ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「貯蓄」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「貯蓄」に関する情報が集まったページです。

「1日100円貯金」を息子が20歳になるまで続けた母 入金とともに通帳に一言書き込むアイデアがすてき
泣いてしまいそう。(2024/2/17)

ミスヤングチャンピオンの春名美波、転機迎えグラドル引退→“2年間キャバクラ”へ しっかり貯金で「いつかは女性を売る職業から卒業しないと」
人気グラドルだった春名美波さん。(2024/2/16)

32歳ですい臓がん“ステージ4”YouTuber、抗がん剤治療やりきり療養へ「体力の貯金がなくなって」 “飲酒許可”には笑顔
がんの根治を目指した大手術後、再発防止の抗がん剤治療もやりきったそうです。(2024/1/28)

おばたのお兄さん、妻・山崎夕貴との交際は“給与明細&貯金額オープン”でアプローチ 等身大の告白に「衝撃的」「かっこよすぎ」
「真剣な気持ちがすごく伝わって来ました」という声も。(2024/1/26)

来年こそは:
今年やり残したこと「貯金」1位 2位以下は?
2023年、やり残したことは何か。WeCapital(東京都港区)の調査によると、2023年やり残したこと1位は「貯金」(30.5%)だった。2位以下は?(2023/12/29)

女性のボーナスの使い道 旅行などの「消費」を抑えた1位は?
auじぶん銀行は働く女性を対象にお金の意識とボーナス・投資に関する調査を実施。ボーナスの主な使い道は「貯蓄」(56.4%)が1位だった。(2023/12/26)

20〜50代に聞いた:
今冬のボーナス、平均支給額は? 貯金する割合も明らかに
2023年冬のボーナスの平均支給額はいくらか。「Job総研」が調査結果を発表した。(2023/12/21)

5年後の目標貯金額、8割「決まっていない」 金融資産は活用できている?
「MoneyFix」を運営するウェブクルーの調査から、約8割が「5年後の目標貯蓄額を決めていない」ことが分かった。では、金融資産についてはどうか? 活用できているのか、調査した。(2023/12/18)

“へそくり”はある:
夫婦の預貯金が大幅減少 「100万円未満」が最多、平均額は……?
夫婦の預貯金について、最も多い回答は「100万円未満」となったことがスパークス・アセット・マネジメント(東京都港区)による調査で明らかとなった。(2023/11/25)

「老後資金と働き方」に関する調査:
老後資金、いくら貯めてる? 50代会社員の実態、約2割が「2000万円以上」
「老後資金と働き方」の調査によると、50代会社員の8割以上が老後の生活費を不安視していることが分かった。老後資金としてどれくらい貯蓄しているのだろうか? 実態を調査した。(2023/10/24)

10代のお金事情 1カ月のバイト代や貯蓄額はいくら?
SMBCコンシューマーファイナンスの調査によると、ひと月あたりの収入額の平均は、高校生では1万1650円、大学生などでは3万8146円だった。同社は「物価高騰の影響もあり飲食サービス業の苦境などが影響して、アルバイト収入は大きく減少した」と分析する。(2023/10/14)

イチから分かる! 楽しく学ぶ経済の話(5):
「消費」と「貯蓄」はどんな関係にある? 家計と政府のデータを調べてみよう
勉強した方がトクなのは分かるけど、なんだか難しそうでつい敬遠してしまう「経済」の話。モノづくりに関わる人が知っておきたい経済の仕組みについて、小川さん、古川さんと一緒にやさしく、詳しく学んでいきましょう!(2023/10/12)

お金が貯まらない理由 3位「計画性がない」、2位「必要な支出が多い」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、貯蓄に関する調査を実施した。「十分に貯蓄できている」と回答した人は12.4%だった。(2023/10/4)

就職氷河期世代「預貯金なし」単身世帯は3割超 老後はどうする? 
バブル崩壊で、就職が特に難しかった「就職氷河期世代」。氷河期世代は二極化が進み、単身世帯で貯蓄ゼロの人は、50代が39.6%、40代は35.8%とのデータもあり、老後資金の確保が課題となっている。(2023/9/7)

20〜50代男性の貯金総額 2位「3000万円以上」、1位は?
老後2000万円問題などを背景に「貯蓄」に対する意識が高まっている。20〜50代の男性は、貯金や投資にどれくらい取り組んでいるのか。(2023/9/6)

10年連続で:
「夏のボーナス」支給額は? 使い道の1位は、やっぱり「預貯金」
共通ポイントサービスを運営するロイヤリティ マーケティングは、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「Ponta消費意識調査」を実施した。(2023/7/4)

サブバンクの使い道 2位「クレカ引落し」、1位は?
インターネット調査やリサーチを行うマイボイスコム(東京都千代田区)は、4回目となる銀行の使い分けに関する調査を実施した。サブバンクの利用目的は貯蓄が3割弱と最も多かった。(2023/5/31)

