ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「終身雇用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「終身雇用」に関する情報が集まったページです。

新連載「シン・経理組織への道」:
多忙極める経理に「今後ますます仕事が増える」 3つの必然的な理由
深刻な人手不足で、多くの経理財務部門が多忙を極めています。一方でその役割は高度化し、経営陣を支えるビジネスパートナーへの変革を迫られています。変革を遂げるには、どうすればいいのでしょうか?(2024/7/17)

製造業DXプロセス別解説(12):
日本の製造業が世界市場で勝ち抜くためには何が必要なのか
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。最終回となる第12回は、製造業DXやその先を目指す日本企業に向けたメッセージとして、世界市場で勝ち抜くために何が必要なのかを論じる。(2024/7/2)

若手が長く働けて、親しい人にもおすすめする企業 3位「中外製薬」、2位「ISSリアライズ」、1位は?
「働きがい研究所」を運営するオープンワークが調査結果を発表した。(2024/6/21)

3Dプリンタ活用最前線:
PR:属人化を解消するデジタルものづくり 〜無駄をなくし、開発・製造を加速する方法とは〜
中国をはじめとする新興国や欧米の勢いが増し、日本の製造業の存在感が薄れている。その根本的な原因はどこにあるのか? 世界とのギャップを埋めるにはどうしたらよいか? 3D CADや3Dプリンタを活用したデジタルものづくりに30年以上関わり、多くの製造業を支援し続けるSOLIZEにその打開策を聞いた。(2024/6/12)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
パナソニックHD 楠見氏が語った「人づくり」と「働きがい」
人の問題は一筋縄ではいかない大きな問題です。(2024/5/27)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

新入社員が入社後感じるギャップ 「給与や待遇」「福利厚生」を抑えた1位は?
売り手市場が続く昨今の新卒採用において、企業は新入社員に自社のことを深く理解してもらえるようさまざまな工夫を凝らしている。それでもなお、多くの新入社員は入社後のギャップにショックを受けているようだ。新卒が感じる入社後ギャップにはどんなものがあるのか。(2024/4/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「65歳定年」義務化まであと1年……企業がとるべき対策とは?
いわゆる「65歳定年」導入の義務化が2025年4月に控えている。企業が取るべき対策は?(2024/4/19)

ITmedia Security Week 2024 冬:
小学生でも多要素認証の今、企業の認証/ID管理は使いにくい、不自由にもほどがある 未来は変容するのか
2024年2月27日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」の「多要素認証から始めるID管理・統制」ゾーンで、パロンゴ 取締役 兼 最高技術責任者 林達也氏が「デジタルアイデンティティー時代のID管理・認証/認可の変容と社会受容」と題して講演した。産官学でデジタルアイデンティティーをウオッチし、策定にまで関わる同氏が、ゼロトラスト時代に重要な認証、認可の現在を、「社会受容」というキーワードを絡めて解説するセッションだ。(2024/4/12)

「配属ガチャ」対策を進める企業が、一度立ち止まって考えるべきコト
「配属ガチャ」対策を進める企業が増えてきた。希望通りに働けることは良いことだが、配属ガチャ対策を進める企業は、今一度立ち止まって考えるべきコトがあるのではないかと、筆者は考える。(2024/4/1)

若手ビジネスパーソンの6割以上が転職を検討中 その理由とは?
20代から30代の若手ビジネスパーソンの6割以上が転職を考えていることが、エムエム総研(東京都新宿区)による調査で明らかとなった。その理由とは?(2024/3/27)

小寺信良のIT大作戦:
就活の自己アピールにも生成AIの影 “就活ハック”はどこまで許されるのか?
企業の新卒採用者に対する調査によれば、履歴書やエントリーシートだけでは学生の個性やスキルの程度が分かりにくいということが課題になっているという。昨今はプレゼンスライドや自己PRビデオといった、デジタルポートフォリオの提出も好意的に受け止められている。しかし就活にも生成AIが浸透してくる可能性がある。(2024/3/19)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
変わりゆく時代の中で、上司は部下にどう接するべきか? 「部下を活かすマネジメント“新作法”」
「上司力(R)」をキーワードに、大手企業で人材育成支援を行うFeelWorks代表取締役の前川氏。前川氏の考える、部下のポテンシャルを最大限に生かすためのマネジメント新作法とは、どのようなものなのだろうか?(2024/3/19)

