ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「公務員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公務員」に関する情報が集まったページです。

アニメに潜むサイバー攻撃:
篠原重工は行政指導が必要? 劇場版「機動警察パトレイバー」で学ぶ「内部犯行」リスク
サイバー攻撃は、時代に合わせ、攻撃の対象や手口が変化してきました。そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さんが対策を解説します。第7回のテーマは「機動警察パトレイバー the Movie」です。(2019/6/7)

岐路に立つ日本社会:
“移民”解禁で仕事を奪われる「プアー・ジャパニーズ」は出現するか
4月から外国人労働力の受け入れが拡大。事実上の“移民解禁”とも言える流れに。将来、日本人の仕事が奪われることになる?(2019/5/29)

これからのAIの話をしよう(恋愛編):
「結婚は“好き”だけじゃない」 母親の仲人経験を婚活アプリでAI化、22歳若手社長の挑戦
「行きたい店」で出会うマッチングアプリ「FANCY」。22歳若手社長は、仲人経験のある母親のノウハウをAI化したという。(2019/5/28)

「20代が選ぶ転職人気企業ランキング」 その傾向は?
20代はチャレンジ精神。(2019/5/24)

各社異なる不正利用関連規約:
キャッシュレス主役のクレカだがユーザー不利な規約も 求められる整備
キャッシュレス化の主役といえばクレジットカードだが、規約内容には各カード会社で異なる点も多い。一般の利用者が安心して使うには、規約のさらなる整備が必要だろう。(2019/5/13)

「子・孫に勤めてほしい企業」ランキング、トップはやっぱり「公務員」 上位だったIT企業は……?
与信管理を手掛けるリスクモンスターが、祖父母世代や親世代を対象に「子や孫に勤めてほしい企業」を調査。トップは国家公務員(10.3%)だった。2位は地方公務員(9.1%)、3位はトヨタ自動車(2.9%)だった。IT企業では、Google日本法人(5位)、Apple Japan(12位)、楽天(13位)、アマゾンジャパン(20位)などが人気だった。(2019/5/10)

殺してしまった少女に108年かけて償う少年の物語 漫画「108年走馬灯人生」に「泣ける」「鳥肌が立った」
あの世に行くまでに108日間の「死亡猶予」の間に、運命を覆そうと過去を繰り返す物語です。(2019/5/8)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「アベンジャーズ型」のデータ分析組織がうまくいかない理由
自社でデータ分析組織を立ち上げる企業が増えているが、なかなかうまくいかないという声も多い。日本企業が目指すべき組織の在り方とは?(2019/5/8)

仏政府、公務員専用チャットアプリ「Tchap」のβ版、公開直後にバグ指摘→修正
フランス政府が国家公務員専用のエンドツーエンドで暗号化するチャットアプリ「Tchap」のβ版を公開した。公務員にしか使えないはずのこのアプリに簡単にログインできたとセキュリティ研究者が指摘し、修正された。(2019/4/22)

「踊る大捜査線」映画シリーズやドラマ「アンフェア」など、Amazon動画見放題でGWに楽しみたい作品配信
「映画クレヨンしんちゃん」の新作公開前に前作「爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」が配信されます。(2019/4/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
GW10連休で問う 日本人が「休日多すぎなのに休めていない」真の理由
間もなくGWの10連休。実は日本の年間休日数は世界トップクラス。「休みがあるのに休めていない」ように感じるのはなぜか?(2019/4/3)

URが四谷駅前で進める、再開発プロジェクトの名称が「コモレ四谷」に決定
UR都市機構は、JR「四谷」駅前で840億円を投じて進めている再開発プロジェクトの名称を「コモレ四谷」に決めた。新宿四谷エリアに、31階建てのオフィスビルを核に、商業施設や教育施設、5000m2にも及ぶ緑地などが誕生する。開業は2019年度内の予定。(2019/3/28)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
働き方改革と無縁の「深夜国会」 膨れ上がる税金と“魔”の高揚感
新年度予算案の衆院通過を巡って「深夜国会」が開かれ、衆院職員の残業代が一晩で1800万円に上ったことが話題になった。さまざまな議論があるが、筆者が注目するのは深夜国会の「高揚感」。危険な高揚感で満たされないように「国会とは何か」を議論すべきだ。(2019/3/22)

