ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東証マザーズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東証マザーズ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

サービス開始から4年で上場 トリリンガルラッパーCEOの「トップに食い込む交渉力」
トリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、INFORICHを創業した秋山広宣CEO。2018年からスタートしたモバイルバッテリーのシェアリング事業ChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たしている。短期間で資金調達と事業拡大を果たせた背景には、秋山CEOの交渉力があった。(2024/2/16)

対談企画「CEOの意志」:
バッテリーシェアリング誕生の裏側 ラッパーから起業したCEOの戦略
今回対談したのは、ChargeSPOTの設置台数日本一を誇るINFORICH社の秋山広宣CEOだ。秋山CEOはトリリンガルラッパーの「日華」として活躍後、2015年に創業。18年4月からサービスを開始したChargeSPOTの成功によって、22年12月に上場を果たした。短い期間で事業を大きく成長させた秘訣に迫る。(2024/2/16)

SaaS for SaaSの世界:
SaaS管理が情シスに“刺さる”背景 freeeが買収した「Bundle」の戦い方は
SaaSの急増に伴い注目されるSaaS管理サービス。しのぎを削るメインプレイヤーたちに取材し、サービスの特徴や戦略を探る。今回はfreeeに目を向ける。(2023/12/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
さようなら、マザーズ指数 「日本版ナスダック」になれず低迷した3つのワケ
日本経済におけるベンチャー企業のバロメーターとして20年にわたり存在感を示してきた「東証マザーズ指数」の名称がついに変更された。米国における新興市場の株式指数である「ナスダック」に追随するとさえも期待されていたマザーズ指数。なぜこのような結果に終わってしまったのか。元凶は3つあった。(2023/11/10)

人材不足でも内製化を実現:
PR:上場IT企業が実践するオフショアによる開発体制強化、そのポイントと効果とは
内製化のニーズに対し、必要なIT人材を確保する手段としてオフショア開発が再注目されている。失敗例も多い中、成功している企業はどのようにパートナーを選定し、活用しているのか。(2023/10/24)

勝手に考察!「隠れ優良企業」のビジネスモデルに学ぶ:
時価総額1兆超え 伝説のIT企業「モノタロウ」のすごいビジネスモデルを解説
一時期は楽天の時価総額を上回っていたB2BのIT企業「モノタロウ」をご存じでしょうか? 隠れ優良企業のすごいビジネスモデルを分析していきましょう。(2023/8/7)

新連載「CEOの意志」:
メドレー社長に聞く 上場後もCAGR40%超を継続する「一発逆転を狙わない経営」
新連載の第1回目は、テクノロジーを活用した事業やプロジェクトを通じて「納得できる医療」の実現を目指すメドレーの瀧口浩平社長。上場後もCAGR40%超を継続してきた秘密に迫る。(2023/7/18)

オフィス回帰は“天国”か“地獄”か【前編】
「めっちゃイケてるオフィス」を作ったのに出社を強制しない企業の“本音”
おしゃれで機能的なオフィスを構えた3週間後、パンデミックを機にテレワークに移行したBeeline。世界的にオフィス回帰の機運が高まる中でも、同社はテレワークを継続している。そこにはCEOの“ある考え”があった。(2023/6/23)

広末涼子の不倫、“ベストマザー賞”がトレンド浮上へ 2年連続の報道に「ジンクスでもあるのかな」「闇が深い」
2021年には篠田麻里子さんも受賞していました。(2023/6/15)

