ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バブル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バブル」に関する情報が集まったページです。

“タピオカバブル”いつまで続く? 関連株も高値更新、連日行列も……影を落とす「ゴミ問題」「高カロリー」
台湾スイーツとして知られるタピオカのブームが過熱気味だ。「タピオカミルクティー」が若い女性に人気で、店舗は全国に広がっている。インスタント製品がネットで高値で転売され、「タピオカ関連株」も高値を更新するなどバブル状態だが、いつまで続くのか。(2019/6/21)

連日行列:
“タピオカバブル”いつまで続く? 影を落とす「ゴミ問題」
台湾スイーツとして知られるタピオカのブームが過熱気味だ。「タピオカミルクティー」が若い女性に人気で、店舗は全国に広がっている。「タピオカ関連株」も高値を更新するなどバブル状態だが、いつまで続くのか。(2019/6/21)

ビットコインには本質的な価値がある?  JPモルガンがバブル警告
ビットコインに否定的だったJPモルガンが、「ビットコインは本質的な価値を超えて急上昇している」とコメント。計算能力や電気代などの数値を使い、ビットコインの製造原価を計算することで本質的価値を導き出したという。(2019/5/24)

まるで「オフィス難民」……大阪で物件需給逼迫、バブル期に次ぐ水準
大阪市中心部で深刻なオフィス不足が起きている。事務所などに使う部屋の平均空室率は昨年7月に2%台と、バブル期に次ぐ水準に突入した。人手不足の影響で、利便性の高い都心部にある物件に人気が集中。一方で、訪日外国人客の増加でオフィスビルがホテルに変わるなど供給を圧迫している。(2019/5/8)

ひきこもり多い氷河期世代……「生活保護入り」阻止へ早期対応
10日の政府の経済財政諮問会議で、民間議員が提言した「就職氷河期世代」の集中支援。バブル崩壊後の景気悪化で新卒時に希望の職に就けないままフリーターや無職となった若者たちは既に30代半ばから40代半ばに達し、自宅にひきこもるケースも少なくない。政府は3年間の集中プログラムを通じて就職氷河期世代を正規就労に結びつけ、高齢期の生活保護入りを阻止したい考えだ。(2019/4/12)

ブクブクアワアワ楽しいニャ! 優雅にお風呂につかる子猫2匹がとっても楽しそう
バブルバスで至福の入浴タイムを楽しむ子猫たち。(2019/3/18)

リゾート開発も活発:
“バブルの夢”再び? ディスコの復活、高級車販売の好調……
昭和の終わりから平成にかけて日本中がわいた「バブル経済」。当時流行した文化やファッションを復活させる動きが、懐かしむ中高年だけでなく若者にも広がっている。バブルを象徴する「ディスコ」が各地で復活。高級車は当時を彷彿(ほうふつ)とさせる好調な売れ行きで、リゾート開発も活発だ。戦後最長の景気拡大が続いていることもあり、バブル再到来を期待する声も上がっている。(林信登)(2019/3/8)

太陽光バブル:
「お金を払ったのに、発電所ができない」 オーナーの訴えに業者の返答は……
「太陽光発電所のオーナーになりませんか」。このような勧誘の電話や広告を目にしたことはないだろうか。平成24年、当時の民主党政権下で、固定価格買い取り制度(改正FIT)が形作られ、1キロワット当たり40円もの買い取り価格が20年間、維持されるという「太陽光バブル」が起きた。(2019/2/19)

懐かしさおったまげ〜! 森口博子、バブル時代の“ワンレンボディコン”姿が発掘される「今にも踊り出しそう」
ジュリアナ東京〜〜!(2019/1/24)

不穏な動きが顕著に:
英、中、豪の主要都市で不動産バブル崩壊の予兆
さて、今週ご紹介するエンターテインメントは、久々となる「景気と不動産」に関するお話でございます。(2019/1/8)

