ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「会社都合」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会社都合」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

チェックリスト:
希望退職を募集して、応募者が「やっぱり辞めません!」と言ったら、どうする?
希望退職実施に当たって、どんなことを決めておくべきでしょうか。今回は、退職者への優遇措置員〜応募人員が少なかった場合の対応、再募集の有無までを解説します。(2021/7/14)

ワークライフバランスが悪化:
働く女性の57%が「2年以内の退職」を検討 
デロイト トーマツ グループは、働く女性を対象に実施した世界調査「Women @ Work: A global outlook」の日本版を発表した。ワークライフバランスの悪化などによって、回答者の57%が「2年以内の退職」を検討していることが分かった。(2021/6/22)

クリーデンス調べ:
アパレル業界の転職理由 前年より増加した「会社都合」より多い理由は?
パーソルキャリアが運営するアパレル・ファッション業界専門の転職支援サービス「クリーデンス」が、アパレル・ファッション業界の「転職理由ランキング」を発表した。(2021/6/4)

アフターコロナに備える:
コロナ禍でも従業員が結束して客数2倍! “収束後”を見据えて飲食店が取り組むべき「重要事項」とは
度重なる緊急事態宣言で飲食業界が苦しんでいる。こんな時だからこそ、「ビジョン」が大切だと筆者は主張する。危機を乗り切り、アフターコロナを勝ち抜くために何が必要なのか。(2021/4/30)

スローガンには要注意:
にわかに進む「週休3日制」議論が空虚な“改革ごっこ”に陥りそうだと思うワケ
「週休3日制」の議論が進んでいるが、筆者はスローガン先行の現状に警鐘を鳴らす。真の改革を伴わない“改革ごっこ”に要注意。(2021/4/28)

定年延長のリアル:
定年延長に向けた人事制度改革(3) 同時に導入「65歳への定年延長」と「70歳までの継続雇用」の成功事例
本連載では、高年齢者活用というテーマの中でも企業の関心が最も高いであろう、「65歳への定年延長(あるいは70歳までの雇用)」を取り上げ、各企業の実態に即した定年延長の進め方や、実際に定年延長を行った企業の実例をもとにした成功ポイントを解説します。(2021/4/28)

個人の将来を重視:
コロナ禍で転職理由に変化 「社内の雰囲気」や「人間関係」を抑え1位になったのは……
パーソルキャリアは、2020年4月の緊急事態宣言前後に転職したビジネスパーソンを対象に転職理由の調査を実施。その結果を発表した。(2021/3/22)

特に若年層の収入が減少:
コロナ禍でシフト減「5割以上」が3割 休業手当は受け取っている?
マイナビが新型コロナの影響でアルバイト・パートのシフトが減少した人を対象とした調査の結果を発表。シフトが5割以上減少した人の割合が約3割に上った。また、シフト減少による休業手当については、約8割が受け取っていなかった。(2021/2/25)

違いは?:
整理解雇と退職勧奨のポイント コロナ禍で事業停止したタクシー会社の事例で学ぶ
売上が大幅に落ち込んだことを理由に、あるタクシー会社が運転手約600人に対し事業の停止を発表。所属運転手約600人に対し、退職合意書を配布し、署名を求めたところ、数人を除く従業員が署名をしました。ところが、その後、大々的に報道され、一部の従業員が労働組合に加入したり、集団で解雇無効の仮処分命令の申し立てを行う事態に発展しています。(2021/2/15)

40人程度:
ライトオンが希望退職者を募集 役員報酬の減額も実施
カジュアル衣料のライトオンは2月9日、希望退職者の募集と役員報酬の減額を行うと発表した。(2021/2/10)

三陽商会、150人程度の希望退職を募集 新型コロナ再拡大で経営悪化
三陽商会は1月21日、希望退職者の募集を実施すると発表した。従業員を対象に募集人員は150人程度としている。(2021/1/22)

