ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「総務」最新記事一覧

属人化はどう防ぐ?:
「1人総務」驚異の働き方のカギ
複雑で多岐にわたる総務の仕事。そんなバックオフィス業務を「デジタル化」でたった1人でこなしている企業がスキャンマンだ。「1人総務」を可能にするカギを聞いた。(2017/5/29)

漫画家の高井研一郎さん亡くなる、79歳 「おそ松くん」のキャラデザなど
ビッグコミックで「総務部総務課山口六平太」を連載していた。(2016/11/14)

総務大臣賞に「ンダモシタン小林」「寝冷えネコのオムライス」など:
「2016 56th ACC CM FESTIVAL」贈賞式が開催、広告×デジタル企画が台頭
全日本シーエム放送連盟は「2016 56th ACC CM FESTIVAL」の贈賞式を開催。総務大臣賞/ACCグランプリとして宮崎県小林市のPR動画「ンダモシタン小林」(インタラクティブ部門)などが表彰された。(2016/11/3)

“ITソムリエ”を目指してTBWA HAKUHODOの情シスがやっていること
博報堂とTBWAワールドワイドのジョイントベンチャーとして設立された総合広告会社、TBWA HAKUHODOは今、情シス改革の真っ最中だ。現場視点で課題を解決し、生産性を高めていくために、情報システム部門はどんな取り組みをしているのか。総務部の部長を務める古川健司氏に聞いた。(2016/10/18)

総務・人事・経理ワールド2016:
16年のトレンドは“働きやすく、おいしい”オフィス
働きやすくするためのサービスや技術は進歩している。その進化が一堂に会する「第11回 総務・人事・経理ワールド2016」のレポをお届けする。(2016/7/15)

PR:新年度の準備、いろいろとツラすぎるのですが――頼られ情シスがズバッと解決!
新年度の準備がこんなに大変だとは――。そんなため息をついている情シスはいませんか?「組織変更や異動に加え、新卒の対応や中途入社も多いから作業フローがどんどん複雑化する」「人事や総務と連携して作業を進めることが多いから確認事項が増える」などなど。そんな新年度の悩みを“頼られ情シス”はどうやって解決するのでしょうか?(2016/5/31)

スピン経済の歩き方:
マスコミ報道を萎縮させているのは「権力」ではなく「中立公平」という病
総務大臣が公平性を欠く放送を繰り返した放送局の電波停止に言及したことについて、ジャーナリスト6人が「発言は、憲法や放送法の精神に反している」などと声明を発表。西側諸国のジャーナリズムは「政治的中立性」といったスローガンを放棄しているのに、なぜ日本は支配されているのか。(2016/3/15)

特集:FinTech入門(6):
金融庁はFinTech革命にどう向き合うのか?――新たな決済サービス、キャッシュマネジメントサービス、電子記録債権、XML電文、国際ローバリュー送金、そして規制改正
金融とITの融合によって多様で革新的な金融サービスを生み出す原動力になると期待されるFinTech。FinTechは日本の金融システムに何をもたらそうとしているのか? 1月20日に開催された「BINET倶楽部セミナー」では、金融庁総務企画局企画課で企画官を務める神田潤一氏が「日本におけるFinTechの活性化に向けた金融庁の取り組み」と題して講演を行った。(2016/3/2)

戦略総務への道:
PR:海外出張手配をビジネス戦略に生かす! 日立システムズ×H.I.S.の新ソリューション
事業のグローバル展開の加速に伴い、多くの日本企業では海外出張が急増している。しかし一方で、海外出張にまつわる事務作業が肥大化し、総務や経理といった管理部門の負担が大きくなっているのだという。それを解決する手段はあるのだろうか……?(2016/1/22)

