ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GALAXY Note SC-05D」最新記事一覧

勝手に連載! 海で使うIT:
iPhone 5s“洋上”接続テスト──東京湾〜相模湾編
「海ならドコモ」は今でも通用するのか?(2014/4/16)

TizenなGear 2も見参:
アキバと有楽町に「GALAXY SHOP」オープン 「GALAXY S5」を国内初展示
ヨドバシAkibaとビック有楽町に、日本初のGALAXYブランドショップ「GALAXY SHOP」がオープンした。国内発売は未定ながら、最新機種の「GALAXY S5」や「Gear 2」「Gear Fit」なども展示している。(2014/4/4)

上原も写ったオバマ大統領とレッドソックスの自分撮り、SamsungがRTしてホワイトハウスが怒る
上原投手も写っているオバマ大統領とレッドソックス・オルティス選手の記念の自分撮り写真をSamsungのアカウントがRTし、ホワイトハウスがおかんむり。(2014/4/4)

ビジネスニュース オピニオン:
アップル対サムスン、特許係争再び
アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。(2014/4/3)

ドコモ、GALAXY Note 3/GALAXY J、Xperia Z1/Z1 fをバージョンアップ
ドコモがGALAXY Note 3/GALAXY J、Xperia Z1/Z1 fをバージョンアップ。LTE国際ローミングが利用できるようになる。(2014/4/1)

石川温のスマホ業界新聞:
LINE電話「電話番号偽装」を試してみた━━サービス多角化でマネタイズを急ぐLINEに最良の相手とは
Android版「LINE電話」が公開され、電話番号を偽装できることが問題になっている。次々と新サービスを発表するLINEの将来を考えてみた。(2014/3/28)

ドコモ、スマホを遠隔操作できる「スマートデータリンク Mobizen」をトライアル提供
ドコモは、PCからAndroidスマホを遠隔操作できる「スマートデータリンク Mobizen」を期間限定で提供する。スマホ内のファイルをPCに転送することも可能だ。(2014/3/26)

NTTドコモ、3月31日からLTE国際ローミング開始
当初の予定通り、2013年度に間に合った。使えるのは、米国に香港、そして、フランスなど。(2014/3/26)

「物価は高いが、プリペSIMは意外と安い」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「スイス・チューリッヒLTE 2014年」編
北欧と並んで物価が高いスイス。だがプリペイドSIMについては思ったほど高くはない。LTEサービスも始まったチューリッヒでプリペイドSIMを買ってみた。(2014/3/26)

ふぉーんなハナシ:
スマートフォンで普通のUSB接続機器を使いたい
うわー、ノートPCのバッテリーが切れたー! でも、この記事今すぐここで掲載しなくちゃなんねー! デジカメのSDメモリーカード、どうやって読み込むベー! (2014/3/18)

ドコモ、dゲーム版「ドラゴンクエストX」の対応機種拡大――スマホ含め14機種に
ドコモは、dゲーム版「ドラゴンクエストX」の対応機種を拡大した。これまで「dtab」のみに提供していたが、スマートフォンを含む14機種へ提供を開始する。(2014/3/10)

ドコモ端末向け「ドラクエX」、スマホ含む14機種に拡大 LTE経由でもプレイ可能に
ドコモ向け「ドラクエX」の対応端末がXperia、GALAXYシリーズを含む14機種に拡大した。(2014/3/10)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
auファブレット3機種レビュー(第2回)――片手操作、大画面の工夫、手書きアプリを比較する
G Flex、GALAXY Note 3、Xperia Z Ultraはいずれも大きなディスプレイを搭載しており、一般的なスマートフォンとは操作感が異なる。そこで、今回は片手での操作性や大画面を生かした工夫、そして手書きアプリを検証した。(2014/3/6)

Samsung、11インチと13インチの「Chromebook 2」を発表
Googleが2011年にChromebookを立ち上げて以来のパートナーであるSamsungが1年半ぶりに新モデルを発表した。GALAXY Noteシリーズのような背面のレザー風味が特徴だ。(2014/3/4)