SaaS対決特別編:
取引デジタル化の最前線 インフォマートの戦略とは?
BtoBプラットフォームは、企業間のやりとりをデータ化し業務効率化を図るシステムであり、請求書・契約書などデジタル化が特徴。大手企業が導入すれば、取引先も参加しやすくなり、効率的にID数を増やせる。しかし、導入タイミングが重要であり、既に他のシステムを導入している企業が対象となる場合、並行利用が問題となることもある。インフォマートはフード業界向け電子商取引プラットフォームで成功し、コロナ禍や電子帳簿保存法の導入で、企業のデジタル化ニーズを満たすプロダクトとなっている。(2023/4/20)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「にじさんじ」ANYCOLORが市場変更へ なぜ、多くの企業はプライム市場を目指すのか
売り上げ絶好調のANYCOLORが、グロース市場からプライム市場への変更を申請した。拡大を続けるVTuberビジネスのリーディングカンパニーともいえる同社だが、今プライム市場に変更する理由は何なのか。(2023/3/24)

慌てるな 免税事業者はインボイスどうすればいい? 税理士にぶっちゃけて聞いてみた
年商1000万円以下の免税事業者は、インボイス制度にどう対応したらいいのか? メリットとデメリットを、税理士の杉山靖彦さん(杉山会計事務所代表)に聞いた。(2023/3/3)

接点を強化してコアファンを育成:
PR:顧客体験向上につなげる“鉄板の”スマホアプリ施策3選とは?
小売業にとっての大きな課題は、顧客接点をどのように作って継続していくかだ。スマホアプリを開発してこれを解消する動きもあるが、具体的な施策に行き詰まるケースも多い。3つの事例から“効果が出る鉄板施策”を紹介する。(2023/2/20)

人的資本開示、各社の「独自指標」はどう決めるべきか? 自社の強みを盛り込むには
有価証券報告書への記載義務化などにより、ますます注目集まる人的資本開示。各社の「独自指標」には自社の強みを盛り込むべきとされますが、どう決めれば良いのでしょうか。解説します。(2023/2/2)

23年3月期決算から義務化:
人的資本は、開示がゴールではない 理解すべき4つの視点
人を資源ではなく資本と捉える人的資本経営において、開示は決してゴールではありません。また、大企業や上場企業に限られた話でもありません。未上場企業や中小企業も「当社には関係ない」とは言えないワケや、取り組みのための必要な視点をお伝えします。(2022/12/22)

あの会社が使うバックオフィスSaaS:
HEROZ編:将棋AI開発の上場企業はどんなバックオフィスSaaSを使っている?
今回は「将棋ウォーズ」をはじめとする、将棋関連のゲームやプラットフォームを開発するAI開発企業、HEROZに、バックオフィスで活用しているSaaSについて聞いた。(2022/12/14)

対談企画「CFOの意思」:
「CxOの“x”の中身なんてどれでもいい」 COO→CFO→CPOを経たfreee東後氏がそう語る真意
今回の対談相手は、freeeでCPOを務める東後澄人氏。COOとして同社に参画し、CFOを経て現在はCPOという異色の経歴は、なぜできあがったのか。経営者としての役割変更とともに、どんな変化があったのか? 東後氏が考える「CxOの条件」とは?(2022/12/13)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアがデータサイエンス企業のALBERTを買収
アクセンチュアは、ALBERTの買収に向けた、公開買い付けが成立したことを発表した。手続きの完了をもって、ALBERTは同社の子会社となる。(2022/12/9)

FM:
店舗や施設の人検知やエリアカウントなどを実現するエッジAI搭載の“賢くなる”カメラ「Safie One」
クラウド録画サービスを提供するセーフィーは、クラウドカメラ「Safie」の最新モデル「Safie One」を2022年8月から販売展開している。場所や時間に縛られず映像を確認できるSafieのクラウドカメラは、従来の防犯用のみならず、遠隔での現場管理や接客業務の質向上など「建設現場」の課題解決に貢献してきたが、新製品は最新のエッジAIを搭載し、人検知やラインカウント、エリアカウントなど、かつてない高機能を実現する製品として注目されている。本稿ではセーフィーの事業戦略とSafie Oneについて解説していく。(2022/11/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ライブドアショック、再び? 暗号資産大手FTX破綻騒動に共通する「引き金」とは
暗号資産交換業者・FTXの経営破綻が大きな波紋を広げている。振り返れば、2006年に起きたライブドアショックも、似たような経緯だった。今回の事件と16年前の事件、共通する「引き金」とは?(2022/11/25)

