ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GALAXY Note SC-05D」最新記事一覧

Mobile Weekly Top10:
「メタモン」「感謝祭」で再び注目を集めたPokemon GO/Galaxy S7 edgeに新色
11月23日から30日まで、Pokemon GOで「XP(経験値)」と「ほしのすな」が通常の2倍もらえるイベントが開催されています。それに合わせて、あの“へんしんポケモン”がついに登場し……。(2016/11/28)

iPhoneの営業利益、7〜9月の世界スマートフォン全体の91%に──Strategy Analytics調べ
AppleのiPhone出荷台数は減少しているものの、7〜9月期の世界全体のスマートフォンの営業利益の9割以上がiPhoneによるものだったと、Strategy Anslyticsが発表した。(2016/11/24)

「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」が登場――ドコモとauから
ドコモとKDDIが、「Galaxy S7 edge」の新色「Blue Coral」を12月上旬に発売する。「Gear VR」を購入者にプレゼントするキャンペーンも実施する。(2016/11/22)

SIM通:
忘れないで!「BlackBerry」という名機があったことを
BlackBerryが端末の自社生産から撤退する、というニュースに驚き、悲しみを覚えた人も多いのではないでしょうか。と、いうことで今回は、BlackBerryの素晴らしさ、日本での生い立ちなどをまとめたいと思います。(2016/11/17)

石川温のスマホ業界新聞:
「過剰な端末割引は故意でやったのか」という詰問が田中社長に集中――端末割引クーポンと株主優待券の組み合わせが非難の的に
KDDIが2017年3月期(2016年度)の第2四半期決算を発表した。報道陣向けの決算説明会後、同社の田中孝司社長が囲み取材に応じた。(2016/11/11)

バラして見ずにはいられない:
イヤフォンジャック廃止や防水対応――分解して理解する「iPhone 7」の変化
iPhone 7ではイヤフォンジャックの廃止や防水対応、ホームボタンのTaptic Engine搭載など、変化(進化)した部分が多い。7で変わった部分を、分解しながら見ていこう。(2016/11/10)

Samsung、米大手新聞に発火「Galaxy Note7」についての謝罪広告
発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」について、Samsungが米大手新聞3紙に全面謝罪広告を掲載した。(2016/11/9)

Note7だけではない? Samsungの「Galaxy J5」にも爆発の報告 フランス南西部で
Samgung Galaxyの中級機であるJ5が発火。ただし、類似の報告は他になく単発事故との分析も。(2016/11/8)

Samsung、「Galaxy S8」に独自(Vivの)AIアシスタント搭載へ
「Galaxy Note7」の発火問題と苦闘するSamsung Electronicsが、次期フラッグシップ端末「Galaxy S8」の新機能を予告した。10月に買収したSiri開発者の新興企業Viv LabsのAIアシスタントを搭載する。(2016/11/7)

発火でリコールの「Galaxy Note7」、米国で充電制限アップデート、ニュージーランドでは回線利用不能に
Samsungが、発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」について、米国でまだ市場にある端末に対して充電を60%までに制限するソフトウェアアップデートを実施する。ニュージーランドでは、キャリア回線を利用できなくする計画だ。(2016/11/6)

石野純也のMobile Eye(10月24日〜11月4日):
契約純増数と端末販売数が対照的なドコモとKDDI――その理由は?
ドコモとKDDIの2016年度上期は、増収増益と好調だった。一方で契約純増数と端末販売数は、ドコモの方が伸びている。なぜ2社でここまで差がついてしまったのだろうか?(2016/11/5)

家電ベンチャーのUPQ、スマートフォン焼損事故にコメント 「原因究明中」
UPQが発売したスマートフォンによる焼損事故が1件報告された問題に対し、同社社長がコメントした。(2016/11/2)

「運用が徹底されていなかった」――KDDI田中社長、総務省の行政指導にコメント
総務省が、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」に違反したとして3キャリアを行政指導。KDDIはクーポンを減額することでこれに対応。冬モデルについて、田中社長は11月に追加の発表があることを予告した。(2016/11/1)

Galaxy発火事故で大打撃も:
Samsung、スマホ業績の悪化を半導体事業が補てん
Samsung Electronicsの2016年第3四半期の業績は、スマートフォンの事業は大幅に悪化したものの、好調な半導体事業がそれを補う形となった。(2016/11/1)

Samsung、360度無線スピーカーなどミニマルデザインのアクセサリー6種を世界で発売へ
「Galaxy Note7」の販売停止でブランドイメージを落としたSamsung Electronicsが、ミニマルデザインのスマートフォンアクセサリー6種をグローバル市場で発売する。(2016/11/1)

Galaxy note7発火問題でGoogleの新スマホ「Pixel」注目度上昇 iPhoneとどっちが買い?
Galaxy note7が生産・販売停止になった問題で、米国のスマホ市場でダークホースに注目が集まっている。Googleが20日に発売した「Pixel」にとっての追い風になるとの観測が浮上中だ。(2016/10/28)

