ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「無断利用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無断利用」に関する情報が集まったページです。

ソニー決算の3つのポイント 年1800万台出荷計画のPS5に質問集中
ソニーグループの2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期連結決算が発表されました。売上高は約10兆円、本業のもうけを示す営業利益は約1兆2000億円で、ゲーム事業がけん引する構図です。ゲーム事業の視点から見た3つのポイントを挙げてみます。(2022/5/20)

<任天堂決算>減収減益+スイッチ500万台減! マイナスイメージは視点1つで“逆転”も
任天堂の2022年3月期(21年4月〜22年3月)通期連結決算が発表されました。注目の企業だけに、多くのメディアから決算の記事が出ました。一見するとマイナスイメージに見えるものも、視点1つで別の景色が見えてきます。(2022/5/20)

仮面ライダーのイラスト投稿企画で無断投稿か 制作者「応募していない」 テレビ朝日「対応策を検討中」
特撮番組「仮面ライダーリバイス」内のイラスト投稿企画で、自身の作品が無断投稿された──あるユーザーの投稿がTwitter上で話題になっている。(2022/4/26)

ゆうこす、パパ活疑惑にネタ元の写真示し「怒ってます」 男性3人との同居についても率直回答
まっすぐな人だ。(2022/3/9)

「にじさんじ」ローレン・イロアスさんが活動を自粛 配信中に違法ダウンロードしたファイル映り込み
「大枠において真実」と違法ダウンロードを認め謝罪しました。(2022/3/2)

バカボンのパパが逮捕!? 「STOP! 海賊版キャンペーン」で啓発漫画「転載はバカボン」開始
『天才バカボン』のキャラクターが登場する啓発漫画をスタート。(2022/2/14)

Web漫画「転載はバカボン」が連載開始 逮捕されるバカボンパパを通して違法漫画サイトに警鐘
出版社などでつくる業界団体のABJは、赤塚不二夫さんの漫画「天才バカボン」のキャラクターが登場するWeb漫画「転載はバカボン」を公開した。泥棒に誘われるまままんがを転載し、逮捕されてしまうバカボンのパパを通じて海賊版サイトの違法性を啓蒙する。(2022/2/14)

誹謗中傷されたらどうすればいい? SNSトラブルの対処法・裁判事例をまとめたサイト カヤックが公開
カヤックが起業家の関口舞さんと共同で、誹謗中傷などのSNSを巡るトラブル事例や裁判例をまとめたWebサイト「TOMARIGI」を公開した。(2022/2/8)

ネタバレサイトの運営会社を書類送検 漫画のあらすじを無断配信
漫画作品の内容を詳細に説明する「ネタバレサイト」を運営していた法人と法人代表男性を、福岡県南署が著作権法違反の容疑で福岡地検に送致した。(2022/2/3)

仮想通貨無断「採掘」コインハイブ事件 最高裁が無罪判断
他人のパソコンを暗号資産(仮想通貨)の「マイニング(採掘)」に無断利用するプログラムを自身が運営するウェブサイトに設置したとして不正指令電磁的記録保管の罪に問われたウェブデザイナーの男性(34)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は20日、罰金10万円とした二審東京高裁判決を破棄し、無罪の判断を示した。一審の無罪判決が確定する。(2022/1/20)

PC無断利用で「マイニング」は違法か Coinhive裁判、20日に最高裁判決
Coinhive裁判の判決が1月20日、最高裁第1小法廷で言い渡される。コンピュータウイルスを規制する法律が適用されたが、一審無罪、二審有罪と分かれており、この法律の適用範囲などについて、最高裁が初判断を示すとみられる。(2022/1/19)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

「技術開発を萎縮させる」「無断利用は明らかに違法」 Coinhive事件上告審弁論
マイニングのため、自身の運営するWebサイト上にCoinhiveを設置したとして、不正指令電磁的記録保管の罪に問われたWebデザイナーの男性の上告審弁論が開かれた。男性側は二審の逆転有罪判決を破棄し、無罪とするよう主張。検察側は上告棄却を求め結審した。(2021/12/10)

ニコニコ15周年で特設サイト公開も「ランキングが歴史修正されている」とツッコミ多数 代表「運営の苦心感じて」
動画共有サイト「ニコニコ」が12日で15周年を迎える。ドワンゴは15周年を記念して特設サイトを公開。その中で掲載されている年間ランキングが「きれいすぎる」と話題だ。(2021/12/9)

47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
言われてみると、県章ってライダーズクレスト(紋章)みたい。(2021/12/6)

「正規表現一覧表がパクられた」――DeNAのRPAサービスで個人ブログからの無断転載が発覚 取り下げに
「自分のサイトの正規表現一覧表がパクられた」──DeNAが運営するWebサイト内で、自分が作成した表が無断転載されているというツイートが物議を醸している。DeNAは指摘を認め、掲載を取り下げた。(2021/11/2)

