ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「岩崎一郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「岩崎一郎」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「iida」ブランド初号機 高級感あふれるスライドケータイ「G9」(懐かしのケータイ)
au Design Project改め「iida」の初号機となった「G9」。ソニー・エリクソンの「Cyber-shotケータイ S001」をベースに、岩崎一郎氏による高級感あふれるデザインを持つスライドケータイでした。(2018/1/21)

「au Design project」15周年:
INFOBARやiida、幻のコンセプトモデルも展示 「ケータイの形態学 展」を見てきた
au Design projectが発足してから15年がたった。KDDIは15周年を記念した展覧会「ケータイの形態学 展」を、東京・丸の内の「GOOD DESIGN Marunouchi」で7月21日から7月31日まで開催する。au Design project〜iida、そして幻のコンセプトモデルまでを展示する。(2017/7/20)

“21世紀のSONY”誕生の瞬間か:
林信行が注目! 「NuAns」がWindows Phoneを作る意味
日本マイクロソフトが開催した「Windows 10 Partner Device Media Briefing」で、Windows Phoneの開発表明に「NuAns」の名前が。(2015/10/14)

“納豆巻き”と“おかかおにぎり”がダイエットに良い理由
ダイエットや資格取得へ向けた勉強などの努力を継続させるにはどうすればいいのでしょうか。今回は、わたしたちの行動をつかさどる「脳」の性質を有効活用して良い習慣を身につける方法を紹介します。(2014/1/30)

ハイスペックiida「G11」とLIFE STYLE PRODUCTS、3月25日から順次発売
2009年に発売されたiida「G9」の後継モデル「G11」が3月25日から発売される。あわせて、G11向け「LIFE STYLE PRODUCTS」も同日に発売される。(2011/3/24)

G11用ケースなどiida「LIFE STYLE PRODUCTS」の新アイテムが登場
KDDIがiidaの周辺アイテム「LIFE STYLE PRODUCTS」の新製品を2月下旬以降に発売する。今回は携帯クリーナー付きストラップと「G11」向けケースなどを用意した。(2011/1/31)

写真で解説する「G11」
iidaの春モデルとして登場する「G11」は、2009年に発売された「G9」からデザインと機能ともに大きくバージョンアップしている。内蔵コンテンツの壁紙は、徹底的にカスタマイズできるようこだわった。(2011/1/31)

KDDI、iidaブランドでもスマートフォン――増田氏が明言
KDDIの新製品発表会で、デザイナーとコラボレートした端末を展開するiidaブランドからスマートフォンが登場することが明かされた。10月29日に発表される。(2010/10/18)

iidaシリーズ:
iidaファーストモデル「G9」の後継――岩崎一郎氏デザインの「G11」
iidaの2011年春モデルとして登場する「G11」は、iidaの第1弾モデル「G9」の後継機種だ。デザインは岩崎一郎氏が手がけており、スペックと操作性が大きく向上している。(2010/10/18)

下り9.2Mbps通信、16.2Mカメラ、高スペックiida:
au 2010年秋冬+2011年春モデル14機種、iida「X-RAY」「G11」発表
auの2010年秋冬モデルと2011年春モデルの計14機種と、iidaの2モデルが発表された。一部の機種には下り最大9.2Mbpsの通信が可能な「WIN HIGH SPEED」を導入。ブランドコラボモデルも豊富にそろえた。(2010/10/18)

iidaブランド端末の「lotta」、2月19日から順次発売
形や色の美しさ、心地よい手触りにこだわって開発されたiidaブランド端末の「lotta」が2月19日から店頭に並ぶ。(2010/2/17)

Mobile Weekly Top10:
iPhoneとXperia、どうやって使い分ける?
「iPhone 3GS」を使っている筆者は「Xperia」も購入する予定。この2台のスマートフォンをどう使い分けようか、考えている。(2010/2/4)

