ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サファイアガラス」最新記事一覧

Withings、腕時計スタイルの活動量計「Activite Steel」を発表
ステンレスケースとクロームの針を採用した、スタイリッシュながら価格は抑えめの、腕時計型活動量計「Activite Steel」が登場。Activite Pop並みのリーズナブルな価格で購入できます。(2016/5/12)

アウトドア・フィットネス分野でシェア拡大を目指すGarmin 「fenix3J Sapphire Titanium」と「vivofit 3」を発表
Garminが、日本国内では初めてとなる製品発表会を開催した。そこで発表されたのは、アウトドア向けのハイエンドGPSウォッチ「fenix3J Sapphire Titanium」と、活動量計のエントリーモデル「vivofit 3」だ。(2016/4/12)

水深計を初めて搭載した「G-SHOCK FROGMAN」、その特徴は?
カシオ計算機は6月10日に、過酷な水中でのミッションを支える3つのセンサーを搭載したダイバーズウオッチ「G-SHOCK FROGMAN(フロッグマン)GWF-D1000」を発売する。(2016/3/18)

カッコいい! 「シティーハンター」30周年記念の腕時計、スイスの時計ブランドより限定発売!
冴羽リョウになった気分。(2015/11/18)

デザイナーに聞く:
PR:“オシアナス・ブルー”を支えるデザイナーのこだわり、その舞台裏に迫る
カシオは10月、「OCEANUS(オシアナス)」の最新モデルを発表した。時計に施されている色は“塗られている”と思っているかもしれないが、オシアナスは違う。長い年月をかけて、美しいブルーを追求しているのだ。(2015/11/13)

タグ・ホイヤーのチタン製Android Wear「Connected」、日本でも16万5000円(希望小売価格)で発売へ
スイス高級腕時計メーカーTAG Heuerが、Intelプロセッサ搭載のAndroid Wear端末「Connected」を発表した。日本でも直営店で16万5000円(希望小売価格)で発売する。約30万円の「Carrera」のデザインを踏襲し、ケースはチタン、ディスプレイはサファイアガラスだ。(2015/11/10)

カシオ、今秋に新作の時計を投入
カシオ計算機は9月から10月にかけて、新作の時計を3アイテム投入する。(2015/9/24)

カシオが秋冬の新製品を発表、注目の時計は?
カシオ計算機は9月初旬、2015年秋冬モデルの新作ウォッチを展示する「2015年Autumn/Winter CASIO時計新製品発表会」を都内で開催した。(2015/9/18)

美しいデザインの活動量計「Activite Pop」を写真で見る
スタイリッシュな時計の中に活動量計を備えたWithingsの「Activite Pop」の販売が国内でも始まりました。「Activite」との違いを中心に観てみましょう。(2015/8/13)

「Huawei Watch」の完成度はApple Watch以上?――Huaweiのウェアラブル戦略
スマートフォンやタブレットだけでなく、ウェアラブル製品も続々と投入しているHuawei。同社が掲げるウェアラブル分野における戦略とは? ドイツで開催された「Huawei Innovation Day」で、ウェアラブルを統括するYang Yong氏が語った。(2015/6/19)

Withings Activiteのブラックモデル、販売開始
スイス製のムーブメントを採用した活動量計機能搭載の腕時計、「Withings Activite」のブラックモデルの販売が5月15日から始まった。(2015/5/15)

Apple Watchのステンレスケースは傷が目立つ
磨き上げられた鏡面仕上げのケースが魅力のApple Watch。でもそのケースは傷が付きやすく、結構目立ちます。気を付けていても傷は付くものですが、なるべく気を遣った方が良さそうです。(2015/5/2)

「Apple Watch Sport」のアルミノケイ酸ガラスは紙やすりで傷つく──検証動画公開
かつてiPhone 6を手で曲げてみる検証動画を公開したUnbox Therapyが、「Apple Watch」の一番安いモデル「Sport」の文字盤と同じと称するアルミノケイ酸ガラスを鍵やナイフ、紙やすりでこする実験動画を公開した。(2015/4/22)

8カ月バッテリーが持つ腕時計型デバイス「Withings Activite」発売 「今のウェアラブルはウェアラブルではない」
これまで日本では、一部の製品がECサイトなどでのみ販売されていた仏Withingsの製品ラインアップが、国内の大手量販店などで販売されるようになる。デザイン性に優れた腕時計型の「Withings Activite」なども正式に発売になった。(2015/4/17)