「朝型勤務」制度が人気:
20年卒学生の人気企業、2位は味の素 6年ぶりに首位になったのは……
20年3月に卒業予定の学生に人気の企業は? 学情が調査結果を発表。2位は味の素だった。1位は……?(2019/3/18)

これからのAIの話をしよう(データ編):
“数字に弱いニッポン”、統計不正で露わに 「データの歪み」なぜ放置? 国会議員×元日銀マンが斬る
続々と問題になる、政府による統計不正。厚生労働省の「毎月勤労統計」の報道を皮切りに、データをめぐる諸問題について、エコノミストの鈴木卓実さんと立憲民主党の初鹿明博衆議院議員が議論した。(2019/3/13)

求められるのは「パーソナライズ化」:
自由な働き方を実現させる最終兵器 「ABW」は日本で根付くのか?
最近、欧米の企業が相次いで導入し注目を集めている勤務形態「ABW (Activity Based Working)」。仕事の内容に合わせて、好きな時に、好きな場所で働く、この働き方は日本で根付くのだろうか?(2019/3/5)

「Twitterで嫁募集したら本当に嫁が来たので本日結婚した」 キセキの出会いから結婚にいたるまでご本人を取材
こういう出会いもステキ。(2019/3/4)

文系・理系ともにトップは:
大学3年生に聞く、就職したい企業ランキング
2020年3月卒業予定の大学3年生は、どんなところで働きたいと考えているのだろうか。就職したい企業・業種ランキングを見ると……。リスクモンスター調べ。(2019/3/3)

同人誌の“適正価格”ってあるの? 同人活動は「もうけちゃダメ」なの?
定期的に話題になるこのトピック。(2019/2/23)

学びの本質:
定年後の予定は? シニア世代、「知る面白さ」探求
大学や大学院で学問に取り組むシニア世代が増加している。子育てが一段落したり、定年後の時間を利用し、一度は諦めた研究テーマや仕事を通じて抱えていた課題をじっくり探求できるという。人生100歳時代に突入し、AI台頭などを背景に社会の激変が予想される。学び続ける必要性が指摘される一方、知的好奇心に向き合い、主体的に学習する姿に“学びの本質”が浮かび上がってくる。(2019/2/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ課長はアンケート用紙を渡したのか 「役所の常識」は非常識
小学4年生女児が父から日常的に暴力を受けて亡くなった事件で、役所の「対応」が厳しい批判にさらされている。父からの暴力を相談していた女児のアンケートを、加害者である父に手渡していたのだ。なぜ担当者はアンケート用紙を渡したのか。筆者の窪田氏はこのように見ていて……。(2019/2/5)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
「赤い彗星」のシャアはなぜスピード出世できたのか?
ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。(2019/2/5)

市場規模は3年で3倍に:
いま韓国で納豆が人気 “日本食”は定着するのか?
韓国で韓国製納豆の人気が高まっている。納豆の市場規模は2014年から3年後には3倍に成長。健康ブームやそのままで食べられる簡単さ、日本への観光旅行増加などで日本食が一般化したことなどが、要因とみられ、中高年を中心に人気を集めている。日本メーカーの業界団体によると、納豆生産が海外でビジネスとなるケースは極めて珍しいという。韓国の大手メーカーは子供用の製品を開発するなど、さらに幅広い層への普及を目指している。韓国で日本食である納豆は定着するのか。(張英壽)(2019/2/1)

平成のうちに知りたい元号のこと:
元号はいつから使われている? 意外に知らない元号の話(前編)
普段特別な意識を向けることなく使っている「元号」。そもそも「元号」とは何なのでしょうか、なぜ天皇が変わると改元するのでしょうか。意外に知らない「元号」や「改元」に関する豆知識を、前後編の2回に分けてお届けします。(2019/1/29)

PR:危機感から生まれた総務省の「働き方改革チーム」
政府の中でも働き方改革に先進的に取り組んできた総務省。オフィスレイアウトの見直しやIT活用を通じた情報共有やペーパーレス化などに先んじて取り組んできた同省は、2018年1月に「総務省働き方改革チーム」を発足させ、その動きを加速させている。果たして改革チームは何に取り組み、どのような成果を上げてきたのか。この1年の取り組みを追った。(2019/1/28)