リモートワークを止めないSaaS:
労務管理のペーパーレス化 電子証明書を簡単に取得する方法
最新の労務管理SaaSは、年末調整をペーパーレス化するだけでなく、社会保険の申請を電子化する機能がついているものも多い。しかし電子申請に必要な電子証明書の取得に大きな手間がかかる、という悩みもあるのでは? 解決策は?(2021/1/12)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
希望退職への応募に「待った」! 割り増し退職金に隠れた落とし穴
オートモーティブ・ジョブズの自動車業界採用アナリスト 関寺庸平が、キャリアに関するお悩みにお答えします。(2020/10/21)

キャリア開発に有効か:
人事異動、肯定的に考えている人の割合は? 「考慮してほしいこと」の調査も
リクルートマネジメントソリューションズの調査によると、キャリア実現に不安を感じる人ほど、異動の条件や環境への考慮を希望していることが明らかになった。(2020/10/6)

キャリアニュース:
ミドル層の転職理由、コロナ禍前後で変化が「ある」が16%
転職サイト「ミドルの転職」が「転職理由」についてのアンケート調査結果を発表した。コロナ禍前後での転職理由に変化が「ある」と全体の16%が回答し、コロナ禍以前よりも企業に「柔軟な働き方への理解」を求める傾向が見られた。(2020/9/24)

新型コロナ禍、7割が「キャリアや転職に対する意識」に変化
新型コロナの感染拡大を受けて、今後のキャリア・転職についてどのように考えている人が多いのだろうか。全国のビジネスパーソンに聞いたところ……。(2020/6/3)

雇用保険手当の「不正受給」となる可能性も:
ロイヤルリムジン「乗務員600人全員解雇」で広がる波紋 単なるブラック企業か、それとも経営者の「英断」か
新型コロナで各産業が打撃を受けている。そんな中で、話題となったタクシー会社の「乗務員全員解雇」。物議をかもすなかで、業績の見通しが立たない状況における経営者の「英断」とする声も挙がっている。本当に従業員の利益に資する決断なのか? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/4/23)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ「国民1人当たり10万円給付」以外でも知っておきたい、万が一のときに使える各種支援制度とは
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、身を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ“緊急事態”下でも従業員を守り抜くために 知っておくべき各種支援制度
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、従業員を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

2019年の転職者数は過去最多の351万人:
「非正規雇用から非正規雇用への転職」が多数 総務省
2019年の転職者数は過去最多の351万人で、より良い条件の仕事を探すために前職を離職した転職者が増加した。男女別では女性が上回り、雇用形態別では非正規雇用から非正規雇用への転職者が多数を占めている。(2020/2/27)

人事ジャーナリスト・溝上憲文の「経営者に告ぐ」:
同一労働同一賃金が開く“パンドラの箱”――派遣業界に突き付けられる退職金問題
ベテラン人事ジャーナリストの溝上憲文が、人事に関する「経営者が対応すべき施策」を提言する。今回は4月施行の「改正派遣労働者法」について。じつはこの法律は派遣会社の存続を左右しかねない重大な内容を含んでいて、派遣社員を受け入れる派遣先企業にも大きな影響を与える可能性がある――。(2019/12/25)

多重下請けも海外人材活用も「元」は同じ:
なぜ未曾有の人材不足でも、エンジニアの年収は上がらないのか
市場原理では需給バランスで価格が決定する。なのになぜ、俺の、私の年収は上がらないんだ!――IT“業界”解説シリーズ、第7弾はマクロ視点での多重下請け考察です。(2019/12/16)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIGで話題 「転勤廃止」企業に勤める意外な“落とし穴”とは?
AIG損保など企業の「転勤廃止」が話題。多くのサラリーマンには朗報だろう。しかし筆者は「全ての人にお勧めの職場ではない」と見る……なぜか?(2019/7/31)

モノづくり業界転職トレンド(9):
「希望退職」の募集があったら、どうすればいい?
会社側から退職希望者を募る「希望退職」。突然やってくるこの不測の事態には、どう対応していけばいいのだろうか。希望退職のメリットやデメリット、またそのときに向けた心構えなどについて転職コンサルタントに聞いた。(2019/6/5)

