ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「商戦」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「商戦」に関する情報が集まったページです。

“奇抜さ”の追求だけではない:
これは本当に恵方巻? 変わり種が続々登場しているワケ
恵方巻商戦が熱を帯びてきた。実は、スタンダードなタイプの恵方巻だけでなく、変わり種の恵方巻を販売するチェーンが増えている。各社に開発の狙いを聞いた。(2019/1/15)

今日のリサーチ:
福袋をオンラインで買う人々の傾向――Criteo調査
Criteoが実施した年末年始商戦の消費者行動調査です。(2019/1/11)

PS4、世界販売9160万台を突破 SIE小寺社長「次なる大台も視野に」
PS4の全世界での累計実売台数が昨年末時点で9160万台を突破。年末商戦期の販売台数は560万台と、2017年の同時期(590万台)と比べると微減だった。(2019/1/8)

驚きの結果:
恵方巻の廃棄率は? イオンの担当者に聞いてみた
コンビニやスーパーで恵方巻商戦が本格化している。イオンリテールでは恵方巻の販売量が右肩上がりで増えている。近年、食品ロスの観点から批判されている恵方巻の廃棄率はどのくらいなのだろうか。(2019/1/7)

中トロ、バフンウニなども投入:
かっぱ寿司の冬商戦、「寒ブリ3貫100円」で挽回へ
かっぱ寿司が12月20日から、100円メニューを強化する施策「イチ押しネタシリーズ」を始める。第1弾は3貫セットで100円の「霜降り寒ぶり三昧」。客足の落ち込みに歯止めをかける狙い。(2018/12/18)

「Nintendo Switch」、米感謝祭の5日間でWii超えの好調ぶり
「Nintendo Switch」の年末商戦序盤(11月22日〜26日)の米国での販売台数がWiiが打ち立てた記録を超え、任天堂のゲーム機として最も売れた製品になった。任天堂製品のこの5日間の米国での売上高は284億円を超えた。(2018/11/29)

「鉄板ネタ」にも変化あり:
「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」……カレンダー商戦を追った
2018年も残すところわずかだが、19年用のカレンダー商戦が熱を帯びてきた。どのような商品が売れているのだろうか。取材を進めると「宇野VS. 羽生」「プーチンの肉体美」といったトレンドが見えてきた。(2018/11/23)

Apple Store、クリスマスに向け衣替え
年末のクリスマス商戦に向けて、Apple Storeの店内、サイトが衣替え。(2018/11/16)

Mobile Weekly Top10:
秋冬ハイエンドAndroidスマホ比較/「分離プラン」の功罪
秋冬商戦向けのスマートフォンが次第にそろってきました。どれも出来が良く、どの機種を買うのかなかなか悩ましいところです。(2018/11/12)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモの値下げ発言でMVNO業界に激震――来年の春商戦まで、顧客の流動性に急ブレーキか
NTTドコモが料金プランを見直し、2019年度に月額料金を2〜4割値下げする方針を明らかにした。それで割を食うのは、大手キャリアより割安な料金で訴求するMVNOだ。(2018/11/9)

スマホは“コスパ”重視、WiMAX 2+と合わせ「ウルトラギガMAX」で攻めるUQ
UQコミュニケーションズが、2018年秋冬商戦の新製品を発表。スマートフォンはミッドレンジが中心で、コストパフォーマンスを重視した。大容量のデータ通信が可能なWiMAX 2+と合わせて「ウルトラギガMAX」というワードを訴求していく。(2018/10/30)

ALIENWARE史上最軽量の15型ノートPC「m15」と第9世代Coreを搭載した「AURORA」が登場
ALIENWAREが年末商戦期向けの新製品として、第9世代Coreを採用したデスクトップPCと15型ゲーミングノートPCを発表。m15はALIANWAREの現行ラインアップで最軽量のモデルだ。(2018/10/23)

スマホは3万円台〜13万円台 ドコモ冬春モデルの価格をチェック
NTTドコモが2018年冬〜2019年春商戦向けの新製品を発表した。ハイエンドから個性派ケータイまでバラエティに富んでいる。現時点で判明している、ドコモオンラインショップの一括価格と実質価格をまとめた。(2018/10/17)