ビットバンクCEOとR3日本統括が話す:
仮想通貨バブルの崩壊を尻目に着々と進化を続けるブロックチェーン 
仮想通貨価格は低迷するが、ブロックチェーン自体を活用した新サービスが広がろうとしている。ブロックチェーンとはいったいなんなのか。そしてブロックチェーンエンジニアに求められる資質とは? ブロックチェーン専門の無料イベントスペース「丸の内バカンス」のオープン記念イベントの講演から。(2018/12/11)

ITmedia NEWS TV:
AIが考えたチョコのレシピ、気になるお味は? 月面着陸味からバブル絶頂味、イノベーションの夜明け味まで
(2018/11/14)

「淡い幻想」は危険:
「転職バブル」は砂上の楼閣 “人間力”があればAI時代も怖くない
「転職」は人生において重大なイベントだ。しかし、転職を考えている間、当人が取っている思考法やアクションには気を付けなくてはならない。(2018/11/14)

AIが「バブル崩壊味のチョコ」を考えたら“とがった味”に 「おいしく作るのが難しかった」――制作者の苦悩
NECのAI技術を活用して作った「あの頃は CHOCOLATE」は、ある年のムードを味で再現したチョコレートだ。どの味も「とがったものばかり」でレシピ制作は困難だった――レシピ制作者に聞く。(2018/11/8)

エンプラこぼれ話:
NEC製AIが開発、“バブル崩壊味”のチョコレートを実際に食べてみた
「人類初の月面着陸」「オイルショックの混迷」「魅惑のバブル絶頂」「絶望のバブル崩壊」――NECが昭和や平成のさまざまな思い出を、AIを使ってチョコレートにした……とのことだが、何だか意味が分からない。試食できる機会があったので、実際に食べてみた。(2018/11/5)

「バブル絶頂味」「オイルショック混迷味」 AIが“時代のムード”をチョコレートに NECが開発
NECが、AI技術を活用し、オイルショックの混迷期やバブル絶頂期など時代のムードをチョコレートの味わいで再現した「あの頃は CHOCOLATE」を開発した。(2018/10/25)

トヨタ博物館のイベントに「GT-R」が バブル期日本の名車集合
トヨタ博物館は、クラシックカーが集まるイベントを11月17日に東京・明示神宮外苑で開く。(2018/10/18)

“FOMO”につけこまれた無知な投資家:
「仮想通貨は全ての詐欺行為とバブルの元凶」 米経済学者、ブロックチェーンも酷評
ニューヨーク大学で教授を務める経済学者のヌリエル・ルビーニ氏が10月11日に開かれた米上院委員会の公聴会の場で「仮想通貨は全ての詐欺行為とバブルの元凶だ」と警告した。(2018/10/12)

先着1500人! ヤマハが超貴重「歴史的車両のデモ走行」を一般公開、11月3日実施
受付開始は9月3日12時から。バブル期の幻の1億円スーパーカー「OX99-11」が走る。(2018/8/8)

「2度見しちゃった」「じわじわくる」 香川、大迫、長友ら“ものまねJAPAN”がピッチ外で躍動してしまう
ものまね界にもW杯バブル到来。(2018/6/20)

バブル期の名車が19年ぶりに復活 美しい最上級クーペ「BMW・8シリーズ クーペ」を正式発表
レーシングカーと並行して開発された、美しく速い最上級クーペ。【写真100枚】(2018/6/20)

引き続き米株への投資を選好:
バフェット氏、株高もバブル発生せず Apple株保有は「事業への投資」
著名投資家ウォーレン・バフェット氏は、米株価は上昇しているものの、バブルは発生していないとし、米株への投資を選好するとの考えを改めて示した。(2018/5/8)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ミレニアルはInstagram、団塊ジュニアとバブルはLINEに投稿 世代別スマホ撮影事情──トレンダーズ調査
トレンダーズはミレニアル世代を中心とした「スマートフォン撮影事情」についての調査結果を発表しました。(2018/5/8)

