「Core M」概要を公開
最初の搭載モデルは2014年のクリスマス商戦に登場する予定だ。(2014/8/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。