ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SAP SAPPHIRE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAP SAPPHIRE」に関する情報が集まったページです。

ビジネスの迅速性をどうやって実現するか
SaaS型ERP「SAP S/4HANA Cloud」導入を決めた企業は、ビジネスで何を優先しているのか
SAPのカンファレンス「2018 SAPPHIRE NOW」のパネルディスカッションの内容から、SaaSの「SAP S/4HANA Cloud」に移行する中堅企業や大手企業の動機と期待するメリットについて詳しく紹介する。(2018/8/29)

PR:社員を労働集約的な作業から解放し、ビジネスにイノベーションを起こす「Intelligent Enterprise」とは何か
2018年6月に開催されたSAPの年次カンファレンスイベント「SAPPHIRE NOW 2018」では、SAP HANAとSAP Leonardoで提供される次世代テクノロジーを統合し、顧客を統合的にリアルタイムで把握するための「Intelligent Enterprise」というコンセプトが改めて強調された。このIntelligent Enterpriseは、企業にどのようなメリットをもたらすのか。(2018/8/24)

Salesforce.comとしのぎを削るSAP
SAPの新CRM「C/4HANA」は市場を塗り替えるほどの製品か? SAPの狙いを読み解く
SAPは「2018 SAPPHIRE NOW」で新しいCRM「C/4HANA」を発表した。これは「Salesforce」に対抗する位置付けの製品だが、ユーザーがすぐにも導入しそうな気配はない。SAPがCRM市場の見直しを迫れるかという疑問も残る。(2018/8/7)

提携を拡大、統合製品を提供:
MicrosoftとSAP、統合製品「SAP HANA Enterprise Cloud on Microsoft Azure」を発表
MicrosoftとSAPは、SAPのプライベートマネージドクラウドで「SAP S/4HANA」を運用できるサービス「SAP HANA Enterprise Cloud」をAzureで提供する「SAP HANA Enterprise Cloud on Microsoft Azure」を発表した。(2017/11/30)

SAP Leonardo Executive Summit:
PR:SAPの新たなる戦略「SAP Leonardo」は一体何を目指すのか?
レオナルド・ダ・ヴィンチは史上最も優れた画家としてだけでなく、科学者としてもその才能を発揮した。翼を羽ばたかせて飛ぶコウモリのような飛行機やネジから着想を得たヘリコプターなど、そのアイデアのほとんどは日の目を見なかったが、稀代のイノベーターの創造性は、現代を生きるわれわれをも驚かせる。そんなルネサンス期の天才の名を冠した「SAP Leonardo」が発表された。それは単なる製品ではなく、同社がERPによって業務のベストプラクティスを顧客に提供してきたのと同様、企業がスピーディーにデジタル変革を実現するための「テクノロジー」「ベストプラクティス」、そして「方法論」から構成されるトータルサービスだという。(ITmedia エグゼクティブ 浅井英二)(2017/11/15)

IoTとデータ分析で安全を守れ
軽井沢スキーバス転落事故から始まった世界の安全対策プロジェクト
15人の死亡者を出した軽井沢スキーバス転落事故をきっかけに、IoTとデータ分析を利用した安全対策プロジェクトが各国で始まっている。(2017/7/6)

Weekly Memo:
握手の裏の思惑は クラウド業界で加速する“協業と競争”
「Salesforce.comが主要サービスのインフラにAWSを採用」「HPEがサービス部門を分離」「SAPとMicrosoftが協業拡大」―― 最近発表されたこれらの動きは果たして何を意味しているのか。(2016/5/30)

MicrosoftとSAPがクラウドで広範な提携──Azure上にHANA、Office 365+Concur
SAPが、Appleとの提携に続けて、Microsoftとのクラウドでの提携を発表した。Microsoft Azure上でのHANAの稼働をサポートし、Office 365とSAPのクラウドソリューションを連係させる。(2016/5/18)

別れるユーザーの判断
SAPユーザーが思い悩む「SAP S/4HANA」への移行時期、リアルタイム処理をいつ手にする?
ユーザーやアナリストの多くは、インメモリデータベースを求めて「SAP S/4HANA」への移行は避けられないと考えている。だが、移行がなかなか進まない企業も少なくない。その理由とは。(2016/4/26)

デジタル時代のERP再考(1)
情報技術の“ルネサンス期”、ERPの在り方とは?
ソーシャルやモバイル、アナリティクスをはじめとする新技術がビジネスのデジタル化を加速。企業の基幹業務をサポートする情報システムも大きな変化を遂げようとしている。これからのERPシステムの在り方を考察する。(2015/10/14)