トランプ前大統領の新SNS、「マストドン」コード無断利用で開始前から存続の危機
ドナルド・トランプ前米大統領が立ち上げた新SNSが「Mastodon」のソースコードを無断で利用しているとしてSoftware Freedom Conservancy(SFC)がライセンスを守るよう警告した。30日以内に従わない場合は「ソフトウェアの権利と許可は自動的かつ永続的に終了する」。(2021/10/23)

ピクスタ、石倉デジタル監による画像の利用規約違反を巡り謝罪 「SNSでの指摘は早計だった」
石倉洋子デジタル監が画像素材サイト「PIXTA」のサンプル画像を個人サイトに掲載していた問題で、PIXTAを運営するピクスタが石倉デジタル監への指摘方法が不適切だったとして謝罪した。今後は「SNSなど公的な場で指摘する以外の方法がないか、慎重に判断する」としている。(2021/9/8)

小説投稿サイト「カクヨム」の偽サイトに注意 作品を無断転載 UIも本物そっくりにコピー
小説投稿サイト「カクヨム」の作品を不正に転載したサイトを、カクヨム運営元のKADOKAWAが確認した。IDやパスワードが盗まれる危険があるため、アクセスしないよう呼び掛けた。(2021/9/6)

石倉デジタル監、有料素材のサンプル画像を無断転載で謝罪 個人サイトを一時閉鎖、Twitterアカウントも一時非公開に
デジタル庁の石倉洋子デジタル監が、画像素材サイト「PIXTA」の画像を自身の公式サイトに無断転載していた可能性があることが分かった。同サイトを運営するピクスタの執行役員が石倉デジタル監の公式Twitterアカウントなどに抗議。石倉デジタル監は謝罪した。(2021/9/3)

セキュリティ対策「次の一手」とは:
PR:ハイブリッドな働き方が広がる時代に 次世代CASBで実現するクラウドセキュリティ
テレワークの普及に伴ってセキュリティの課題も変化している。従来のセキュリティ対策でこれらに対応するのは難しく、企業ITの守り方にもアップデートが必要だ。(2021/8/27)

サメがクソみたいなCGで襲ってくる映画「BAD CGI SHARKS 電脳鮫」 映画祭で上映拒否されまくった怪作、堂々配信開始
コペルニクス的発想のサメ映画。(2021/6/10)

JASRAC「ブロックチェーンで楽曲管理」実用化へ 自宅で曲作る"DIY作家”向け
楽曲のクリエイター本人が著作権を管理しつつ、無断利用に対抗できるシステムを、JASRACが構築へ。(2021/5/25)

Twitterの“投げ銭”機能で「パクツイ増えるのでは」と懸念の声 Twitter社に対策について聞いた
チップ目当ての無断転載が増えるのでは、と懸念する声が上がっています。(2021/5/7)

Twitterにファンアートを投稿したらアカウント凍結 虚偽申請の被害絵師が悲痛な胸の内語る
被害絵師、Twitter社、弁護士を取材しました。(2021/3/20)

Twitterで“自称bot”による画像の悪質な無断転載横行 対策はないのか弁護士に聞いてみた
法的手段も考えられるようです。(2021/2/25)

「ど、どうしたんだニャ……」 犬の不思議な行動にあ然とする猫の表情が面白い
お尻を引きずって歩く犬にビックリする猫。※追記あり(2021/2/18)

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与
「ゲーム部」の炎上や、さらに過去には「マジカルストーン」問題でも話題になった“れそ”こと上西恒輔氏が関与していたことが明らかに。(2021/2/8)

AWS、商用サービス化を制限するライセンス変更に対抗し「Elasticsearch」をフォーク 独自のオープンソース版へ
AWSが、オープンソースで開発されている検索エンジン「Elaticsearch」とデータの可視化ツール「Kibana」をフォークし、独自ディストリビューションを作成すると発表した。その背景に何があったのか。(2021/1/26)

ゴールデンボンバー、個人の配信での音源利用を申請不要に 「BGMにお困りのライバーさん居ましたら是非!」
ライバーの困りごとまで知っている鬼龍院さん、すごい。(2020/12/2)

漫画の「キャラクター」は著作物ではない? 「同人誌の法的位置づけ」を巡り画期的判決、弁護士にポイントを聞いた
同人作家が無断転載サイトを訴えていた裁判の控訴審が決着、判決文に意外な形で注目が集まりました。(2020/10/9)

「NAVERまとめ」がサービス終了 記事ダウンロード機能を期間限定で提供
2009年にスタートした「NAVERまとめ」が終了。(2020/9/30)

