ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Note SC-05D」最新記事一覧

Samsung、米企業評判ランキングで7位から49位に転落
「Harris Poll」として知られる米調査会社による米国での企業評判ランキングで、2016年に7位だったSamsung Electronicsが49位に転落した。(2017/2/21)

手帳型スマホケース「ウォレットS」が最大78%引きで買える――Spigenの週替わりタイムセール第6弾
SpigenのAmazonストアで、シリーズ別ケースの週替わりタイムセールの第6弾が開催される。今回は手帳型ケース「ウォレットS」がセール対象で、2月17日から23日まで同ケースを最大78%引きで購入できる。(2017/2/17)

「Apple Storeでは不可能だった」と担当者
「iPad mini」1万5000台を客室乗務員に配布、航空会社は大規模導入をどう実現したか
米国内の10拠点で働く客室乗務員に「iPad mini」を配備したSouthwest Airlines。1万5000台という大量のiPad miniをどのように導入したのか。(2017/2/14)

「Galaxy S8」は3月発表で新AIアシスタント「Bixby」搭載?
Samsungは3月にニューヨークでイベントを開催し、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」を発表するとWall Street Journalが報じた。新端末は独自のAIアシスタント「Bixby」を搭載し、大小2モデルとも曲面ディスプレイでホームボタンがないという。(2017/2/12)

Samsungのバッテリー工場で火災 原因は廃棄バッテリー?
Samsung Electronicsのリコール端末「Galaxy Note7」のバッテリーを製造したSamsung SDIの天津工場で火災が発生した。原因は廃棄された欠陥バッテリーという。(2017/2/9)

柔軟性の高いディスプレイを採用
開くとタブレットサイズになる“折り畳み式スマートフォン”が登場?
次に購入するタブレットは折り畳み式のディスプレイを搭載したスマートフォンになるかもしれない。早ければ2017年には製品を手にすることができるだろう。(2017/2/5)

Spigenの週替わりタイムセール、第4弾は「シン・フィット」シリーズが最大75%オフ
SpigenのAmazonストアが、シリーズ別のケース週替わりタイムセールの第4弾を開催する。今回は「シン・フィット」シリーズが最大75%引きで購入できる。期間は2月3日〜9日まで。(2017/2/3)

「iPhone 7」の成功を受け:
2016Q4のスマホシェア、AppleがSamsungを抜く
IDCが、2016第4四半期(10〜12月)におけるスマートフォンの出荷台数ランキングをまとめた。それによると、AppleがSamsung Electronicsを抜いて首位となった。(2017/2/2)

Samsung、2月26日にType-Cポート付きの何かを発表
Samsung Mobileが、スペインのバルセロナで、MWCに合わせてGalaxy関連の何かを発表するとツイートした。ヒントはType-Cポートのついた端末の底面画像のみだ。(2017/2/1)

Mobile Weekly Top10:
「格安SIM」に行けない理由/「3日間あたりの通信規制」はなぜ必要?
料金の低廉さから「格安SIM」とも呼ばれるMVNOサービス。興味を持つ人は増えているのですが、乗り換えをためらう人も少なくありません。その心は、どこにあるのでしょうか?(2017/1/31)

「Noteブランドは捨てない」とSamsung Mobile社長
「Galaxy Note7」の発火問題の原因と対策を発表したSamsungは、Noteブランドを維持し、「Galaxy Note 8」を発売する計画を明らかにした。また、例年2月のMWCで発表してきた「Galaxy S」シリーズの最新モデル「Galaxy S8」は、事故を繰り返さないために慎重に準備するため、2月には発表しないとしている。(2017/1/24)

Galaxy Note7の発火原因をサムスンが正式発表 バッテリーの電極に湾曲、接触不良など
今後は8項目に渡る安全対策を講じるとのこと。(2017/1/23)

Samsungが「Galaxy Note7」発火問題の原因を発表――バッテリー自体に問題あり
Samsung Electronicsが「Galaxy Note7」発火問題の調査結果を発表。スマホ本体やソフトウェアではなく、バッテリー自体に原因があることが判明。Samsungは製品の安全性を向上させる取り組みを導入する。(2017/1/23)

「Galaxy Note7」爆発の原因、Samsungが正式発表 バッテリー設計と製造工程に問題
Samsungが、発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」の原因と改善策についての記者会見を開催。原因はバッテリーの設計と製造工程にあったとしている。(2017/1/23)

「Chromebook Plus」「Chromebook Pro」を先取りレビュー
Androidアプリが使えるSamsung製“高級Chromebook”が登場、価格に見合う価値はある?
「Chromebook Plus/Pro」はAndroidアプリやスタイラスペンが利用できるなど機能は豊富だが、価格は450ドル以上と、300ドル前後が主流のChromebookの中では少々値が張る。その“プレミアム”さは本物か。(2017/1/21)