約2倍の価格差でも:
私がApple Watch SportではなくApple Watchを選んだ理由
Apple Watchのどのモデルを選ぶか、という質問への答えは人それぞれだと思いますが、私はApple Watch 42mmを選択しました。その理由を説明します。(2015/4/16)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Apple Watch」はどれを選ぶべきか? どちらの手に巻くべきか?
「Apple Watch」の店頭展示と試着、そして予約受付がついに始まった。全98パターンにおよぶケースとバンドの組み合わせから、何を選ぶべきか迷っている方も少なくないだろう。実機に触れた筆者だから分かる選び方のポイントを紹介しよう。(2015/4/10)

ブランド誕生55周年記念:
グランドセイコー、自動巻機械式モデル「62GS」をデザイン復刻した限定コレクション
グランドセイコーはブランド誕生55周年を記念し、同ブランドの傑作モデル「62GS」をデザイン復刻した限定モデル8機種を発売する。(2015/4/7)

カシオ2015年春夏新作ウオッチ展示会:
高機能ハイエンドのバリエーションが多彩に――最新G-SHOCK & OCEANUS
G-SHOCK+OCEANUSで「GPS+標準電波」のハイブリッド時刻取得機能を、G-SHOCK+EDIFICEで「スマートフォン連携」というコンセプトを推し進めるカシオの腕時計。2015年春夏モデルは何に力を入れているのか? 新作発表会で見かけた注目モデルを紹介しよう。(2015/3/30)

動画で360度チェック:
え、こんな形なの!?「Apple Watch」の“別売”アクセサリーを眺めた
発売が近づいてきた「Apple Watch」だが、一足早くアクセサリーが登場しているようだ。まずは交換バンドと保護フィルムをチェックしてみた。(2015/3/26)

iPhoneのように盛り上がる「Apple Watch」用アクセサリー市場
Apple Watchを時計ととらえると、アクセサリーを付けて利用するという感覚はあまりないかもしれませんが、各社の動きを見ていると、iPhone並みに大きなアクセサリー市場が誕生する可能性があります。(2015/3/22)

バラして見ずにはいられない:
分解して分かった「Xperia Z3」の“プレミアム端末学”
人気の「Xperia Z3」にはどんなパーツが使われ、どんな製法で生産されているのか。ソニーモバイルがプレミアムモデルと位置付けるZ3の分解を通じて、その開発哲学に迫った。(2015/3/11)

クラシックデザインのスイス製スマートウォッチ「オルロジカル スマートウォッチ」発売
活動・睡眠を記録するセンサー「MotionX」を内蔵したスイス製スマートウォッチ「オルロジカル スマートウォッチ」が発売。アナログ文字盤のクラシックなデザインが特徴だ。(2015/3/10)

Apple Watch、日本や米国で4月24日発売 100万円超える超高級モデルも
Appleは3月9日(現地時間)、スマートウォッチ「Apple Watch」の詳細を発表した。米国や日本で4月24日に発売する。(2015/3/10)

ロンジン、2015年最新作「コンクェスト クラシック ムーンフェイズ」
(2015/3/10)

いよいよ詳細が明らかに:
Apple Watchで何ができる? 林信行による事前チェック!!
3月10日午前2時(日本時間)、米国で行われるアップルのスペシャルイベントでいよいよ「Apple Watch」の詳細が明らかになる。これまでに公開されている情報や独自に得た情報をもとに、林信行が解説する。(2015/3/9)

Mobile World Congress 2015:
話題沸騰の「Huawei Watch」を写真でチェック!!――新型ウェアラブルにゴールドを採用した理由を聞いてみた
Huaweiは「MWC 2015」でAndroid Wear搭載の腕時計型デバイス「Huawei Watch」ほか、2機種のウェアラブル端末を展示。いずれも中国で大人気だというゴールドカラーをラインアップする。(2015/3/4)

Apple Watchはこうあってほしい:
Appleのプレスイベントで発表されてほしいことを妄想する
Appleが3月9日(日本時間では3月10日早朝)に開催するイベントは、Apple Watchの発表が中心になると目されます。うわさのまとめはすでにあちこちに出ていますが、ここではその場で発表されてほしいことを期待を込めて挙げてみます。(2015/3/3)

薄すぎる「iPhone 7」とする画像が拡散中 非公式のコンセプトモデルなので注意
ホンモノじゃないからね?(2015/3/1)

Apple、3月9日に「Apple Watch」関連イベントをライブ中継へ
Appleが、日本時間の3月10日午前2時から特設サイトで発表イベントをライブ中継する。サイトに「Spring Forward」(夏時間への切り替えで時計を1時間進める)とあることから、「Apple Watch」関連とみられる。(2015/2/27)

Apple Watch出荷、まずは500万〜600万台から──Wall Street Journal報道
2014年通年のスマートバンドの総出荷台数は460万台と報じられているが、Appleは「Apple Watch」を発売四半期に500万〜600万台出荷するようだ。(2015/2/18)

