ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宮川潤一」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宮川潤一」に関する情報が集まったページです。

CEATEC 2019:
「4G端末の方が安いと5Gは普及しない」「基地局整備は共同で」 4キャリアが5G戦略で議論
CEATEC 2019で開催された「5G Summit」では、4キャリアの社長や副社長を交えたトークセッションを実施。5Gで変わるビジネスモデルや基地局整備のスタンスなどが語られた。5G端末を普及させるためにはまだ議論が必要、との意見も出た。(2019/10/21)

KDDIが“どこでもドア” 5G普及で産業構造変革も
最新の家電・ITの展示会「CEATEC2019」で、NTTドコモやKDDIが第5世代移動通信システムの新技術を披露し、注目されている。(2019/10/17)

携帯3キャリア、台風対策発表 移動基地局車を配備 ショップでは無料充電サービスも
NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社は、10月12日〜13日に日本列島に上陸すると見られる台風19号に備えた対策・支援体制をそれぞれ発表した。(2019/10/11)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクがバスケット日本代表戦で5Gプレサービスを実施――やはり当面は4Gネットワークが主戦場か
ソフトバンクがさいたまスーパーアリーナで5Gのプレサービスを提供した。他社と比べて5Gの割り当て帯域が少なめであるソフトバンクだが、他社と遜色のないパフォーマンスを発揮できるという。なぜなのだろうか?(2019/8/30)

モビリティサービス:
トヨタソフトバンクのMONETに自動車メーカー5社が出資、日野ホンダは増資も
MONET Technologiesは2019年6月28日、いすゞ自動車とスズキ、SUBARU(スバル)、ダイハツ工業、マツダと資本業務提携を結んだと発表した。この5社は2019年8月までにMONETに出資し、2%の株式を取得する。また、日野自動車とホンダはMONETに追加出資し、出資比率を10%に引き上げる。(2019/7/1)

ソフトバンク宮内社長が株主総会で語った戦略 “通信障害での発言”を追及する声も
ソフトバンクが6月24日、第33回株主総会を開催。宮内謙社長兼CEOは、通信事業と非通信事業(新領域)の2軸で攻める戦略を語ったが、株主からは株価について厳しい質問も。2018年12月の通信障害に関する宮内氏のコメントを「不用意な発言」と批判する声も挙がった。(2019/6/25)

「Huawei問題」の本質は何か
Huawei対米国の戦いはあまりに影響が大きい。どこが問題視されており、これからどのような影響が出るのか、論点を整理した。(2019/5/31)

ソフトバンクとGoogle兄弟会社が、競合なのに“空飛ぶ基地局”で手を組む理由
ソフトバンクと米Googleの兄弟会社が、無人航空機を成層圏(上空10〜50キロ)に打ち上げる事業で協業すると発表。ソフトバンクの宮川潤一副社長によると、その目的の1つに「情報格差の解消」があるという。達成に向け、航空機の相互利用などを行っていく。(2019/4/26)

ソフトバンク、5Gで基地局10万局超整備へ
同社が総務省に申請した令和6(2024)年度末までの計画ではスマートフォン向けなど、主要な基地局を約7300局整備するとしている。(2019/4/26)

成層圏に無人機を飛ばして基地局に:
ソフトバンクとAlphabet、“空飛ぶ基地局”設置へ
 ソフトバンクは、2019年4月25日、AeroVironmentとの合弁会社であるHAPSモバイルを通して、成層圏に無人航空機を飛ばして通信基地局とする「HAPS事業」を展開することを発表した。無人航空機「HAWK30」も開発しており、2023年の実用化を目指す。(2019/4/26)

2018年12月の通信障害は「エリクソンのせい」――ソフトバンク宮内社長が発言
2018年12月6日に大規模な通信障害を起こしたソフトバンク。2月5日に行われた同社の決算説明会で、宮内謙社長が「通信障害はエリクソンのせい」という旨の発言を行った。(2019/2/6)

石川温のスマホ業界新聞:
ファーウェイ製スマホの未来はどうなってしまうのか――キャリアに判断を迫る、アメリカ「国防権限法」
ソフトバンクの上場会見で、宮川潤一副社長(CTO)がHuaweiについて言及した。その言葉は、示唆に富むものだった。(2018/12/28)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
ソフトバンク障害は“他人事”ではない デジタル証明書のヒヤッとする話
12月6日、ソフトバンクで大規模な接続障害が発生。原因は「デジタル証明書の有効期限が切れたため」。エンジニアの方々の中には、他山の石と捉える人が多かった印象です。(2018/12/21)

