連載
» 2013年09月03日 11時07分 UPDATE

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第25回 動画から静止画を切り出すハナシ

iPhoneのカメラって良くできているけれど、どうしても撮りにくいモノというのがあって、雷なんかはその代表例。そんなときは動画で撮って静止画を切り出してみるという手がある。今回はそんな話。

[荻窪圭,ITmedia]

雷を撮ってみた

 実は先々月、たまたま駅のホームで電車を待ってたら、空一転暗黒の雲に覆われ、大粒の雨が落ち始め、遠くに稲妻が見え、落雷による停電で電車が遅れるとアナウンスがあったのである。

 で、せっかくだから、稲妻でも撮ってみるかと、iPhoneで撮ったのがこれ。

photo 線路の奥に稲妻が

 見事に稲妻が撮れました……って超絶技巧を凝らしたわけじゃない。

 落雷を見て素早くシャッターを押すとか、そういうのは無理。人間の反応速度的に、無理。空に向かって無闇にシャッターを切って偶然写ってた……というのも確率的に無理。よほど雷が落ちまくればそれで写ることがあるかもしれないけど、まあ、無理。次に落ちる場所とタイミングを予知して撮るとかそういうのももちろん無理。デジカメで雷を撮るノウハウってあるけど、iPhoneのカメラはそういう凝った撮影はできないしね。

 実は動画で撮って切り出したのだ。

 雷が来そうだなという方向に向かって動画を録る。10秒ほどの動画を録ったら、たまたま(落ちた場所の近所にいた人には申し訳ないが)落雷があったのである。

photo そのときの動画を再生してる画面

 録った動画を再生してみたら稲妻が映ってた。そこから、きれいに写ってるカットを静止画として切り出せばいいのだ。フルHDだと1920×1080ピクセルで、だいたい200万画素相当。ネットに上げるには十分な画像サイズである。

 でも、iOSの動画再生機能って、静止画の切り出しには対応してない。そんなときはアプリを使う。いくつかあるけれども、わたしが見つけたのは「Movie to Image」というアプリ。

 Movie to Imageを開いて「Albums」を指定すると、iPhone内の動画にアクセスできる。iPhoneで撮った動画のみならず、iTunesで同期した動画も引っ張り出せるのが面白い。

photo 起動して「Albums」を選ぶ
photo カメラロールの動画でも、iTunesから転送したビデオでもOK

 そして該当する動画を開く。

photo 動画再生中の画面。適当なところで止めてコマ送りをするのがポイント

 再生して適当なところで止め、あとはコマ送りしながら、切り出したいカットを選ぶのである。慎重にコマ送りをして稲妻が写っているカットを探し、その前後もいったりきたりして一番きれいに写っているものを、右下にあるアイコンをタップしてカメラロールに保存。

 それがこれ。

photo 左の方に雷が写ってる

 でも、撮ったのはまだ午後4時ぐらいで日没にはほど遠い時間。暗雲垂れ込めたとはいえ、それなりに明るいので稲妻が目立たない。そんなときは以前紹介した「Snapseed」の出番。

photo

 まず輝度を下げることで周りを暗くして稲妻を目立たせ、色や彩度もちょっとコントロール。

photo

 そして、アスペクト比が16:9だとワイドすぎるので(稲妻が写ってるのは左の端だったし)、4:3にクロップする。

photo 切り出し

 これにDRAMAフィルタでちょいと派手めに演出したのが冒頭の写真というわけである。なお、「雷を撮ろうと思ったら動画で撮ればいいのか」と思うかもしれないけど、たいていはうまくいかない。

 こんな風になる。稲妻写真のひとつ前のコマである。

photo

 急激に明るい光が飛び込むため、カメラの方が対応できなくてこんな風になっちゃうのだ。近すぎるとこうなりやすいので、よほど安全な場所にいるのでない限り、避難が先決です。ご注意を。iPhoneも防水じゃないし。

 あまりに極端な例ではアレなので、もうひとつ便利な使い方を。

 ケヅメリクガメが歩いているシーンを撮りたかったのだけど、日陰で暗いので、どうしてもブレちゃう。ブレないように撮るテクニック、という話はまあ別の機会ということで、そもそもiPhoneって技巧を凝らして使うというよりは、日常的に可能な限り気楽に撮りたいカメラであるからして、そんなときは動画の出番である。

 まず動画で撮影し、あとからブレてないカットを切り出せば、1920×1080ピクセルの写真を取り出せる。

photo 動画で見るとあまり気にならないが、静止画にして1枚ずつチェックするとこんな風にぶれちゃってるのだ。
photo 切り出した写真。できるだけカメの顔がブレてないカットを選んでみた。ちょっとぶれてるけどそこはご容赦を

 顔はブレてないけど、手足は動いてるシーンだと躍動感があっていい。

 iPhoneは動画撮影中に静止画を撮るって機能もあるけれども、決定的な瞬間は動画から切り出す方が簡単だ。ただし、動画はいったん「動画用に強めに圧縮されている」のでそこから切り出した写真は、はじめから静止画で撮ったのに比べると画質は落ちてるし、そもそも200万画素相当のサイズしかない。その辺は頭に入れておきたい。

 便利だけど頼りすぎないように、ってことで。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.