ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「公務員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「公務員」に関する情報が集まったページです。

東大卒プロゲーマー「ときど」の肖像【前編】:
東大卒プロゲーマー「ときど」はいかにして生まれたか――ゲームは毒にも薬にもなる
17歳のときに世界一の格闘ゲームの大会「EVO」で優勝したトッププレイヤーの1人である東大卒プロゲーマー「ときど」。彼はいかにしてプロゲーマーになり、現在のeスポーツの課題をどう見ているのか。前後編の前編。(2020/3/28)

文藝春秋が「週刊文春」完売号のスクープ記事を全文無料公開 森友自殺職員の遺書も
文藝春秋は、完売となった「週刊文春」3月26日号の記事「妻は佐川元理財局長と国を提訴へ 森友自殺<財務省>職員遺書全文公開 『すべて佐川局長の指示です』」を文春オンラインで全文公開した。自殺した財務省職員の赤木俊夫さんの遺書が掲載されている。(2020/3/25)

スピン経済の歩き方:
なぜ「日本の上司」は、“下に理不尽な要求をするおじさん”が多くなってしまうのか
「上司が理不尽な要求ばかりしてきて、悩んでいる」といったビジネスパーソンも多いのでは。それにしても、なぜ日本の上司は“信じられない要求”をしてくるのか。筆者の窪田氏はこのように分析していて……。(2020/3/24)

16年卒以来、公務員志望率は最低:
21年卒、「公務員は滑り止め」が約2割 併願する民間企業で人気の業界は?
マイナビが21年卒を対象に行った「公務員のイメージ」に関する調査結果を発表した。16年卒の調査以来、公務員の志望率は最低の結果となった。民間企業と併願する人の割合は8割超で、「民間企業の内々定をもらったら、そっちに行く」と答えた人もおよそ2割。公務員と併願する業界で、人気だったのは?(2020/3/18)

大学3年生に聞く「希望の就職先」、トップは安定の公務員 IT業界ではGoogleやAmazonが人気
大学3年生が、現時点で「働きたい」と考えている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。1位は地方公務員、2位は国家公務員、3位はGoogle日本法人だった。(2020/3/11)

はた迷惑な武勇伝 椎名林檎や森喜朗が理解できないコト
コロナ対応で国民が息を潜めた生活を強いられる中、歌手の椎名林檎さんがコンサートを開催したり、森元総理が「マスクをしないでがんばる」と言ったり。無知は罪深いもので……。(2020/3/6)

「私、1番よね?」「いいえ、2番です」:
プライバシーフリーク、リクナビ問題後初の個人情報保護法改正の問題点にかみつく!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)個人情報保護法改正編02 #イベントレポート #完全版
「世界で唯一、個人情報を金で買える国」、ジャパン――リクナビ事件をきっかけに露呈した「日本の個人情報の考え方の問題点」を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人が全方位で解説する。※本稿は、2019年12月2日時点の情報です(2020/3/10)

【まとめ】各社の新型コロナ関連支援サービスまとめ 漫画読み放題、学習支援、給食代替など
新しい情報は随時追記していく予定です。【3月14日13時00分更新】(2020/3/18)

公務員、食品メーカーが人気:
21年卒の大学生に聞いた、就職したい企業・業種ランキング 1位は?
2021年卒業予定の学生が就職したい企業・職種ランキング、1位は「地方公務員」。リスクモンスターが調査結果を発表した。(2020/2/28)

「イベントの中止」は14%:
時差通勤、テレワーク推奨はまだ5% 企業に問われる新型コロナ対策
LINEリサーチの調査によると、職場で時差通勤や在宅勤務を推奨されている人はわずか5%。職場での対応は「手指のアルコール消毒用品の常備」「マスクの着用の義務/推奨」が多かった。(2020/2/27)

企画・マーケティングで高い実施率:
テレワークと年収、実は関係あり? 実施率はいまだ17%
テレワークに関する調査結果が発表。年収が高いほど、テレワークの実施率も高いようだ。テレワークに関する不満については、「環境整備」に関する意見が多く挙がった。(2020/2/25)