ドコモの「GALAXY J」と「GALAXY Note 3」で音楽再生の不具合――アップデート開始
ドコモは、「GALAXY J SC-02F」と「GALAXY Note 3 SC-01F」のソフトウェア更新を開始した。音楽が正しく再生されない不具合を改善する。(2014/3/4)

アカデミー賞主力スポンサーのSamsung、GALAXY端末をステージに
第86回アカデミー賞授賞式では、司会者がステージ上でGALAXY端末でセルフィー(自分撮り)を撮影したり、受賞者らと撮影した画像をツイートした。また、Samsungは授賞式放映でGALAXY S5とGear 2の新CMを初披露した。(2014/3/3)

ビジネスニュース:
中国No.1のAndroidスマホは「Xperia」、新評価システムの結果から
スマートフォンの総合的な評価を行うため、中国のインターネットサービス企業やQualcommらが、新しい評価システム「Certimo」を立ち上げた。Certimoに基づき、中国で使われているAndroidスマートフォン29機種を評価した結果、ソニーの「Xperia Z1 L39h」が総合評価で最高得点を獲得した。(2014/2/27)

「プリペLTEの都で使う」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「スウェーデン・ストックホルムLTE 2014年」編
先進国で着々と導入が進むLTE。実は世界初の商用LTEサービスが開始されたのが2009年12月のスウェーデンだった。今回はそのスウェーデンはストックホルムで、プリペイドLTEサービスを使ってみた。(2014/2/26)

現役女子大生に聞くスマホ事情(1):
「本当はタブレット+ガラケーがいい」「買う機種を自分で選びたくない」――女子大生がスマホに思うこと
スマートフォンほど、性別や環境によって使い方が異なるデバイスはないかもしれない。若者のスマホ事情を探るべく、女子大生にインタビューしてみた。取材にご協力いただいたのは“ミラクル☆ガールズ”の4人。今回は「端末」に焦点を当てた。(2014/2/24)

マンガ業界を盛り上げたい――コミックスマートの取り組み
新人のマンガ家が作品を発表できる場だけではなく、制作に取り組める環境も提供しているコミックスマート。その取り組みについて聞いた。(2014/2/24)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)

MWC 2014:
「MWC 2014」で注目すべき5つの動向
「Mobile World Congress(MWC) 2014」が2014年2月24日に幕を開ける。サムスン電子の「GALAXY S5」をはじめ、大きな話題を呼びそうな最新のモバイル端末が数多く発表されそうだ。MWC 2014で見えてくるであろう、5つの動向を紹介する。(2014/2/21)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
auファブレット3機種レビュー(第1回)――基本スペックや持ちやすさを比較する
auの2014年春モデルの中で、ひときわ目を引くのが、6インチ以上のディスプレイを搭載した“ファブレット”の「G Flex LGL23」と「Xperia Z Ultra」だ。実際の使い勝手や性能はどれほどか。5.7インチの「GALAXY Note 3」も交えて比較していく。(2014/2/21)

「Xperia Z Ultra SOL24」の“ここ”が知りたい 第2回:
専用スタイラスの使い心地は? 「スケッチ」アプリで何ができる?――「Xperia Z Ultra SOL24」
6.4インチディスプレイを搭載する「Xperia Z Ultra」は、小型のノートとしても活用できる。今回はZ Ultra専用スタイラスや、手書き入力に特化した「スケッチ」アプリの使い勝手を試した。(2014/2/20)

SamsungがまたAppleのパロディCMを公開 「GALAXY Tab ProはiPad Airより薄い」
Samsungが、Appleの名作CM「Pencil」のパロディで「鉛筆より薄いiPad Airより薄いGALAXY Tab Pro」をアピールしている。(2014/2/20)

ドコモの「GALAXY S4 SC-04E」、Android 4.3にバージョンアップ
ドコモは、「GALAXY S4 SC-04E」のOSバージョンアップを開始した。Android 4.2から4.3になる。また、「GALAXY S III α SC-03E」と「GALAXY Note II SC-02E」も3月上旬以降にOSバージョンアップを行う予定だ。(2014/2/17)