スピン経済の歩き方:
優秀な若手がどんどん辞めていくが、「社内運動会」をやっても防げないワケ
パナソニックが若手社員約1200人を対象に実施した「社内運動会」が話題になっている。「組織間の交流」が目的だったが、若手社員の反応はどうだったかというと……。(2024/3/6)

スタートアップの突破口:
エプソン、三井化学が投資 「100億円」調達した東大発ベンチャーに聞く“タッグの作法”
2014年に東大発スタートアップとして創業し、セイコーエプソンや三井化学など大企業からの資金調達を機にさまざまな協業を行い、事業シナジーを生んでいるのがエレファンテック。事業会社とスタートアップが抱えるそれぞれの課題などを語り合った。(2024/3/5)

佐々木俊尚に聞く エンジニアの「キャリア自律」のために必要なこと
作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏は、まだ日本で「ノマド」という言葉が知られていなかった時代から、自分自身で人生を切り開かなければならない時代を予見し、自由な働き方や自律的なキャリア形成を提唱してきた。佐々木氏に自らのフリーランスとしての働き方の変遷や、エンジニアが「キャリア自律」を実現するために何が必要なのかを聞く。(2024/3/4)

大阪王将「ナメクジ」事件、告発者はなぜ逮捕されるのか? 内部通報“後進国”ニッポンを考える
不正を暴く人が守られなければ、社会全体の損失につながる。ではどうあるべきか。(2024/2/22)

「日本の会社員はなぜやる気を失ったのか」 ワタミに「CHO」職を導入
ニッポン放送の番組で、元日経ビジネスアソシエ編集長で、経済ジャーナリストの渋谷和宏さんと対談した。(2024/1/31)

働き方の見取り図:
平均月給31万円、過去最高だけど……「賃上げラッシュ」に潜む3つの課題
フルタイムで働く人の2023年の平均月給は、過去最高の31万8300円――この数字に納得感を持てた人は果たしてどれくらいいるだろうか。賃上げの機運が高まりつつある一歩、その内実は本当に喜べるものなのか。(2024/1/29)

スピン経済の歩き方:
「ダイハツが34年も不正していた」と聞いても「でしょうね」としか感じないワケ
国内軽自動車新車販売シェアNo.1を17年連続獲得しているダイハツがボロカスに叩かれている。1989年から34年にわたって放置されていた不正が発覚したからだ。だが……。(2023/12/26)

自身の成長と働きやすさ:
「ゆるブラック企業」の逆は、どのような特徴があるの? データで見えてきた上位30社
「成長と働きやすさ」を感じる会社は、どのような特徴があるのでしょうか。転職・就職のための情報プラットフォーム「OpenWork」に寄せられた投稿を見ると……。(2023/12/25)

「ジョブ型成功には企業の覚悟が不可欠」 "脱年功序列"の活路はどこにある?
多くの日本企業が直面している根本的な問題は、日本が少子高齢化している中、若手従業員を雇用すること難しくなっていることだという。年功序列を辞めるためにやるべきこととは何か。(2023/12/22)

目指したい年収 3位「500万〜600万」、2位「300万〜400万」、1位は?
目指したい年収はいくらか。男女で差はあるのか。明治安田総合研究所が調査結果を発表した。(2023/12/18)

25年卒に聞いた:
成長できそうな企業の特徴 「資格支援制度あり」「研修が充実」を超えた1位は?
就職活動を控える2025年卒の学生は、仕事における「自身の成長」をどのように捉えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/12/8)

