ニュース
» 2012年05月16日 11時35分 UPDATE

NEXTシリーズ:XperiaがついにLTE対応、復活のarcボディにFeliCaも搭載――「Xperia GX SO-04D」

5月上旬にソニーモバイルから発表された「Xperia GX」がドコモから7月に発売される。日本向けXperiaでは初めてLTEに対応し、Xperia arcで好評だったアークボディも復活。おサイフケータイも利用できる。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズの新型Xperiaが、7月にNTTドコモから発売される。「Xperia GX SO-04D」は、日本向けXperiaとして初めてLTEを搭載しており、下り最大75MbpsのXiやWi-Fiテザリングを利用できる。チップセットはQualcommの第4世代Snapdragon「MSM8960」(1.5GHzデュアルコア)を装備。おサイフケータイにも対応し、より日本のユーザーが利用しやすいハイスペックな1台に仕上がっている。商品名の「GX」は「Great Experience」を意味する。OSは最新のAndroid 4.0を搭載。

photophoto ソニーモバイル製の「Xperia GX SO-04D」。ボディカラーはBlackとWhite

 2011年3月に発売した「Xperia arc SO-01C」の裏側が反り返ったアーク形状を継承して最薄部約8.6ミリのボディを実現。重さは約127グラムに抑え、ボディの持ちやすさにもこだわった。ボディカラーはパール感のあるホワイトと、深い青みのあるブラックをラインアップ。ディスプレイパネルには光沢素材、背面はマットな素材を用いている。ディスプレイは約4.6インチのHD(720×1280ピクセル)液晶を装備し、光の乱反射を軽減する「クリアブラックパネル」と、コントラストを向上させ輪郭を強調する「モバイルブラビアエンジン」を搭載。ソニーの裏面照射型CMOSセンサーを備えるカメラは画素数が約1310万に向上し、F値2.4の明るいレンズで撮影が可能。

 独自のアルバム、ムービー、ミュージックプレーヤーアプリを採用しているのも特徴の1つ。アルバムアプリではピンチ操作でサムネイル自体を拡大/縮小したり、撮影場所を地図上に表示したりできる。ムービーアプリでは再生中の動画に登場する有名人の情報や出演作などを調べられる。ミュージックプレーヤーでは、再生中の楽曲に合わせて画面のデザインを変えるビジュアライザーや、Facebookの友達が勧める楽曲一覧を自動で生成する機能も楽しめる。外部連携にも注力し、Xperia GXを置いた卓上ホルダ(別売)からHDMIケーブルで対応テレビに接続すると、Xperia GXの画面がテレビに出力され専用UI「TV launcher」で操作できる。MHL対応ケーブルをXperia GXのMicro USB端子に接続して、HDMI対応機器へ出力することも可能だ。BluetoothはHIDプロファイルにも対応し、ワイヤレスキーボードやマウスでXperia GXを操作できる。日本語入力システム「POBox Touch 5.1」では変換候補の表示数を変更可能になり、手書き入力やオンライン辞書も利用できる。

「Xperia GX SO-04D」の主な仕様
機種名 Xperia GX SO-04D
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約69×131×10.5ミリ
重さ 約127グラム
連続通話時間 3G:約390分、GSM:約370分
連続待受時間 3G:360時間、LTE:未定、GSM:約360時間
バッテリー容量 1700mAh
メインカメラ 有効約1310万画素CMOS
インカメラ 有効約130万画素CMOS
メモリ ROM:16Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.6インチHD(720×1280ピクセル)TFT液晶1677万色表示
ボディカラー Black、White
主なサービス・機能 Xi、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)、WORLD WING(3G+GSM)、おサイフケータイ、Wi-Fi、テザリング、エリアメール、ドコモminiUIMカード、GPS、Bluetooth、DLNA/DTCP-IP、spモード、dマーケット、docomo Palette UI、スマートフォンあんしん遠隔サポート ほか
発売日 7月予定

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.