目的の1位は「老後資金」:
共働き夫婦の毎月預貯金額 2位「3万円以上5万円未満」、1位と平均額は?
ビズヒッツが、共働き夫婦の貯金に関する調査結果を発表した。共働き夫婦が預貯金する目的の1位は「老後のため」だった。毎月の預貯金額平均は?(2023/5/25)

最低限必要なお金は:
還暦を迎える人の貯蓄額に格差、平均はいくら?
PGF生命は、今年還暦を迎える1963年生まれの男女に「還暦人に関する調査」を実施した。現在の貯蓄額を聞いたところ……。(2023/5/11)

貯金に取り憑かれていた女性が、お金の使い方を見つめ直し…… 自分のためにお金を使えるようになるまでの漫画に共感
自分の望みを叶えてあげることも大切。(2023/5/5)

学情が調査:
上がった給与の使い道 3位「趣味」、2位「生活費」、1位は?
就活情報サイトを運営する学情(東京都千代田区)は、20代の社会人236人を対象に「給与・初任給」に関する調査を実施した。この春昇給した給与の使い道として、「貯金」(51.9%)を挙げる人が最も多かった。(2023/5/2)

給与が増えた:
「昨年と比べて収入が増えた」17.8%、世帯貯蓄額の平均は?
昨年の同時期と比べて、収入が増えた人はどのくらいいるのだろうか。既婚の男女に聞いた。(2023/4/27)

既婚男女500人に聞く:
5割超「結婚相手の貯金額が気になる」 男女別の平均貯金額はいくら?
ウェブスターマーケティング(東京都渋谷区)は、全国の既婚男女500人に「結婚前の貯金額」に関するアンケート調査を実施した。(2023/4/25)

500人に聞く:
副業する目的 「趣味」「貯蓄」を抑えた1位は?
ネットワーク開発などを手掛けるフォーイット(東京都渋谷区)は、副業に関する調査を実施した。(2023/4/20)

子育て層の「家計の使い道」 ”投資”を理想としながら”貯蓄”にまわす理由は?
グローバルファイナンシャルスクールは、子どもがいる全国20〜40代の男女1135人に、家計の使い道に関するアンケート調査を実施した。投資を理想とする人が多い中、現実では貯蓄に回している人が多かった。なぜかというと……(2023/3/21)

婚活と貯蓄を調査:
婚活中の1392人に聞く 結婚を本気で意識する何年前から貯蓄を始める?
「日本結婚相談所連盟」を運営するIBJ(東京都新宿区)は、婚活中の男女を対象に「貯蓄と資産」についてアンケート調査を実施した。(2023/3/3)

婚活中の男女1392人に聞く 年代別の預貯金額はいくら?
「日本結婚相談所連盟」を運営するIBJ(東京都新宿区)は、婚活中の男女を対象に「貯金事情」についてアンケート調査を実施した。(2023/2/23)

ゆうちょ銀行、GW中の約3日間はほぼ全てのサービスが休止に 貯金引き出しから「ゆうちょダイレクト」まで
休止するのはGW期間中の主に3日間です。(2023/2/20)

SMBCコンシューマーファイナンス調べ:
20代に聞いた“現状の貯蓄額” 2位「0円」、1位は?
SMBCコンシューマーファイナンスは、20〜29歳の男女を対象に「20代の金銭感覚についての意識調査2023」を実施した。現時点でどのくらいの貯蓄ができているか聞いた。(2023/1/26)

今日のリサーチ:
20代の貯蓄額は平均64万円、前回調査から4万円の減少――SMBCコンシューマーファイナンス調査
「20代の金銭感覚についての意識調査2023」の結果です。(2023/1/24)

ハンバーグ師匠、19歳年下モデル妻に隠し事がバレてタジタジ 「無いよ貯金なんて」告白も約400万円を現金でお支払い
「無いよ貯金なんて」と告白する井戸田さん(2023/1/20)

ジブラルタ生命が調査:
「おひとりさま」でいてほしかったと思う芸能人 3位「岡村隆史」、2位「新垣結衣」、1位は?
ジブラルタ生命は20〜69歳の結婚していない男女4700人を対象に「おひとりさま(独身)に関する調査2022」を実施した。現在の貯蓄額を聞くと23%が「ない(0万円)」と回答。全体の平均は707万円だった。また、「おひとりさま」でいてほしかったと思う芸能人を尋ねたところ、福山雅治さんがトップだった。(2022/12/30)

共働きママ2000人に聞いた:
子あり40代以下の共働き世帯の貯蓄額 「300万円未満」が最多27% 「1000万円以上」はどれくらい?
ジェイアール東日本企画は「共働きママのお金に関する調査」を実施し、大学生以下の子どもを持つ40代までの女性2000人から回答を得た。調査の結果、全国の共働き世帯の貯蓄額平均は1077万円だった。貯蓄額600万円未満の割合は4割を超えた。(2022/12/20)

「人生100年時代」にどんよりする人は61.2% 備えとして必要なのは?
ライフシフト・ジャパン(東京都中央区)は、10〜70代の男女を対象に「人生100年時代マインド調査」を実施した。「人生100年時代」に備えて必要だと思うことは、「計画的な貯蓄」(65.4%)と考える人が多いことが分かった。(2022/12/16)