「Galaxy Note7」リコールの影響は? IDC世界スマートフォン市場調査
IDCの世界スマートフォン市場調査によると、「Galaxy Note7」のリコール騒ぎがあったものの、7〜9月期のメーカー別シェアではSamsungが依然首位だった。Note7不在のホリデーシーズンにはAppleがシェアを伸ばすとみている。(2016/10/27)

新型「Gear VR」国内発売 視野角が101度に拡大して没入感向上
GALAXYスマートフォンを装着して利用できる「Gear VR」の新モデルが11月10日に国内発売する。GALAXY Note7は対象外。(2016/10/26)

発火問題がCIOに与えた品質保証の教訓
“炎上スマホ”「Galaxy Note7」を生み出してしまったSamsungの焦り
Samsung Electronicsの「Galaxy Note7」で発生した発火問題は、企業のCIOにとっても決して無視できない問題だと専門家は主張する。その真意とは。(2016/10/26)

「Galaxy Note7」→Samsung端末交換ユーザーに、約半額で次期モデル提供へ(韓国で)
Samsung Electronicsが、韓国の「Galaxy Note7」ユーザーに対し、「Galaxy S7/S7 Edge」と交換する場合は来年発売予定の「Galaxy S8」あるいは「Galaxy Note8」を半額で購入できるプログラムを提供する。(2016/10/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモの「スマホ一括648円」 「LTEケータイ用プラン」の“制約”
NTTドコモが、初めてオリジナルブランドを冠するスマートフォンを発売します。その大きな特徴は「一括648円」という、大手キャリアの端末としては非常に安価な価格設定です。(2016/10/24)

Weekly Top10:
欲しいから作る、という発想
EE Times Japanで2016年10月15〜21日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/10/24)

iFixit、Googleの「Pixel XL」を解剖──バッテリーにだけひっそりHTCのロゴ
“Made by Google”端末「Pixel XL」を分解レポートで知られるiFixitが分解し、修理しやすさは10点満点の6点と評価。メーカーであるHTCのロゴは、バッテリーにのみ表示されていることが分かった。(2016/10/23)

発火事故のスマホ「Galaxy Note7」が爆弾として登場する改造ゲーム動画、サムスンの訴えで削除されるも異議申し立てで復活
「グランド・セフト・オートV」にMODと呼ばれる改造データを適用し、Galaxy Note7を爆弾として扱っていました。(2016/10/22)

石野純也のMobile Eye(10月11日〜21日):
「MONO」を投入する狙い/Galaxy Note7の抜けた穴は?――ドコモの冬春モデルを読み解く
ドコモ冬春モデルで特に注目を集めたのが、一括648円という破格の値段を打ち出した「MONO」。購入サポートという仕組みを使って、価格面にまで工夫が及んでいる。一方、Galaxy Note7の販売が見送りになったのは、ドコモにとっても大きな痛手といえる。(2016/10/22)

「MONO」「Note7」「総務省」――ドコモ発表会 質疑応答・囲み取材まとめ
10月19日、NTTドコモが「2016-2017年 冬春 新サービス・新商品発表会」を開催した。そこで行われた質疑応答・囲み取材の様子を見てみよう。(2016/10/21)

「Galaxy Note7」から煙、関西空港の保安検査場で 国交省「国内空港では初めて」
外国人旅行者が持ち込んだ「Galaxy Note7」から煙が出るトラブルが、10月18日に関西国際空港の保安検査場で起きた。(2016/10/21)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
「Galaxy Note7」だけではない! リチウムイオン電池の危険性
サムスンの新型スマートフォン「Galaxy Note7」の発火事故を受け、大騒ぎになっている。本体の発熱による発火が相次いだわけだが、どこに問題があったのか。危険なのは、Galaxy Note 7だけなのか。(2016/10/20)

「Galaxy 8」に搭載予定:
Samsung、10nm SoCの量産を2016年内にも開始か
Samsung Electronics(サムスン電子)が10nm FinFETプロセスを適用したSoC(System on Chip)の量産体制を着々と整えているようだ。「Galaxy Note 7」の発火問題で同社のファンドリー事業も停滞するとみられているが、最先端プロセスの実用化に向け、開発を進めている。(2016/10/19)

Galaxy Note7、ドコモは発売を検討していたが……吉澤社長がコメント
ドコモの吉澤社長は「Galaxy Note7」について、「ラインアップに入れることを検討していたが、状況を受け、取り扱わない判断をした」と話した。(2016/10/19)

ドコモ、「Galaxy Note7」は販売しない方針
発火問題で販売停止となっている「Galaxy Note7」は、NTTドコモは扱わないことが判明した。(2016/10/19)

Samsung、世界の主要空港に「Galaxy Note7」代替機貸出デスク設置へ
Samsungが、各国の空港で持ち込み禁止になっている「Galaxy Note7」のユーザーのために、主要空港に代替端末の貸出デスクを設置し始めた。(2016/10/19)

Samsung、「Galaxy Note7」の在庫を全額補償へ 約280億円に上る公算も
Samsungは、欠陥が判明した新型スマートフォン「Galaxy Note7」に関係する70社余りに対し、在庫分を全額補償する方針を発表した。(2016/10/19)