行楽シーズン到来:
一度は行きたい秋の花絶景ランキング 3位「那須フラワーワールド」、2位「観光農園 花ひろば」、1位は?
リクルート(東京都千代田区)が発行する旅行情報誌「じゃらん」は、「秋の花絶景」に関する調査を実施した。その結果、「一度は行きたい秋の花絶景ランキング」の1位は「国営ひたち海浜公園」、2位は「観光農園 花ひろば」、3位は「那須フラワーワールド」となった。(2022/9/27)

対談企画「CFOの意思」:
前例のない「赤字上場」をどう評価させた? マネーフォワード金坂CFOに聞く舞台裏
「CFOの意思」第5回の対談相手は、マネーフォワードで取締役執行役員CFOを務める金坂直哉氏。外資からスタートアップへという、当時は珍しかったキャリアを選んだ理由とは。数億円規模の赤字を抱えながらの上場を、どのように成し遂げたのか。(2022/9/27)

&chouetteとミッフィー初コラボは親子で使えるバッグコレクション くすみカラーがかわいいアイテムでリンクコーデを楽しんで
どれもかわいい……!(2022/9/27)

DX人材がいない!:
本当に優秀な人は、実は採用市場に出てこない──では、どう採用するか?
採用競争の激しい現代、ただ待ち構えているだけでは、欲しい人材は自社のドアをノックすらしてくれません。どの会社も欲しがる魅力的な人は、実は中途採用市場に出てくることなく転職するケースも多いです。企業は、戦い方を変えなければなりません。(2022/9/26)

マネジャーのお悩み相談室:
部下がどんどん「指示待ち人間」に──絶対にしてはいけないマネジメント法
「指示待ち人間」的な部下が多く、チームの業務が計画通りに進まないという悩みを持つ相談者。なぜ、指示待ち人間が生まれてしまうのか。改善するためにはどうしたらいいのか? マネジャー育成プログラムなどを手掛ける筆者の回答は……。(2022/9/12)

出産前「2人目が産まれたら上の子に我慢させるかも」→現実は…… 産まれる前の不安と真逆になった漫画に多くの反響集まる
思ってたのと良い方向に違う。(2022/8/28)

対談企画「CFOの意思」:
前澤氏の「突拍子もない」提案に、どうブレーキをかけた? ZOZO柳澤CFOに聞く
対談相手はZOZO柳澤孝旨CFO(「やなぎ」は、正しくは木へんに「夕卩」)。創業株主で大株主だった前澤友作氏とのコミュニケーションに、副社長兼CFOとしてどのように取り組んだのか。マザーズ上場から5年かかって成し遂げた東証一部上場の舞台裏とは。(2022/8/24)

対談企画「CFOの意思」:
ZOZO最古参の役員が語る「前澤氏の退任」と「ZHD提携」、激動の裏側
「CFOの意思」第3回の対談相手は、ZOZOで取締役副社長兼CFOを務める柳澤孝旨氏(「やなぎ」は、正しくは木へんに「夕卩」)。創業社長・前澤氏の退任とZホールディングスとの提携という激動の裏側とは。後任社長に澤田氏が決定した際、自身も「辞められなくなった」と感じたというが、その真意とは?(2022/8/24)

Weekly Memo:
「AWS、Azure、GCPの選び方」をクラウドインテグレーターに聞いてみた 5つのユースケースから見えたもの【訂正あり】
AWS、Azure、GCPといったクラウド基盤サービスは、どう選べばよいのか。3つのサービスを取り扱うクラウドインテグレーターに、5つのユースケースを例に聞いてみた。(2022/8/22)

