ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東証マザーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東証マザーズ」に関する情報が集まったページです。

国内IPOは上期ブレーキ中 公募割れは3割に
国内の新規株式公開(IPO)は2022年上期ブレーキが踏まれた。新規公開の件数は6月30日現在までで37社。上場を延期した件数は7社となった。1社あたりの発行総額(公募と売り出し金額の合計)は軽量サイズとなっている。(2022/7/1)

世界と繋ぐ越境EC 国内累計2700サイト以上をサポート BEENOS・直井聖太社長
越境ECが世界的に拡大している。国内のECサイトが日本の商品を海外へ販売する際、言語や決済、流通を支援する事業で好調なのがBEENOSだ。直井聖太社長は、社名の由来でもあるミツバチのように、インターネットの世界を飛び回るという。(2022/6/23)

【独占取材】ソフトバンクビジョンファンドはなぜLegalForceに出資したのか
ソフトバンクビジョンファンド(SVF)2の国内4社目となる出資先は、AIを用いた契約審査サービスを提供するLegalForceだ。なぜSVF2はLegalForceに出資したのか。SVF2の国内出資を担当するSoftBank Investment Advisersマネージングパートナーの松井健太郎氏と、LegalForceの角田望社長に聞いた。(2022/6/23)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
プライム上場の急成長スタートアップはどんなSaaSを使ってる?:Gunosy編
バックオフィス業務へのSaaSの導入が活発化している。こうしたSaaSを積極的に活用しているのは、しがらみの少ないスタートアップ企業だろう。今回は「グノシー」や「ニュースパス」などのキュレーションアプリの提供で知られるGunosyに聞いた。(2022/6/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
VTuber「にじさんじ」が上場、時価総額1600億円に達したワケ
仮想世界で活躍する著名タレントを擁する、バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「にじさんじ」を運営する「ANYCOLOR」が6月8日に上場した。初日は制限値幅一杯でも値段がつかず、当初の想定時価総額450億円から、9日時点の時価総額は1600億円にまで達した。(2022/6/10)

メルカリ、東証プライム市場へ移行「国内外知名度向上」
フリーマーケットアプリなどを展開するメルカリの山田進太郎社長は7日、同日付で東京証券取引所のグロース市場からプライム市場へ上場区分が変更となったことについて、「社会的信用の獲得や国内外の知名度向上、取引先の拡大、優秀な人材の採用が可能になる」と意義を語り、グローバル展開を加速させる意向を示した。(2022/6/8)

「クレカ不正利用やフィッシング対策は最優先」 メルカリ、プライム市場移行で不正対策強調 “16億円追加出費”のその後
クレジットカードの不正利用などで、ユーザーへの補填金として2022年1月〜22年3月に計16億円の出費があったメルカリ。同社による不正対策は、今後どうなっていくのか。(2022/6/7)

対談企画「CFOの意思」:
「嫌われる役割」「CEOとは“元親友”」──アイスタイル菅原氏が語るCFO像
前編に引き続き、第2回の対談相手はアイスタイルの菅原敬CFO。CFOとは「嫌われる役割」と語るその真意とは。ファイナンスは「ほぼ未経験」でCFOを務めることになったのはなぜなのか?(2022/5/24)

第3子妊娠中の鈴木亜美、ふんわりスカートで「お腹も目立ちはじめ」 出産に向け髪もバッサリ
出産は夏ごろを予定。(2022/5/7)

撤退する新電力を支援するサービス、エネチェンジ提供 背景に夏への警戒感
ENECHANGEは21日、やむを得ず小売電気事業から撤退する企業を支援するサービスを始めると発表した。契約者対応などを代行する。(2022/4/22)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
個人情報保護法改正で、マーケティングに欠かせない「プロファイリング」はどう変わる?
改正個人情報保護法の施行により、これまで以上に個人データの取扱いには注意が必要となる。マーケティングに欠かせないプロファイリングの手法はどう変わるのか? いま注目のデータクリーンルームの運用は? 田中浩之弁護士×トレジャーデータ山森氏の対談をお届けする。(2022/4/14)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
東証の新3市場開始から1週間でみえてきたこと
先週は4月4日に、東京証券取引所(以下、東証)の市場が再編され、新たに「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場が始動しました。昨日までに7営業日が経過しましたが、新たな3市場に対する様々な意見が市場参加者から聞かれるようになりました。(2022/4/13)

あの企業はどの市場に?:
東証再編「骨抜きになった」との批判も 社長はどう回答?
東証市場は「プライム」「スタンダード」「グロース」に再編されましたが、「本当に市場の活性化につながるのか」「経過措置によって骨抜きになったのでは」などの批判の声も。山道裕己社長は、どう回答しているのでしょうか。(2022/4/13)