世界レベルで低い:
日本の「従業員エンゲージメント」が低い、4つの事情
日本企業の「従業員エンゲージメント」は、世界で最低レベルにあるそうだ。なぜこのような状況に陥ってしまったのか。原因を考察すると、4つの理由が出てきて……。(2018/12/27)

私は「物流エンジニア」:
PR:思い通りにキャリアをデザインできる「フリーランスエンジニア」という働き方
会社員でも派遣社員でもないフリーランスという働き方。しかし「ハードルが高い」「将来が不安」「自信がない」などの理由で、踏み切れないエンジニアもいるだろう。その心配は的を射たものなのか、会社員と比べて、どのようなメリットとデメリットがあるのか、現役フリーランスエンジニアたちに話を伺った。(2018/8/27)

これからの人間の役割とは?:
時代の変化から逃げてはいけない “元受付嬢”が受付の自動化に取り組む理由
11年間にわたり「受付嬢」として活躍した後、起業して、オフィスの受付業務を効率化するシステムを開発したディライテッドの橋本真里子さん。彼女は自分の仕事を機械に奪われるどころか、むしろ能動的に仕事の一部を機械に置き換え、自動化したのである――。(2018/7/5)

漫画村との取引否定していた広告代理店、一転して「深く反省」 関係者は「海賊版と手を切れば仕事ない」と証言
社員への謝罪メールを独自入手し、広告代理店を直撃。(2018/5/22)

社員が輝く職場:
PR:週3日はノー残業 島津製作所が働き方改革で目指すもの
「働き方改革」が叫ばれているが、企業の多くは何よりもまず労働環境の是正に力を入れているといった状況だ。そうした中、以前から残業時間を少なくして成果を出し、働き方改革でも先を進んでいる会社がある。島津製作所だ。(2018/1/22)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(4):
「紹介予定派遣」を活用した技術者転職は“就職の近道”にもなり得る
社員雇用を前提に、“派遣”という形態で就業する「紹介予定派遣」をご存じだろうか? 「派遣」という言葉から転職の選択肢として考えていない方も多いようだが、紹介予定派遣ならではの利点がある。今回は、紹介予定派遣のメリット/デメリット、そしてどのような人が紹介予定派遣に適しているのかを取り上げる。(2017/11/6)

技術者が知っておきたい失敗しない転職活動のコツ(1):
「転職の目的」を見失うと失敗する典型的な2つのケース
あなたにとって「転職の成功」とは何か? その目的を明確にし、ぶれずに活動できるかが転職の明暗を分ける。連載第1回では、転職の目的を見失ってしまった残念な2つのエピソードから失敗しない転職活動のポイントを学ぶ。(2017/8/2)

キャリアニュース:
転職理由の1位は「会社の考えや風土が合わない」――30%が回答
転職求人サイト「ミドルの転職」が「転職理由」についてのアンケート調査結果を発表。転職の理由やきっかけとして最も多かった回答は「会社の考えや風土が合わない」だった。また、年代によって転職の理由や不安要素に違いが見られた。(2017/2/17)

特選ブックレットガイド:
辞めるべきか? 残るべきか? 職場環境や人間関係の問題が転職理由の場合
「他者都合」で会社を辞めて転職する人たちの転職理由について深掘りしていきます。(2017/2/10)

転職で不安な点は「年齢」:
30〜50代の転職理由、「会社と考えが合わない」が最多
30〜50代の“ミドル世代”が転職を考えた理由は?――エン・ジャパン調べ。(2017/1/30)

モノづくり技術者の転職ゲンバから(2):
技術者が転職する理由とは? ちょっとリアルなお話【他者都合編】
転職を考えているエンジニアの皆さん、これからの転職活動に不安はないでしょうか。本連載では“転職活動のリアルなお話”を交えながら、皆さんの今後のキャリアを考える上でのヒントを提示していきます。第2回では、他者都合で会社を辞めて転職する人たちの「転職理由」について深堀していきたいと思います。(2017/1/18)

マネーの達人:
会社を辞めるとき――「自己都合」と「会社都合」で失業保険の受給額に違い
ステップアップのための転職でも、リストラでも、会社を辞めるには理由があります。今回は、「自己都合」と「会社都合」で離職した場合の失業給付金の受給額を比較します。(2015/7/16)