老後に備えて:
二極化? 現在の預貯金は「49万円以下」か「1000万円以上」
Web3メディアを運営するフォーイットは、預貯金に関するアンケートを実施した。現在の預貯金を聞いたところ……。(2022/12/15)

預貯金か:
宝くじが当たったらしたいこと 1000万円までは「貯蓄」、1億円以上の場合は?
保険相談サービスを提供する保険マンモスは、「宝くじ」に関するアンケート調査を実施。宝くじに当たった場合にしたいことの1位は?(2022/12/14)

「今の手取りに満足」は36%:
手取り25万円の人が毎月預貯金している金額 2位は同率で「2〜3万円」「5万円」、1位は?
手取り25万円の人を対象に実施した調査結果が発表された。自身の給料に対する満足度や、毎月預貯金している金額が明らかに。どれくらい貯金する人が多いのか?(2022/12/14)

博報堂生活総合研究所調べ:
2023年にお金をかけたいもの 3位「外食」、2位「貯金」、1位は?
博報堂生活総合研究所が生活者の景況感などをまとめた調査結果を発表した。今年と来年の景気についてはどう考えている人が多いのか。そして、来年にお金をかけたいと考えているのは?(2022/11/29)

男女1000人にアンケート:
夫婦仲を手本にしたい芸能人 2位「ヒロミさん・松本伊代さん」、1位は?
スパークス・アセット・マネジメントは、配偶者のいる全国の男女1000人を対象に、夫婦のマネー事情に関する調査を実施した。夫婦の預貯金の平均額は897万円で、昨年調査から98万円の大幅増となった。(2022/11/18)

ロイヤリティ マーケティング調べ:
冬のボーナスの使い道、1位は「預貯金」 支給額の平均は?
共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングは、「第55回 Ponta消費意識調査」を実施した。冬のボーナスの支給額・使い道で最も多かったのは?(2022/11/8)

使い道は「貯蓄」が最多:
中小・零細企業のボーナス、過半数が「去年より増えた」、支給金額のボリュームゾーンは?
フリーウェイジャパンが、中小・零細企業を対象にした冬ボーナスの調査結果を発表した。その結果、使い道としては「貯蓄」という回答が最多に。支給金額のボリュームゾーンは、何円だったのか?(2022/11/2)

理想の部下1位は「堺雅人」と「ドラえもん」:
日本企業の課長職、貯蓄平均は「1550万円」 年収の平均は? 業務内容で大きな差  毎月のお小遣い額も明らかに
ビジネスコーチが「日本の課長」に関する調査を実施。年収や毎月のお小遣い、理想の上司/部下などを課長1000人に調査した結果が明らかになった。(2022/10/26)

平均月収は全体で減少:
20代の約半数が「貯金額100万円以下」 毎月の平均貯金額が最も高かった年齢層は?
貯金アプリ「finbee」を運営するネストエッグが、貯金・お金に関する調査結果を発表した。各世代の貯金額や、毎月の平均貯金額が明らかになった。(2022/10/17)

1000人に聞いた:
学生の預貯金と収入が増えている、なぜ?
高校生や大学生は、どのくらいの収入を手にしているのだろうか。ひと月当たりの収入額を聞いた。(2022/8/26)

LINEが高1〜3年生1000人に調査:
高校生がやってみたいアルバイト 2位「カフェ・喫茶店」、1位は?
LINEは、全国の高校生を対象にアルバイトについて調査し、約1000人から回答を得た。初めてのアルバイト代を何に使ったのか尋ねたところ、全体の1位は「貯金」で約3割となった。今後やってみたいアルバイトは3割超が「本屋」と回答した。(2022/8/20)

FJネクストHD調べ:
単身者の“ふところ事情” 預貯金額の平均は約396万円、財布に入れる現金はいくら?
FJネクストホールディングス(東京都新宿区)が、首都圏でひとり暮らしをしている20〜30代の男女400人に、「ふところ事情」に関する調査を実施した。(2022/7/28)

職場のある先輩が言った「貯金は人生を豊かにできたであろう機会損失の総量」に注目 「まさにその通り」「貯金ないと不安」などさまざまな声
バランス良く購入と貯金をしたい。(2022/7/17)

紀尾井町戦略研究所が1000人に調査:
資産所得倍増、6割が「不可能」 リスク恐れ投資も進まず
お金について考えることが好きな人は約8割――。そんな結果が、コンサルティング事業の紀尾井町戦略研究所(東京都千代田区)が行った「貯蓄や投資に関する意識調査」で判明した。(2022/7/7)

夏のボーナスの使い道 「買い物」や「貯蓄」を抑えた圧倒的1位は?
エアトリ(東京都港区)が「夏のボーナス」に関する調査を実施した。(2022/6/10)

2000人に聞く:
還暦を迎える人の貯蓄額、約4割が「500万円未満」 平均は?
プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命保険(PGF生命)が、今年還暦を迎える2000人を対象に、還暦に対する意識やライフスタイル、貯蓄額調査を実施した。(2022/6/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。