ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブラック企業」最新記事一覧

関連キーワード

長時間労働で社員が適応障害に:
サイバードの裁量労働制は「無効」 労基署が判断
ゲーム開発会社のサイバードで、専門職の女性が長時間労働に起因する適応障害を発症していたことが判明。渋谷労基署は専門職向けの裁量労働制を「無効」と判断し、未払い残業代を支給するよう勧告したという。(2017/9/6)

「ブラック企業リスト」入りは確実:
残業197時間の大宝運輸、厚労省の指導受け改善策を発表
長時間労働の常態化により、厚生労働省 愛知労働局から是正指導を受けた大宝運輸が、「プロジェクトチームを発足して改善を進める」と発表した。(2017/9/5)

難しい:
ワークライフバランスが、いっこうに進まない理由は3つ
「ワークライフバランス」とは、仕事(労働時間)と生活(労働以外の生活時間)の調和がとれた状態を言う。女性のライフイベントや親の介護などにも柔軟に対応できるようにするために、労働時間を減らしていくことと理解されている。ただ……。(2017/9/1)

入社を避ける方法も伝授:
経験者に聞く「ブラック企業」の特徴 1位は……?
働く人が「自社は『ブラック企業』かもしれない」と感じるポイントは?――ディップ調べ。(2017/8/31)

ナレッジ!? 情報共有…永遠の課題への挑戦:
働きづらい職場がやっている「働き方改革」
働きづらい会社が行っている働き方改革と、社員が望んでいる改革とはどう違うのか。(2017/9/6)

電通・パナなども掲載:
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
厚労省が「ブラック企業リスト」として話題となった、労働基準関係法令に違反した企業のリストを更新。(2017/8/16)

モータースポーツ:
SUPER GT勝率5割のニスモ柿元氏、「結果が全ての覚悟」と「天“知”人」
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)の柿元邦彦氏が、過去のカーレースの出来事を紹介しながら、最高のパフォーマンスを発揮して過酷な戦いを勝ち抜くための「天“知”人」や、人材育成について語った。(2017/8/10)

厚労省の“ブラック企業リスト”をグラフで可視化 Webサイト「ブラック・ブラック企業」登場
労働関係の法令違反で書類送検された企業を、都道府県や違反法令別などで一覧・検索できるWebサイト「ブラック・ブラック企業」が登場した。(2017/8/7)

岡田敏一のエンタメよもやま話:
iPhone10周年で暴露、“Appleの闇”
iPhone開発秘話を明かす本が出版され、その内容がいろんな意味で「衝撃的すぎる!」と物議を醸している。(2017/8/7)

ブラックな事案で送検された企業を一覧にしたサイト「ブラック・ブラック企業」が登場 件数が棒グラフで一目瞭然に
厚労省の“ブラック企業”リストから知りたい情報を得るためのサイトです。(2017/8/6)

変わる若者の意識:
若手が転職活動で注目するのは「ワークライフバランス」
転職で注目するポイントは、若手とミドルで違いがあるのか?――キャリアインデックス調べ。(2017/7/26)

スピン経済の歩き方:
「ゾンビ」がショッピングモールに集まる深い理由
ゾンビ映画によく登場する舞台がある。ショッピングモールだ。多くの人が買い物を楽しむ舞台で、なぜゾンビが登場して、店内を徘徊するのか。筆者の窪田氏によると……。(2017/7/25)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(14):
職人をクリエイターに! 社員と一緒に自社ブランドの立ち上げに挑戦する
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、100年前から“火の道具”を作り続けてきた大阪市の田中文金属が、社員と一緒に育てている自社ブランドを紹介する。(2017/7/14)

世界を「数字」で回してみよう(41) 働き方改革(1):
上司の帰宅は最強の「残業低減策」だ 〜「働き方改革」に悩む現場から
あなた(あなたの会社)は、「働き方改革」に本気で取り組んでいますか? 読者の皆さんの中には、「誰かの上司」という立場である方も極めて多いと思われます。そんな皆さんに伝えたい――。シミュレーションで分かった「残業を減らす最善策」、それは皆さんが今すぐ、とっとと帰宅することなのです。(2017/7/13)

スピン経済の歩き方:
次に、炎上するブラック企業は「マスコミ」だ
「ブラック企業」問題がさまざまな業界で起きているが、いよいよ政治の世界にも広がってきた。豊田議員が秘書に対し、「このハゲー!」と暴言を吐いたことで大きな問題になったわけだが、次のブラック企業はどこか。筆者の窪田氏は「マスコミ」と予想する。その理由は……。(2017/7/4)