1月には「バブル」と指摘:
ソロス氏のファンドが仮想通貨参入か 主要仮想通貨が軒並み上昇
先週は主要な仮想通貨が軒並み上昇した。相場を押し上げた要因について様々な見方がある中、その1つとして、仮想通貨ブームを「典型的なバブル」と評した著名投資家のジョージ・ソロス氏の創設したファンドが仮想通貨市場に参入すると伝わったことがある。(2018/4/17)

「頭ながっ!!!」 平野ノラがバブル度MAXの“メガ盛り”ヘア、親友の藤田ニコルも興味津々
親友の初めて見る姿ににこるんもびっくり。(2018/3/9)

3月12日に全国発売、期間限定で:
カルビー、「バブル期の人気ポテトチップス」復刻
カルビーがバブル期にヒットしたポテトチップス3種を復刻。(2018/3/7)

カルビーの80年代ポテチ「エスニカン」「グリルビーフ」が復刻発売 バブル文化ブームを受けて
「お好み焼きチップス」と合わせて3商品が再登場。80年代バブルの雰囲気を味だけでも……。(2018/3/7)

社名変更だけで株価2倍:
「ブロックチェーン」の社名で株急伸、ITバブル時彷彿
ブロックチェーン技術人気にあやかろうと社名に「ブロックチェーン」の表記を取り込んだ企業は、社名変更後に株価が急伸している。(2018/2/13)

MONOist IoT Forum 大阪(後編):
中国がバブル崩壊を防ぐ救世主として選んだIoT
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編では、IHS Markitのランチセッションと、その他の講師の講演内容をお届けする。(2018/2/13)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仮想通貨はバブルなのか」という議論は不毛だ
現時点において仮想通貨がバブルかどうかを判断するのはナンセンスだと思っている。むしろ仮想通貨に今後、どのような利用形態があり得るのか(またはないのか)について議論した方が建設的だろう。(2018/1/31)

ビットコイン、100万円突破 1月から10倍に
「ビットコイン」の国内取引所での価格が100万円を突破した。「バブル」という指摘もある一方、値上がり期待から投機マネーの流入が続いている。(2017/11/27)

姉妹かな? 平野ノラとにしおかすみこの小道具交換2ショットが違和感なさ過ぎ 「同じ匂いがする」「バブリー世代!」
タイムスリップした気分。なんだこのあふれるバブル感は。(2017/9/3)

ロッテリアの懐かしの「飲むティラミス」が26年ぶりに帰ってきた! 期間限定で復刻販売
バブル期のティラミスブームで人気を博した、あのシェーキが復活。(2017/6/21)

バブル? ビットコインで“自分の価値”売り出す「VALU」人気 投機的な動きも……運営元が対策
個人が株式会社のように「自分の価値」を発行・交換できる新サービス「VALU」が話題に。バブル的な動きもあったが、運営元は矢継ぎ早に対策を打ち出している。(2017/6/8)

なんだこの組み合わせ! 平野ノラ×トランプマンの2ショットが謎のシンクロ率「リアルなバブル感」
突如現れるトランプマン。(2017/6/1)

「君の名は。」かけた作品も:
「サラリーマン川柳」1位は“ゆとり対バブル”
恒例「サラリーマン川柳コンクール」の上位10選は?(2017/5/22)

水曜インタビュー劇場(ムダ公演):
閑散としていた「競輪場」に、なぜ人が集まってきたのか
バブル崩壊後、公営レースは「氷河期」が続いていた。売上減が続いていたが、ここ数年、反転しつつある。レース場といえば、ゴミが落ちている、トイレが汚い、高齢者が多い、といったイメージがあるが、なぜ売り上げが伸びつつあるのか。その理由は……。(2017/5/10)