春はスマートフォンがなくても戦える――「a lot of fun」で攻めるiida
KDDIのiida春モデルのコンセプトは「a lot of fun」。ベーシックモデルの「lotta」や周辺アイテムのほか、「iida broadcast」「iida calling ver.3.0」なども提供する。KDDIが感じるiidaブランドの手応え、そして春商戦での勝算とは――。(2010/1/29)

写真で解説する「lotta」
ポップなカラーに遊び心のあるデザインを採用したiida端末「lotta」は、20〜30代の幅広いユーザーが使えるモデルに仕上がっている。端末に刻印された数字やユニークな待受画面、lotta向けの周辺アイテムなどを見ていこう。(2010/1/28)

au「iida」に「G9」デザイナーの新機種
「G9」のデザイナー・岩崎一郎さんによるベーシック端末「lotta」がiidaに加わった。Twitterと連携したサービスなど、PCサイトを使ったマーケティングも展開する。(2010/1/28)

岩崎一郎デザイン、携帯にさりげない遊び心――iida新端末「lotta」
形や色の美しさ、心地よい手触りにこだわって開発されたiidaブランドの新モデル「lotta」。端末デザインはプロダクトデザイナーの岩崎一郎氏が担当し、さりげない遊び心を持った端末に仕上がった。(2010/1/28)

ITmediaスタッフが選ぶ、2009年の“注目ケータイ&トピック”(編集部園部編):
スマートフォンの“進化の息吹”を感じた2009年
2009年は、スマートフォンにまつわる話題が多く誌面を彩った1年だった。iPhoneだけでなく、AndroidやWindows Phoneに関するさまざまなニュースが流れ、読者の関心も高かった。いよいよ本格的にスマートフォンが広がり始めるのではないか、と思わせる出来事が多かった印象だ。(2009/12/25)

KDDI、「G9」のソフトアップデートを開始――文字入力でフリーズする不具合を改善
KDDIはソニー・エリクソン製iida端末「G9」のケータイアップデートを開始した。文字入力するとフリーズまたは電源リセットする不具合や、電池残量レベルが正しく表示されない点を改善する。(2009/6/26)

HDムービー、ソーラー充電、防水スポーツ、読書──個性的なau 2009年夏モデル8機種
KDDIが5月25日に発表したau 2009年夏モデルは、個性豊かな8機種をラインアップ。EZブックコンテンツが快適に楽しめる「biblio」や防水スポーツケータイ「Sportio water beat」、HDムービーカメラ搭載の「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」、ソーラーパネル搭載の「SOLAR PHONE SH002」など多彩な端末をそろえた。(2009/5/25)

iida第1弾「G9」――価格はシンプル月々1845円、フルサポ3万3780円
auの新ブランドiidaから、第1弾モデル「G9」が発売された。価格はシンプルコースの24回払いで頭金0円、月々1845円から。フルサポートコースは一括3万3780円からとなっている。(2009/4/20)

iidaブランド第1弾「G9」、4月17日発売――「Mobile pico projector」や「AC Adapter MIDORI」も
iidaブランドのケータイ「G9」と周辺機器「Mobile pico projector」「AC Adapter MIDORI」「AC Adapter(AO/SHIRO/MOMO/CHA)」が、4月17日に発売される。(2009/4/16)

Mobile Weekly Top10:
金属好きにはたまらない「G9」の質感
KDDIが春商戦の終盤に発表した新ブランド「iida」は、さまざまなデザイナーとコラボするためのステージとして用意されたという。そのファーストモデル「G9」は、なかなか上質な金属の質感がそそる。(2009/4/15)

5分で分かる、先週のモバイル事情――4月4日〜4月10日
KDDIがau design projectを発展させた新ブランド「iida」を発表。イー・モバイルは、上りの通信速度を最大5.8Mbpsに高速化し、対応端末を4月17日に発売する。3月の携帯電話の契約数は、大手3キャリアがそろって20万超の純増を達成。ドコモは通販大手のオークローンマーケティングを買収し、新たな市場の開拓を目指す。(2009/4/13)