スタートアップとオープンイノベーション〜契約成功の秘訣〜(13):
スタートアップによる新株予約権の発行量はどう定めるべきか
本連載では大手企業とスタートアップのオープンイノベーションを数多く支援してきた弁護士が、スタートアップとのオープンイノベーションにおける取り組み方のポイントを紹介する。第12回はスタートアップに対して行うM&Aの留意点について総論的に解説を行う。(2022/8/15)

中長期成長に向けた種まき 再度赤字転落のメルカリ本決算
メルカリは8月8日、2022年6月期の連結決算を発表した。脱・巣ごもりという向かい風を受けながらの増収だが、最終損益は75億円の赤字となった。18年に株式上場をして以来、初の黒字決算だった前期から再びの逆戻りだ。(2022/8/10)

マネジャーのお悩み相談室:
延々と残業する部下に困っています どうしたらいいですか?
延々と残業する部下に困っています。残業時間を減らすように注意しても、あまり改善されません。どう対処すれば良いのでしょうか?(2022/8/9)

国内IPOは上期ブレーキ中 公募割れは3割に
国内の新規株式公開(IPO)は2022年上期ブレーキが踏まれた。新規公開の件数は6月30日現在までで37社。上場を延期した件数は7社となった。1社あたりの発行総額(公募と売り出し金額の合計)は軽量サイズとなっている。(2022/7/1)

【独占取材】ソフトバンクビジョンファンドはなぜLegalForceに出資したのか
ソフトバンクビジョンファンド(SVF)2の国内4社目となる出資先は、AIを用いた契約審査サービスを提供するLegalForceだ。なぜSVF2はLegalForceに出資したのか。SVF2の国内出資を担当するSoftBank Investment Advisersマネージングパートナーの松井健太郎氏と、LegalForceの角田望社長に聞いた。(2022/6/23)

あの企業が使うバックオフィスSaaS:
プライム上場の急成長スタートアップはどんなSaaSを使ってる?:Gunosy編
バックオフィス業務へのSaaSの導入が活発化している。こうしたSaaSを積極的に活用しているのは、しがらみの少ないスタートアップ企業だろう。今回は「グノシー」や「ニュースパス」などのキュレーションアプリの提供で知られるGunosyに聞いた。(2022/6/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
VTuber「にじさんじ」が上場、時価総額1600億円に達したワケ
仮想世界で活躍する著名タレントを擁する、バーチャルYouTuber(VTuber)事務所「にじさんじ」を運営する「ANYCOLOR」が6月8日に上場した。初日は制限値幅一杯でも値段がつかず、当初の想定時価総額450億円から、9日時点の時価総額は1600億円にまで達した。(2022/6/10)

「クレカ不正利用やフィッシング対策は最優先」 メルカリ、プライム市場移行で不正対策強調 “16億円追加出費”のその後
クレジットカードの不正利用などで、ユーザーへの補填金として2022年1月〜22年3月に計16億円の出費があったメルカリ。同社による不正対策は、今後どうなっていくのか。(2022/6/7)

対談企画「CFOの意思」:
「嫌われる役割」「CEOとは“元親友”」──アイスタイル菅原氏が語るCFO像
前編に引き続き、第2回の対談相手はアイスタイルの菅原敬CFO。CFOとは「嫌われる役割」と語るその真意とは。ファイナンスは「ほぼ未経験」でCFOを務めることになったのはなぜなのか?(2022/5/24)

第3子妊娠中の鈴木亜美、ふんわりスカートで「お腹も目立ちはじめ」 出産に向け髪もバッサリ
出産は夏ごろを予定。(2022/5/7)

撤退する新電力を支援するサービス、エネチェンジ提供 背景に夏への警戒感
ENECHANGEは21日、やむを得ず小売電気事業から撤退する企業を支援するサービスを始めると発表した。契約者対応などを代行する。(2022/4/22)