「年功序列を辞めないと日本企業は破綻」 人事の専門家が語る“本当に”取り組むべきこと
人的資本の開示、ダイバーシティー、サステナブルなど、多くの人事トレンドがあるが、人事領域の専門家は「トレンドと企業の現状はかけ離れている」と語る。日本企業が本当に取り組むべきこととは。(2023/12/8)

働き方の見取り図:
「今何してる?」束縛系上司がどんどん時代遅れになるワケ
人口減少が進み、職場環境も大きな変容を遂げている。経営者や管理職はこれからの会社組織を率いていくために、どんなマネジメントが求められるのか。(2023/11/28)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(107):
「主体性を持て」「自立しろ」というけれど、どうすればいいの?
不確実で先行きの見通しが立てにくい時代になって、「主体性を持て」「自立しろ」といろいろな場面でいわれます。でも、自立するのはいうほど簡単ではありません。何をどうすれば自立できるのでしょうか?(2023/11/15)

会社全体で考える「人的資本」:
「人材を確保できないのは、求める要件が高いから」 じゃあ企業は何をすべき? 担当者が今すぐ考えるべき基本の“き”
ITmedia ビジネスオンラインでは、人事・総務向けオンラインイベント「HR Design Days 2023冬」を開催する。本記事では、同イベントに登壇するタナベコンサルティング エグゼクティブパートナー 古田勝久氏に、人的資源経営成功に向けた“戦略人事”のノウハウについて解説してもらった。(2023/11/16)

「転勤拒否族」は甘え?:
日本から「転勤」がなくなるかもしれない、これだけの理由
日本から「転勤」がなくなる日は来るのだろうか――。手当を増やすことでなんとか転勤を受け入れてもらおうとする企業がある一方で、転勤制度を極力なくしていこうという企業も出てきている。日本に特有と言われる転勤制度は、これからどうなるのだろうか……?(2023/11/10)

労働市場の今とミライ:
政府による「転職のススメ」 失業給付のタイムラグ解消で何が起きる?
政府が「雇用の流動化」つまり転職の推進に熱心だ。これにより日本の賃金を上げることを狙っているが、転職の推進によって本当に賃上げが実現できるのだろうか。失業給付のタイムラグ解消やキャリアコンサルタントの支援などの具体的な施策で見込める効果と懸念点について言及する。(2023/11/9)

成果報酬型VS.年功序列型 新卒にとって魅力的のはどっち?
現在就職活動をしている2025年卒の学生は、「給与体系」をどのように捉えているのか。学情(東京都千代田区)が調査を実施した。(2023/9/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手人材の早期離職を解決! 部下を活かすマネジメント“新作法”とは
現状を聞き分析する中で分かったのは、企業側が若者の真の離職理由を捉えきれていないこと。いったい何が食い違っているのだろう。なぜ若者はすぐに辞めてしまうのだろうか。(2023/9/28)

アルムナイネットワーク:
新卒採用セミナーで「元社員」が古巣を語る 三井住友海上が退職者との“縁”を大事にするワケ
大手企業が自社の退職者とつながり続けるための「アルムナイ(卒業生)ネットワーク」構築を進めている。背景にはどういった事情があるのだろうか。三井住友海上火災保険のケースを取材した。(2023/9/6)

リクルート調べ:
Z世代の転職、5年で2倍に 理想の環境は?
リクルートは8月30日、Z世代(26歳以下)の就業意識に関する調査結果を発表した。Z世代の転職は5年前と比較し約2倍の増加が見られ、「終身雇用」のキャリア観とは異なる様相を見せた。(2023/8/31)

「東大・京大生」就職人気ランキング 2位「森ビル」、1位は?
2025年卒予定の東大生や京大生の就職活動で、最も人気があるのは……。(2023/8/29)

「社内雑談力」の極意:
「社内コミュニケーション」が転換期を迎えている、3つの要因が関係
日本企業の「社内コミュニケーション」は転換期を迎えている。その背景には、3つの要因が複雑に関係していて……。(2023/8/23)