橋下徹“異端”の仕事術【6】:
橋下徹が実行してきた「圧倒的な結果を生み出す突破力」 “今まで通り”では変革を起こせない
大阪府庁、大阪市庁という巨大組織を率いたリーダー、橋下徹の仕事術をお届けする。組織を変革し、停滞の一途をたどっていた大阪を、圧倒的な実行力で立て直してきた橋下の働き方についての考え方に迫る。第6回目は、橋下が実行してきた「圧倒的な結果を生み出す突破力」について聞いた。(2020/2/22)

【全22問】「1日60分までの根拠は」「なぜ議事録がないのか」―― 香川県「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」、議会事務局との一問一答
「ネット・ゲーム依存症」の定義や、根拠としている研究はあるか、県外の事業者も条例の対象になるのかなどについても聞きました。(2020/2/6)

70歳就業法案閣議決定〜全世代が働きやすい環境と数字だけでない実質が必要
若い世代を含め、全世代が働きやすい環境をどうやって作っていくがが日本の課題。(2020/2/5)

サプライチェーンへの懸念が増加:
新型コロナウイルス、製造業における欧米各社の対応は
世界保健機関(WHO)は2020年1月31日、新型コロナウイルス感染が中国大陸を越えて拡大し、中国国内では死者も出ているという事態を受け、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した。世界的な技術メーカー各社は、従業員たちの安全を第一に考えた措置を講じている。(2020/2/5)

奈良市職員が駅のホームを飛び移る動画が拡散され物議 市は謝罪のうえ「厳正に対処」
走り幅跳びで隣接ホームへ渡ろうと試みて失敗し、線路に落ちる様子が収められていました。(2020/1/21)

「迷惑」と伝える勇気:
それでも“インフルエンザ出社”がなくならないワケ くだらない「武勇伝」づくりはもうやめよう
インフルエンザが流行する季節になった。その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。(2020/1/17)

これからの日本の社会「明るい」と思う新成人、たった13% 悩みの1位は「将来」 LINE調べ
不安が大きいようです。(2020/1/11)

「合コンをしたい企業」ランキング、トヨタや任天堂など人気 上位だったIT企業は……?
「合コンをしたい」と思う人の職種や勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが調査結果を発表。公務員やトヨタ自動車、任天堂、Google日本法人などが人気だった。(2020/1/6)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
国の支援も手遅れ……「就職氷河期第一世代」の女性が味わった絶望とは
今更ながら国が支援を始めた就職氷河期世代。その女性たちが味わった就職や仕事の苦難は実は多様だ。「第一世代」の女性は果たしてどんな人生をたどったか?(2020/1/6)

日清がローカルCMをパロディに 北海道「のぼりべつクマ牧場」、静岡「学生服のやまだ」、関西「551蓬莱」など32本
トップアスリートに何をやらせているんだ……。(2020/1/1)

今日のリサーチ:
2019年、名刺交換が最も活発だった都道府県と業種は?――Sansan調べ
500人へのアンケートと名刺アプリ「Eight」の活用動向から見えてきたビジネスパーソンの意識とは。(2019/12/30)

「合コンしたいと思う企業ランキング」 世界的大企業を抑えて最強の安定業種がワンツートップを決める
女性は相手に平均年収以上を求める傾向?(2019/12/29)

2020年5月採用:
初任給18万円、かつ“職務経験”を考慮して決定 厚労省の「氷河期限定採用」は苦しむ世代の“氷山の一角”も救えない
厚生労働省が「就職氷河期世代採用選考」を実施する。2020年5月採用として、12月25日〜20年1月10日の期間で申し込みを受け付ける。一般行政事務職として、10人ほどの採用を予定する。初任給は「月額18.2〜27.4万円」で、職務経験により変動する。(2019/12/25)

ドキュメントや利用ツールの英語対応は約3割:
「日本語でビジネス会話ができない」約6割 Wovnが外国人従業員に関する調査結果を発表
Wovn Technologiesは外国人従業員に関する調査結果を発表した。外国人がいる企業の割合は34.0%。そのうち、人事や労務に関する書類やツールが英語に対応している企業は34.6%だった。(2019/12/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
2020年「正社員の年収激減」の恐怖 賃下げの意外なターゲットとは
2020年から正社員サラリーマンの年収が激減する恐れ。ポイントは同一賃金同一労働の施行だ。意外なモノが「賃下げ」のターゲットになる可能性が。(2019/12/17)

