ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BCN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Business Computer News

従来の欠点を克服:
「この吸引力に勝てますか」 掃除機市場でパナソニックの巻き返しが始まった
国内掃除機市場全体は縮小傾向にあるが、ロボット掃除機やコードレススティック掃除機は出荷台数を伸ばしているのをご存じだろうか。そうした中、満を持して新商品を発売し、攻勢をかけようとするのがパナソニックだ。(2018/7/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
10万円の金箔ケースが目立ちまくる! 真夏のPCケースラッシュ
先週はPCケースや冷却パーツのラッシュで、ビジュアル的にも目立つ新製品が多かった。なかでも目立っていたのが、金箔加工の「EQUILENCE」だ。(2018/7/17)

ドライアイス問題を解決:
葬儀業界に新風 ドウシシャの遺体冷却安置台は何がすごいのか?
葬儀業界の“常識”が変わろうとしている。現在、遺体冷却の80%以上をドライアイスに頼っていると言われているが、ドウシシャが発売する吸熱式遺体冷却安置台「メモリアルベッド」ではペルチェ素子によって冷却できるのだという。(2018/7/6)

船井電機が有機ELテレビ投入 55V型で約26万円 HDD内蔵で2番組同時録画も
船井電機が予告通り有機ELテレビを投入。ミニマルデザインで「映像に没頭できるテレビに仕上げた」。価格と録画機能を武器に「日本の有機ELに新しい選択」(同社)とアピールする。(2018/7/4)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「P20」シリーズでキャリア/SIMフリー市場を攻めるHuawei 呉波氏に聞く、夏商戦の意気込み
SIMフリー市場を切り開いてきたHuaweiだが、2018年は大手キャリアへの進出を本格化させている。この夏に、3キャリアから同社のスマートフォンが発売された。ファーウェイ・ジャパンで、デバイス部門のプレジデントを務める呉波氏に夏商戦の意気込みを聞いた。(2018/6/29)

意外と高音質 完全ワイヤレスイヤフォン人気 ビジネスやスポーツに最適
ワイヤレスイヤフォンの中でも、左右のイヤフォンをつなぐケーブルがない「完全ワイヤレス型」の人気が高まっている。ケーブルが邪魔にならず、断線の心配もない。通勤や通学、スポーツ時のお供として、学生やビジネスマンを中心に人気だ。(2018/6/8)

2017年度の出荷台数が40%アップ スマートフォンAQUOSが好調の要因
シャープのスマートフォンAQUOSが好調だ。BCNランキングでは、2017年のAndroidスマートフォンの販売数1位を達成し、2016年度から出荷台数が40%増えた。新製品の「AQUOS R2」と「AQUOS sense plus」で、さらなる飛躍を目指す。(2018/5/9)

完全ワイヤレスイヤフォン、売れ行き好調も半数はApple
左右のハウジングが独立した「完全ワイヤレスイヤフォン」の売れ行きが好調だ。2018年3月の日本国内での販売数量が前年比で10倍以上を記録。「イヤフォン市場を活気づける材料となっている」という。(2018/4/13)

「インスタ映え」でミラーレスが一眼レフ超えへ秒読み!?
スマートフォンに押され、苦境続きだったカメラ業界が息を吹き返すかもしれない。ミラーレスカメラの好調で、低迷してきたデジタルカメラの年間出荷額が増加に転じた。(2018/4/12)

小さいけどハイクオリティー コインサイズの水彩画がもたらす大きな驚き
書き込まれた小さな絵画がすごい。(2018/3/11)

データ端末は"据え置き型”が好調で市況回復へ BCN調査
BCNは、ECサイトから収集した実売データサービス「BCNランキング」をもとにしたデータ通信端末市場の調査結果を発表。スマートフォンの普及とテザリングの認知拡大で縮小傾向を辿っていたが、2017年には据え置き型の台頭で回復の兆しを見せている。(2018/3/9)

「1強」に風穴 「有機ELテレビ元年」の覇者は? 4社がシェア争い
ソニーとパナソニック、東芝の3社が相次いで参入したことで、「有機ELテレビ元年」となった昨年。市場を独占していた韓国LG電子を国内勢が猛追し、ソニーが年間の販売シェアでトップに立った。東京五輪をにらみ、シェアの奪い合いは激しさを増しそうだ。(2018/3/6)