国連機関ITUへの功績が認められ小尾氏に総務大臣賞
国連機関ITU(国際電気通信連合)への功績が認められ、小尾敏夫教授に総務大臣賞が贈られることになった。小尾教授は、ITmediaエグゼクティブのアドバイザリーを務めている。(2015/5/14)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――夏(7〜9月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年定例的に行うものがあります。今回は、7〜9月にかけての夏季の仕事のなかから、車両使用に関する問題と、防災・安全についてまとめました。(2015/3/18)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の仕事――春(4〜6月)
総務の仕事には、季節に応じて毎年、定例的に行うものがあります。今回は、4〜6月にかけての春の仕事のなかから、新入社員の受入れと株主総会にまつわる法務事務を取り上げます。(2015/3/11)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「情報」に関わる仕事を知る
時代とともに総務の仕事は変化していますが、一方で変わらない原理原則もあります。今回は、仕事の生産性について紹介します。(2015/3/4)

事務ごよみ:
期限切れの契約や労使協定のチェックを――3月の事務ごよみ【総務・法務】
社員の身分証明書や会社事務所の賃貸借契約など、年度末が期限切れのものがあれば、必要に応じて更新や期限延長など所定の手続きをします。法定保存年限の定めのある帳票や、自社で保存年限を決めている文書類についても確認しましょう。(2015/2/27)

事務ごよみ:
情報管理体制のチェックを――2月の事務ごよみ【総務・法務】
毎年2月は「情報セキュリティ月間」です。顧客情報や社員の個人情報などを取り扱う自社の情報管理体制に不備はないかをチェックしましょう。(2015/2/4)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「もの」に関わる仕事を知る
総務が行う用度品や固定資産などの管理の仕事は、一般的に「庶務業務」とよばれています。庶務業務はこまごまとした仕事で期限も明確ではないことが多いため、とかくおろそかにされがちです。(2015/1/19)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
人が育つ土壌をつくる
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は社員の特性や能力を活かす適材適所の配置と、キャリア教育について考えます。(2015/1/6)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
「採用から退職まで」の手続きを知る
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は重要な経営資源の1つである「ヒト」に関わる仕事、採用と退職の手続きについて解説します。(2014/12/26)

事務ごよみ:
年始の行事運営や事務手続き、年始回りを計画的に――1月の事務ごよみ【総務・法務】
年始の行事は職場のコミュニケーション向上や士気高揚の意味合いからも、しっかり行いたいもの。早めに準備を整え、気持ちよくスタートさせましょう。(2014/12/22)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務の代表的な仕事、「法定事務」を知る
総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する本連載。今回は、総務の代表的な仕事である「法定事務」について、制定の背景や立法の趣旨を解説します。(2014/12/17)

事務ごよみ:
年賀状の手配、安全確保、年末年始の行事や事務の計画確認を――12月の事務ごよみ【総務・法務】
年末はどこも慌ただしくなるため、何事もゆとりをもって計画しておく必要があります。また、長期休暇期間でもありますので、防犯に努めるとともに、年内に納めるべき仕事を完了できるようにしておきましょう。(2014/11/25)

Biz.ID Weekly Top10:
総務にも時短! 人事採用時の“処理のぬけもれ”防止ツール
人を1人雇い入れる前に、会社側は作成しなければならない書類、労働環境の整備など見えない表から見えない作業に追われます。それら煩雑なバックオフィス業務を楽にする――そんなクラウドサービスがまもなく開始されるというのです。(2014/11/22)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
総務は何を勉強すればいいのか
時代とともに総務の仕事は変化していますが、一方で変わらない原理原則もあります。本連載では、総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を12回にわたり紹介します。(2014/11/7)

事務ごよみ:
年賀状や歳暮の手配、各種申請のチェックリスト作成を――11月の事務ごよみ【総務・法務】
営業に渡すカレンダーや手帳の手配、印刷に時間のかかる年賀状の準備、火災予防週間への備えや各種申請のチェックリスト作成など、総務・法務部門が11月に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/10/29)

新人・若手担当者のための総務の仕事術:
知っているようで実は知らない――「総務」ってどんな仕事?
どんな会社にもあるのに、その具体的な仕事の内容は案外、分からない――そんな総務の仕事をひもとき、総務担当者に必須の知識や仕事の進め方を紹介する連載がスタートします。(2014/10/7)

事務ごよみ:
慶事への対応から歳暮・年賀状の準備まで――10月の事務ごよみ【総務・法務】
社内外の慶事への対応、歳暮・年賀状の準備や社内レクリエーション実施後の対応など、総務・法務部門が10月に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/9/25)