今日のリサーチ:
B2B SaaS企業のデジタルマーケティング 「Web広告」「SEO」「セミナー」全実施は15社中たった2社
マーケティングに投資する余力が十分にある新規上場企業であっても、やるべきことを全てできているかというと、決してそうではないようです。(2022/4/8)

エンタメ業界を代表する「連続起業家」:
木谷会長率いるブシロードが「初めて」に挑戦し続ける理由 日本企業はロイヤルカスタマーに優しすぎる
ブシロードを07年に創業し、今も多くのメガヒットコンテンツを現場で率いるのが、木谷高明会長だ。起業した会社を2度上場させている木谷会長は、エンタメ業界を代表する連続起業家である。常に挑戦し続ける理由を木谷会長に聞いた。(2022/4/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今年は36の上場企業が社名を変更へ 増加中の「社名変更」がもたらす4つの経営効果とは
年度が更新される4月1日に13の上場企業が社名を変更しており、4月は例年どおり改名の月となる。2022年には30社以上の上場企業が社名を変更する予定で、今年は非上場の有名企業も積極的に社名変更を行うようだ。名は体を表すというが、企業の改名にはどのような経営目的・効果があるのだろうか。(2022/4/8)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
東証の市場再編〜プライム市場など新たな3市場が始動
 東京証券取引所(以下、東証)は4月4日、「市場第一部」「市場第二部」「マザーズ」「ジャスダック」の4市場を再編し、新たに「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場を発足させました。(2022/4/6)

“東証1部”は死語に:
東証、60年ぶりに市場再編 「プライム」など3市場に、狙いは?
東京証券取引所は株式市場を再編し、新たな市場区分での取引を始めた。これまで大企業向けの「東証1部」などを「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場に再編する。各市場の特徴を明確にすることで、海外からの投資拡大を促す狙いがある。(2022/4/4)

コロナ後を見据え跳躍:
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」5周年 ブシロード木谷会長が明かす「ゲームとライブビジネスの両輪経営」
音楽活動に青春を燃やす女子学生たちを描いた『BanG Dream!(バンドリ!)』。東証マザーズに上場するエンタメ企業・ブシロードグループが展開するメディアコンテンツで、2015年から16年にかけて展開された同名の漫画や小説を原案に、アニメやゲーム、そして音楽ライブなど多岐にわたるエンタメビジネスを展開している。(2022/4/2)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
新設の「個人関連情報」、規制を受けるケースとは? 第三者提供は何がNG? 弁護士に聞く
2022年4月施行の個人情報保護法改正で新設された「個人関連情報」。どんなケースにおいて規制を受けるのか? 広告やマーケティングなどの実務担当者がひとまず押さえておくべき法令のポイントについて、森・濱田松本法律事務所の田中浩之弁護士にインタビューしました。聞き手はトレジャーデータの山森です。(2022/4/1)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
Cookieが廃止・規制されたら「別の方法」はある? ポストCookie時代の対応Q&A
Cookieの規制が進む中、来たるべき「ポストCookie時代」には、どのような手法が代わりになるのか? 何から対応を始めればいい? ユーザーの同意取得は、どのように管理すべきか?──Q&A形式で解説をお届けします。(2022/3/25)

Weekly Memo:
現場を巻き込め、企業の「使えるデータ基盤」構築の勘所とは
企業がDXを推進していく上で追求すべきなのが「データドリブン」だ。その実現のためには「使えるデータ基盤」づくりが不可欠だ。新進気鋭のDX支援ベンダーによる提案から、その勘所を探ってみたい。(2022/3/14)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
【Q&Aで簡単理解】Cookieとは? 規制で何が変わる? 広告ターゲティングへの影響は
サードパーティーCookieとは? Cookie規制で、全く使えなくなる? 規制されないCookieもある?──よくある疑問を、Q&Aで解決。Cookie規制が広告施策や、デジタルマーケティング全体に与える影響についても解説します。(2022/3/11)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
Cookie規制って結局、何が変わるの? 2022年の改正個人情報保護法、注目すべきポイントを解説
Google ChromeなどのCookie廃止、2022年の改正個人情報保護法──Web広告やデジタルマーケティングを巡る状況は大きく変化しています。世界的な潮流から国内の影響までを解説します。(2022/3/3)

ZOZO、ウクライナ支援のTシャツを製作 売り上げ全額を寄付へ
ZOZOはロシアによる軍事侵攻を受けたウクライナの人々を支援するためのチャリティーTシャツを製作。売り上げの全額を寄付する。(2022/3/2)

矢部謙介「決算書を読み解く」:
決算書から粉飾は見抜けるのか? 上場廃止グレイステクノロジーの「不可解な動き」
粉飾決算が発覚し、上場廃止が決まったグレイステクノロジー。元会長などが粉飾決算を主導していたことが明らかになっているが、開示された決算書データから兆候を見抜くことは可能だったのか。(2022/2/22)