Huawei・ZTE製ネットワーク機器 ソフトバンクはどう扱う?
日本の大手キャリアが5Gにおいて中国メーカー製の通信機器するという旨の報道が複数なされている。12月19日のソフトバンク上場記者会見では、そのことを踏まえた質問が多くなされた。(2018/12/20)

ソフトバンク、通信障害で1万件の解約 宮川副社長「非常時にキャリア同士で支え合う構造を検討する時期に入った」
ソフトバンクの大規模通信障害直後に、1万件の解約があったことが明らかになった。(2018/12/20)

ソフトバンクが通信障害について謝罪 再発防止に向けた対策も明らかに
12月6日に「ソフトバンク」「Y!mobile」の4G LTE携帯電話で発生した通信障害。ソフトバンクの上場記者会見では、宮内謙社長と宮川潤一副社長が障害について謝罪。宮川副社長が障害発生の詳細な経緯と再発防止策について説明した。(2018/12/19)

ソフトバンク、ファーウェイ製通信設備の使用は「政府のガイドラインを見極めたい」
ソフトバンクが、中国Huawei(ファーウェイ)や中国ZTEの通信設備の使用方針を明らかにした。日本政府のガイドラインの発表を待ち、その方針に従うという。(2018/12/19)

「エリクソン製への依存を見直す」 ソフトバンク、通信障害の再発防止策を発表 LTE設備はマルチベンダー化
ソフトバンクが上場記者会見で、12月6日に発生した通信障害について改めて謝罪。再発防止に向けた対策を発表し、障害の原因となったエリクソン製のLTE交換機については、他社製品を追加し、マルチベンダー化する方針を明らかにした。(2018/12/19)

記者会見は午後に:
ソフトバンクが東証に株式を上場 記念セレモニーを開催
2018年12月19日、ソフトバンクの株式が東京証券取引所(東証)に上場。同日の午前、東証で記念のセレモニーが開催された。(2018/12/19)

モビリティサービス:
トヨタが進めるコネクテッドカー“3本の矢”、ソフトバンクとの新会社も矢の1つ
ソフトバンクとトヨタ自動車は2018年10月4日、東京都内で会見を開き、モビリティサービスの基盤を開発、提供する新会社「MONET Technologies」を設立すると発表した。新会社の代表取締役社長兼CEOにはソフトバンク 代表取締役 副社長執行役員兼CTOの宮川潤一氏が就く。出資比率はソフトバンクが50.25%、トヨタ自動車が49.75%となる。資本金は20億円で、将来的に100億円まで増資する。(2018/10/5)

自動車を“所有しない”時代に向けた布石――ソフトバンクとトヨタが合弁会社「MONET(モネ)」設立 「オンデマンドモビリティ」から事業を開始
ソフトバンクとトヨタ自動車が、新時代のモビリティサービス(移動サービス)の構築を目指す合弁会社を設立。「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」といったオンデマンドモビリティサービスを提供しつつ、将来的にはトヨタ自動車が構想しているAutono-MaaS(自動運転車によるモビリティサービス)の実現を目指す。(2018/10/4)

半年前から若手主体で協議:
トヨタとソフトバンク、新会社「MONET」設立 目指すは「自動運転×MaaS」の実現
トヨタとソフトバンクが、モビリティーサービスの分野で戦略的提携を締結。共同出資会社「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を2018年度内に設立する。当初はライドシェアビジネスを展開する予定。ゆくゆくは、自動運転技術を組み合わせたMaaSビジネスの提供を目指す。(2018/10/4)

ソフトバンク、トヨタと提携 モビリティー事業で新会社
トヨタとソフトバンクが自動運転車を使った配車サービスなど、モビリティーサービスの提供を見据えた新会社を共同出資で設立する。(2018/10/4)

ワイヤレスジャパン 2018:
「4Gと5Gは似て非なるもの、全く違う世界が始まる」 ソフトバンク宮川氏が5GやIoTの取り組みを説明
ソフトバンクの宮川潤一CTOが、「5G×IoT発展を促す共創」とのテーマで講演。ソフトバンクの5GやIoTに関する取り組みを説明した。宮川氏は「4Gと5Gは、本当に似て非なるもの」と強調する。(2018/5/24)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
ソフトバンクの「うまくいかなかったらごめんなさい」に驚いた
正直なところ会見でそうそう聞かないコメントです。(2018/4/17)

研究開発の最前線:
リチウム空気電池の開発にソフトバンクが参入「IoT最大の課題を解決する」
ソフトバンクと物質・材料研究機構(NIMS)は、リチウムイオン電池の5倍のエネルギー密度が期待されるリチウム空気電池の実用化を目指す「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置に関する覚書を締結。同センターの活動により、NIMS単独の研究で2030年ごろとしていたリチウム空気電池の実用化時期を、2025年ごろに早めたい考えだ。(2018/4/12)