事務ごよみ:
年度後半の業務計画の確認、衣替えの準備を――9月の事務ごよみ【総務・法務】
年度後半の業務計画の確認、秋のレクリエーションの準備、衣替えの準備など、総務・法務部門が9月に処理しておきたいトピックをまとめました。(2014/9/4)

進撃の巨人「社会現象と化している」 AMDアワード大賞/総務大臣賞に
「ネットに根ざした文化とユーザーに多大なる影響を与えたことは大いに評価したい」として選ばれました。(2014/3/18)

組織的導入で効果を最大化
Adobe Acrobatでカンタン実現! 生産性と安全性を向上するペーパーレスオフィス
長年にわたり経営者や総務担当者、IT管理者の頭を悩ませる業務・オフィスのペーパーレス化。生産性と安全性を向上させる“ペーパーレスオフィス”の実現のコツは、身近なツールの活用にある。(2013/12/12)

導入事例:
約200店舗向けに提供する「総務備品発注システム」を刷新 ライフ
ライフコーポレーションは、「総務備品発注システム」を約200店舗向けにサービス提供を開始した。(2013/9/26)

アンケート回答でAmazonギフト券が当たる!:
PR:サーバ管理の”困った”を解消!――かゆいところに手が届くDellのソリューションとは
新年度、突然サーバ管理の仕事を振られた総務スタッフのマコトくん。初めての業務に戸惑うものの、相談できる人もいなくて困った! マコトくんのピンチを助けてくれたのは? Amazonギフト券3000円相当が当たるアンケート、実施中!(2013/4/22)

AMDアワード大賞/総理大臣賞に「おおかみこどもの雨と雪」
「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘12/第18回AMD アワード」の授賞式にて年間コンテンツ賞「大賞/総務大臣賞」「AMD 理事長賞」が決定した。(2013/3/19)

ホワイトペーパー:
財務/会計/経理/総務部を中心に聞く、請求書発送業務に関する調査レポート
取引先への請求書発送業務。社内工数とコストが掛かっているのが分かっていながら 従来の慣習もあり、郵送以外の手段に踏み切れていない企業も多いのが実情である。 今回は調査リポートから発送業務の現状を読み取り、改善策を探ってみる。(2012/9/13)

マニュアルから企業理念が見える:
マニュアル制作は組織の現状把握から始まる
経営理念から作業手順書にいたる縦の構成、と販売マニュアルから総務、製造、購買といった各業務ごとの専門マニュアルが横に並列している。この縦と横の関係をしっかり見定めていかなければならない。(2012/9/10)

AMDアワード 総務大臣賞に「MIKUNOPOLIS In LA」、理事長賞は「九州新幹線開業キャンペーン」
デジタルメディア協会が3月19日、「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘11/第17回AMDアワード」の授賞式を開催した。大賞/総務大臣賞はMIKUNOPOLIS in LOS ANGELES − はじめまして、初音ミクです − が受賞した。(2012/3/19)

初音ミク米国ライブが総務大臣賞を受賞! 第17回AMDアワード
社団法人デジタルメディア協会の「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘11/第17回AMDアワード」で、初音ミクの海外コンサートが「大賞/総務大臣賞」に選ばれた。(2012/3/19)

ニコ生やLINEが受賞! 「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー」をライブ配信
優秀なデジタルコンテンツなどの制作者を表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘11/第17回AMD アワード」をライブ配信する。ニコニコ生放送やメッセージアプリ「LINE」、ゲームアプリ「おさわり探偵なめこ栽培キット」など「優秀賞」に名を連ねる9作品を表彰した後、「大賞/総務大臣賞」や「AMD理事長賞」を発表する。デジタルメディア協会主催。配信は3月19日16時30分〜。(2012/3/16)

「日本のこれからはどうあるべきか」――原口元総務大臣と佐藤優さんが対談
民主党の原口一博元総務大臣と作家の佐藤優さんが、今年の日本社会を振り返りつつ、来年の展望を語り合う。配信は12月26日16時0分〜。(2011/12/26)