考え抜いた「不惑」の意味:
兼高かおるさんが唱えた「42歳定年説」  だから私は19年勤めたテレビ局を辞めた
兼高かおるさんが提唱した「42歳定年説」に影響を受け、筆者は42歳11カ月で、19年間勤務した放送局を辞めた。(2019/1/25)

暑くてもジャケットは着るべき?:
「面接でノック2回」「室内でコート」は本当に失礼? プロのマナー講師に聞いてみた
ビジネスシーンでは、ノックを3〜4回してから入室するのがベターだという説がある。これは本当なのか。なぜ2回のノックは失礼なのか。「コートを着たまま屋内に入るのはマナー違反」などの説の真偽も含め、マナー講師に見解を聞いた。(2019/1/24)

スピン経済の歩き方:
「アルコール離れ」は悪いことばかりなのか 関係者の“不都合な真実”
「ビール離れ」に歯止めがかからない。大手メディアは「消費者の節約志向」「豪雨や地震の影響」などと報じているが、ビールの消費量は14年連続で減少している。「減少が続いている」と聞くと、あまりいいイメージを抱かないかもしれないが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/1/22)

地に落ちた政府統計:
元日銀マンが斬る 厚労省の統計不正、真の“闇”
厚生労働省の「毎月勤労統計」が炎上している。これに関する不正をかばうものはいないだろう。誰の目に見ても明らかな不正である。しかしこの問題には深い「闇」があるのではないかという。(2019/1/17)

幸せと生産性を考える:
「省庁や大企業の生産性は低い」は本当か?
この連載の最終回では、大企業や省庁で働くビジネスパーソンが、幸福度や生産性についてどう考えているかについて見ていきます。(2019/1/16)

サイボウズが調査:
新成人の働く場所、地元志向が強まる
サイボウズ チームワーク総研が新成人の「理想の働き方」について調査。その結果を発表した。およそ半数が地元で働きたいことが分かった。(2019/1/9)

必要以上に年金制度を不安に思ってない?:
改めて知っておくべき「年金」の超基本を図解!
複雑な年金制度について、どこまで理解してる? 最低限知っておきたい点をインフォグラフィックにまとめました。(2019/1/15)

若者のロールモデルになりたい:
同性愛公表のパナソニック取締役ベイツ氏「LGBTへの差別は日本経済の損失」
6月にパナソニック初の外国人取締役に就任した米国人のローレンス・ベイツ氏が、同性愛者であることをカミングアウト(公表)している自身の経験について、就任後初めて取材に応じた。(2018/12/23)

就職先に“安定”を求める:
子どもに働いてほしい企業ランキング、1位は?
子どもに働いてほしい会社はどこですか? 大学4年(大学院2年を含む)で今年就職活動を終えた、または活動中の子どもを持つ保護者に聞いたところ……。マイナビ調べ。(2018/12/19)

多少は改善したが:
「仕事が合わない」高卒の52%、3年内に離職 沖縄なお高水準
沖縄労働局は2015年3月の高卒・大卒者の3年以内の離職率を発表した。ともに全国と比べて高水準だった。離職理由は……。(2018/12/18)

ここが変だよ、日本の「働き方改革」:
“ワクワク”働けない日本の働き方改革に欠落している「QoW」とは?
モノもサービスも、実際に欲しい、買いたいと思ってもらえるようにするためには提供する側の高いモチベーションが欠かせないということだ。では、そのモチベーションはどこから来るのかというと……。(2018/12/18)

幾度の転職・挫折にも負けず:
日本女性の胸「苦しめない」高級下着を 女性起業家、裸一貫からの挑戦
高級ランジェリーにある女性起業家が参入。大手が寡占する業界を「日本女性向け」のコンセプトで切り開き、高級百貨店での販売にこぎつけた。(2018/12/10)

「BL趣味に理解ある男性と出逢える」 オタク女性にヒット、とら婚の新機軸
「BL趣味を理解し(た上でそっとしておい)てくれる男性と出逢える婚活パーティ!」をとら婚が企画し、女性から好評。どのように企画したのか。(2018/12/11)

「Tumblr」に裸の少女の動画を投稿 25歳地方公務員が児童ポルノ禁止法で逮捕
容疑者は「公然陳列していたわけではない」と供述しています。(2018/12/6)

