ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「食べログ」最新記事一覧

Google Homeで「ピカチュウ」と会話 応答は100以上 開発のワケ
スマートスピーカーでピカチュウと会話できる「ピカチュウトーク」。開発のきっかけは?(2017/11/10)

「スマスピ」おしゃべり広場:
ついに日本上陸 Amazon「Alexa」で生活はどう変わる?
Amazonの音声アシスタント「Alexa」が日本語に対応。各企業が続々とAlexa連携する製品・サービスを発表している。(2017/11/8)

「Excelが固まった」 14万件のデータ、手作業でまとめ……神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」の挑戦
神社・お寺の口コミサイト「ホトカミ」が注目を浴びている。14万件以上の寺社情報をカバーし、訪れた人から生の声が集まっている。「100年残るデータベースにしたい」と運営元は意気込む。(2017/10/6)

「Google Home」を使うメリットを整理する
「Google Home」が10月6日に発売される。いわゆるスマートスピーカーだけど、何ができて、どんなメリットがあるのか? 5日の発表内容をもとにまとめた。(2017/10/5)

「Google Home」が10月6日に発売 小型の「Google Home Mini」も登場
音声アシスタントデバイスの「Google Home」がいよいよ日本上陸。10月6日に発売する。小型の「Google Home Mini」も登場する。(2017/10/5)

auが「グルメパス」を提供開始 月額390円(税別)で“食”をトータルサポート
auが新サービス「グルメパス」の提供を開始した。月額390円(税別)で、飲食店などのクーポン、人気レシピの閲覧や厳選グルメの購入に使えるギフト券の会員向けプレゼントなどの特典を受けられる。(2017/8/21)

ドコモ、AI音声入力で来春サービス 「食べログ」カカクコムらと連携
製品やサービスは来春に提供を始め、パートナー企業を2020年に100社程度まで増やす考えだ。(2017/6/26)

iPhone Tips:
自分で操作するより早い! 「Siri」の便利な使い方
(2017/6/25)

「【発明の名称】味噌ラーメン」 特許庁食堂の食べログで特許出願風に書かれたレビューがすごすぎる
レビュー自体が大発明。(2017/3/10)

「食べログの点数」を見ないとお店に入れない人たち
(2017/3/9)

「料理の写真は毎回撮りたい」 「撮る人とは食事NG」みんなの意見を聞いてみた
(2017/2/24)

【連載】誰も教えてくれなかった中国的電子市場動向 第1回:
中国版LINE「WeChat(微信)」は14億人のデジタルインフラ
14億人の巨大なデジタルマーケットで今、何が起こっているのか。中国におけるインターネットマーケティングの世界を、経験豊富なエキスパートが解説する。(2017/2/14)

時代の変化か、あるいは:
「ニコ動」有料会員が初の減少──ネット大手各社に変調
急成長を続けてきたネット大手各社に変調が起きている。(2017/2/11)

講談社、キュレーションサイトを立ち上げ 自社コンテンツをベースに適切な権利処理で運営
他出版社の参画も促進中。(2017/1/26)

仮面ライダーが電話ボックスで編み物してる!? Twitterに謎の目撃情報、真相を聞いた
ライダーの人形は、公式に使われていたガチのやつでした。(2016/12/27)

「8割の記事に問題があった」 DeNA、非公開化した全サイトの運営体制精査へ 南場会長「もう一度会社を作り直す気持ちで」
運営するキュレーションサイトの全記事を非公開にしたDeNAが今後の方針を説明。第三者調査委員会による原因究明と対策を急ぐ。(2016/12/7)

ガタガタぬかすな 「ポプテピピック」の大川ぶくぶ×食べログのLINEスタンプが期間限定で無料配信中
煽りしかないスタンプ活用法。(2016/10/22)

食べログ、店舗の「点数の更新タイミング」を変更 随時更新から曜日固定の毎月2回に
決まった日にスコアが上下するように。(2016/10/12)

「食べログ」標準検索に「広告優先」と明記
「食べログ」で9月半ばから、検索結果の「標準」タブに「広告優先」と明記されるようになった。(2016/10/4)

チャットbotを加速するLINEの新API、そのポイントは?
LINEが、外部のサービスからLINEユーザーに通知を送れる「LINE Notify」を無料で提供する。また、Messaging APIを正式にリリース。さまざまなチャットbotを自由に開発できるようになる。(2016/9/30)