きょうみたいな日はモフっとしたケースかな:
鮮やかなカラーか? モフッとした手触りか? 「araree」ケースを試す
持ち歩くものは、自分の身を装うパーツの1つだ。となると、スマートフォンも当然身を装うパーツとなる。ならば、個性的なデザインで選びたくなるかも?(2014/2/14)

LG、5.9インチAndroid端末「G Pro 2」を発表
LGが、5.5インチの「G Pro」後継機として5.9インチの「G Pro 2」を発表した。2月末に韓国で発売し、販売地域を拡大していく計画。(2014/2/14)

スマホサイズと年収に相関関係はあるの?
スマホのサイズと年収に相関関係はあるのだろうか。スマホを使っている20〜30代のビジネスパーソンに聞いた。タイムカレント調べ。(2014/2/14)

石川温のスマホ業界新聞:
ロシア・ソチで冬季オリンピックが開幕――五輪限定SIMカードをゲット。意外に使えるロシアLTE回線
2月7日に開幕するロシア・ソチ五輪。現地で五輪限定SIMカードを調達できたので、紹介していきたい。(2014/2/14)

おのれ、何奴! 忍者が「畳返し」や「吹き矢」を繰り出すスマホスタンドが見参!
大凧の術、畳返し、吹き矢……スマホスタンドの陰から忍者があなたを狙う。(2014/2/12)

ドコモ、「GALAXY Note 3 SC-01F」と「GALAXY J SC-02F」の機能バージョンアップを開始
ドコモは、「GALAXY Note 3 SC-01F」と「GALAXY J SC-02F」の機能バージョンアップを開始した。GALAXY Note 3は、カレンダーアプリ 「Sプランナー」などが使用できるようになる。(2014/2/12)

ドコモの「iPhone 5c」がランクインするも上位に変動なし――SBIの2014年1月中古携帯ランキング
SBIライフリビングが運営する携帯電話機売買専門ページ「ケータイ★アウトレット」における2014年1月の中古携帯ランキングが発表。TOP10にソフトバンクの「iPhone 5s」とドコモの「iPhone 5c」が登場するも、上位に大きな変動は見られなかった。(2014/2/6)

Samsung、2月24日にバルセロナで“UNPACKED”を開催――次期GALAXY Sを発表か
Samsung電子が、Mobile World Congress 2014に合わせて、スペインのバルセロナで「Samsung UNPACKED 2014 Episode 1」を開催する。次期GALAXY Sが発表される可能性が高い。(2014/2/4)

石野純也のMobile Eye(1月20日〜1月31日):
ファブレットを訴求するau春モデル/Tizenと明暗分かれるFirefox OS/ソフトバンクの新料金プランはお得?
この2週間ではKDDIが春モデルを発表し、6インチ台のディスプレイを備える「Xperia Z Ultra」と「G Flex」が特に注目を集めた。発表会では「Firefox OS」の投入時期も明かされた。ソフトバンクの音声定額とパケット定額のパック型プランも話題を集めたので、お得度を検証したい。(2014/2/1)

2015年にはZTEショップが日本に?:
ZTEが考える“人とスマートフォンの交流”とは――そして日本展開は?
「SamsungやAppleに負けないスマートフォンを出せている」――端末事業を担当するリュ・チャンハオ氏は話す。同氏が「キーアドバンテージ」と話す新しい技術とは? そして日本のスマホ展開はどうなるのか?(2014/1/31)

「iPhone」効果でMNP転入超過も視野に――ドコモが第3四半期決算を発表
ドコモが2014年3月期第3四半期の決算を発表。iPhone投入も在庫不足や販売チャンネルの制限などでスタートダッシュに失敗したが、年末商戦に向けて販売体制を強化。その効果が徐々に出てきているという。(2014/1/31)

週間記事ランキング
「Windows 9」“スタートボタン”復活への道のり
「Windows 8/8.1」の導入をためらうユーザー次期OSに期待する機能は、やはりあのボタンだった? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/1/31)