ドコモが2018年冬〜2019年春モデルを発表 Xperia XZ3やNote9、カード型ケータイも
NTTドコモが10月17日、2018年冬〜2019年春商戦向けの新商品を発表した。スマートフォンは「Xperia XZ3」や「Galaxy Note9」など5機種。薄くて小型のカード型ケータイも投入する。(2018/10/17)

12月の売り上げでカバー:
スーパーのマルエツ、働き方改革で19年元日を「休業日」に
スーパーマーケットのマルエツが、一部店舗を除き、2019年1月1日を休業日とする。生産性向上と人手不足解消が狙い。売り上げの減少は、18年12月の年末商戦などに注力することでカバーする方針。(2018/10/15)

ドコモ、10月17日に2018年冬〜2019年春モデルの発表会を開催
ドコモが10月17日に、2018年冬〜2019年春商戦の新商品発表会を開催。発表会はYouTubeでライブ中継する。「Xperia XZ3」や「Galaxy Note9」が登場するかもしれない。(2018/10/10)

人気はうなぎ上り:
ビジネスにも「大坂なおみ旋風」 ラケット、腕時計……関連商戦が過熱
テニスの全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス優勝を飾った大坂なおみ選手に経済界も熱視線を送っている。天真爛漫(てんしんらんまん)な人柄もあり、人気はうなぎ上りで、関連商品の商戦は既に過熱気味。大坂選手を企業ブランドの広告塔「ブランドアンバサダー」に起用し、自社の取り組みをアピールする動きも出ており、ビジネスでも「大坂旋風」が続きそうだ。(2018/9/19)

「スマホ応援割」対象サービス追加も:
auが「iPhoneギガトクキャンペーン」開始 対象iPhone購入で月額料金を1年間割り引き
9月14日から、auが対象のiPhone購入を条件に月額料金を1年間520円または1020円割り引くキャンペーンを開始する。既存の「スマホ応援割」の対象データ定額サービスも拡大することで、“iPhone商戦”に先手を打つ。(2018/9/13)

LINEのトーク画面やスマートスピーカーからも印刷可能に キヤノン「PIXUS」プリンタ6機種
2018年の年末商戦に向けて、キヤノンは家庭向けインクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新ラインアップを発表。スマートフォンとの連携強化の他、スマートスピーカーからのプリントにも対応した。(2018/8/2)

“iPhone商戦期”に攻めるmineo ソフトバンク回線を提供する狙いは?
ソフトバンク回線のサービスを9月に開始するmineo。ケイ・オプティコムの荒木誠社長は、2020年度までに200万回線達成を新たな目標に掲げる。ソフトバンク回線でどれだけのユーザーが集まるのだろうか。(2018/7/24)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「P20」シリーズでキャリア/SIMフリー市場を攻めるHuawei 呉波氏に聞く、夏商戦の意気込み
SIMフリー市場を切り開いてきたHuaweiだが、2018年は大手キャリアへの進出を本格化させている。この夏に、3キャリアから同社のスマートフォンが発売された。ファーウェイ・ジャパンで、デバイス部門のプレジデントを務める呉波氏に夏商戦の意気込みを聞いた。(2018/6/29)

これからのarrowsはどうなる?――富士通コネクテッドテクノロジーズ高田社長 一問一答
富士通の携帯電話端末事業を分離して2年前に発足した「富士通コネクテッドテクノロジーズ」は、2018年3月30日にポラリス・キャピタル・グループ傘下に入った。新たな一歩を踏み出した同社の高田克美社長が、2018年夏商戦向け新製品発表会で囲み取材に応じた。(2018/5/24)

Mobile Weekly Top10:
ドコモとauから夏モデル/やっぱり気になる「XZ2」ファミリー
ドコモとauが夏商戦に向けた発表会を開催しました。auについては、5月下旬に改めて発表会をするようです。(2018/5/21)

新サービスに質問が集中――ドコモ2018年夏発表会 一問一答
NTTドコモが2018年夏商戦に向けた発表会を開催した。この記事では、発表会における質疑応答と吉澤和弘社長との囲み取材の模様をお伝えする。(2018/5/18)