企業動向:
インテル、大規模な人員削減か
米国の報道機関が、Intelが研究職や経営層の社員を多数解雇する可能性があると報じている。(2015/6/11)

転職理由のトップは? DODAが調査
インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、転職希望者を対象に「転職理由」の調査を行い、その結果を発表した。(2015/5/12)

キャリアニュース:
口コミ分析から分かった退職理由、“キャリア”関連の理由を挙げた人が約4割
会社評価サイト「Vorkers」に投稿された約4万件の口コミから退職理由に関するフリーコメントを分析。どのようなキーワードの出現率が高いか調査した。(2014/12/4)

退職理由で多かったのは? 社員の口コミを分析
転職サイトなどを運営しているヴォーカーズは11月5日、社員の口コミから“退職理由”を分析し、その結果を発表した。最も多かった退職理由は……。(2014/11/5)

退職手続き【パーフェクト】マニュアル(4):
【離職票】確認すべき3つのポイント
会社都合で退職したのに失業保険がすぐにもらえない! そんな事態に陥らないために離職票のチェックポイントを伝授しよう(2013/12/7)

キャリアニュース:
転職のきっかけ、製造業では「会社都合」や「会社の将来に不安」が多い傾向
仕事内容に関する選択肢が「転職を考えるきっかけ」として挙げられやすい傾向があった半面、報酬・勤務時間に関する選択肢は全体と比べて選ばれにくかった。(2013/9/10)

IT業界をたくましく生きるための労務入門(3):
サービス残業はダークサイド。ブラック企業の労働実態と対策
元SE、現社会保険労務士の筆者が、ITエンジニアが知っておくと便利な労務用語の基本を分かりやすく解説します。(2012/8/27)

IFRSを会計×業務×ITで理解する【第8回】
財政状態計算書(2)人ごとではない? 従業員給付
投資家の視点から作られ、日本基準からの考えの転換が求められるIFRS。対応システムを適切に構築するための情報をお届けする。今回はIFRSへの移行時に特に損益に対する影響が大きい「従業員給付」を解説。(2011/2/28)

金融業界で働く人が、転職したい金融機関はどこ?
リーマンショック後に転職または離職しましたか? 金融業界で働いている人に聞いたところ、「転職した」が25%、「転職活動中」が29%であることが分かった。日経HR調べ。(2010/10/22)

伴大作「フクロウのまなざし」:
マーク・ハードの場合
この夏に注目すべき事件が起きた。今後のICT業界の方向性を決める重要な要素を含んでいるのでちょっと書いておこう。(2010/10/6)

コストダウンを「解雇」で行ってはいけない
解雇相談を受ける際、目的が人件費圧縮であれば、解雇ではなく賃下げやITコスト削減などから行うようにアドバイスしているという筆者。その背景には訴訟コストの削減や労働基準監督署からの是正勧告の回避があるという。(2010/3/2)

IT業界 転職市場最前線:
第6回 SI/NIに復調の兆し? 転職市場は底を脱したか
平成の大不況の下、IT業界の転職市場は冷え込んでいる。だが、すべての企業が採用をやめたわけではなく、いつまでも採用が止まり続けるわけでもない。転職市場の動向を追い、来るべきときに備えよう。(2010/1/15)

転職。決断のとき:
会社が倒産してもめげない「流浪エンジニア」の遍歴
カフェ経営の夢を追って会社を辞めた。しかし、またエンジニア職に復帰。すると今度は会社が倒産した。柔軟に生きる流浪エンジニアのキャリアを追う(2009/12/16)

吉田典史の時事日想:
なぜ会社は辞表を書かせようとするのか――解雇との違い
多くの会社は社員を「解雇」するのではなく、辞表を書かせたがるということをご存じだろうか。たとえリストラといった形でも、社員は辞表を書き、自己都合で辞めるケースが多い。こうした背景には「助成金」と「退職金」に関係があるようだ。(2009/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。