SAPPHIRE NOW 2015:
変化に強いのは、”小売企業であり、技術企業だから” 米Walmart CIOのトレル氏
積極的なIT投資で知られる米WalmartのCIOが、SAPの年次イベントでIT戦略に言及して注目を集めた。次々と出てくる課題にスピーディーに対応するためにも、技術企業であることが重要だと話す。(2015/5/14)

ユーザーがSAPに望むこと
SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」
英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。(2015/3/25)

Computer Weekly:
SAPユーザーグループ代表「SAPはHANAへ移行させようとしている」
英国のSAPユーザーグループ代表に、SAPに対する本音を聞いた。SAPのライセンス戦略を高く評価する一方でユーザーの立場から冷静に動向を観察している。(2015/3/18)

PR:破壊的なテクノロジー、「HANA」と「Xeon」がビジネスを変革
6月初め、フロリダ州オーランドで行われたSAPPHIRE NOW 2014 Orlandoでは、SAP HANAによるビジネス変革の先進事例が数多く紹介された。これまでのITでは不可能だったことがHANAとXeonプロセッサー E7 v2 ファミリーの組み合わせで可能となる。この破壊的なテクノロジーを使わない手はない。(2014/6/30)

Weekly Memo:
SGIがSAPやOracleと協業して新市場に挑戦
ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)分野で実績を持つSGIがSAPやOracleと協業し、エンタープライズ市場に本格参入する。キーワードは「インメモリ」だ。(2014/6/23)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
市況予測のクラウドサービス? 三井情報がSAP HANAで挑む新境地
フロリダ州オーランドで開催中の「SAPPHIRE NOW 2014 Orlando」で三井情報は、SAP HANAを活用した市況予測を汎用的なSaaSとして提供していくことを明らかにした。SAPジャパンは国内のクラウドデータセンター開設を発表したばかりだが、その本番稼働一番乗りを視野に入れている。(2014/6/6)

SAPPHIRE NOW Orlando 2014 Report:
“非デジタル企業”を救え! HANAと共存するOpenText、Adobe
年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW Orlando 2014」の最終日には、SAPのパートナー企業であるOpenTextおよびAdobeがキーノートに登壇。両社のキーワードは「デジタル化」だった。(2014/6/6)

SAPPHIRE NOW Orlando 2014 Report:
システムが複雑でデジタル化できない企業にHANAを SAP・ロイケCTO
2日目を迎えたSAPの年次カンファレンスでは、新任CTOのバーンド・ロイケ氏が講演。HANAソリューションのロードマップを語った。(2014/6/5)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
「HANAでイノベーションのジレンマを克服」── SAPのハッソ会長が熱弁
2日目のSAPPHIREでは、共同創設者のハッソ会長が登場、カンファレンスはハイライトを迎えた。今回は「イノベーションのジレンマ」で知られるハーバード大のクリステンセン教授をゲストに迎え、その熱弁にさらに拍車が掛かった。(2014/6/5)

SAPPHIRE NOW Orlando 2014 Report:
HANAで自社の会計処理も高速化 新生SAPが目指す「シンプル」な世界とは?
ビル・マクダーモット氏が単独CEOになって初めての開催となる年次カンファレンス「SAP SAPPHIRE NOW Orlando 2014」がフロリダ州オーランドで開幕した。初日のキーノートでは「シンプル」というフレーズが連呼された。(2014/6/4)

SAPPHIRE NOW 2014 Orlando Report:
「オフィスごっこはもう止めよう」── シンプル化と「ネットワークエコノミー」こそ次の成長機会
フロリダ州オーランドでSAPPHIRE 2014が開幕、HANAによって顧客企業にイノベーションをもたらすパートナーへと大きく舵を切ったSAPは、「シンプル化」というビジョンを掲げ、第2章へと踏み出した。(2014/6/4)

McLarenのテレメトリーは医療にも応用
F1マシンの挙動をリアルタイム分析するMcLarenのHANA活用事例
SAP HANAを導入し、F1マシンのテレメトリーデータなどのリアルタイム分析に活用している名門チームMcLaren。同社の分析技術はF1だけでなく医療や自転車競技、ラグビーといった分野にも展開されている。(2013/8/5)

Computer Weekly:
F1マシンの挙動をリアルタイム分析するMcLarenのHANA活用事例
SAP HANAを導入し、F1マシンのテレメトリーデータなどのリアルタイム分析に活用している名門チームMcLaren。同社の分析技術はF1だけでなく医療や自転車競技、ラグビーといった分野にも展開されている。(2013/7/24)