Spigen、Amazonストアの週替わりタイムセール第2弾を開催 「ネオ・ハイブリッド」シリーズが最大65%引き
Spigenは、全デバイスを対象としたシリーズ別ケースの週替わりタイムセールを開催。第2弾は「ネオ・ハイブリッド」シリーズで、最大65%オフで提供する。期間は1月20日〜26日まで。(2017/1/20)

Samsung、Galaxy端末に「Android 7.0 Nougat」配信開始
Samsungが、まずは「Galaxy S7」および「Galaxy S7 edge」への「Android 7.0 Nougat」のOTAアップデートを開始した。アップデート予定の端末リストも公開した。(2017/1/20)

爆発する「Galaxy Note7」、96%を回収済みとSamsungが発表
Samsungが、発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」の約96%を回収したと発表した。また米運輸省が航空会社に義務付けていた搭乗前警告を解除したことも報告した。(2017/1/12)

CES 2017:
Samsung、スタイラス付きで360度ヒンジの「Chromebook Pro」を今春発売へ
ASUSに続き、Samsungも新Chromebookを発表した。360度ヒンジに加えて本体に収納できるスタイラス付き。Google Play(β)がプリインストールされており、Androidアプリをタッチディスプレイで使えるようになる。ARMベースの「Chromebook Plus」は449.99ドルだ。(2017/1/5)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
いよいよ発表! 2016年を代表するスマホは……?
2015年12月から2016年11月までの期間に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。この記事では、いよいよ最優秀機種を発表します……!(2016/12/30)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
もし「Galaxy Note7」が発売されていたら……山根康宏が選ぶ2016年のスマホベスト5
その年のナンバーワンスマホを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」。海外のスマホを幅広く取材してきた山根康宏氏が選んだ機種は? 審査員が選んだベスト10の中で最も評価した機種は?(2016/12/30)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
審査員が選ぶ「2016年を代表するスマホ」は?(前編)
2015年12月から2016年11月に発売されたスマートフォン10機種の中から最優秀機種を選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」。選考委員は、何を基準にノミネート候補を挙げたのでしょうか。まずは、6人の選考委員の意見を見ていきます。(2016/12/28)

クイズで振り返る2016年:
国内スマホ出荷、ベンダー別シェアを当ててみよう
2016年のエレクトロニクス業界のニュースを振り返る年末企画。今回は、国内スマートフォン市場におけるベンダー別出荷シェアからクイズを出題します(難易度:難)。(2016/12/22)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
解説 モバイルバッテリーの危険性と選び方
「スマホのバッテリーがすぐに切れるので、モバイルバッテリーを持ち歩いている」人が増えてきた。ただし、注意が必要である。家電量販店などで安いモノを購入したら、とんでもない事態になるかも。どういうことかというと……。(2016/12/13)

爆発問題のGalaxy Note7、アップデートで強制的に文鎮化 携帯端末として利用不可に
リコールされていない端末への対応。(2016/12/10)

Samsung、爆発する「Galaxy Note7」を充電不能にするアップデートを実施へ
Samsung Electronicsは、リコール中の「Galaxy Note7」の次期アップデートで端末を充電不能にすると発表した。米国では、まだ13万台以上のGalaxy Note7が回収されていない。(2016/12/10)

「Galaxy S8」はついにホームボタンなしで狭額縁に
Samsungが例年上半期に発売するフラッグシップの次期モデル「Galaxy S8」は、物理的なホームボタンがなくなり、いわゆる狭額縁ディスプレイになるとBloombergが報じた。また、SamMobileによると、Appleに続いて3.5インチヘッドフォンジャックを排除するという。(2016/12/9)

半径300メートルのIT:
発火の可能性も? スマホの”危ないバッテリー”にご用心
スマートフォンもバッテリーが切れたらただの板。万一の事態に備えて多くの人がスマホと一緒に予備バッテリーを持つようになりました。しかし、このバッテリー、意外と扱いに気をつかう必要があるようで……。(2016/12/6)

Mobile Weekly Top10:
「メタモン」「感謝祭」で再び注目を集めたPokemon GO/Galaxy S7 edgeに新色
11月23日から30日まで、Pokemon GOで「XP(経験値)」と「ほしのすな」が通常の2倍もらえるイベントが開催されています。それに合わせて、あの“へんしんポケモン”がついに登場し……。(2016/11/28)

iPhoneの営業利益、7〜9月の世界スマートフォン全体の91%に──Strategy Analytics調べ
AppleのiPhone出荷台数は減少しているものの、7〜9月期の世界全体のスマートフォンの営業利益の9割以上がiPhoneによるものだったと、Strategy Anslyticsが発表した。(2016/11/24)

「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」が登場――ドコモとauから
ドコモとKDDIが、「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」を12月上旬に発売する。「Gear VR」を購入者にプレゼントするキャンペーンも実施する。(2016/11/22)

SIM通:
忘れないで!「BlackBerry」という名機があったことを
BlackBerryが端末の自社生産から撤退する、というニュースに驚き、悲しみを覚えた人も多いのではないでしょうか。と、いうことで今回は、BlackBerryの素晴らしさ、日本での生い立ちなどをまとめたいと思います。(2016/11/17)

