連載
» 2013年08月07日 12時00分 UPDATE

今すぐ使えるスマホレシピ:第29回 スマホで使える電子書籍サービス特集(後編) (1/2)

スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第29回では前回に引き続き、スマホで利用できる電子書籍ストアを紹介する。

[今西絢美,ITmedia]

専用端末でなくても使える「楽天ブックス」「Reader Store」「GALAPAGOS STORE」

 Kindle以外にも数々の電子書籍専用端末が登場しているが、各ストアはスマホやタブレットからでも利用できる。

 「楽天ブックス」は「kobo Touch」とともに登場したサービスで、そのなかに「電子ブック楽天<kobo> イーブックストア」という電子書籍専門のストアが用意されている。iOS、Androidに対応しており、コンテンツはまんべんなくそろっている印象だ。このストアでは楽天スーパーポイントを使ったり貯めたりできるのが特徴。楽天市場を愛用しているユーザーに向いている。

photophoto iOSの場合、アプリはビュワーに特化しており、ブラウザからストアにアクセスする。Androidではアプリから本を探せる(写真=左)。「Reading Life」では、Facebook上の友達とアクティビティをシェアできる(写真=右)
photophoto ブラウザから「電子ブック楽天<kobo> イーブックストア」にアクセスしたところ。ログインには楽天会員のIDを使用する(写真=左)。本を買うだけでポイントが貯まるうえに、貯まっているポイントは500ポイントずつ利用できる(写真=右)
alt
alt

 ソニーの電子書籍ストア「Reader Store」は電子書籍リーダー「Reader」に対応。さらに、Android搭載端末やPlayStation Vitaでも利用できる。100円につきソニーポイント1ポイントが貯まり、ポイントはソニーストアでの支払いやさまざまな特典に交換できる。

photophoto Reader Storeを利用するには「My Sony ID」の取得が必要。配信されているコンテンツは書籍、ラノベ、コミック、雑誌が中心となる(写真=左)。ソニーの電子書籍はiOSでは利用できない(写真=右)
alt

 シャープの運営する「GALAPAGOS STORE」は、書籍、コミック、雑誌を配信する総合ストア。全巻パックや青空文庫の配信、雑誌や新聞の定期購読サービスを行っている。登録はブラウザ経由で行う必要があるのでやや面倒だが、高解像度版のコンテンツを多数配信しているのは、ほかのサービスにない魅力といえる。

photophoto 書籍や雑誌、新聞などラインアップは豊富(写真=左)。特に、新聞を定期購読できるのは便利。決まった時間に自動で配信される仕組みもいい(写真=右)写真=右)
alt
alt

国内最大級の品ぞろえを誇るストア「BookLive!」

 凸版印刷グループの運営する「BookLive!」は、19万冊以上の幅広いジャンルの電子書籍を配信している。購入はブラウザ経由で行い、閲覧は専用アプリ「BookLive!Reader」(無料)を用いる。また、対応OSの種類が多く、iOS、Androidに加え、Windows PC、Windows Phoneでも利用できる。

photophoto 「BookLive!Reader」では本棚を複数作成して、本を整理できるなどのカスタムができる(写真=左)。書籍、マンガ、ラノベ、雑誌を配信している。iOSではブラウザからストアにアクセスする仕様だ(写真=右)

 利用には無料の会員登録が必要で、クレジットカード、携帯電話料金とのまとめて払い、BookLive!が発行するポイントによる支払いを選べる。ポイントには「月額ポイント購入」と「個別ポイント購入」の2種類があり、いずれも定められた料金を支払うことで、実際に支払った金額以上のポイントが付与される。月額コースのほうがさらにポイントの加算率が高い。

photo ポイントのシステムは少しややこしいが、ヘビーユースするのであれば「月額ポイント購入」がお得

 また、三省堂の店頭でも電子書籍が購入できるようになっており、店頭でのレジ決済や、書店でのポイント付与などを受けられるのもBookLive!ならではの取り組みだ。

alt
alt

紙の書籍も購入できる「Kinoppy」「honto」

 紀伊國屋書店の運営する「Kinoppy」は、マルチデバイス対応の電子書籍ストア。配信されているのは一般書、コミック、ラノベ、写真集で、本の購入・閲覧には専用アプリ「Kinoppy」(無料)を用いる。購入時にポイントが付与され、店頭での購入時に1ポイント1円として利用できる。

photophoto ほかのストアに比べ、真面目な印象のストア。スマホ、PCだけでなく、ソニー Readerにも対応している(写真=左)。iPhoneの場合はApple IDでの購入が可能なので、iPhoneユーザーにとっても敷居は低い(写真=右)
alt
alt

 「honto」は丸善、淳久堂、文教堂などの店舗とネット通販、電子書籍が連動した総合書店サービス。「電子書籍ストア」ではポイント還元や限定価格など、お得に購入できるタイトルもある。こちらもリアル店舗で利用できるポイントが付与される仕様で、iPhoneの場合はブラウザ経由で購入し、それらの電子書籍は「honto」(無料)アプリで閲覧する。配信されているのは一般書、コミック、ラノベ、写真集、雑誌と幅広い。

photophoto hontoのサイトではネットストア、電子書籍ストア、店舗情報を検索できる。リアル店舗と電子書籍を併用したいユーザーに良さそうだ(写真=左)。購入時にポイントが付与され、このポイントは実店舗で利用できる(写真=右)

 いずれのサービスもリアルの書店が運営に関わっていることもあり、電子書籍だけでなく紙の本を購入できるのが強みだ。また、貯めたポイントを使える店舗数が多いのもうれしい。紙と電子書籍を併用し続けるユーザーには使いやすいストアかもしれない。

alt
alt
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.