「ロケット開発は他のものづくりと変わらない」:
サイバーエージェント藤田晋社長と堀江貴文氏が語る宇宙ビジネスの未来
サイバーエージェントの藤田晋氏とIST創業者の堀江貴文氏が、今後の宇宙ビジネスの展望と課題を語り合う。(2022/2/17)

「イーロン・マスクになる可能性がある」:
サイバーエージェント藤田晋社長が、ホリエモンの宇宙ビジネスに出資した理由
サイバーエージェントがインターステラテクノロジズに出資を決めた理由を藤田晋社長がホリエモンに明かす。(2022/2/15)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
急成長スタートアップはどんなSaaSを使ってる?:カラダノート編
昨今、バックオフィスにおけるSaaSの導入が盛んだ。急成長スタートアップは、どんなバックオフィスSaaSを導入し、どう活用しているのか。第3回となる今回は、ライフイベントを起点に家族の健康を支えるサービスを提供するカラダノートに聞いた。(2022/2/10)

「岸田ショック」に悲鳴の声:
“東証大暴落”100兆円吹っ飛ぶ 新興市場はリーマンショック超える惨状
日経平均株価が841円安を記録した27日の東京株式市場。東証1部の株式時価総額は昨年9月のピークから100兆円近く吹っ飛んだ。(2022/1/29)

欧米の経営者はとっくに気づいていた、DXのホントの課題
ビジネス関連の記事を見ると、「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」という言葉を毎日のように目にする。また書店では、DX関連の書籍が棚にズラリと並んでいる。それだけDXが今のビジネスシーンでホットな話題であるということだが、逆にいうと、日本ではまだDXがしっかり理解されていないため、これだけ多くの記事や本が出ている。その一方で欧米では、DXを武器に短期間で急成長したIT企業に限らず、昔からの伝統企業でも、DX化によって大変身し、事業拡大を遂げたところもある。新刊書籍『日本企業のポテンシャルを解き放つ――DX×3P経営』から、日本の企業がDXを実現するためにはどうするべきかの提言を紹介する。(2022/1/26)

“金庫番”だけでは不十分:
「守りのCFO」から「攻めのCFO」へ スタートアップに優秀なCFOが必要な理由
非連続成長を実現するスタートアップには、優れたCFO(最高財務責任者)の存在が不可欠だ。“金庫番”としての「守り」にとどまらず、「攻め」に入るCFOは、どのように自社の成長をドライブしていくのか。(2022/1/25)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
東証が新市場区分の選択結果を発表
東京証券取引所は1月11日、4月4日に移行予定の新市場区分について、全上場企業3777社の選択結果を発表しました。実質最上位の「プライム市場」を選択した企業は1841社となり、残りの344社は「スタンダード市場」を選択しました。また、東証2部上場企業474社は、すべてスタンダード市場を選択しました。(2022/1/18)

CXとDXを一挙に実現:
PR:企業と顧客の接点を丸ごとプラットフォーム化 国産ローコードツール「おもてなしSuite」とは
顧客接点がオンラインへと大幅にシフトしている中で、コストを抑えながら効率的にカスタマーサクセスを実現するというのはなかなか難しい。そこで活用したいツールが、UI/UXに精通した企業であるショーケースが新たに提供開始した「おもてなしSuite」だ。同社の担当者に、おもてなしSuiteの豊富な機能や強みについて話を聞いた。(2022/1/24)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
マザーズ上場企業はどのSaaSを使っている?:メタップス編
バックオフィスにおけるSaaSの導入が盛んだ。経理、人事、総務、法務などなどさまざまなSaaSが登場し、しのぎを削っている。今回は、SaaS管理のSaaSサービスも提供するマザーズ上場のメタップスに、どんなSaaSを使い、どう活用しているのかを聞いた。(2022/1/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
リーマン前も現れた「二極化相場」が今年も発生? グロース株に忍び寄る利上げの“影”
コロナ禍が招いた「二極化」は業界だけではない。金融緩和の結果「グロース株」が選好され、「バリュー株」は割安段階で放置されるという相場の二極化も招いた。このような動きはリーマンショックの前夜にも現れていた。グロース株の不振がこの先の経済的なショックを示唆する可能性もある。(2022/1/7)

国内クラファン市場は10倍へ:
寄付と投資の間に商機見いだす コロナ禍で流通額「4倍成長」のCAMPFIRE家入代表を直撃
2021年に大きく躍進したのがクラファン事業だ。震災前と比べると、約2.5倍水準に個人寄付の規模は拡大している。業界が成長する中、大手の「CAMPFIRE」の累計支援額が21年9月末で490億円にまで拡大した。代表の家入一真氏に展望を聞く。(2021/12/28)