平均年齢は35歳:
国家公務員の冬ボーナス 平均額は約2万円減少
国家公務員に12月10日、冬のボーナスが支給された。一般職の平均支給額は約68万7700円。(2019/12/10)

どのタイプが希望の会社に入る?:
なぜ“今どきの就活生”は一くくりにされる? 「真の就活生」像、調査で判明
つい社会人は「今どきの若者は……」と言いがちだ。では、リアルな今の就活生像とは? 調査から5タイプに分析した。(2019/12/9)

企業で紙の削減が進まない理由は? ビジネスパーソンの職場における環境問題意識・実態調査
環境意識は高まっているが、職場の約7割が紙の削減に対して、具体的な取り組みには至っていない――「ビジネスパーソンの職場における環境問題意識・実態調査」をエプソン販売が公開した。(2019/12/5)

就活だけでなく就職後も苦労……:
「世代間格差」が明らかに? 人生、仕事への満足度、ともに「氷河期世代」が突出して最低 対照的に満足度が高かった世代は……
PGF生命が「人生の満足度に関する調査2019」の結果を発表した。人生、仕事とともに「就職氷河期世代」の40代が突出して低かった。つらい時代を乗り越えて就職しても、その後の満足度が低くとどまっているようだ。対照的に、両方とも高い満足度を感じている世代は?(2019/12/5)

在外公館業務の特殊性を鑑みて:
「雇うべき障害者人数」外務省だけ引き下げへ 民間企業も未達成が多いのになぜ? 厚労省は「民間企業とは別の話」
民間企業でもなかなか進まない障害者雇用。18年に水増しが問題になった外務省では、雇うべき人数を政令で減らす方針だ。いったいなぜ? 厚労省の担当者に直撃して聞いた。カギは「在外公館業務の特殊性」にあるようだ。(2019/12/4)

「プロ人材」公募に千人超 生駒市、新しい働き方に反響
 奈良県生駒市が10月、高いスキルと豊富なノウハウを持った「プロ人材」の公募を行ったところ、国内外から千人以上の応募があった。採用枠は収益確保やICT(情報通信技術)推進など7分野にそれぞれ1人程度で、分野別の倍率は約80〜260倍。現在選考作業中の市も「大きな反響があり、驚いている」という。副業や兼業、テレワークを認めている分野もあり、柔軟な働き方は今後の地方行政におけるモデルケースともなりそうだ。(藤木祥平)(2019/12/2)

自らの業の役割を何と心得るか!:
プライバシーフリーク、就活サイト「内定辞退予測」で揺れる“個人スコア社会”到来の法的問題に斬り込む!――プライバシーフリーク・カフェ(PFC)前編 #イベントレポート #完全版
学生の就職活動を支援するための「人材」サービスが、本人の権利利益をないがしろにして己の利益のためだけに野放図に使っていたことこそが、問題だ!(by厚生労働省)――リクナビ事件の問題点を、鈴木正朝、高木浩光、板倉陽一郎、山本一郎の4人がさまざまな角度で討論した。※本稿は、2019年9月9日時点の情報です(2019/11/29)

チケット不正転売禁止法で初逮捕 野球チケット高額転売の疑い
プロ野球のチケットをインターネットで高額転売したとして、警視庁はチケット不正転売禁止法違反の疑いで、東京都北区の男を逮捕。同法違反容疑での逮捕は全国初。(2019/11/28)

女子と労働:
「趣味がないから、働くことを趣味にしたかった」霞が関で20代を過ごした女性職員が、国家公務員を辞めた理由
趣味がなくても、仕事はできる?(2019/11/23)

お天道様は見ている:
リクナビだけじゃない――不正利用元年に理解すべき個人情報の概念と倫理
就活サイト「リクナビ」が就活生の「内定辞退率」を企業に販売し、影響を受けた(と思われる)学生の就職活動の妨げとなった。問題の根源は何か、リクナビが反省すれば問題は解決するのか――HR業界の闇を明らかにするために、あのフリークたちが集結した!(2019/11/8)

oricon ME調べ:
採用担当者向け新卒採用サイト満足度ランキング リクナビやマイナビを抑えて1位になったサイトは?
オリコンの子会社oricon MEが採用担当者向けに実施した、新卒採用サイトの2019年分満足度ランキングを発表。個人情報関連の問題で揺れたリクナビは18年調査では2位だったが、今回は3位だった。リクナビ、マイナビを抑えて1位になったサイトは?(2019/11/6)