神尾寿のMobile+Views:
「iida」が秘める可能性と、目前の課題
KDDIが“auらしさを取り戻す”ための取り組みとして展開するのが、新ブランドの「iida」。“デザインのエコシステム構築”を目指すという視点は注目すべきものだが、そこにはいくつかの課題もありそうだ。(2009/4/8)

ケータイだけでなく、ライフスタイルをデザインする──「iida」の狙い
KDDIが4月7日に発表した、デザインに注力する新しいブランド「iida」とは、いったいどのような考えから生まれたのか。発表会の模様と新たに登場した製品から見えてきたKDDIの狙いをまとめた。(2009/4/8)

写真で解説する「G9」
ステンレスを用いた上質感あふれるボディが目を引く「G9」は、auの新ブランド「iida」の第1弾として登場する。デザイン、機能、グラフィックを中心に詳細をリポートしよう。(2009/4/7)

仕事耕具:
お気に入りのケータイ動画をみんなに自慢――au専用小型プロジェクタ
KDDIは、au端末向け小型プロジェクタ「Mobile pico projector」を3000台限定で発売する。(2009/4/7)

写真と動画で見る、ケータイモバイルプロジェクター「Mobile pico projector」
auが携帯電話と接続できるモバイルプロジェクター「Mobile pico projector」を発売。バッテリー内蔵で、携帯の画面を最大63インチに拡大できる。G9との接続例を動画でどうぞ。(2009/4/7)

バッグ? いいえ、ケータイです au新ブランド「iida」端末を写真でチェック
質感の高いステンレスフレーム端末から、ハンドバッグにしか見えない端末、“ツタ”のようなACアダプターまで――auの新ブランド「iida」を写真でチェックしよう。(2009/4/7)

au design projectの発展系:
ケータイを通じて“暮らし”もデザイン――KDDIの新ブランド「iida」
携帯電話と周辺機器を通じて、利用者の暮らしもデザイン――。KDDIが、au design projectの発展系となる新ブランド「iida」(イーダ)を立ち上げた。第1弾として金属で上質感を表現した携帯電話「G9」を発表。前衛芸術家の草間彌生氏がデザインした“アートとしてのケータイ”もリリースする。(2009/4/7)

「iida」シリーズ:
ケータイとつなぐプロジェクター、最大投写サイズは63インチ――Mobile pico projector
ケータイに保存した写真やムービーを63インチの大画面で――。KDDIがケータイの新たな活用方法を提案するモバイルプロジェクターを3000台限定で販売する。(2009/4/7)

「iida」シリーズ:
なめらかな金属で上質感を表現――iida第1弾端末「G9」
au携帯の新ブランド「iida」の第1弾モデルとして登場する「G9」は、プロダクトデザイナーの岩崎一郎氏が手がけた携帯電話。フレームにステンレス、キーにアルミを採用するなど、金属の質感にこだわった。(2009/4/7)

機能とデザインの“詩的”な融和――SANYO 国際デザインコンペティション
三洋電機が「SANYO 国際デザインコンペティション 2007」の授賞式を行なった。機能とデザインが“詩的”に融和したというグランプリ作品とは?(2007/11/5)

au design projectを率いた小牟田氏、KDDIを卒業
あの「INFOBAR」の生みの親がKDDIを卒業──。デザインコンシャスな携帯開発を推進する、au design projectを率いてきた小牟田啓博氏が4月末でKDDIを退職する。(2006/4/26)

2004年を振り返る:
ハイスペック競争は一段落、端末の多様化進む
2004年に登場した端末群のキーワードは「多様化」。“全部入り”が人気を博す一方で、デザイン、色、ユーザーニーズなどを考慮した、これまでにない個性的な端末が多数リリースされた。(2004/12/28)