スマホ市場は伸びるもSIMフリーは鈍化、単価上昇も要因に? BCNが調査
BCNは、ECサイトから収集した実売データサービス「BCNランキング」をもとにスマートフォン市場の販売伸び率について発表。前年を上回る勢いで伸びている一方、SIMロックフリースマートフォンの台数比率は2割前後に後退している。(2018/2/19)

有機ELテレビ、半年で約10万円ダウン――BCN
昨年の春から夏にかけて各社が投入した有機ELテレビだが、年末には平均単価が約10万円も値下がりしていた。「徐々に消費者の手に届きやすい価格となっている」とBCN。(2018/2/6)

笑いながら学ぶ:
参加者殺到、「コンプライアンス落語」とはどんなもの?
コンプライアンスに関わる事件は日常茶飯事のように起きている。だが、これを社内に徹底しようとしても、難しい用語が多かったり、法律に照らし合わせる必要があったりしてハードルが高い。これを分かりやすくしようと作られたのが「コンプライアンス落語」だ。(2018/2/6)

2017年ノート市場はアップルとASUSの“二人勝ち” BCN調べ
BCNは、同社ランキングを基にした2017年度ノートPC市場の調査結果を発表した。(2018/1/31)

有機ELテレビに値頃感 半年で10万円安、液晶との価格差縮小
高精細な画質の有機ELテレビが大幅に値下がりしてきた。(2018/1/25)

積極派のシャープに対し……:
果たして8Kは普及するのか? 国内電機メーカーに温度差
8Kの実用放送が2018年12月1日からスタート。年内には8Kが一般家庭でも視聴できる環境が整うというわけだ。だが、8Kに対する国内電機メーカー各社の足並みはそろっていない。年初に米国・ラスベガスで開催された「CES 2018」でも垣間見られた。(2018/1/25)

事業転換の表れ:
いつもと違うぞ!? 年末商戦でエプソンが見せた「新手」
セイコーエプソンは、2017年の年末商戦で、プリンタのインクカートリッジモデルの主力製品に関するテレビCMを一切行わなかった。そのわけというのは……。(2018/1/11)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「FeliCaはクラウドとの連携が必須」「キャリア市場にも進出する」――Huawei呉波氏に聞く、2018年の展望
日本のSIMロックフリー市場でトップを走るHuawei。2017年12月には「Mate 10 Pro」と「Mate 10 lite」を発売した。Huawei自身は2017年をどう総括し、2018年はどんな戦略で臨んでいくのか?(2018/1/5)

iPhone X、発売日の売れ行きはiPhone 8/8 Plusを上回る BCN調べ
BCNの調べによると、「iPhone X」の発売日の販売台数が、「iPhone 8/8 Plus」を上回ったことが分かった。iPhone Xを待っていたユーザーが多かったことが分かる。ただし発売から2日目以降はiPhone 8/8 Plusの方が売れている。(2017/11/9)

石川温のスマホ業界新聞:
吉澤社長「iPhone 8は iPhone 7の7割程度の売れ行き」――iPhone Xを前にした買い控えの割には上出来という見方も
1カ月と少しの間を置いて3種類のiPhoneが発売されることになった2017年。先行して発売された「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の売れ行きを巡って、2つの“見方”が生まれている。(2017/10/27)

iPhone 8/8 PlusではなくiPhone Xを買いたい理由は?
BCNは、同社が運営するオンラインメディア「BCN RETAIL」で「iPhone 8/8 Plus」または「iPhone X」の購入意向者に対するアンケート調査を実施。iPhone Xは機能やデザイン、高級感が評価されているという結果が出た。(2017/10/17)

“X待ち”の影響は? BCNが「iPhone 8/8 Plus」の5日間の販売台数を分析
間もなく発売から1週間を迎える「iPhone 8」と「iPhone 8」。BCNが9月22日から5日間の販売状況の速報を公表した。11月に「iPhone X」の発売を控える中、2機種の販売状況はどうだったのだろうか。(2017/9/29)

vs.海外勢:
日本の産業を死守! シャープ幹部が明かすJDIと協業の狙い
シャープは、経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)に対し、ディスプレイ事業における協業を申し入れていることを明らかにした。シャープの上席常務でディスプレイデバイスカンパニー社長の桶谷大亥氏がその狙いを語った。(2017/9/14)