2025年に「リチウム空気電池」の実用化へ ソフトバンクと物質・材料研究機構が連携
ソフトバンクは、4月11日に物質・材料研究機構と「NIMS-SoftBank先端技術開発センター」の設置に関する覚書を締結。両者はセンターでの共同研究を通し、次世代の電池である「リチウム空気電池」の実用化に向けて連携を開始する。(2018/4/11)

ソフトバンクグループの宮内副社長が取締役に 上場検討に伴い経営へ専念
ソフトバンクグループは、代表取締役副社長の宮内謙氏を取締役とする人事異動を3月23日に発表。併せてソフトバンクの経営の独立性を確保するため、孫正義氏は代表権のない取締役会長となる。これらの措置はソフトバンクの上場検討に伴うもの。(2018/3/23)

石川温のスマホ業界新聞:
スプリントの売却への可能性に「余計なことは言わない」 ━━謙虚な孫社長による「時価総額と為替差益のソロバン勘定」
ソフトバンクの決算会見で弱気な発言が目立った孫社長。米Sprintとの関係は今後どうなっていくのだろうか。(2015/2/20)

石川温のスマホ業界新聞:
2013年、印象深かった業界キーマンインタビュー――今年も貴重なお時間をいただき、ありがとうございました
2013年もさまざまなモバイル業界のキーマンにインタビューしてきた。その中でも特に印象深かった5人をピックアップし、前年を振り返ってみたい。(2014/1/6)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
2013年後半に相次いで開始予定の「100Mbps超」新サービスをおさらい
2013年7月〜8月上旬のモバイル通信&ルータ事情で注目したい項目をピックアップ。今回は「2.5GHz帯追加割当」「ドコモの150Mbpsサービス」「ソフトバンク+イー・モバイルのハイブリッド機器」などを解説する。(2013/8/23)

石川温のスマホ業界新聞:
孫社長が「UQへの2.5GHz割り当て」に猛抗議――「泣き寝入りはしない。行政訴訟で断固戦う」
7月26日の電波監理審議会で、2.5GHz帯の新たな周波数をUQに割り当てるとの答申が出たが、これに異を唱えたのが、ソフトバンクの孫社長と宮川潤一CTO。総務省の廊下で行われた囲み取材で、2人の「恨み節」を聞くことができた。(2013/8/2)

透明化を訴える一方で大人の対応も:
孫氏と宮川氏、BWA追加周波数割り当てで総務省に要望書
7月25日未明の「追加割り当てはUQに」報道を受けて、Wireless City Planningは審議延期を“激しく”要望。このままでは「50対20」の苦しい状況になるという。(2013/7/25)

ソフトバンクモバイル、「高精度衛星測位サービス利用促進協議会」に参加
ソフトバンクモバイルは、準天頂衛星システムによる高精度測位サービスの利用を促進する協議会に参加。秋には「みちびき」を使った大規模実験を実施する。(2013/7/25)

石野純也のMobile Eye(3月11日〜22日):
スペックだけじゃない「GALAXY S 4」の見どころ/「ダブルLTE」の狙い/「タップでコンシェル」の新しさ
3月14日にはSamsung電子のフラッグシップモデル「GALAXY S 4」が米ニューヨークで発表され、世界中で話題を集めた。ソフトバンクのiPhone 5でイー・モバイルのLTE網を使えるようになったことも大きなトピックだ。ドコモが発表した新サービス「タップでコンシェル」も取り上げる。(2013/3/25)

「iPhone 5」徹底レビュー:
「iPhone 5」通信速度はどっちが速い? au vs. ソフトバンク 南武線編
山手線を中心に、東京都内のLTEエリア化を積極的に進めているKDDIに対し、ソフトバンクモバイルは基地局の容量に余裕がある地域からLTEエリアへの切り替えを進めている。つまり、山手線はKDDIが有利だったわけだ。では東京から少し離れるとどうなるのか。実際に試してみた。(2012/9/25)

iPhone 5発売目前 5つの「やりましょう」で改めて魅力を打ち出すソフトバンク
テザリング、通話定額、セット割――。まとめてみんな「やりましょう。」とKDDIへの対抗策を打ち出したソフトバンクモバイル。au版のiPhone 5よりもソフトバンク版のほうが「速い、安い、広い」ことを改めてアピールした。(2012/9/20)