FacebookとInstagram上での画像の無断転載を検出するツール導入
(2020/9/23)

ニコスターインタビュー:
ニコラップの先駆者“らっぷびと”はなぜネットにラップを投稿したのか 1曲の投稿きっかけに人生が変わった瞬間
らっぷびと誕生の陰には伝説のサイト「歌詞→HIPHOP系」の存在がありました。(2020/8/29)

ポイントは「副業」ではなく「複業」:
コロナ機に大手でも採用の「社外プロ人材」 人事領域での活用ポイントは?
コロナを機に増えていきそうな、「社外人材の活用」。導入すべき企業や、人事領域で活用するポイントとは? 「人事の複業」として複数社で活躍する「マイクロ人事部長」の高橋実氏が解説する。(2020/7/30)

最高裁、“パクツイ”画像をリツイートした際の「自動トリミング」も著作者人格権侵害と判断 Twitter Japan「コメントは差し控える」
今後は画像をリツイートする際にも注意が必要に。(2020/7/21)

Google、ネット上で“未回答”の検索ワードを表示する新ツール まずは医療向けに提供 新型コロナで
(2020/7/7)

「NAVERまとめ」がサービス終了 「今後の成長性」など検討の結果
(2020/7/1)

「新型コロナ問題に便乗し、違法アップロードで日銭を稼ぐ不届き者は許さない」 牙狼シリーズ出演俳優が漫画村運営者特定弁護士と最恐タッグを組み摘発へ
エンタメ業界が大きな打撃を受ける中、違法アップロードが急増しているとのこと。(2020/5/8)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月16日〜3月22日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」4週ぶりトップに
トップはキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。2位はオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」とキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」の2機種となった。(2020/4/6)

携帯販売ランキング(3月23日〜3月29日):
3キャリアが5Gスマートフォンを発売も、トップ10入りはドコモだけ
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で連勝を25に伸ばした。3月23日週には3キャリアから5Gスマートフォンが発売されたが、トップ10入りしたのはドコモのみだった。(2020/4/4)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月9日〜3月15日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」が4週ぶり1位
トップはキヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」。オリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」は2位に後退。(2020/4/6)

携帯販売ランキング(3月16日〜3月22日):
ドコモの「AQUOS sense3」が「iPhone 11」の総合トップ3独占を6週で止める
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で24連勝。NTTドコモ「AQUOS sense SH-02M」が3位に上がった。AQUOS sense3が3位以内に入るのは、2020年1月27日週の2位以来だ。(2020/3/28)

デジタルカメラ総合販売ランキング(3月2日〜3月8日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M1 Mark III」は1週でトップ10外に
トップはオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が2連勝。前回発売即8位に入ったオリンパスの新製品「OM-D E-M1 Mark III」はトップ10外に後退。(2020/3/30)

携帯販売ランキング(3月9日〜3月15日):
依然として総合トップ3は「iPhone 11」ながら、ドコモの「AQUOS sense3」が再浮上
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で23連勝。ドコモの「AQUOS sense3 SH-02M」が5位にランクアップ。前回10位初登場のY!mobile「HUAWEI P30 lite」は順位キープ。(2020/3/21)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月24日〜3月1日):
デジタル一眼ランキング、オリンパス「OM-D E-M1 Mark III」が発売即ランクイン
トップはオリンパス「PEN E-PL9 EZダブルズームキット」が3週ぶりに返り咲き。8位にはオリンパスの新製品「OM-D E-M1 Mark III」が発売即トップ10入り。(2020/3/27)

携帯販売ランキング(3月2日〜3月8日):
総合ランキングにY!mobile「HUAWEI P30 lite」が初ランクイン
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」が22連勝。10位にY!mobile「HUAWEI P30 lite」が初登場。2019年8月8日発売の機種だが、総合ランキングに登場するのはこれが初めてだ。(2020/3/14)

携帯販売ランキング(2月24日〜3月1日):
総合ランキング、およそ9カ月ぶりに「iPhone 7(32GB)」ランクイン
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」が連勝を21に伸ばした。10位にY!mobile「iPhone 7(32GB)」が久しぶりに登場。Y!mobileの端末がトップ10入りするのは、2019年9月に「iPhone 6s(32GB)」が8位に入って以来のこと(2020/3/7)

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月17日〜2月23日):
デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が2カ月半ぶりにトップ返り咲き
トップは2019年12月2日週以来のキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」。キヤノン「EOS Kiss X9i ダブルズームキット」は2位に後退。(2020/3/11)

「フジフイルムPV炎上」のモヤッと感を整理する
小寺信良さんが、「ストリートスナップ」によるプロモーションで起きた騒動について整理してくれました。(2020/2/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。