新連載・地域ビジネス、ここがカギ:
失敗続きの「地域活性化」に財務省がテコ入れ 他省庁との違いを示せるか
内閣府や総務省が成果を出せていない「地域活性化」に、財務省が力を入れ始めた。各地域の出先機関を通じて、スタートアップ企業の発掘や支援に乗り出している。財務省の取り組みは成果を挙げられるのか。これまでの施策との違いを解説する。(2019/11/5)

学校の闇とコンプライアンス意識 ハラスメントは光を嫌う原則
神戸市で起きた教員間いじめ問題について、現校長の謝罪会見に続き、暴行事件当時の責任者である前校長もインタビューで「知らなかった」との釈明を行った。学校業界のコンプライアンス意識欠如を如実にさらけ出している。(2019/10/30)

「大学1・2年生が就職したいと思う企業・業種ランキング」1位は地方公務員 収入面では堅実傾向も
生活に密着した企業が人気。(2019/10/29)

大学1・2年生に聞く「希望の就職先」ランキング 公務員、Google、Amazon、LINEが人気
大学1〜2年生の男女が「将来はここで働きたい」と考えている勤務先は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターが600人に聞いた結果を発表。1位は地方公務員、2位は国家公務員、3位はGoogle日本法人、4位はアマゾンジャパン、5位はLINE(5.5%)と続いた。(2019/10/29)

大学1〜2年生に聞く、就職したい企業ランキング
現在、大学に通っている1〜2年生は、どんな会社に就職したいと考えているのだろうか。全国の大学生に聞いたところトップは……。リスクモンスター調べ。(2019/10/29)

預金口座の闇売買に警戒感強まる マネロン国際組織が月末審査入り 
日本の金融機関のマネーロンダリング対策を審査する国際組織「金融活動作業部会」の第4次審査が、10月末から始まる。日本にとって、「マネロン天国」の汚名返上のチャンスかと思いきや、不正送金の温床となる預金口座の闇売買が横行するなど、国際的な対策レベルとはいまだに温度差があるのが実情だ。(2019/10/21)

村上世彰N高特別授業【後編】:
村上世彰が金融教育を通じて伝えたいこと
会社の研修の一環として「金融教育」を導入する企業が増えている。社員一人ひとりがお金の知識を付け、家計を安定させ、仕事に集中できる環境を作ることが経営課題にもなっている。そんな中、村上世彰氏は自ら金融教育にかかわり、N高投資部での講義に取り組んでいる。村上氏が高校生に金融教育をする背景、若い時からお金と向き合う意義に迫るとともに授業の内容もお届けする。(2019/10/26)

村上世彰のN高特別授業【前編】:
村上世彰が「金融教育」に取り組む狙い
会社の研修の一環として「金融教育」を導入する企業が増えている。社員一人ひとりがお金の知識を付け、家計を安定させ、仕事に集中できる環境を作ることが経営課題にもなっている。そんな中、村上世彰氏は自ら金融教育にかかわり、N高投資部での講義に取り組んでいる。村上氏が高校生に金融教育をする背景、若い時からお金と向き合う意義に迫るとともに授業の内容もお届けする。(2019/10/22)

キャリアニュース:
「隣の芝生は青い」調査――知人や友人の勤め先をうらやむ人は若手ほど多い
リスクモンスターが、第2回「隣の芝生(企業)は青い」調査の結果を発表した。知人や友人の勤め先に対して「うらやましいと感じたことがある」と回答した人は41.9%で、性別では女性の方が、年齢別では若手の方がうらやましさを感じていた。(2019/10/10)

関電が金品受領問題で会見〜「恫喝した」森山元助役という人物
明確にされていない森山氏の背景。(2019/10/4)

「うらやましい友人の勤務先」ランキング、トップは公務員 上位だったIT企業は……?
リスクモンスターが「うらやましい友人の勤務先」ランキングを発表。安定性が評価され、1位は国家公務員、2位は地方公務員が入った。上位だったIT企業は……?(2019/10/3)

タイムアウト東京のオススメ:
フィンランド大使館のサウナに潜入する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/10/1)

「国家公務員の残業時間ランキング」、1位は財務省 主な原因は国会対応か
最も少なかったのは裁判所の9時間。(2019/9/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。