フレンドリーケータイ「A1403K」、約1万円で登場
タマゴ型がかわいいフレンドリーケータイ「A1403K」が、都内量販店にお目見えした。新規の価格は約1万円。(2004/10/28)

京セラのタマゴ型「A1403K」、27日に発売
関東中部地域では28日にリリースされ、それ以外は27日の発売予定。(2004/10/26)

10月16日〜10月22日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
携帯電話の多様化が進んでいる。超小型の「premini」や多彩な形状のドコモPDC端末に続き、ツーカーから“黒電話を意識”した超シンプル端末が登場。(2004/10/22)

Mobile Weekly Top10:
「WINのデザイン携帯はスゴい」〜小牟田氏語録
WPC EXPO 2004のパネルディスカッションに登場したのがau design projectを率いる小牟田啓博氏。2時間にわたるディスカッションの中では、こんな発言も飛び出した。(2004/10/21)

WPC EXPO 2004:
au design projectは、“なぜ”成功したのか
au端末のデザインは、どこか違う──。そう感じるユーザーは少なくないはずだ。au design projectは、au端末の何を変えたのか、なぜ成功したのか。キーパーソンが秘密を明かした。(2004/10/21)

WPC EXPO 2004の見どころ〜talbyもお目見え
東京ビッグサイトで、明日から開催されるデジタル総合展「WPC EXPO 2004」。携帯関連の話題をチェックしよう。(2004/10/19)

「CEATEC JAPAN 2004」の見どころ
10月5日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2004」。モバイル関連の見どころをチェックしよう。(2004/10/4)

9月18日〜9月24日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
ドコモ、KDDIに続いて、ボーダフォンも“本気の3G”端末を発表した。ドコモは東京ゲームショウに合わせて“3Gならでは”のゲームタイトルを発表。(2004/9/24)

写真で見る“タマゴ型”の「A1403K」
手にすっぽりと収まる心地よさ、手元に置いておきたいと思わせる愛らしさ。A1403Kのタマゴ型の形状は、スペック値的には大柄に見えてしまう。しかし、本当の“大きさ感”は、実際に手に持ってみないと分からない。(2004/9/23)

KDDI、フレンドリーデザインの「A1403K」発表
タマゴのように丸みを帯びた携帯電話が、auから登場。ユニバーサルデザインに楽しさの要素を加えた「フレンドリーデザイン」を提案している。(2004/9/21)

WIRELESS JAPAN 2004:
「INFOBARの背面はPDAだった」〜“au design project”の秘密
大ヒット端末「INFOBAR」を生んだ「au design project」。プロジェクト立ち上げ時から関わってきたプロモーショングループの砂原哲氏が、コンセプトモデルの開発秘話を明かした。これまで展示会ではお目見えしていないモデルも登場。(2004/7/22)

薄いけど頑丈〜「A5405SA」、中身の秘密
A5405SAでこだわったのは、デザインやソフトだけではない。薄くても壊れない丈夫な端末にするために、内部機構も工夫されている。(2004/4/20)

つながっていたい気持ちを大事に〜「A5405SA」
三洋マルチメディア鳥取の「A5405SA」は、“つながっていたい気持ちを大事に”というコンセプトに開発された端末。デザインコンセプトやターゲットユーザー、開発上の工夫などを鳥取で取材した。ボディカラーはもう一つ候補があったという秘話も。(2004/4/16)

スタイリッシュな安心ケータイ「A5405SA」、今週末にもお目見え
「薄い、軽い、可愛い」──が特徴のauの三洋製端末「A5405SA」が、今週末にもお目見えする。都内auショップでは既に店頭に並んでいるところもある。(2004/3/11)

写真で見る、スタイリッシュな「ANNIN」と「A5405SA」
auの春モデルの中でも、デザイン面や薄さ、軽さで注目を集めるのが「A5405SA」とINFOBARの新色「ANNIN」。この二つの端末を写真で紹介しよう。(2004/3/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。