PR:「もう油ものがつらい」という人に胃もたれが起こる仕組みを「ブラック企業」に例えてみた
うわっ……私の体内、ブラック企業かも……?(2017/7/3)

魔王が現世に転移して社長になる漫画がアツい 魔物を束ねる統率力でブラック企業をホワイトに改革
“ダークネス企業”どころかめっちゃ白い。(2017/6/27)

スピン経済の歩き方:
日本人が「通勤地獄」から抜け出せない、歴史的な背景
暑くなってきたので「満員電車」が辛くなってきた。「働き方改革を実現しよー」「時差出勤をしよー」と叫ばれているのに、なぜ“通勤地獄”は解消されないのか。その歴史をひも解いてみると、意外な事実が……。(2017/6/27)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手社員を「成長の危機」から救い出そう――カギはマネジャーの「問いかけ」にあり
若手社員が仕事や職場環境に強い違和感を抱き、働く意欲を失っている3つのポイント。(2017/6/22)

理想の面接官は桜井翔さんら:
就活生に聞く、面接官だったら怖い芸能人 1位は?
「面接で出てきたら手ごわそうな芸能人」「理想の面接官」は誰?――テクノプロコンストラクション調べ。(2017/6/15)

ブラック企業の現実を描く「労働者のスタンプ」発売 「そのくらい自分で考えろ」「やる気あるの?」など
つらい。(2017/6/13)

約1000万円の給与未払い企業も:
厚労省「ブラック企業リスト」更新 電通支社が3社追加
厚生労働省が“ブラック企業リスト”を更新。電通の支社など計27社を新たに追加した。(2017/6/7)

気にする必要なし?:
就活生のための「職場の雰囲気」とは何か
忖度(そんたく)が流行っているみたいなので、職場の雰囲気について考えてみます。就職や転職で新たな環境に進もうというとき、そもそも自分に合うのか、職場の雰囲気を重視する人は多くいます。特に社会人経験のない学生はそれを重視する傾向が強いのですが、どう捉えるべきでしょう。(2017/6/7)

高橋名人、「しくじり先生」で紹介したハドソンの職場環境をフォロー 「悪く言うのは絶対にやめて」
今では認められがたい働き方ですが、仕事に誇りを感じていたそう。(2017/5/29)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あなたの会社は若者から魅力的に見えていますか?
2018年度の新卒採用が既に盛り上がりを見せている。「新卒の採用なんて関係ねえよ」というサラリーマン諸君も多いことだろう。しかし、サラリーマンとしての保身のためにも、少なくとも自社の採用については関心を持つべきだ。(2017/5/26)

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた
皆、残業はしたくないよね……。(2017/5/21)

中小企業が7割、建設業が最多:
厚労省「ブラック企業リスト」に載った企業の傾向は?
厚生労働省が公開した労働基準関係法に違反した企業リストの内容を、東京商工リサーチが分析。掲載企業の傾向を明らかにした。(2017/5/17)

過労死ゼロを目指す:
「ブラック企業リスト」厚労省が公開 電通など332社
厚生労働省が、労働基準関係法令に違反した企業のリストを公式サイト上で公開した。(2017/5/11)

厚労省が“ブラック企業”のリスト公開、企業数は334件 時間外労働や賃金未払いで送検された数々
電通といった昨年話題の企業名も。(2017/5/11)

ニコニコ超会議2017:
へそチラお姉さんから重装備イケメンまで! 超会議で見かけたコンパニオンさんをまとめてみた
パチンコブースは安定の布面積。一足早い夏。(2017/4/30)

予想外のコラボにざわ…… アドビ公式トップにまさかのトネガワ登場、帝愛の長時間労働解決に乗り出す
社員の労働時間を気にする兵藤会長。(2017/4/19)

新連載・外食戦争の舞台裏:
なぜコロワイドは「かっぱ寿司」を買ってしまったのか
かっぱ寿司の経営不振が続けば、コロワイドの屋台骨が揺るぎかねない状況だ。なぜコロワイドは「買収するメリットよりはリスクの方が大きい」(関係者)かっぱ寿司を買ってしまったのだろうか。(2017/4/18)

常見陽平のサラリーマン研究所:
なぜ社長は自分を棚に上げて「スゴい人になれ!」と叫ぶのか
4月は何かと社長のスピーチが話題となる季節。このスピーチが味わい深いのは、自分のことを棚にあげて「スゴイ人になれ!」と叫んでいることである。(2017/4/14)