ドコモ独占の「P20 Pro」、新AIエージェント、投資サービス――ドコモ2018夏モデルと新サービスの狙い
NTTドコモが2018年夏商戦に向けた新サービスと新商品を発表した。この記事では発表会本編の模様を時系列でご紹介する。(2018/5/17)

ドコモの2018年夏モデル Xperia XZ2シリーズ、Galaxy S9/S9+、HUAWEI P20 Proなど計11機種
ドコモが2018年夏商戦向けモデルを発表した。新モデルはスマートフォン10機種とタブレット1機種を合わせた計11機種。ドコモでは約5年ぶりのHuaweiスマホも登場する。【更新】(2018/5/16)

P20 liteは一括3万円(税別) au夏モデルの価格をチェック
auの2018年夏商戦向けモデルが発売された。ここでは各製品の価格をまとめたので、購入計画の参考にしてほしい。最も安いのは「HUAWEI P20 lite」だ。(2018/5/14)

auの2018年夏モデル登場 「Xperia XZ2/XZ2 Premium」「Galaxy S9/S9+」など7機種
auが2018年夏商戦に向けた新機種を7機種投入する。合わせて、2017年冬モデルとして登場した「AQUOS sense」の新色や、公式アクセサリー「au +1 collection」を投入する。(2018/5/14)

グローバル版に近いデザインの3色展開――ソフトバンクから「Xperia XZ2」登場 5月下旬以降発売
ソフトバンクが「Xperia XZ2」を2018年夏商戦に投入。キャリアロゴは一切なく、グローバル版とほぼ同一のデザインで3色展開する。(2018/5/10)

ドコモが5月16日12時から「新サービス・新商品発表会」を開催 ライブ配信も実施
NTTドコモが、2018年夏商戦に向けた新サービスと新商品の発表会を開催することを明らかにした。その模様はYouTube LiveやTwitterなどでライブ配信される予定だ。(2018/5/9)

入学1年前から情報収集が当たり前:
ランドセル商戦の早期化 震災が後押し
今年もランドセル商戦がスタートした。“ラン活”という言葉があるほど商戦は早期化し、1個あたりの価格も上昇している。(2018/3/5)

女性と子どもの不安解消が鍵:
花粉症商戦本格化 トレンドは“やさしさ”
今年も花粉症商戦が盛り上がってきた。年々拡大する花粉症マーケットを取り込むために各社は知恵を絞っている。(2018/2/17)

増収増益のDeNA、ゲーム事業はやや落ち込み 期待の「新規協業タイトル」も
ディー・エヌ・エーが2017年度第3四半期(17年10〜12月)の連結業績を発表。前年同期比では増収増益だったが、主力のゲーム事業は「年末商戦が期待に届かなかった」と営業利益がやや落ち込んだ。しかし好調な任天堂との協業タイトルに新たな動きも。(2018/2/8)

Amazon、年末商戦とAWS好調で増収増益 「Alexa絶好調」とベゾスCEO
Amazon.comの10〜12月期決算は、年末商戦とAWSが好調で予想を上回る増収増益だった。(2018/2/2)

2018年はHuaweiスマホの“キャリア進出”が増える?
2018年春商戦では、KDDIが初のHuaweiスマートフォンを扱うことが話題を集めています。HuaweiがSIMフリー市場で培った実績が評価されたことは間違いないでしょう。2018年はHuaweiスマホのキャリア進出が増えそうです。(2018/1/19)

事業転換の表れ:
いつもと違うぞ!? 年末商戦でエプソンが見せた「新手」
セイコーエプソンは、2017年の年末商戦で、プリンタのインクカートリッジモデルの主力製品に関するテレビCMを一切行わなかった。そのわけというのは……。(2018/1/11)

PS4、世界7360万台突破 ソフトは6億4500万本
「プレイステーション 4」の累計実売台数が7360万台を突破した。昨年の年末商戦が好調だったという。(2018/1/9)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(12月編):ハイエンドスマホのカメラ勝負/気になるモバイル通信業界の行方
アクセスランキングで振り返る、2017年のモバイル業界。12月は、冬商戦に登場したハイエンドスマホのカメラ比較記事が特に良く読まれました。(2018/1/4)