Gorilla GlassのCorning、“サファイアのように”傷つきにくいカバーガラス開発
AppleやSamsungが採用するディスプレイガラス「Gorilla Glass」で知られるCorningが、サファイアのように傷つきにくい新製品を開発したと発表した。年内に発売する計画だ。(2015/2/9)

ジラール・ペルゴ、重力を超越する、ホワイトゴールドのトライアクシャル トゥールビヨン
(2015/1/23)

連載・クラウドファンディング「成立」のその後:
腕時計から「リストファッション」へ 1万円台の国産カスタム腕時計「Knot」の狙い
クラウドファンディングサイトで注目を集めたプロジェクトの“資金調達のその後”を追いかける本連載。第2回は、日本製ながら1万円台の低価格を実現したカスタムオーダー腕時計「Knot」の開発プロジェクトに迫る。(2015/1/20)

“ウェアラブル”の今:
第11回 “ウェアラブルイヤー”になる2015年、我々は何を身に付けるか
IT業界のこれからの1年を占うのに重要な展示会、International CESでは、2015年の注目トピックの1つとしてウェアラブルデバイスが大きな注目を集めていた。今年、私たちが身に付けるウェアラブルデバイスはどう変わっていくのだろうか。(2015/1/10)

A.ランゲ&ゾーネ、サクソニア・ファミリーの3大モデルが新フェイスに
(2014/12/12)

「Gorilla Glass 4」──コンクリートに落としても割れにくいCorningの新ディスプレイガラス出荷開始
Corningが、Gorilla Glass 3よりも強く、1メートルの高さからコンクリートに落としても5回に4回は割れないGorilla Glass 4を発表した。(2014/11/21)

これはゴージャス──Intelの女性向けスマートブレスレット「MICA」が米国で発売へ
2年間の通信量込みで495ドル!(2014/11/19)

サファイアガラスをディスプレーに採用
徹底レビュー:あり得ない強靭さ、京セラ“高耐久性スマホ”「Brigadier」はどこまで耐えられるか
Brigadierは厚みがあって、決して見た目がよいとはいえない。だが、耐久性に優れた本体と非常に強靭なサファイアガラスのディスプレーは検討に値する。(2014/11/9)

“ウェアラブル”の今:
第2回 改めて考える「Apple Watch」の可能性と課題
ウェアラブルデバイスを考えるとき、Apple Watchの存在は無視できない。Appleはこれを腕時計として世に送り出そうとしているが、果たしてApple Watchは「毎日選ばれる1本」の座を獲得できるのだろうか。(2014/11/3)

フェアも開催 11月1日〜:
ペキニエ、カリブル ロワイヤル搭載コレクションにエントリーモデル
(2014/10/31)

エドックス、「クラスワン クロノオフショア」にクラスワン史上最もラグジュアリーな限定モデル
(2014/10/17)

ペキニエ、カリブル ロワイヤル搭載コレクションにエントリーモデル
(2014/10/10)

A.ランゲ&ゾーネ、ランゲ1 20周年記念20組限定のリミテッドコレクション
(2014/10/6)

セイコー、クロノグラフ搭載の第二世代「アストロン8Xシリーズ」
(2014/9/26)

「シチズン アテッサ」に新色、ミッドナイトをイメージしたネイビー文字板モデル
ビジネスパーソン向け腕時計ブランド、シチズン アテッサ ダイレクトフライトシリーズにネイビー文字板を採用したモデルが追加された。価格は13万円から。(2014/9/26)

BlackBerry、ポルシェデザインのQWERTY端末「P'9983」を発表
BlackBerryがPorsche Designとのコラボ端末「P'9983」を10月初旬に発売する。先代で消えたQWERTYキーボードが復活した。(2014/9/18)

林信行がAppleイベントで感じたこと:
「Apple Watch」はアップル新時代の象徴
米Appleがスペシャルイベントで発表したスマートウォッチ「Apple Watch」は、ファッションやコミュニケーション、ヘルスケア、そして日々のライフスタイルを大きく変えていく可能性を秘めている。林信行氏が現地リポート。(2014/9/11)

「iPhone 6」と「Apple Watch」に関するうわさの“答え合わせ”
事前にいろいろ騒がれていた「iPhone 6」に関するうわさはどれくらい正しかったのか、改めて確認してみました。(2014/9/10)

iPhone 6/6 Plusは5s/5cからどう変わった?
iPhone 6とiPhone 6 Plusは昨年モデルのiPhone 5s/5cからどう変わったのか。変更点をチェックしよう。(2014/9/10)

新型iPhoneとApple Watch:
30秒で分かるAppleスペシャルイベントまとめ
米Appleのスペシャルイベントで次期iPhoneの詳細が明らかになったほか、“One more thing”としてウワサのスマートウォッチが「Apple Watch」の名称で登場した。(2014/9/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。