独SAPのスナーベ共同CEO、来年5月で現職を退任
2014年5月の株主総会終了後、SAPは共同CEO体制からビル・マクダーモット氏の単独CEO体制に移行する。(2013/7/23)

増えてきた活用事例
もはやバズワードではない、「モノのインターネット(Internet of Things)」とは?
各種計測機器やセンサーをインターネットに接続する「Internet of Things」。インターネットを介してあらゆる場所で情報伝達が可能になる未来は近づいているが、物事はそう簡単にはいかないようだ。(2013/6/25)

企業グループ内展開やサービス化も視野に:
SAPジャパン、SAP HANA Cloud Platformを国内でも展開
データセンター事業者、ユーザー企業などによるサービス提供支援も視野に、SAPジャパンが日本国内での「SAP HANA Enterprise Cloud」を核としたクラウドを本格展開する。(2013/6/6)

SAPPHIRE NOW Orlando 2013 Report:
10年の時を超えてクラウド基盤になったHANA
最終日となった「SAPPHIRE NOW Orlando 2013」の基調講演には、SAPの共同創設者であるハッソ・プラットナー氏が登壇した。(2013/5/17)

SAPPHIRE NOW Orlando 2013 Report:
“インメモリ×クラウド”が世界にもたらす価値
2日目を迎えたSAPの年次カンファレンスは、新たなクラウドサービスや、先進的なクラウドユーザー事例が紹介された。(2013/5/16)

SuiteWorld 2013 Report:
巨人、SAPのクラウド戦略を皮肉るNetSuiteのネルソンCEO
サンノゼで5000人規模のカンファレンスを開催したNetSuiteのネルソンCEOは、「SAPやOracleは、クラウドに関して本来顧客に伝えるべきことを伝えていない」と噛みついた。(2013/5/16)

SAPPHIRE NOW Orlando 2013 Report:
スポーツ業界にもアプローチ SAPは「BtoBtoC企業に」
独SAPの年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW Orlando 2013」が今年も開幕した。10億人の顧客獲得を目指し、新たな産業分野に対して本格的なソリューションを提供していく。(2013/5/15)

SAPPHIRE NOW 2012 Orlando Report:
多彩なゲストスピーカーも 写真で振り返るSAPPHIRE
SAPの年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW 2012 Orlando」をダイジェストで振り返る。(2012/5/24)

SAPPHIRE NOW 2012 Orlando Report:
活用広がるHANA 開発者にライセンスの無償提供も
先週開かれた年次カンファレンスの中で、SAPはインメモリコンピューティング「HANA」に関するさまざまなアップデートを行った。(2012/5/21)

SAPPHIRE NOW 2012 Orlando Report:
アプリケーションの存在感薄らぐ アナリストはこう見る
ガートナーのリサーチ部門でエンタープライズ・アプリケーション担当の本好氏に、今年のSAPPHIRE NOWについての見解を聞いた。(2012/5/17)

SuiteWorld 2012 Report:
アップルがお手本、マルチチャネル統合で優れた顧客体験を
現地時間5月15日、サンフランシスコでNetSuiteの「SuiteWorld 2012」が開幕し、「Commerce as a Service」構想と中核サービスである「NetSuite SuiteCommerce」が発表された。ネルソンCEOは、「アップルがお手本。 CaaSでマルチチャネル統合を」と新しいSuiteCommerceを売り込んだ。(2012/5/17)

SAPPHIRE NOW 2012 Orlando Report:
McLarenのレーシングマシンも活用 すべてをインメモリ技術が支える
2日目を迎えたSAPの年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW 2012」は、共同CEOのスナーベ氏が基調講演に登壇。近未来の世界について語ったほか、先進ユーザーとして英McLaren Groupの取り組みが紹介された。(2012/5/16)

SAPPHIRE NOW 2012 Orlando Report:
ソーシャルを語れ! 10億人のユーザー獲得に向け邁進するSAP
米フロリダ州オーランドで開催中のSAPの年次カンファレンスでは、企業IT領域におけるコンシューマーの重要性が繰り返し強調された。(2012/5/15)

BIのモバイル対応は単なるトレンドか?【後編】
オラクルとSAPのモバイルBIが実現する「真のリアルタイム」、それぞれの意味
BIのスマートデバイス対応は単なるトレンドなのか? 日本オラクル、SAPジャパンが言う「真のリアルタイム」をひも解くと、それがもたらすユーザーメリットが見えてくる。(2011/8/18)