SKE48選抜メンバーが「GALAXY of DREAMS」結成 Note 3購入者を2ショット撮影会に招待
サムスン電子ジャパンがSKE48選抜メンバーを起用した「SKE48 Special GALAXY of DREAMS」を結成。「GALAXY Note 3」購入者には限定コンテンツや2ショット撮影のチャンスなどの特典を用意した。(2014/1/24)

手書きペンの使い勝手と高性能で勝負
徹底レビュー:ファブレットの代表選手「GALAXY Note3」のパワフルさはどれほどか
“ファブレット”とも呼ばれる大画面スマートフォン。中でもパフォーマンスの高さと生産性向上機能の豊富さで勝負するのが、韓国Samsung Electronicsの「GALAXY Note3」だ。(2014/1/24)

ZTE Spring Media Luncheon 2014:
“変化”するZTE、「2016年までにスマートフォンで世界トップ3のメーカーを目指す」
ZTEは日本ではやや地味な存在だが、世界では携帯電話端末のシェアで5本の指に入るメーカーだ。スマートフォンではやや苦戦しているものの、2014年はLTEネットワークとスマートフォンで、さらにシェアを伸ばすことを目指す。(2014/1/20)

週間記事ランキング
「Windows」を丸ごとUSBメモリに入れるメリット/デメリット
Windowsのデスクトップ環境をUSBメモリで持ち運べる「Windows To Go」の利点と注意点とは? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/1/17)

2014 International CES:
Samsung電子、タブレット「Pro」シリーズと「Camera 2」を展示
CES 2014でタブレット4機種とスマートカメラ1機種を発表したSamsung電子。タブレットはいずれもワイドQXGAの高解像度ディスプレイを搭載し「PRO」の名称がつけられている。同社ブースで各機種をチェックした。(2014/1/10)

「GALAXY S5」は4月までに発売で虹彩認証搭載の可能性も──Samsung幹部がBloombergに語る
Samsungが4月までに発売するという「GALAXY S4」の後継モデルには、AppleのiPhone 5sの指紋認証センサーに対向する虹彩認証機能が搭載される可能性があると、同社モバイル事業部門の上級副社長が語った。(2014/1/10)

突撃! あなたの隣のスマホ女子・最終回:
あなたのスマホ、見せてください!
電車の中などでかわいい女の子がスマホを触っている様子が気になったことはありませんか?「突撃! あなたの隣のスマホ女子」では、編集部の池田がいろいろな女性に突撃取材。どんなスマホをどう使っているのか、毎週インタビューしていきます。【4月11日にFile 13を更新】(2014/4/11)

iPad Airとの比較で浮かび上がる高機能
徹底レビュー:iPadに真っ向勝負「Galaxy Note 10.1(2014 Edition)」の本気
Galaxy Note 10.1(2014)は高価だが費用に見合う性能や機能を手に入れられる。iPad Airと比較しながら主要機能や仕様を紹介する。(2014/1/10)

一番人気は「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」――2013年12月の中古携帯/スマホ売上ランキング
SBIライフリビングが運営する携帯電話機売買専門サイト「ケータイ★アウトレット」の2013年12月 中古携帯/スマホランキングが発表。最新モデルを抑え、「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」が1位となった。(2014/1/8)

2014 International CES:
ASUS、Atom搭載スマートフォン「Zenfone」の性能をアピール
日本ではノートPCとタブレットとPCパーツのベンダーとして知るユーザーが多いが、スマートフォンも全世界に展開する。その新モデルがAtomと搭載して登場した。(2014/1/8)

2014 International CES:
Samsung、12.2インチのGALAXYタブレット「NotePRO」と「TabPRO」発表
Samsungが12.2インチのSペン付きタブレットGALAXY NotePROと、8.4インチ、10.1インチ、12.2インチのGALAXY TabPROを発表した。(2014/1/7)

「プリペで約50Mbps出ちゃう」海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM導入マニュアル──「シンガポールLTE 2013年」編
アジア各国で続々と始まるLTEサービス。シンガポールもポストペイドサービスに続きようやくプリペイドSIMによるLTEサービスの利用が可能になった。今回は2社のプリペイドLTEを現地で購入し、その使い勝手を試してきた。(2013/12/25)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。