福井銀行、財務経理や総務などの分散系システムにクラウドを利用
福井銀行では日本IBMのクラウドサービスで提供される分散系システムの利用を決めた。(2011/8/5)

【IFRS】前監督局証券課長が就任
金融庁、企業開示課長が交代
総務企画局企業開示課長に前監督局証券課長の栗田照久氏が就く。(2011/8/2)

「日本のエネルギー戦略を問う!」 池田信夫さんらが議論する「ザ・政治闘論」
日経CNBCの番組「ザ・政治闘論」で「日本のエネルギー戦略を問う!」と題し、「日本のエネルギー政策をどのように再構築するのか」「再生可能エネルギーをどうやって電力供給の柱に育てるのか」などを議論する。出演者は池田信夫さん、民主党の城島光力政調会長代理、増田寛也元総務大臣、環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長。配信は有料で、視聴するためのチケットは1050円。配信は7月11日20時10分〜7月11日21時30分。(2011/7/5)

片山虎之助議員が語る「地デジ完全移行」「NHK問題」「クロスオーナーシップ」
郵政大臣、自治大臣、総務庁長官、総務大臣を歴任した、「立ち上がれ日本」の片山虎之助参議院幹事長が自由報道協会主催で記者会見を行う。「地上デジタル放送完全移行」「NHK問題」「クロスオーナーシップ」について語る。配信は6月29日19時30分〜6月29日20時30分。(2011/6/28)

鳩山邦夫衆議院議員記者会見
文部大臣、労働大臣、法務大臣、総務大臣を歴任した鳩山邦夫衆議院議員の記者会見を自由報道協会主催で行う。配信は6月21日15時30分〜。(2011/6/21)

「日本維新の会」設立イベント 原口一博氏が登場
原口一博前総務大臣が明日(5月31日)立ち上げる、地域主権推進のための政治団体「日本維新の会」と政策集団「日本維新連合・V-democrats」の設立プレイベントをライブ配信。原口氏が設立を前に熱い想いを語る。視聴者から質問も募集する。配信は5月30日15時0分〜。(2011/5/30)

「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー」授賞式 AndroidやUstreamが大賞候補に
優秀なデジタルコンテンツやサービスを表彰する「デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー'10/第16回AMDアワード」の授賞式をライブ配信する。「Android」「コロニーな生活☆PLUS」「Ustream」など「優秀賞」9作品の中から、「大賞/総務大臣賞」「AMD理事長賞」を発表する。社団法人デジタルメディア協会主催。配信は5月31日16時30分〜。(2011/5/24)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
コストと業務効率の折り合い
「それぞれの組織で必要なビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けた新入社員のダイチ、クミ、リエは、それぞれが所属する組織に最適な機器を選びました。3人と実際に導入の最終決定をする総務部イーノさんの選び方には少し違いがあるようです。(2010/11/17)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
仕事は機械に任せちゃえ!
「それぞれの組織で必要なビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けたリエは、合計3人が所属する編集部の業務効率を改善するという視点で機器を選びます。(2010/11/11)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
早く帰るためのキーワードは「大量」「高速」なのです!
「それぞれの組織で必要なビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けた新入社員のダイチ、クミ、リエ。3人はどんなプリンタ/複合機を選ぶのでしょうか。また総務部のイーノさんは選んだものにOKを出すのでしょうか。今回はイベント運営部で最大1000人規模のイベントを手掛けるクミの視点を紹介します。(2010/11/5)

新入社員が挑戦! ビジネスプリンタ/複合機の選び方:
これまで使っていたメーカーが一番でしょ!
「それぞれの組織に見合ったビジネスプリンタ/複合機を選んでください」。総務部からの指令を受けた新人のダイチ、クミ、リエ。3人の選定理由はどういったものになるでしょうか。今回は新規事業を立ち上げ、総勢10人で事務所を運営するダイチの視点を取り上げます。(2010/11/1)

セクハラもパワハラもiPhoneで学ぶ――「i模試」に問題追加
iPhone向け学習アプリ「i 模試」に、総務・人事部門が直面する労務トラブルをクイズ形式で学べる「できる企業のノウハウ セクハラ/パワハラ編」が登場。(2010/4/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。