ソフトバンクモバイル宮川氏にLTEネットワークの現状と“テザリングなし”の真相を聞く
「iPhone 5でも完全定額を維持したい」。ソフトバンクモバイルがiPhone 5でもテザリングを“封印”したのには、こんな理由があった。先進ユーザーではなく、むしろいまだケータイを使う一般ユーザーを見据えるソフトバンクモバイル。同社のLTEネットワークの今とテザリングを解放しない理由を宮川潤一氏に聞いた。(2012/9/18)

「1人でも多くの人々にスティーブの作品を届けたい」 iPhone 4Sへの思いを語った孫正義社長
「予定通り10月7日16時からiPhone 4Sの予約を受け付ける」。スティーブ・ジョブズ氏の訃報にショックを受けたという孫正義社長だったが、iPhone 4Sの価格、料金体系を発表し、あわせてジョブズ氏との思い出を語った。(2011/10/7)

第2回 国際自動車通信技術展(ATTT):
スマートフォンを受け入れない自動車通信に将来はない?――ソフトバンク宮川氏が語る
自動車向け通信サービスの普及にスマートフォンが必須であると主張するソフトバンクモバイルの宮川氏。業界活性化にはオープンなサービスプラットフォームが必要だとし、その上で「最初からオープン」であるスマートフォンが有力なデバイスになるとみる。(2010/12/10)

クルマと通信がつながる未来:
第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)カンファレンス 事前申し込み期限迫る
第2回 国際自動車通信技術展(ATTT)が12月1日から3日の間、幕張メッセで開催される。現在カンファレンスの申し込みを受付中で、11月22日までに申し込めば、有料カンファレンスの聴講料が割引になる。(2010/11/18)

ウィルコム、ソフトバンクの下で再建を目指す更正計画案を提出
ウィルコムが10月14日、会社更生手続きの開始決定を受けて策定した更生計画案を東京地方裁判所に提出した。ソフトバンクの傘下に入り、PHS事業の維持と発展を図る。(2010/10/14)

“クルマと通信”の未来を展望――第2回 国際自動車通信技術展 12月1日〜3日に開催
クルマと通信の融合による新たなサービスやビジネスの創出を目指し、第2回 国際自動車通信技術展を、12月1日から3日に幕張メッセで開催する。(2010/10/7)

IIC、高度道路交通システムの活用成果をワイヤレスジャパンで発表
インターネットITS協議会が、7月14日に開幕する通信イベント「ワイヤレスジャパン2010」でITS活用の成果を発表。緊急医療や物流システム構築での活用例を紹介する。(2010/6/23)

App Town ユーティリティ:
ソフトバンクの電波状態を確認して報告――「電波チェッカー」
ソフトバンクモバイルが電波改善宣言の一環として、電波状況情報を収集し、ソフトバンクに報告できるiPhoneアプリ「電波チェッカー」をリリースした。(2010/6/2)

ふぉーんなハナシ:
ソフトバンクの電波状況情報を収集するiPhoneアプリ、開発中
ソフトバンクモバイルが、電波状況情報を収集するためのiPhoneアプリを開発しているようだ。ユーザーの協力を募り、エリアの改善に役立てていくのだろうか。(2010/3/30)

第1回 国際自動車通信技術展:
月に+210円でナビの通信も定額に──パケットし放題に「カーナビプラン」
ソフトバンクモバイルの取締役専務執行役員兼CTO 宮川潤一氏が、第1回 国際自動車通信技術展の基調講演で、カーナビのテレマティクスサービス向けの新料金プラン「カーナビプラン」を明らかにした。パケットし放題に210円追加すると、テレマティクスサービスも定額で利用可能になる。(2009/10/20)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月22日〜8月28日
NEC、日立、カシオが携帯電話事業を統合すると一部メディアが報道。NokiaはミニノートPCとLinuxスマートフォンを投入すると発表した。日本通信は050電話番号のIP電話サービスの提供を開始する。(2009/9/1)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルがそろって登場:
第1回 国際自動車通信技術展 基調講演プログラムなどが確定
10月20日から22日に幕張メッセで開催予定の第1回 国際自動車通信技術展の講演プログラムやATTTアワードの詳細が明らかになった。講演にはNTTドコモやKDDI(UQコミュニケーションズ)、ソフトバンクモバイルのキーパーソンも登壇する。(2009/8/28)

ものになるモノ、ならないモノ(24):
ニッポンのインディよ!iPhoneの「予想外」にカワイイ系で打って出よ
ついにiPhoneが日本にも登場する。国内キャリアの垂直統合型ビジネスモデルは揺らぐのだろうか。そのとき、インディ系開発者が世界に打って出る商機がある!(2008/6/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。