石川温のスマホ業界新聞:
「過剰な端末割引は故意でやったのか」という詰問が田中社長に集中――端末割引クーポンと株主優待券の組み合わせが非難の的に
KDDIが2017年3月期(2016年度)の第2四半期決算を発表した。報道陣向けの決算説明会後、同社の田中孝司社長が囲み取材に応じた。(2016/11/11)

バラして見ずにはいられない:
イヤフォンジャック廃止や防水対応――分解して理解する「iPhone 7」の変化
iPhone 7ではイヤフォンジャックの廃止や防水対応、ホームボタンのTaptic Engine搭載など、変化(進化)した部分が多い。7で変わった部分を、分解しながら見ていこう。(2016/11/10)

Samsung、米大手新聞に発火「Galaxy Note7」についての謝罪広告
発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」について、Samsungが米大手新聞3紙に全面謝罪広告を掲載した。(2016/11/9)

Note7だけではない? Samsungの「Galaxy J5」にも爆発の報告 フランス南西部で
Samgung Galaxyの中級機であるJ5が発火。ただし、類似の報告は他になく単発事故との分析も。(2016/11/8)

Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ
「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。(2016/11/7)

発火でリコールの「Galaxy Note7」、米国で充電制限アップデート、ニュージーランドでは回線利用不能に
Samsungが、発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」について、米国でまだ市場にある端末に対して充電を60%までに制限するソフトウェアアップデートを実施する。ニュージーランドでは、キャリア回線を利用できなくする計画だ。(2016/11/6)

石野純也のMobile Eye(10月24日〜11月4日):
契約純増数と端末販売数が対照的なドコモとKDDI――その理由は?
ドコモとKDDIの2016年度上期は、増収増益と好調だった。一方で契約純増数と端末販売数は、ドコモの方が伸びている。なぜ2社でここまで差がついてしまったのだろうか?(2016/11/5)

家電ベンチャーのUPQ、スマートフォン焼損事故にコメント 「原因究明中」
UPQが発売したスマートフォンによる焼損事故が1件報告された問題に対し、同社社長がコメントした。(2016/11/2)

「運用が徹底されていなかった」――KDDI田中社長、総務省の行政指導にコメント
総務省が、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に違反したとして3キャリアを行政指導。KDDIはクーポンを減額することでこれに対応。冬モデルについて、田中社長は11月に追加の発表があることを予告した。(2016/11/1)

Galaxy発火事故で大打撃も:
Samsung、スマホ業績の悪化を半導体事業が補てん
Samsung Electronicsの2016年第3四半期の業績は、スマートフォンの事業は大幅に悪化したものの、好調な半導体事業がそれを補う形となった。(2016/11/1)

Samsung、360度無線スピーカーなどミニマルデザインのアクセサリー6種を世界で発売へ
「Galaxy Note7」の販売停止でブランドイメージを落としたSamsung Electronicsが、ミニマルデザインのスマートフォンアクセサリー6種をグローバル市場で発売する。(2016/11/1)

Galaxy note7発火問題でGoogleの新スマホ「Pixel」注目度上昇 iPhoneとどっちが買い?
Galaxy note7が生産・販売停止になった問題で、米国のスマホ市場でダークホースに注目が集まっている。Googleが20日に発売した「Pixel」にとっての追い風になるとの観測が浮上中だ。(2016/10/28)

「Galaxy Note7」リコールの影響は? IDC世界スマートフォン市場調査
IDCの世界スマートフォン市場調査によると、「Galaxy Note7」のリコール騒ぎがあったものの、7〜9月期のメーカー別シェアではSamsungが依然首位だった。Note7不在のホリデーシーズンにはAppleがシェアを伸ばすとみている。(2016/10/27)

新型「Gear VR」国内発売 視野角が101度に拡大して没入感向上
GALAXYスマートフォンを装着して利用できる「Gear VR」の新モデルが11月10日に国内発売する。GALAXY Note7は対象外。(2016/10/26)

発火問題がCIOに与えた品質保証の教訓
“炎上スマホ”「Galaxy Note7」を生み出してしまったSamsungの焦り
Samsung Electronicsの「Galaxy Note7」で発生した発火問題は、企業のCIOにとっても決して無視できない問題だと専門家は主張する。その真意とは。(2016/10/26)

「Galaxy Note7」→Samsung端末交換ユーザーに、約半額で次期モデル提供へ(韓国で)
Samsung Electronicsが、韓国の「Galaxy Note7」ユーザーに対し、「Galaxy S7/S7 Edge」と交換する場合は来年発売予定の「Galaxy S8」あるいは「Galaxy Note8」を半額で購入できるプログラムを提供する。(2016/10/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「スマホ一括648円」 「LTEケータイ用プラン」の“制約”
NTTドコモが、初めてオリジナルブランドを冠するスマートフォンを発売します。その大きな特徴は「一括648円」という、大手キャリアの端末としては非常に安価な価格設定です。(2016/10/24)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。