プラグイン金融の旗手 FinatextHDが上場
金融インフラをSaaSとして提供するFinatextホールディングス(HD)が12月22日、東証マザーズ市場に上場した。(2021/12/22)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
なぜコーポレートITはコスト削減率が低いのか――既存産業を再定義することでDXを推進
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、リモートワークなどの新しい働き方が進んだ一方、情報システム部門の負荷が高くなったことが、企業のDX推進を阻害する要因の一つ。この課題を解決するために立ち上げたラクスルの新規事業とは。(2021/12/14)

家電メーカー進化論:
EMSって胡散臭さい? 科学で脱却の「SIXPAD」に聞く、次の狙いとは?
EMS機器ブランド「SIXPAD」を手掛けるのは、東証マザーズに上場するMTG。EMSの世界的権威である京都大学 森谷敏夫名誉教授の支持を仰いでEMS市場に参入し、市場を代表するブランドへと成長。SIXPADブランドの今後の事業展望などを、ブランドマネージャーの熊崎嘉月氏に聞いた。(2021/12/10)

「日本のデザインの信頼を背負っている」 グッドパッチの情シス担当が認証基盤をOktaで刷新するまで
グッドパッチは2020年6月にデザイン会社で初めて東証マザーズにIPOした新進気鋭の企業だ。「日本のデザインの信頼を一身に背負っている」という同社で情シスを務める担当者は認証基盤の刷新をどのように進めたのだろうか。詳細を聞いた。(2021/12/3)

「宇宙版シリコンバレー」作る:
ホリエモンが北海道で仕掛ける「宇宙の民主化」 地方創生のモデルケースとなるか
2040年には約110兆円規模に成長するといわれている宇宙産業市場。宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」の取り組みとその背景を余すところなくお届けする。(2021/11/2)

デジタル変革の旗手たち:
デジタルで20世紀型の産業構造を変革する――ラクスル 松本恭攝氏
伝統的な産業にデジタルテクノロジーを持ち込むことで、20世紀型のアナログな産業構造を変革し続けるラクスル。より適切なテクノロジーを導入し、顧客の課題に向き合い解決することで顧客のDXを着実に推進している。ITmedia エグゼクティブ エグゼクティブプロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2021/10/28)

UUUM社長の不倫報道「おおむね事実」 役員報酬10カ月分自主返上
YouTuberプロダクションのUUUMは、鎌田社長についての18日付の報道記事が「おおむね事実と確認した」と発表し、謝罪した。(2021/10/19)

連載・2021年、役員改革が始まった:
取締役の能力を一目瞭然にする「スキル・マトリックス」とは? 取締役会に迫る“改革の圧力”
東証の市場再編、CGコードの改訂によって、取締役会への改革の圧力が加速している。取締役のスキル・マトリックスの開示に関して、原則を実施するか、実施しない場合は理由を説明することが求められる。(2021/10/5)

15億円の広告事業から撤退しSaaSに賭けるFringe81の決断
8月11日、Fringe81は10年以上に渡り手掛けてきたネット広告事業から撤退し、「ピアボーナス」を実現するSaaS「Unipos」専業とする公表を行った。併せて、社名も10月1日より「Unipos」となる。祖業を畳(たた)み「感情報酬」という新たな価値を主力サービスとする意思決定の背景とは、そして、今後の勝算をどう見据えているのか。(2021/9/7)

なぜIPO価格は安すぎるのか? スタートアップ経営者へのアドバイス
8月、公正取引委員会が新規株式公開時に企業が適切に資金調達できているか調査を始めたことが話題を集めている。未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得してもらう「IPO」は、ベンチャー企業にとって一度きりの重要なイベントでもある。しかし、そこにはさまざまな問題点があると指摘されている。改めて、国内のIPOについて何が問題視されているのか、そして理想的なIPOとはどんなものななぜIPO価格は安すぎるのか?(2021/9/2)

AWS専業SIerのサーバーワークス、Google Cloud事業へ参入 韓国Bespin Globalとの合弁で
AWS専業のクラウドSIer、サーバーワークスが、韓国のBespin Globalとの合弁でGoogle Cloud専業のSIer企業「G-gen」を設立し、Google Cloud事業に参入することを発表した。(2021/8/19)

受け身でいては幸せになれない:
SI系企業で働くエンジニアが年収を上げるためにすべきこと
複雑怪奇なIT“業界”を解説する本連載。今回のテーマも年収です。構造的に、人をリスクと捉え、育てる環境がないIT業界。では、その中でエンジニアはどうやってキャリアを切り開いていけばいいのでしょうか。(2021/7/29)

上場企業の平均給与ランキング 三菱商事や伊藤忠を抑えて1位になったのは?
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、上場企業の平均給与は減少傾向に。(2021/7/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。