DMS2011 開催直前情報!! :
高速システム、オープンプラットフォーム、モビリティ……、SAPが描くこれからの基幹システム
2011年6月22〜24日に開催される「第22回 設計・製造ソリューション展」。出展社の1つ、SAPジャパンのブースは、基幹システムのWeb・モバイルアプリケーション連携の可能性を示すデモや、環境負荷低減ソリューションなど、興味深い内容となるようだ。(2011/6/9)

SAPPHIRE NOW 2011 Orlando Report:
「もっとエキサイティングに」── 人中心のソフトウェアで時代の要請に応えるSAP
SAPのスナーベ共同CEOは日本プレスのインタビューに応じ、個人の自律的な意思決定に委ねる新たな時代の企業経営を「人中心のソフトウェア」によって支えていくことを明らかにした。(2011/5/23)

SAPPHIRE NOW 2011 Orlando Report:
インメモリ技術はビジネスを加速するターボチャージャー
SAPPHIRE NOW 2011 Orlandoは2日目を迎え、創業者のプラットナー氏が基調講演に登場、インメモリ技術を売り込んだ。コルゲートのグリーンCIOは、「インメモリ技術なら詳細のデータをリアルタイムで分析できる。ビジネスを変えるターボチャージャーだ」と話す。(2011/5/19)

SAPPHIRE NOW 2011 Orlando Report:
新たな次元の「リアルタイム」でビジネスを変革、米国先進企業は再び成長軌道に
SAPPHIRE NOW 2011 Orlandoは、共同CEOを務めるマクダーモット氏とスナーベ氏の基調講演が行われ、本格的な開幕を迎えた。ステージでは、「インメモリ技術」による桁違いのスピードと「モバイル」によるリーチの拡大によって競争力を高めている先進企業の事例が紹介された。(2011/5/18)

SAP、SaaS型ERPスイート「Business ByDesign 2.5」を発売
SAPの中堅企業向けオンデマンドビジネススイート「Business ByDesign 2.5」がようやく発売になった。10ユーザーから利用可能な3種類のスターターパックも提供する。(2010/8/3)

識者が語る「ERP製品選択の目」:ガートナー ジャパン 本好宏次氏
外資か国産か、IFRSを見据えたERP選びの鍵は「自社のIT戦略」
70製品以上がひしめき合う国内ERP市場。IT担当者は主要ベンダーの動向を追うだけでも大変だ。IFRS適用を見据えたIT担当者が知るべき主要ERP製品の動向と、選び方のポイントを識者に聞く。(2010/6/7)

アナリストに聞く:
「基幹システムのクラウド化」をにらむSAPの戦略
ガートナージャパンのアナリスト、本好宏次氏は、SAPの動きが情報システムについて日本のソフトウェアベンダーやユーザー企業の考え方を変える可能性があると指摘した。(2010/6/1)

コンシューマー化する企業IT――SAPの共同CEOが講演
SAPは「Sapphire Now」を開催している。従来の同社のイメージとは異なり、コンシューマーITを取り入れた新たな企業ITを提唱している。(2010/5/19)

米Zazzleが日本語版を開始:
さらに進化するインターネットビジネス
米国から従来とは少し毛色の異なるビジネスが日本に持ち込まれ始めた。オリジナルTシャツなどをインターネット上で売買する米Zazzleやバーチャルイベントの例から、変化について考えてみる。(2010/5/19)

SAP共同CEOが語るSybase買収の狙い
ドイツ・フランクフルトで開催中の年次イベント「Sapphire Now」の会場で、SAPのジム・ハガマン・スナベ共同CEOに買収の狙いについて聞いた。(2010/5/17)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
SAP、大企業向け以外はすべてをオンデマンド対応に
SAPのエグゼクティブボードメンバーのジム・スナベ氏は、大企業向け以外はすべてオンデマンド対応することを明らかにした。(2009/5/18)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
インメモリ技術で「ネタ元」が1つに
SAPの共同創設者のハッソ・プラットナー氏は、ソフトウェアを語る際にハードウェアが何をしているかを分かっているべきだと話す。(2009/5/18)

SAPPHIRE 09 Orlando Report:
ソフトウェア企業が「環境対応」を訴求する理由
SAPは、環境関連のソフトウェアを提供する企業を買収すると発表した。さまざまなソフトウェア企業がサステナビリティを強調し始めている。(2009/5/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。