家族全員にポイントプレゼントも:
「ドコモの学割」12月27日スタート 25歳以下の月額料金が1年間1500円引き
NTTドコモが2018年春商戦向けの「学割」を例年よりも早く発表。25歳以下のユーザーを対象に月額1500円の割り引きを最大1年間提供するほか、対象ユーザーのシェアグループ全員に「dポイント」を1人あたり3000ポイント付与する。(2017/12/19)

石野純也のMobile Eye:
春商戦の先手を打ったY!mobile 楽天モバイルも“サブブランド化”で勢力拡大
2018年春商戦に向けて、Y!mobileが学割や新機種を発表するなど先手を打った。MVNOの対抗馬として注目したいのが楽天モバイル。プラスワンマーケティングのMVNO事業を買収したことで、さらに勢力を拡大している。(2017/12/10)

Microsoft Focus:
つるの剛士と蛭子能収は新たなPC需要を掘り起こせるか 冬のキャンペーンに異色キャラ
2017年の年末商戦で狙うは、3年後にプログミング教育必修化をひかえた子ども向けPC市場と、「Windows 10」のアピールが届きにくかった地方都市や若年層、シニア層などの大人向け市場。その行方は……?(2017/12/9)

売り場から市場盛り上げる:
セブンの「冬アイス」新商品登場 コーンタイプのハーゲンダッツなど6種
セブン-イレブン・ジャパンは、冬商戦に向けたアイスクリームの新商品を12月5日以降に発売する。「クリーミーコーン<キャラメル&マカデミア>」(ハーゲンダッツ ジャパン製)など6種類。(2017/12/4)

「真似をされたら超える」「安さだけでは寿命が来る」「PHS停波は未定」――「Y!mobile発表会」一問一答
2017年冬・2018年春商戦に向けた取り組みを発表したY!mobile。その発表会における報道関係者とY!mobile事業の責任者とのやりとりをまとめた。(2017/12/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバに異変? Coffee Lake枯渇の裏側
Coffee Lakeの流通状況に異変が起きている。Core i5を中心に中間クラスのモデルがどこにも在庫がない状況で、「冬のボーナス商戦前としては前代未聞」との声も。(2017/11/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
まだ終わらない? Windows 10 Mobileスマホにまさかの新機種
Windows 10 Mobileはメンテナンスフェーズに入ったと言えるが、2017年末商戦向けに同OS搭載のスマートフォン新機種を投入するメーカーが出てきた。(2017/11/25)

平均3〜9%:
西友、年末商戦に向け食品・日用品644品目を値下げ
西友は11月17日から、ナショナルブランド(NB)の食品・日用品644品目を平均3〜9%値下げする。(2017/11/16)

「Xは8の倍」「7+8+X=大幅増」――ソフトバンクのiPhoneの売れ行き
ハイエンドな「iPhone X」の発売時期がずれたことにより、2017年のiPhone商戦は従来とは異なる様相を呈している。日本でいち早くiPhoneの販売を始めたソフトバンクではどうだったのだろうか。(2017/11/7)

Mobile Weekly Top10:
ドコモ×ZTEの2画面スマホ、世界へ/ドコモの冬春モデル登場
NTTドコモが2017年冬・2018年春商戦向けの新製品を発表しました。各機種の記事の中でも、特に読まれたのは「M Z-01K」に関する記事でした。(2017/10/24)

「高齢寄りの男性」と「老若男女」を狙う――UQコミュニケーションズの2017年秋冬モデル
UQ mobileは2017年秋冬商戦向けスマートフォンを2機種発表した。これらの機種は、どのような狙いを持って投入されるのだろうか。(2017/10/23)

UQ mobileが「arrows M04 PREMIUM」と「AQUOS sense」を発売 スマホ向け新ポータルも
UQ mobileが、2017年冬商戦向けの新スマートフォンを発売する。合わせて、スマートフォン向けの新しいポータルサイト「UQライフ」の提供も開始する。(2017/10/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。