スピン経済の歩き方:
結局のところ、水道はどうすればいいのか 公も民もダメダメな理由
「水道法改正」が通過しようとしている。改正案のポイントは、「コンセッション方式」の導入だ。老朽化した水道管を取り替えるのに莫大な資金が必要になるので、このような案が出てきたわけだが、本当に民営化してもよいのだろうか。いや、公営化のままでも問題があって……。(2018/12/4)

美名のもとに遂行される「政府シナリオ」:
公務員65歳定年制の導入は「若者の賃金搾取」と「解雇規制緩和」の序章だ
政府は公務員の定年引き上げを検討している。この動きが民間にまで波及すれば法定定年年齢の65歳への引き上げにつながり、70歳までの雇用確保を義務付けるという「政府のシナリオ」が現実味を帯びつつあるのだ。その先にあるのは……。(2018/11/29)

半数以上は“プライベート優先派”:
17〜19歳の約4割は「65歳までに退職したい」 政府の「人生100年時代構想」目標とかい離
日本財団は11月21日、全国の17〜19歳を対象に「働く」をテーマに実施した調査結果を発表。日本政府が掲げる「人生100年時代構想」で目指す目標と若者の意識にかい離があったという。(2018/11/21)

体験したい技術は「リニア」:
50〜70代に聞く「生まれ変わったら就きたい職業」、2位は公務員 1位は……
55〜74歳の男女に「生まれ変わったら就きたい職業」を聞いたところ、2位は「公務員」(13.0%)、3位は「医師」(12.6%)だった。1位は……?(2018/11/21)

ネット炎上はなぜ起こるのか?:
マーケターが「知らない」では済まない炎上対策、プロのネットウォッチャーが語る
ネットウォッチャーとして知られるおおつねまさふみ氏が、WOM(口コミ)マーケティングのイベントで「炎上」について語った。(2018/11/19)

全体的にはわずかに改善:
1カ月の残業時間、教育関連の仕事で長い傾向に 年代別では50代が最長
エンジニアのキャリア支援などを手掛けるメイテックはこのほど、約1万人の社会人を対象に実施した残業に関する調査結果を発表。教育関連の職業に就いている人の残業時間が長い傾向にあることが分かった。(2018/11/14)

セキュリティ・アディッショナルタイム(28):
失敗が許される環境でインシデント対応に付きまとう利害調整や時間の制約を経験――あらためて振り返るHardening競技会
2018年11月21日、22日に沖縄県宮古島で「Hardening II SecurEach」が開催される。その開催を前に、過去のHardening競技会と、そこから派生した「Micro Hardening」の取り組みを振り返ってみよう。(2018/11/9)

元国税局職員が明かす「サバイバル術」:
2カ月、5万円で会社設立! 「社会保険料の節約」に悪戦苦闘した元公務員の“生存戦略”
3年間迷った挙句、家族の反対を押し切って公務員を辞め、フリーライターになった筆者。意外にも収入水準は前職並みに近づきつつあった一方、難題にぶつかった。それは「国民健康保険」の支払い――。会社員と違って重い負担を要する保険料を節約するために動き出したのだが……。(2018/11/9)

水曜インタビュー劇場(お帰り〜公演):
「全国のホステルに泊まり放題」が広がれば、どんな人が増えるのか
日本のホステル界で、ちょっとした異変が起きている。月額制のパスを購入すれば、全国のホステルに泊まることができるのだ。このサービスが広がれば、「旅をするような暮らし」「二拠点生活」を送る人が増えるかもしれない。(2018/10/31)

スピン経済の歩き方:
数の帳尻合わせが、日本のお家芸になってしまう根本的な原因
また、同じようなニュースで企業が揺れている。油圧機器メーカー「KYB」が、オイルダンパーの検査データを改ざんしていたのである。この1年を振り返ってみても、そうそうたる名門企業でデータ改ざん問題が起きているが、なぜ同じようなことが繰り返されるのか。その背景には……。(2018/10/23)

隣の芝は青い?:
「うらやましい」友人の勤め先、3位はトヨタ 1位・2位は安定の……
「うらやましい」と感じる友人の勤務先は? リスクモンスターが調査結果を発表。3位はトヨタ自動車がランクイン。2位・1位は……(2018/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。