ニコニコ超会議2017:
跳べぬ、歩けぬ、立ち上がれぬ! 超・超人スポーツブースの「バブルジャンパー」は超人じゃないとプレイできないレベルの高難易度
多分普通の人はできると思うの。普通の人はね。(2017/4/30)

Facebook、虚偽ニュース対策でタップ前に「関連」リンクを表示するテスト
Facebookが、ニュースフィードに表示する話題の記事の下に「関連」として複数のメディアによる関連記事を表示するテストを開始した。フィルターバブル問題対策の一環だ。(2017/4/26)

OKノーバブリー! バブルが弾けた平野ノラの姿に「綺麗すぎ!」「めちゃかわいい」と反響
「しもしも〜?」とか言わなさそう。(2017/2/27)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(6):
シリコンバレーに押し寄せた新たなテクノロジーの波
インターネットの登場以降、シリコンバレーではインターネット・バブルがしばらく続いた。多数のドット・コム企業が誕生し、ベンチャーキャピタルはこれらに膨大な資金を投入した。2001年、このバブルははじけ、投資は急激に低下するものの、2003年を底にシリコンバレーは息を吹き返し、それ以降、新たなテクノロジーの波が次々と訪れたのである。(2016/9/9)

オープンな姿勢で「創造と進化」を推進する――NTTドコモ 吉澤和弘社長に聞く
NTTドコモは通信事業のみを提供する“土管屋”の枠組みを超えて、モバイルITを軸にした複合企業体になっている。スマホバブルが終わり、モバイルIT産業全体のビジネス構造が変わる中で、ドコモはどこへ向かうのか。社長に就任した吉澤和弘氏に聞いた。(2016/7/11)

バブルへ出発進行! 神戸電鉄ディスコトレイン今年も開催
ディスコ世代もパリピも一緒にノっちゃお。(2016/7/8)

「ゆとり」と「バブル」世代の入社理由ランキング
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは4月20日、「ゆとり」と「バブル」の入社理由ランキングを発表した。(2016/4/20)

来週話題になるハナシ:
バブル到来? 過去最高の売り上げを記録した高級品とは
景気回復の追い風もあり、近年世界的にシャンパンの売り上げが好調だ。2015年は3億1200万本が出荷され、ついにシャンパンの売り上げが過去最高を記録したという。(2016/1/29)

首都圏マンション販売戸数、前年比9.9%減 平均価格はバブル期以来の高水準に
不動産経済研究所によると、昨年の首都圏マンション販売戸数は前年割れだった一方、1戸当たりの平均価格は1991年以来の高値に。(2016/1/19)

バブル期風アイドル「ベッド・イン」、正月に「オールナイトニッポンR」出演決定 これは危険ワード連発の予感!
出演決定のコメントがすでに下ネタ連発で穴という穴からマッカラン出そう。(2015/12/28)

自動運転技術:
「バブル」に沸いた自動運転は「サスティナブル」になれるのか
自動運転元年ともいうべきさまざまなことが世界各地で起こった2015年。自動運転「バブル」と言ってもいいほどの過熱ぶりだが、今の動きは話して「サスティナブル(持続可能)」なものになっているのだろうか。(2015/12/22)

CIOがビジネス向けモバイルアプリ開発で留意すべきこと
“モバイルファースト”バブルに踊らされないための4つのルール
IT企業の最高情報責任者(CIO)は、“モバイルファースト”指向の企業に広がる熱狂的な動きに踊らされることなく、モバイルアプリ開発にはバランスのとれたアプローチをとるべきだ。(2015/11/19)

自然エネルギー:
ゴルフ場が太陽光発電所に変わる、全国各地に広がる建設計画
バブルがはじけた1990年代の後半からゴルフ場の閉鎖が急増して、広大な跡地は用途が決まらないまま放置されるケースが多い。用地を造成する手間が少ないメリットを生かしてメガソーラーの建設が続々と始まった。複雑な地形に大量の太陽光パネルを設置する施工方法にも工夫が見られる。(2015/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。