新連載・常見陽平のサラリーマン研究所:
「今年の新人は◯◯型」シーズンに思うこと
世間で話題になる「今年の新人は◯◯型」なるものをうのみにしてはいけない。世間が騒ぐ新人像ではなく、自社の新人を分析すること。これこそが、今すぐ使える処世術なのだ。(2017/4/7)

キャリアニュース:
新入社員のタイプ、平成29年度は「キャラクター捕獲ゲーム型」
 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」が「平成29(2017)年度の新入社員の特徴」を発表した。新入社員のタイプを、数多いキャラクター(就職先)を比較的容易に捕獲(内定獲得)できた「キャラクター捕獲ゲーム型」と表現している。(2017/3/28)

水曜インタビュー劇場(ピョーちゃん公演):
だからブラック企業の「生産性」は低い、いくつかの理由
「欧米企業に比べて、日本の生産性は低い」といった話をよく耳にするようになったが、多くのビジネスパーソンはピンとこないかもしれない。世界の常識と日本の常識はどこがズレているのか。グーグルなどで人材育成に携わったピョートルさんに聞いたところ……。(2017/3/15)

管理職が学ぶべきメンタルヘルス・マネジメント:
【新連載】部下のメンタル不調サインに気付けるか
「うちは大丈夫だろう」から「いつ起きてもおかしくない」に管理者は考えを改める必要がある。(2017/3/8)

会長が「生殺与奪の権は、私が握っている」 コロワイド、物議かもした社内報に「本来の意図が伝わらなかった」
Twitterで出回っていたコロワイドの社内報がブラックと話題に。同社は「独特の言い回し」のため意図が伝わらなかったと釈明。(2017/2/24)

ネーム、女子……:
キラキラアピールを疑え!
ずいぶん長い間、「キラキラ」という言葉が流行しています。キラキラした職場、キラキラした生き方、キラキラネーム、キラキラした女子、キラキラした中年……それって、どうなの?(2017/2/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
ボーナスで人は「やる気」がでるのか
ボーナスを支給することによって、ビジネスパーソンの「やる気」はアップするのだろうか。これまでボーナスとモチベーションの関係についての調査はあまりなかったが、行動経済学の第一人者がある実験を行った。その結果……。(2017/1/12)

月80時間超で違法認定に ブラック企業撲滅に向け厚労省が新ガイドラインを発表
2017年より実施予定。(2016/12/28)

「ブラック企業大賞2016」発表 大賞は電通 Web投票賞は日本郵便
業界賞はプリントパックとディスグランデ介護でした。(2016/12/23)

人手不足解消で業績絶好調!:
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
2014年に人手不足によって国内1985店のうち1250店で深夜営業を休止した「すき家」。あれから約2年半。休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開した。同社はどのようにして、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。(2016/12/6)

長時間労働、ハラスメント問題企業が並ぶ:
「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表 電通など
“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。(2016/12/1)

「ブラック企業大賞2016」ノミネートが発表 電通、佐川、日本郵便、仁和寺など10社
2016年、大賞は一体どこの企業の手に……!?(2016/12/1)

週刊文春のユニクロ潜入取材レポが「ガチ」と話題に ユニクロから訴えられたジャーナリストが改名してバイトしてみた
ユニクロのトップ「悪口を言っている人はアルバイトとして働いて体験してもらいたい」の言葉受けて。(2016/11/30)

違法状態もあった:
20代の約3割が「自社はブラック企業」と認識
自分の勤め先がブラック企業だと思う労働者の割合は24.6%――。連合総研の調べ。(2016/11/29)

週刊「調査のチカラ」:
人工知能とクリエイティブな仕事の未来はどこに向かう?
人工知能(AI)やロボットの実用化で、ビジネスパーソンのワークスタイルはどう変わるのか。生産性は上がる? 残業時間は減る? 最新の調査データから近未来が見える(かも)。(2016/11/19)

「死ぬくらいなら辞める」ができない理由 過労自殺を描いた生々しいマンガに共感の声集まる
狭まっていく視界と思考、苦しくなっていく呼吸……もう、「辞める」の選択肢は見えない。(2016/10/27)

何だこの異質なキャラデザ! 「聖☆おにいさん」中村光、ヤンジャンで10年ぶりの新連載
11月2日発売の「週刊ヤングジャンプ49号」から6号連続で集中掲載。(2016/10/27)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。