カジュアル面談で知りたいこと 「働きやすさ」「社員の人柄」上回る1位は?
企業と候補者がリラックスした雰囲気で対話する「カジュアル面談」。20代の若者は、カジュアル面談を通じて何を知りたいのか。(2023/8/19)

自己啓発にも支援金:
ハイハイン休暇にハッピーリターン制度 亀田製菓が人事改革を加速させたワケ
亀田製菓が組織・人材改革を急ピッチで進めている。「ハイハイン休暇」や「ハッピーリターン制度」といった制度をこの数年で矢継ぎ早に創出。常務執行役員で、管理本部 総務部長の金子浩之氏に狙いを聞いた。(2023/8/16)

「3年たたずに転職」する新人は、何を考えているのか
20代の若手社員は何を求めて転職するのか。学情による「転職理由」に関する調査で、社会人経験3年以上のヤングキャリアと3年未満の第二新卒では転職理由に違いが見られた。(2023/8/9)

専門家が提言:
PR:働き方を可視化する「ワークログ」とは? “人的資本経営の本質”から考える
専門家によれば、多くの日本企業が「人的資本経営」の意味を取り違えているという。何が“正しい”人的資本経営なのだろうか。また、それを可能にする「ワークログ」とは何だろうか。(2023/8/9)

人材育成「できている企業」と「できていない企業」 違いは?
リクルート(東京都千代田区)が企業の人材マネジメントに関する調査2023を行った。(2023/7/31)

若手の「管理職登用」 20代は歓迎していない?
学情(東京都千代田区)が20代社会人を対象に「管理職登用」に関して調査を実施した。(2023/7/21)

スピン経済の歩き方:
なぜ「ビッグモーター」で不正が起きたのか レオパレスや大東建託との共通点
テレビCMでお馴染みのビッグモーターの不正が明らかになった。保険金を水増し請求するために、信じられない行為が行われていたわけだが、なぜ「買取台数日本一」の企業が不正を働いたのか。ビッグモーター、レオパレス、大東建託には共通点があって……。(2023/7/19)

「キャリア意識が高い人」は40代で減り、50代で増える──なぜ?
日本総合研究所(東京都品川区)とアビームコンサルティング(東京都千代田区)は、人的資本経営の柱となる「プロアクティブ人材」に関する実態調査を実施した。(2023/7/13)

MYパーパスの意義:
SOMPOグループが描くパーパス経営 「個」にフォーカスする独自の人材戦略とは
SOMPOグループが、これまでの考え方とは異なるパーパス経営を展開している。MYパーパスとはいったい何で、なぜ導入に至ったのか。SOMPOホールディングスでグループCHRO執行役専務を務める原伸一さんに話を聞いた。(2023/7/6)

転職する理由 日本「職場に不満」、海外「自分にプラス」 5カ国比較の結果は
求人検索サイトを運営する「Indeed Japan」は日本を含む世界5カ国で「転職」に関する意識調査を実施した。日本と海外では仕事観にどんな違いがあったのか。(2023/6/30)

働き方の「今」を知る:
結局、就職氷河期とは何だったのか? その背景と今に続く深い傷跡
政府が16日に閣議決定したした本年度の「骨太の方針」の内容をきっかけに、突如ネット上で「就職氷河期世代」が話題となった。結局、就職氷河期とは何だったのか。経済情勢と社会構造から読み解くその原因と、今に続く影響の大きさについて解説する。(2023/6/29)

キャリアニュース:
入社直後に転職サービスに登録した新社会人が過去最多を更新
転職サービス「doda」が「新卒入社直後のdoda登録動向」を発表した。入社月の4月にdodaに登録した新社会人は過去最多となり、調査開始の2011年比で約30倍になっている。(2023/6/22)

新社会人は、なぜ「入社直後」に転職を検討するのか
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」が、新社会人で入社月の4月に「doda」に登録した人の数を分析し「新卒入社直後のdoda登録動向」として発表した。(2023/6/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。