その狙いは?:
9階建ても登場 都心で多層階の家を仕掛けるパナホーム
3階以上の多層階住宅の住宅着工棟数が増えているのをご存じだろうか。特に土地の価格が高く、土地面積が狭い都市部での多層階化が進んでいる。その市場でトップシェアを誇るのがパナホームだ。(2017/8/31)

MetaMoJi、法人の現場業務向けデジタルノートアプリ「GEMBA Note」上位版を発表
MetaMoJiは、現場業務向け超機能デジタルノートアプリ「GEMBA Note」の法人向け製品「GEMBA Note for Business」へ上位版となる「GEMBA Note for Business Enterprise Edition」を発表。データ集約や連携機能などを強化し、大規模な本格利用に対応する。(2017/8/23)

解体工事が進む:
更地になったシャープ旧本社に何を思う
大阪市阿倍野区のシャープ旧本社が更地の状態に。当初の計画では、8月31日までには解体工事が完了する予定であったが、工事は前倒しで進んでいるようだ。この光景に嘆きの声も。(2017/8/10)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「P9シリーズよりも売れている」 ファーウェイ呉波氏に聞く「P10」3機種の手応え
SIMフリー市場でHuaweiの快進撃が続いている。6月に発売された「P10」シリーズは「P9」シリーズよりも好調だという。その要因をデバイスプレジデントの 呉波(ゴハ)氏に聞いた。(2017/7/31)

ユーザー心理をわしづかみ:
市民アスリート集団が開発する健康サービスの“ホンキ度”
ヘルスケアサービスなどを提供する、ネオスという東証1部上場の会社がある。同社のサービスは利用者の気持ちを心底分かっていると人気だ。なぜなら開発メンバーの社員たち自身が市民アスリートとして同じような悩みや課題を経験しているからだ。(2017/7/25)

13型で世界最小クラス、Core i7搭載でファンレス仕様――ファーウェイ初のクラムシェルノート「HUAWEI MateBook X」
ファーウェイがクラムシェルでPC市場に本格参入。(2017/7/4)

ファーウェイ、「HUAWEI P9 lite」を値下げ 2万2800円(税別)に
ファーウェイは、6月9日にSIMロックフリースマートフォン「HUAWEI P9 lite」を値下げ。2万2800円(税別)で販売する。(2017/6/9)

週刊「調査のチカラ」:
メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データから見えてくる生活者の今の気分とは?(2017/5/27)

PC市場はようやく底を打つも、これからが正念場だ
BCNは4月12日、大手家電量販店のPOSデータを集めた「BCN ランキング」のデータに基づき、PCなど関連製品の最新市場動向を発表した。(2017/4/17)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
その購入ボタンを押す前に 知っておきたい「売れ筋ランキング」の中身
製品の販売数は実数で公表されないため、調査会社や販売店が独自に集計した販売ランキングや売れ筋ランキングが役に立つ。しかし、それらの集計方法を知らないと実態を正しく把握できないので注意が必要だ。(2017/3/18)

ムーアの限界を超える:
二次元半導体、炭素+窒素+ホウ素で作る
電子材料として注目を集めるグラフェン。厚みが原子1つしかないため、微細化に役立つ材料だ。ところが、グラフェンには、半導体にならないという欠点がある。これを改善する研究成果が現れた。炭素と窒素、ホウ素を利用して、規則正しい構造を備えた平面状の半導体を合成できた。グラフェンへのドーピングなどでは得られなかった成果だ。(2017/3/16)

SIM通:
ファーウェイ、若年層向け「HUAWEI nova」シリーズ発表!
ファーウェイ・ジャパンは、女性や若年層をターゲットにしたスマホ「nova」と「nova lite」を発表した。novaはメタルボディで5.0インチFHDディスプレイを搭載、nova liteは両面ガラスボディで5.2インチFHDディスプレイを搭載する。(2017/3/14)

ホンハイ傘下が強みに:
シャープ、PC事業に再参入か?
ホンハイ傘下のシャープがPC事業に再参入する可能性が出てきた。今夏、ホンハイとの共同開発でプロジェクター市場に再参入する予定で、今後はサーバやPCなどの取り扱いも検討するという。(2017/3/7)

Huaweiが日本で「nova」を展開する理由/MWCで発表の「P10」はどんな機種?
ファーウェイ・ジャパンが日本で「nova」シリーズを展開する。同シリーズには「これまでのラインアップで足りなかった部分を補う」という狙いがある。26日にバルセロナで発表される新機種は?(2017/2/22)