Weekly Access Top10:
今回のAppleイベントは日本人の心をわしづかみ?
Appleから待望の新型「iPhone 7/iPhone 7 Plus」が発表されました。新色の「ジェットブラック」は、予約開始30分で数カ月待ちという状況です。(2016/9/12)

「食べログ」炎上の原因は不透明なシステム? 運営元カカクコム、飲食店オーナー双方の意見を聞いてみた
カカクコムは恣意的なスコアの操作を全面的に否定しています。(2016/9/8)

「食べログ」の標準検索は「広告枠」とカカクコム 「いきなり3.0点にリセット」の理由は
「食べログ」の「標準」検索には、有料プランを購入した店舗が優先的に表示されるとカカクコムが認めた。点数の恣意的な操作は否定した。(2016/9/8)

カカクコム株価が急落 「食べログ」評価点を操作?の指摘受け
カカクコムの株価が急落。食べログの店舗評価点を操作している──という指摘がネットで広がったため。(2016/9/7)

食べログの評価が3.0に突然リセット 飲食店オーナーの書き込みが物議
運営の株価は年初来安値を更新。(2016/9/7)

食べログの点数、ネット予約利用の有無とは「無関係」 “炎上”受けカカクコム発表
食べログの「点数」について、「ネット予約機能の利用是非には一切関係ない」と、運営元のカカクコムが発表した(2016/9/7)

レンゲがスープに突き刺さる……! 「日本一濃い」と話題のラーメンが想像の域を超えていた
セメントのスープかな?(2016/6/2)

「食べログ」不利な口コミの削除認めず 最高裁
批判的な口コミにより損害を受けたとして、店側が食べログを提訴していました。(2016/6/2)

KDDIとカカクコムが合弁会社 飲食店向け新サービス開発
KDDIとカカクコムが、飲食店向けサービスの拡販や開発を行う合弁会社を4月に設立する。(2016/3/10)

都内の駅ホームグルメ3選!愛され続ける魅力とは
駅のホームにある飲食店は、移動が多いビジネスパーソンにとって重宝しますよね。今回は駅のホームグルメ3選をお送りします。(2016/3/8)

PR:Androidの最新OS×ファーウェイの最新技術が織りなす至高の一台――「Nexus 6P」登場
ファーウェイが製造した「Nexus 6P」は、Googleの最新OS「Android 6.0 Marshmallow」をいち早く体験できるモデルだ。高速でロックを解除できる指紋センサーや、暗い場所でも鮮明に撮影できるカメラも特徴だ。本機の魅力をひもといていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン株式会社)(2015/12/14)

地図表示もレシピ検索も――ホームボタン長押しで次にするアクション予測 Androidに新機能「Now on Tap」
ホームボタンを長押しすると画面上のテキストを解析し、ユーザーが求めていそうな検索結果や関連アプリを起動する新機能「Now on Tap」がAndroid 6.0に搭載された。(2015/11/10)

Android 6.0のみ:
文字入力の時代は終わった? Googleの新検索機能「Now on Tap」日本で提供
Googleは11月10日、最新のOS Andorid 6.0「Marshmallow」向けに検索の新機能「Now on Tap」を提供した。英語版は10月に先行配信している。(2015/11/10)

グリー、住宅分野に注力 500社超集まるリフォーム情報サイト「LIMIA」オープン
グリーが住まい・暮らしのメディア「LIMIA」をオープン。オンラインリフォームEC「リノコ」も含め、同分野で年間売上高100億円を目指す。(2015/11/5)

新連載・経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
自ら上場させた会社を辞め、2度目の起業を決意するまで
26歳で初めて創業した会社のビジネスが軌道に乗り、30歳で結婚し、3人の子どもの出産、そして上場。公私ともに順風満帆だった私を、ある日突然、悲劇が襲いました。「何とかするしかない!」。そう心に誓って、困難に立ち向かっていったわけですが……。(2015/11/4)

“人間格付けアプリ”に海外ネット民が猛反発 だが開発は継続?
知り合いなどを評価・格付けするスマートフォンアプリ「Peeple」がネットユーザーの猛烈な批判を受けているが、開発者はリリースを中止するつもりはないという。(2015/10/6)

年間600軒食べ歩いても、身体は絶好調!――グルメブロガー・フォーリンデブはっしーさん
各界で活躍し「周りが放っておかない」あの人に生活習慣や健康のコツを聞く本連載。今回お話を伺ったのは、超人気グルメブログ「イエス!フォーリンデブ★」を運営するフォーリンデブはっしー(橋本陽)さんです。(2015/8/13)