ベンチャーが上場後に成長できない理由:
東証再編、スルーされがちな「もう1つの課題」とは ベンチャーの“転換点”となるか
4月4日に実施された東証再編。「1部上場企業の約87%がプライム市場に流れたが、本当に再編の意味があったのか」といった点が議論の的になることが多い一方で、注目度は低いが上場ベンチャーの今後に関わる「もう一つの課題」がある。(2022/4/15)

徹底解説!Cookie規制と法改正:
個人情報保護法改正で、マーケティングに欠かせない「プロファイリング」はどう変わる?
改正個人情報保護法の施行により、これまで以上に個人データの取扱いには注意が必要となる。マーケティングに欠かせないプロファイリングの手法はどう変わるのか? いま注目のデータクリーンルームの運用は? 田中浩之弁護士×トレジャーデータ山森氏の対談をお届けする。(2022/4/14)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
東証の新3市場開始から1週間でみえてきたこと
先週は4月4日に、東京証券取引所(以下、東証)の市場が再編され、新たに「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場が始動しました。昨日までに7営業日が経過しましたが、新たな3市場に対する様々な意見が市場参加者から聞かれるようになりました。(2022/4/13)

あの企業はどの市場に?:
東証再編「骨抜きになった」との批判も 社長はどう回答?
東証市場は「プライム」「スタンダード」「グロース」に再編されましたが、「本当に市場の活性化につながるのか」「経過措置によって骨抜きになったのでは」などの批判の声も。山道裕己社長は、どう回答しているのでしょうか。(2022/4/13)

今日のリサーチ:
B2B SaaS企業のデジタルマーケティング 「Web広告」「SEO」「セミナー」全実施は15社中たった2社
マーケティングに投資する余力が十分にある新規上場企業であっても、やるべきことを全てできているかというと、決してそうではないようです。(2022/4/8)

エンタメ業界を代表する「連続起業家」:
木谷会長率いるブシロードが「初めて」に挑戦し続ける理由 日本企業はロイヤルカスタマーに優しすぎる
ブシロードを07年に創業し、今も多くのメガヒットコンテンツを現場で率いるのが、木谷高明会長だ。起業した会社を2度上場させている木谷会長は、エンタメ業界を代表する連続起業家である。常に挑戦し続ける理由を木谷会長に聞いた。(2022/4/8)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
今年は36の上場企業が社名を変更へ 増加中の「社名変更」がもたらす4つの経営効果とは
年度が更新される4月1日に13の上場企業が社名を変更しており、4月は例年どおり改名の月となる。2022年には30社以上の上場企業が社名を変更する予定で、今年は非上場の有名企業も積極的に社名変更を行うようだ。名は体を表すというが、企業の改名にはどのような経営目的・効果があるのだろうか。(2022/4/8)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
東証の市場再編〜プライム市場など新たな3市場が始動
 東京証券取引所(以下、東証)は4月4日、「市場第一部」「市場第二部」「マザーズ」「ジャスダック」の4市場を再編し、新たに「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場を発足させました。(2022/4/6)

“東証1部”は死語に:
東証、60年ぶりに市場再編 「プライム」など3市場に、狙いは?
東京証券取引所は株式市場を再編し、新たな市場区分での取引を始めた。これまで大企業向けの「東証1部」などを「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場に再編する。各市場の特徴を明確にすることで、海外からの投資拡大を促す狙いがある。(2022/4/4)

コロナ後を見据え跳躍:
「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」5周年 ブシロード木谷会長が明かす「ゲームとライブビジネスの両輪経営」
音楽活動に青春を燃やす女子学生たちを描いた『BanG Dream!(バンドリ!)』。東証マザーズに上場するエンタメ企業・ブシロードグループが展開するメディアコンテンツで、2015年から16年にかけて展開された同名の漫画や小説を原案に、アニメやゲーム、そして音楽ライブなど多岐にわたるエンタメビジネスを展開している。(2022/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。