初の日本専用モデル投入:
エプソン、国内プリンタ事業拡大へ大勝負
セイコーエプソンおよびエプソン販売が、大容量インクタンクを搭載した新製品を投入する。初の日本市場専用モデルということで、同社にとっては国内プリンタ事業の転換に大きな一歩を踏み出すものになるはずだ。(2017/2/8)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「おサイフケータイは必須」「VoLTEにも対応する」――ファーウェイ呉波氏に聞く、2017年の端末戦略
2016年は、HuaweiがSIMフリースマートフォン市場で、大きく飛躍した1年だった。フラグシップのP9やMate 9に加え、コスパに優れたhonor 8やP9 liteも投入し、人気を集めた。Huaweiは2016年をどう評価し、2017年はどのように取り組んでいくのか?(2017/1/31)

2016年に最も多くの4Kテレビを売った会社は?――「BCN AWARD 2017」
BCNがデジタル家電やPCなどの年間販売台数ナンバー1を表彰する「BCN AWARD 2017」の受賞社を発表した。今年で18回目を迎える同アワード。今回は全121部門で58社が受賞した。(2017/1/12)

2016年のSIMフリースマホを振り返る&2017年への期待
2016年はさまざまなSIMロックフリースマートフォンが発売されたが、中でも気になるトピックをピックアップするとともに、2017年の期待をまとめていきたい。(2017/1/10)

甲斐寿憲のキニナルモバイル :
SIMフリーで飛躍「ZenFone」の秘密
2016年のSIMフリー市場といえば? このように聞かれると「ASUSのスマートフォン『ZenFone』」と答える人が多いのでは。ある調査によると、ここ数年ASUSの成長率が際立っているが、なぜこのような状況になっているのか。ASUS Japanの担当者に話を聞いたところ……。(2017/1/5)

石野純也のMobile Eye(12月5日〜16日):
日本のスマホシェア4位に――2016年にHuaweiが躍進した理由
2014年にSIMフリー市場への本格参入を果たし、徐々に存在感を高めてきたHuawei。スマートフォンメーカー全体の中で4位につけるなど、シェアも急上昇している。Huaweiはなぜここまで躍進できたのだろうか?(2016/12/17)

PR:出荷400万台突破!! 開発者が語る「ScanSnapが支持される理由」
オフィスのペーパーレス化やデジタルデバイスの普及により、幅広いシーンで使われるようになったドキュメントスキャナ。なかでもBCN 6年連続No.1を獲得しているPFUの「ScanSnap」シリーズは、多くのユーザから支持される、ドキュメントスキャナのトップブランドだ。そんなScanSnapがユーザーに支持される理由は何だろうか。同社執行役員イメージビジネス担当の宮内康範氏と、商品企画部長の大窪伸幸氏に、その秘密を聞いた。(2016/11/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
同じ価格なのに「欲しくない方のPC」を猛プッシュしてくる店員の謎
量販店でPCを買おうとした際、ほぼ同じ価格でありながら、A社とB社の選択肢のうち、店員がやたらとA社をプッシュしてくる……といったことがある。こうした場合、「インセンティブ」が絡んでいることが多い。(2016/11/22)

富士通が島根でロボット生産に踏み切った理由
富士通のPC生産子会社の島根富士通が、ロボットの生産に乗り出した。PC製造で培ったノウハウなどを生かすことで、新たな事業として立ち上げ、今後のビジネス成長のドライバーにしたい考えだ。(2016/11/17)

石野純也のMobile Eye(9月26日〜10月7日):
もはや「格安スマホ」にあらず――ハイエンドのSIMフリースマホが増えている理由
従来売れ筋だったミッドレンジモデルの枠を超えたSIMロックフリースマートフォンが、秋冬モデルとして続々と登場している。特にHuawei、ASUS、FREETELがハイエンド端末を投入している。MVNOのユーザー層が徐々に変化していることと関係がありそうだ。(2016/10/8)

石野純也のMobile Eye(9月12日〜23日):
iPhone 7/7 Plusを1週間使って感じた「進化」と「不満」
過去最高の予約数を記録し、順調な船出となった「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」。防水やFeliCaに対応したことも、日本市場での人気に拍車を掛けたようだ。そのiPhone 7/7 Plusを1週間ほど使ってみて分かったことをレポートしたい。(2016/9/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。