PR:伝統の江戸前寿司×iPad? 築地の人気店を支えるタブレットPOSレジ「ユビレジ」の秘密
コンパクトなタブレット1台で安価に導入できるiPad用モバイルPOSレジアプリ「ユビレジ」。小規模な飲食店や個人店でも売り上げや顧客の管理がリアルタイムに可能に、クレジットカード決済連携OK――など、魅力はいろいろ。築地の人気江戸前寿司店に活用法を聞きました。(2015/8/10)

Rettyの「食べログ超え」に食べログが反論 都内口コミ数、「異なる基準で算出」
Rettyが7月2日に発表した「東京の口コミ投稿数国内No.1」という主張について、「食べログ」を運営するカカクコムが3日、「異なる基準で算出されている」と反論した。(2015/7/6)

グルメ情報サイト同士の仁義なき戦い? 口コミアプリ「Retty」の発表に食べログが反論
「比較に使った口コミ数の基準が違う」と指摘、Rettyの発表を訂正しています。(2015/7/4)

辛い、しかも超うまい! 日本最大級の激辛グルメの祭典「激辛グルメ祭り2015」9月に開催
今年もやるよ〜!(2015/6/18)

iOS版Google検索でも結果からのアプリ起動がスタート クックパッドと食べログが対応
iPhoneあるいはiPadのGoogle検索で例えばレシピを検索すると、検索結果から直接クックパッドを起動できるようになる。(2015/6/8)

加藤社長から驚きの一言も:
ドコモが新端末&新サービス発表――これからのスマホは「生体認証」を重視、ポイント&決済サービスの刷新でお得度もアップ
2015年の夏モデルと新サービスを発表したドコモ。12月にリニューアルするポイントサービスとクレジットサービスの説明にも多くの時間が割かれた。また業務提携するローソンの玉塚社長も登場、CRMの“深化”を語った。(2015/5/14)

ドコモ、「食」をトータルサポートする月額400円の「dグルメ」提供開始――料理レッスンやクーポン配布ほか
NTTドコモの「dマーケット」に、料理レッスンやレシピ検索、クーポン配布、ニュース配信などを行う「dグルメ」が登場。(2015/5/13)

カカクコムとゼンリンが資本・業務提携 位置情報を活用した新サービス展開へ
カカクコムとゼンリンが資本業務提携。互いに約3億円を出資し、新サービスの展開を目指す。(2015/5/13)

限定ランチをワンコイン「食べログ ワンコインランチ」、全国主要エリアに拡大
掲載店舗のランチを500円で食べられる有料サービス「食べログ ワンコインランチ」が大阪や名古屋、福岡など全国主要エリアに対応した。(2015/5/7)

スタート:
「Yahoo!予約 飲食店」と「トレタ」が提携、メリットは
グルメ予約サービス「Yahoo!予約 飲食店」が、飲食店向けの予約台帳サービス「トレタ」と提携をスタート。これまではネット予約ができなかった「Eggs'n Things」など18店舗でも使えるようになった。(2015/4/16)

ミクシィ“家族SNS”に参入 子どもの写真、容量無制限で共有「みてね」 笠原会長が企画、自らビラ配り「生涯プロデューサーでありたい」
ミクシィ創業者の笠原会長が新サービスをリリース。子どもの写真や動画をアップできるアプリ「みてね」だ。会長自らマーケティングやユーザーサポートに奮闘。「生涯プロデューサーでありたい」という。(2015/4/13)

ぐるなび、食べログの“次”のサービス:
グルメサイト第3世代「Retty」――ポイントは実名投稿とスマホ重視
ぐるなび、食べログに続くグルメサイト第3世代「Retty」をご存じだろうか。2011年スタート、初期から実名投稿・スマホ重視の方針を貫き、ある施策の後にユーザー数が急増、今は700万人を突破している。なぜこれほど急成長できたのか、同社代表の武田和也氏に秘密を聞いた。(2015/4/2)

2020年に向け東京を世界一魅力的な都市に――「NeXTOKYO」
2020年に開催される東京オリンピック&パラリンピック。この機会に東京にどんな投資を行い、将来の発展につなげるか。「世界から人材・資本が集まり、世界と共創するTOKYO」をテーマとする、東京の将来都市ビジョンを紹介する。(2015/3/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。