国交省、サムスンのスマホ「Galaxy Note7」の機内持ち込みを全面禁止に 米国では機内持ち込みで刑事訴追される可能性も
電源を切った状態でも持ち込み禁止です。(2016/10/18)

「Galaxy Note7」の最大700万ユーザーが「iPhone 7/7 Plus」に交換──KGI分析
米国でリコール対象になり、生産停止も発表されたSamsungの「Galaxy Note7」の既発注者およそ1200万人の約半数がAppleの「iPhone 7」あるいは「iPhone 7 Plus」に切り替えると、KGIのミンチー・クオ氏が予測した。(2016/10/18)

Weekly Top 10:
Note 7の発火問題、“対岸の火事”ではない
EE Times Japanで2016年10月8〜14日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/10/17)

「Galaxy Note7」日本も機内持ち込み禁止 国交省が航空会社に指示
Galaxy Note7の発煙・発火事故が相次いでいる問題で、国土交通省は日本の航空会社に対し機内持ち込みを禁止するよう指示した。(2016/10/17)

米連邦政府、リコール対象の「Galaxy Note7」の機内持ち込み禁止の緊急命令
発火報告が相次ぎ、2度目のリコールが決まったSamsung Electronics製スマートフォン「Galaxy Note7」について、米国内での機内持ち込みを禁ずる緊急命令が10月15日に発効する。(2016/10/15)

イヤフォンジャック廃止の影響は?
徹底レビュー:最強スマホに進化した「iPhone 7 Plus」、ライバルは未来の“iPhone 10周年モデル”?
Appleの「iPhone 7 Plus」は、パフォーマンスやバッテリー持続時間を向上させたり、背面カメラを2つ搭載したりしている。一方でイヤフォンジャックを廃止したが、その影響はどうなのだろうか。(2016/10/15)

「Galaxy Note7」の再正式リコール決定 Samsung端末との交換なら100ドル提供
リコール交換後も発火報告が続く「Samsung Galaxy Note7」が米国で再度正式リコールになった。Samsungは、同社製端末との交換の場合は100ドルを、払い戻しあるいは他社端末との交換の場合は25ドルを提供する。(2016/10/14)

生産停止に追い込まれたサムスン:
Note 7の発火問題、要因はバッテリー以外?
発火問題を受けて、Samsung Electronics(サムスン電子)はついに、「Galaxy Note 7」の生産停止を決断した。当初はバッテリーが要因とみられていたが、それ以外である可能性も出てきている。(2016/10/14)

Samsungが「Galaxy Note7」の耐火回収キットを配布 4重の梱包で輸送中の安全を確保
運送業者にも危険が伴うGalaxy Note7。その対策は。(2016/10/13)

「Galaxy Note7」生産停止、日本のメーカーも巻き添え ドコモとau、新製品の目玉なくなる
Samsungの「Galaxy Note7」の生産停止は、日本の部品・素材メーカーにも影響を及ぼす可能性がある。スマホ世界首位の「失策」は、日本メーカーの業績を直撃しかねない。(2016/10/13)

発火事故相次ぎ生産終了の「GALAXY Note 7」、VR HMD「Gear VR」も非対応に
発火事故が相次いでいるSamsung製スマートフォン「GALAXY Note 7」が、「Gear VR」の対応機種から削除された。(2016/10/12)

Samsung、「Galaxy Note7」の販売を停止――バッテリー発火問題で
Samsungが、「Galaxy Note7」の販売と交換を停止することを世界のパートナー企業に呼びかけた。関係当局と連携し、詳細を調査中。米国ではGalaxy S7/S7 edgeに交換するプログラムを実施している。(2016/10/11)

サムスン、発火事故のスマホ「Galaxy Note7」の販売・交換を停止 原因は調査中
バッテリー加熱や発火事故で米国消費者製品安全委員会よりリコールが発表されていました。(2016/10/11)

出火問題のGalaxy Note7、販売および交換停止をSamsung発表
交換品も出火したGalaxy Note7について、Samsungがようやく対応を発表した。(2016/10/11)

交換済み「Note7」の発火問題、Samsungは情報把握後5日経過も無対策
Samsung Electronicsが8月に発表し、発火報告を受けて9月に正式リコールを開始した「Galaxy Note7」の交換済み端末もまた発火の報告が相次いでいる。Samsungは遅くとも4日に報告を受けていたが、9日現在もまだ具体的な対策を打ち出していない。(2016/10/10)

Nougat搭載5.7型端末「LG V20」、米国で10月28日発売へ
米AT&Tが、LG ElectronicsのAndroid 7.0搭載5.7型スマートフォン「LG V20」を10月28日に発売する。価格は約830ドル。Googleの「Daydream View」をサポートする。(2016/10/7)

Samsung製スマートフォン、対策品でも航空機内で発火か 米国で運航中止に
「GALAXY Note 7」とみられるSamsung製スマートフォンが、出発前の航空機内で発火する事件が発生。乗客乗員にケガはなし。(2016/10/6)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。